アニメその他

蜘蛛ですが、なにか?のレビュー(その12:フライング、ゲット?)

進化が完了し、ザナ・ホロワとなった彼女。わざわざ寝間着まで用意したのに眠くならず、しかも不死を獲得した。たしかにチートなスキルだが、加えて覇者の称号までも得た。しかしその意図が何を意味するのか。それは管理者Dの訪れとともにその疑念を募らせる。
うかつに対話できない彼女も軽く脅されつつやむなく話すことに。その意図を聞くに、自分が転生したいきさつ、かつての勇者と魔王の戦いでのとばっちりなのはある意味周知のこと。しかし低レベルの魔物に転生したハンデもあれ彼女なりにスキルを得やすくなったことを告げられる。そして彼女に何者かを倒すようにともそそのかされるが。
一方逃げ延びたシュンたち。迷宮の入口の村で案内人にかくまわれ、迷宮へと向かう路の案内を求めるも難色を示されるもなんとか承諾を取り付ける。ついでにフェイに何かを告げられ、その際に衣装関係で女性陣が連れ添われる。その後にフェイがなんと人型に変化したのだ。ちなみにカティアの件は今更言ってはならないことだったが。
たしかに先生もすべてを知っているきらいがあるが。すべてを語ることがないのもいかに。
建材の状況では迷宮の入口にすら近づけない。そこで提案されたもう一つの路、それは水の中。嫌がるフェイを何とかなだめひとまずの準備で臨むことになるが、水竜の襲撃を受けることになるも、竜の能力を駆使できたフェイの援護で何とか切り抜けられた。
戻って彼女、そこでも海で釣りに興じ次の手を考えることになる。しかし釣れたのは水竜。しかしそれを難なく倒し、続いて件のパペットを捨て身ながらついでに倒す。
しかしつながった並列意思が言うにはもっと恐るべき脅威が来た。それこそがマザーよりも高位の存在、魔王だった。一瞥の後に斃された彼女。しかし不死なだけにその身が砕かれながらも未だその命は尽きてはいなかったが。

| | | コメント (0)

蜘蛛ですが、なにか?のレビュー(その11:マザー、からの厄介蜘蛛人形?)

タラテクトの群れの中心に君臨するマザー。そこに彼女の並列意思たちがマザーの意思に干渉せんとする。しかし当のマザーは反応なし。それをいいことに精神を徐々に浸食せんとするのだが。
一向に動かないマザーに意志たちは思案にふける。そのうちについにマザーが動き出す。その咆哮は地底を貫き、眷属たちが一斉に彼女本体に襲撃せんとする。一方地上で悠々自適に時を過ごす彼女についにマザーの爪が襲い掛かる。流石に勝ち目がないとみてはじめから逃げにかかる。やがてはマザーの一撃が彼女を襲うも間一髪地底に逃げ込むも、そこにはアークの大隊が待ち構えていた。いきなりの攻撃に一気に手負いとなる彼女。このまま追い詰められるもむざむざやられるわけにはいかない。
逃げ延びんとする果てに何と謎の一方人形。それが微小のタラテクトを内蔵する人形である。挟み撃ちの中死中に活を見出さんと渾身の魔力を放つ。まさに己が命を削りつつ敵を殲滅せんとする。
しかし善戦むなしくついに捕まって食べられたと思いきや、それは彼女の幻影でその隙に一気に畳みかけんとした。しかしまだパペットが巧妙な罠を張っていて、アークの屍で押しつぶされんとするが、起死回生の邪眼でなんとか撃破し、一気に形勢逆転。アークとの交戦中襲い掛かるパペットの攻勢をかいくぐり、マグマ地獄へアークの1匹を叩き落として難を逃れる。
こうして彼女はさらなる進化、ザナ・ホロワとなるのだった。
そしてシュン。逃げ延びた小屋で体勢を立て直さんとする。国を掌握したエルフの里への路は件の大迷宮を通過しなければならないが。その前にやらねばならぬこと、それはユーゴーを討つことでもあるのだが。

| | | コメント (0)

蜘蛛ですが、なにか?のレビュー(その10:おまえ反逆、私、自虐?)

街道を進む馬車、乗っている一人の紳士が流通の停滞を憂う中、そんな中泣く赤子をあやす母親だが、その赤子はどこか妙なところがあると見たが。
一方で彼女。たびたび脳裏のマザーの声を並列意思たちに任せるも、今更一人きりになって寂しく思うのか。
そんな中何者かの襲撃を受ける馬車に出くわし、介入をせんと迷う彼女。とはいえ盗賊なら倒してもいいというのもいかがか、まして人を喰うのもまた然りだが。
そのうちに赤子の泣き声に踏ん切りをつけたちまち片付ける。一方で傷ついた従者をお節介にも治癒してからなぜか母親が彼女に近付いてくる。そこで赤子のステータスを察知し、なんと現世の転生者であり、しかも吸血鬼だという。なぜか自身の境遇を彼女なりに悲嘆にくれつつこの場を去る。
後に件の赤子を狙わんとするエルフのことを知りつつもそれの対処をも気に掛けるが。
やっぱり一連のやり取りは視点の違いで彼女と蜘蛛の魔物とを使い分けているきらいがあるが。
一方シュン。国王のもとに参じたが、なんとスーが魔法を放ち国王を暗殺した。しかもシュンに罪を着せるときた。そこに兄とさらにはユーゴーも乱入し、ことに兄は王位継承の件も絡んでユーゴーとともにシュンを排除せんと企てた。まさにどこもかしこも敵だらけ。反撃に転じんとするも今度は謎の少女、なんと彼女もソフィアだというのだが。
シュンに立ちはだかるソフィア。ユーゴーがとどめを刺さんとするもそれを先生が阻みこの場を切り抜ける。なんとかこの場を脱したシュンたち。もう一人の兄の尽力で危機を脱する。しかし洗脳されたスーのことは後回しにせざるを得ないか。それに関し一連の陰謀に教会が糸を引いているというのだが。
今度はカティア、彼女も洗脳されシュンに襲い掛かる。シュンもなんとか洗脳を解かんとするが、己の自我に抗い自らの身を刺す。深手を負うもなんとか治癒できたが、そこにポディマスの首をひっさげソフィアも参戦。圧倒的な魔力でシュンや先生たちを圧倒する。
しかしそのピンチを救ったのが進化を遂げたフェイだった。こうしてひとまずの危機を脱したが、シュンの行く手には更なる危機が待ち受けているのは言うまでもない。
今回のお話について、あの赤子がソフィアで、長じて今回の事態に陥ったというがそのいきさつは語られるのか。そういえばソフィアの背後には魔王の存在が。それとの関わりが影響しているか、そして彼女自身との関わりもいかに。

| | | コメント (0)

蜘蛛ですが、何か?のレビュー(その9:やったー、外だー、私は自由だー?)

ひとまずの宿敵アラバを倒した彼女はついに地上に抜け出せることとなった。暗き迷宮から抜け出せついに自由となったと浮かれるが、
抜け出せた先は城壁の中、しかもそこを守る兵士の迎撃を受け、やむなくそれを退けとりあえず窮地は脱したのだが。
気を取り直してあらためて外の世界を満喫する彼女。街を見付けるも魔物である身ゆえうかつには近づけない。
さしあたり進化形態を改めるもその究極かつ人型に近いアラクネを目指すことに。
そのうちに自分がマザーへの支配を受けていることを感じ、その支配を脱せんとするのだが。
人間界のシュンは、フェイの卵の前で侍女のアナに呼び出される。途中ハイリンスにも話しかけられるもひとまず流し、父兄とともにエルフの族長との会合に臨む。先生を伴ったその族長のポディマス、人と魔族の戦争についての話し合いを通じ、最善を尽くさんと語るポディマス。その中でシュンを投入する話が持ち掛けるも、対する魔王も今まで以上に強大だとポディマスも返す。ここでも真言教の影が浮かんでくる。
去り際にハーフエルフについて蔑むような視線を向けるポディマスだったが。
一方シュンのことを気遣うカティアとスー。そこにユーゴーが襲来する。先に能力を封じられたはずなのだが、やはり先の少女が絡んでいたか。
一方彼女に破壊された迷宮出口の砦にタラテクトの大群が湧いて出て、目指すはその彼女だという。それを知らず浮かれて歩き回る彼女に襲来するタラテクト群。普通に考えて多勢に無勢。しかも張っていた罠も断ち切られてしまう。しかし彼女も負けていられない。今まで培った能力で応戦するも主力のアークらも同じ蜘蛛ながら操糸で追い詰める。負けじとこちらも搦め手で逃げ切ろうとする。ひとまずは糸で絡め、まずはアークをマグマ地獄に陥らせんとするも、アークも魔法陣で抵抗する。しかし彼女も魔法で応戦するもアークも抵抗を続ける。まさに攻防の力業と力業の末ついには討ち取り餌食にする。ついでにグレーターも屠って餌食とするも、マザーの思念が相変わらず煩わしく通じる。そこで彼女も一計を案じ、並列思念にマザーに対するように指示。さしあたり適当ながらもある程度決死の作戦はまさに開始されんとしたのだ。
そしてユーゴー、なんと兄も居合わせてスーたちを拉致しシュンを待ち受けるが、はたしてどう転ぶというのか。

| | | コメント (0)

蜘蛛ですが、何か?のレビュー(その8:私の戦いは、これからだ?)

ついにアラバと対峙することとなった彼女。
はじめ魔法陣の床での空中戦から魔法での攻撃に加え、敵の巨体を活かしての攻撃をはじめブレスに加えこちらも魔法で攻めてくる。明らかに圧倒的な相手に翻弄される。
お得意の猛毒攻撃やら糸玉で果敢に応戦するも敵の接近を許してしまうが、これこそ彼女の術中で、外道魔法をはじめありったけの魔法を放つもまだまだ倒れない、それどころかステータスを上昇させなおも襲い掛かる。こちらも彼女に全力で立ち向かうということか。
全身炎をまとって立ち向かうアラバ。明らかに不利になったか、全速で逃げていく彼女。それでもアラバの攻勢を受け天井から地上の炎地獄へまた落ちていく彼女。しかしすんでで踏ん張っていく。
ついに敵の地の魔法が彼女の腹部を捕らえ、彼女も捨て身の攻勢に転ずる。薄れゆく意識の中、起死回生の攻勢に転じんとする彼女。こうして最後はありったけの邪眼をアラバに叩きこむ。
お互い満身創痍の中、最後の最期で魔法を放たんとするも、一切の抵抗をやめたアラバの最期に臨む様に奇妙な敗北感を覚える彼女。断腸の想いで邪眼を放ちアラバは斃れた。ともかくも新たなる力を苦い想いとともに得るのだが。
変わって魔王のサイド。かつて地竜と対峙していたというが、こちらも未来の時期だったのか。
そしてシュン。ユリウスのマフラーを身にまとい誓いを新たにする。それに際し、彼を取り巻く人たち。そしてユーゴーと謎の女性。
様々な思惑が交錯する中、迷宮の出口へと向かわんとする彼女だが、新たなる戦い、そして運命が待ち受けるというのか。

| | | コメント (0)

蜘蛛ですが、何か?のレビュー(その7:次回、決戦?)

魔導士ロナントとの対戦の後、エデ・サイネに進化した彼女。その際に流れるステータスの傍ら“贖え”なるメッセージが流れていく。それが何をものがたるか、今はただこの世界を縛っているのは分かっているのだが。
一方でシュン。学園を後にし剣と魔法の修行に余念がない。訪れたフェイに自分の勇者としての使命とともに、
そんな中、フェイが契約するよう勧めるが、一旦戸惑うシュンだがフェイもそれなり決意を固めている。ひとまず契約を済ませたフェイだが、さらなる進化のため一旦卵の姿に戻る。
戻って彼女、禁忌のステータスが最大になるもその際に自分に降りかかる情報が氾濫し、その際に世界の崩壊をも知り得ることになる。
それを防がんがために結局自分の強さを求める彼女。そのために地竜を倒すという。しり込みする彼女の並列意思たちを説き伏せいざ下層へと転移せんとするが。そこにはもう一つの魔物、巨大な毒蛇、突然の強敵にしり込みする彼女だが、毒蛇は地竜と出くわしそのまま対峙するも、その強大な力に結局屠られてしまう。地竜アラバの強大さに憧れの感情をも抱く彼女。
シュンのもとを訪れたユリウスの仲間のハイリンス、不死鳥の羽をユリウスに託され自分が生き延びたことを悔やむ彼を労うシュンだったが。
かつての戦いでユリウスのもとに現れたのは白い衣の女性。対峙の末残ったのはユリウスの衣で、ユリウスは腐食攻撃で斃れたと語るのだが、白き衣の少女こそまさか彼女だというのか。
遠い日からのユリウスの思い出とともに、ユリウスの想いを引き継ぐことを誓い、ハイリンスもまたシュンの力となることをあらためて誓う。まずはシュンに頼もしき仲間が加わったというわけだが。
彼女の方も己のレベルを上げるためにまずは蜂の巣を擁する蜂の大軍と遭遇、そのまま対戦と相成る。とはいえ習得した肝心の邪眼攻撃は己のダメージが伴い多用ができない。
上空の蜂の群れを見やりながらアラバの攻略を考える。彼の大地魔法とブレスに攻略するべく空中での戦いが有効という判断を下しつつ、ついには蜂の群れを屠ることとなった。
そして地竜アラバと対峙することとなった彼女。はたしてその勝負の行方やいかに。

| | | コメント (0)

蜘蛛ですが、なにか?のレビュー(その6:このじじい、誰?)

灼熱地獄を一人行く彼女。Dなる管理者の言葉に惑わされる彼女たち。その真意を測りかねつつも上層へと向かいつつ、また空間魔法を会得せんとするのだが。はたしてその行先やいかにといったところで。
一方で勇者の称号を継いだシュン。それは兄ユリウスの死を顕し、悲しみに打ちひしがれる彼を兄が受け止めるがもう一人の兄は冷淡に対処する。しかし魔族の侵攻もなおも続くというのだが。一方でユリウスの死は伏せられ、シュンも学院を後にする。とはいえそれ自体が異変の兆候となるのだが。
そんな中ユリウスの師たるロナントなる老魔導士、荒廃した戦場を前に消耗した自軍を憂えるが、距離換算はキロなのはともかく、やはり15年前のことに話が移る。かつて迷宮に入った彼だが歩き疲れたと駄々をこねては側近に怒られつつ調査を進めんとする。その確信が蜘蛛の魔物というのだが。
そのうちに兵士の一人が蜘蛛の糸に絡まってしまうのだが。なかなかに頑丈な糸を燃やそうにも威力を上げすぎた。ともかく先に進まんとする一行。そのうちその蜘蛛が現れた。かなりいきり立っていて攻撃を仕掛けんとするが。
みるみる魔物に倒される兵士たち。取り乱す彼を鎮める側近、続いて魔法の詠唱の時を稼ぐべく召喚魔法で対処するが、甲斐なく兵士もろとも斃されてしまう。そのうち敵の攻撃が放たれるもロナントをかばい側近が深手を負い、転移魔法で難を逃れる。懸命なる治癒魔法で側近の命はかろうじて救われたが、捜索隊はほぼ全滅の憂き目にあうのだった。
かつての強敵、迷宮の悪夢に想いを馳せつつ現状を憂い続ける。そしてあの魔王の姿も何をものがたるのか。
ともあれそのロナントが対したのは彼女であるのは分かり切ったことで、あくまで蜘蛛の魔物であるというのもやはり周知のとおりか。たしかに彼女の言ってることは、自己中ながらも的を得ているともいえるのだが。
ともかくも彼女は新たにエデ・サイネに進化せんとし、また意識が途切れるのだったが。

| | | コメント (0)

蜘蛛ですが、なにか?のレビュー(その5:アイキャントスピーク、イセカイゴ?)

今回から1話のみということで、
久しぶりに帰還したユリウスのもとに駆けつけたシュン。久しぶりの再開にユリウスもシュンに微笑みかけるが。近況のことを問うも流石にユーゴーのことも言うわけにはいかず、対してユリウスもその帝国領に行くことになりシュンもそれが気がかりだというが。
よればユリウスのマント、15年前の蜘蛛の魔物の巣から手に入れたもので造られたという。同じく手に入れた卵のいきさつから、まさかそれが彼女ということか。それなら時を隔てた彼女とシュン。その因果がものがたるものとはいかに。
一方彼女、竜のブレスが直撃しあわやお陀仏かと思いきや機転での幻影魔法で回避しつつも毒攻撃をくらわせた。
しかしまだ竜は死んではおらず対して彼女のHPはわずか。しかし先に出番がなかった二人目の魔法担当とともにとっておきの地獄門の魔法を放つ。
これは相当効いていたみたいで、わずかの耐力の竜に最後のとどめを刺し、ついに竜は斃れた。
変わってどこかの場所で何やらに気が付いた謎の男が扉から別の場所へと向かう。
新たな邪眼を手に入れた彼女も竜を解体せんとした時、何かが近付いてくるが、しかもただならぬ雰囲気にも気が付いた。それはやはり件の男だった。
圧倒的な実力を感じながらなにやら敵意を感じない。何やら彼女には理解不能な言葉で語る男。ていうかそもそもヒト(?)と蜘蛛とで会話が成立し得ないともいえるが。そこで何故かスマホを落とし、それと通話する男。
次いでスマホから話しかけるのは管理者Dなる人物、彼女を今まで監視しているきらいを感じるが、
そして先に魔王を名乗った彼女。数多の男女から戦況の報告を聞かんとする。それぞれの思惑が交錯し、一触即発の事態に陥るも、その魔王が圧倒的な実力で鎮める。
その一方で先の男と白い衣の女。彼らも何やら一物を抱えているきらいがあるのだが。ともかくも魔王の人間界侵攻が始まろうとしている。
一方ユリウスも魔王の動きに反応する。そしてシュンにも“勇者”の称号が「降りた」。
それが何を意味するのか、それを理解し得た時、シュンの心に絶望が走るというのだか。

| | | コメント (0)

蜘蛛ですが、何かのレビュー(その4)

その4
王子たち、青春する?
忍耐の支配者なるスキルを得た彼女。いまいちしっくりしないながらも邪眼系のスキルを選ぶ際に肉体担当の意思との対話の末、今入り深く考えないうちに呪いの邪眼を選択する。
早速通りすがりのフロッグを見かけ邪眼で倒してすっかり浮かれ気味の彼女だが、周りのざわめきにひとまずは気にかかるのだが。
人間界にてシュンたちは転生者の安否を確認する。無事に転生を果たした者やそうでない物など、すべてを把握しているきらいがあるがある程度はぐらかしている。今はそれらを語るまでもないというが、それとも。
そんなシュンも野外学習の一環として一種のサバイバル活動にかかるが、折しもシュンはユーゴーと組むことに。
しばらくキャンプを設営し、いよいよ活動にかかるが、剣戟の音とともにユーゴーが襲い掛かるではないか。
あくまでもシュンを排除せんとするユーゴー彼のステータスに押されつつも対するシュン。
己の野望とともにシュンを圧倒するユーゴー。しかしそれに割って入ったのは先生だった。支配者権限ということでユーゴーのステータスを封じるが、件の謎のスキルは残っているが。とにかくも他の面々も取り押さえてさしあたりは危機を回避できたが、
視覚効果のスキルから遠望のスキルを得てひとまずこの洞窟のことを把握できてまずは一安心と思いきや、ここにきてようやく管理者なる存在にも気が付いた彼女。期待と不安とともに次なる目的にも向かわんとするのだが。
そして一旦は野望を絶たれたかに見えたユーゴーに近付く謎の少女、はたして何者か。ここにきて一気に事態も緊迫する感もあるがこれもいかに。
 
私、死す?
先の事件の影響からか放心のシュン。ユーゴーの動向がやはり気になるが、周囲はこれ以上大事にならないことの配慮というが、それだけではないことも周知かもしれない。
前世の想いもよぎる中、今の変わりようにも戸惑っている。その一方でやはり“彼女”のことは少しは気になっているか。その一方でどこか影のある少女も気になるが。
その彼女はなぜかノリノリ。しかし現実は尻に火がついて大ピンチ。体力担当の彼女とのやり取りで何とか生き残る。その上であらためてステータスの確認で魔力講座にも興ずることになるが。
そこに無数の魔法陣、あわや暴走かと思いきや、そこに魔法担当の自分が。これもレベルアップの賜物か。そんな時にまた何かが近付いてきた。
天井を貫いて巨大な火竜が舞い降りた。かなりのダメージを追いながらなお強大さで彼女に立ちはだかるがこちらもむざむざやられるわけにはいかない。複数の腕と並列意志で展開する魔法で立ち向かうも敵もさるもので己の耐久力で受け止める。
竜の攻勢にもひとまず冷静に対処するも今度はブレスを小出しにしての火球攻撃。
炎地獄に翻弄されなんとか逃げ延びんとするが、ついには竜の口に陥らんとする。そこでも渾身の毒魔法で応戦するもブレスで阻まれる。そこにまた一人の彼女も現れたが今は出番はない。何とか逃げ延びた先は糸で暑さをしのいだわずかな足場。目の前には今にも襲い掛からんとする火竜。まさに絶体絶命の状況の彼女、生き残るすべはあるというのか。
そしてあらためて“若葉”のことを聞き出すシュン。しかし先生が言うにはもうこの世のものではないとのことなのだが。

| | | コメント (0)

蜘蛛ですが何か?のレビュー(その3)

なまずって、おいしい?
上層へと抜け出せた先に彼女を待ち受けたのはさらに過酷なマグマ地獄だった。燃え盛る炎の大地もさることながら、そこに住まう魔物も彼女に襲いかからんとし、ひとまず安全な場所へと脱出を図るのだが。
ひとまずは作戦会議がてらポイズンタラテクトへと進化して、さらなる強さを得たのだが。
あらためて空間に浮かんだ文字ってのはファンタジーよりもある程度のSFでのシチュエーションだろうけれど。
さしあたり傲慢のスキルを得てそれなりのステータスになった。しかし相変わらずのノリの軽さだけれど。それがどのような結果をもたらすかやはり定かではないが。ともかくもさらなる強さを得るためひとまずトレーニングに励むのだが。
一方で人間界、一回り大きくなったフェイの強さをたしかめるシュン。この時点では彼女よりは上だし、それに際するシュンの懸念も言い得て妙だけど。
そのシュンも周囲からの称賛もひとしおだが、中でも声をかけたユーリなる少女。天の声を宗教の対象となっていて、ことに勇者の条件でもあり禁忌のステータスを排除の対象として目の敵にしているのだが、これも彼女にどう影響するか。
戻って彼女、使えそうなステータスを確かめつつ狩りに興じんとするも、またもや地竜と出くわしなし崩しにマグマの海に、対するタツノオトシゴの魔物と対してそれを倒すのはいいけれど、次はナマズの魔物と出くわすもこれは回避せんとするが結局対する羽目になりこれも何とか倒す。傲慢のスキルを確認しながらも久しぶりのうまい獲物を堪能する。しかし蜘蛛の捕食がこうまでうまい表現となるとは。
ともかくもすっかりテンションも上がった彼女だが、迷宮の奥に踏み入れたのは冒険者の一行、その中の一人が勇者のユリウスなのか。
 
勇者と、魔王?
冒頭人間界、兄ユリウスに憧れるシュン。そのユリウス一行は周辺の魔物を片付けつつ迷宮の中層へと足を踏み入れる。討伐対象は蜘蛛の魔物だというのだが。
一方のすっかり上機嫌の彼女、己の成長を確かめつつ今度はウナギの魔物と遭遇する。ひとまず強大なそれも彼女に襲い掛かる。その間に自らのスキルを成長しつつ、ウナギのMPの消耗を待ち、一瞬のすきを狙い毒撃を放つもウナギも体力を回復させ反撃に転ずる。しかし彼女も己の体力の限り抗いついには倒す。レベルアップの末進化の路を得てから早速ウナギを巣代わりにしてから能力が高そうなゾア・エレなる魔物に進化する。
こうして首尾よく進化を完了しより強大な魔物になった彼女。いつの間にウナギを食してから手に入れた探知のスキルを使用し、なんと並列思考なるもう一人の自分と対話する。いずれにしても強くなった彼女もひとまずは上機嫌だが。
変わって勇者サイト。キャンプ中に強大な蜘蛛とそれの束ねの白い蜘蛛。応戦するもいかんせん素早い動きでほんろうされる。あとは白い奴だがユリウスが対することになるもひとまず動きを封じてとどめを刺すも、斃され際に感じたそれの怯えはいかに。
それにしてもあの白い蜘蛛は彼女とは別物だった。とはいえ彼女の場合はあの造形は主人公補正とやらでああいう形になっているが、本来はユリウスたちが対した形であることは少し複雑な気分か。
また一方、とある居城にて軽めに指示を出す一人の少女、魔王と呼ばれているがこれもいかに。
そしてもてはやされるシュンにまさに敵愾心を募らせるユーゴーは何を企てんとするのか。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧