アニメその他

蜘蛛ですが、なにか?のレビュー(その20:まだ蜘蛛ですが、なにか?)

魔王アリエルの深淵魔法でその身を滅せられた彼女、だったが迷宮内で自らが前もって産み落とした一体として蘇った。
しかも最後の進化条件を満たし、ついに自ら定めた究極形態アラクネへと変化するのだ。
一方シュンのサイドでは、明らかに場違いなメカ群及びエルフの大軍に囲まれたソフィアとラース。しかし繰り出した魔剣ミサイルと血の魔法でそれぞれ屠っていく。これ以上の攻勢を防ぐべくシュンも再び立ち向かわんがやはり埒がわかない。更にアナが加勢せんとするも致命傷を負いそれをシュンがなんとか癒さんとする。しかしその際に禁忌のスキルによってあの知識が刷り込まれ、一時パニックに陥る。
一方で再び起き上がったユーゴーがソフィアに襲い掛かるもやはり返り討ちに、その際発した言葉に癇に障ったか、とどめを刺さんとするも、それを止めた者がいた。ソフィアがご主人様と呼ぶその女性。彼女こそが死んだはずの若葉だというが。
戻って彼女、ついにアラクネへと進化を遂げ、自らのステータスを確認するも未だ魔王アリエルには届かない。当面アリエルを避けつつ次の手を考える。一方で他の個体への餌付けをしつつこの場を後にする。これがのちに彼女の戦力となるというが。
続いてかの吸血っ娘の屋敷を調べるも、なんとエルフの集団に襲われているというが。
その屋敷内では領主が逃げられないと悟り、せめて赤子を使用人に託し脱出を図る。
しかし敵の襲撃を受け致命傷を受けるメラソフィス。しかし起死回生の手としてソフィアが彼を咬みなんと吸血鬼の眷属とする。その力を得て敵を屠るも、そこに現れたのはポディマスだった。後々の禍根として抹殺せんとするも、そこに現れたのは彼女。成り行きソフィアたちを助けんとするも、そのポディマスも魔王並みに強く、苦戦を強いられるも、自身に完結するスキルを頼ってなんとか渡り合わんとする。
しかしそのポディマスはなんとやはり場違いなメカ人間。上の頭を犠牲にして再び食らいつかんとするもこれでも埒が明かない。
そこに現れたのはやはりなんと魔王、先に対したイメージとは明らかに違うアリエル、さらにはポディマスとは面識があり、その真意をたださんとするもさらに襲い掛からんとする彼をやむなく斃す。しかし彼もあくまで分身、本体は別の場所にあり、おそらくかの森の中の地下の施設にて分体の一つが目覚め、逆襲の機会をうかがっているとか。
彼女にとって天敵たるアリエルだったが、実は彼女の体担当と融合し彼女に対する敵意も喪失してか休戦を持ち掛ける。そして何とか助かったソフィアたちを引き連れ魔族領へ旅立つことになる。強大な力を持つアリエルに対し回避をするしかなかったものの、先の事情で事実上攻略がなった。しかし世界の危機は刻一刻と迫りつつあり、その一因たるポディマスの根絶のためにはさらなる力を得なければならない。いずれにしてもアリエルの提案を受け入れ、彼女も共にするのだった。
魔王と手を組みともに旅立つ彼女、その魔王の軍勢を苦戦しつつも立ち向かうシュンたち。はたしてこの先どんな運命が待ち構えているのか、そしてそのふたつの運命が交わる先に何があるのか、といったところで先行きも不透明な展開だが、まあまずは彼女なら大丈夫だろう、というわけでこの物語は一旦閉じることになる。
というわけで本編の記事も、今後のストーリーが再びアニメ化するのかとひとまずの期待を込めてしめることにしましょう。それでは、また会う日まで。

| | | コメント (0)

蜘蛛ですが、なにか?のレビュー(その19:友よ、なぜおまえは・・・?)

魔王陣営から出陣する鬼の少年。対するポディマス陣営はなぜか近未来の指令室。動員するのはなぜかこれまた近未来の機動兵器。これがポディマスのアリエルに対する切り札だというのだが。
対するシュンとユーゴー。互いに一歩も譲らぬ中、何とかユーゴーを抑え込んだが、いまだ敵意そして魔力を失わない。それをも退け、さらにはソフィアも介入し、軍団長のメラゾフィスの到来で、魔族軍の介入をほのめかす。
邪魔なユーゴーはメラゾフィスが始末し、対峙するシュンとソフィア。対してみればシュンを圧倒するが、ここはパーティー全員で対することに。しかしメラゾフィスもかなりのつわもの。そしてソフィアもまた、余裕をもって圧倒し続ける。シュンもなんとかスピードで返そうとするもこれもやはり押し戻される。しかし転生者ということで殺すなというのがどういう意図なのか、そしてユリウスを討った白の彼女、彼女の真意もまたいかに。
カティアが放った魔法陣で起死回生の一手を打ったシュンたち。しかしそれでも押し返される。
そこに何故かフェイが降伏を持ち掛けひとまずの時間稼ぎとなったが、そこに何とかメラゾフィスを倒した二人も介入、しかしそれも分身ということで、一旦撤退する。そこに鬼の少年が現れた。彼もまた転生者の笹島京也ことラーズだった。
あくまでエルフを滅ぼすことを目的とする魔族軍。その言葉に何が真実なのか戸惑うシュン。しかしエルフたちが里に戻ることを指示。それと同じくエルフの切り札、グローリアが現れ、ソフィア、ラーズに狙いを定める。さしもの二人も明らかに世界が違うこれらの兵器には分が悪いのか。
そして里に侵入したアリエル、そして白。ここでもあの兵器が立ちはだかっているのだが。
そして今回も一応出番がなかった彼女、はたしてその消息やいかに。

| | | コメント (0)

蜘蛛ですが、何かのレビュー(その18:私よ、永遠に?)

激戦が渦巻く戦場で、彼女はまさに血の雨にまみれて、ひとまず両軍をはやし立てつつ、なぜか状況役に徹しているのだが。
その元凶たるのがまさに彼女、そんな中で呑気に実況せんとする中、魔王が竜と対戦している最中を見計らっていよいよ彼女も参戦する。しかし目に映った一人の少年なのだが。
一方のアリエルも竜の方にも勝負をつけんとするが、体担当から奪ったスキルで古きケモノをひとまず倒す、とはいえどこか体担当と同調しているきらいがあるが。そこにギュリエも現れ、今のアリエルの状況を彼女の精神浸食を受けていると踏み、その裏で管理者の存在をほのめかしているのだが、
そんなわけで彼女の前に現れたアリエル。今の状況を打開するためひとまず彼女を今度こそ倒すために現れたというのだが。
い変わらずのアリエルの猛攻の前に防戦一方の上、張られた結界で防ぐことも逃げることもままならない彼女。まさに絶体絶命の中、傍観を決め込んでいたかの少年、幼き日の勇者ユリウスが参戦し、三ずくみの様相をも呈していた。
結局は一瞬のスキを突かれ、魔王の腐食魔法に巻き込まれんとする。果たして彼女の命運もここで尽きんとするのか。
一方、シュンの方もユーゴーとの決戦を繰り広げていた、ユーゴーの目的はあくまでシュン。シュンの方も決着をつけんとする。膨大なスキルをもってシュンに対せんとするが。
それらの思惑に想いを馳せるギュリエ、そして視界に映った白と名乗る一人の女性。
以上のお話から彼女サイドとシュンサイド、二つの物語はそれぞれ時代が離れているというのは前々から分かっていたのだが。

| | | コメント (0)

蜘蛛ですが、何かのレビュー(その17:私、出番ないってか)

エルフの里にて英気を養うシュン。気を張る彼を築かうハイリンスだが、敵の侵攻は刻一刻と迫りつつある。
転生者の中にも冒険者がいて、先の戦争でも活躍したものもいるという。外には強力な結界が張られていてうかつに破られないものの、その攻略もほのめかすカティアだが。
そこに先生が訪れ、転生者たる自分たちのスキルとともに世界のいきさつについて語る。管理者のことはもとより異界の神の解放についても語られるのだが。その中でユーゴーのバックのソフィア、それをはじめとする勢力の存在もある。
ひとまずは結界内の転移陣の防備と、エルフの民の監視。そしてユーゴーとソフィアに気を付けるとともに、京也らの別の転生者たる動向を気に掛けるとともに、ハイリンスは自分たちの安全を優先させるのだが。
そうこうと日々を過ごす中、転生者の一人の冒険家が侵入し、内通者の一人と判明し、取り押さえんとするが、投げつけた武器が爆発し、転移陣を破壊する。
そして結界が破られる。それを成したのは白。そして敵の攻勢が始まる。
その中でも生徒たちの運命に想いを致す先生に、ユーゴーとソフィアの猛攻をかける。
スキルを封じられたはずの彼の力も色欲や強欲で力を奪いつくしたのだ。
それでも結界で封じんとするが、ソフィアによって破られ、まさに討ち取られんするところ、それを阻んだのはシュンだった。
一方鬼の角を持つ少年、彼の実力はいかに、と述べておいて。
今回出番がないはずの彼女だったが、どこかで活躍したともいうのだがこれもいかに。

| | | コメント (0)

蜘蛛ですが、なにか?のレビュー(その16:私のせいじゃない、よね?)

参拝客からの布施の果物をほおばる彼女に、いかにも恰幅の良い高慢な男が訪れる。その男の物言いから、以前壊した砦の領土を擁するケレン国の使者だと判明する。
その物言いに辟易しつつもその要求を当然拒絶しひとまず彼女もこの場を離れるのだが。
一方ケレン邸では彼女の処遇についての領主が対応を決めかねている。一方の使者も腕ずくで彼女をとらえんとする。しかし当の彼女もひとまずは傍観を決め込むも、一方の魔王の動向を測らんとするとその魔王も竜を狩っていた。
同じく訪れたのは先の黒い男が現れ、彼女に魔王アリエルへの干渉をやめるように告げる。しかし体担当もこともあってひとまず拒絶する彼女。今一つその男ギュリエは人間への干渉もやめるようにも告げる。これには世界の崩壊を回避できないかという想いもありこれも拒絶をしてから、ひとまず言いくるめてギュリエをさがらせるのだが。
その直後何者かの攻撃があり、それを退ける際に刺客の一人からあの男の手だと知り、ついつい斃してしまう。
それは彼女、迷宮の悪夢の仕業と察し、オウツ国の攻勢を招く。更には周辺諸国への参戦もあり、まさに全面戦争の様を呈するのだった。当の彼女も開き直らんとするも。ひとまずは彼の国から守らんとする。結局本音の思考が魔物そのものになりつつあるな。
一方で軍を展開するユーゴーそれを迎え討つシュン。一方の先生は自分の生い立ちのことを思い起こす。エルフとしての生を受けつつ、かつて生徒とのふれあいを心得つつ自分を演じ、あの事故以来未だに自分のそして生徒たちの運命を知り絶望し、それを告げたのがポディマスだった。転生した生徒たちを里に連れ去る等その強引なやり方に。今はただ自分のやり方に間違いはないと思うのみ。
そしてエルフの里を襲う大軍に、魔王の軍勢もいた。ここでもまた一触即発の事態に陥っているのだが。

 

| | | コメント (0)

蜘蛛ですが、なにか?のレビュー(その15:ひらけ、同窓会?)

重病の親子の件ですっかり神獣とあがめられた彼女。周囲はまさにお祭り騒ぎの雰囲気だけど、彼女自身はいい迷惑なのだが。あと言うなれば彼女自身危険な魔物であることにも変わりはないのだが。
一方で謎の洞窟内の魔法陣にたどり着いたシュン。そこがエルフの里への路なのだが。警戒の中、先にソフィアに討たれたはずのポディマスが。魔王軍だけでなく帝国や教会の軍までも里を狙っている。そこで先生にも疑いの目を見せるが。
日を改めて転生者の保護区域を訪れる。その一人が先生を嫌悪しているきらいがあるが。旧交を温めんとする一方彼らが集められたいきさつを語られる。あと残ったものの安否を案ずるシュンなのだが。
そのうちオウツ国の使者が現れて彼女を引き渡せと伝える。そのいきさつを案ずるのは赤子のソフィア。そのうちにポディマスが訪れる。彼もまた彼女に、そして赤子のソフィアに興味があり、コンタクトを取らんとするのだが。
そして彼女、魔王の襲来を察知し、一方でマザーの弱体化をも察知、今こそ討伐せんと乗り込んでいく。
しかし糸の罠やら各種魔法やらと逆に彼女を追い詰め、再び肉体が砕け散る。しかし並列意思がマザーの魂を喰らった分彼女に上乗せし、一気にマザーと撃破する。しかし体担当が魔王に食われ、その魔王が今にも彼女に襲い掛かるということですみやかにこの場を離れていく。斃されたマザーのもとに駆け付けた魔王の前に現れた竜。魔王を古き神獣として消えるべき存在と語る竜を退けつつ彼女を追っていこうとするのだが。
はたしてその帰趨はいかにということで次回に続く。

| | | コメント (0)

蜘蛛ですが、なにか?のレビュー(その14:みんな、腹黒くね?)

月夜の海、海竜蠢く海原を越え、彼女は紆余曲折の末その身を取り戻した。再び探索を続けやがては街を、そこに戻る馬車を見かけた、それはかの赤子を乗せたそれだった。そしておそらくは赤子を狙う者たちもまたその手を伸ばさんとしていた。
屋敷に戻った領主家族、彼らを救った蜘蛛の魔物について訝り執事に調査を命ずる。
その赤子も自らの出自を理解していて、彼女なりに先の事件のことを把握しかけている。そんな折彼女のことも調べ上げたのだがエルフの長ポディマスだったのだ。
一方バスガスと一旦別れ、旅を続けるシュンたち。サリエーラの国を目指し、真言教と女神教の確執を知ることとなる。
かつては真言教の教皇と会ったいきさつもあってか、ひとまずはユーゴー打倒を決める。しかし教皇はそのユーゴーをも利用しているというのだが。
戻って彼女のサイドにて、賊が押し入った屋敷、しかしその賊は突然倒れだす。それは彼女の邪眼によるもので、残りの一人を探るも、それがエルフの一団だと判明する。ひとまずの状況をはかってからさしあたり一休みを決め込もうとする。
そのエルフの長、ポディマスは蜘蛛の魔物のことを悟り、魔王や教皇のことも把握していて、そのうちに彼らを打倒せんとしていた。
後日賊の一団を倒しつつ、その真意を測ろうとする彼女、一方で教皇側もポディマスを警戒しその真意を測りかねている一方なぜかアリエルに敬意を払っているきらいがある。いずれにしても両者の対峙を前に予断を許さない状況でもあるが。
神獣とあがめられる彼女のことを危険視している領主と神獣をあがめるその夫人ここでも教義の違いが見えてくる。
そうこうしているうち偶然重病の子供を救い出すことになる。原作では手術みたいなことをしたがここはあっさり魔法で直したな。いずれにしても彼女に救いを求める者たちが殺到することになるのだが。
ともかくもいずれも腹に一物隠している者たちの様々な思いが交錯する中、物語はこのまま核心に近付いていくのか。

| | | コメント (0)

蜘蛛ですが、なにか?のレビュー(その13:私、なにしてる?)

軍の報告を受けつつ進行上の懸念に対し、問題なしと返す魔王。その傍らには白い少女とその配下のタラテクト群が控えていた。そんな魔王の次の目的はエルフの里というのだが。
一方で突如現れた魔王に頭だけを残して身を砕かれ、海を漂っていた彼女。たしかに半身を削られてもいくらかの条件で再生もしたが、今度ばかりは勝手が違うか。
変わって大迷宮。魔物の群れをかいくぐりつつ進むシュンたちに一旦の休息をとることを提案する。案内役のバスガスが言うには時間の感覚を保つために必要なことだと言うのだが。
夢の中、謎の女性の言葉に目が覚めるシュン。熟練度がどうとか、さらには迷宮の悪夢のこともほのめかすが、それの第一発見者がバスガスだというのだ。それこそが彼女であるのは前々から述べられたことなのだが。その際に責任やら使命よりも自らの生を優先するようにも告げられる。
示された最後のコースには悪夢の残滓なる魔物たちがひしめいているという。しかし張り巡らされた蜘蛛の糸がその危うさをほのめかしているのだが。
結局最短ルートを進むこととなったシュンたち。そこには強力な地竜様々な魔法に耐性を持つ竜には同じ竜たるフェイが攻撃を食い止め、シュンの斬撃でとどめを刺す。こうして新たな力を得たシュンたち。これでもレベルが低い竜だという。しかし本当の敵はすぐそこに。残滓の魔物たち、何やらの声を発する者たちに問いかけるシュンだが、思わせぶりな答えを発しつつ去っていく魔物たち。バスガスの危惧と非難をよそに蜘蛛の群れにコンタクトを取り悪夢の一端を理解をするのだが。
後に再び前世の夢を見るシュン、蜘蛛とともに根岸の姿が映し出される。
迷宮に穿たれた大穴を変身というより、元の姿に戻ったフェイの力を借り抜け出したシュンたち。その先はエルフの里だったが。
戻って彼女、いまだ魔物に襲われては屠りつつ海を漂い続けている中、あの強大な魔王。その脅威をいかに回避するかを思案し続ける時過ごすのみだった。
一方の魔王も並列意思と魂の侵食を行う彼女、先に瞬殺した蜘蛛に危惧を覚えていたのだが。
今回再起を待ちつつ海を漂う彼女をよそに関わらんとする人々が歩みを進めているといったお話だったか。

| | | コメント (0)

蜘蛛ですが、なにか?のレビュー(その12:フライング、ゲット?)

進化が完了し、ザナ・ホロワとなった彼女。わざわざ寝間着まで用意したのに眠くならず、しかも不死を獲得した。たしかにチートなスキルだが、加えて覇者の称号までも得た。しかしその意図が何を意味するのか。それは管理者Dの訪れとともにその疑念を募らせる。
うかつに対話できない彼女も軽く脅されつつやむなく話すことに。その意図を聞くに、自分が転生したいきさつ、かつての勇者と魔王の戦いでのとばっちりなのはある意味周知のこと。しかし低レベルの魔物に転生したハンデもあれ彼女なりにスキルを得やすくなったことを告げられる。そして彼女に何者かを倒すようにともそそのかされるが。
一方逃げ延びたシュンたち。迷宮の入口の村で案内人にかくまわれ、迷宮へと向かう路の案内を求めるも難色を示されるもなんとか承諾を取り付ける。ついでにフェイに何かを告げられ、その際に衣装関係で女性陣が連れ添われる。その後にフェイがなんと人型に変化したのだ。ちなみにカティアの件は今更言ってはならないことだったが。
たしかに先生もすべてを知っているきらいがあるが。すべてを語ることがないのもいかに。
建材の状況では迷宮の入口にすら近づけない。そこで提案されたもう一つの路、それは水の中。嫌がるフェイを何とかなだめひとまずの準備で臨むことになるが、水竜の襲撃を受けることになるも、竜の能力を駆使できたフェイの援護で何とか切り抜けられた。
戻って彼女、そこでも海で釣りに興じ次の手を考えることになる。しかし釣れたのは水竜。しかしそれを難なく倒し、続いて件のパペットを捨て身ながらついでに倒す。
しかしつながった並列意思が言うにはもっと恐るべき脅威が来た。それこそがマザーよりも高位の存在、魔王だった。一瞥の後に斃された彼女。しかし不死なだけにその身が砕かれながらも未だその命は尽きてはいなかったが。

| | | コメント (0)

蜘蛛ですが、なにか?のレビュー(その11:マザー、からの厄介蜘蛛人形?)

タラテクトの群れの中心に君臨するマザー。そこに彼女の並列意思たちがマザーの意思に干渉せんとする。しかし当のマザーは反応なし。それをいいことに精神を徐々に浸食せんとするのだが。
一向に動かないマザーに意志たちは思案にふける。そのうちについにマザーが動き出す。その咆哮は地底を貫き、眷属たちが一斉に彼女本体に襲撃せんとする。一方地上で悠々自適に時を過ごす彼女についにマザーの爪が襲い掛かる。流石に勝ち目がないとみてはじめから逃げにかかる。やがてはマザーの一撃が彼女を襲うも間一髪地底に逃げ込むも、そこにはアークの大隊が待ち構えていた。いきなりの攻撃に一気に手負いとなる彼女。このまま追い詰められるもむざむざやられるわけにはいかない。
逃げ延びんとする果てに何と謎の一方人形。それが微小のタラテクトを内蔵する人形である。挟み撃ちの中死中に活を見出さんと渾身の魔力を放つ。まさに己が命を削りつつ敵を殲滅せんとする。
しかし善戦むなしくついに捕まって食べられたと思いきや、それは彼女の幻影でその隙に一気に畳みかけんとした。しかしまだパペットが巧妙な罠を張っていて、アークの屍で押しつぶされんとするが、起死回生の邪眼でなんとか撃破し、一気に形勢逆転。アークとの交戦中襲い掛かるパペットの攻勢をかいくぐり、マグマ地獄へアークの1匹を叩き落として難を逃れる。
こうして彼女はさらなる進化、ザナ・ホロワとなるのだった。
そしてシュン。逃げ延びた小屋で体勢を立て直さんとする。国を掌握したエルフの里への路は件の大迷宮を通過しなければならないが。その前にやらねばならぬこと、それはユーゴーを討つことでもあるのだが。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧