ONE PIECE

月刊ストロングワーズ新世界編(創作)17年度12月号

さてみなさん、今月のストロングワーズは、ついに決着の時を迎えるルフィとテゾーロ。ともあれそれらを飾る周りの人々の強き意志と感慨をここにお送りでする運びです。それでは、ごゆっくり。

 

・戦う言葉

サボ「これを見過ごせってのか、無駄な犠牲を殖やすな、CP-0!

それに、これは弟の喧嘩だ。邪魔しないでもらおうか!」

ルッチ「これが、貴様の正義か!?

サボ「いいや、自由だ!」

海軍の権限を得てテゾーロもろとも討伐せんと一斉砲撃を試みるルッチの前にメラメラの能力を得たサボが立ちふさがる。それに対しサボたち革命軍を“正義”と呼びその真意を問うルッチ。それはサボたち革命軍、ひいてはかつて自分を打ち負かしたルフィたち海賊たちに“悪”以外の価値観を見出したのか、それとも。

 

・智慧の言葉

「えらく美しく散ったな、神でも降っていったかと思った(サボ)」

「あいつの通り名は、怪物だ!!(ロブ・ルッチ)」

野心と復讐に捕らわれ、自らを神と称し、権力の怪物と化したテゾーロ。しかしルフィの渾身の拳を受けぶっ飛ばされた。その間際、想い人の面影を見たかと思えば、そのまま海軍艦に落着してしまう。そこに横たわったのは、サボやルッチが言うように、神でも怪物でも、まして夢を抱いたかつての若者でもなく、すべてを失い抜け殻になった一人の哀れな男だった。

 

・智慧の言葉

「女の子は知恵で生き抜かないとね、ウシシ♡(カリーナ)」

テゾーロが討ち取られ、グランにカウントダウンが響く。島が爆発するとカリーナが告げ、人々の避難を指示し自分は被害を最小限に食い止めんと踏み止まる。

やがてカウントが0にかかるが、島の爆発は実は嘘で、島ごとテゾーロマネーを手に入れんとしたカリーナの策略であった。

怪盗と名乗るカリーナの面目役如ともいえる彼女の手際に、一杯食わされたナミも内心はともかくただ感じ入るのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ONE PIECEレビュー総集編:76~78巻

さてみなさん、今回のホームページ更新は、ONE PIECEレビュー総集編の76~78巻分をお送りいたします。

いよいよドンキホーテ・ファミリー幹部たちとの対戦が繰り広げつつ、ローの忌まわしき過去も明かされることになりました。幹部との対戦の件は苦戦しつつもコロシアムの闘士たちの協力もあり難なく切り抜けられたが、ローとドフラの因縁を経て、いよいよルフィとドフラの決戦に移ることでしょう。

ひとまずはこういったところですので、それでは、ごゆっくり。

 

ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから

ENTER>アニメ・テレビ番組・映画>ONE PIECE・その6

となっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):17年度11月号

さてみなさん、今月のストロングワーズは、FILM GOLD編のその3ということで、いよいよ全面対決と相成り、立ちはだかるテゾーロの悪意とそれに立ち向かう人々の姿をここにお送りできればと思い、お送りする運びです。それでは、ごゆっくり。

 

・悪意の言葉

「何か希望だ、何が絶望だ、おれの前で、おれの前で、おれの、前で・・・おれの前で笑うなァ!!!

「呪縛が解けたから何だというのだ、解けたのならまた縛ればいい。

この町では、すべてがおれの意のまま! 何が面白いかは、おれが決める!!

さあ、ショーの再会といこうか!!!(ギルド・テゾーロ)」

ナミたちの機転でテゾーロの罠のショーを打ち破り、一気に形勢が逆転する。そして解放されたゾロに己の悦びが破られたことを告げられるや、今までの過去を反芻しつつ憤怒とともに次なる一手を講じるテゾーロだった。

 

・愛の言葉

「いつか、私は買われちゃうけど、心まで買われはしない」

「ありがとう、あなたの気持ちが何よりうれしかった。私は、心から幸せだった(ステラ)」

かつてのテゾーロは裏社会に身を置きつつ、いつかは表の世界に上がらんとした若者だった。その心の支えとなったのが一人の少女ステラ、彼女が天竜人に買われ、不遇のうちに世を去ってもなお、テゾーロの愛を信じて逝ったのだ。しかしテゾーロは彼女を失った無力感からいつしか野心の塊となり、そして彼女の愛からも、背を向けてしまった一人の怪物と化してしまったのだ。

 

・戦う言葉

「おれ、決めた。もう、諦めない・・・!

戦うって決めたんだ。おれ、やっぱり、自由がいい!!(リッカ)」

巨大な黄金の像に身を包んだテゾーロに立ち向かうも一旦は街中に吹っ飛ばされ、居合わせたスパンダインに捕らわれたルフィを救ったのは、先に知り合った少年リッカだった。一旦はテゾーロの呪縛から解き放たれ、ルフィに希望を見出したからには、自分もまた自由を得るために立ち上がるのだった。

 

・智慧の言葉

「知ってるか、ギャンブルで負けない方法を!?

相手から奪ったコインで勝負することだ(ダイス)」

「そんな腕じゃ、おれは斬れねェよ!!!(ゾロ)」

元格闘家にしてテゾーロの部下ダイス。相手からの打撃を悦びとするまさに危険な男だった。そこにテゾーロの策略で刀を奪い、一気に勝負を決めんとする彼だった。

だが刀に頼っての攻撃にはゾロがすんなりやられるわけにはいかず、無刀流の奥義で返り討ちに合うのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):17年度10月号

さてみなさん、今回のストロングワーズは『FILM GOLD』の名ゼリフその2をお送りいたします。

テゾーロに一旦は手痛い敗北を喫しながらもなお抵抗を続けるルフィたち、それを迎え討つテゾーロの不敵な悪意を中心にお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。

 

・戦う言葉

「逃げててもしょうがない、ここは勝負に出る!(ナミ)」

潜入作戦に失敗し、ひとまず退散せんとするナミたち。たどり着いたのが天竜人のスーパースイートルーム。ある意味退路を絶たれた以上、ナミも肚を決めるのだった。

 

・智慧の言葉

「ギャンブラーなんだろ、命かける価値はあるぜ(フランキー)」

テゾーロの罠に落ち、グラン下層の黄金の牢獄に陥ったルフィとフランキー、そこで出会った伝説のギャンブラー、レイズマックスに脱出の術なしを告げられ、あきらめるよう忠告される。

しかしそれを聞き入れず、さらなる活路を見出さんとする姿を見、さらにフランキーもルフィの人となりを述べた上、彼にも覚悟をうながさんと呼び掛けるのだった。

その言葉にマックスも自らの勝負師魂をよみがえらせたかにみえた。

 

・戦う言葉

「負け犬になり下がったおれだが、もう一度だけ賭けたくなった!!お前によ・・・・・(レイズマックス)」

換気口の巨大ファンを破壊せんと敢然と立ち向かうも、やはり歯が立たない。それでも諦めないルフィにマックスも肚を決め、己の勝負師魂にかけ、巨大ファンに挑もうとするのだが。

 

・戦う言葉

「おれたちの借金のせいで、家族が必死に働いている!!

「もう虐げられるのは、いやだ!!

「おれたちは、自由になりてェんだあ!!!(囚人たち)」

巨大ファンを止めんと、ルフィが、マックスが体を張って挑む姿を見て、今まで死を待つしかなかった囚人たちもファンを止めんと体を、そして命を張って食い止める。死中にまさに生と自由を得んとした思いとともに、あの巨大ファンがついに止まった、そしてそれはテゾーロの絶対的な力に穿たれた小さな穴となるというのか。

 

・悪意の言葉

「命がけで金を狙うバカたちが最後にダマされる!!

これぞ!最高のショー!!

「希望が、絶望に変わる瞬間、これこそが・・・!究極のエンタテインメンツ!!

金は力だ! 金がすべてだ! 金のない奴は、何も手に入らない!

愛も、夢も、強さも、自由も、そして、希望もな!!(以上ギルド・テゾーロ)」

テゾーロマネーに至る大金庫の扉、そこを抜けた先はナミたちを迎え討ち討ち滅ぼさんと待ち構えたテゾーロの罠のステージだった。そこには捕らわれのゾロの公開処刑を大勢の観客を囲んでのショーとして行われんとしたのだ。

名のある海賊や無法者たちを陥れその命を奪う。まさに金の力にあかして絶望のうちに消えゆく命を見世物にしたテゾーロ流の危険なエンタテインメンツであったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ONE PIECE反省会:FILM GOLD

さてみなさん、今回は先年公開された劇場版の『FILM GOLD』についてひとまず語りたいと思います。それでは、ごゆっくり。

 

新世界の海に立つ巨大な舟“グラン・テゾーロ”

そこにルフィたち麦わらの一味が訪れた。狙うはそこの黄金というが、まずはそこで遊ぶつもりなのだろう。しかしテゾーロにとってはルフィたちは格好の獲物だった。

グラン・テゾーロ内はまさに巨大な歓楽街で世界政府も一目置く独立国家だった。それは海賊も海軍もひとまずの共存関係が保たれ、力によるものとはいい一応の秩序も保たれていた。しかし海軍や政府の上層部、すなわち赤犬ことサカズキ元帥やCP-0など、それを快く思わぬ者もいたのだが。

さておき麦わらの一味は、まずはテゾーロ配下のバカラにカジノに誘われ、まずは着実に勝ち進むも、VIPルームにてはテゾーロの策略でゾロが捕らわれ、手痛い敗北を喫する。ここでもお約束か。

反撃の手を打たんとする際に、ナミの旧知のカリーナと出くわす。かつては敵海賊に二人とも捕まるもカリーナだけ逃げおおせ、ナミだけ手酷い目にあったのだからナミは快く思えるはずはなかった。

カリーナの目的はテゾーロが秘蔵している“テゾーロマネー”彼の天竜人までも手玉に取れるほどの資金力とか。先の事情から信用できるかはともかく、まずは利害から組むことにするが。

しかしそこでも虐げられる人々の姿を見て、この島の胡散臭さを感じずにはいられなかった。

一方で海軍やCP-0、また革命軍のコアラとサボも動きを見せ始めるが。

ともかくもテゾーロマネー奪取作戦を通じルフィたちの反撃が開始されるのだった。

はじめはひそかに潜入し、やはりルフィのおかげで全面対決にこぎつけてテゾーロとの決戦ともつれ込む。つまりは紆余曲折の末に熱き戦いが始まるというわけで。

 

今回の敵役たるテゾーロはドフラミンゴや四皇、さらには世界政府をも金の力で手玉に取る、まさに裏社会の顔役だった。まあぶっちゃけいえば劇場版ならではの隠された大物といったところ。

一旦は彼に打ち負かされ、その後何度も罠にかかりつつも辛うじて切り抜け続けてきたルフィたち。対してテゾーロの部下たちもいずれ強敵ぞろいだ、と言いたいところだが、一味の悪知恵と工夫で、そして信念と底力で結局討ち倒された。まあ彼らも最後で詰めが甘かったということか。

一方でCP-0をはじめ海軍もテゾーロもろともルフィたちを倒さんとするが、ここはサボたちの介入を受け阻まれる。これもいずれ起こらんとする再びの頂上戦争の前哨戦たりえるのか、あるいは。

 

そしてテゾーロ、かつては天竜人に虐げられ、自らの能力で復讐を果たさんとするも、結局地位と権力を手に入れた時点で野心そのものが大きく歪んでしまった。その意味でも世界政府も期せずしてコントロールの機会を得られたといったところか。

結局欲望の怪物と化したテゾーロもルフィの信念の一撃で打ち倒される。しかしテゾーロが秘蔵したグラン・テゾーロはカリーナがちゃっかり手に入れてしまった。しかしルフィにとっては次なる冒険のために、ナミも一杯食わされつつも友の活躍を見送りつつ、もはや用はないと言わんばかりに海軍が追っていく中で後にするのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):17年度9月号

さてみなさん、今回のストロングワーズは、先年公開された『FILM GOLD』における名ゼリフその1をお送りいたします。

黄金の国グラン・テゾーロに入港し、テゾーロ一党との対峙までをお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。

 

・戦う言葉

「ったく、人の眠りを邪魔しやがって、てめェが何者かは知らねェが、抜いたからには覚悟しろよ(ロロノア・ゾロ)」

グラン・テゾーロに入港せんとした際に麦わらの一味を襲撃したロングロング海賊団。昼寝中のゾロも襲撃されるも難なく退ける。

まずは小手調べといった具合でこのセリフを選びました。

 

・悪意の言葉

「ひとつ、教えてくれないか、何故、私より先に笑う。

この街で何が面白いかを決めるのは、誰だ?(ギルド・テゾーロ)」

麦わらの一味の到来を知らされるテゾーロの前で、面白げに噂を語る配下のバンドメン。しかしそれに気に入らないのか、自らの能力で制裁を加える。そしてその苦しみ息絶える様に歓喜するテゾーロがいた。すべては彼の楽しみのため、他の歓びなど無用であるかのごとく。

 

・戦う言葉

「ふざけるな、わしの辞書に曲がるという文字はない!!(ストレート軍曹)」

ルフィたちが臨んだカメ車レース、様々な妨害が飛び交う無法な勝負で何故か海軍のストレート軍曹も参加する。しかしコース上のカーブに差し掛からんとしたとき、自らの性分ゆえ曲がることができずに、間抜けにもコースから脱落してしまうのだ。

 

・知恵の言葉

「ここではダマされた人間は“敗者”なのだよ!!(ギルド・テゾーロ)」

テゾーロのカジノに誘われ、はじめ着実に勝ちを収めたルフィたちだが、やがて誘われたVIPルームにて、テゾーロ直々の勝負に挑まれる。しかし配下のバカラの能力に運気を奪われ、まんまと策略に乗せられてしまう。否、グランに入港したときからテゾーロの術中にはまってしまったのだ。そしてそれらを踏まえて勝ち誇るかのごとくルフィたちにこう告げるのだった。

 

・戦う言葉

「喧嘩は親分を倒すのが一番早ェ!(ロロノア・ゾロ)」

 テゾーロの策略にはまり包囲されんとするルフィだが、圧倒的不利を脱せんと、一気にゾロが大将首とばかりにテゾーロを狙わんとする。

しかし先に打ったてから動きを封じられ、ゾロにとっては屈辱の捕らわれの身となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ONE PIECE反省会:ホールケーキアイランド編(その3)

マムの育ての親たるマザー・カルメルの写真を壊され、暴走状態となったビッグ・マム、その隙にマムを討伐せんとしたがマム自身の強大さと配下の子供たちの鉄壁のガードとともにそれが果たせず、魚人島の玉手箱爆弾の爆発を機にひとまずサンジとともにこの場を脱出せんとする。しかしなおもマムの追撃は収まらないのだったが。

ということでいよいよ佳境に入らんとしたボールケーキ・アイランド編事情によって今回は通過点的なレビューにとどまりますがあしからずご了承ください。

 

・ビッグ・マム:シャーロット・リンリンの知られざる秘密、

かつてその底知れぬ食欲ゆえ親にも捨てられた彼女、やがてその食欲が純粋な悪意に変わり、一時滞在したエルハブ、引き取ったマザー・カルメルまでも餌食にし、ついには大海賊にして四皇ビッグ・マムとして名を馳せた。たしかに彼女もなるべくして海賊になったのだが、カルメルもまた政府の回し者ということで、結局時代と世界に踊らされた帰結ともいうべきなのだが。

・政府の隠し玉

マムの娘プリンの結婚式に招待された歓楽街の女王ステューシー。しかしその実体は政府直属の諜報機関CP-0の工作員だった。その目的はビッグ・マムの監視はもちろんのこと、その他の裏社会の要員対策はいうまでもない。つまりは彼女によって裏社会の情報は政府に常に筒抜けということで。ということはスカウトされたルッチのほかにもCP-0、ひいては藤虎をはじめ海軍や政府の中にもまだまだ隠し玉がいるといったところか。

・戦いの帰趨

ひとまず逃亡したルフィたちだったが、このまま逃亡は成功するだろうか。述べるまでもなくこの戦いもまだまだ序の口を抜けたばかり。その次にはカイドウとワの国のつわものが待ち構えている。しかしひょっとしたらマムのいわゆる喰い患い、料理人たるサンジが決め手となるだろうか。あとシャーリーの予言である魚人島の崩壊も気になるところだけど。そしてプリンの動きも今後の切り札足りえるかといったところで。

いずれにしてもそれらをかんがみた上で次に控える戦いにおいてルフィたちが全員集合してことに臨めるだろうか、それとも、といったところで年末の反省会でまたお会いしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):17年度8月号

さてみなさん、今回は一身上の都合でドレスローザにおけるウソップの名ゼリフ集をお送りする運びです。紆余曲折と悪戦苦闘の末、大海賊ゴッドウソップへの路をここのお送りできればと思います。なお来月辺りから先年の劇場版FILM GOLDの名台詞をお送りできればとも思っておりますが。

まあなにはともあれ、それでは、ごゆっくり。

 

ドレスローザ編ダイジェスト:ウソップ編

 

・別れの言葉

「脱出成功!!許せ・・・!!トンタッタ族。そうだ、おれは、

お前らの勇姿を絵本に書いて後世に伝えよう

「正直者トンタッタ」

いいタイトルだ。おれは生きねばならぬ!!大体悪いのはフランキーだ!!

なぜ来ねェ!!?ヒーローなんてウソの為に死んでたまるかバカヤロー!!!

第740話:頼む

 

・戦う言葉

「おれの名はウソップ!!!よく覚えとけトンタッタ!!

もしおれが死んだときは!!ノーランドの像の横に銅像を建てろ!!

今からおれが!!!お前らの“伝説のヒーロー”になってやる!!!

第741話:うそつきウソランド

 

・智慧の言葉

「計算どおりら・・・・・」

「あどはおれの仲間をたよれ・・・戦いは・・・ごれがらだ・・・・・」

第743話:激震のドレスローザ

 

ドレスローザ解放作戦の際にヒーローに仕立て上げられ、ひとまず彼らを頼り潜入したまではよかったが、いざ彼らが敗れ(ついでにシュガーによってロビンがオモチャにされ)たのを機にウソップは一時逃亡をはかる。

しかし打ち倒されつつも自分を信じ続ける彼らに根負けし、ついにウソップも肚を決め、トレーボルらに立ちはだかる。

結局打ち負かされるも悪運によりシュガーが倒れ、オモチャたちも解放に至る。

こうしてウソップはトンタッタに、そしてコロシアムの戦士たちに、真の英雄と認められ。その後大いなる力を得るきっかけにもなるのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ONE PIECE海外ドラマ化、ですか

さてみなさん、現在も絶大な人気を博している我らがONE PIECE、何とハリウッドでドラマ化すると最近巷で話題となっていますが、編者としてもひとまずの所見を述べたいと思います。

まず製作するのはプリズンブレイクの製作スタッフとか。そのPBはもちろん、ジョニー=デップ主演のパイレーツ・オブ・カリビアンと合わせたようなノリで制作されるかもしれない。編者としても一抹の不安はぬぐいがたいがひょっとしたらかつての実写版ドラゴンボールのイメージに受け止められるかもしれない。まあせめて銀魂レベルの人気に持ってほしいのだけれど。

ともかくもこれはこれで期待はしたいと思うのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ONE PIECEレビュー総集編:73~75巻

さてみなさん、今回のホームページ更新は、ONE PIECEレビュー総集編の73~75巻分をお送りいたします。

ドフラミンゴが支配するドレスローザを解放するため力を貸すこととなった麦わらの一味。はたしてその戦いの帰趨やいかに、そして今後の展開を決めることになる経緯もここにお送りすることになろうとは。といったところで、それでは、ごゆっくり。

 

ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから

ENTER>アニメ・テレビ番組・映画>ONE PIECE・その5

となっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧