KOF

KOFヒドゥンストーリーMI:シェンウー編

さてみなさん、今回のKOFヒドゥンストーリーは、いよいよアッシュ編のキャラを投入する運びとなり、その第1弾としてある意味“存在しない男”の相棒ともいえるシェンウーのシナリオをお送りいたします。はたしてMIにおいてアッシュとの関わりはどういう帰趨となるか乞うご期待ということで、それでは、ごゆっくり。
 
オープニング
上海を中心に力を誇り名を上げている格闘家、というより喧嘩屋たるシェンウー。今回も名を上げるためにサウスタウンに乗り込むも、かつての闘いにおいて自分の記憶の片隅に引っ掛かった何かを求めることももう一つの目的だった。はたして彼が求めるものは何なのか、その答えを得るべくシェンの新たなる闘いが始まるのだった。
 
第5回戦(対アッシュ)
・仕合前
シェン「今度の相手はお前か、優男さん、ってお前、どこかで見た気がするんだよな」
アッシュ「僕は君のことを知っているよ、シェン。君は覚えていないみたいだよね」
シェン「そういうお前は一体何なんだ、こうなったら知っていること腕づくでも教えてもらうぜ」
アッシュ「そうだね、そういうのが君らしいよ、さあどこからでもかかってきてよ」
・仕合後
シェン「お前、なかなかやるじゃねえか、業そのものはあやしいが、どこか清々しく闘えたぜ」
アッシュ「そうさ、僕はあの時の僕とは違うよ、また君と闘えればいいな」
シェン「ああ、なんとなく思い出した気がするぜ。次までに思い出せればいいがよ」
アッシュ「その時を期待して、また会おう。大丈夫さ、君ならば闘い抜けるよ」
と、アッシュは姿を消していく。
シェン「ああ、ありがとうよ・・・・・」
 
第8回戦(対ルイーゼ)
・仕合前
シェン「さてお嬢さん、あんたがやれそうなのは気付いているぜ。果たしてどんな業を使うやら楽しみだぜ」
ルイーゼ「そういうあなたは、ただ腕試しのつもりでこの場に参じているつもりなの」
シェン「今のところはそんなものだな、だからあんたが女だからって手加減はしねえ。全力でいかせてもらうぜ」
ルイーゼ「たしかに威勢がいいわね、でもここで私に敗れた方が、あなたの身のためよ」
・仕合後
シェン「少してこずったが楽しめたぜお嬢さん、しかしこの大会の裏も知ってそうだな、できりゃ教えてもらえねえか」
ルイーゼ「そうね、でもあなたのことだから先に進めば真実が明らかになるわ」
シェン「行けば分かるか、まあ細かい理屈は抜きってことだな」
ルイーゼ「最後の一言言っておくわ、これからの仕合、絶対に負けないで」
シェン「そいつも、望むところだよ、って行っちまったか」
 
第9回戦(対デューク)
・仕合前
屋敷の扉の前に立つシェンウー
シェン「さっきからでかい気が感じやがるぜ、おう、とっとと姿を現しやがれ」
扉が開き、デュークが現れる。
デューク「ふふ“奴”に挑まんとするのは貴様か、ほう、貴様も“存在しない男”と関わりがあるか」
シェン「“存在しない男”かあ、たしかにあいつが頭に引っ掛かるところがあるよな。だがよ、今はおめえと仕合って先に行かせてもらうぜ」
デューク「やはり先に進まんとするか。しかしここで身を引いても多少は永く生き延びることができるだろう。ともかくかかってくるがいい」
・仕合後
シェン「流石はメフィストフェレスの頭だ、お前もなかなか手応えあったなあ」
デューク「たしかに腕っ節ならば俺に近いか、いまはこれで満足するべきだな」
シェン「それじゃあ約束通り先に進ませてもらうぜ、その先にどんなバケモノが待っているかは知らねえがよ」
デューク「やはり喰えぬ男だな、だがここから先、お前がどれだけ闘えるか。見届けるのも悪くはない」
デューク、去っていく。
シェン「さーて、これからがメインイベントのはじまりってところか。
 
最終戦(対ジヴァートマ)
・仕合前
中央広間にたどり着いたシェンウー
シェン「おあつらえ向きにだだっ広え所じゃねえか、これなら存分に暴れられるな」
「その通り、ここが最後の舞台。そして君の闘いもここで終わる」
柱の間から長身の男が現れる。
シェン「お前が最後の相手ってことか、多少ヒョロ長だが、それでいて油断もできねえな」
「ああ、君の対戦相手であると同時に、今大会の主催者でもある、クシエルを統べる闇の爪、ジヴァートマと見知りおいて頂こう」
シェン「クシエルたあ、デュークのメフィストフェレスと関係があるってことか」
ジヴァートマ「この星の闇を支配する、秘密結社“アデス”その“アデス”が持つ無数のペルソナの一つと思って貰いたい」
シェン「どっちにしろ同じものかよ、それでお前の目的ってのは一体何なんだ」
ジヴァートマ「強靭な肉体を持つ格闘家を集めるため、と言っておこう。さあ、その肉体を“我々”に委ねたまえ」
シェン「要するに仲間になれってことか、あいつも、そうだがそんな胡散臭え連中と付き合ってたまるか、よ・・・・・」
(あいつも、胡散臭え、って、さっき会ったあいつはそんなイヤな気はしなかったが、いや・・・・・)
「どっちにせよてめえをブッ倒してオサラバさ」
・仕合後
シェン「まったく小細工ばっかしやがって、俺も腕っ節だけだがそれだけに負けられねえぜ」
ジヴァートマ「・・・流石だな、まさか、この星の人間に敗れるとは、思わなかったよ・・・・・」
シェン「まさかお前宇宙人なのか、ヘッ、冗談にしちゃたちが悪すぎるぜ」
ジヴァートマ「フッ、いずれ君もその事実に恐怖することになるだろう、“我々”は、不滅なのだよ・・・・・」
と言って姿を消すジヴァートマ。
シェン「消えやがったか、まあこれで終わりというわけじゃあ・・・・・」
その後屋敷が音を立てて崩れ始める。
シェン「なさそうだな、っと・・・・・」
 
エンディング
なんとか屋敷から抜け出せたシェンウー。
シェン「まずはこんなところだな、しかしもうちょっとであいつのことも思い出しそうだよな」
そこにハイデルンとエリザベートが現れる。
ハイデルン「是非とも思い出したことを教えてもらいたいが」
シェン「あんたは、傭兵の司令官か、生憎あいつが得体の知れねえバケモノだってこと以外何もわかっちゃいねえんだがよ」
ハイデルン「今はこれだけで十分だな、あとその前に対した“彼”も今後の作戦には必要なのだ。それでは私は失礼する。後は彼女から説明を受けるといい」
と言ってハイデルンは去っていく。
シェン「さて姉ちゃん、お前さんも初めてあった気がしねえが、あいつのことを詳しく知っているじゃねえか」
エリザベート「ええシェンウー。あの時忘れた“彼”の記憶。それをたどるには時間はかかりますが」
シェン「それなら気ままに待たせてもらうぜ。もっともあちらさんはそんなに長くは待たせてくれねえがな」
と、エリザベートが見守る中、シェンはこの場を離れるのだった。
 
(スタッフロールへ)

| | コメント (0)

キャプテン・キッド・K’、アッシュ編(その1)<バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!よりキャプテン・キッド・K’、アッシュ編のシナリオのその1をお送りいたします。
エサカシティの裏町に踏み込んだ我らがキッド船長、かかる火の粉は望むところと言わんばかりに向かう敵を倒し続け、行き付く先は二人の男に関する噂。果たしてその先にあるものはといったところで、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!>キャプテン・キッド編・その2
となっております。

| | コメント (0)

草薙条対KOF系キャラ(前編)<バトルコロシアムD.A.S>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアムD.A.Sより草薙条対KOF系キャラのシナリオの前編をお送りいたします。どちらかといえばただの喧嘩好きの若者の感が強い条がひとかどの格闘家たちに挑むといった図式の今回、はたしてどのような展開になるのか、といったところで、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから、
ENTER>ゲーム>バトルコロシアムD.A.S>草薙条>VS SNK・KOF系キャラ
となっております。

| | コメント (0)

千堂つぐみ<餓狼伝説EXCCLENT>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、餓狼伝説EXCCLENTより千堂つぐみの記事をお送りいたします。
そもそもネオジオ64にてのリリースでいまいちメジャーとはいいがたい彼女、ここは先の餓狼3FORCEとともにひとかどの活躍をと思いを先の記事と同じく込めたつもりです。はたして彼女の活躍やいかにといったところで、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>餓狼伝説EXCELLENT>千堂つぐみ
となっております。

| | コメント (0)

藤堂香澄対ナムコ・80年代系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、CSNより藤堂香澄対ナムコ・80年代系キャラとのシナリオをお送りいたします。
今でこそかつての80年代を中心に旧ナムコの名作を彩ったこれら魅力的なキャラクターたち。彼らも捉えようによっては今でも通用する魅力を持っていると信じております。
そんな魅力的なキャラクターたち、今のゲームファンをはじめ説明が必要なのでこの場を借りてできるだけお送りしたいと思います。
 
ギルガメス&カイ(ドルアーガの塔):魔物が建てた塔をめぐって闘う若き黄金の騎士とその恋人の巫女。
平景清(源平討魔伝):平家の落ち武者の亡霊だが、魔の者を狩る武者として活躍する。
たろすけ(妖怪道中記):霊能力が強いわんぱく小僧。ある日地獄を旅してその名を上げる。
パコ(マーベルランド):幻想界の遊園地、コニーランドの守護者たるドラゴン族の王子。
クロノア(風のクロノア):風使いの半獣人の少年。
藤岡猛(ナックルヘッズ):代々の忍術を駆使して戦う警視庁麻薬捜査官。
クローディア=シルバ(ナックルヘッズ):独自の暗殺術を駆使して闘うエコロジスト
シャロン=レアール(ニューマンアスレチック):元超人アスリートの格闘家。
コトブキ・マコト(マッハブレイカーズ):シャロンの後輩で親友の元超人アスリート。
ダニー&デミ(アウトフォクシーズ):世界中を遊びと称して破壊活動を繰り返す双子のエージェント。
アマゾーナ(ワンダーモモ):ワンダーモモのライバルたる女剣士。
わや姫(超絶倫人ベラボーマン):爆田博士によって創られたアンドロイドくの一。
ブラックベラボーマン(超絶倫人ベラボーマン):ベラボーマンのライバルで常に彼を監視している戦士。
爆田博士(超絶倫人ベラボーマン):悪の天才科学者で自身も強力なサイボーグである。
ワイルドドック(タイムクライシス):犯罪組織のボスで、腕に仕込まれたマシンガンで闘う。
ブラックワルキューレ(ワルキューレの伝説):ワルキューレの影と魔法の力で創られた堕天の騎士。
 
はたして彼らの間にどのようなドラマが繰り広げられるか、といったところで、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>CAPCOM VS SNK・namco>藤堂香澄>namco・テイルズ・80年代系キャラ
となっております。

| | コメント (0)

アルカナハート枠 美鳳編:ロボの気持ち<THE KING OF FIGHTERSアナザーストーリー>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、KOFアナザーストーリーのアルカナハート枠にて美鳳編・ロボの気持ちをお送りいたします。
美鳳を創った博士のもと、知人の親戚にあたる少女と彼女が創ったロボとの対戦を通じ、美鳳の心とそれに宿ったアルカナ、そして対したロボの“心”を少女が感じ入る様を今回のエピソードに込める運びです。それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>THE KING OF FIGHTERSアナザーストーリー>アルカナハート枠
となっております。

| | コメント (0)

マッドマン対餓狼伝説系キャラ<バトルコロシアムD.A.S>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアムD.A.Sよりマッドマン対餓狼伝説系キャラのシナリオをお送りいたします。
軽いノリと思いながら信念あるヒーローズたる彼も硬軟織り交ぜながらも信念ある闘士ある餓狼系キャラとの対戦が繰り広げんとする様をここにお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから、
ENTER>ゲーム>バトルコロシアムD.A.S>クラウン>VS DECO・ADK系キャラ
となっております。

| | コメント (0)

jジャンヌ・K’、アッシュ編その2<バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!から、ジャンヌ・KOF編の裏K’、アッシュ編その2をお送りいたします。

裏町の格闘大会を経てそこに蠢く陰謀に挑むジャンヌ。そこに関わるうちに世界の闇を垣間見んとしておりますが、はたしてその帰趨やいかにといったところで、それでは、ごゆっくり。

 

ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから

ENTER>ゲーム>バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!>ジャンヌ編・その2

となっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラウン新設・及び対ヒストリー系キャラ<バトルコロシアムD.A.S>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアムD.A.Sよりファイターズヒストリーのピエロ格闘家クラウンのシナリオを新たに新設いたします。初代ヒストリーよりひとかどの実力者たる彼も当記事においてもかなり映えると思い公表に至ったわけでして、ひとまずご興味のある方はどうぞと述べておきましょう。はじめは勝手知ったるヒストリー系のキャラたちとの掛け合いをお楽しみください。それでは、ごゆっくり。

 

ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから、

ENTER>ゲーム>バトルコロシアムD.A.S>クラウン>VS DECO・ADK系キャラ

となっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KOFヒドゥンストーリー:秦崇雷編MI

さてみなさん、今回のKOFヒドゥンストーリーは、真龍の拳士、秦崇雷のシナリオをお送りいたします。ラスボスながら正統派の彼も、曲者ぞろいのMIのつわものたちにどのような勝負を見せることでしょうかといったところで、それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

古代龍族の血を引く秦一族の末裔たる崇雷、先の秘伝書事件の後自らの龍の血に目覚め、それを己が力にせんと修行を繰り返したが、先のメフィストフェレス事件を経て、今や半ば食客として世話になったチン・シンザンの要請を受け混乱のサウスタウンに足を踏み入れるのだが。

 

第5回戦(対山崎)

・仕合前

崇雷「やはり来たか山崎、貴様との因縁も深いものがあるが」

山崎「ケッ、ここでギースの遺産を狙おうとしたかったがよ、ここでてめえに邪魔されてたまるかよ」

崇雷「過ぎた欲望は身を亡ぼすが、貴様も覚悟の上だろうがな」

山崎「くわあぁぁぁ、そういう言い草も気に入らねえ、今度こそブチ殺してやるぜえ」

・仕合後

崇雷「やはりこんなものか、これが本能のみの貴様と本能を呑み込まんとする俺との差ということだ」

山崎「ケエェェェ、ここでてめえに後れを取るわけにはいかネエ・・・・・」

崇雷「まだあがくか、いや逃げるのか、これもいいだろう」

山崎「クエェェェ、覚えてやがれエェェェ」

山崎、去っていく。

崇雷「さて、この機に乗じて次に移るか」

 

第8回戦(対ルイーゼ)

・仕合前

崇雷「たしかにただならぬ気の運びだな、お前もまたこの闘いに関わらんとするのか」

ルイーゼ「あなたは、この星の意思を司る者の一人、それならその意味は理解できるはずね、でも」

崇雷「でも何だ、だがいずれにせよこの先は勝ったもの取りといったところだが」

ルイーゼ「そういうことね、ならば私も全力で対することしましょう」

・仕合後

崇雷「こんなところか、たしかに侮れぬものだから俺も本気を出したつもりだが」

ルイーゼ「星の意思、その真祖たる真龍の力を受け継ぐもの、その身に知ることができたわ、それなら一言言わせてもらうわ。ここから先、絶対に負けないで」

ルイーゼ、姿を消す。

崇雷「無論そのつもりだ、ならそれなりに楽しめられるかもな」

 

第9回戦(対デューク)

・仕合前

屋敷の扉の前に立つ崇雷。

崇雷「ここにいるのは分かっている、俺を侮る気がなくばひとまず出てくるがいい」

扉が開き、デュークが現れる。

デューク「ふふ、“奴”に挑まんとするのは貴様か、真龍の拳士よ」

崇雷「その先に本当の敵とやらがいるのか、だがその前にお前と闘わねばならぬが、ここは肩慣らし程度ではとどまらないかな」

デューク「そういうことだ、しかしここで身を引いても多少は永く生き延びることができるだろう」

崇雷「それも面白いかもな、しかし俺は闘いの中で生をつかませてもらおう」

・仕合後

崇雷「流石はメフィストフェレスを束ねただけはある。あのギースも散々手を焼いたというが、それだけではあるまい」

デューク「しかしこれほどの実力か真龍よ、たしかに俺の後ろには更なる脅威がある。俺ですらも畏怖せんとその男、貴様が打ち勝てるか、楽しみだ」

デューク、去っていく。

崇雷「更なる脅威か、その異邦とやら、対してみる価値があるかな」

 

最終戦(対ジヴァートマ)

・仕合前

中央広間にたどり着いた崇雷

崇雷「闘うにはおあつらえ向きだな、さてどんな奴が出てくることやら」

「その通り、ここが最後の舞台。そして君の闘いもここで終わる」

柱の間から長身の男が現れる。

崇雷「ほお、ほどよい妖気をまとっているようだな、いったい何者なんだ」

「ああ、君の対戦相手であると同時に、今大会の主催者でもある、クシエルを統べる闇の爪、ジヴァートマと見知りおいて頂こう」

崇雷「クシエルか、先のメフィストフェレスとは趣が違うようだな」

ジヴァートマ「この星の闇を支配する、秘密結社“アデス”その“アデス”が持つ無数のペルソナの一つと思って貰いたい」

崇雷「いずれにしても同じところか。ところでお前たちの目的は一体何なのだ」

ジヴァートマ「強靭な肉体を持つ格闘家を集めるため、と言っておこう。まして君はこの星の力の一つ“龍”の力を持つのならまさに最適だ。さあ、その肉体を“我々”に委ねたまえ」

崇雷「なるほどな、これで俺の闘う理由がはっきりした。俺の龍が貴様に扱えるか否か、この身で確かめてもらおうか」

・仕合後

ジヴァートマ「・・・流石だな、まさか、この星の人間に敗れるとは、思わなかったよ・・・・・」

崇雷「こんなものか、しかしいい退屈しのぎにはなった。とどめを刺すほど俺は慈悲深くはないが、これからの面倒ごとを考えればそうも言ってはいられないか」

ジヴァートマ「さてどうかな、いずれ“我々”も君たちの前にお目にかかろう、必ずね」

と言って姿を消すジヴァートマ。

崇雷「逃げたか、しかし後々の愉しみと割り切ればよかろう」

その直後屋敷が音を立てて崩れ始める。

崇雷「さて、宴は終わりというところか」

 

エンディング

ひとまず屋敷から抜け出せた崇雷

崇雷「これで御大の依頼は済ませられたな」

そこにチンたちが現れる。

チン「ああ、崇雷しゃん、話は聞きましたでしゅよ、まさか異邦の人が関わったとはこれもややこしいでしゅねえ」

崇雷「そんなにたいしたことはないな、これもハイデルンとやらに任せればいいさ。それよりも腹が減ったからな、どこかでいい店があるかな」

香緋「そういうと思ったよ、おじさんのお店があるからチンさんのおごりで」

チン「ああ、白大人のお店でしゅね、そういうことなら先に予約したでしゅよ」

崇雷「では、次に備えて腹ごしらえといこうか」

 

スタッフロールへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧