KOF

出雲良子対ティンクル・どき魔女系キャラ<バトルコロシアムD.A.S>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアムD.A.Sより出雲良子対ティンクル・どき魔女系キャラとのシナリオをお送りいたします。
かつてハンゾウに憧れヒーローズに加わった彼女も、かわいい後輩たるティンクルの妖精たちやどき魔女の魔女たちとの対戦を経て、ワーヒーで猛威を振るったボスとの熱き闘いに至る様をお送りする運びです。
といったところですので、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>バトルコロシアムD.A.S>出雲良子>対DECO・ADK系キャラ
となっております。

| | コメント (0)

ホワイト<餓狼伝説EXCELLENT>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、餓狼伝説EXCELLENTより白き影の傀儡師ホワイトの記事をお送りいたします。
かつてのリアルバウトスペシャルから派生した、ドミネイテッドマインドのボスとして猛威を振るった、と言いたいところ、いまいちマイナーなイメージを抱きがちの彼もまた、当記事においてもひとまず中ボスにふさわしくお送りした運びです。
ともあれこういったところですので、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>餓狼伝説EXCELLENT>ホワイト
となっております。

| | コメント (0)

Jカーン対侍魂・月華系キャラ<バトルコロシアムD.A.S>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアムD.A.SよりJカーン対侍魂・月華系キャラのシナリオをお送りいたします。
覇者にして武人であるカーンにとって、侍魂、月華のサムライたちや志士たちはやはり闘いもある魅力的なキャラクターでもあります。それらに対して胸躍るカーンの心情を織り交ぜればと思いここに記事としたつもりなのですが。
ひとまずはこういったところで、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>バトルコロシアムD.A.S>Jカーン>対SNK・各種ゲーム系キャラ
となっております。

| | コメント (0)

ジャンヌ・K’編その4<バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!よりジャンヌ・K’編その4をお送りいたします。
いよいよジャンヌもネスツ中枢へと乗り込み、自分の存在価値を見出さんとするK’たちにお節介にも顔を突っ込む形で立ち向かうことになりました。はたしてどう転んでくれるのか、といったところで、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!>ジャンヌ編・その2
となっております。

| | コメント (0)

ロース=バーンシュタイン新設<CAPCOM VS SNK・namco>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、CSNよりローズ=バーンシュタインの記事を新たにお送りいたします。
そもそもKOFアッシュ編にてある程度のゲスト出演として兄アデルとともに登場した彼女、素直にアデルを出してもよかったという意見もありますが、やはりⅩⅢにて中途半端な活躍しかできなかった感もあり、いっそ彼女も“父親”の業を色濃く受け継いでいるといった設定でお送りする運びです。これも後々のこともあるかもしれませんから。
ひとまずそういったわけですので、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>CAPCOM VS SNK・namco>ローズ=バーンシュタイン>対カプコン・ストリートファイター系キャラ
となっております。

| | コメント (0)

エクサム近況、ですか

さてみなさん、かつてはサムライスピリッツ零シリーズ、そしてアルカナハートシリーズ等を手掛けたエクサムさんが近日活動を停止するというではありませんか。
エクサムさんも多くの格ゲーを中心をしたリリースを手掛けてきましたが、ここ最近のゲーム業界の不振からか、エクサムさんも火の車だったことでしょう。
とはいえアルカナハートにおいてはチームアルカナがこれからのリリースを手掛けることになりますので、それについては一安心したく思いますが、何せ今後の展開にも心もとないのもまた事実。当HPでもひとまずの記事をお送りしてきたこともあり、無茶を承知でKOF等とのコラボも考えてほしいの正直なところ。
ともかくも今まで楽しい作品をお送りしてくれて本当にありがとうございます。またいつかどこかでお会いしましょう。

| | コメント (0)

加納亮子対KOF系キャラ(前編)<バトルコロシアムD.A.S>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアムD.A.Sより加納亮子対KOF系キャラのシナリオの前編をお送りいたします。
いわゆる真面目系の武道家たる亮子といわゆる正統派格闘家のKOF系キャラとの対戦。いずれ正面切っての対戦にいたる駆け引きをここにお送りできればとも思っておりますが。
とりあえずはこういったところですので、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>バトルコロシアムD.A.S>加納亮子>対SNK・KOF系キャラ
となっております。

| | コメント (0)

セリス=ハワード<餓狼伝説3FORCE>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、餓狼伝説3FORCEから不敗のダークヒロインたるセリス=ハワードの記事をお送りいたします。
そもそも彼女は編者の子供のころ『龍虎の拳2』の若いころのギースからヒントを得て、ギースの子供として設定したキャラクターなのでしたが、時を経て『餓狼MOW』のロックの登場によって半ばお蔵入りと相成りました。ところがMOW PLUSや3FORCEの記事を書いているいうちにいっそ彼女も再登場させようと思い、この記事を公開する運びとなりました。MOWのロックとは腹違いの姉といった設定の彼女は果たしてどのような活躍を見せてくれるでしょうかといったところで、これも乞うご期待と告げつつ、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>餓狼伝説FORCE>セリス=ハワード
となっております。

| | コメント (0)

神代タケシ新設<バトルコロシアムD.A.S>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアムD.A.Sより、ある意味当ホームページオリジナルキャラともいえる神代タケシの記事をお送りいたします。
もともとはかつてのラジオ番組『ねおちゅぴ』のオリジナルキャラをアレンジしたキャラで、はじめは餓狼3FORCEの記事をお送りし、今回D.A.Sにてのシナリオをお送りする運びとなりました。
まずはDECO系のファイターズヒストリー系キャラのシナリオをお送りいたします。それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから、
ENTER>ゲーム>バトルコロシアムD.A.S>神代タケシ
となっております。

| | コメント (0)

KOFヒドゥンストーリー:桃子編MI

さてみなさん、今回のヒドゥンストーリーは、KOFⅩⅠからの出場キャラの桃子のストーリーをお送りいたします。いわゆる混迷期の出場ということで影が薄い感もありますが、そのキャラクター性もまた今後の作品にも通用する感もありますから、この記事を通じて盛り立てていきたいものです。
ひとまずはこういったところですので、それでは、ごゆっくり。
 
オープニング
サイコソルジャー候補生として幼いころに習ったカポエラを中心に日夜修行の日々に励んでいる彼女も、今回の大会の招待を包とともに受けていた。
アテナや鎮の心配をよそに勇んで乗り込んだ彼女、はたしてどのような活躍を見せてくれるだろうか。
 
第5回戦(対ソワレ)
・仕合前
桃子「どうやらお兄さんも足業に自信ありそうだね、ここはお兄さんに鍛えてもらおうかな」
ソワレ「結構できそうな娘じゃねえか、俺に鍛えてもらいてえなら光栄だな、手取り足とり教えてやろうじゃねえか」
桃子「脚業はともかく超能力はちょっと素人だからね、でも本気出してね」
ソワレ「超能力う、まあそうまで言われちゃあ本気出さずにはいられねえな、それなり覚悟しな」
・仕合後
桃子「うーん、結構手応えあったかな、やっぱり脚業には脚業だね」
ソワレ「まいったな、超能力はともかく脚業だったら結構やるじゃねえか」
桃子「まだまだ強い相手がいそうだからね、ここでへばっちゃいられないから」
ソワレ「おっ、その意気だな、俺も応援してるぜ」
 
第8回戦(対ルイーゼ)
・仕合前
桃子の目の前にルイーゼが現れる
桃子「お姉さんもテレポート、まさかお姉さんもサイコソルジャー」
ルイーゼ「残念ながらそうじゃないわ、でもほんと、この星にはユニークな人間が多くて飽きないわ」
桃子「うーん、こういった物言いはお姉さんただ者じゃないようね」
ルイーゼ「そんなところね、でもひとつ言っておくけど、ここから先、あなたは闘い抜く覚悟はあるの、ここで負けた方があなたの身のためよ」
桃子「そういわれれば桃子やる気出ちゃうかな、それじゃあいっくよー」
・仕合後
桃子「桃子も超能力は自信なかったけど、お姉さんについていけたつもりだよ」
ルイーゼ「あなたも強い人のようね、それを見込んで、あなたにお願いがあるんだけど、次の仕合、絶対に負けないで」
と、ルイーゼは姿を消す。
桃子「まだまだ強い人もいそうだね、でも桃子も負けてられないよ」
 
第9回戦(対デューク)
・仕合前
屋敷の扉の前に立つ桃子
桃子「この扉の先かな、やっぱりとても強そうな人がいるようだね」
扉が開き、デュークが現れる。
デューク「ふふ、“奴”に挑まんとするのは貴様か、いやお前は、ただの小娘ではないな」
桃子「おじさんが次のお相手なの、かなり強そうだけど闘わなきゃいけないね」
デューク「うむ、いい度胸だな、だが一つ忠告するが身を引いても多少長くは生き延びることはできるだろう」
桃子「こういった物言いは悪そうだけど、桃子も全力でかからなきゃダメだね」
・仕合後
デューク「これほどの足業と超能力か、小娘ながら気に入ったぞ、できればまた仕合いたいが」
桃子「でもおじさん以上に強い人もいそうだからね、おじさんとの手合せはまた今度、ね」
デューク「ふふ、その意気もまたよしだ、いずれ合うこともあるだろうが、ひとまずはさらばだ」
デューク、去っていく。
桃子「よーし、ここからが本当の決戦なんだ、桃子も負けないよ」
 
最終戦(対ジヴァートマ)
・仕合前
中央広間にたどり着いた桃子
桃子「こういった広い部屋まで来ちゃったけど、お相手してくれる人はどこにいるのかな」
「わたしはここにいるよ、そしてここが最後の舞台、君の闘いもここで終わるだろう」
柱の間から長身の男が現れる。
桃子「お兄さんがお相手してくれるの」
「ああ、君の対戦相手であると同時に、今大会の主催者でもある、クシエルを統べる闇の爪、ジヴァートマと見知り置いて頂こう」
桃子「うーん、なんだかイヤな気もするけど、でもクシエルとかなんとかっていったい何なの」
ジヴァートマ「この星の闇を支配する、秘密結社“アデス”その“アデス”が持つ無数のペルソナの一つと思って貰いたい」
桃子「あ、そうだ、そのお兄さんの目的ってのも、いったい何なの」
ジヴァートマ「強靭な肉体を持つ格闘家を集めるため、と言っておこう。もちろん君が魅力的な女性とはいえその例外ではない。さあ、その肉体を“我々”に委ねたまえ」
桃子「やっぱりお兄さんも悪者っぽいよね、ここは負けられないな」
・仕合後
ジヴァートマ「・・・流石だな、まさか、この星の人間に敗れるとは、思わなかったよ・・・・・」
桃子「お兄さんも結構手強かったなあ、でもやっつければどうってことないよ」
ジヴァートマ「フッ、いずれ君もその事実に恐怖することになるだろう、“我々”は、不滅なのだよ・・・・・」
と言って姿を消すジヴァートマ。
桃子「消えちゃったな、でも「ほんとうのきょうふ」か、なんだか怖そうだな」
その後屋敷が音を立てて崩れ始める。
桃子「きゃあ、いきなり崩れるなんて聞いてないよ」
 
エンディング
なんとか屋敷から抜け出せた桃子、そこにアテナと拳崇が駆けつける。
アテナ「あ、桃子ちゃん、大丈夫」
桃子「うん、桃子も大丈夫だよ、でもまた大変なことになりそうだね」
拳崇「まあ大丈夫やろ、面倒なことはハイデルンさんに任せて。今俺らは修行して強くなればいいだけやからな」
アテナ「もう、拳崇ったら」
拳崇「ともかくこんなところ長居は無用や、今からパオパオカフェで優勝パーティーに行こう」
と、3人はこの場を後にする。途中桃子は空を見上げる。
桃子「あのお姉さんと、もしかしてお兄さんもあの空の上から来た人なのかな、お兄さんも言うように、また闘う時か来るのかな」
その後、桃子も後を追うようにこの場を去る。
 
(スタッフロールへ)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧