アニメその他

第1話:高3!<けいおん!!のおもいで>

さて待望の第2期のはじまり、季節は再び春。朝食もそこそこに学校の準備室でギー太を手に練習に打ち込む唯の姿があった。そして律たち軽音部のみんなもあわせて登校していく。珍しく早起きしたので練習ついでにテクニックを編み出そうとしたのだった。改めてメンバー紹介についで、5人そろっての練習を始めることになった。

ともかく唯たちも3年生。上級生としての自覚はともかく明るさとノリはいつものままか。それからクラス替えでは強引に唯が潜り込んだからけつまづいて調べた結果、何とみんな同じクラスだということに。それには澪も一安心か。しかも和も一緒だった。そして担任はさわちゃん先生、担任は初めてだということで。口添えをしたのはいいけど律たち相手ならやはり油断はできないか。ともかく気が合う仲間同士のクラスで最後の1年が始まるのだった。

ポケットに添えられた桜の花とともに始業式に臨む唯たち。校歌はもちろん先生の演奏で。やはり唯だけ歌が浮かれているようにみえるが、こういうのはやはりいるなあ。その後で他の生徒ともいい雰囲気になっているか。

一方で梓、新入部員の勧誘に意気込みは高いが、肝心の唯はあまり乗り気でないのか。

いつものお茶会にてどうしても乗り気でないのは律たちも同じ。それでも通りお調子者ということで。ともかくも新入部員の勧誘を始めることになるが、未妙なビラに去年と同じ着ぐるみ勧誘。しかも梓の着ぐるみが微妙に可愛くない。おまけに来年のことを心配してから微妙に怖がる澪。

ともかく新歓作戦はその後も進められ、いろいろ手を打ったけどどれもうまくいかないのは当然か。おまけに他部の雰囲気の結局呑まれちゃったりするから手に負えない。

結局次の日のライブにすべてをかけることになった唯たち。ひとかどの期待と不安とともに講堂(ステージ)に赴くのだった。この際メイド服も捨てがたいがここは無難なところで。憂は友達と一緒に遅れて入ってきたら冒頭の唯のテクニックが披露され曲が締めくくっていた。ともかくライブはいちおう好評のうちに幕を閉じ、唯は気力をほとんど使い果たしていった。しかし一向に訪れない新入部員、結局部室前のカエルのオブジェが入りづらかったか。それよりも唯たちのチームワークが完璧に近かったのでかえって入りづらいという友達の言にも一理ありか。

とりあえず今のままの雰囲気でもいいと誰もが納得しているが、唯たちはある長くて短い高3の生活が待っているから油断はできないか。それは梓も改めて理解していて、その分練習に打ち込もうと呼びかけるのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番外編2:ライブハウス!<けいおん!のおもいで>

我らが軽音部も律の旧友の誘いで年末のライブハウスにて演奏をすることに。不安げの澪に対しはじめっからやる気十分の律と唯。ここまでくればもうはや引き下がれないと誰もが納得はしているのだが。

まずは会場に下見ついでに参加を申請。その際に楽屋や会場を見て回る。誰もが浮かれる中、梓は見慣れている分意気込みも人一倍どころか早くもヒートアップ気味か。

一方唯は憂や和にチケットを渡し、なにかと浮かれ気味。そういうのが一番危ないか。あと帰り道他のメンバーの話題に話が映ろうとするだけで澪がのぼせてる。ともかくライブ当日までみんな楽しみに待っているか。

ライブ当日は無事訪れ、外のお客はともかく楽屋内の他バンドはいずれ手ごわそう。そんな中誘ってくれた件の友達ともいい雰囲気。何と単独ライブを開けるほどの実力とか。そこに自分たちのロゴマークも決定した、ティーカップと温泉マークとを合わせたような。これもしっくりいっていたが。

打ち合わせの前に渡されたバックステージパス。それの数だけ場数を踏んできたという証を目にして意気込みも高いが、いまいち張る位置が分からないか。その後セッティングとか他バンドさんに聞いてから自分たちのを決める。ここでそれぞれの自己主張が出てしまったけれど、何とかまとまった。その際自ら飛び込むとは唯もやるもんだ。

しかしいざリハーサルに出んとするも唯が周りにはしゃぎすぎ、しかしバンド名の通りお茶会でひとまず落ち着いた。それには他バンドも仲間に加わった。他バンドさんもそれぞれ苦労と実績を重ねていると聞き、ことに音楽に対する意気込みは自分たち以上と改めて感じ入る。そして澪たちも自分たちの成長に想いを致す。これもムーブメントを起こし始めたといったところか。

ともかくもリハーサルが始まり、たどたどしいながらもセッティングの後演奏を始めるがやはり緊張からズッコケた。しかし周りの励ましで落ち着きを取り戻しいつもの調子に戻って演奏できた。こういったところはライバルでありある意味仲間にもなりえるといったところか。

後に憂や和も会場に到着、そしてさわちゃん先生は昔の衣装、すなわち彼女もバンド魂が甦るというのか。まあその時は唯たちは演奏中だったが。そこでマネージャーさんと出くわし、昔の仲間だと判明。名前はともかくこれからどう転ぶことやら。

さておきライブは盛況のうちに幕を閉じ、憂たちが労をねぎらうととともに、他バンドさんともひと時の別れを惜しむ。

そして年越しパーティーがてらで打ち上げを行い、また新たなる年、新たなる一歩を踏み出そうとする唯たちだった。しかし夜は眠いのでそのまま寝落ちてしまった。しかし夜が明けたら初日の出を見に、新たなる軽音部、放課後ティータイムの一歩を踏み出すのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番外編1:冬の日!<けいおん!のおもいで>

今回は前回の後日譚的なお話といったところか。

マニュアル片手にパソコンに向き合う澪、駅のホームでたたずむムギちゃん。帰り道の律、梓、そして唯と憂。冬の寒空の下彼女たちの心に去来するものは。

その日も冬の寒さに身に染みている唯たち。ギターの弾く手もおぼつかない、かといって手袋してたらかえって弾けない。一方で律の様子も何かおかしい。そこで気を取り直して鍋パーティーを持ち掛ける唯だが、それぞれが用があるといって乗り気でなかった。そこに澪のノートはラクガキだらけで歌詞がおぼつかないか。

ともかくもそれぞれ冬の日を過ごすのだったが。

律は郵便受けをやたら気にかけているし、梓はネコのお世話をしている、友達にあずかっていたか。それにムギちゃんはバイト、お嬢様育ちとしてはやはり新鮮な体験か。そして澪は電車の旅、これも歌詞作りの一環か。

憂に呼ばれながらも起きない唯はともかく、律は意味ありげな手紙を手にする。先にそわそわしてたのはこのせいか。梓は預かったネコを扱いかねているみたいだが、ひとまずな突いたネコにあずにゃん2号と名付ける、自分の分身といったところか。バイトのムギちゃんは担当さんのアドバイスでなんとか様になっていた。そして澪は冬の海岸にたどり着き、詞を書こうとするのだが。

それにしてもこれからの鍋パーティーに備えての新しい鍋の開発はいいけど、チョコとカレーは微妙に合わないと思うがどうだろう唯。

そんなこんなで各々冬の日を過ごしたのはいいけど、澪はうまく詩が書けず、律は弟のお守りから解放されたと思いきややはりあの手紙が気になるか。ムギちゃんはバイトの方で何やらミスが連発しへこんでしまったが、そしてネコの2号に異変が、そこに唯のメールが届くもやはりタイミングが悪い。しかし憂のアドバイスで事なきを得たか。

その後みんなが集まりそれぞれに落ち着いた。ムギちゃんもバイトはひとまずうまくいっていたし、ついであのラブレターは澪の歌詞だということが判明。まあともかくもみんな冬の寂しさに耐え兼ねていたか。

最後いつもの軽音部に落ち着いて、あらためて冬の日々を満喫したといったところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第12話:軽音!<けいおん!のおもいで>

たたずむ唯とムギちゃんだがなにかおかしい。そのうちまゆ毛のたくあんに舌鼓を打ったと思いきや風邪で寝込んでいたのだ。

心配なのは律たちも同じ。梓を訪れ今までのいきさつ~桜高祭で着る衣装選びが原因か~を語るとともに今後の対策を立てんとした。とりあえず梓にベースの練習を言い渡す澪。

次の日一通り練習をしてきた一同のもと、唯が部室に入ってきた。風邪は治ったのかと駆け付ける律たち。気を取り直して練習に取り掛かるも、あまりにも完璧すぎる演奏にかえって訝り律たち。そこにさわちゃんが現れ何と憂が変装していたのだと判明。しかしギターの腕は唯以上というのは意外だったか、ここはやはり本物でないと意味がないか。そこに本物の唯もやってきた。唯を気遣う梓に一刻も早く風邪を治すよう言いつける澪。今は時間の許す限り寝続けて風邪を治さんとする唯だったか。

そして桜高祭当日、一向に現れない唯を案じつつ、まず和が訪れ唯は大丈夫と告げる。まあザリガニの話は盛りすぎの感もするけど。続いてさわちゃんが用意した秋用の浴衣ベースの衣装とともに、何と唯も現れた。やはり寝ていたかいもあったか。ひとまずふくれる梓をなだめつつ、いざライブ、という時に何とギターのギー太を忘れてしまった。あれがないと弾けないと、急いで家まで取りに行くことに。これは憂にも責任の一環もあるけど、最後まで騒がせてくれるな。

ともかくも最初はさわちゃんがサポートに回り、取りに行き学校へ向かう唯。まあ第1部のラストだけあって今までのおもいでが甦ってくる。

ようやく講堂へとたどり着き、その今までの想いとともに演奏を始める。ともかく時間まで心ゆくまで演奏でき、ひとまずの好評のうちにライブは終わったか。

| | トラックバック (0)

第11話:ピンチ!<けいおん!のおもいで>

再び桜高祭の時期に差し掛かり、去年の思い出を聞き出す梓。それについて思い出したくない澪をよそにそのディスクを見ることに、やはり赤面ものだった。

それでも去年の思い出話に花を咲かせる一同、相変わらず申請を怠り和と澪にとがめられる律、あらためて申請に際してバンド名を考えることにするのだが。

学祭に備え練習に臨むも、肝心の唯のギターの手入れを怠っていた。まあ音感とともに本能で使ってたからなあ。ていうか扱い方はいかにも女の子というべきなのか。あとさわちゃんもよくわかっていないか。その分律は怠りはないがそうに見えないのは日頃の行いゆえか。

そんなわけで楽器店で見てもらうことに。まず左利きの澪には肩身が狭いか。それでも売り出していることで心も踊っている。さておき肝心のギターを見てもらい、あまりの酷使ぶりにビンテージと思われるか。それでも調整にやきもきする唯にギター購入のいきさつを問う梓。唯の美的感覚はともかくムギちゃん関係だという要素も改めて驚きだったか。

そんなこんなでメンテも済み、喜びもひとしおの唯。肝心のメンテ代はやはりムギちゃんがとりなしてくれたから良しとしたか。あと釘付けの澪を引っぺがしてようやく用を済ませる。そこで和と一緒にお茶をすることになったのだが。そこでも律が何かと突っかかり、さらには翌日の昼休みにもまた突っかかる。何気にギスギスとした状況になりがちになるもひとまず梓の機転でひとまず収まる。ここにきてフォローの仕方も心得てきたか。

それでようやく練習にこぎつけられたが言い出しっぺの律が何故か元気が出なく早めに切り上げる。翌日欠席した律をそれぞれ心配して、結局澪がお見舞いに行くことに。

熱出して寝込んだ律も半ば澪が来ることを待ち構えていて、多少は元気なことに澪もひと安心か。やはり律も澪が離れていくようで寂しかったのだろう。後に唯たちも訪れ、場が和んだことにこれまた一安心。これも怪我の功名といったところか。

ようやく元気になった律だが、肝心の使用許可がまだ下りていない。あと申請に際してバンド名を決めなきゃいけないが、これまたなかなか決まらない。結局さわちゃんのツルの一声で『放課後ティータイム』と決まった。まあこれはこれでなかなかいい名だろう。

こうして申請にこぎつけられ、あとは桜高祭に臨むのみだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第10話:また合宿!<けいおん!のおもいで>

夏休みがまた訪れ、その日は妹の憂と梓が顔を合わせて軽音部のことを話し合う。相変わらず唯はだらけてばかり、ついで澪や律の話題に入るや偶然律とも鉢合わせ。3人仲良くつづいてムギちゃんに連絡を取ろうと、執事さんが応対し、今海外へ旅行に行っているとのこと。こればかりは律の思った通りか。

その後で平沢家に遊びに行くもやはり唯がだらけていてその様を三者三様で見届けていたか。

その軽音部もこの夏合宿を行うことに、しかし顧問のさわちゃんは乗り気でないので唯たち5人で行くことに、準備といってもまず水着を買いに行くのに不満げな梓もひとまず澪がなだめていく。

そして訪れた合宿の日。早速練習をしようと澪が呼び掛けるも唯と律は遊びに行こうとする、結局ムギちゃんも賛成し、多数決で遊びに行くことに。

最後まで抵抗する梓も律がけしかけて誘い、ひとまず打ち解けたのには一安心か、しかし澪のフジツボも未だトラウマか。散々逃げ回ったあげく律のオバケで失神してしまった。あと無人島ごっこも忘れちゃいけない。しかし結構日に焼けたな梓。

やっと練習にこぎつけた一同、新品のドラムにはしゃぐ律はいいけど梓のチューナーを珍しがる唯、今まで手探りでチューニングしてきたから梓もこれには感心しているが、これもノリがゆえか。

まずは一通り演奏できたがやはりお腹はすくもんだ。買い出しの後調理と洒落込むが、まず刻んだ玉ねぎに悪戦苦闘。ついでおにぎりの大きさがバラバラなのがやはり考えもの。それでも夕食のバーベキューはたっぷり堪能できた。

続いての花火は線香花火、やはり消えないように見守るのが風情があるな。

それから恒例の肝試し。合宿といはいえはしゃぎっぱなしを懸念する澪だが、本音は怖がりなのをけしかけられ結局参加することに。同行は梓だけどやはり怖いものは怖い。しかし草陰から現れたのはなんとさわちゃんだった。これは澪もこたえたか。

気を取り直してみんなでお風呂。日に焼けすぎた分梓には熱すぎたか。しかしメガネがないとよく見えないとはいえ、胸の大きさで澪と梓を比べようとはこれじゃセクハラオヤジだ。そういう狙いじゃないから。

その後お休みの時間だが、梓が目を覚ましなぜか目を覚ました唯が練習を始めてるのを見かけ、一緒に練習することに。ここにきてまた通じ合えたか。

こうして合宿を終えて久しぶりに憂とのお出かけで、何のかんの言って楽しめた梓だったか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第9話:新入部員!<けいおん!のおもいで>

待ちに待った新入部員、その名も中野梓。冷淡な澪を除いてみんながチヤホヤともてなしていく。ことに唯は“先輩”という言葉に心が響いたか。

まずは梓の演奏を聴くことになったが、誰もがその雰囲気にのまれてしまう。しかし唯は先の影響からかなぜか先輩面と思いきややはり梓のうまさに押されてしまった。ともかくも入部が決まった梓だが。

次の日部室を訪れた梓、しかしいざ練習と意気込むもやはりさわちゃんも加わってお茶会に相成った。それでも自分だけで練習せんとするもさわちゃんに止められる。さすがにこれはまずかった。ここにきてついにキレた梓だがこの場は唯がなだめて事なきを得る。

後日気を取り直して部室に入る梓。ひとまず練習しようとするもやはり元気が出ないもののケーキの一口でちょっぴり本気が出た。こればかりは梓も認めるところだが。その後ケーキで釣られるのも可愛いところだ。

まあその後でお茶会に戻り、顔を出したさわちゃんも加わって結局ネコ耳でいじられてしまう梓。そこになぜか澪がカヤの外、それでも律に遊ばれているのもご愛嬌か。

その後も梓をアイスやハイキングでもてなしたり、その際もコスプレ等で遊ばれてしまう。そのうち業を煮やした澪が練習をしようと強く呼びかける。後日やっとこさ練習を再開し、まず唯と梓のギターの演奏比べを行うも、梓のうまさについに唯も恥も外聞もなく教えを乞うことに。しかし梓も教えるうちに唯がミュートやビブラートの意味を知らずともノリと音感のみで演奏してきたことを知る。あと途中でお茶会にかこつけてだらけてしまう始末。結局梓もそのゆるゆるな雰囲気の呑まれてしまいがち。そのうちいっそ他のバンドに移らんととあるライブハウスを訪れたが、梓の中の何かが響かなかったか。

久し振りに軽音部に戻った梓、自分の迷いを打ち明けた彼女にあの時の感動をと演奏を始める。後に澪もこのメンバーで演奏することの愉しみを告げ、梓もようやく部にとどまることを決める。ここにきてようやく自分の居場所を見つけることができたということで。まだまだ先行きは不安だけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第8話:新歓!<けいおん!のおもいで>

年度は変わり、唯の妹憂がはれて桜高に合格した。まあ姉と違ってしっかりした子だから、でも唯にとっては気が気でならなかったが。そしてもう一人、桜高に受かった娘が。

一方の唯たち、澪を除いて三人一緒のクラス。そのクラス替えに一喜一憂する様も結構可愛いか。可愛いといえば憂も唯の身だしなみに結構気を使っているなあ。

澪も新しいクラスで顔見知りがいなく心細い中、和が同じクラスにいたから一安心か。

新年度と言えばクラブの勧誘。当然軽音部も乗り出すも、どうもパッとしない。そういや桜高祭でのライブ以外目立った活動はしていなかったか。そこでさわちゃんがまず着ぐるみでの勧誘を勧めるもこれまた引かれたのは必然か、憂たちにも引かれたし。しかしさっきのあの子、梓に勧誘のチラシは受け取ってもらえたか。結局着ぐるみ作戦は空回りだった。しかしすかさずさわちゃんが続いてメイド服を用意していた。

放課後、憂は軽音部を訪れるも、結局着せられた唯たちが待ち構えていた。ところで澪はさわちゃんにどこに連れられるのだろう。それを目撃した梓は、

さておき唯がお茶でもてなそうとするもあそこまで取り乱せるものなのか、結局憂が配ることに。あと律が申請を忘れたことを和にとがめられた。すっかりお目付け役だ。続いてムギちゃんの紹介から恥ずかしげに顔を出した澪。本当に着せられただけなのか。そしていつの間にやらさわちゃんが憂たちにもメイド服を勧めんとする。初回の清楚なイメージはもはや微塵も感じないか。一方でジャズ研に手ごたえを感じなかった梓も、上階の軽音部を気にしだしたが。

その軽音部では実際に演奏を行わんとするも、やはりメイド服では動けなく、ジャージに着替えることに、これはこれで様になってるが。そこに顔を出した梓は何を想うのか。

結局演奏は障りしかできなく本番の発表会にかけることに。その夜唯から感想を聞かれての何気ない会話の中、部活をはじめる前は甘えてばかりだったのがところ、今では積極的になったと思いきや、やはり今でも甘えてばかりだったか。

そして迎えた歓迎会での演奏会、肝心の澪が歌えない事態に、やはり先のライブがトラウマになったか。結局唯がヴォーカルを受け持つことに。それにしても曲のタイトルやはり微妙だ。憂も友だちが行けなくなったので一人で行くことに、一方で梓を機にかけて一緒に行くことに。

曲の合間の唯のMC、やはり余計なことばかり言うので律がせかして次の曲に。ここにきて唯が歌詞を忘れたのですかさず澪がフォロー。いざとなればやはり頼りになるか。そして肝心の演奏。喜んでいる憂の隣の梓は何を感じ入ったか。

明けて新入部員を待ちかまえんとする中、あの梓が部室に入ってきた。やはり軽音部に入部を希望し訪れたのだ。唯たちにとっては待望の新入部員だった。憂もこれで一安心。以後は外からのサポート、つまりはお世話を焼くということか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第7話:クリスマス!<けいおん!のおもいで>

まずは幼い頃の唯と憂、クリスマスのプレゼントについてホワイトクリスマスをお願いする憂に、明くる朝唯が庭中綿だらけにしたり、今になってなくしたマフラーや手袋を二人で分け合ったりと仲の良い姉妹っぷりを見せてくれたか。

軽音部でもクリスマス会を開こうと律が持ち掛けたが、肝心の会場は紆余曲折の末唯の家に。和も巻き込んでから会の料理は憂が引き受けさせることにして、もう一つ楽しみのプレゼント。昔は律が澪を驚かして楽しんでいたが、一方のムギちゃんは一般のクリスマスを楽しみにしているか。しかし一芸披露の話で何故か憂が真面目に考え込んでいるが。

いざプレゼントを買おうとするも唯はやはり自分好みの品を選んだり、一方の律は澪を驚かそうとしてかえって怒られたり、そして福引きで大当たりをしたムギちゃんは結局すごろくゲームに取り替えたり、まあハワイ旅行はムギちゃん家ではありきたりだったか。

いよいよクリスマス当日、料理を作った憂は唯がつまみ食いしないように気を配ってまさにだるまさんが転んだ状態になった。それでもみんながあつまって無事に開かれたけど。

始めるに当たって唯と憂の悪戦苦闘が語られたり、いつの間にかさわちゃんまでも入ってきた、まあ顧問という建前もあるけどやはり彼氏にふられたか。そしてパーティーはコスプレ会にもつれ込む。やっとこさ和も来たもののやはり間が悪かったか。

気を取り直してプレゼント交換。さわちゃんがヤケクソぶりに取り仕切り、交換した結果、びっくり箱に打たれとどめとなったか。

それでもプレゼント交換は滞りなく行われ、唯と憂はそれぞれが望むもの、手袋とマフラーが手に入り、ある程度最良の結果となった。

その後プレゼントを付けたまま一緒に寝たり、年末はゆるゆると過ごしたりとその年は明ける。

明けて新年の初もうで、みんなで軽音部のことをお願いしようとするも唯だけ食べ物のことをお願いしてなんと律にツッコまれたか。しかし食べても太らない体質というのは女の子としてはやはり理想だったか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第6話:学園祭!<けいおん!のおもいで>

待ちに待った桜高祭、軽音部のライブがまさに始まろうとする中、舞台は午前の出店から始まる。午後のライブに向けて練習をしようとするも、唯たちはクラスそれぞれの出し物での対応に追われてそれどころじゃない。しかしお化け屋敷でのオバケ役のムギちゃんに澪が怯えるは、唯はヴォーカルの特訓の生で声をからしているはでやはり前途多難だ。律にはお相撲さんの声だとからかわれそのままコントになって周囲が引いてしまった、これは演技だけど。

やっとのことでヒマをもらい部室に向かう唯たち。一通りのチューニングをこなし、さわちゃんも衣装を用意知っていたが、肝心の澪がしり込みしていた。唯とムギちゃんは結構楽しんでいるけど。

ともかく本番に向けて機材を行動に運ぶ唯、未だ放心の澪が心もとないとはいえ唯も途中でヘトヘトになる。それに対し楽々運び込むムギちゃん。案外体力あると唯も感心するのだが。何とか運び込むことができた。その本番で律と澪の幼い頃の思い出をかたるけど、この頃から強引な律と引っ込み思案の澪のキャラとコンビができたか。そんな澪も未だ落ち着いてはいないので大丈夫なのか。

何とかなだめた後はライブの際のMC、これは律が受け持つことに。プレゼンは申し分ないがその分ツッコミもいつも通りだな澪。こうして場が和んだところでいよいよライブ本番。

いくらかの不安がぬぐえないものの、最後は自分が頼り。幕が上がり曲に載せてのなぜかプロモーションビデオ。危険な4人の逃避行の末、ライブは大盛況のうちに幕を下ろした。と思いきや最後の最後でズッコケてしまった。澪は当分立ち直れないが、ファンクラブもできたからいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧