ルパン三世

各誌レビュー21年度9月号(その2)

さて今週の各誌レビューは、
 
<BLACK TIGER(グラジャン)>
女詐欺師をめぐっていつの間にかゾンビ騒ぎに、たしかに最初のお話で出てきたが、まさに忘れたころに現れるドクターノアか
 
<MAO(サンデー)>
知られざる蓮次の過去、虐げられた末に姉の死を機に憎しみの道を歩むことに、だがそれゆえに彼の暴虐を見逃すわけにはいかずと百火が再び立ち向かう。
 
<君は008(サンデー)>
エイトとともに任務にあたる千堂、母親がドグラの者というだけありなかなかに複雑な過去を持つが、そんな彼もエイトに陽だまりの力を見出さんとするのだが。
 
そして今回連載開始、押切蓮介せんせいの<ジーニアース>
包囲した機動隊と相対する少年。大立ち回りの末に撃たれてしまうのだが、はたして。一方それ傍観していた友だちらしき少年とまた一方の虐げられている少年。彼らが星に選ばれた者たちだというのか。
 
<バキ道(チャンピオン)>
金属の歯を仕込んで新たなる力を手にしたジャック。これで宿祢に対しようというのか。
 
<浦筋(チャンピオン)>
トイレのオバケ騒ぎから裕太のおねしょ騒ぎに悩まされる母ちゃん。悪循環はさらに続くというのか。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
美術部の部長の陰が晴れたかと思えば画力がなくなり、が色が戻ったかと思えば陰も出てきた。やはり芸術というのはままならぬものなのか。
 
そして<ルパン三世>
逃走行の末に同じ盗賊団に捕まるも機を見て退けるルパン。一方で銭形が王国側についてルパンを追わんとするのだが。
 
ということでまた来週。

| | | コメント (0)

各誌レビュー21年度月号(その2)

さて今週の各誌レビューは、
 
<MAO(サンデー)>
苛火虫をたどって着いた先は、生きた屍の穴に佇む蓮次と謎の少女。蓮次が語る過去の事件、それがいかに凄絶なものなのか。
 
<君は008(サンデー)>
今度のドグラの怪人は一見子供だが、変幻自在なる術を用いてエイトたちを翻弄する、はたして攻略はなるものなのか。
 
<バキ道(チャンピオン)>
スクネが横綱を退ける一方で、ここ最近の勇次郎の人となりの暴走を懸念する老公とバキ。しかし問いだした老公もまんざらではないというのか。その一方でジャックも乗り出すことになるのだが。
 
<浦筋(チャンピオン)>
今年の春巻はブランコの座席で遭難してしまったか。こんなさまを貧乏神ですら気遣ってしまうとはな。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
千晶と二人きりになり暇つぶしの腕相撲と相成る大祐、なんやかんやでいろいろ気遣っちゃう千晶なのだが。
 
そして<ルパン三世>
また一方の五エ門は人嫌いのエルフの里に厄介になるが、そこに村娘と因縁がある魔物使いと対することに。斬りがたい魔物スライムを退け、ついには娘との因縁とともに打ち倒す。たしかに五エ門にとって斬るべきものを常に選ぶ生き様を描いたお話だったか。
 
といったところでまた来週。ついで今秋放送開始するアニメより、永年次元役を演じられた小林清志さんが引退し、後任は大塚明夫さんと相成りました。小林さん、長い間お疲れさまでした。そしてありがとうございます。

| | | コメント (0)

各誌レビュー21年度9月号(その1)

さて今週の各誌レビューは、
 
<BLACK TIGER(グラジャン)>
襲撃した子供を保護した先生、しかし彼こそ偽札犯の片棒で、足を洗おうとした仲間が命を落とすも、ティガーが悪漢を倒し、それに感じ入りつつ先生も子供たちのために生きていこうと誓うのだったか。
 
<MAO(サンデー)>
菜花に植え付けた苛火虫で威迫する蓮次を倒さんとする真緒。しかし結局ハッタリで取り逃がされてしまった。そんな蓮次だったがどうやら過去の事件が関係していてひとまずはこれを調べんとするのだが。
 
<君は008(サンデー)>
襲い来るドグラの刺客と激闘を続けるエイトたち。一方暗躍するアスヤとルルス。このすれ違う二組の心に去来するものやいかに。
 
<バキ道(チャンピオン)>
勇次郎に停滞敗北を喫したスクネ。人知れぬ横綱のリターンマッチを軽く受け流しつつオーガの強さに感じ入るのだが。
 
<浦筋(チャンピオン)>
最凶の四人組の来訪に驚きつつもんとする順子母ちゃん。それでも彼らなりに役に立とうとしたんだな。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
演劇部の岡崎くんといい関係になったかとの大祐だったが、実は役作りの練習台になっていた。まあそれでもそれなりに見えるのも無理からぬか。
 
そしてルパン三世
ルパンと同じく異世界に転生した次元。どこかの坑道内で巨大なモグラの魔物をご自慢のマグナムで撃破した。まあ舞台が舞台なので残り球の心配があるが、なんと自前で造れちゃうからこれまた心配はなくなったか。あと次元もそれなりトウは立っているが、兄ちゃん呼ばわりだからこれは喜んでいいやらどうか。
 
といったところでまた来週。

| | | コメント (0)

各誌レビュー21年度8月号(その3)

さて今週の各誌レビューは、
 
<MAO(サンデー)>
菜花に仕掛けた罠で迫る蓮次に、駆け引きの末に一旦は追い詰めるも、まだまだ隠し球を持っていたとか。
 
<君は008(サンデー)>
今度の任務は校長直属のチームアルファとの共同作戦。ひとまず打ち解けんとする中、敵もさりげなく襲いかかるが。
 
<浦筋(チャンピオン)>
夜中に訪れた小鉄と迷惑気に対するのり子。でも結局曹長のプールに付き合うか。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
夏祭りの縁日を楽しむ旭先生。しかし独り身をかこう身としてたまに訪れた大祐に男を求めるのも女として無理からぬことか。
 
そして今週連載開始の<ルパン三世(チャンピオン)>
存在しない国のコインをめぐっての争奪戦から、何とお決まりの異世界転生に話が転がっていく。そしてここでとらわれのプリンセスをめぐっての陰謀に巻き込まれるか。
 
といったところでまた来週。

| | | コメント (0)

テレビアニメ・ルパン三世PART6、ですか

さてみなさん、今やアニメファン期待のルパン三世のテレビアニメのPART6が放映される運びとなりました。今回の内容は原作のコミックの世界観に準拠、すなわち基本のハードボイルド性が濃いルパンを描く運びとなり、これは先の次元、不二子のスピンオフ作品とも連なるものかもしれない。それが新旧の視聴者に受け入れられるかは別として、本来のルパンを知る上で見ごたえのある作品ができるだろうとも期待したい。

| | | コメント (0)

今更ながらルパンレビュー:ザ・ファースト

さてみなさん、今回は初の3Dアニメ化されたルパン三世の『ザ・ファースト』のレビューをあらすじを追って述べたいと思います。それでは、ごゆっくり。
 
物語はとある考古学者が赤子を伴った娘夫婦にとある品を託して逃亡を促す。直後ナチスの残党によって考古学者は命を落とし、夫婦は追跡の後の事故で赤子を残して命を落とす。
それから十数年後、件の考古学者ブレッソンのお宝のオークション会場にてルパンがそれを奪い取らんと暗躍することから始まる。
そういえば時代設定は第二次大戦後しばらくしたころというから少し違和感を覚えたが、今や半世紀近くの歴史を持つルパンだから、こういう時代考証も今更気にしないのが正しい観かただろうけれど。
その後ルパンと同じくお宝のダイアリーを奪わんとした少女レティシアとルパンがひとまずの共闘と相成り。紆余曲折の後にお宝の仕掛けを解いて中の日記から、謎のエネルギーたるエクリプスをめぐっての攻防を繰り広げられる。
飛空艇を活動拠点とする残党軍にも用済みとなったレティシアとともに追われたルパンは、助けに来た次元や五エ門、別ルートでお宝を狙った不二子、そそのかすままに力を借りる銭形とおなじみのメンバー勢ぞろいでアーネンエルベの野望を阻止せんとする。もちろん本当のお宝を奪い取るために。そういえば銭形がレティシアに惚れたこともはじめいやいやながらひとまずの協力を取り付けた理由なのだろうか。
その本当のお宝というのがかのルパン一世も狙ったというエクリプスなる超エネルギー体。
一方のレティシア、幼い頃で残党軍の教授ランベールに育てられ、というより自分の地位の為に利用され続けた後に捨てられた。そんな彼女こそブレッソンの孫娘であり、そのブレッソンもかの1世との親交があり、それが縁でルパンとともにするのだ。
そして先に残党軍がたどり着いたエクリプスの遺跡、明らかに地球のテクノロジーとは別の厳重な防護システム。それを通るためのダイアリーもルパンにすり替えられ、悶着の後ひとまず撤退を余儀なくされ、その隙にルパン一味が防護システムすなわち“試練”を解くことになる。
アーネンエルベが手こずった“試練”もダイアリーをもとに一つずつ解いていく。第1の試練の重力装置はともかく、第2の試練の斬鉄剣が隕鉄からの造りなのは意外ながらもさもありなんという感もある。そして最終試練がまさに力業で切り抜けたのはいかにもルパンらしいか、その際に1世の遺物が役に立ったのも象徴的であった。
こうしてまさにエクリプスのもとにたどり着いたかと思いきや、引き揚げたかに見え試練を抜けシステムも解除したのを待ちかねた残党軍だった。
そのエクリプス、真実を知り協力を拒むレディシアを威迫しダイアリーを手にし、そのシステムを解放せんとするランベール。発動した天空の船とともに遺跡を崩壊させ飛び去っていく。その隙に間一髪脱出したルパンたちもあらためて残党軍を追い、まず飛空艇を阻止、なおも船を使って脱出を図るが、飛空艇を禍々しい生物の形に変え、そこから放たれたエネルギーはまさに巨大なブラックホール。これでは世界もひとたまりもない。何とか切り抜けたルパンも次の手を考えんとする。
あまりにも強大な力を目の当たりに、ランベールの野望に火が灯ったか、ダイアリーを燃やし次第に正気を失いつつあった。そんなランベールにレティシアは咎めるもそれをも聞き入れなかったか、さらに兵器を発動せんとする。しかしすんででゲラルトが阻み、その隙にシステムを止めんとするレティシアに銃口を放つ。しかしそれをかばったのはランベールだった。わずかに残ったレティシアへの思いがそうさせたのか、自分でも信じられぬと言いながらも今まで育て上げたレティシアの胸の中で息絶えるのだった。
そしてブラジルのアーネンエルベの本拠で、ヒトラーと対面したゲラルト、レティシアが銃を向けるもなおも不敵なヒトラー、実はルパンたちの変装で、すでに銭形の通報を受けて本拠は制圧されたのだ。真相はICPOが流したガセネタでゲラルトはそれにまんまと乗せられたのだ。
まんまと騙されたゲラルトももはやこれまでと思ったかルパンと取っ組み合いのさなかエクリプスが再び暴走をはじめ、放った重力波にゲラルトは呑み込まれる。ヒトラーの写真とともに、たとえそれが虚構であろうとも。その際にルパンもエクリプスと運命を共にせんとするところ、前もって遺跡がくすねた重力装置で難を逃れる。
こうして一軒が落着した後、また銭形と一味の追っかけっこが始まり、また騒がしい彼らなりの日常が始めんとし、ルパンもレティシアと別れを告げ新たなる仕事と冒険に乗り出すのだった。
そしてレティシアもいつかは本当の考古学者として新たなる一歩を歩まんとするのだ。
そういえばこの作品と前後して原作者のモンキー・パンチ先生が亡くなられたこともあり、先生のメッセージが流れたことも、この作品を新たなルパンの原点としての『ザ・ファーストなのだと今更ながら感じ入った。
そして来年度がルパンテレビアニメ50周年ということで、くり返しながらもまた新たなルパンの仕事と冒険が見られるのかという想いを抱きつつ、本記事のシメとしましょう。

| | | コメント (0)

今更ながらルパンレビュー:プリズン・オブ・ザ・パスト

さてみなさん、今回は月頭に放映したテレビスペシャル『プリズン・オブ・ザ・パスト』のレビューをお送りいたします。それでは、ごゆっくり。
 
北海道の刑務所から脱獄したルパン。それを追う銭形をよそにまんまと脱走に成功する。しかしそれが夢かうつつか、銭形は部下の八咫とともにとある小国ドルエンテ王国にいた。
今回のルパンのターゲットはそこに収監されている死刑囚を救出するというものだったが。彼が保管する財宝が主な目的というわけだ。彼を狙っているのはダイナマイトジョーをはじめとする世界に名だたる盗賊たちもまた集まっているとか。しかも次元と五エ門もそれぞれ目的があってのこと、特に姿を見せない不二子、彼女が世界の盗賊たちをアゴで使っているとか。王国内では貴金属が主要産業となっていて、表向きはそれなりに裕福な国となっていた。今夜はお祭りということで、仕事にはうってつけであるのだが。
早速彼らも監獄に潜入せんとしたが、どれも詰めが甘くあっさりと捕まってしまう。そこに我らがルパン、彼らが捕まった罠をひとまずかいくぐり、派遣された銭形を言いくるめて封じ込め、ようやく目的のフィネガンのもとにたどり着く。
いざ脱出に差し掛からんとするのだが、城の仕掛けを見つけたフィネガンの導きで外に向かわんとしたが、もう一つの仕掛けで最後の罠にはめられた。フィネガンは監獄とグルで、死刑宣告もおびき寄せるための方便だったのだ。脱出せんとしたが次元は捕まり、五エ門もルパンの手を拒んで自ら海に飛び込む。
とある孤島で目が覚めた五エ門、助けたのは先に対峙した仮面の剣士ベルテ。五エ門にひとかどの義を感じたゆえ助けたのだが。五エ門の剣技を目に王国存亡の危機に関する伝説を重ね合わせてのことでもあったのだ。その上で手合せを所望するベルテをあしらいつつも大義を見抜くのだが。
ルパンの方は監獄の洞窟に流れ着き、次元の帽子と兄弟のロボットの頭とともに再び乗り込まんとする。途中収監された老囚人を見かけ、それが先の不二子の協力で国王だと判明するが。
銭形もまた監獄の陰謀を察知して一計を案じ、脱出を図り真相をはかる。
監獄には多くのテロリストやマフィアが武器の取引をつける。フィネガンも所長とともに王国の裏面を支配していた。そこに銭形と鉢合わせ、見つかった八咫とともに機転で切り抜けんとするが、そこに次元たちが“商品”として売り出される。ひとまずの取引の末、八咫が救出の末狙撃をするが、かえって混乱のただなかに陥った。フィネガンのヘリを撃ち落とし、五エ門もヘリの残骸を切り裂き参上。一人余計なものもいるがひとまず態勢を立て直す。
一方業を煮やすフィネガンはとあるロレンサに監獄の仕掛けを押すようにと要求。それが国王の命を引き換えであり、ルパンもそれを止めんと説得を試みる。しかし仕掛けは発動し、監獄は囚人看守を問わず巻き込んでその真の姿を現す。ルパンも銭形たちを脱出させ国王のもとに。ひとまず救出にこぎつけたが生きることに絶望していた中ロレンサがベルテこそがフィオ王子だと告げる。しかしそれをフィネガンに察知されてしまう。とりあえず国王を脱出させ一路王宮に向かう。ついで脱出したプレーンには銭形たちと入れ替わりで不二子たちが乗り込む。
フィネガンを追う一行。しかしフィネガンは顔を変えていたと先の対峙から感づき入手したデータにて確信したが。そこに仮面を外したフィオが待ち構えていたが。
乗り込んで部下と対峙するロレンサ。ひとまず退けるも自爆に巻き込まれてしまう。その際にフィネガンの変装もはがれそこにはフォオ瓜二つの顔が、これも王国を乗っ取るための布石だとか。だからこそ自分の処刑によって素性を隠す必要があったのだ。
自爆から救い出したロレンサとともに追跡を続けるルパンたち。島ではフィオとフィネガンが対峙する。銃で対するフィネガンにあくまで剣で迎え討つ。駆け付けたフィオを盾に威迫するフィネガン。しかし動ぜずに構え、放たれた銃弾を切り裂き、見事討ち果たす。五エ門の説諭から自らが伝説の光の剣士となり得、新たなる国王となり得たのだ。しかしフィネガンも最後の仕掛けで島ごと爆破せんとミサイルを発射するが、やはり詰めが甘かったかルパンの機転で打ち破られた。結局安き夢も破れ、部下の無事を知り観念したフィネガン。銭形も駆け付けたところでひとまず別れを告げるルパンたち。銭形も改めてルパン逮捕を誓うのだった。
ここに王国の平和も取り戻し、不二子とルパンたちはちゃっかりフィネガンの財宝を手に入れ。ここに一つの仕事は終わった。王国を過去という牢獄から解き放って。

| | | コメント (0)

ルパン三世テレビスペシャル『プリズン・オブ・ザ・パスト』、ですか

さてみなさん、いよいよ明日、待望のルパンテレビスペシャル『プリズン・オブ・ザ・パスト』が放映される運びとなります。
かつてルパンと肩を並べる義賊が収監される地にて彼の救出をはじめ、世界各地の怪盗、大泥棒がもまたひしめき合い、それらとのシノギの削り合いが主なストーリーと、またその裏面に隠されている者やいかにというのも興味が惹かれるものでもあるけれど。これもひとまず楽しみにしておきたい。
そういえば先の『グッバイ・パートナー』と関連しているかもしれないけれど、次元役の小林清志氏は先代からの継続ということで、その前作でひと区切りと思いきや、まだまだやれると意気込んでいますね。まあなにはともあれいつまでもお元気で。
後日当作品のレビューもお送りする予定ですのでこれも期待しないで待っていてください。

| | | コメント (0)

映画ルパン三世、ですか2019

さてみなさん、今冬ルパン三世が今度はフルCGアニメで放映される運びとなりました。アニメ制作は『STAND BY MEドラえもん』や『ドラクエ』のCGを手掛けてた山崎貴氏ということでこれも期待していいでしょう。
そのサブタイトルは『THE FIRST』先のファーストコンタクトとは違う意味でルパンの原点を見られるかもしれませんがこれも続報を待つしかありませんね。
この作品においては先に亡くなられた原作者のモンキー・パンチ先生も大いに期待を寄せられたもので、ドラえもん同様にその期待に応えてほしいものだとファンならずとも思わずにはいられません。
ともかくこの冬は、新たなるルパンの原点を新しい時代とともに楽しめるかもしれませんね。

| | | コメント (0)

今更ながらルパンレビュー<グッバイパートナー>

さてみなさん、3月ごろに掲載予定だったルパン三世のTVスペシャル『グッバイ・パートナー』ココログのシステム改訂をはじめ紆余曲折の末この度掲載にこぎつけることになりました。まずは永らくに遅延申し訳ありません。
なにはともあれ気を取り直してそれでは、ごゆっくり。
 
その日も着実にお宝を手に入れたルパン。同じく銭形も味方であるはずのICPOに身柄を拘束される。また同じく一人の少女が何者かに連れ去られる。それと前後してショパンのエピソードが描かれるがそれは何をものがたる。
後にバカンスを楽しむルパンのもと銭形逮捕の報せがもたらされ、その容疑はルパンの共犯ということだ。身に覚えのないことと憤るルパンに半ば挑戦状のごとくに上海のタイムクリスタルを奪うよう持ち掛けられる。
世界をも支配するほどの力を持つそのタイムクリスタル。とある科学者が開発し、紆余曲折の末に今は上海の軍事施設に保管されているという。
それを仕掛けたのは世界のメディア王ロイ=フォレスト。彼の居城たる秘密工場には先に拉致した少女、AIを開発した科学者がショパンに傾倒していてそれの起動のために彼女の腕が必要であるという。
警戒厳重な上海の施設に潜入したルパン一味、五エ門との連携で何とか奪い取ったが、別に任務にあたっていた次元が突然裏切り、ルパンを狙撃する。
その次元、クリスタルを手土産にロイの要塞に赴き、そこであの少女と対面する。かつて付き合った女性の面影を思い出す次元。その娘があの少女アリサだという。なんとかなだめんとし次元も小さな花束を彼女との思い出とともに差し出すのだが。
そこに件のエミルカを起動させんとするもクリスタルは偽物だという。
後に警察に拘束されるルパン、後に五エ門が救出し。撃たれたところが先に差し出されたライターで命拾いしたとか。その弾丸で得心したルパンも先に拘束された銭形とともにICPOに潜入し、取調室からデータベース室にて量子コンピューターの情報を入手した上で反撃に転じんとしていた。
要塞に乗り込み少女のもとにたどり着き。駆け付けた次元との対戦にこぎつけたが、少女の爆薬を解除し彼女をも助けた。一旦はロイを倒したと思いきや要塞の彼はいわば影武者。本物は自分のステルス機。彼は要塞の自爆をほのめかしコンピューターを起動させる。
起動したAIで世界中の経済を掌握しついには世界そのものを師範せんとするロイ。それを阻止せんとアリサの演奏でエミルカに介入する。
一方大統領もロイを阻止せんと試みるも護衛機が退けられるも、介入したエミルカによって機の制御を奪い、墜落に追い込むもロイはひとまずは脱出、その後に銭形たちICPOによって拘束される。
これで一見落着と思いきや。今度は証拠隠滅のため要塞を攻撃せんとした米軍に対するためエミルカが自我を持ったのか防御のためにすべてを排除せんとする。これ以上の暴走を止めんとアリサと不二子の協奏曲が奏でられ。電源を止めんとするルパンとともにエミルカは沈黙する。その際に人型の何かが創られ、それに移送されたのだが。
こうしてルパン、そしてアリサも解放され、コンクールのために不二子が送ることになる。その際に分かれの言葉を告げ、母親とは違う意味でアリサも応え、要塞を発つ。ルパン、五エ門も一旦解散することになり、一人次元のみが残ることに。しかし拘束から脱出したロイの逆襲を受けるも、難なく退けるに至る。
後にアリサはコンクールに優勝し、ルパンもまた銭形との追いかけっこの日々を送ることになる。
この作品のタイトル通り、ルパンと次元の戦いを通じて永年の相棒との別れが描かれると思いきや、かつての次元の恋人との別れ、その娘との交わりを通じての物語がメインテーマといったことになる。それにしてもあのエミルカはどうなったのか。いずれはどこかの空で争いのない世界を目指すために働こうとしているのか、これも興味は尽きないが、ひとまずはこの物語はこれでシメということで。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧