マンガその他

各誌レビュー21年度9月号(その2)

さて今週の各誌レビューは、
 
<BLACK TIGER(グラジャン)>
女詐欺師をめぐっていつの間にかゾンビ騒ぎに、たしかに最初のお話で出てきたが、まさに忘れたころに現れるドクターノアか
 
<MAO(サンデー)>
知られざる蓮次の過去、虐げられた末に姉の死を機に憎しみの道を歩むことに、だがそれゆえに彼の暴虐を見逃すわけにはいかずと百火が再び立ち向かう。
 
<君は008(サンデー)>
エイトとともに任務にあたる千堂、母親がドグラの者というだけありなかなかに複雑な過去を持つが、そんな彼もエイトに陽だまりの力を見出さんとするのだが。
 
そして今回連載開始、押切蓮介せんせいの<ジーニアース>
包囲した機動隊と相対する少年。大立ち回りの末に撃たれてしまうのだが、はたして。一方それ傍観していた友だちらしき少年とまた一方の虐げられている少年。彼らが星に選ばれた者たちだというのか。
 
<バキ道(チャンピオン)>
金属の歯を仕込んで新たなる力を手にしたジャック。これで宿祢に対しようというのか。
 
<浦筋(チャンピオン)>
トイレのオバケ騒ぎから裕太のおねしょ騒ぎに悩まされる母ちゃん。悪循環はさらに続くというのか。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
美術部の部長の陰が晴れたかと思えば画力がなくなり、が色が戻ったかと思えば陰も出てきた。やはり芸術というのはままならぬものなのか。
 
そして<ルパン三世>
逃走行の末に同じ盗賊団に捕まるも機を見て退けるルパン。一方で銭形が王国側についてルパンを追わんとするのだが。
 
ということでまた来週。

| | | コメント (0)

各誌レビュー21年度月号(その2)

さて今週の各誌レビューは、
 
<MAO(サンデー)>
苛火虫をたどって着いた先は、生きた屍の穴に佇む蓮次と謎の少女。蓮次が語る過去の事件、それがいかに凄絶なものなのか。
 
<君は008(サンデー)>
今度のドグラの怪人は一見子供だが、変幻自在なる術を用いてエイトたちを翻弄する、はたして攻略はなるものなのか。
 
<バキ道(チャンピオン)>
スクネが横綱を退ける一方で、ここ最近の勇次郎の人となりの暴走を懸念する老公とバキ。しかし問いだした老公もまんざらではないというのか。その一方でジャックも乗り出すことになるのだが。
 
<浦筋(チャンピオン)>
今年の春巻はブランコの座席で遭難してしまったか。こんなさまを貧乏神ですら気遣ってしまうとはな。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
千晶と二人きりになり暇つぶしの腕相撲と相成る大祐、なんやかんやでいろいろ気遣っちゃう千晶なのだが。
 
そして<ルパン三世>
また一方の五エ門は人嫌いのエルフの里に厄介になるが、そこに村娘と因縁がある魔物使いと対することに。斬りがたい魔物スライムを退け、ついには娘との因縁とともに打ち倒す。たしかに五エ門にとって斬るべきものを常に選ぶ生き様を描いたお話だったか。
 
といったところでまた来週。ついで今秋放送開始するアニメより、永年次元役を演じられた小林清志さんが引退し、後任は大塚明夫さんと相成りました。小林さん、長い間お疲れさまでした。そしてありがとうございます。

| | | コメント (0)

各誌レビュー21年度9月号(その1)

さて今週の各誌レビューは、
 
<BLACK TIGER(グラジャン)>
襲撃した子供を保護した先生、しかし彼こそ偽札犯の片棒で、足を洗おうとした仲間が命を落とすも、ティガーが悪漢を倒し、それに感じ入りつつ先生も子供たちのために生きていこうと誓うのだったか。
 
<MAO(サンデー)>
菜花に植え付けた苛火虫で威迫する蓮次を倒さんとする真緒。しかし結局ハッタリで取り逃がされてしまった。そんな蓮次だったがどうやら過去の事件が関係していてひとまずはこれを調べんとするのだが。
 
<君は008(サンデー)>
襲い来るドグラの刺客と激闘を続けるエイトたち。一方暗躍するアスヤとルルス。このすれ違う二組の心に去来するものやいかに。
 
<バキ道(チャンピオン)>
勇次郎に停滞敗北を喫したスクネ。人知れぬ横綱のリターンマッチを軽く受け流しつつオーガの強さに感じ入るのだが。
 
<浦筋(チャンピオン)>
最凶の四人組の来訪に驚きつつもんとする順子母ちゃん。それでも彼らなりに役に立とうとしたんだな。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
演劇部の岡崎くんといい関係になったかとの大祐だったが、実は役作りの練習台になっていた。まあそれでもそれなりに見えるのも無理からぬか。
 
そしてルパン三世
ルパンと同じく異世界に転生した次元。どこかの坑道内で巨大なモグラの魔物をご自慢のマグナムで撃破した。まあ舞台が舞台なので残り球の心配があるが、なんと自前で造れちゃうからこれまた心配はなくなったか。あと次元もそれなりトウは立っているが、兄ちゃん呼ばわりだからこれは喜んでいいやらどうか。
 
といったところでまた来週。

| | | コメント (0)

各誌レビュー21年度8月号(その3)

さて今週の各誌レビューは、
 
<MAO(サンデー)>
菜花に仕掛けた罠で迫る蓮次に、駆け引きの末に一旦は追い詰めるも、まだまだ隠し球を持っていたとか。
 
<君は008(サンデー)>
今度の任務は校長直属のチームアルファとの共同作戦。ひとまず打ち解けんとする中、敵もさりげなく襲いかかるが。
 
<浦筋(チャンピオン)>
夜中に訪れた小鉄と迷惑気に対するのり子。でも結局曹長のプールに付き合うか。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
夏祭りの縁日を楽しむ旭先生。しかし独り身をかこう身としてたまに訪れた大祐に男を求めるのも女として無理からぬことか。
 
そして今週連載開始の<ルパン三世(チャンピオン)>
存在しない国のコインをめぐっての争奪戦から、何とお決まりの異世界転生に話が転がっていく。そしてここでとらわれのプリンセスをめぐっての陰謀に巻き込まれるか。
 
といったところでまた来週。

| | | コメント (0)

各誌レビュー21年度8月号(その2)

さて今週の各誌レビューは、
 
<MAO(サンデー)>
ひとまず地血丸を封印することになった菜花。一方で一敗地にまみれた双馬も、白眉に利用される身をあらためて思い知り、残った弟たちを守らんと決意する。一方で不知火配下の蓮次も再び菜花に手を伸ばさんとするのだが。
 
<君は008(サンデー)>
洗脳され、あやめを襲わんとするエイトを己の想いを込めてその洗脳をひとまず解く。その想いはひとまず忍ばせてから、最大の危機は脱したやもしれないが。
 
<バキ道(チャンピオン)>
強大なる打撃の末、打ち倒すも倒れぬスクネ。去り行くオーガに何を想うか。それはそうと勇次郎、何気にちょっぴりキャラ崩壊していないか。
 
<浦筋(チャンピオン)>
相変わらず抜けている花丸木にいっそのこと小鉄たちも調子を合わせるか。とはいえやはり昨今女の子はまずいっしょ。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
盛況の喫茶店に、麗子も心は許せないが一肌脱いで助っ人となったか。
 
といったところで今週はここまで。次回チャンピオンはあの大作が登場だ。

| | | コメント (0)

各誌レビュー21年度8月号(その1)

さて今週の各誌レビューは、
 
<BLACK TIGER(グラジャン)>
偽札騒ぎを受けての捜索にて不覚を取ったティガーたち。待ち受けたのは子供たちとはこれはいかに。しかし当時のアメリカの経済はたしかに不安定な要素がいろいろあるからなあ。あとあのマジシャンが準レギュラーになったな。
 
<MAO(サンデー)>
妖刀地血丸(あかねまる)を手にした菜花。その威力は双馬の式獣を瞬殺するほどだったが、それは菜花自身の血と命を削るものだった。その諸刃の刃に真緒はいかなる裁定を下すのか。
 
<君は008(サンデー)>
先のミッションでなんとドグラの暗示にかけられたエイト。その暗示は近しいものの命を奪いうものだった。はたしてその術中から脱する術はあるのか。
 
<バキ道(チャンピオン)>
投げ伏せられたスクネも黙って倒れてはいられない。仕切り直しからの蹴りを放つも、ものの見事に受け流されてしまう。直後の勇次郎の逆撃にはたしてスクネは耐えられるのか。
 
<浦筋(チャンピオン)>
久々のボギー愛子、霊にまみれた墓地にて仁ママごと、そして建て替えたバチ当たりの家ごと除霊してしまったか。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
先週に続いてのキャンプ。和香の特製花火もまとめて引火してしまったらとんでもない花火爆弾になっちゃうのは自明の理だったか。
 
といったところでまた盆明けにて。

| | | コメント (0)

各誌レビュー21年度7月号(その5)

さて今週の各誌レビューは、
 
<MAO(サンデー)>
激闘が続く中、真緒が双馬の真意を問い質す隙に、菜花が妖刀を手にし、その真価を発揮するというのだが。
 
<君は008(サンデー)>
紆余曲折の末に応じの信頼を得て、ひとかどのエージェントと認められた洋子。それはエイトの頼もしい味方となるのだろうか。
 
<バキ道(チャンピオン)>
勇次郎と対峙したスクネだが、まさにハブににらまれた獲物の心境で一瞥の末に投げ落とされてしまった。結局勇次郎にとってははねっ返りの若造にすぎなかったか。
 
<浦筋(チャンピオン)>
夏はプールに一日中入り浸ってはいられない。たまには野球で汗を流せば新しい縁も生まれるものか。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
夏のキャンプでは川釣りの最中に女の子の水着が釣れることもたまにはあるものなのか。
 
といったところで今週はここまで。

| | | コメント (0)

各誌レビュー21年度7月号(その4)

さて今週の各誌レビューは、
 
<BLACK TIGER(グラジャン)>
欲と金にまみれた豪華客船を海賊が襲い掛かる。しかしその海賊の裏切りと、居合わせた奇術師の奇跡が結果親子の絆を取り戻したか。
 
<MAO(サンデー)>
そもそも御降家の妖刀をめぐり、もはや敵となった双馬が式獣を駆使して圧倒的に真緒と菜花に襲い掛かる。はたしていかに巻き返せるのか。
 
<君は008(サンデー)>
ドグラの怪人に奮闘するエイトに触発され、底力に目覚めた洋子。そこに意外な助け舟が現れたが。
 
<浦筋(チャンピオン)>
夏休みのおみやげとなったハンセン人形。図工の工作はインテリアかお荷物かに分かれるが、結局カーネル人形に倒される運命となったか。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
妹に男友達について聞かれ、ひとまず助走の岡崎くんを紹介するが。これも日頃の行いといえば酷といえるが。
 
といったところでまた来週。

| | | コメント (0)

各誌レビュー21年度7月号(その3)

さて今週の各誌レビューは、
 
<MAO(サンデー)>
冥命堂の主人の勧めで菜花の預かりとなった妖刀。しかし日を置いて謎のケモノに奪われそれを操ったのが双馬だという。はたしてその争奪戦の帰結やいかに。
 
<君は008(サンデー)>
憧れのエイトたちに合流した洋子。ともに敵の基地に乗り込み、仲間を助けんとするのだが敵の陣容ももちろん厚いが。
 
<バキ道(チャンピオン)>
いよいよオーガ勇次郎と対することになったスクネ、そんな中冒険家のオジサンのエピソードがあったが。まさかいろんな意味でやられちゃったのか。
 
<浦筋(チャンピオン)>
久しぶりの松五郎、大沢木家をアリちゃんことアリゲーターとともに訪れ、非常にはた迷惑のサーフィンと相成ったか。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
夏休みに向けてなにかとせわしない風紀委員。そんな中の麗子は大祐との一時が一時の安らぎとなった、はずだったがこれもうまくいかないか。
 
といったところでまた来週。

| | | コメント (0)

各誌レビュー21年度7月号(その2)

さて今週の各誌レビューは、
 
<BLACK TIGER(グラジャン)>
豪華客船での警護任務にあたるティガー一行だが、乗っている客はいずれも一癖も二癖もある連中ばかり。そのうちに航路にも暗礁に乗り上げつつあるというが。
 
<MAO(サンデー)>
なんとか猫鬼の血の力で夫人の呪いを解いた真緒と菜花だったが、肝心の呪いの刃は未だ残っている。それを祓うため謎の店を訪れるのだが。
 
<君は008(サンデー)>
ドグラの怪人と立ち向かう洋子のチームだったが、善戦むなしくノーマークの洋子を除いてメンバーが連れ去られる。そこに救援に現れたのはあこがれのエイトだったが。
 
<バキ道(チャンピオン)>
大相撲戦を勝ち抜いたスクネの次の目的がオーガ勇次郎だが、その規格外の実力に奮い立つのもいいが、今更ながら常識外れといったところで。
 
<浦筋(チャンピオン)>
タイガー軍団の新メンバー凛だが、贈られたトレーナーの臭いから掃除着に使うことになるが。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
部室が使えないところ、アマレス部に誘われて暇をつぶすことに、しかしトレーニングを課せられてやはり悪戦苦闘か。
 
といったところでまた来週。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧