マンガその他

各誌レビュー18年度9月号(その3)

さて今週の各誌レビューは、
 
<君は008(サンデー)>
ひとまず難を逃れたアイスマンだが敵の存在を知るや急いでエイトのもとへと戻らんとする。一方エイトたちも危険すぎる刺客が急襲。頼みのあやめですら危機に陥る。はたしてどう切り抜けるというのか。
 
<浦筋(チャンピオン)>
金鉄じーちゃんとゴキとの不毛な対戦、サイレントコントとしては面白いけれど。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
ことね、陸上部に引き抜きか、と思いきや来る運動会に向けての特訓だった、はたして特訓の成果やいかに。
 
<銀英伝(ヤンジャン)>
ここでのヴェスターラントの件は踊らされた、不可抗力だと申すか藤崎センセイ。
 
今週はひとまずこんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各誌レビュー18年度9月号(その2)

さて今週の各誌レビューは、
 
<君は008(サンデー)>
売人の頭を追うアイスマン。一方エイトたちは工作員のサポートで事なきを得る。その売人頭は追い詰められたかと思えば件の薬品にて爆破されるのだが。
 
<浦筋(チャンピオン)>
仁義なき園児の逃走劇、最後は大人の見守りが頼りといえばそうなのだが。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
草刈りも研究部にかかれば大騒動にでも周りの迷惑も考えて。
 
<銀英伝(ヤンジャン)>
いよいよ銀英伝最大の悲劇の幕上げが、しかしオーベルシュタインの思惑はともかく、ここではフェザーンも関与しているのか。
 
というわけでまた来週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各誌レビュー18年度9月号(その1)

さて今週の各誌レビューは、
 
<君は008(サンデー)>
売人に変装したアイスマンとともに潜入捜査に入ったエイトたち。しかし面があっさりバレ、ひとまずアイスマンがあっさりと片付けたが、これも序の口に過ぎないのは言うまでもないのだが。
 
<浦筋(チャンピオン)>
ノムさんとピザをからめてあのアニメのパロディか。まあこれも腐れ縁ゆえなのか。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
うわべを変わっても本質はいつもの通りかな。旭先生のチャイナは一目おけるけど。
 
<銀英伝(ヤンジャン)>
当たり障りのない追撃戦だが、盾艦の最後の意地がたとえ報われないにしてもこれも一目置きたいが。
 
ひとまず今週はこんなところでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各誌レビュー18年度8月号(その4)

さて今週の各誌レビューは、
 
<君は008(サンデー)>
突如下された実戦指令にとまどうエイトたち、対してあやめは何かしら覚醒した感もある。さらには大がかりなマシンで変装したアイスマンも雰囲気変わったな。
 
<浦筋(チャンピオン)>
春巻のマイペースな悪運にさしもの貧乏神も同情してしまうか。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
基本的大祐はモテる一方利用もされやすい性質だと今更ながら思うのだが。
 
<グッドジョブ(ヤンジャン)>
過去がどうあれ、それが今の縁を結んでいる。それが生きることにつながるなら。
 
<銀英伝(ヤンジャン)>
ついにラインハルトの反撃が始まるが、ここでのフレーゲル男爵はやけに用心深いな。
 
こんなところでまた来週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各誌レビュー18年度8月号(その3)

さて今週の各誌レビューは、
 
<君は008(サンデー)>
非情のアイスマンの試練に意地と誇りをかけて立ち向かうエイトだが、誰の責任でもなく結局全員失格となる。そんな中校長から任務が与えられるのだが。
 
<浦筋(チャンピオン)>
真夏の暑苦しい猛暑対策、まあせめて女の子の水着で涼んでいきましょう。子供だけど。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
縁日でもお堅い麗子だが、それなり順応しているけど最後はセクシーに決めたか。
 
<グッドジョブ(ヤンジャン)>
たしかに配達員のマナーは問題だけれど、受け手の顧客のマナーが根本的に問題か。これは相互の信頼が重要だけど、宅配業はなかなかに難しいものなのか。
 
というわけでまた来週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各誌レビュー18年度8月号(その2)

さて今週の各誌レビューは、
 
<君は008(サンデー)>
学校秘密の研究室にて受け取った壁登り器での壁登り訓練、そのキツさはもちろん、あやめのあられのなさに苦戦するか。
 
<疵顔(チャンピオン)>
今回は打って変わりみんなでカニ鍋。花山の手際がいいのか、カニの脱皮が偶然かそれとも潔いのか。これも思案するべきか。
 
<浦筋(チャンピオン)>
人形とヌイグルミで熊殺しとは、子供らしいというべきか。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
海水浴でのハプニング、助け合えるのはいいが、ここは大祐の気持ちも察するべきなのか。
 
<グッドジョブ(ヤンジャン)>
出所した元組員の宅配業、しかし世の中マナーの悪い奴らばかりなのか。
 
<銀英伝(ヤンジャン)>
やはりこちらのファーレンハイトも己の信念でラインハルトに対したということか。
 
というわけでまた次回まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各誌レビュー18年度8月号(その1)

さて今週の各誌レビューは、
 
<君は008(サンデー)>
教官アイスマン、かつては任務で生徒にも手をかけた曰く付きの男だった。そんな彼も高重力の部屋での試練を課すも、ひとまずこなしたエイトだったが。
 
<疵顔(チャンピオン)>
侠客としても花山もアイスくらいは自分で作りたかったが、やはり道具を選ぶべきだったか。
 
<浦筋(チャンピオン)>
相変わらず間抜けな春巻は水の入った水中メガネで溺れてしまったか。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
閉じ込められたエレベーターでつかの間のビーチ遊びごっこ。しかしその際水着にも着替えたか。大祐の目の前で。
 
そんなわけでまた来週まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各誌レビュー18年度7月号(その4)

さて今週の各誌レビューは、
 
<君は008(サンデー)>
何気ない日常を襲う無差別テロ。モブとはいえ人間爆弾とはかなりきてるな。一方エイトたちも組んだチームを受け持つ教官。曲者ぞろいの中でも特に曲者だというのだが。
 
<浦筋(チャンピオン)>
ゴムプールでカメごっこも場合によりけりだな。やはり前が見えてない。しかしフグオも結構タフだなあ。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
いくら霊視を科学で解明するといっても幻覚に頼っちゃいけないよ。
 
というわけでまた来週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各誌レビュー18年度7月号(その3)

さて今週の各誌レビューは、
 
<君は008(サンデー)>
父親の縁でオキタと対することとなったというより終始遊ばれてしまったエイト。最後あやめにもからかわれる始末だがこれは愛されるが故か。それにつけても冒頭のあやめのセクシーショット。やはりサンデーは規制は緩めか。
 
<浦筋(チャンピオン)>
夏休みで浮かれつつ風邪でダウンといったところだが、夢でうなされつつもそれなりエンジョイしているか。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
トイレの花子さんの噂も結局ミイラ取りになったということか。それにつけても男子トイレで用を足せるとはいい度胸しているな。
 
というわけでまた来週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各誌レビュー18年度7月号(その2)

さて今週の各誌レビューは、
 
<君は008(サンデー)>
実戦科学の教官オキタ、その優男然とした振る舞いと裏腹におそらく気を使っての戦闘術でエイトたちを圧倒し、後に改めてエイトをはからんとするのだが。
 
<浦筋(チャンピオン)>
いくら友だちといっても夏休みにまでには一緒に入られないのも人情か。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
蚊にムキになって対峙せんとするのは人情なものだろうけれど、部の女子たちの姿に流石に蚊に同情する大祐なのだが。
 
<銀英伝(ヤンジャン)>
先週の記事を一部修正しつつ、最期の自爆の引導を渡したのはサビーネ自身だったか。まあキャラが濃かっただけにこれも無情のなせる業。さておきキルヒアイスの巨大な武勲にラインハルトも奮い立ったのは、単に子供っぽい勝負心ゆえだったが、大人たちには大人たちの見方でしかとらえられなかったか。
 
というわけでまた来週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧