ルパン三世

第20話:もう一度、君の歌声<今更ながらルパンレビュー2015>

往年の大スターが愛用した名車。次なるルパンのターゲットはこの車だというのだが。例によって銭形の追跡を受けるが、今回はどこかしら包囲が甘いこれは銭形はともかくさしものルパンも訝ざるをえないが。あと車の運転もおぼつかないのは整備の不備だけなのか。

車の無事を要求する仲介人はともかく、本来の持ち主だった老紳士、車の処分を望んでいるというが、そしてうつろな目の病床の老婦人、老紳士マーティンは何を想うのか。

未だ迷走を続ける車、どうやらルパンの気まぐれではないというのだが。それを見守るマーティン、価値にこだわる周りに辟易し、病床の老婦人、かつてさんざん運転に付き合わされたノラとの思い出に浸る。そして今のノラの姿に苦悩したがゆえ車を売りに出したのだ。そこに現れたのが不二子だったのだが。

実は仲介人と不二子が結託し、ルパンの事件を通じて車の値を吊り上げるのが目論見だった。マーティンも今に至り車の処分を思い留まろうとするのを阻まんがために現れたのだ。彼自身のノラへの想いが思い出の品々と重ね合わせ苦悩していた。ノラと結ばれるも今に至り何らかの病を得て意識もなく病床にいる彼女への苦悩を胸に。

しかしその目論見は銭形に見抜かれ、仲介人を拘束しルパンを待ち伏せんとするも、車は別の場所に、車の気まぐれ、否、車に宿っただろうノラの意思によって。あの時のマーティンの思い出と、ノラの歌とともに、車は二人が至ったあの場所へと向かっていく。マーティンもまたあの時の思い出にあらためて向き合うことができたのだった。

そしてその歌声に応えるかのごとく、ノラは天国へと旅立つ。結局不二子の計画はふいになったのだが、おそらくノラの心と二人の思い出とともに、その車は約束の場所へとその身を休めていった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第19話:龍は静かに眠る<今更ながらルパンレビュー2015>

エージェントから身を引き、今は一介の外交官として家族とのひと時を過ごすニクス。しかし上層部の指示で拘束される。それに先立って本部からとある重要機密“ドラゴンズテイル”が盗み出され、その奪取のために彼を呼び寄せたのだ。

そのドラゴンズテイルを盗み出した傭兵くずれのテロリストたちが立てこもる要塞にルパンもまた忍び込んでいた。先の晩餐事件でいよいよ目を付けられたMI6対策のため彼らの情報をつかむためだった。

まんまとブツを手に入れるもあっさり見つかり、逃げようとしたところ、同じく忍び込んだニクスと鉢合わせ、ともに捕まる羽目になった。

そのパスコードを聞き出さんと二人を尋問するフォックス。一方海上では次元たちがルパンを案じていたが。

いざセキュリティを解かんとするルパンと制止せんとするニクス。しかしフォックスの介入でパスコードを明かさざるを得なくなった。そしてデータが開放されたその時、本部のパーシバルから指令が下る。

その指令とは、島ごと英軍で爆撃を行うことだった。さしものフォックスもこれには敵わなかったが、それよりこのことを予測できなかったこともある意味浅はかだったか。

いずれにしてもルパンとニクスも脱出せんとするも、他のエージェントたちも彼らを抹殺せんと乗り込んでいき、彼らの銃口がまさにニクスに向けられたかに見えた。

後に証拠隠滅のためにニクスの家族を始末せんとするパーシバル。しかしそれをニクスが止めんとする。あの時乗り込んできた次元と五衛門の助けがあり切り抜けることができたのだ。その際に組織内の裏切者の存在をほのめかされたが、まさかそれがパーシバル自身だった、ニクスにとっては。

しかしそこに現れたのはなんとあの男。ひとまずニクスを黙らせてからパーシバルに真実を告げる。彼がフォックスをそそのかして犯行に至らせたか。あとパーシバルは彼を抹殺せんとして銃の暴発で自滅同然に斃れた。これで一人退場する形となったが、彼にとってはある意味ゲームに過ぎず、またルパンにとっては新たなるゲームを待つのみだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第18話:始まりの晩餐<今更ながらルパンレビュー2015>

ある日ルパンを模した肖像画が壁一面に描かれる事件が起きた。自分に対する挑戦とひとまずは乗り込まんとするが。一方とある一室でルパンの記事に目を通す芸術家風の男が。先のモナリザ事件にかかわったその男、彼の脳裏に去来する者は一体何か。

その絵が描かれたミラノの会場にて、変装を拒んだ五衛門を除き乗り込んだルパンと次元。そこには件の絵を挑戦状とみて乗り込んだ銭形をはじめ、モデルをも担ったレベッカ、さらには不二子も紛れ込んでいたのだ。実は不二子やレベッカの絵も描かれていたのだ。

更にはあのニクス、そして銭形までも自分の肖像を描かれていた。それを描いたのはかのレオナルド・ダ・ビンチの作とか。あとMI6のエージェントの監視付きなこともあり、さしものルパンも宿敵たちと一時休戦ということでこの問題を解決せんとするのだが。

さしあたり、かの名画が展示されている教会に到るも、そこには9席の食卓が。不二子やレベッカ、さらには本部長パーシバルまでもが招待された形となった。

飾られた『最後の晩餐』にちなみ『始まりの晩餐』ということで期せずして集った、今までの事件の関係者たち。別室にてはあの男までが自らのワインを注ぐ。よもやこの男がダ・ビンチだというのか。そして外にはMI6のエージェントたちが包囲している。パーシバル自身をも囮にするということか。

かくて晩餐が始まり、乾杯に際し訝る銭形を抑えてまずは軽い会話を交えての駆け引きを行う。たしかに先の事件でニクスがイタリアの夢についての情報を得ているとか。

続いてあの男の作だろう仕掛けから前菜が配られる。そこからモナリザ事件について、続くメインディッシュからイタリアの夢の真実を割り出す。夢の記憶から一人の人格を、そして人物そのものを創り出す。その計画から生み出されたそれが彼だった。

そして次いで出されたデザートや食後酒から世界を真実を知った男の名をルパンが告げ、証拠隠滅のためエージェントが乱入せんとする。

いち早く脱したルパンたち。さしもの銭形も相手が悪かったか同じく逃げ出す形となるか。そしてレベッカ、ニクスもまた。しかしルパン本人は主賓の男のもとにたどり着くも、前もって造っておいたカラクリで脱出する。

そして男の目的が世界を作り替えること。これはルパン自身はあずかり知らぬことだが、先の挑発を受けて再びの対峙を予感せずにはいられなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第17話:皆殺しのマリオネット<今更ながらルパンレビュー2015>

混迷の時代にあらわれた一人の救世主、その名はグレコ。その実はヨーロッパを中心にワルどもに鉄槌を与え続けている、つまりは暗殺集団なのだが。今度のターゲットをルパン一味に定めるというが。

対するルパンもまともに相手にするのはばかばかしく思っていたが、グレコの方もお宝で誘わんとし、裏でも賭けの対象となっていたのでやむなく立ち向かわねばならなくなった。それにしてもこのグレコの人を惹きつけるものの秘密は何か。答えを求めるべくグレコの教会へと乗り込んでいく。

さしあたり乗り込むもまずは落とし穴、さらにはグレコが何やら指示を与えて操ろうとするが。

陥ったルパンの方も五衛門の導きで出口に向かわんとするも、先んじられてふさがれ、仲間のうちの誰かがグレコが操っているとか。さしあたり不二子が怪しいが、それは誰しもが思うことだが。結局皆が単独で別行動を取ることになったが。はたしてグレコの周到な罠も気になるところだが。

まずは不二子が襲われ、突き立てられたナイフとともに葬られたかにみえたが。その一方で不二子の異変から互いに疑い出す次元と五衛門。ルパンもなだめんとするのだがやはりらちが明かない。そうこうしているうちにグレコの罠も徐々に迫ってくるというが。

一方でルパンが回廊の壁に何やら気付いたようだが、また一方でそのルパンのジャケットを目にした次元と五衛門、やはり不振が頂点に達したか、互いに戦い合うことに。緊迫した雰囲気の中、次元の後出し感もあったが勝負は愛打ちと相成り、それを見やるオークションも最高潮に達した。

そしてグレコが操るマリオネット、それはなんとルパン本人、結局グレコの手の内で踊らされ、最後の仕上げに自決を指示されるが、すんででコントロールは聞かず、倒れた二人もほぼ無傷で起き上がる。そして不二子はというと、胸でナイフを挟んで受け止めたか。

つまりは術中にはまったかに見せかけて、ご自慢のチームワークで切り抜けた。これも修羅場を切り抜けた数ゆえのなせる業か。あとグレコの人心掌握も薬物を使ってのことだったか。タネを明かせば安いものか。結局グレコの方がルパンの術中にはまってしまったということで。もっともその催眠術もこの場合ペテンの類にもみえるが。

ともかく賭けもルパンの大勝ち、ついでにさして価値もなさそうだがお宝の聖杯もゲット。あとグレコも結局小悪党だったが、そんな小悪党相手でも演出次第で大舞台となる、といったところか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第16話:ルパンの休日<今更ながらルパンレビュー2015>

久々の休日を楽しもうと車を乗り回すルパン、車内には次元と五右衛門、そして一匹の子犬がいた。実は豪華客船内でとある婦人の愛犬を届ける依頼を不二子を通じて受けており、それを届けるために向かっていた。同じく次元たちは久しぶりの休日をとイタリアで有名な寿司屋に向かうべく同乗していた。さらには銭形も追いかけてきた。これはいつものことだが今日ばかりは特に面倒な事態だろうけれど。そのうちにガス欠やらトイレ休憩やらとひとまずの手間をやり過ごし、車を進めていく。その間にも約束の刻限も銭形とともに迫ってくる。ガス欠の問題は通りすがりの農家に燃料を分けてもらい事なきを得るが、銭形も追いかけていくうちにルパンの目的地を船が停泊している港と読んで待ち伏せを行う。それを通りすがりの女の子たちから聞き出した。そういえば件の子犬は結構な女好きとみた。対してそのオバハンもとい婦人の方も子犬のジョセフィーヌをかなり溺愛しているようすで、さしもの不二子も辟易しているみたいだ。そういえばそのジョセフィーヌはなんとオスであったと判明したのだが。それに五右衛門もなにかと面倒見がいいな。

ともあれ港には案の定銭形が待ち伏せていた。そんな中船も無情にも出港し、依頼は果たせなくなったかに見えた。しかし傍らの岬に向かい、そこから船に車ごと飛び乗るといった荒業でひとまずの解決に至る。無事ジョセフィーヌを婦人のもとに送り届けることに成功したが、ジョセフィーヌは婦人を振り切りどこかに行ってしまった。結局婦人の溺愛に辟易していたのは言うまでもないか。そういえば雄だったのでまずはそれもまたイヤだったというのか。

ともかくも休日中の依頼の仕事を終え、みんなでディナータイムと洒落込んだルパンたち。五右衛門は不満ながらも寿司を味わうことになったが。

いずれにしても休日でもドタバタに巻き込まれる、あるいは引き起こすルパンといったところか。

あとジョセフィーヌ改めゴエモンは、逃げ延びた先の海岸にたどり着き、先に声をかけた女の子に拾われることになったそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第15話:ハイスクール潜入大作戦<今更ながらルパンレビュー2015>

今回は“クレオパトラの心”なる特大ダイヤを奪うも銭形との逃走劇の末、登校中の生徒のカバンにダイヤを投げ込んでしまう。

そこでその高校の教師に成りすまし潜入するも、その高校、生徒も教師も曲者ぞろい、教師が時限爆弾を製作するとはかなりいってるな。

早速持ち物検査を行うも肝心のダイヤは見つからない、あらためて詳しく聞き出そうとするもらちが明かない。そんな中付き添いの教師マリオについて、生徒のいざこざにも逃げ出す気の弱さはともかく、なんと彼が件のダイヤを持ち出したのだという。

そのダイヤを使い爆弾の装置に組み込んだところで確信を得たルパン。律儀に予告状を引っ提げて奪い返さんとするのだが。

その夜、教師たちは各々の武器を手にルパンに対せんとする。しかしバットと硫酸はともかくモップやらコントラバスやらと結局張り合いがない、案の定応戦の末自滅の形で返り討ちにあう。

あらためて時限爆弾の材料にダイヤを用いたわけを問いただすルパン。教師たちが言うには先に運悪く質の悪いチンピラに目をつけられ、保身のために爆弾を造った。なんだか本筋から離れていくな。

ルパンも結局ダイヤを手に入れ、すがる教師たちを突き放しつつもこれからの身の振り方を諭したりもしたが。

その後でひとまず謝り倒そうにも相手はチンピラ、やはり話が通じる相手ではなく、さらには居合わせたリッキーに始末をさせようとする。そういやマフィアにあこがれて彼らと付き合っていたが、実際銃を使おうにも相手は学校の教師、結局ためらうリッキーに制裁を行うチンピラたちにここぞでかばうことになったマリオ。マリオに向けられた銃はどこからかの銃撃で阻まれ、さらには銭形の介入でチンピラは御用。実はルパンが教師たちを助けんと裏で手を打ったというわけだった。

ひとまずの仕事を終えたルパンだが、なぜかダイヤを川に投げ捨てる。人を移り気にさせるダイヤだと嘯きつつ、興味を失ったということか。

後日いつもの調子ながらも授業に打ち込むマリオとリッキーたち。

最後あのダイヤはイルカに運ばれ不二子の手に入ったそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第14話:モナリザを動かすな<今更ながらルパンレビュー2015>

MI6との抗争、難敵ニクスとの決着をもひとまずつけ、ほとぼりを冷ましたルパンが次に狙うのは何とモナリザ、まずは不二子を通じて獲得のめどを立てたが、その前の不審な男たちは一体何者か。

さておき対するフランス当局も、警察と軍隊、そしてICPOの銭形もそろって警備にあたるが、たしかにイギリスとは大きな差だともいえるが、ルパンの到来に懐疑的なだけに少し甘い所があるか。おりしも明日は休館日、かつてその日を見計らい盗まれたいきさつがあったのだ。

警備の確認とともに、館内をくまなく探しやがて不審な銅像からルパンを見つけ出す。逃走の末拘束したがそれは次元の変装で、本物はまんまとモナリザを手に入れたがすかさず戻ってきた銭形が喰らい付く。五右衛門の助太刀でまんまと奪われたと思いきやモナリザは無事だというが。しかしそのまま引き下がるルパンではないとふみ釈然としない銭形だったが。

奪い取ったモナリザを手土産にいざ交渉を持ち掛けたところ、なんとそれはニセモノだった、相手も鑑定人を呼んでのことで、ひとまず交渉は決裂となるもルパンもやはり引き下がらない。これには不二子も、そしてルーブルのフィリップも一枚かんでいた、なにせ世界有数の名画なだけにその駆け引きも熱かった。

その夜フィリップがとある富豪との交渉にあたるもそれがルパンの変装で、あらためて奪い取れたのだが。

実はモナリザは2枚目があり、それをもとにあの依頼者に再交渉して報酬をせしめ前から狙っていた邸宅を買い取った。後になって鑑定人が動揺したのはそのせいか。あとフィリップも不正が発覚して逮捕された。

さしあたりのだまし合いはひとまずルパンに軍配が上がったが、冒頭の男。なけなしの小銭で自らの絵を不二子に売り払ったというのだが、あの絵がその男が描いたのならば、その男は何者か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第13話:ルパン三世の最期<今更ながらルパンレビュー2015>

MI6の策略で捕らわれたルパンは、アドリア海に浮かぶ孤島の牢獄で収監されていた。そのうつろな目に浮かぶものは何か。

イタリア国内の監獄に収監されたルパン。銭形の危惧もむなしくいかに監視を厳にしようとすぐに脱獄されてしまう。それならばと今度は全面鋼鉄ばりの檻に閉じ込めるも、異変に気付いた監視の隙をついて、ってこれは前にやったか。

お次は教誨の牧師に化けて脱獄せんとするもこれも見破られる。もはや完全なイタチごっこか。しかし前回の緊迫感はいずこに。

ともかくルパン収監のために孤島の監獄へとブチこまれたルパン。しかも銭形がつきっきりで。一方で次元たちも監視の目が光り身動きが取れない

しかしルパンはいつしか食事を絶ち続け、冒頭の状況と相成ったわけだが。これもどこかで見た展開だな、さておきその根競べの行く末やいかに。

ただ死を待つかに見えるルパン、一方で次元たちも何かを待っているかのごとくだった。それはレベッカも同様だったし、銭形に至ってはこれまでの人生を振り返りつつ今の状況に苛立ちを覚えていた。

そしてルパンは自らの死期を悟ったかのごとくに銭形に一本のタバコを要求する。銭形にとってはルパンの最期は自らの刑事人生の最期と一緒に考えていたきらいがあった。そんな腐れ縁も最後の時を迎えるかに見え、それを見届けた後で牢の扉を開けた。

なんと斃れたルパンは巧妙な絵のトリックで銭形と入れ替わりに脱出したのだ。とはいえ孤島の監獄に入れられるのも計算ずくだったのと、不二子が言っていた何かを待っていたのは、自分が死んだと思わせた時だったということか。銭形もこれには一杯食わされたが悔しさよりもある意味安堵感を覚えていたか。

ともかくも一世一代の大芝居も切り抜け、再び娑婆に舞い戻ることになったルパン。一方であのニクスもひとまずは家庭に舞い戻っているが、ルパン同様にそのままでは終わる男ではないのは言うまでもないのだが。

そしてMI6、支部内で監禁するも脱出したもう一人の人物、それが今後の物語を握っているのもこれまた述べるまでもないのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第12話:イタリアの夢(後篇)<今更ながらルパンレビュー2015>

件の文書はまるで漠然とした文字の羅列で解読は不可能なものだった。しかしそれならばとルパンも対抗心を燃やし解読に挑む、しかしレベッカの胸中やいかに。そして暴走し今度こそルパンを仕留めんとするニクスは。

ここにきて文書の謎の糸口をつかみかけたと思いきや、何故か眠りこけ、ルパンにしては珍しく夢の中に入り浸っていた。言葉の迷宮に迷い込むうちになぜかレベッカの過去の思い出にも入り込む。そこにリベルタスという言葉からレベッカの本当の夢、本当の世界をつくるといった彼とともに抱いた夢を知り得たのだが。

そのうちに夢の中でその彼氏コウと対面、あの文書は彼の夢の扉、しかも彼自身何やらの陰に狙われているという。それは先の誘拐事件と関係ありと踏んでいたが。しかし彼の死がやはりMI6が関与していた。

脱出を試みるがコウは結局世界に捕らわれしまい、ルパンに自分の夢を託すことになった。そしてコウ自身の最期をみとったルパンは、目覚めてからレベッカとともにサンマリノへと向かうのだが。

ここにきてレベッカの真意を理解し、それらを語りつつ件の小屋に向かうルパン。隠された彼の研究室にて研究の悪用を防ぐべく資料のすべてを燃やす。そこにニクスも現れるがすでの炎に包まれた部屋にて何を想うのか。

そして再びの逃走劇、着実に追い詰めんとするニクス。レベッカもまたルパンの中にコウを見出した。すべては彼女自身の自由のために。

ひとまず逃がされたレベッカも救援を要請するも、次元たちも見守るしかない、すべては一瞬で決まるとのことだが。

そのルパンもまさに追い詰められるかにみえたが、もう一つの、そして根本的なニクスの弱点、驚異的な聴覚に対し高周波の音波をぶつけ、その動きを封じた。

しかしMI6の銃弾に二人は倒れた、その痕跡を残さずに。やはりニクスも使い捨てられたというのか。

しかしそれを察知したのは銭形だったが。対するMI6も銭形の介入を封じるためにルパンを一旦引き渡す。今度こそルパンも年貢の納め時にみえるのだが。

そしてレベッカも過去に決別し、本当の自由を手に入れるかにみえるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第11話:イタリアの夢(前篇)<今更ながらルパンレビュー2015>

前回心に引っ掛かった事柄について資料を読み漁るレベッカだが、やはり満足する結果を見出せないでいた。しかし資料に書かれた手書きのメッセージからとある場所へ潜入ぜんとするが、そこにはMI6も介入していて、彼らに捕まってしまうのだった。

レベッカも一応サンマリノの要人ゆえ、表立てにすれば国際問題になりかねない。そこで半ば腐れ縁のルパン一味に極秘の救助依頼が舞い降りたのだ。

もともととある天才科学者の研究文書、その最後のページに記された手書きからすべての起こりでそれをMI6も狙っていた。

その上でルパンもMI6に挑むのだが、今度ばかりは一味総出、対するMI6も厳重な施設と屈強なエージェントぞろい、その中に難敵ニクスもいた。対するMI6も幾たびか煮え湯を飲まされたルパン相手に特に警戒を厳にする。それはルパンにとっては難敵たるあのニクスは特に。しかし銭形までも介入してきたがそれは門外漢か。加えてレベッカの件も場合によっては事故死に見せかけての抹殺もやりかねない。それを阻止するためにその難攻不落の秘密施設にひとつ踏み込んでみようと企むルパンだったが。

まずニクスに指令が下り、他のエージェントを退けてレベッカを移送する。これがルパンの策であることは明白だが、こうなれば難攻不落も形無しだ。もっともくり返しながら当のニクスこそが一番の難関だが。あとその異変に銭形も気づいたが。

ひとまずレベッカを保護したが、倒されたはずのエージェントも追ってきた。まさか仲間同士殺し合うというわけにもいかなかったか。そこに執事も現れ、家族を盾に強迫する。今度は力業か。そこにルパンが機転を利かせニクスを本気にさせ仲間割れを誘う。今度ばかりはニクスも容赦がない。しかし単なる暴走も国際問題になりかねないと本部長も懸念するのだが。さらには銭形も今更ながら捜査の範疇を超えているというのだが。

その隙にルパンも逃げおおせ、レベッカに文書の真意を問う。今度ばかりはお遊びではなく、かつて本気で愛した男のためだったのだ。その上で彼の真意とMI6の関与、それらを含めてその謎にルパンが挑むのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧