KOF

出雲良子対KOF系キャラ前編<バトルコロシアムD.A.S>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアムD.A.Sより、出雲良子対KOF系キャラの前編をお送りいたします。
ヒーローズとして正統派の武道家でもある彼女、はたしてひとかどの格闘家相手にどう立ち回るかをここにお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>バトルコロシアムD.A.S>出雲良子>VS SNK・KOF系キャラ
となっております。

| | | コメント (0)

リック=ストラウド<餓狼伝説EXCELLENT>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、餓狼伝説EXCELLENTよりリック=ストラウドの記事をお送りいたします。
リアルバウト2以来どちらかといえば李香緋に隠れがちの彼、堅実なボクシングを駆使して闘う彼にもスポットライトを当てる運びとなりました。はたしていかなる活躍を見せるのかということで、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>餓狼伝説EXCELLENT>リック=ストラウド
となっております。

| | | コメント (0)

アムリタ新設<CAPCOM VS SNK・namco>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、先のD.A.Sの記事に引き続き、アムリタの記事を新設する運びとなりました。
まずはストⅡ系のキャラたちをも翻弄しつつも彼らの真の格闘技への憧憬にも目を向ける様も描いたつもりですが。
さしあたりこういったところで、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>CAPCOM VS SNK・namco>アムリタ>CAPCOM・ストリートファイター系キャラ
となっております。

| | | コメント (0)

アムリタ新設<バトルコロシアムD.A.S>

1_20210129064201
さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアムD.A.Sより、餓狼MOW PLUSのオリジナルキャラのアムリタの記事を新設いたします。
その妖艶な舞踏から繰り出す業の数々が多くの格闘家を惑わせることでしょう。
ひとまずこういったところですので、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>バトルコロシアムD.A.S>アムリタ

 

| | | コメント (0)

ジャンヌ、アーデルハイド編<バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!よりジャンヌ、アーデルハイド編のシナリオをお送りいたします。
気高く高邁なる剣士のジャンヌとしても、KOF裏の大物の血と遺伝子を受け継ぐアデルとローズをめぐる騒乱において闘いの血も騒ぐことでしょうが。それ以上に面倒ごとの解決を名目にお節介の虫も否応なしに騒ぐことでしょう。
といったところですので、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!>ジャンヌ編・その2
となっております。

| | | コメント (0)

KOFⅩⅤ、ですか(キャラクター編たぶんその1)

さてみなさん、先の侍魂の話題に引き続き、やはりKOFⅩⅤの話題も取り上げなければなりません。
そのⅩⅤ、先のⅩⅣの続編ということで一部を除いて前回から引き続いてのキャラがほとんどとは思いますが。
その第一弾として主人公格のキャラクター。京、紅丸、K’、そしてシュンエイ。編者的な感想としては少したとえが悪いのですがストⅣからストⅤのグラフィックなのかなといったところ。あと気になるのはストーリー。メインはシュンの力の秘密、そして大会を通じて前回以上の脅威が待ち受けるのかというのもひとまずは期待をしていいかもしれない。
ともかくも新たなKOFのストーリーをそしてゲームそのものもいかに盛り上がるのかもこれまた期待をしたい。

| | | コメント (0)

マッドマン対侍魂、月華系キャラ<バトルコロシアムD.A.S>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアムD.A.Sよりマッドマン対侍魂、月華系キャラのシナリオをお送りいたします。
お正月のこの時期に彼マッドマンが登場するのはある意味めでたいことかもしれず、異界の戦士たる彼と日本を中心とした武士や志士たちとの激闘をお送りできればと思い描いたものですが。
とまあなにはともあれ、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>バトルコロシアムD.A.S>マッドマン>VS SNK・各種ゲーム系キャラ
となっております。

| | | コメント (0)

KOFヒドゥンストーリー:まりん編MI

さてみなさん、今回のヒドゥンストーリーは前回のオズワルドに引き続いてアッシュ編の重要キャラながらもなぜか出場を見合わせたまりんの記事をお送りいたします。
独自の暗器術を駆使したテクニックキャラながら女の子だけあって人気のあるキャラなだけに今後の出場を期待されるので、当記事にてもひとかどの活躍をすべく記事にしたものですが。
まあなにはともあれ、それでは、ごゆっくり。
 
オープニング
暗器術を駆使して活躍するエージェントのタマゴだったが、今までの大会を通じて、どちらかといえば子ども扱いされ不遇の日々を送っている。それでも日夜修行の日々を送りつつも日の目を見るべく奮闘する彼女。そして訪れたメフィストフェレスの騒乱を聞きつけ、戦いの場に身を投じることになるのだが。
 
第5回戦(対ナガセ)
・仕合前
まりん「どうやらメフィストフェレスの刺客ってところね、それだけに油断できないけれど」
ナガセ「何を嗅ぎまわってるか知らないけど、これ以上進まれたらこちとら迷惑なんだよ」
まりん「そういってもねえ、あたしの他にも腕利きの人がいるから、対するのが同じ女の子ってのも触るのよねえ」
ナガセ「くっ、バカにしやがって、こちとらおまえみたいな小娘にあたらなきゃいけねえからウンザリしてんだよ、まず泣かせてからブチのめす」
・仕合後
まりん「やっぱ忍法も型通りだから、って最近遊んだゲームみたいだから簡単に見きれちゃったよ」
ナガセ「くうう、あたしの忍術がこうも簡単に」
まりん「やっぱ型通りに習っただけじゃ意味ないよ、それから自分なりのアレンジを加えなきゃ」
ナガセ「言われなくたって分かってるよ、次こそはパワーアップして帰ってくるから覚えておいで」
 
第8回戦(対ルイーゼ)
・仕合前
まりん「今度はきれいな女の人、先の娘とは違う意味で油断もできないからね」
ルイーゼ「たしかにあなたもひとかどの実力を誇っているようだけど、はたしてこの先に進めるだけの実力があるというの」
まりん「それはどうかなあ、あたしもこの先に進むために勝たなきゃいけないからね」
ルイーゼ「やはり闘うというのね、言っておくけれどここから先は負けた方があなた自身の為よ」
・仕合後
まりん「ここにきてあなたの業にも興味がわいてきちゃったな、面白かったから調子出ちゃった」
ルイーゼ「たしかに業を活かしているのね、こうなったら致し方ないわ。あなたを見込んでお願いがあるのだけれど、次の仕合、絶対に負けないで」
と、ルイーゼは姿を消す。
まりん「これって忍術というより超能力、それとも違うようだけどって、今は次の仕合のこと考えなきゃね」
 
第9回戦(対デューク)
・仕合前
屋敷の扉の前に立つまりん
まりん「さてこっからが本番だけど、まずはこの扉の向こうかな。ここはちゃっちゃと始めようか」
扉が開き、デュークが現れる。
デューク「ふふ、“奴”に挑まんとするのは貴様か、小娘ながらもひとかどのエージェントというから侮ることもできぬか」
まりん「おっ、あたしのことを知ってるとはやっぱ光栄だな、って気を許すわけじゃないけれど。ここは全力でお相手しようかな」
デューク「うむいい度胸だな。しかし一つ言っておくがここで退いても多少は永く生きられるがな。ともかくかかってくるがいい」
・仕合後
まりん「うーん、やっぱこの力は侮れなかったなあ、でも勝ててよかったな」
デューク「たしかに誇れるだけの業だったか、まあいい。ここから先には真の恐怖がある。言って乗り越えていくのだな」
そういってデューク、去っていく。
まりん「真の恐怖ねえ、はたしてどんなバケモノが待ってるのかな」
 
最終戦(対ジヴァートマ)
・仕合前
中央広間にたどり着いたまりん。
まりん「最後の舞台にしては殺風景だなあ。でも近くにいるんでしょ、とっとと姿を現してよ」
柱の間から長身の男が現れる。
「うむ、わたしはここにいるよ、君の言う通りここが最後の舞台。そして君の闘いもここで終わるだろう」
まりん「これってなかなかの殺気じゃない。やっぱりあなたがそうなんだね」
「そうだ、君の対戦相手であると同時に、今大会の主催者でもある、クシエルを統べる闇の爪、ジヴァートマと見知り置いて頂こう」
まりん「クシエルのジヴァートマさんかな、やっぱり先のメフィストフェレスと関連あるのかな」
ジヴァートマ「この星の闇を支配する、秘密結社“アデス”その“アデス”が持つ無数のペルソナの一つと思って貰いたい」
まりん「言ってることはよく分かんないけどね、とりあえずあなたの目的は何なの」
ジヴァートマ「強靭な肉体を持つ格闘家を集めるため、と言っておこう。無論、君が魅力的な女性であってもその例外ではない。さあ、その肉体を“我々”に委ねたまえ」
まりん「そういう物言いがいちいち気に障るんだよね。まあいいや、どんな妖術を使うか分からないけど、あたしもやるだけやってみるよ」
・仕合後
ジヴァートマ「・・・流石だな、まさか、この星の人間に敗れるとは、思わなかったよ・・・・・」
まりん「何かすっごい業使うと思ったらこんなものかな。でもこれで終わりとは言わないでしょう」
ジヴァートマ「それは期待させてもらおうかな。そして、いずれ君もその事実に恐怖することになるだろう、“我々”は、不滅なのだよ・・・・・」
と言って姿を消すジヴァートマ。
まりん「この人も消えちゃったな、でもこれで終わりじゃないでしょう」
その後屋敷が音を立てて崩れ始める。
まりん「さて長居は無用の用だね」
 
エンディング
何とか屋敷から抜け出したまりん。そこにセスが現れる。
セス「大丈夫かお嬢さん、しかし今回の任務、よくて60点くらいだな」
まりん「そうだね、あたしとしても煮え切らなかったからね。今はゆっくりと休みたいよ」
セス「だがそうも言ってはいられないぞ、まだまだやるべきことは残っているからな」
まりん「そう言うと思ったよ、次は何すればいいの」
セス「そうだな、まずは腹ごしらえだ。いい店を知っている、ついてきたまえ」
まりん「そうこなくっちゃ」
 
(スタッフロールへ)

| | | コメント (0)

カーマン=コール<龍虎の拳スペシャル>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、久しぶりの龍虎の拳スペシャルにてカーマン=コールの記事をお送りいたします。
ガルシア家のエージェントでロバートのお目付け役でもあるカーマン、実はドイツ、ヨーロッパ裏社会の顔役とも因縁のある彼の秘められたストーリーをもお送りする運びです。
さらにはKOFでもとあるエージェントとの関係も多少は描ければと思い、これも織り交ぜたつもりですが。
ひとまずはこういったところですので、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから、
ENTER>ゲーム>龍虎の拳スペシャル>カーマン=コール
となっております。

| | | コメント (0)

KOFⅩⅤ、ですか

さてみなさん、今や全世界待望の対戦格闘ゲーム『THE KING OF FIGHTERSⅩⅤ』が来年発表される運びとなり、先日当作品に登場することになる、シュンエイ、京、紅丸らの設定画が公開され、年明けに詳しい情報が公開される運びとなりました。
あとそれに先立って、SNKさんの資本を中東の企業が買収し、運営にも関わるということですが、今までのいきさつを鑑みてもそんなに問題はないかもしれません。たしかに中東というだけあってこれからの作品の世界観にも影響が現れるかもしれませんが、それはそれで大いに期待はしたいと思います。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧