マンガその他

各誌レビュー18年度11月号(その3)

さて今週の各誌レビューは、
 
<君は008(サンデー)>
ある意味レディのセクシーな試練に立ち向かうエイトにかの名乗らぬ男も参戦。周到に張り巡らされた罠をかいくぐり、その先には父の名も刻まれていた。しかし最後の罠でこれまたある意味ゴールへとたどり着いたのだが。
 
<バキ道(チャンピオン)>
相撲の流儀ならスクネが上手ならオリバも自らの流儀で挑まんとするがはたしてどこまで通じるのか。
 
<浦筋(チャンピオン)>
フグオも自らの食欲でついには重力をも征したか。最近春郎にそのお株を奪われた感もしたが、ここにきてようやく面目躍如といきたいが。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
クラスメイトの良子で喫茶店で鉢合わせ。いろいろ付き合わされたが、やはり場所によりけりだったな。
 
ひとまず今週はここまでで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各誌レビュー18年度11月号(その2)

さて今週の各誌レビューは、
 
<BLACK TIGER(グラジャン)>
先住民と開拓民との争い、それを煽る者と止めんとする者、たしかに一人の命では収めきれないものだけど。その誇りと志は受け継がれていくものだな。
 
<君は008(サンデー)>
ある意味男の楽園へと乗り込むも、艱難辛苦の末言い出しっぺの野原をはじめほとんどが脱落し、残るはエイトのみ、結局レディの差し金なのだが、彼女の目的はやはりエイト自身なのか。
 
<バキ道(チャンピオン)>
今回はスクネとオリバとの取り組みなのだが、やはり力押しのみが相撲ではないと改めて知ることとなったのだが。
 
<浦筋(チャンピオン)>
何もかもが規格外のジーンズにいつも通りに翻弄される春巻か。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
謎の生物探しと洒落混むも、結局大祐の苦し紛れなのと、千晶たちの遠足気分が合わさって、ささやかな偶然も生まれたか。
 
というわけでまた来週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各誌レビュー18年度11月号(その1)

さて今週の各誌レビューは、
 
<君は008(サンデー)>
レディの小箱の中身は寮内の見取図だった。しかし野原のセクシーな妄想がここぞで爆発し、ここにエイトたち男子の潜入捜査が始まるのだが。
 
<バキ道(チャンピオン)>
黙々稽古を続けるスクネにオリバが回し姿でご登場、マッチョにして何でも似合う男だな。
 
<浦筋(チャンピオン)>
命のタクシーを封じられた大鉄も、頼みの綱はやはりタバコか。しかもタバコそのものになるとは。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
久々妹との休日は鈴も交えてら。いろいろ面倒見たけど最後はオカルトが関わったか。
 
というわけで今週はこんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各誌レビュー18年度10月号(その4)

さて今週の各誌レビューは、
 
<君は008(サンデー)>
次なる任務にそなえ訓練に余念がないあやめだったが、肝心の女の修行に関してはやはり奥手だったか、体つきは申し分ないのだが。そんなエイトたちのもとに新たな事件にいざなうだろう細かい小箱がもたらされたのだが。
 
<浦筋(チャンピオン)>
恒例のハロウィン仮装祭り。重ね着で浮かれまくる小鉄に、シスター姿からのズッコケで決めるあかねといったところで。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
恒例のハロウィン仮装祭り。お遊びや妄想やらも交えて結構盛り上がっているが、やはりのめり過ぎには注意ってところか。
 
というわけでまた来週。しかし銀英伝は救国の乱はスルーなのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各誌レビュー18年度10月号(その3)

さて今週の各誌レビューは、
 
<君は008>
任務を済ませ先のわだかまりも吹っ切って、久しぶりのエイトとあやめのひととき。一方ことの詳細を話し合うアイスマンと校長、やはりアイスマンとエイトの父が盟友同士だったか。
 
<バキ道(チャンピオン)>
スクネの四股が地鎮やら魔除けやらになるのはともかく、重量挙げもあくまで相撲の流儀でいくのもやはり据わっているな。
 
<浦筋(チャンピオン)>
新しい公園に心弾ませる小鉄たち、しかし最後のフナムシでスベったか。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
コギャルと麗子の攻防も、最後ノリがいいほうの勝ちということか。
 
<グッドジョブ(ヤンジャン)>
はてなき富の渇望もささやかな幸せに帰結したか。しかし男のツキはさらに続いたりするか。
 
ということでまた来週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各誌レビュー18年度10月号(その2)

さて今週の各誌レビューは、
 
<君は008(サンデー)>
アイスマンとの激闘のさなか、エイトは薬物の情報を入手、刺客は逃がし、命令違反を咎められつつ一応の評価も受けたが。一方のあやめは無茶を咎める。任務モードが解かれここぞで女が出てきたか。
 
<バキ道(チャンピオン)>
相撲は格闘技か否か、それ以前に相撲は強いのか。それらの答えに独歩が、オリバが顔を突っ込んでくるのたか。
 
<浦筋(チャンピオン)>
カープ優勝で意気上がる勇、はいいが次の目標は本当に大丈夫なのか。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
千晶のお着替えマジック)違。最後は麗子の介入でお開きに。
 
<グッドジョブ(ヤンジャン)>
あれから持ち金の大儲けであきらかに舞い上がる人生たが、一人の女性と出会い、どう帰結するのだろうか。
 
今週はひとまずこんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各誌レビュー18年度10月号(その1)

さて今週の各誌レビューは、
 
<君は008(サンデー)>
車から飛び出し敢然と刺客に立ち向かうエイト、身に付けた業を駆使するも所詮は付け焼き刃。はじめのうちはこんなものでひとまずアイスマンに任せるか。
 
新シリーズ突入の<バキ道(チャンピオン)>
知られざる相撲創成伝説から始まり、クライミングに挑戦する巨漢の若者のご登場、これが件の次なる挑戦者か。
 
<浦筋(チャンピオン)>
死刑囚似の主婦たちもお噂の漫画家バキネタのパロディか。最後の決め手はやはり暗示戦法なのか。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
障害物競走で悪戦苦闘の研究部メンバー。しかし最後は大祐の男が立ち見事勝利をおさめたか。
 
<グッドジョブ(ヤンジャン)>
仕事や生活に浮いている男にもたらされた大いなる幸運。しかし破滅しか見えない展開に、どうグッドに持っていくつもりか。
 
というわけでまた来週。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各誌レビュー18年度9月号(その4)

さて今週の各誌レビューは、
 
<君は008(サンデー)>
敵に圧倒されるあやめについにエイトが立ち上がる。それにつけてもようやく野原も役に立つ時がきたか。
 
<浦筋(チャンピオン)>
寝相の悪い大鉄の攻防戦。最後にかーちゃんの力業がモノをいったか。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
騎馬戦で力業もいいけれど、やはりモノをいったのは正攻法だったか。それにしてもまた新キャラか。
 
<銀英伝(ヤンジャン)>
終始フレーゲルの狂言回しでまとまった感もするのだが。
 
というわけでまた来週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各誌レビュー18年度9月号(その3)

さて今週の各誌レビューは、
 
<君は008(サンデー)>
ひとまず難を逃れたアイスマンだが敵の存在を知るや急いでエイトのもとへと戻らんとする。一方エイトたちも危険すぎる刺客が急襲。頼みのあやめですら危機に陥る。はたしてどう切り抜けるというのか。
 
<浦筋(チャンピオン)>
金鉄じーちゃんとゴキとの不毛な対戦、サイレントコントとしては面白いけれど。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
ことね、陸上部に引き抜きか、と思いきや来る運動会に向けての特訓だった、はたして特訓の成果やいかに。
 
<銀英伝(ヤンジャン)>
ここでのヴェスターラントの件は踊らされた、不可抗力だと申すか藤崎センセイ。
 
今週はひとまずこんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各誌レビュー18年度9月号(その2)

さて今週の各誌レビューは、
 
<君は008(サンデー)>
売人の頭を追うアイスマン。一方エイトたちは工作員のサポートで事なきを得る。その売人頭は追い詰められたかと思えば件の薬品にて爆破されるのだが。
 
<浦筋(チャンピオン)>
仁義なき園児の逃走劇、最後は大人の見守りが頼りといえばそうなのだが。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
草刈りも研究部にかかれば大騒動にでも周りの迷惑も考えて。
 
<銀英伝(ヤンジャン)>
いよいよ銀英伝最大の悲劇の幕上げが、しかしオーベルシュタインの思惑はともかく、ここではフェザーンも関与しているのか。
 
というわけでまた来週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧