ONE PIECE

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):22年度5月号

さてみなさん、今月のストロングワーズは、見事復活を果たし、太陽神ニカへと覚醒を果たしたルフィ。しかしそれに立ち向かうカイドウとの本当の意味での最終決戦にて語られる強き意志の言葉をお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。

・智慧の言葉
「懐かしいな・・・この鼓動(リズム)・・・ジョイボーイ。
なあ・・・ジョイボーイ・・・・・
まるでお前がそこにいる様だ・・・・・心が躍る・・・
運命を感じずにはいられない。彼を期待せずには、いられないんだ・・・・・(象主:ズニーシャ)」
第1046話:雷ぞう
ルフィの復活とともに響く太鼓のようなリズム、それをワノ国海上にて見守るばかりの象主:ズニーシャ。遠き日に想いを馳せかつての友であったジョイボーイに語り掛ける。それはルフィが新たなジョイボーイとなるのを期待したものでもあるのだ。

・戦う言葉
下のことは全部あいつらに任せてる!!俺はお前をブッ飛ばすだけだ!!(モンキー・D・ルフィ)」
第1046話:雷ぞう
激闘の中場内から屋上にかけて立ち込める煙に城内の炎でルフィたち反乱軍の焼死をほのめかしカイドウだが、ルフィもあっさりと返す。カイドウを倒すのにもはや余計なことは考える必要はない。覚醒し新たなる絶対の力を得たがゆえの強き意志であった。

・覚悟の言葉
「あの日以来・・・!!準備ならあった!!
あの日・・・!!おでん様をお守りできず!!燃ゆる城の中でモモの助様達を炎にさらし、
“忍術”を持ちながら何一つ守れぬ慚晦の大失態!!あのような想いは二度と・・・!!二度と・・・!!!
炎などにこの討ち入りに挑んだ者達を、死なせはしないっ!!!(雷ぞう)」
第1046話:雷ぞう
炎に包まれ、城内すべてを呑み込まんとする中、かつての炎によってむざむざ落城を許した無念慚晦の想いとともに業火鎮火の秘術を放ち、その大水流をジンベエに制御させるのだ。これこそ雷ぞう一世一代の大秘術と成すのだった。

| | | コメント (0)

ONE PIECE反省会:ワノ国編第三幕

大看板クイーン、キングを筆頭に、大半の百獣海賊団幹部、そして四皇ビッグ・マムをも倒され、残るはカイドウただ一人、しかし鬼ヶ島はまさに崩壊の一途をたどりかつ祭に興ずる花の都にも落ちんとしていた。すべてに決着をつけんとするべく最後の決戦に挑むルフィだったが、CP-0の横やりでまさか三度の敗北を喫してしまう。
いくばくかの失望とともに侍たちに最後の攻勢をかけんとするカイドウだったが、名とまたまたルフィが覚醒とともによみがえり、その秘められた能力でカイドウを圧倒し、今度こそ決着をつけんとするのだが。

今回の反省会で特に取り上げたいのはまさかの三度の敗北の後の、ルフィの覚醒である。 それはかつてのドフラミンゴの覚醒とはまた一味違う、まさに新たな力を得た本当の意味での覚醒なのである。一見するとデタラメな戦闘力ながらもカイドウを圧倒し着実にダメージを与えていく、否それ前からもダメージは与え続けていたか、どれも決定打には欠けていたのだが。しかしその激闘の最中での島の落下が迫り、まさに絶体絶命の危機の中、関わる人々もその対応に迫られていた。

・ルフィの覚醒とジョイボーイ、そして太陽の神ニカ
ルフィの能力たるゴムゴムの力、それは覚醒した能力の一側面にすぎなかった。
それが覚醒し真の能力が顕現したその力こそが、世界政府がもっとも危惧した「ヒトヒトの実」の太陽神ニカの能力だった。その太陽神ニカのもうひとつの呼び名こそが、たびたび作中にも名前が出てきた「ジョイボーイ」でもあった。
そういえばジンベエと対した飛び六砲フーズ・フーが魚人の伝説にてのニカについて問おうとするも、にべなくはぐらかされたが、これについてもジンベエの口から明かされることがあるだろうか。

・ジェルマ外伝
今回の扉絵外伝について、サンジの家族たるジェルマ66率いるヴィンスモーク一族。あわや取り入られんとしたホールケーキアイランドから抜け出さんとするも、イチジら兄弟がマムの一族にとらわれてしまった。ジェルマの居所を聞き出すべくいろいろ拷問を受けるもやはり動じない。そこからどのような動きを見せることやら、ついでに今後来るべき大決戦にてどちら側につくのかもこれも興味があるということで、ひとまずの期待を持ちたい。

・決戦のゆくえとこれからの展開
太陽神ニカ、ジョイボーイ、いずれならずと究極に近い能力に高まり、カイドウと互角に、ともすれば圧倒もするであろうルフィだが、首尾よく夏までに決着をつけ、ワノ国を解放すればとは思うけれど、かの五老星が危惧した通りなら、海軍ひいては世界政府もだまってはいられないか。
それに伴いワノ国のポーネクリフとをあわせて、かつての海賊王の最終目的地たるラフテルへの路が拓けるだろうが、先にCP-0によるロビン捕獲の指令があり、その点について一波乱があるかもしれない。
その腕で世界政府との直接対決もいずれ必然であろうが繰り広げられることだろうが。

いずれにしてもそれまでの展開を次回夏の反省会で述べたいと思う。

| | | コメント (0)

ONE PIECE FILM RED、ですか

さてみなさん、ONE PIECE本編もいよいよ佳境に入ったかと思いきや、なんと今夏その新たな映画『FILM RED』が公開される運びとなりました。
気になるストーリー、といっても今までのストーリーが「古いつわものとの対戦」がメインとなっており、今作もこういったきらいがあるとは踏んでおりますが、
なんと今作のキーキャラたる一人の少女、ルフィの海賊の足を洗うよう促す物言いはたしかに肚に一物ありそうな感じがするも、ここから波乱を引き起こすことは間違いない。はたしてその背後にはいかなるつわものが隠れているのか、とひとまずの期待を込めてひと時キーを放しましょう。
 
<続報>
なんと件の彼女の名はウタ。ワンピ世界の歌姫と謳われた、なんとシャンクスの娘だという。その事実に海賊や海軍につけらわれているらしく。それを守らんとするルフィの大立ち回りが期待で機ということで。いずれいかなる展開になるかは8月を待て、ということでしょうか。

| | | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):22年度4月号

さてみなさん、今月のストロングワーズは、ルフィまさか三たびの敗北でカイドウの勝利に帰すと思いきや、そこからまたもや復活し新たな力に覚醒するまでのいきさつを遅ればせながらもお送りする運びとなりました。それでは、ごゆっくり。
 
・悪意の言葉
「お前らはおれに歯向かい、怒りを買った!!!
“敗戦”とはこういう事だ!!!お前らが敗けた代償に差し出すものは「人権」と「希望」!!!
モモの助を連れてこい!!!それまで戦いはやめねェぞ!!!(カイドウ)」
第1043話:一緒に死のうよ
ルフィとカイドウとの三度の対戦ははからずもルフィの敗北で幕を閉じた。それを機にカイドウは一抹の失望を胸に秘めつつ未だ城内の反乱軍に最後の攻勢、そして支配と蹂躙を圧倒的の悪意を込めてかけんとする。それは強きものとして他人の死をも支配せんがごとくに。
 
・覚悟の言葉
「ダメだ、許さない!!生きて何になる!?また奴隷に戻って力尽きて死ぬ日を待つのか!?
降伏が命を救うとは限らない!!!
オロチに屈せず弔いに散った各郷の“大名”達の無念もそう!!
この戦いは「ワノ国」の20年を背負ってるんだ!!!
ここで手を引くくらいなら、一緒に死のうよ!!!(ヤマト)」
第1043話:一緒に死のうよ
カイドウの圧倒的な攻勢に反乱軍も命運も突き、もはやこれまでと降伏を決するモモの助に対し、今までのカイドウへの抗いを無にすることを潔しとしないヤマトはそれを思いとどまらせようとすべく叱咤する。たとえ命を捨ててもこの国を支配蹂躙したカイドウへの抗いを最期まで全うせんとすることこそ、今まで散っていった魂に報いるべき路ということだが。
 
・智慧の言葉
「どうしたんだ?おれ・・・・・
何で?・・・また立てる。
敗けたのに、楽しくなってきた」
「おれのやりたかった事全部できる・・・・・!!もう少し戦えそうだ。心臓の音も面白ェ!!
これがおれの最高地点だ・・・・・!!これだ・・・・・!!!
“ギア5(フィフス)!!!」
「以上2つモンキー・D・ルフィ)
第1044話:解放の戦士
カイドウに三たび敗れ倒れ伏したはずのルフィだが、気が付けば己の中の高鳴る鼓動とともに起き上がっていた。それはこれから起こりうるであろう四たびの戦いに備えんがため、そして己の力の高まりをも楽しまんが為でもあった。

| | | コメント (0)

ONE PIECEレビュー総集編:第97~99巻

さてみなさん、今回のホームページ更新は、ONE PIECEレビューの総集編、第97~99巻分をお送りいたします。
ついにカイドウの本拠鬼ヶ島に討ち入ることとなった海賊・侍連合、しかしそんな中のカイドウの陰謀、それに抗うルフィたちの奮闘、そして本編も記念すべき1000話にかかりあらためてのルフィの強き意志をここにお送りできればということで本記事をお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>アニメ・テレビ番組・映画>ONE PIECEレビュー総集編・その7
となっております。

| | | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):22年度3月号

さてみなさん、今月のストロングワーズは、いよいよ四皇との決戦において佳境にかかり、強き意志の言葉を万感を込めてお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。
 
・別れの言葉
「ああ、畜生ォ・・・だいたいよォ・・・・・
おいロジャー、お前何であんな事言い出しやがった!?
世界はまんまと乗せられた、「大海賊時代」!?お前は死ぬからいいけどよ!!
世界に名乗りを上げるガキ共の、相手すんのはおれらだぞ!!!
教えて死ねよ!!「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」!!ちゃんとあんだろうな!!
何がある!?どこにある!!?
この国にもあるんだろ?ああ口惜しい!!(ビッグ・マム)」
第1040話:新世代(ガキ)の耳にも念仏
最悪の世代キッドとローのまさに全力を込めて撃破された四皇ビッグ・マム。
しかし四皇なだけに最後の力を振り絞り二人に逆襲を仕掛けんとするが、ローの刀に込められたコラソンのシンシンの能力で言葉を封じられ、更には地下に陥ったはずみで仕掛けられた爆弾の爆発にも巻き込まれ、そしてまさに奈落へと落ち込んでいき壮絶な最期を遂げていく。訪れた時代に呑み込まれんとした自分の身と、それをもたらした海賊王ロジャーへの呪詛の言葉を声なき声で絞り出しながら。
 
・戦う言葉
「お前らの野望なんか関係ねェ!!!それでまたこの国の奴らがメシ食えなくなんだろ!?
これがおれの最後の“ギア4”だ!!!俺の力が尽きるまで攻撃をやめねェ!!!
お前だけは絶対にィ!!!「ワノ国」から追い出してやる!!!(ルフィ)」
第1041話:小紫
今や同じ四皇として、かつては気を許せぬロックス一味の中でひとまず気の合う盟友として、腐れ縁ながら今なお手を組んだ中でもあったビッグ・マム。
彼女が斃れたことを知り、激昂するカイドウ。
しかしルフィはそれを知ってか知らずか、最後の一人でもあるカイドウに最後の攻勢をかける。この国の総ての災厄の元凶でもあるカイドウを倒すために。

| | | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):22年2月号

さてみなさん、今月のストロングワーズも、やはり決戦に臨んでの覚悟と意地を込めての意志の言葉をお送りいたします。それでは、ごゆっくり。
 
・生きる言葉
「何が潔しだ!!何が責任取ってハラキリだ、お前らの文化おれは好きじゃねェな!!
おれは鼻水たらしても“生”にしがみつく!!!
見苦しくても!!生きて!!生きて!!生き延びてきたから今生きてんだ!!
討ち入って満足してんじゃねェバカ共!!(ウソップ)」
第1036話:武士道と云うは死ぬことと見つけたり
百獣海賊団との決戦にてウソップもまた大群を相手に苦戦を強いられていた。しかも手負いの菊の丞たちをかばいつつ。菊たちもまた自分を放っていけと告げるも、ウソップも臆病心を押して、否臆病であるがゆえ生き延びてきたからこそ自らの生にこだわるとともに仲間の死を潔しとせずに守り抜くことを告げるのだった。
 
・戦う言葉
ルフィ「楽しくなってきた!!」
カイドウ「おれもだ!!!」
第1036話:武士道と云うは死ぬことと見つけたり
いよいよカイドウとの最終決戦に臨み、一度ならずもカイドウの実力に圧倒されつつも、徐々に追い込んでいくルフィ。カイドウもまた一度ならずも倒したはずのルフィに追い込まれつつ、お互いの闘争心が高揚していくのを感じていた。もはや勝負の帰趨などどうでもいいかのごとくに。

| | | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):22年度1月号

さてみなさん、今回のストロングワーズはいよいよ決戦に向けての麦わらの一味の強き意志の言葉をお送りいたします。それでは、ごゆっくり。
 
・戦う言葉
「刀は実直、悪意じゃない・・・確かにそうだ。なら足りねェのはおれの力だ!!
もしかしておでんは、これだけ覇気を奪っても、
楽々と戦ってたのか・・・!?なァ「閻魔」
どうやったらいい・・・!?覇気を安定させるには・・!!この量の覇気を放出し続けるなんて命取りだ。
いや・・・それでいい(ロロノア・ゾロ)」
第1033話:霜月コウ三郎」
ようやく刀の真意を知り、己の覇気を送り込んでこそ刀の真の力たり得ると悟ったゾロ。しかし手に持ったおでんの愛刀「閻魔」は送り込む覇気の量は半端ではなく、ともすれば己の命取りとなりかねない。しかしあえて本望とばかりに「閻魔」に己の身と覇気を任せ、強敵たるキングに立ち向かうのだ。
 
・絆の言葉
「そうだな・・・船長と・・・親友との、約束があんだ!!!(ロロノア・ゾロ)」
第1033話:霜月コウ三郎
覚悟の意を決して「閻魔」を手にキングに立ち向かうゾロ。対してキングもゾロに真意を問うも、実直にルフィ、そして志半ばに散った、今でこそ親友と呼べる少女との約束を告げるのだった。
 
・智慧の言葉
キング「お前は世界を、変えられるか?」
カイドウ「おれにしか、変えられねェ!!!」
第1035話:ゾロVSキング
ルナーリア族の生き残り、アルベルことキング。かつて政府の実験台として過酷な耐久実験を課せられる中、襲撃したカイドウによって救われ、以後カイドウの右腕キングとして身を置くことになる。その想いはカイドウを世界を統べる海賊王にするべく闘いの日々を送るはずであったが。

| | | コメント (0)

ONE PIECE反省会:ワノ国編第三幕その7

カイドウとの敗北から立ち直ったルフィも再び戦場へと舞い戻っていき、その一方大看板たるキングとクイーンには麦わら一味の双璧たるゾロとサンジが対することになる。そして迫りくる鬼ヶ島に最大の危機が迫る花の都、世界政府の手が延びんとするワノ国。ある意味最大の危機と最大の決戦を控える情勢の中、はたして決着の時を迎えることができるのだろうか。
 
さてみなさん、今度こそ佳境を迎えカイドウとの決戦に臨むルフィたちだけど、はたして勝ち目はあるのかという文句も今や陳腐。後は信じてページをめくるのみということで、それでは、ごゆっくり。
 
・復活の赤鞘の侍と、黒炭一族最期の陰謀、そして
カン十郎の不意討ちとカイドウのとどめで倒されたかに見えた錦えもんと菊の丞、何者かの治療を受け一命をとりとめる。しかし動けないことには変わりはなく、かろうじて動けるか下半身を頼りにウソップたちに危機を伝える。一方で討ち取られたはずのカン十郎も最期の力を振り絞り、これまた生きていたオロチに指示で鬼ヶ島中枢の火薬庫を怨念の炎をもって城ごと爆破せんとする。
そして自らは脱出して再起をはからんとする矢先目の前に現れたのは日和こと小紫の姿だった。錦えもんを救ったのが彼女なのはともかく、本来の目的がオロチへの復讐ということもあって彼女の介入も必然といったところか。
 
・暗躍のCP-0と世界政府の介入
圧倒的不利から一気に形勢逆転と相成った侍、海賊連合を受けて、もともと世界政府からの監視役として派遣されたCP-0も、今や彼らの総括役にのし上がったロブ・ルッチがロビン確保の司令を与える。ルッチ本人においては麦わらの一味は自身を討ち敗り、一時失脚の憂き目に合わせた憎き敵、まずそれを押して本来の任務であったロビンに的を絞る。そもそも世界政府の機密にもつながる事項を知り得る存在として彼女の存在は障害足りえるものだから。
その一方で度重なるオロチの要求に耐え兼ね、カイドウの蜂起を機に世界政府もまたワノ国の直接支配に乗り出さんとする。それに関して先の世界会議で国家間の海賊勢力の一掃を呼び掛けられ、手始めに七武海制度の廃止を決行したのを機に世界政府そのもののワノ国支配にも乗り出さんとするというのだが。
 
・クイーン対サンジ:男の面目と科学の目覚め
ブラックマリアとの対峙で男としての面目をつぶした形となったサンジ、それよりもはるかに大物のクイーンに対しその面目を晴らさんとする。実はクイーンはかつてジェルマの身を置き今や己の身体を極限までに改造した恐竜人間だった。対して更なる難敵との苦闘の中、なんと自らのジェルマとしての力に覚醒したサンジ。出来損ないと蔑まれた幼少期から、これも今までの死闘の末のことだろう。遊郭の遊女が傷付いたことに対し、自身が人としての心を失いつつあるとの苦悩を乗り越え、ついにはクイーンを打ち倒す。ひとまずは遊女の無事と自身の疑念もひとまず晴れ、そして男としての面目も取り戻し、安堵の末に力尽きるのだった。
 
・キング対ゾロ:刀の心と剣士の誇り
一方キングに対するゾロ、キング自身の翼竜の力に加えて炎をまとった鉄壁の守りでゾロを圧倒する。そんな中、幼き頃の回想にて村の老人との会話の中で、自身が聞き流したはずの剣の心の講釈を思い起こす。その心を受け止めることこそが剣士としての自身の誇りでもあると閻魔の力を引き出しキングに一太刀を浴びせる。
そのキング、もとは世界政府もその力を利用せんとしたルナーリア族の末裔で、中枢施設を襲撃したカイドウに救出されその恩義で今に至ったとか。彼自身の想いとは別に、戦いはその能力を超えてのゾロの勝利に帰結したのだ。
 
・勝利の方程式:カイドウとの決戦に向けて
かくしてカイドウ率いる百獣海賊団の幹部一同を撃破され、残るはカイドウ自身とキッドたちと対峙するビッグ・マム、そして未だ暗躍を続けるCP-0としぶとく生き残ったオロチだが、これら一人ずつ倒し、更にはワノ国を滅ぼさんとする鬼ヶ島を取り除かなければならない。これらすべてを成してこそ麦わらの一味、そして侍連合軍の勝利に帰することになるだろう。しかし問題はここからにもある。
まず世界政府、ワノ国の直接支配をもくろみ大艦隊を派遣する。それに対してルフィたちが対するにはいささか酷なことかもしれないが、あるいは別の助っ人が対するかもしれない。
いずれにしても世界を支配する闇の部分があらわになり、続いてルフィたちの悲願もまたその先にあるのも今更述べるまでもないだろう。
ともあれ、はたしてカイドウとの決着は来る春までにつくだろうか、といったところでGWの反省会でまたお会いしましょう。

| | | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):21年度12月号

さてみなさん、今回のストロングワーズは、己の命と信念をかけて強敵に立ち向かう漢の意思をここにお送りいたします。それでは、ごゆっくり。
 
・智慧の言葉
「―なあルフィ、お前はどっちがいい?
―今までの・・・敵が女なら手も足も出ねェ様な・・・頼りねェ生身のおれと・・・
冷酷で・・・無感情だが・・・こんなバケモノでもブチのめす・・・命令されりゃ誰の首でも取ってくる
“科学の戦士”と・・・・・!!!どっちが「海賊王」の役に立つ・・・?
ハラ決めたよ、まだどうなるかわからねェが・・・・・!!
―きっとコイツを着たせいで・・・おれの体に元々あった、“科学”が目覚めたんだろう・・・・・!!それはもう仕方ねェ!!!
―だったらこれ以上はナシだ!!!おれは「ジェルマ」にはならねェ!!!(サンジ)」
だい1031話:科学の戦士
クイーンとの激闘の際に仕切り直しのために一時撤退するサンジだが、逃げ込んだ先の遊郭にて、図らずも遊女の一人を傷つけてしまう。己の信念を己の身の中の“科学”がそうさせたかという想いに葛藤しつつ、それを受け入れんとして、その一方であえてジェルマのスーツを捨て強敵に立ち向かうのだが。
 
・覚悟の言葉
サンジ「これからおれ達は・・・「百獣海賊団」に勝利する。
―だが決着の後・・・もしおれが“正気”じゃなかったら、
お前がおれを殺せ」
ゾロ「―よしわかった、お前はおれがキッチリ殺してやる!!何だか知らねェが・・・決着後の楽しみができた・・・・!!
だったらてめェ・・・それまで死ぬなよ」
第1031話:科学の戦士
遊郭の件で己の覚悟を決め、クイーンに対するサンジだが、それは同時に己の中の科学とも対することとなる。そのもしものことを想い、いつもはいがみ合っているが本当の意味での信じる友たるゾロに、そのもしものことを託す。そしてそれを煩わしく思いながらもゾロも了承し、それぞれきたるべき戦いに臨むのだった。

・智慧の言葉
「いいか刀は“人斬り包丁”!!人を殺すために生まれる!!
刀鍛冶はより多くの命を奪えるようにそれを作る!!
刀にも性格があり、それを服従させるのが剣士だ!!
危ねェ刀が「妖刀」!?アホいえ、それは「名刀」だ!!
弱者が怖れ「妖刀」も名付けたらそれは誉れである!!
刀は怖ェ!!まじめに“凶器”やってるからだ!!
名刀は人間を見てる。己に見合った剣士を選ぶ・・・・・!!(霜月コウ三郎)」
第1033話:霜月コウ三郎
ゾロの幼き日、島の老人より剣の手ほどきを受けつつひと振りの刀を譲り受ける。
それに伴い刀の存在意義を語り、剣の想いに応えることが真の剣士と諭す。
それこそが剣士としての今のゾロに影響を及ぼしたのは言うまでもない。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧