特撮

スーパー戦隊レビュー新設

さてみなさん、今回のホームページ更新は、懐かしのテレビ番組のレビューとしていわゆるスーパー戦隊シリーズの記念すべき第1弾として『秘密戦隊ゴレンジャー』と『ジャッカー電撃隊』のレビューをお送りする運びです。
かつて当ブログでも紹介した記事をひとまずまとめ、このたびHPにおいて紹介することと相成りました。
今でも人気を馳せている東映の戦隊シリーズの原点であるゴレンジャーとジャッカーの魅力をひとまずはご覧くださいということで、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>アニメ・テレビ番組・映画>スーパー戦隊シリーズ・その1
となっております。

| | コメント (0)

がんばれいわ!!ロボコン、ですか

さてみなさん、かつて昭和のテレビの人気者となった『がんばれ!!ロボコン』が今夏7月末より全国劇場にて公開される運びとなりました。その公開された時期が先日4月1日ということでその真偽を疑う人もおられたことでしょうが、ひとまずは事実だったようで今回の公開と相成りました。
ロボコンといえばかつてこの記事で紹介したものでしたが。万能奉仕型ロボットのロボコンが悪戦苦闘しながらも大活躍するといったストーリーで人気を博し。当時の子供たちを楽しませたことでしたが、それが一連のメタルヒーローシリーズを経てカブタック、ワンダックといったコミカル系ヒーローから『燃えろ!!ロボコン』へのリメイクと相成りましたが。そういえばロボコンの後にもコミカル系のヒーローが数多く制作されましたね。
ともかくそれらを踏まえて現在に至り、令和の時代に乗って新しい時代の『ロボコン』の活躍を劇場で観られることになり、あの時の想いで胸を弾ませる大人の方もその子たちとともに足を運ぶのもいいかもしれませんね。

| | コメント (0)

ウルトラマンZ、ですか

さてみなさん、きたる6月に『ウルトラマンZ』が放映される運びとなりました。
主人公のZはなんと先のZEROの弟子ということで彼から継がれた技を駆使して戦うといったところ。これはひとえにセブン、そしてレオの路線をも引き継いでいるかとも読めるかもしれない。つまりは従来の怪獣退治にとどまらず自分に課せられた試練や宇宙人と地球人間の人間ドラマをも期待できる。
ともかくも今回のZも新たなるウルトラマン伝説に胸を躍らせてもいいかもしれない。

| | コメント (0)

プリティ電王、ですか

さてみなさん、きたる4月に全国東映系にて数十年ぶりに当時のちびっ子に親しまれた“東映まんがまつり”が上映される運びとなりました。
これは東映系制作の子供向けアニメやドラマを劇場で上映するもので、そんな中今回『プリティ電王』なる作品も上映される運びとなりました。
これは『仮面ライダー電王』のスピンオフ作品ともいえ、かつての『仮面ライダーキバ』におけるキバーラや『フォーゼ』のなでしこの位置づけだろうか。現在情報が流れていない状態なので編者としても予測で記事を書かざるを得ない状況でもあるけれど、それならば新たなヒロイン系ライダーの登場を楽しみに待ってもいいかもしれないですね。

| | コメント (0)

魔進戦隊キラメイジャー、ですか

さてみなさん、きたる8日に新たなる戦隊シリーズ『魔進戦隊キラメイジャー』が放映される運びとなりました。
宇宙の平和を司る宝石に選ばれた戦士たちが、宇宙を闇に包まんとする悪に立ち向かうといったのが大まかなあらすじですが、基本は宝石とマシンとを合わせて戦うといったところで、ぶっちゃけいえばプリキュアに近いかなといったところ。これは女性ファンを意識しての制作とも読めますが、ともかくも新たなる戦隊ヒーローが我々の心に光を差し込んでくれるということで期待していいでしょう。

| | コメント (0)

シン・ウルトラマン、ですか

さてみなさん、エヴァンゲリオン、シン・ゴジラで有名な庵野秀明カントクが今度はシン・ウルトラマンの製作に係るというではありませんか。
まずウルトラマンといえば、宇宙の彼方から地球に到来し、地球を脅かす怪獣や宇宙人などと戦う戦士ということで、それに派生してエヴァが製作されたのもこれも周知のこと、最近ではウルトラマン自体も新たな解釈でのヒーロー像も描かれたことで、それに合わせて更なるヒーロー像、というよりエヴァやゴジラを踏まえた創り、あるいはそれを超えてほしいというファンの期待も込められているのはことさら述べるまでもないところ。
ともかくも庵野カントクならではのウルトラマン、期待して待とうではありませんか。

| | コメント (0)

仮面ライダーゼロワン、ですか

さてみなさん、来る9月、令和初となる仮面ライダー、その名も『仮面ライダーゼロワン』。
令和元年(1年)をもじってゼロ(零)ワン(一)、そしてコンピュータープログラムの基本たる0と1がキーワードとなっているといったところで、まあ往年の特撮ファンにとってはやはりキカイダー01に頭が移ってしまいがちだろうけれども。
ともかくも今回の大まかなあらすじは、人工知能が人々の生活に関わっていた世界。そこで実体化した彼らが怪人化し人々の脅威となっていた。それをIT企業の若き社長たる主人公が仮面ライダーとなって世界の平和のために立ち向かうといったところで。まあこれも現代の風潮にもあっているかなとは思いますが。
そのようなわけで、令和初の仮面ライダー、その新たなる英雄譚の行方やいかにということで、これも楽しみなところでしょう。

| | コメント (0)

ウルトラマンタイガ、ですか

さてみなさん、いよいよ今夏、新たなるウルトラマン伝説としてウルトラマンタイガが放映される運びとなりました。
今回の内容は一人の主人公が何と3人のヒーローに変身するといった、といってもある意味仮面ライダーRXと同じようなシチュエーションかなといったところ。まあそれはともかく。
そのヒーローについて、まずウルトラマンタイガはあのウルトラマンタロウの息子といったところで、たしかにセブンとゼロといった世代交代もあったからということで、かつての物語はひとまず置いときましょうということかな、とこれもさておき。
その次がウルトラマンタイタス。なんとアニメ版のザ・ウルトラマンからウルトラマンジョーニアスに連なる、いわゆるパワー系のヒーローといったところで。
そして最後は前作R/Bの流れをくむウルトラマンフーマ。これはスピードタイプの戦士といったところ。
そんな三人のヒーローが宇宙人たちが暗躍する地球世界でどのような活躍を繰り広げるか。これも期待はしたいものです。

| | コメント (0)

騎士竜戦隊リュウソウジャー、ですか

さてみなさん、ルパンレンジャーVSパトレンジャーの後を受け、新たなるスーパー戦隊『騎士竜戦隊リュウソウジャー』が約一月分の特番を経て来月17日の朝に放映される運びとなりました。

前々作のキュウレンジャーと前作と打って変わってある程度正統派の戦隊チームたるリュウソウジャー。名前通り竜の騎士に、ここでも“恐竜”の要素が加わった。まあ逆に言えばジュウレンジャー(92)、キョウリュウジャー(14)に騎士の要素を加えたといっても差し支えないと、ちびっ子や親御さんもおられるでしょうが。

そんなリュウソウジャーがかつて地球を支配し、再び地球に来襲した邪悪な一族から地球を守らんとする恐竜騎士たちの活躍が今回のテーマでありストーリーでもある。

果たしてどのような戦いの物語を繰り広げてくれるのか、来月まで期待を込めて待ちたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダージオウ、ですか

さてみなさん、次回最終回を迎える仮面ライダービルドの後を受け、次回の仮面ライダー、平成最後の仮面ライダーたる『仮面ライダージオウ』が放映される運びとなりました。

今回のライダーは時計をモチーフということで時空を渡り歩き歴代の平成ライダーを織り交ぜながらも活躍するといったシチュエーションということで。それはかつてのディケイドにも描かれたけれど、これは企画が企画なのか半年の放映にとどまったのだけれど、今回のジオウはどうか。そして彼の赴く先は正義か野望か。

ともかくも平成ライダーシリーズの集大成としてのジオウがいかなる物語を紡いでいくのか。これも期待はしたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧