ルパン三世

#12:13代石川五エ門散財ス<今更ながらルパンレビュー2018>

とある仮装パーティ、というかコスプレ会場に足を踏み入れた我らが五エ門。教会のイベントだというかの会場にてもひときわ異彩を放つ彼、実は一人の女性の首飾りをめぐってルパンに言いくるめられてのことだった。

周りの雰囲気に辟易している中、チンピラに絡まれている女性、実は彼女こそがクロエだと分かり、知り合いの少年とともに見守らんとするのだが。

安宿にみえて結構振ってくる宿屋にこもり何かと引っ込み思案のクロエを張り込む五エ門。時折あやしい奴を退けつつ怪しまれ、夜が明けたら宿の少年がクロエを引き合わせたのだ。自分の護衛を依頼するついでにサムライの客引きをも引き受けざるを得なかった。そのうち主催者の男が彼の姿が目に浮かぶ、昨夜の件も関わっているのか。

その日の売り上げを謝絶しつつ早々部屋に戻ってから、途中ルパンとの連絡もそこそこに張り込みを続ける五エ門だったが。

その日も賊がクロエを狙わんとするも、なぜか別の手の者によって狙撃される。それを退け胸元の写真を調べるとその婦人の名もクロエ、さらには主催者の男が五エ門をかばう。実はセキュリティのスタッフだったブルーノをひとまず介抱し、袖の下で婦人こそが本物だと告げられる。では今クロエを名乗る彼女は何者か。五エ門も一休みのためさらに吹っ掛けてブルーノに彼女の護衛を依頼するのだが。

眠りから覚め少年から彼女との夕食を告げられる。その際の置手紙にも気にかけながら。その夕食で彼女がことの解決をほのめかす。そこで先の手紙について語らんとするも、ブルーノが差し入れたシチリアのワインに何かあったのか、二人は眠りに落ちる。そこに現れたブルーノは何とルパンの変装。まんまと首飾りを奪わんとするも、今度はギャングの銃撃が。ひとまずはルパンが突っ切ってから五エ門が彼女を連れて脱出。本物はルパンに眠らされたというが。五右衛門もさらに吹っ掛けてルパンを止めんとブルーノの用意した兵器を使い、ひとまずルパンを止めるのだが。

結局あの首飾りはニセモノで、写真は婦人クロエの若い頃。つまりは今の彼女はクロエの娘のイネス。賊は財産を狙う親戚の手のもので。本物の首飾りは本物のクロエのもとに、ちなみに次元が張り込んでいたのだ。

結局五エ門はルパンと同じくイネスにもいいように使われ、すっかり文無しとなったそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#11:パプロ・コレクションを走れ<今更ながらルパンレビュー2018>

ヨーロッパのとある隠れ家、こたつを囲んで正月気分のルパンたちだが、ひとつのメダルに目をやる。それからかつてのパブロ・コレクションに想いを致す。

南米の麻薬王パブロ、いつしか姿をくらまし、彼のコレクションも噂の中に消えつつあったとか。しかし最近入手した衛星写真に“PABLO”と描かれた箇所がありそこにそのコレクションの手がかりがありと見たルパン一味は早速乗り込んでいくのだが。

早速踏み込んだその地は組織のナワバリだけあって結構治安も悪く、よそ者への視線も厳しいものがあったが、ひとまずは不二子の美貌がモノを言った。しかし組織の連中も黙って見ているわけではなかった。

おまけに国境線にて領有権争いもあり陸路で行くしかない。悪路を利用して不二子にすり寄るルパンに次元たちもあきれ顔。その後のシャワータイムの合間にその連中の襲撃を受けるもひとまず退ける。しかし今度は軍のコネを利用して再びしかけんとするが。

今度は徒歩で向かう一行。文句を垂れつつもとある洞窟へとたどり着き、その奥にはたぶんパブロの隠れ家だろう。奥の扉の奥には数台の車。それこそがパブロ・コレクションの実態だった。

突然その1台の車が走り出す。銃も剣も通じないその車に、ルパンも別の車で勝負を挑む。かくしてその車とルパンとのレースが繰り広げられ、そのレースコース、先に写し出されたPABLOの文字が描かれたそれを疾走する2台。やがてわずかながらルパンが先にゴールを奪い取る。

お互い健闘をたたえ合うルパンとパブロ。しかしパブロも2台の車も、おそらくほかの車もだろうか、すべて朽ち果てていたのだ。おそらく仲間内での争いでパブロは命を落とし、自分のコレクションを理解するものを待っていたのだ。それが自らのコレクションを盗み出そうとしたルパンであろうとも。

そのうち海軍の攻撃を受け、ひとまず逃げることに。海軍の少佐もコレクション目当てで組織の残党と手を組んだ。彼らにとっては秘密を知ったものの抹殺を兼ねて少佐を利用せんとしたのだが。

ともかくも脱出をはかるルパンたち。潜水艦を利用せんとするも生憎3人乗り。ここで悶着を起こしかけるが、ひとまずルパンが抜け軍隊の兵士に対することに。しかし五衛門と次元も加わって、いがみ合いながらも兵隊に対する。

そして不二子は一人、結局故障していた潜水艦で突っ切っていく。

こうして危険地帯から脱出したルパンたち。お宝よりもひとまずのロマンを手に入れた今回のお仕事。そして回想から明け、また腐れ縁の日々を送る3人だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#10:泥棒と泥棒<今更ながらルパンレビュー2018>

ギョーム邸に乗り込んだアルベール。しかしその先には拘束されたギョームとともにルパンが待ち構えていた。さしあたり裏の事情を聞き出し、一路ジョゼの居所へと向かう二人なのだが。

車中の二人はふと昔のことを思い出す。対する番人のことはともかくとして、アルベールとしてはやはり嫌な思い出だった。そうこうするうちに総局の追ってもついてきてさながら追っかけっこの様相を呈してきた。しかしそこは次元と五衛門が対処してくれたか。それはその後のツメ女にもか。

たどり着いたジョゼの城、厳重なセキュリティにあえて正面から乗り込むアルベールだが、対して力業のジョゼ一党に相変わらず人を喰った態度でひとまず切り抜ける。こうして着実にジョゼのもとへと近づいていくのだが。

ルパンのもとには仮面の男、もう一人とはいえ因縁あるルパンが対することに。

一方の五衛門は自慢の斬鉄剣を奪われ追い詰められたか、先に切り飛ばした爪を飛ばして視力を奪い、その隙に一刀両断、やはり闘いの年季は五衛門に軍配が上がったか。

戻ってルパンもヌンチャクで挑発してから拷問部屋に逃げ込み、追ってきた仮面の男をひとまず倒しことができた。別人とはいえカミーユ爺さんの仇を取ることができたか。

アルベールも片目の少年が対峙することに。片腕と銃を封じられ、追い詰められるアルベールだったが。

ついにジョゼのもとへとたどり着いたルパン。銃撃の後義手の電撃でルパンを仕留めんとするジョゼ。そこに倒されたはずのアルベールがジョゼを撃ち取る。やはり相手の武器で反撃して仕留めたか。しかし最期の最期でジョゼは自爆するも辛くも避けた二人だった。

その後で件の手帳を手に駆け引きを再開するルパン。さしものアルベールもこの場は引き下がったのか。

帰途に向かうアルベール、途中で車を降り、手帳を確かめるもそれはルパンが仕込んだニセモノだった。しかし本物の手帳の問題も残っているのでこれも後々引いていくのか。

いずれにしてもかつての泥棒仲間の共闘とだまし合いにひとまずの満足を覚えるアルベール、そしてルパンだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#9:“ルパン”を棄てた男<今更ながらルパンレビュー2018>

アルベールへの罠を見破られ手傷を負い手帳も奪われたルパン。そこに次元と五衛門が駆け付けひとまずルパンを助け出す。そこにジョゼの刺客がアルベールを襲撃する。彼もまた狙われていたというか。

かつて銀行で金を奪うもそれがアルベールの偽札で、一杯食わされたルパン。目覚めた先は隠れ家の一つ。ひとまず冷静さを取り戻したルパン。今夜はヘビのかば焼きで出直しといきたいが。一方で退けられのこのこ帰ってきた仮面の男を始末し、こちらも再び攻勢に転ずるジョゼ一味。

戻ってあらためてアルベールとの因縁を問う五衛門にルパンは“ルパンを棄てた男”だと語る。過去の話から察するに、アルベールもルパンと同じ一族で、盗賊稼業から一時足を洗い、そして今フランスそのものを奪おうというとか。そのための手帳だというのだが。

一方でアルベール、ギョーム、ジョゼもそれぞれ動きを見せ、ジョゼは本格的にルパン抹殺に乗り出す。その隣には大統領候補の議員が同乗しているが。

その直後頻発する爆弾テロ、総局も情報部も騒然となり、ルパンも事態の急変に受け、直後の敵の襲撃を受ける。殺し屋たちのほかにも兵隊がいたのか。

一方でもう一人の仮面の男と五衛門が対峙、川を渡った先は女殺し屋たちが襲い掛かる。ひとまず振り切って下水道の隠れ家に逃げ込み、反撃に転じんとするが。

そこで迎えた選挙演説。件のカルヴェス候補は先のテロを利用し支持を伸ばしていく。やはりジョゼとつるんでいたのか。その一方で対策を立てかねているのは治安側も同じ。

かつて政情不安のアフリカの国にてルパンとともにお宝を奪わんとしたアルベール。その回想から醒め、自ら乗り出さんとするのだが。そして向かった先には、拘束されたギョームと、先に乗り出したルパンが待ち構えていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#8:黒い手帳は誰の手に<今更ながらルパンレビュー2018>

ピカソの贋作よりフランス公安の裏の手帳をめぐって、アルベールとの因縁をほのめかされたルパン。そこに酒場で出会った老人が訪ねてきた。

その一方、先の局長ギョームが殺し屋ジョゼとコンタクトを取り、ルパンは先の酒場で老人とガストンの聖書をもとに何かを知っているかを尋ねる。老人は何も知らないといいつつ何かに反応していたのをルパンは見抜く。目にしたものを瞬時に記憶する元捜査官カミーユ、それがその老人だった。そこに酒場の女主人を通じてなんと死んだはずのガストンから電話がかかってきた。しかしそれこそがあのアルベールの変装だとも見抜いたのだが。

こうして再びジョゼ配下の殺し屋が酒場を襲撃。逃走の際に修行中の五衛門と連絡を取る。やはりこのご時世五衛門もスマホ持っていたのだが、やはりルパンに持たされただけあって扱い方がままならないか。肝心な時に五衛門が使えず続く刺客の砲撃に車も止められる。その刺客もかなりの使い手で、二人がかりでも苦戦は免れない。そこにカミーユが撃ち取るも、散弾によって重傷を負ってしまう。

その夜、手帳についての真実を語ろうとするカミーユ。いずれ警察の不正が明かされる時が来ることを予見し、ガストンに複製を依頼したのだ。それを総局のギョームが脅迫し、Bを使って封印せんとした。そして言うべきことを言ったのち、カミーユは息を引き取る。それを見届けてあらためてアルベールとの対峙を決意する。

検問をくぐり、おびき出されるのを承知の上で市街地へと向かうルパンたち。意気上がるルパンを次元も危惧するのだが、ひとまずは止められないのも分かっているか。

警察内で婦警たちの噂に現れた、カメラマンのティッキーなる、男。それがアルベールの趣味だというのか。

一方の五衛門、子供たちに気にかけられつつ次元との連絡を受け、子供に操作の仕方を教わるのもご愛嬌か。

そしてアルベール、前祝いと称して買い物を済ませるも、おそらくルパンの変装のティッキーの細工と手紙を受け、こちらも書かれた地点に向かう。そこでのメッセージで今度は橋に向かいようやく対峙する。ガストンの声色でルパンを誘い、件の手帳を求める。そこでルパンをすり替えたはずの銃で撃つ。やはりすべてをお見通しと手帳を手にして去るアルベール。対してルパンも起爆装置で応戦するもこれもハズレ。すべてはアルベールの掌で勝負があったかに思われたのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#7:その名はアルベール<今更ながらルパンレビュー2018>

今回から新シリーズということで、舞台はとある墓地での埋葬の儀に加わった青年。その目は何を見据えているのか。

変わってとある酒場でルパンが旧知のガストンという男にある依頼を持ち掛けられる。裏社会で名の知れたミスターBという男が所蔵している品を盗み出すといったものだが。その際ガストンの贋作というナポレオンの聖書なる品を渡され。差し当たっては依頼を承諾するのだが。

そのミスターB、なぜか不二子と夜のお付き合い、しかしそれはルパンの変装。しかしよくできた変装だな。

ともかくそのBの網膜と指紋を入手し、Bの屋敷内の隠し宝物庫にて件の美術品を手に入れる。ピカソの絵画というが明らかに稚拙なそれもガストンの孫の贋作だという。

ご丁寧にルパンの犯行状を添え、治安総局の知るところとなる。ところで手に入れたものを秘蔵したままなことが目的となれば、世に出ればマズいものもあるはずだが、やはり。

その際に件の青年アルベールも例の一件についてまずは見守らんとするが。

それにルパンもルパンでピカソの贋作には裏がありと踏み鑑定屋に調査を依頼。ひとまず地下の所蔵庫にてその贋作がガストンが鑑定屋を通してBに売りつけたとか。秘蔵のためにBのもとに預けたもののそれを取り戻さんとしたガストンの真意やいかに。

更に探りを入れんとした時、先の総局の手のものが付けてくる。ひとまずの逃走劇にもつれ込むもなんとか退けた。その目的について局長に取引を持ち掛けるもまんまと罠にはまる。と思いきや携帯の仕掛けで脱出する。局員に追わせ、その際に絵の中の手帳らしきものを取り出すもそこにルパンが現れる。脱出したのは次元の変装だったが。

その奪い取った手帳、その内容はフランス警察等治安当局の不正について記されたものだった。贋作秘蔵の訳がそれなら、何ゆえにガストンがそれを隠したのか。それを探るべく再びルパンはガストンのもとへ向かう。一方でアルベールは時計機械を修復しつつルパンの動向を告げられるが。

列車の車中で件の聖書に目を通すルパン。そこにガストンの真意があるのか。着いた先の片田舎の酒場にて、ガストンは一月前に死んでいたとか、それなら先に会った彼は誰かの変装らしいのだが。そして件の聖書からアルベールの名が、やはりルパンと因縁深い相手ということか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#6:ルパン対天才金庫<今更ながらルパンレビュー2018>

ところ変わって舞台は日本のどこかの下町。どこか能天気の青年とその弟は生活に困窮していた。住民税の未納で食べ物のキャベツにまでも差し押さえられる有様であった。そこに銭形に追われるルパンを見かけ弟があることを思いつく。

後に東京の銀行で記者会見に臨む件の兄弟、やはり能天気そうな頭取、そして銭形。

その兄弟がひっさげた品がその名も天才金庫、原理としては一流の大泥棒にして絶大な脳力を持つルパンに対し、脳力なしの兄に基準を合わせてそれに対応させて金庫を護ろうとする仕組みだった。銭形はともかく当然取材陣は信じられないと応えるが、それでも弟は勝算ありと述べるのだが。それにしてもどこか胡散臭い金庫だ。

その挑発を受けたルパンだったが、やはり乗り気でない、不二子や次元はけしかけるのだが、そもそも能天気兄弟のお遊びには付き合っていられないのが本音だろう。それでも今までの借りを突いて説き伏せられてついにはルパンも折れ、件の金庫に挑むのだが。

ともかくその金庫に臨んでさしあたり無の境地、というかバカのふりをしているかに見えるか。ともかく兄弟と頭取が見守る中って、わざわざ待ち構えていたのか。

しかし今一歩のところで脳力がなくならず金庫は開かず、同じく待ち伏せた銭形の包囲をひとまず抜けて一旦は退却と相成った。ていうか記者たちも待機していたとは、番外編とはいえもはやコントだな。

一旦は退散したルパン、なぜか悔しがる不二子。本格的に脳力を消す方法を真剣に考えるも今のご時世素っ裸は流石にマズいか。あと頭叩くのもいい方法だとは思うが下手すれば死んでしまうのもこれもマズい。ともかくもいろいろ試していたのだがどれもらちが明かないときた。そうこうしているうちに金庫への再チャレンジの日も迫ってきた。

こうして再チャレンジ当日、迎え討つ銀行側と発明兄弟、そして銭形。お調子ものの兄弟と頭取にさしもの銭形も少し困惑気味だが、ともかくルパンのご登場、しかしこういったパロディはいくら本編でも少し失礼ではないか。

ひとまず特訓の成果をと期待する不二子たち、とはいえ力業でのチャレンジも結局決定打に欠けていた。勝利に沸く頭取はともかく兄もなぜか複雑な気分。しかしルパンの闘志はまだなくなっておらず。ルパンなりに三度金庫を開けんとする。その方法とは、なんと取り出しましたる鮮魚を丸ごと食べまくる。お魚には頭をよくする成分が含まれて、さらに脳力をよくしてからオーバーフローを起こして見事金庫を開けてしまった。それがどんな理論かは分からないがともかくルパンは勝負に勝った。あとは退散するのみ。しかし兄弟はこの勝負には満足だったようで、新たな商売で成功をおさめ、ひとまずはめでたしめでたしといったところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#5:悪党の覚悟<今更ながらルパンレビュー2018>

ついに国境についたかと思いきや最後の刺客によってルパンが凶弾に斃れた。さしもの銭形もこの場は引き下がざるを得ない。そしてアミは何かを決心するかに見えるが。

後日ネットのニュースを目にしながら、いつしかルパンの噂も立ち消えになったことに何やらを想う不二子、そして銭形は犯罪者ほう助のかどで他部署に遷される。しかしアミとともにそばを食べつつ、ルパンが生きていることをほのめかす。そのアミも銭形の部屋を掌握して先のゲームのプレイヤーたちの特定を行い何やら次の手を打たんとしているが。そこに五衛門が手紙を渡す。

ユーザーたちも先の損害を取り戻さんと取引を再開する矢先、アミのハッキングを受け、こちらも悪だくみを講じるが、何せ相手は名うての悪党たちだから。

まずアミがピーカプーの住処へ。おびき出さんとして取引をせんとするが、まず敵の罠にはまり水攻めの尋問をされるがひとまずは動じないアミ。今までの生から抜け出させてくれたルパンとの思い出をとりあえず語るうち、今度は自分たちが殺し屋の標的にされたことを知らされる。そこでピーカにアミが再び取引を持ち掛ける。しかし駆け付けた先には、死んだはずのルパンが立っていた。

先に水に沈められたアミも結局はルパンの目論見通りに動いていた。あと件のドローンもそしてルパンの死についてもルパン側の細工ということで。仲間たちも次々始末され残るはピーカだけ。いざ銃を向けようにも所詮はシロウト。本物の悪党たるルパンとはやはり役者が違う。そこに銭形もご登場、やはり感は当たっていたといったところで。

結局ピーカたちは今までの裏商売の容疑を白状し御用となり、ルパンも落とし前はつけたとばかりに脱出していく。もちろんアミも一緒に。

後に不二子に事が終わったことを報告、これで二人の関係はチャラ、ひとまずは。そのやりとりをアミは何を想うか。

こうして前通りの普通の生活に戻るルパンたち。アミも新たな生活に入ることになったが。

いずれにしても一つに事件は終わり、新たな事件へと足を突っ込むことになるのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#4:銭形の誇りと砂漠の埃<今更ながらルパンレビュー2018>

ネットにてのルパンの死亡日をかけての勝負、殺し屋たちを一掃したのもつかの間、舞い降りた不二子がなぜか銃を向ける。彼女も殺し屋の側に立ったというのか。

なおも監視の目は光っていて、不二子とのやり取りを誰もがかたずをのんで見守っている。やがて不二子のカウントダウンが告げられ、ついにはゼロが示されるや、そこに銭形の介入が。やはりルパンを他人の手に落とさせないがためでもある。残された不二子に次元も銃を向け真意を問う、しかし傍らの五衛門はいかに。

一方銭形とともに逃走するルパンだが、今度はブワンダ軍が攻撃を仕掛けてきた。これもルパンの賞金目当てだというのか。車から脱出したのはいいが、田舎の牧童の少年もスマホを持っているのは時代の流れだというのか。あと新たなる殺し屋も来訪するというのだが。加えてICPOもこの事態、刑事と犯罪者の同行を憂慮しているときた。

続いての逃走行にても銭形のカンよりもアミのナビの方が信頼でき、ひとまずそれに従うが。あと食糧確保もネット任せというからさしもの銭形も感心せざるを得ない。そのアミも未だルパンにさらわれたと思っているのだが。そんなアミにルパンとの腐れ縁についても指摘される。たしかに友情以上の関係でもありさしもの銭形も返答に窮するのも無理はない。あと学校等の閉鎖社会についても今となっては賛同できるところもあるが。

続いては砂漠の踏破行、アミも情報は把握しているが、それだけでは心もとない。やはり頼りになるのはルパンと銭形の二人だけ。しかし歩いているうちに疲労もたまりさしものアミも音を上げ、やがて崩れ落ちていく。こればかりは二人で面倒を見ざるを得ない。

砂漠に逃げられてはさしものユーザーたちもどうすることもできずこの事態にいらだつばかり、ルパンたちもやがて幻覚を覚えたかにみえた。そこにアミが水を求めて走っていく。その先にはたしかに給水塔3人にとってはまさに天の恵み、アミにとってはまさに生を実感しただろう。その余裕からか次の行動を話し合う二人。この期に及んでも捕まることを拒むルパンだが、これも矜持というものだろう。しかしそこにも件のドローンがルパンたちを補足してしまう。そしてブワンダ軍の高官も再びルパンを狙っていく。

軍のヘリによるミサイル攻撃もさしものルパンたちも部が悪い。さらにはアミまでも銃で追いまわす。しかし前もっての仕掛けでひとまずヘリを撃墜する。再び生き延びたことを喜ぶアミ、それは心からの笑顔だった。

こうして3人は国境にたどり着かんとする。そこには銭形の部下八咫の出迎えの車が用意されていた。これで一安心かと思いきや、今度は狙撃手が狙ってくる。アミと銭形を先に行かせルパンが囮になるというのだが。ドローンと狙撃手との追跡に追い詰められたルパン。ユーザーたちの期待の中、煙幕の援護でルパンを救出せんとするが、その目の前でルパンが、撃たれてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#3:殺し屋は荒野に集う<今更ながらルパンレビュー2018>

ブワンダに集う殺し屋たち、その様をネットで観戦する世界中のユーザーたち。ついにルパン・ゲームの第二幕が切って落とされた。今のところはチンピラの域を脱しているレベルの連中だが、こちらはなにせアミ同伴だからやはり分が悪いか。

ユーザーのカキコにも気にしつつ逃避行を続けるルパン、ひとまず工場に逃げ込むが。

殺し屋たちが次々入り込むも、アミが何やらのハッキングを行い、内部の仕掛けで着実に倒していく。辛うじて脱出するも仕込み銃に被弾するアミ。ユーザーたちも追い詰められる様を楽しんでいるが。そうこうと銭形も職務の範疇を超えてブワンダに向かうのだが。

手当を施される中、アミは自らの忌まわしき過去を語る。たしかにここでは語るのもはばかられるが、プログラムの技術でひとまずの生きる道を拓いたのだが。今のまま殺し屋たちに狙われるのもシャクなので、すべて一網打尽と洒落込むのだが。

一方殺し屋たちも酒場でたむろしているところ、ルパンからの挑戦を受ける。誰もが小細工なしの真剣勝負と期待する中、不二子までも不敵に介入を決め込むが。

やがて殺し屋どもが荒野の遺跡に集結。いずれも裏では名の知れている連中なのだが。

対するルパンの作戦はルパンの死ぬ日をかけての争いも絡んでいるのでそれを逆用する運びなのだ。その一環として邪魔なアミを殺し屋ネズミ一族が狙ったのもそれで見え透いたのだ。

はたして殺し屋たちは一部同士討ちを始めることとなり、その隙に次元と五衛門も着実に仕留めていく。

まあそんな時にもアミがルパンの女性関係について聞かんとするが、一応本命も接近つつあるから、これも楽しみといえばそうだけれど。

やがて殺したたちもわずかとなり、それらも仕留められていく。

戻ってアミの方もルパンに人生の帰結について問わんとするとき、ルパンの前にネズミ族長が現れ、一対一の打ち合いとなる。ひとまず機転でルパンが打ち勝ったが、アミが言うにはこれが最後ではないというのだが。

ささやかな勝利の余韻に浸る時、ようやく不二子もご到来なのだが、そんな彼女もルパンに銃を向ける。果たしてその真意やいかに、そしてゲームの本当の帰結もいかに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧