ルパン三世

第11話:イタリアの夢(前篇)<今更ながらルパンレビュー2015>

前回心に引っ掛かった事柄について資料を読み漁るレベッカだが、やはり満足する結果を見出せないでいた。しかし資料に書かれた手書きのメッセージからとある場所へ潜入ぜんとするが、そこにはMI6も介入していて、彼らに捕まってしまうのだった。

レベッカも一応サンマリノの要人ゆえ、表立てにすれば国際問題になりかねない。そこで半ば腐れ縁のルパン一味に極秘の救助依頼が舞い降りたのだ。

もともととある天才科学者の研究文書、その最後のページに記された手書きからすべての起こりでそれをMI6も狙っていた。

その上でルパンもMI6に挑むのだが、今度ばかりは一味総出、対するMI6も厳重な施設と屈強なエージェントぞろい、その中に難敵ニクスもいた。対するMI6も幾たびか煮え湯を飲まされたルパン相手に特に警戒を厳にする。それはルパンにとっては難敵たるあのニクスは特に。しかし銭形までも介入してきたがそれは門外漢か。加えてレベッカの件も場合によっては事故死に見せかけての抹殺もやりかねない。それを阻止するためにその難攻不落の秘密施設にひとつ踏み込んでみようと企むルパンだったが。

まずニクスに指令が下り、他のエージェントを退けてレベッカを移送する。これがルパンの策であることは明白だが、こうなれば難攻不落も形無しだ。もっともくり返しながら当のニクスこそが一番の難関だが。あとその異変に銭形も気づいたが。

ひとまずレベッカを保護したが、倒されたはずのエージェントも追ってきた。まさか仲間同士殺し合うというわけにもいかなかったか。そこに執事も現れ、家族を盾に強迫する。今度は力業か。そこにルパンが機転を利かせニクスを本気にさせ仲間割れを誘う。今度ばかりはニクスも容赦がない。しかし単なる暴走も国際問題になりかねないと本部長も懸念するのだが。さらには銭形も今更ながら捜査の範疇を超えているというのだが。

その隙にルパンも逃げおおせ、レベッカに文書の真意を問う。今度ばかりはお遊びではなく、かつて本気で愛した男のためだったのだ。その上で彼の真意とMI6の関与、それらを含めてその謎にルパンが挑むのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第10話:恋煩いのブタ<今更ながらルパンレビュー2015>

今回白ワインを傾けて久々ルパンに迫るレベッカ、一方で赤ワイン片手に不二子に迫るルパン、好みや主張が違う二人に持ち掛けられた依頼とは、亡き伯爵のワインオークションに同伴せよとのことだ。同じ会場での同じ会合、どちらか一方を選ぶはずが、何と二人とも了承したルパンだったが。

そのオークション会場にて、不二子とレベッカのもとを往ったり来たり、あとバレないようにと悪戦苦闘と、しかしそれを見抜いた一人の男がいた。

それはさておき、やがてオークションが開催されその中の目玉商品の“恋煩いのブタ”ラベルの絵はともかく貴重な品であることには変わりはないが。その製造者夫妻の写真が映し出されたがあの男に何か関係が。それをレベッカと不二子が狙っているとか。もっともワインその者よりもカネとスリル、いずれにしてもお遊びに過ぎないというが。結局二又はすでにバレていたのだが。こうして謎の男を交えての争奪戦が始まるのだった。

ますレベッカはテクニックで、不二子は色仕掛けで、続いてお互いの絶妙なコンビネーションでセキュリティは難なくクリアしたが、ワイン庫からは早い者勝ち。しかし二人をはじめカップルの様子に異変が。何とパーティで出されたワインはみな件のワインだった。やはりあの男の仕業なのか。

酔った二人がルパンに言い寄ろうとした隙に男がバイクで樽を奪う。それを酔った二人が追いかける。しかしなぜか酔った男どもにルパンが言い寄られる、これもワインの魔力ゆえか。

男を追うレベッカ、そして不二子、駆け引きの点では不二子が上手だが、その隙にルパンが割って入り、その男、ワインの製造主の真意を問う。ワインそのものを使って樽を奪うからには樽自体に秘密がある。まずあのワインが媚薬入りだったのと、その樽の中に彼のの妻が入っていた。おおかた彼が殺したのだろうか。それを伯爵の手に渡った。伯爵がワイン収取みに興味があり“飲む”ことに興味がなかったのを利用して隠ぺいしたが、今回のオークションでなんとしても奪い取ろうとした、といったところか。しかし真正の女ったらしであるルパンには媚薬も通用しなかったか。いずれにせよ男女の愛憎が絡んだ茶番劇であることには変わりはなかったか。

ところで先の不二子とのやり取りの中レベッカの心に何かが引っ掛かったものがあったが、それはいかに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第9話:殺し屋たちの鎮魂歌<今更ながらルパンレビュー2015>

欧州各地で相次ぐ狙撃事件、一方久し振りにご登場の五右衛門は一人の女性のもとを訪れた。事件の被害者たち、そして狙撃犯はその女性と関わっていたのだという。

かつて五右衛門とその女性ベラドンナは、腕利きの殺し屋たちともにアフリカ小国の指導者デケレの暗殺を依頼される。しかしその指導者にはこれまた腕利きの殺し屋が雇われていた。しかし五右衛門も人斬りの殺し屋と認識されていたのか。

そこで指導者デケレが訪れる砂漠のオアシスで待ち伏せる作戦だが、まだ幼かったベラドンナは身体に爆薬をまとう。それに五右衛門が生き延びるよう諭し、彼女を護ると約束を交わす。

いざテケレを迎え討たんとするも、デケレ側の殺し屋ゾラによって殺し屋たちが次々と斃されていく。そこにベラドンナと五右衛門が果敢に突撃し、ゾラを、後に襲撃するデケレを討ち取っていく。

そして今、ゾラが報復のために生き残った殺し屋たちを始末しているという。その一人ロメオに呼ばれた二人だが、ゾラが狙う先に駆け付けた隙にロメオも撃たれてしまった。しかしそのポケットの写真からゾラの潜伏先を割り出していく。

いざ乗り込んでいく二人だったが、いざ踏み込むも、ゾラは廃人同然だった。直後ゾラを撃ったのはベラドンナ本人、実は彼女がゾラに成りすまして生き残った殺し屋たちを始末していた。すべてはファーゴの権力のために。

かつて自分を拾ったファーゴのもとに戻ったベラドンナだったが、今に至り無意味な殺しに嫌気がさしたか彼を拒むもやはり逆らいきれない。駆け付けた五右衛門だが彼女の心臓に爆薬が仕掛けられたと告げるファーゴ。勝ち誇る彼を撃ち、自らの罪の精算のために起爆スイッチを押すベラドンナ。しかし五右衛門はなんとしても彼女を救わんと、彼女の胸を刺し爆弾を摘出した。

後にルパンたちと合流した五右衛門、通りすがりの少年に道を聞かんとするもその際の指切りでベラドンナの無事を知る。表向きはともかく彼女のこれからの幸せを望まずにはいられないだろう五右衛門だった。それにしても今回つまらぬ悪人を斬りまくったが、最後追ってきた銭形を車と服だけ切るのはやはり腐れ縁ゆえの愛嬌からか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第8話:ホーンデットホテルへようこそ<今更ながらルパンレビュー2015>

とある古城にて迷い込んだ一人の男、彼の目の前に現れたのは一人の少女。男はそれに驚愕し逃げ惑うのみだが。

後に雨の中ルパンと次元が訪れた。そこは近世の動乱で滅亡した貴族が残したお宝が存在するという。同じ頃、とある盗賊団の女ボスが息子たちを引き連れ、ルパンに奪われた書簡をもとにお宝を横取りせんと企んでいた。

そのお宝を探しに意気上がるルパンに対し、幽霊の類は苦手な次元、冒頭の幽霊少女など怪異に出くわし大きく動揺するも、ルパンがそこから城のカラクリありと見る。

一方城に潜入した息子たち。少女と支配人に驚くも、やはりルパンが言うように幽霊騒ぎの演技だったか。

ルパンの方はなんとか隠し扉を見つけ出し中に潜入するルパンだったが、息子たちが付けていく。そしてルパンは一人の少女、さっきとは別の少女と出くわす。カーラと名乗る少女はアデーラ妹と名乗るが。

一方次元は支配人と幽霊役の娘を問い詰め、今までのいきさつを白状させる。幽霊城のホテルということでの宣伝活動というのだが。

カーラを追うルパン、だが様々な罠がルパンを襲うもカーラの導きを経てお宝のありかまで向かうも、マーマ一家もまたルパンを追ってきた。しかしカーラや駆け付けた次元とともに難なく退けていく。

城の最上部の塔に差し掛かったルパンとカーラ。そこには隠されたお宝があった。しかしカーラは朝焼けとともに姿を消し、その有様にルパンもすべてを理解した。

そこには姉との肖像画が描かれていて、その傍らにはあのカーラが眠っていた。

後に姉の墓の隣にカーラを葬ったルパン、無事言いつけを果たし姉のもとに昇っていくことを祈りつつ、新たなるお宝を求めて去っていく。とはいえ次元にとっては幽霊騒ぎはご免被りたいようだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第7話:ザッピング・オペレーション<今更ながらルパンレビュー2015>

ここ最近の人身売買事件を受け、調査の任務を受けるのは先の強敵ニクス。しかし彼も家庭を持っていて、ここでは普通の父親の姿に扮しているのだが。

その末娘も最近では反抗期にかかっていて、その際の言葉がニクスの心に突き刺さっていくのか。

一方でルパンと次元は一仕事するべく動きださんとし、もう一方のレベッカも退屈を持て余しているかにみえた。そこにあのニクスの末娘ブリジットが近付いてきた。軽くあしらわれたが彼女が残したポーチを届けんとする。しかしそこに怪しげな男たちが近付いてきた。さらわれたブリジットのことはレベッカも察知し駆け付けんとしたが。

更には銭形もあらためてルパン追うべくやってきた。いつも通りの追いかけっこになるも娘が監禁された車にたまたま乗り込んでいく。

そしてニクス。誘拐事件の調査にスラム街の調査に乗り出すも、娘の写真に動揺したのか、取っ組み合いの末居所を問いただし、その車に向かわんとするが。その車にてルパンとブリジットが鉢合わせになってしまう。ひとまず助け出すルパン、そこにはレベッカとニクスが接近していくのだが。

さしあたりブリジットとルパンがいい雰囲気になるがルパンにとってはやはり幼すぎるか。そこにまず覆面のニクスが娘を奪還すべく銃撃する。たしかに先の冷静さが失われているのだが。さらにはレベッカとも鉢合わせ、ニクスと銃撃戦に陥るもひとまず切り抜け、お得意の能力で逃走先を察知する。しかし駆け付けて追い詰めたと思ったら、その完璧な能力ゆえ、すぐに面が割れてしまった。しかし一足遅くレベッカが執事に車で連れ去らせていく、なぜかレベッカが残っているが。レベッカもあしらおうと思ったが、その言葉にニクスも人が代わったように激昂する。一見完璧な彼も意外な弱点があったか。それは上層部も危惧していたのだが。

そこに次元が少女がニクスの娘だと告げ、ルパンとともにその場を取り繕うとするが。一方でブリジットは執事に連れられショッピングと洒落込んでいた。

ともかくひとまずは事態を収束しニクスもレベッカのサインを手に家路につく、ひとまずは父親の威厳と自らの誇りを保てたニクスだったが。

一方仕事を台無しになりワリを喰ったルパンたちだったが、“イタリアの夢”について思いを致す。それはレベッカも、そしてニクスも何やらに気付いていようだった。そしレベッカの回想にもあったあの写真について何か関連があるのか。

というわけでふとした偶然からひとまずは交わった路は分かれていく。再び交わることを予見するかのごとく。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第6話:満月が過ぎるまで<今更ながらルパンレビュー2015>

とある屋敷、連れ添いの男を置いて家路につく一人の貴婦人。そこにルパンたちが現れそこのお宝を狙わんとするが、そこには銭形も現れた。

その貴婦人エレナはとある富豪の隠し財産のありかを知っていてそれをルパンが狙っているとか。護衛のため銭形が派遣されたがエレナはそれを煙たがっているかに見える。ひとまずは山間の別荘まで送り届けんとするが。

その別荘にてエレナと亡き夫ロベルトとの写真からかつて娼婦としてどん底の生活を送ってきた後にロベルトに引き取られそのまま夫婦になった。何のゆえかはともかく初めて人としての幸せを送られた彼女を守らんとする銭形だが、ルパンが奪わんとするのは彼女の幸せも含まれているのか、それとも。

ともかくも付きっ切りで護衛する銭形だったが、その夜突然走り去るエレナ。追う銭形だったが崖から落ちた彼女をすかさずルパンが助け出す。エレナも不二子の変装で、山荘も爆破された。まんまとハメられた銭形だったが、あの過去の話は嘘かまことか?

実はそれ以前にルパンが銭形に扮し隠し財産を聞き出さんとしていたが、冒頭の刑事に阻まれて計画が変更となったのだ。あと銭形もヘリに飛び乗って追い詰めていく。取っ組み合いの末ヘリは墜落していく。

しかしあの刑事チェーザレも隠し財産を狙って今までエレナを護衛していった。迫るチェーザレに駆け付けたのは銭形。エレナを人質にするも動じず取り押さえる。

ようやく本物のエレナと対面した銭形だったが、実はロベルトもエレナを虐げていて、取っ組み合いの際にみえた腕のあざはその名残だった。そして自らの死をもって彼女を縛り続けたのが隠し財産の噂だというのだが。

そこで銭形は手負いのふりをしてルパンに財産を奪われたとの演出をするが、本物のルパンもなぜか銭形に話を合わせ去っていく。

しかし屋敷の地下に大量の金塊が、それが隠し財産だったが、ルパンはそれをもお見通しだった。いざお宝を奪わんとするもそこに銭形も現れ、ここはルパンも引き下がる。

銭形にとっては財産のことなどどうでもよく、ただ純粋にエレナを守らんとした。その誠意を受け取ってか、その財産をもって、女が食い物にされないようにと社会を変えていくべく動き出すエレナだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第5話:魔法使いの左手<今更ながらルパンレビュー2015>

とあるサーカスの魔術師が父親譲りのマジックを披露せんと、不二子を使って脱出マジックを試みんとする。周囲の火矢が一斉に不二子に向かって放たれる。駆け付けた青年とルパンの前で炎に包まれる不二子。

時をさかのぼって新聞記者に扮したルパンがその青年ルカに不二子について問うのだが。

ことのはじまりは藤子がルパンに別れを告げるところから始まる、レベッカのことを問われ一旦は見送ったが、何やらを狙っているのは長い付き合いからよく分かっていた。

さておきそのルカは不二子との出会いについて語る。

彼女もひとかどの業師としてサーカスでも大活躍。誰もが訝る中やはりルカの心を奪いつつあったのはやはり間違いないが。そこにトリックレシピなるシチュエーションが、つまりは手品のタネということだが息子の現団長を差し置いてルカにそれを託したというがこれが狙いなのか。

これといって役に立たないルカをレシピ目当てで言い寄ってくる者たちもいっぱいいるが、何より先代団長の死の疑念もあってか、不二子はそれを突いてくるが、団長がひとまず取り繕う。はたしてルカの真意やいかに。そして不二子の想いと魔法の真実は。

ルパンに問われるままルカは核心を語る。ある日不二子を盾にレシピの真実を団長に聞き出されんとする。もっともそのうちに不二子が自力で脱出できたがルカも傷を負った。

テレビのニュースでは団長とともに映る不二子に驚愕したルカ。マジックの真実についてまだ語らなかったことがあるという。ともかくも会場へと急がんとして今に至る。

火矢の炎に包まれる不二子。しかし前のように脱出を図った不二子、と思いきやすぐに姿を消したが。一方でルカが団長に詰め寄っていた。マジックの裏の操作に細工をしてその不手際をルカになすり付けたというのだ。すべてはサーカスの跡目問題が絡んでいた。

そこを不二子が止めてこの場を後にする。後の団長の罪が問われるのは言うまでもないが。

そういえば左手は人を欺く手といったくだり、それでメモが偽物だと気付いたか。

後に先の女性と契約を取り付けたルカ。その女団長の報酬を受け取った不二子。結局不二子が奪ったのはルカの心、かつてのクラリスと同じなのか。そういえば先にカリオストロの財宝やらが関わっていたが。いずれにせよ真実は枯れたヒマワリだけが知っているか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4話:わが手に拳銃を<今更ながらルパンレビュー2015>

何やら病院を探している次元、どうやら歯が痛いみたいだが、一方でギャングが一人の男を銃で始末をしているみたいだが。

病院に着くなり痛み止めを要求するも、駆け付けた女医に懐の銃を取り上げられそうになるが、いきなり銃を向けて拒絶するのもいかがなものか。

とりあえず診察を受けてから女医も急患とかで場を外す、どうやら冒頭の銃撃にあった男の件だが。

後に老人の与太話に付き合いつつこの場を後にしようとするも、大量の怪我人に出くわす次元。そこでこの街の事情を知ることに。ギャングのボスのエリクは治安維持の名目で逆らった人間を半殺しにして見せしめにしている陰惨な男だった。

そこにエリクが現れ病院を襲撃する。とりあえず銃を返して去らせようとするもすでに銃はない。とりあえず引き下がるエリクたち。あらかじめ弾が抜かれてあった銃を奪ったのは先の老人ニノだった。結局捕まってしまったが。

一方女医リービアがメスを片手に乗り込もうとするも次元に阻まれる。自分の手が傷つくのは信念ゆえかただ不器用なのか。虫歯に悩まされているが手の痛みは耐えられるか。町の苦しみもまた噛みしめているのもあるが、一番苦しんでいるのは患者の苦しみを常に噛みしめているリービアだった。

そうこうとニノも手負いで戻ってきた。ひとまずリービア任せて次元はエリクのもとに乗り込んでいく。わざわざ堂々と敵の銃前にさらされるも、命を弄ぶエリクの態度に静かなる怒りを噛みしめる。かくしてエリクの殺人ゲームは始まったが。

一方で手術はひとまず終わり、生きる気力を取り戻したニノも一命をとりとめた。

警察が駆け付けた教会では倒れたエリクの部下たち、そして同じく駆け付けた銭形、次元を通じてのルパンの動向を追ってのことだが。

銭形の推理から、まず部下たちの同士討ちを誘い、一旦エリクを脅してからこの場を離れようとし、逆襲したエリクの頭上にシャンデリアを落とした。くしてエリク一党は倒されたのだ。所詮街のチンピラ風情は次元の敵ではなかった。

しかし銭形もこれ以上は語らず去っていく。ルパンがらみの事件はさしもの銭形も慎重にならざるを得ない。今までの件もあって。

そして次元は街を襲った嵐を払った一陣の風のごとく去っていくのだった。しかし痛み止めだけで虫歯は本当にしのげるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3話:生存率0.2%<今更ながらルパンレビュー2015>

最初レベッカのオフィスに贈られた手紙、ルパンあてだというが、その真意はいずこ。変わって何者かに追い立てられる次元、その一方でルパンがかのマリーアントワネットの首飾りを奪いに行っている中、次元が追い詰められていると告げられる。その追い詰めた相手は、モンディーニの件で潜伏していた先のエージェント・ニクスだった。

同じく来訪した英国の皇太子、レベッカが招いているがこれもまた浮名を流すのか。

結局捕まった次元、尋問の際のはりつけと電気責めとはこれまた古風な、しかしある意味老練な次元もこれには口を割らない、しかしニクスはその優れた洞察力でルパンの仕業と察する。一方で不二子も尋問を受けるがこれはやはり紳士的に。ルパンの狙いたる件の首飾り、歴史的にいわくがありというその品と皇太子との関連はいかなるものかはともかく、ニクスに課せられた任務はその首飾りの奪還、必要に応じてのルパンの抹殺だった。

逃走路を割り出し近くの教会に待ち伏せし、初めて対面した際の名乗りの後そのまま銃撃戦にもつれ込む。

流石に動きを読まれての銃撃は分が悪く、煙幕でひとまず切り抜けたがそこに微妙な動揺が。その後も下水を伝って逃走するも、その都度逃走路を割り出される。そのうち自らの成功率の微妙な低下、多少の誤差と判断しているが。

捕らわれの次元のもとにたどり着くもそこにニクスも追ってきた、流石に追い詰められたかと思いきや最後の一服の後、ホテルの異変による指令変更に従ったニクスもこの場は引き下がる。まさに生存率0.2%でのひとまずの勝利というわけだが。

実はレベッカへの手紙は偽の予告状で、お宝を手に入れるための布石というわけだが、当局が首飾りを護っていたのは事実で、その後の布石にもなっているのは間違いなく、今後もルパンへの監視は続いていく、それが大いなる陰謀の幕開けということか。

たしかに悪運で切り抜けたというが、ひとまず周到な下準備と多少の度胸がモノをいったか。いずれ強敵には間違いないニクス。いずれ再戦の時もあるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2話:偽りのファンタジスタ<今更ながらルパンレビュー2015>

とある一室にて何やら薬物を投与している一人の男、何やら苦しげだが。一方で未だサンマリノに滞在しているルパン一味、サッカー観戦に興じていると思いきや何やら仕合運びに不満げな様子。

そのサッカーチームのエースのブロッツィ、まずはレベッカとの浮名を流しているがそれもどこ吹く風。

一方で銭形もサッカー観戦と思いきや、今度のルパンのターゲットありとにらんでいるとか。そこに見かけたVIP席の男たちイタリアマフィアのモンデーィニというがひとまずは関わりなきという。そのリカルドもサッカーの試合に介入するというが。

戻ってカフェでたたずむルパンのもと、不二子があのブロッツィを連れてやってきた。自分のドーピングの証拠をつかまれ、選手生命もかかっているだけにその証拠を奪ってほしいという。

生憎ルパンは乗り気でない様子だが、後にトイレでクダを巻いているところをルパンにお説教されて悪態をつく中、何やらを感じ入ってひとまず依頼を受けることになった。イギリスの諜報機関から入手したモンディーニの情報から作戦が開始される。

そのモンディーニの側近の、冷静な一人に筋肉バカのもう一人。まずは後者に変装して先のようにチェスに興じた後件の書類を探し出す。前者のグラサンの男も先の悪態と合わせ後の変化には十分に察知していてひとまず傍観を決め込んでいるが。

首尾よく奪い取ったパンだったが最後の方で見つかり、そのままカーチェイスに。その際グラサンの方の側近が何やらの機密文書を奪っていたが。

五右衛門の剣さばきで追っ手を阻んだかにみえたが最後のモンディーニが筋肉バカの方を引き連れて追いかけてくる。しかしそれをも次元の銃裁きで退け、ひとまず依頼はこなせたかにみえた。

一方で練習に余念がないブロッツィ。そこにルパンが証拠の品を渡してから真意を問う。彼は自分を拾ってくれたチームに恩義を感じ、弱った視力を押してプレイするうちドーピングに引っ掛かったということだった。しかし彼の視線の先には一片の曇りはない、ルパンもそれに感じ入っていたか。

変わって銭形はモンディーニの一件にルパンが絡んでいることを知る。更にはルパンとの対峙の直後とどめを刺したグラサンの側近、実はイギリスの諜報部員だった。先のハッキングもお互いを利用した結果ということだった。そこでルパンが手柄を譲った形となって。

そして試合にてルパンの依頼であるハットトリックを決め、勝利を飾ったブロッツィの姿があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧