ルパン三世

#5:悪党の覚悟<今更ながらルパンレビュー2018>

ついに国境についたかと思いきや最後の刺客によってルパンが凶弾に斃れた。さしもの銭形もこの場は引き下がざるを得ない。そしてアミは何かを決心するかに見えるが。

後日ネットのニュースを目にしながら、いつしかルパンの噂も立ち消えになったことに何やらを想う不二子、そして銭形は犯罪者ほう助のかどで他部署に遷される。しかしアミとともにそばを食べつつ、ルパンが生きていることをほのめかす。そのアミも銭形の部屋を掌握して先のゲームのプレイヤーたちの特定を行い何やら次の手を打たんとしているが。そこに五衛門が手紙を渡す。

ユーザーたちも先の損害を取り戻さんと取引を再開する矢先、アミのハッキングを受け、こちらも悪だくみを講じるが、何せ相手は名うての悪党たちだから。

まずアミがピーカプーの住処へ。おびき出さんとして取引をせんとするが、まず敵の罠にはまり水攻めの尋問をされるがひとまずは動じないアミ。今までの生から抜け出させてくれたルパンとの思い出をとりあえず語るうち、今度は自分たちが殺し屋の標的にされたことを知らされる。そこでピーカにアミが再び取引を持ち掛ける。しかし駆け付けた先には、死んだはずのルパンが立っていた。

先に水に沈められたアミも結局はルパンの目論見通りに動いていた。あと件のドローンもそしてルパンの死についてもルパン側の細工ということで。仲間たちも次々始末され残るはピーカだけ。いざ銃を向けようにも所詮はシロウト。本物の悪党たるルパンとはやはり役者が違う。そこに銭形もご登場、やはり感は当たっていたといったところで。

結局ピーカたちは今までの裏商売の容疑を白状し御用となり、ルパンも落とし前はつけたとばかりに脱出していく。もちろんアミも一緒に。

後に不二子に事が終わったことを報告、これで二人の関係はチャラ、ひとまずは。そのやりとりをアミは何を想うか。

こうして前通りの普通の生活に戻るルパンたち。アミも新たな生活に入ることになったが。

いずれにしても一つに事件は終わり、新たな事件へと足を突っ込むことになるのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#4:銭形の誇りと砂漠の埃<今更ながらルパンレビュー2018>

ネットにてのルパンの死亡日をかけての勝負、殺し屋たちを一掃したのもつかの間、舞い降りた不二子がなぜか銃を向ける。彼女も殺し屋の側に立ったというのか。

なおも監視の目は光っていて、不二子とのやり取りを誰もがかたずをのんで見守っている。やがて不二子のカウントダウンが告げられ、ついにはゼロが示されるや、そこに銭形の介入が。やはりルパンを他人の手に落とさせないがためでもある。残された不二子に次元も銃を向け真意を問う、しかし傍らの五衛門はいかに。

一方銭形とともに逃走するルパンだが、今度はブワンダ軍が攻撃を仕掛けてきた。これもルパンの賞金目当てだというのか。車から脱出したのはいいが、田舎の牧童の少年もスマホを持っているのは時代の流れだというのか。あと新たなる殺し屋も来訪するというのだが。加えてICPOもこの事態、刑事と犯罪者の同行を憂慮しているときた。

続いての逃走行にても銭形のカンよりもアミのナビの方が信頼でき、ひとまずそれに従うが。あと食糧確保もネット任せというからさしもの銭形も感心せざるを得ない。そのアミも未だルパンにさらわれたと思っているのだが。そんなアミにルパンとの腐れ縁についても指摘される。たしかに友情以上の関係でもありさしもの銭形も返答に窮するのも無理はない。あと学校等の閉鎖社会についても今となっては賛同できるところもあるが。

続いては砂漠の踏破行、アミも情報は把握しているが、それだけでは心もとない。やはり頼りになるのはルパンと銭形の二人だけ。しかし歩いているうちに疲労もたまりさしものアミも音を上げ、やがて崩れ落ちていく。こればかりは二人で面倒を見ざるを得ない。

砂漠に逃げられてはさしものユーザーたちもどうすることもできずこの事態にいらだつばかり、ルパンたちもやがて幻覚を覚えたかにみえた。そこにアミが水を求めて走っていく。その先にはたしかに給水塔3人にとってはまさに天の恵み、アミにとってはまさに生を実感しただろう。その余裕からか次の行動を話し合う二人。この期に及んでも捕まることを拒むルパンだが、これも矜持というものだろう。しかしそこにも件のドローンがルパンたちを補足してしまう。そしてブワンダ軍の高官も再びルパンを狙っていく。

軍のヘリによるミサイル攻撃もさしものルパンたちも部が悪い。さらにはアミまでも銃で追いまわす。しかし前もっての仕掛けでひとまずヘリを撃墜する。再び生き延びたことを喜ぶアミ、それは心からの笑顔だった。

こうして3人は国境にたどり着かんとする。そこには銭形の部下八咫の出迎えの車が用意されていた。これで一安心かと思いきや、今度は狙撃手が狙ってくる。アミと銭形を先に行かせルパンが囮になるというのだが。ドローンと狙撃手との追跡に追い詰められたルパン。ユーザーたちの期待の中、煙幕の援護でルパンを救出せんとするが、その目の前でルパンが、撃たれてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#3:殺し屋は荒野に集う<今更ながらルパンレビュー2018>

ブワンダに集う殺し屋たち、その様をネットで観戦する世界中のユーザーたち。ついにルパン・ゲームの第二幕が切って落とされた。今のところはチンピラの域を脱しているレベルの連中だが、こちらはなにせアミ同伴だからやはり分が悪いか。

ユーザーのカキコにも気にしつつ逃避行を続けるルパン、ひとまず工場に逃げ込むが。

殺し屋たちが次々入り込むも、アミが何やらのハッキングを行い、内部の仕掛けで着実に倒していく。辛うじて脱出するも仕込み銃に被弾するアミ。ユーザーたちも追い詰められる様を楽しんでいるが。そうこうと銭形も職務の範疇を超えてブワンダに向かうのだが。

手当を施される中、アミは自らの忌まわしき過去を語る。たしかにここでは語るのもはばかられるが、プログラムの技術でひとまずの生きる道を拓いたのだが。今のまま殺し屋たちに狙われるのもシャクなので、すべて一網打尽と洒落込むのだが。

一方殺し屋たちも酒場でたむろしているところ、ルパンからの挑戦を受ける。誰もが小細工なしの真剣勝負と期待する中、不二子までも不敵に介入を決め込むが。

やがて殺し屋どもが荒野の遺跡に集結。いずれも裏では名の知れている連中なのだが。

対するルパンの作戦はルパンの死ぬ日をかけての争いも絡んでいるのでそれを逆用する運びなのだ。その一環として邪魔なアミを殺し屋ネズミ一族が狙ったのもそれで見え透いたのだ。

はたして殺し屋たちは一部同士討ちを始めることとなり、その隙に次元と五衛門も着実に仕留めていく。

まあそんな時にもアミがルパンの女性関係について聞かんとするが、一応本命も接近つつあるから、これも楽しみといえばそうだけれど。

やがて殺したたちもわずかとなり、それらも仕留められていく。

戻ってアミの方もルパンに人生の帰結について問わんとするとき、ルパンの前にネズミ族長が現れ、一対一の打ち合いとなる。ひとまず機転でルパンが打ち勝ったが、アミが言うにはこれが最後ではないというのだが。

ささやかな勝利の余韻に浸る時、ようやく不二子もご到来なのだが、そんな彼女もルパンに銃を向ける。果たしてその真意やいかに、そしてゲームの本当の帰結もいかに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#2:ルパン・ゲーム<今更ながらルパンレビュー2018>

仮想通貨の奪取から始まったルパン・ゲーム。世紀の大泥棒を世界中が狙うこのゲームにさしものルパンも否が応でも闘志がわいてくるのだが。

とはいえ周りはいわゆる監視のみというよりギャラリーに徹し、捕縛は銭形があたり、ルパンはアミのサポートで逃げ道を割り出すも、銭形も永年の感によって包囲の網を張り巡らせ次第に追い詰めていく。さしあたり1台の車を盗み出し、強行突破をはかる。銭形の追跡も次元と五衛門の援護でひとまずとある倉庫までたどり着く。そこには垂直飛行の可能な機体だった。しかし軌道には電源が必要だが。ひとまず五衛門が天井を切り裂いて活路を開き、飛行機は車のバッテリーで起動したのだ。

とりあえず脱出に施行したが、これも序ノ口に過ぎない。

その夜モツ鍋に舌鼓を打つルパンたち。しかしアミはあいも変わらず無頓着。しかしこのまま追われっぱなしではいられない。これから反撃に転ずるというのだが。

銭形のもとにルパンのネット配信が告げられ、当のルパンは客船の上。アベックにも気さくに話しかけられひとまず上機嫌なのだが、次元たちはそこが気が気でならないか。一方の銭形もうかつには動けない、ルパンの行く先はICPOの管轄外のブワンダという所だそうだ。そのブワンダにてルパンは半ばバカンスを楽しんでいるきらいがあるのだが。ルパンが積極的に表に出れば皆がゲームに飽きるという寸法なのだが。しかしそれでもルパンに恨みを持つ連中はそんなことではあきらめなかった。その一方でとある紳士とともにいる不二子は何を想うのか。

そうこうとあれだけ熱狂したルパン・ゲームは次第に飽きられてくる中、まず突然アミがルパンのもとを離れていく、これも気まぐれかは知らないがとりあえず彼女を探すことに。案の定見知らぬ男たちに絡まれたところを助け出す。単なるチンピラなら軽い脅しで十分だが。

相変わらずそっけない態度のアミに、ルパンも単なる仕事以上の縁を感じたのか、とりあえず気にはかけている。行き付く先は男と女、これにはアミも理解しているか。

そこに謎のドローンが飛んできたかと思えば、謎の殺し屋たちが襲い掛かる。いずれも裏社会では名の知れた連中ばかり。さしものルパンも分が悪い。さらには次元と五衛門も殺し屋たちに狙われている。これがネットの連中の次なるゲームということだが。これを察知した銭形もさすがに見守るしかない。

この絶体絶命の中、それだからこそ、あらためてルパンの闘志もわいてくるのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#1:地下塔(ツインタワー)の少女<今更ながらルパンレビュー2018>

さてみなさん、先週までの15年度のルパンレビューに引き続き、近作たる2018年度のルパンレビューをお送りいたします。はたして新たなるお宝と冒険がいかにして待ち構えていることでしょうか、といったところで、それでは、ごゆっくり。

 

神出鬼没の大泥棒、ルパン三世

その正体は謎に包まれながらも人々の噂のタネとなっている。そんな彼もいつしか人々はヒーローと呼ぶようになっているのだが。

そのルパンは欧州のとある一室に身を隠している。昨今のネット販売の多様さに目を付けたルパンは、そこで流通している仮想通貨を今回のターゲットにするというのだ。

その中枢を担っているのは、巨大サーバー施設のツインタワー地上と地下のブロックに回っているが、ひとまずセキュリティをくぐり、塔の屋上から給水システムから地下塔へし進入していく。危なっかしながらも潜入に成功したルパンと次元は管理居住ブロックへとたどり着く。ないやらの変装を施すルパンがいざその一室に入り込むが、その殺風景な部屋に住んでいるのは一人の少女。変装を見抜き一旦退けてからセキュリティにアクセスし警備を差し向ける。ひとまず少女アミの弾筋を見切って確保する。アミの方もルパンの腕を見込んでここを出たがっているのだが。あとは警備を振り切るのみ、そこは後から潜入した五衛門が活路を開いて脱出に成功する。

こうしてアミのハッキングによって世界中のユーザーから通貨を盗み出すのだったが。世界中のユーザーたちも黙ってはいなかった。

アミもはじめ自分の居場所を得るために、それに飽きたらまたあてどもない旅を始めようとしたのだが。

変わってとある一軒家、アミもひとまずの自由を得た者の生活力に乏しく、食事をとるのもおぼつかない。

そんな折、銭形が包囲を固めてきた。脱出を試みんとするもこれも織り込み済み、そこにも文字通り網を張ったのだがこれは囮でまいて、また逃避行の再開とあいなったが。別のパトカー群に強化エンジンで振り切るルパンたち。そこに謎の車も通り過ぎる。

ひとまず振り切るも今度はヘリ。流石に逃げるしかなく、ついにはおそらくモナコの海にダイブ。当のルパンたちは車を捨て脱出したが。

こうして空港についたが、観光客が一斉に携帯当端末を向ける。その一人の少年が“ルパンゲーム”なる言葉を発し、自分たちが世界中を巻き込んだ危険なゲームのただなかにいることを思い知らされる。はたしてこのゲームにルパンはどう対するのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第24話:世界解剖(後篇)<今更ながらルパンレビュー2015>

レベッカの夢の中の城塞に飛び込んだルパン、そこに閉じ込められたレベッカを奪い返すかに思われたが、ひとまず予告状を張り付けるのみ、実はあの装置でレベッカの夢の中にルパンの人格を刷り込んだのだ、はたしてその勝負の行方やいかに。

その夢の中、まずはモナリザに突き当たり、絵の中に飛び込んだ先たたずむレベッカがいた。しかしそこはダビンチの作品の中でもあり、近付こうにも翻弄され続けていく。

しかし本体はそれぞれ目的についての問答を繰り広げる。そんな中タバコの煙にダビンチが動揺するのに何を気付いたのか。

夢の中では流されるままのルパンがレベッカにたどり着く。記憶も次々城に封じられる中、彼女を連れて抜け出さんとするが。一方最後の手を講じんとするダビンチだが、

その未完成の屋上にて、追い詰めとするもルパンは城から飛び降りていく。そして先の“結婚式”にて抜き取った指輪をはめ、レベッカもかつての出会いの頃の記憶を取り戻し、先の勝負でできなかった、世界を創る力、想像力をも見出していく。

城も崩壊し、レベッカの想像の中にダビンチ、そしてレベッカとルパンがいた。しかし勝負はついたとばかりにその夢の中から二人とも去っていく。

朝焼けのサンマリノ。目覚めたレベッカが見たものは、ルパンと苦しげにせき込むダビンチだった。さらに次元たちもその場に来た。つまりはあの装置でイタリア中の人々にあの“夢”を見させて我に返らせたのだ。それは彼自身の能力に肉体が耐えられずその命を終えようとしていく中、自分の操り人形を作り出そうとするべくこの計画を立てたのだ。

ともかくもルパンとダビンチ、ある意味似た者同士の勝負は終わりを迎えた。結局ダビンチの存在はウヤムヤとなり、彼が現代に生きたという証は立てられなかったが、それに関わった人たちの記憶には確かに残っていくだろう。

最期自らの作品のもとにダビンチを眠らせたが、後に駆け付けた銭形とニクスがルパンを追い詰める。しかし間一髪で脱出し、またいつもの追いかけっこが始まる。

後にルパンが落とした銃を手に、あの塔に佇むレベッカ。銃を受け取ってさり気なく去ろうとするが、レベッカもただでは帰せない。そう、ルパンとの思い出もたしかな彼女の記憶だったのだ。それはルパンも十分承知している、だからこそ彼女のもとから去るのだ。ひと所にいられない彼なりの生き方のために。それだからこそレベッカも自分の気持ちの整理が本当につけようとし、あらためて彼の生を確かめんとした。

その上で彼女の新たなる人生が始まるのだ。再びルパンと出会うために。

こうしてルパンたちは一陣の風とともにイタリアを去り、新たなる冒険と闘いの場に身を投じるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第23話:世界解剖(前篇)<今更ながらルパンレビュー2015>

イタリアの古城、そこであのダビンチが何やらの機械を操作し、城の中から巨大なアンテナを出していく。そしてイタリア中のテレビをジャックし、自らの“個展”を開催すると宣言する。それはパーシバルが斃れた後のMI6、そしてルパンたちに対する挑戦状であることは言うまでもないのだが。

まずは謎の電波でイタリア中の人間を眠らせる。後に目覚めたのはルパン。目覚めた先にはダビンチが立っていてルパンを誘い込む。

それは次元、五衛門、不二子に銭形、さらにはレベッカやニクスまでもそれぞれダビンチに誘われた。そこで己の能力が自分を超えるか否かを試すというのだ。己が描く新たなる世界に生きるにふさわしいか、それぞれに勝負を挑むダビンチ。しかしルパンだけはダビンチのカラクリに気が付いたきらいがある。それはかつてルパンが見たいわゆるイタリアの夢と同じような雰囲気のものだった。そもそも造られた存在である彼は自分を造ったカラクリを逆用し、ルパンたちを誘ったのだ。

まずはルパンを合格者と見なし自らの新世界へと招き入れんとするが。後に目覚たら次元たちは未だ眠ったまま。ダビンチの試練に立ち向かっているかあるいは、いずれにしてもダビンチの野望を食い止めなければならない。仲間のため、そして自らの誇りのために。

眠った街を疾走するルパン、一方で次元たちもそれぞれダビンチの勝負に挑まれる。そして古城にたどり着いたルパンはダビンチと対峙する。彼の眼鏡にかなう人材を見なされ、同じく次元たちもそれぞれ彼の勝負に勝ち抜いていく。そこで語られる彼の目的は、発達した文明社会よりイマジネーションを得て、彼が想像した世界を創り出す人材を得るためというが。

そこにレベッカが現れる。残念ながら彼女は勝負に敗れダビンチの虜になったというが。ともかくも彼女の心を奪い返すためダビンチに挑むルパン。これもルパンなりの義侠心ゆえなのだが。

さしあたり件の装置を探りレベッカの夢の中に飛び込むルパン。結婚式の教会から吸い込まれた先はDNAの螺旋、レベッカの思い出が詰まったそれで造られた城塞。そこにレベッカは捕らわれている。これもダビンチが描いたものであるが。

はたしてその中に何が待ち構えているというのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第22話:ルパン、頂きに参ります<今更ながらルパンレビュー2015>

新たなる事業を拡大し、充実した日々を送るレベッカ。コウの事件以来避けていた赤ワインにも手を付けるようになり、吹っ切れたかにみえたが、やはり刺激的な日々も忘れられずどこか心に引っ掛かる物があったのだが。

その後街じゅうにばらまかれた予告状「ルパンを頂きに参ります」と曰く付きのそれにルパン本人も誰の仕業かは察しはついていた。

対するレベッカも意気揚々と迎え討たんとするが執事のロブソンはなんとかして止めんと知る。事業も安定したところで無駄なスリルは避けてほしいところなのだが。そこはレベッカの扱いも慣れているものだが、やはり本気になれない分ツメが甘かったか。

そのルパンも次の銀行に忍び込むも、大量の札束の前にお目当てのものがないらしい。そこにレベッカが仕掛けたものらしい初歩的な罠が、追いかけるレベッカもルパンの置手紙に挑発され、さらなる罠でルパンを挑発する。しかし律義に罠にかかるルパンもルパンなのだが。それにしてもルパンは何を求めているのか。追っているうちにレベッカもわずかなミスを犯していくも、それをロブがサポートをしていくもそれを煩わしく思う。そこに乗り出してきたのは何と不二子だった。彼女もレベッカのルパン奪取ゲームに参加すると思いきや、彼女には彼女なりの思惑があった。

目的のため片っ端の銀行から探し出すルパンだったが、ようやく探し当てるもそこにレベッカが追いついた。二人きりの密室でその目的のお札、変な落書きが描いてあったそれは、次元との賭けのために紛れ込ませた他愛もないものだった。

一方で追い詰めたレベッカもなぜか涙を流してなおも迫る。不二子が言うには自分のゲームが終わったことの寂しさゆえだというのだ。ロブもそれには理解を示しているかにみえるのだが。

レベッカの最後の駆け引きを見抜いたかに見えるルパン、そのうちに警備の手も迫っていた。これもルパンが演出する最高のスリルだという、レベッカと一緒に警備を突っ切る。本当のスリルと愉しみの何たるかを諭すように。

やがて正面玄関に差し掛かり誰にも盗まれないとルパンは豪語する。そこにロブの援護もありまんまと逃げおおせる。それにしても紙幣一枚でよく面が割れなかったなレベッカも。

今回の件でレベッカも、そしてロブもひとまずは吹っ切れた。いつかルパンに挑戦するため、そして更なるスリルを味わんがため、今は一杯のワインとビールにのどを潤すレベッカだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第21話:日本より愛を込めて<今更ながらルパンレビュー2015>

今回は趣向を変えて日本から、そこの旅館で羽を伸ばす不二子だったが、何者かにさらわれ、その要求通り、とある家のからくり人形を銭形に扮して奪い取るもそれはおとりで、同じく居合わせた五衛門にふんしたとある探偵、明智ホームズの策略だった。あと忍び込んだ名家の夫人と召使もその助手と婦警だった。たしかにキャラとしては濃いようにみえて安っぽそうだな。

振り返ればある意味日本趣味の旅館ビルも要塞の体を成しているかに見え、客の大半もおそらく警視庁の警官たちだったか。脱出せんとするも包囲される。すべては完璧な計画と探偵は言うのだが、まずは機転で不二子が脱出するのだが。

ある程度プライドを傷付けられつつも。身を潜めた不二子のもとにルパンを案じた次元が駆け付けて来て、ひとまずはともにルパンを助けんとする、あと銭形も介入せんとするのだが。

ルパンが収監された警察署、どこか見たことがある建物の中、勝ち誇る探偵に甘く見るなと返すルパン。特に不二子の恐ろしさをほのめかすがそれでも動じないか。そのうち銭形も現れて装甲護送車にルパンを移送する。さしもの銭形も若造の探偵に捕まったことに失望を爆発させたか。ともかく連行されるルパン。しかし本物はトイレに閉じ込められていたという。

ひとまず先回りして追いかける探偵と銭形。故障を装って止めんとするが、本当に止まるのもこれまた間抜けだと思うのだが。今度こそ正体を明かさんとするも、やはり護送車の方が本物だったか。結局まんまと脱出に成功したルパンたち。しかし探偵も橋を爆破して動きを止めんとするが、ここは次元に阻まれる。和装には抵抗はなかったか。

憤慨する探偵も最後の手段と古風な大砲で立ち向かう。しかし執拗な砲撃もものともせず吹き飛んだ屋根で大砲を封じ、それを踏み台にして今度こそ脱出に成功。ついでに探偵の鼻っ柱もヅラともにへし折られたか。結局決め手は不二子の意地と度胸だった。

不二子にとってはとんだ日本での休暇だった。ただ富士山の夕日には心慰められたか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第20話:もう一度、君の歌声<今更ながらルパンレビュー2015>

往年の大スターが愛用した名車。次なるルパンのターゲットはこの車だというのだが。例によって銭形の追跡を受けるが、今回はどこかしら包囲が甘いこれは銭形はともかくさしものルパンも訝ざるをえないが。あと車の運転もおぼつかないのは整備の不備だけなのか。

車の無事を要求する仲介人はともかく、本来の持ち主だった老紳士、車の処分を望んでいるというが、そしてうつろな目の病床の老婦人、老紳士マーティンは何を想うのか。

未だ迷走を続ける車、どうやらルパンの気まぐれではないというのだが。それを見守るマーティン、価値にこだわる周りに辟易し、病床の老婦人、かつてさんざん運転に付き合わされたノラとの思い出に浸る。そして今のノラの姿に苦悩したがゆえ車を売りに出したのだ。そこに現れたのが不二子だったのだが。

実は仲介人と不二子が結託し、ルパンの事件を通じて車の値を吊り上げるのが目論見だった。マーティンも今に至り車の処分を思い留まろうとするのを阻まんがために現れたのだ。彼自身のノラへの想いが思い出の品々と重ね合わせ苦悩していた。ノラと結ばれるも今に至り何らかの病を得て意識もなく病床にいる彼女への苦悩を胸に。

しかしその目論見は銭形に見抜かれ、仲介人を拘束しルパンを待ち伏せんとするも、車は別の場所に、車の気まぐれ、否、車に宿っただろうノラの意思によって。あの時のマーティンの思い出と、ノラの歌とともに、車は二人が至ったあの場所へと向かっていく。マーティンもまたあの時の思い出にあらためて向き合うことができたのだった。

そしてその歌声に応えるかのごとく、ノラは天国へと旅立つ。結局不二子の計画はふいになったのだが、おそらくノラの心と二人の思い出とともに、その車は約束の場所へとその身を休めていった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧