ONE PIECE

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):19年度3月号

さてみなさん、今回のストロングワーズは、ワノ国の表を支配する将軍オロチ、裏を支配する四皇カイドウ。その強大な権力に屈することなく己の命をかけ立ち向かう意思をここにお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。

 

・覚悟の言葉

「イヤでありんす、わちきは、誰にもへりくだらぬ!!

我が正しきと思わば一歩も譲らぬ必要はなし。

弱き女がご所望なら―どうぞ斬り捨てなさいまし。

わちきは武士の娘!!無様に生きはしない!!!(小紫太夫)」

第932話:将軍と花魁

将軍オロチの宴席にておでんの最期を交えて彼の配下の復活を語るオロチ。

しかしその言葉には錦えもんたちの復活に対する怖れも交えていた。

それを笑ったのは禿のおトコ、些細なこととはいえ手打ちにせんとするオロチを阻んだのは小梅太夫。そしてオロチの面と向かってその刃にかけるのを昂然と言い放つのだったが。

 

・覚悟の言葉

「死んでも言わねェ!!・・・若造め。

・・・義を貫き弱きを助け強者(バカ)に屈せず・・・・・!!

あの男の“任侠”にゃあ“任侠”で応えねェと格好がつかねェや!!!

さあ殺せ・・・!!あいつに会えて懐かしい気持ちになった。

男「花のヒョウ五郎」久し振りに・・・腹も心も満たされ候!!

―ここは侍の国!!!昔はあんな男達が・・・

いっぱいいたんだ!!!お前らがみんな殺しちまった!!!

おれ達は・・・!!強者(バカ)には勝てなかった・・・(ヒョウじい)」

第934話:花のヒョウ五郎

ルフィの好意で食料を与えられた老人ヒョウじい。その実はかつての大親分“花のヒョウ五郎”であったが、今はただの役立たずの老人であった。

そのせいか、看守たちに無断での食料の持ち出しを咎められたのを口実にいたぶられ、誰に与えられたのかを聞き出される。しかし己の命をかえりみずこれを拒みルフィへの漢気に応えんとしたのだったが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):19年度2月号

さてみなさん、今回のストロングワーズは、再び襲い掛かるカイドウの猛攻に立ち向かう一味の強き意志をここにお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。

 

・戦う言葉

「くしくもこいつはおれを知らねェ。

バレねェしケガもしねェ!!こんなバカは一瞬で片付く!!

こっちの戦力増やすのもいいが、あっちを減らすのもいい筈だ、

お前ら先に行け!!

バレなきゃいいんだろ?おれの正体が(サンジ)」

第930話:えびす町

報復のために花の都にて暴虐の限りを尽くすカイドウの精鋭“飛び六胞”ページワン。

それに対し、目的は自分自身と逃げんとするローやウソップをよそに踏み止まるサンジ。

その手には自ら忌み嫌ったジェルマの技術の粋がこもったあのスーツと、自らの強き意志が込められていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ONE PIECEオリジナル小説 続・万事屋始末記(ひとまず前編)

さてみなさん、今週はジャンプの合併号に伴う休刊日を受けて、新年企画の形でワンピのオリジナル小説をお送りいたします。

今回は現在のワノ国編進行に伴い、かつてのワンピ番外編企画と、最近連載終了を相成った銀魂とのコラボレーション企画をお送りいたします。それでは、ごゆっくり。

 

ここはグランドジパングの食事処“風車屋”

そこに相変わらず暇を持て余しているルフィ親分とウソップ、そして青鼻のチョッパー先生がたむろしていて。それらを食傷気味に見守りつつ、ナミが瓦版に目を通す。

ナミ「なになに、大江戸シティの争乱、ようやく終息に至る。ここ数日慌ただしかったけど、銀さんたち大丈夫かしら」

そこに同じく暇を持て余していたサンジが厨房から出てきて割って入る。

サンジ「まああいつらのことだから、いつもの悪ノリで切り抜けてるんじゃないですか」

ウソップ「まあ世はこともなしだからな、おれたちはそのまま穏やかに過ごせれば」

ナミ「それで、ツケの方は払ってくれるでしょうね」

ナミが一つ文句を言わんとした時、あの3人が唐突に現れた。

銀時「おーい、お前ら、元気にウンコしてるかァ」

サンジ「いきなりいい度胸だなてめェらは、シティの復興はいいのか」

新八「それなんですけど、銀さんがひと段落着いたというから、こちらに顔を出そうっていうんですよ」

神楽「ちょうどおまえらも最近侍してるっていうから、冷やかしにきたわけネ」

新八「ちょっと神楽ちゃん、そんなにハッキリと言っちゃ失礼だよ」

ウソップ「失礼はいいが、この犬なんとかしてくれねェかァ・・・・・!」

見ればウソップの頭に定春が噛みついていた。

神楽「定春、こんなもの食べたらお腹こわすアル」

ウソップ「悪かった、なァ・・・・・」

チョッパー「わーっ、医者はどこだ、あ、おれだ!」

と、ウソップを手当てする青鼻先生。

ルフィ「それでおめェら遊びに来たんだろ」

銀時「まあな、それから俺たちのシティを荒らし回った怪盗ってやつがこの街に逃げてきたっていうから、今真撰組の連中が御用改めに来たわけなんだ」

ナミ「ちょ、あの物騒な人たちも来たってわけ」

銀時「まあ、物騒なのには変わりないが」

その時「そいつは聞き捨てならんぞ」と、花魁姿の謎の人物が割って入る。

サンジ「な、なんだてめェは、ってどっかで見たツラだな」

「そう、あちきは大江戸シティ随一の花魁、勲奴、あがっ!」

ほぼ同時に背中の苦無とロビンのクラッチが炸裂した。

月詠「余計なお世話だったか」

ロビン「いえ、私の方も少し気を晴らしたかったから」

と、近藤を成敗した後にあらためてルフィたちに挨拶をする。

ナミ「ちょうどいい所に来た、あなたもお庭番だったらこいつらをシティに連れ帰ってくれない」

神楽「このゴリラとワタシらを一緒にするなアル」

ロビン「でも丁度その真撰組さん、お城の方に殴り込んでいるみたい」

ナミ「それって、大変なことになってるじゃないの」

ルフィ「よーし、いっちょおれたちも顔見せに行こうぜ」

 

一方ジパング城では、ビビ姫が近隣のドレスローザ国からの使者として訪れたヴィオラ姫とレベッカ姫をもてなしていた。

ビビ「本当によくいらっしゃいました、ヴィオラ姫とレベッカ姫」

ヴィオラ「ビビ姫もご機嫌麗しく。こうしてレベッカとともに招きいただき、大変うれしく思います」

ビビ「まさかヴィオラ様にこんなお美しい妹君がおられるとは本当に・・・・・」

ヴィオラ「あの、ビビ様、実は・・・・・」

とビビに耳打ちするヴィオラ、二人のぎこちない笑いに合わせてひとまず笑みを浮かべるレベッカだった。

その時である。

土方「御用改めである。神妙にしやがれ」

と、土方はじめ真撰組が乗り込んできた。すかさずビビが抗議する。

ビビ「何者です、ここがジパング城と知っての狼藉ですか」

土方「ここに大江戸を騒がせた怪盗が逃げ込んだと聞く。というかお前ら二人が重要参考人だ」

ビビ「ちょっと、この二人はドレスローザから来た」

沖田「そのドレス老婆から来たのがこの怪盗二人組って奴でさあ」

と、沖田が差し出したのはたしかに二人組の男たちの写真だった。

土方「これが、ドレスババアからやってきた、怪盗ヴィオルンとその甥御ベッカムの二人組・・・・!!

ヴィオラ「人をバケモノにするなぁ!!

すかさず、土方たち真撰組の連中はヴィオラの業で吹っ飛ばされる。直後ルフィたちが駆け付けてきた。

ルフィ「おい、何やってんだおめェら」

ビビ「ああ、ルフィさん」

ヴィオラ「ル、ルフィ君」

ビビ「あの、ヴィオラ姫、お知り合いなのですか」

ヴィオラ「ええ、話せば長くなるけど我が国の悪党を一掃するのに一役買ってくれたのです」

ルフィ「おっヴィオラにレベッカ、おめェら来たなら来たって言ってくれればいいのに」

ヴィオラ「そうも言っていられないのよ、私たちは国の使者として」

サンジ「ああ、ヴィオラちゃ~ん!!

すかさずサンジが割って入ろうとした時、ヴィオラの右つま先が入る。

ヴィオラ「今それどころじゃないでしょ、サンジ君」

レベッカ「実はこういった人がヴィオラさんと同じかと疑う人がいるの」

とレベッカが件の写真を見せる。そのヴィオルン、たしかにヴィオラと同じようだが、

ナミ「何この人、まるで伝電虫みたいじゃないの」

レベッカ「そうでしょナミさん、まったく失礼しちゃうわね」

ルフィ「だけどよ、この左の奴はレベッカそっくりだぞ」

ナミ「失礼なこと言うな!!

今度はナミの右回し蹴りがルフィに炸裂する。

新八「とにかくこの二人を探せばいいでしょう」

銀時「よぉし神妙にしやがれ目玉男ォォォ!!

神楽「神妙にするアル露出狂男ォォォォ!!

月詠「だから違うといってるだろうがァァァァ!!

懲りずにヴィオラたちに飛び掛かる銀時たちに月詠が両ストレートで撃退する。

ナミ「まったくこんなところで遊んでてもらちが明かないわ。城下に行って探すことにしましょう」

ビビ「それじゃあ私も同行しましょう」

イガラム「ああ、いけませぬぞビビ姫」

ビビ「大丈夫よ、いつものようにお忍びで行けば」

ヴィオラ「ああ、ここは私たちも」

レベッカ「ええ、お供しましょう」

こうしてお忍びで同行することになったビビたちを伴ってルフィと銀時はジパングの城下を探索することとなったのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):19年度1月号

さてみなさん、今月のストロングワーズは一旦はカイドウに敗れながらも再び反撃の気をうかがい雌伏の日々を送るルフィたちの静かなる意思をここにお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。

 

・智慧の言葉

「おい、おれ達は“海楼石”で力を奪われた弱者だぞ、まじめに働いただけだろう!!(ユースタス・キッド)」

第926話:囚人採掘場

カイドウに敗れ捕囚の身となったルフィ、そしてキッド。当面はその日の糧を得るために労働の日々を送りつつ反撃の機を待つ。

ある日看守長のドボンから自分の取り分を奪われたとみなされ懲罰のために呼び出された二人だが、ドボンの不当な要求にキッドもそう返しつつ制裁の一撃を受け返し見事返り討ちを果たすのだった。

 

・智慧の言葉

「いらねェよ、おれァ強ェから(サンジ)」

第927話:禿のおトコ

ワノ国花の都にて機をうかがうためソバ屋に扮し、ひとかどの人気を博していたところ、狂死郎配下のチンピラに因縁をつけられるもさらりと返す。

それならばと実力で排除しようとするチンピラだったが、後にサンジの実力を身をもって知るところとなる。

 

・悪意の言葉

「くれたものを返せとは・・・見苦しいこと極まりなし・・・

わちきには男など金を運ぶ犬・・・・・!!

無くなれば価値もなし。

貧乏人は、嫌いでありんす♡(小紫太夫)」

第928話:花魁小紫登場

花の都に颯爽と現れ、その美貌を振りまく花魁小紫太夫。

そこにその小紫はめられて金を奪われ、彼女を恨む老僧と中心とした刺客が襲い掛かるもあえなく退けられる。

倒れ伏す老僧に小紫は冷たく言い放つのは本心ゆえか、あるいはこの都の掟がゆえか、今はまだ知る由もないのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ONE PIECE反省会:ワノ国編第1幕

さてみなさん、今回のワンピ反省会は、ついに上陸を果たしたワノ国にての激闘の緒戦から一旦の雌伏までの流れを述べたいと思います。それでは、ごゆっくり。

 

侍の国・ワノ国に流れ着いたルフィ、そこでたまという少女と出会い、エースこことを聞き出すとともにこの国の実情を知る。続いて不審者を探りに出向いたカイドウの手下にたまがさらわれ、助け出さんと、茶屋で働いていた菊なる人物の助けもあり、ひとまず助け出したが、その際たまを痛め付けられた落とし前としてカイドウ配下のホールデムをブチのめすにいたる。

後にようやく錦えもん、モモの助らとも合流し、ここでモモの助たちが過去から時を渡ってきたと知らされる。

そんなこんなで打倒カイドウ、そして将軍オロチを討ち取るべく戦力を整えんとした矢先、先の落とし前の件からか、カイドウ本人が龍の姿で舞い降りてきたではないか。

周りのものを破壊され傷つけられ、ルフィも怒りの猛攻を仕掛けるもなす術がなかった。

そのままとらわれの身となるルフィ。しかしその闘志はいまだ衰えてはいなかった。

 

今回はまだ始まりながらも早くも急展開の感もあるワノ国編第一幕、今回もキャラクターをはじめ各ファクターごとの紹介をしたい。

 

・たま

流れ着いたルフィを助けて世話をしつつも世話を焼かせた少女で、かつてはエースも懇意になった。

ほっぺから出るきびだんごの能力でいかなる動物をも仲間にできる。カイドウ配下のスピードを手なずけて仲間にしたまではいいけれど、途中出くわしたカイドウに反逆と見なされての制裁のあおりで襲撃されるも、ひとまず無事だったがはたして今後の活躍は期待できるか。

・菊

一見茶屋で働く看板娘だが、その長身と言葉回し、そして彼女(?)自身侍と名乗っていることから、ただ者ではないのはたしか。実は錦えもんたちと同様20年前から時を渡ったいわば光月家の浪士の一人であり、今後その人となりの秘密が明かされるだろうが。

・光月家没落と時渡しの秘術

そもそもワノ国において当時そこを収める将軍の息子として生を受けながらも奔放な性格からの無法者として怖れられた光月おでん。彼を慕うものによって一帯を治める実力者にまで成長し、長じてロジャーとともにグランドラインを征したいきさつもあった。

そして国の行く末を案じるが故開国を志したが、後の陰謀によって罪を着せられ命を落とす。城の陥落の際に、一子モモの助をはじめ錦えもんら配下の者はおでんの妻トキによって20年後の未来に飛ばされる。来るべき時、おでんの無念を晴らしワノ国を復興するために。そういえばトキのほかにもう一人娘がいたが、もし生きているなら今はどうしているだろうか。

・カイドウ一党とさらなる強敵

たまの事件を経て物資の略奪を機に襲来したカイドウ。ひとまずその圧倒的な実力を見せつけられたが、はたして攻略の鍵はあるのか、とひとまずは述べておいて、問題は側近のジャックのほかに兄御分のクイーンとキング、ジャック以上の実力というからこれも予断は許されない。そして今の将軍に居座っているオロチ、今はまだ姿を見せないがこれも強敵には間違いはないだろう。いずれにしても、先にカイドウが告げた通り、今までの闘いはお遊びに過ぎないほどの激戦苦闘が予想されることは述べるまでもない。

しかしそれ以上に問題なのは今や最後の四皇たる黒ひげティーチ一党。一党の一人デボンの変身能力でアブサロムに化けて、復活したモリアを誘いひとまずの戦力となした。

ちなみにアブサロムから奪い取っただろうスケスケの能力を駆使していろいろ攪乱をしたのはやはりシリュウだろうか。

やはり最後の宿敵と目される彼らも、物語にどうかかわってくるのかこれも気がかりなことだろう。

・ルフィたちの今後と勝機

以上のようにルフィが捕らわれて雌伏を余儀なくされたが、今後の展開については、まず結論からいってひとまずは期待はしたいと述べておいて、

まずワノ国の有志が檄文を発し、それを待ち構えたものたちが、敵の包囲をかいくぐり着々と集結していく。それに関してはナミたち一味の者たちも協力していくことは間違いはない。

あとルフィたちを逃がし怒り心頭のマム一味もどういった形で合流してくるのか。そしてもう一つの懸念たる、先の世界会議編、聖地ににてその姿を現した、五老星の上位たる影の支配者イム様たる存在、彼らの暗躍は今後の物語にどう影響を及ぼすのかも心にとどめるべきだろう。

 

ひとまずワノ国編第1幕のレビューはこんなところ、はたして現在進行中の第2幕はどんな展開が待ち受けていることか、これも期待を込めて見守っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ONE PIECEレビュー総集編:85~87巻

さてみなさん、今回のホームページ更新は、ONE PIECEレビュー総集編の85~87巻をお送りいたします。今回は明るみになったビッグマムの陰謀からルフィとサンジがヨリを取り戻してから反撃に転じる様、そして敬愛するカルメルの写真をめぐり、マム:シャーロット・リンリンの知られざる過去をお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。

 

ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから、

ENTER>アニメ・テレビ番組、映画>ONE PIECEレビュー総集編・その6

となっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):18年度12月号

さてみなさん、波乱の幕開けとなったワノ国編。何と大元締めのカイドウまでも現れ。その圧倒的な実力を見せつけてくれました。

そこで今月のストロングワーズは、そんな彼の側面をひとまずは述べたいと思いますが、それでは、ごゆっくり。

 

・悪意の言葉

「お前もか・・・・・!!

キッドのガキも“覇王色”・・・・・!!

何人もいらねェんだよ・・・覇王なんて(カイドウ)」

第924話:は

ルフィの必死の猛攻をもものともせず一撃のうちで倒したカイドウ。

しかし倒れてもまだ衰えぬ覇気を忌々しくも気に掛けるカイドウ。

それはいずれは自らをも脅かす存在たらんとするルフィに対する危惧なのか、それとも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):18年度11月号

さてみなさん、いよいよ本格的な激闘を繰り広げられんとするワノ国編。そんな中で物語の核心に迫る事柄のひとつたるこのセリフを紹介する運びとなりました。それでは、ごゆっくり。

 

・智慧の言葉

「月は夜明けを知らぬ君、叶わばその一念は、二十年を編む月夜に九つの影を落とし・・・まばゆき夜明けを知る君と成る(光月トキ)」

第919話:おでん城跡

かつて光月おでんは命を落とした陰謀はおよそ20年だといい、その際のモモの助以下侍たちはおでんの妻トキの力によってそれより20年前の昔より時を渡ったという。

その時、トキが放ったその言葉が敵側にも知るところとなり、ひとまずの警戒を生むこととなる。

しかしその真意については未だ知らないところがあり、今後の展開を待つこととなるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):18年度10月号

さてみなさん、今月のストロングワーズは、いよいよカイドウ一党と交戦に入った感もあるルフィたち。それに際するルフィの強き意志をここにお送りいたします。それでは、ごゆっくり。

 

・智慧の言葉

「たま・・・!!こんくらいで喜ぶな。当たり前にしてやるから!!

おれ達がこの国出る頃には!お前が毎日腹いっぱいメシ食える国にしてやる!!!(ルフィ)」

「おれ達がもう一度この国に来た時は、お前が腹いっぱいメシ食える国にしてやる!!!(エース・回想)」

第918話:ルフィ太郎の恩返し

博羅町から物資を奪い、おこぼれ町の町人に施したルフィたち。誰もが喜びに満ち溢れる中、同じく喜ぶたまにルフィもこれからの決意を告げる。その台詞にかつてのエースの言葉を思い起こし、あらためてルフィに対する信頼を確かなものにするのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):18年度9月号

さてみなさん、今回のストロングワーズは、いよいよワノ国に乗り込んだルフィたちに、立ちはだかる敵と、手を差し伸べる味方。彼らもまた強い意志でルフィたちと対するのだ。その様が描かれた名台詞をここにお送りいたします。それでは、ごゆっくり。

 

・戦う言葉

「“最悪の世代”2人を相手に一途に戦う程おれは実直ではない!!(バジル・ホーキンズ)」

わらわらの能力を持ってルフィたちと対する最悪の世代バジル・ホーキンズ。まずはゾロの斬撃のダメージを部下に追わせて犠牲とする。それらの布石を整えた上で、巨大な藁人形とカードの効果をもって、あらためて襲撃を開始するのだ。

 

・智慧の言葉

「すまん・・・次はいいカードを引く・・・リスクを受け入れる分己の限界を超える力を、与えてくれるカードもある・・・・・!!(バジル・ホーキンズ)」

ホーキンズのもう一つの力たるカードの効果。それは必ずしも自らに有利なものではなく部下をも巻き込む危険なものであった。それでも意に介さず次のカードを引く。それは己の運命をもカードに託し、着実な勝利をもたらすものであるのだが。

 

・智慧の言葉

「拙者、下人という人間を存じません。

お戯れを、卑しきはあなたの心(菊)」

第915話:博羅町

さらわれたたまを助けるべく乗り込んだルフィたち。それに立ちはだかるは無双かつ無頼の横綱浦島。勝ち誇るついでにともに乗り込んだ菊をものにせんとひとまずさらわんとするも、菊をやっかむ民衆を下人呼ばわりするその傲岸さに、菊も刀を抜き強き意志とともに横綱の髷を斬るのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧