ONE PIECE

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):20年度7月号

さてみなさん、今回のストロングワーズは、先年公開された劇場版『STAMPEDE』特集ということで今月来月を頂きお送りしたく思います。海賊王ロジャーが残したといわれる財宝をめぐってルフィたちつわものたちの名ゼリフやいかにということで、それでは、ごゆっくり。
 
・戦う言葉
「これは奪い合いだ、邪魔して当然(X・ドレーク)」
開催された海賊万博のメインイベント、海賊王ロジャーの遺した秘宝の争奪戦。熾烈なる道のりの果てに残ったルフィたち最悪の世代をはじめつわものの海賊たち。そんな中のドレークの言葉通りに、彼らの間でもしのぎの削り合いが始まるのだったが。
 
・智慧の言葉
「悪くねェ、だが足りねェ!
鍛錬も戦略も覚悟も、何もかも足りねェ・・・
鍛え抜いた本物の“強さ”ってモンを見せてやる(ダグラス・バレット)」
熾烈なる争奪戦の末、件の秘宝を偶然見つけたウソップの前に現れた海賊王、鬼の跡目と目されたダグラス・バレット。
そんなウソップを血祭りにあげてルフィたちの前に立ちはだかり、怒りのルフィの猛攻をもものともしないその強靭な肉体をもさらけ出し、敢然と言い放つのだった。
 
・悪意の言葉
「救いがたいバカはてめェだ!貴様らがいう仲間は“弱さ”だ・・・・・!!
あのバケモノだった白ひげのジジイですら、てめえの部下のために死んじまった。
ロジャーもそうだ・・・死んだ奴は皆敗北者だ・・・
それが仲間だとほざいてる奴の限界だ・・・!
このおれの強さは!!おれ一人だけが勝つ為にある!!(ダグラス・バレット)」
なおもその強大さを誇るバレットにルフィたちが果敢に攻め続け、やがてルフィ一人で立ち向かわんとする。すべては傷付いたウソップの仇と、そして仲間のためと言い放つルフィに対し、仲間を“弱さ”の象徴と返し、“強さ”は自分一人のものと言い放ち、ルフィに再び猛攻の牙を放たんとする。

| | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):20年度6月号

さてみなさん、今回のストロングワーズは、カイドウへの討ち入りにおいて怒りの火とともに戦いの火ぶたが切られるさまをここにお送りいたします。それでは、ごゆっくり。
 
<悪意の言葉>
「おしるこは食うもんじゃねェ!!かぶるもんだ!!ギャハハ(カイドウ軍兵士)」
<戦う言葉>
「なんでお前みたいなバカの目の前に食いもんがいっぱいあって、玉の腹に何も入らねェんだ!!?(ルフィ)」
第980話:闘う音楽(ミュージック)
カイドウ軍の宴に際し、彼らの口に合わなかったおしるこをぶちまけられ、かつてひもじい思いをした玉のことを思い出し、怒りの火を灯すルフィ。そこに兵士の悪ふざけの言葉で一気に爆発し、大暴れと相成ったのだが。

| | コメント (0)

ONE PIECE反省会:ワノ国編第三幕(その2)

さてみなさん、いよいよワンピース、ワノ国編も大詰め、そして物語も核心へとさらに近付きつつあります。そんな中かつてのおでんの、そしてロジャーの冒険とその帰結。そして国の巨悪との決戦をも含めてのレビューを送りする運びとなりました。それでは、ごゆっくり。
 
憧れの外海に繰り出さんとはじめ白ひげ、続いてロジャーのもとで航海を続けたおでん。
やがてグランドライン最後の島“ラフテル”へとたどり着きロジャーは海賊王の称号を受ける。
後に帰国したおでんは国の惨状を目の当たりにしてその元凶のオロチ、そしてカイドウを討ち取らんとするもあえなく敗退。そのまま刑場の露と消える。
後にふたたびオロチ、カイドウを討ち取らんと蜂起するもオロチの策略によりその意図がくじかれたかに思われたが、狂死郎こと傳ジローの一計により戦力は温存、さらにはロー、キッド、そしてルフィたち最悪の世代の海賊団も再結成、さらにはジンベエの帰還とともに麦わらの一味の参入と相成り、ここにあらためてカイドウの本拠鬼ヶ島への討ち入りの差し掛からんとするのだが。

 

・グランドライン制覇
ロジャーのもとでグランドライン最後の島へとたどり着いたおでんたち。しかしその島にたどり着いたとき、その達成感からかただ笑うのみで、それゆえかその島を“LOUGH TAIL(ラフテル)”と名付けるのだった。それだけの秘密がいまだ明かされていない。あるいは明かされんとするや世界政府が躍起になってロジャーを狙うようになる。この事情からでも今後の物語に影響を及ぼしているのはやはり語るまでもない。ちなみにラフテル行きにはバギーとシャンクスが参加してはおらず。それについて、先のシャンクスの事情を含めての伏線もいずれ明かされることだろう。
 
・帰国後のおでん
おでんが帰国したころのワノ国は、オロチが支配する荒廃した国土となり果てていた。すべては家が没落し国すべてを呪うが故のことでもあった。それは先の康イエ処刑の際のSMILEと後述のカン十郎の裏切りの件でも如実に表れている。
様々ないきさつを受けてオロチとカイドウを討ち取らんとするも果たせずおでんは刑に斃れ、残されたトキもまた息子モモの助をはじめ家臣たちを未来に飛ばす。
こうしておでんの意志も未来へと受け継がれていくのだが。
 
・日和と狂死郎
さて受け継がれる意志といえば、おでんのもう一人の子、日和と素性を隠してオロチの配下として機をうかがった居眠り狂死郎こと傳ジロー、先の騒動の末に小紫を斬る形で日和とおトコを救った件と、康イエ処刑の件でオロチをわざと逃がしたのも時期尚早との判断からであると読めば合点がいく。そしてきたるべき時が来て彼もまた狂気の面を外し、怒れる侍の一人として錦えもんたちに合流することとなった。
 
・オロチの陰謀
虐げられた過去から国を呪いつつ、ある日自らの出自を知るや権力への渇望を抱くようになり、当時の権力者たる康イエ、そしておでんに取り入り、その戦力と財力を蓄えつつあった。やがておでん出奔を機に将軍スキヤキの懐へと入り込みついには将軍の座を奪い取るに至る。
そのことを知ったおでんもオロチを討ち取らんとしたが、かつてオロチの成り上がりの手助けをしたせみ丸、ひぐらしが阻む。彼らはバリバリ、マネマネの能力を有してオロチを手助けしたのだが、後にカイドウの不興を買ったのか彼の手で処刑されてしまい、その能力はそれぞれバルトロメイ、ボン・クレーに受け継がれたのだ。今のところは彼らは関わっていないが、いつかルフィの力とならんとするのも一つの皮肉ともいえるかもしれない。
 
・ルフィたちの復帰とジンベエの帰還
いざカイドウたちの討ち入りにかからんとするも、オロチの策略で足止めを喰らうこととなる。しかしいくらかの手違いと何より先述の狂死郎こと傳ジローの根回しにより戦力が温存された。そして何よりジンベエの復帰。それはルフィがマムのもとからの脱出の足止めを受け持った上での復帰だった。それはマムを足止めしてからジンベエもひとまず逃げおおせ、それを追ってマムもワノ国へと殴り込んだということか。いずれにしても頼もしい味方の参入も、より強大な敵に対してのことでもあるのだが。
 
・結び
こうしてルフィたち海賊連合、錦えもんたち侍連合が結集し打倒カイドウ、オロチへと兵を進めるのだが。やはりモモの助がさらわれた分、そして敵の陣容が厚いのは不利なのには変わりはない。その状況をいかに打開するかが今後の課題であるのは今更述べるまでもないが、はたして彼らだけで攻略できるかが一番の懸案であるのだが。それに関連して敵味方の介入もあるのか、ことに海軍の間者でもあるドレークが今後の物語にどのような影響を及ぼすのか。
それらの事項を考慮に入れることにして今後の展開を待ちつつ、次回夏休みの反省会に持ち越したい。

| | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):20年度5月号

さてみなさん、今回のストロングワーズは、いよいよカイドウの本拠鬼ヶ島へと討ち入らんとする中での各キャラの決意の言葉をここにお送りいたします。それでは、ごゆっくり。
 
・智慧の言葉
「・・・どちらさんも、お控えなすって!!!
手前生国と発しますは海底の国リュウグウ王国「魚人街」、方々のお兄いさとお姐さん方に厄介をかけながら、このたび“麦わら”の親分さんに盃を頂く、駆け出し者にござんす!!
人呼んで“海侠のジンベエ”!!!
以後面体お見知りおきの上、よろしくお頼み申します!!!(ジンベエ)」
第976話:お控えなすって!!!
鬼ヶ島討ち入りに際し、窮地の侍たちを助ける形でカイドウ配下の船団を退けることとなったルフィたち。しかし第2陣の砲撃にあわや再び窮地に陥らんとした時。それを退けたのはかつての王下七武海ジンベエ。このたび戦線復帰と相成り、口上とともにルフィたち麦わらの一味に参入する運びと相成った。
 
・戦う言葉
「やめだ!!あいつらとやろう!!宴も!!乾杯も!!
ししし!!カイドウブッ飛ばしてよ!!!オロチもビッグ・マムもブッ飛ばして!!!
この戦いに勝って!!今までで一番でっけェ宴をやろう!!!(モンキー・D・ルフィ)」
第977話:宴はやめだ
鬼ヶ島への討ち入り、まずは正門の鳥居を突破せんと策を練らんとしていた中、ルフィたちがまんまと突破してしまう。その際でジンベエ参入の宴を行わんとしたが、錦えもんたち侍とキッドたち海賊団がそれに乗じて一気に乗り込まんとする様を見て、それに乗り遅れまいと宴をいったん中止し彼らも島へと乗り込むのだった。本当の勝利を手にしたときにこそ本当の宴の時だと理解をしつつ。
 
・覚悟の言葉
「侍達の本気を見ましたね・・・・・!!
全員迷いなくその覚悟、
勝つか、死ぬか・・・・・!!!
「四皇」に挑む姿勢に・・・一切の驕りなし!!(ブルック)」
第978話:飛び六胞登場
ついに乗り込んだ海賊、侍連合。そんな中錦えもんたち侍たちは船を沈めあえて退路を断って自分たちの覚悟を示す。その様にブルックが感慨を込めて言葉を込めて見送るのだった。

| | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):20年度4月号

さてみなさん、今回のストロングワーズは、連綿と続いた怨念に蝕まれたワノ国を救い出さんとする侍たち、そしてそれに手を課すこととなったルフィたち海賊たちの熱い意志をお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。
 
・戦う言葉
「海は、海賊が相手だ!!!(モンキー・D・ルフィ)」
第974話:いざ、鬼ヶ島
嵐の中足止めされた錦えもんたちに加え、カン十郎の裏切りも発覚。挙句カイドウの船団も現れまさに絶体絶命に危機に陥る中、その窮地を救ったのはルフィ、ロー、そしてキッドの最悪の世代の海賊たちだった。錦えもんたち侍を足手まといと吐き捨てつつも救い出し、今まさに百獣の海賊たちと対するのだった。

| | コメント (0)

ONE PIECEレビュー総集編:91~93巻

さてみなさん、今回のホームページ更新は、ONE PIECEレビュー総集編として、91~93巻のワノ国第1幕をお送りいたします。いよいよ秘密のヴェールに包まれたワノ国に入ったルフィたち。そこを支配する四皇カイドウの支配を目の当たりにし、自らもそこに一旦とらわれるのだが、はたしてその行く末やいかにといったところで、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>アニメ・テレビ番組・映画>ONE PIECEレビュー総集編・その7
となっております。

| | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):20年度3月号

さてみなさん、今回のストロングワーズは、航海を終えたおでんが国の惨状に立ち向かい、そして散っていく様をここにお送りいたす運びです。それでは、ごゆっくり。
 
・智慧の言葉
「チャンスが欲しい!!おれは生きねばならない(光月おでん)」
第971話:釜茹での刑
カイドウと対し追い詰めるも、善戦むなしく敗れ去ったおでん一党。捕らわれの後に釜茹での公開処刑を言い渡され、刑場に立つおでんは、配下の侍たちを生かすため、そしてわずかなる逆襲の機会を得るために一計を案ずるのだが。
 
・別れの言葉
「一献の酒のお伽になればよし、煮えてなんぼのォ~(おでんに候!!!)(光月おでん)」
第972話:煮えてなんぼのおでんに候
釜茹での刑を耐え抜くも結局はオロチの手により銃殺刑と相成ったおでん。錦えもんたち家臣を逃がし自らはカイドウの銃弾に倒れ刑場の露と消える。その際に彼が残したまさに辞世の句がそれであった。
 
・別れの言葉
「トキ、おれはもう限界だ。おれが討ち取れなかったら・・・カイドウを倒せるものは当座現れない。
20年以上先の話・・・世界ではおそらく大海を分かつほどの“巨大な戦”が起きる。
・・・つまりあと20年もすれば・・・その”巨大な戦“の主役達が新世界の押し寄せる・・・・・!!!
カイドウを討てるのはそいつらだ!!ワノ国には長い冬が来る・・・・・。
トキ、お前の能力を使ってほしい、もしおれが死んだら・・・・・(光月おでん)」
・智慧の言葉
「泣いてたら笑われちゃうよね。私たちはあなたの弱点じゃない(光月トキ)」
第972話:煮えてなんぼのおでんに候
おでんが刑場の露と消え、オロチによる光月家討滅の命が下る中、おでんが残した遺言がもたらされていた。トキはその遺言をもみ終えては破り棄てる。それは涙ながらにおでんの願いを果たさんとするトキの熱き想いがこもった強き誓いの表れだったのだ。

| | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):20年度2月号

さてみなさん、今回のストロングワーズは、かつてのロジャー、そしておでんの航海の帰結において、彼らの想いをここに記す運びとなりました。それでは、ごゆっくり。
 
・智慧の言葉
「・・・あの日おれ達は、
世界の全てを知った・・・“空白の100年”とは・・・・・!!“Dの一族”とは・・・・・!!「古代兵器」とは・・・・・!!
「ワノ国」はかつて世界と接していたのだ。
本当にあった“莫大な宝”を目の前に・・・ロジャーはあの時・・・・・
笑ってた。
おれ達もそうだ。涙が出る程笑った(光月おでん)」
第967話:ロジャーの冒険
 
・智慧の言葉
「ジョイボーイおれは・・・・・!!お前と同じ時代に生まれたかった
とんでもねェ宝を残しやがって・・・!!!とんだ笑い話だ!!
・・・なあみんな、600年誰も行きつけなかったこの「最後の島」に、こんな名前をつけねェか?
“ラフテル(Laugh Tale)”と(ゴール・D・ロジャー)」
第967話:ロジャーの冒険
かつての航海で、ロジャーはついにグランドラインを制覇し「最後の島」にたどり着いた。そこにはたしかに“莫大な宝”があった。それと同じく世界の真実全てをも知り得ることとなった。それに対しロジャー、そしておでんは大いなる笑いとともにそれを受け止めた。そう、笑うしかなかったのだ。そしてその航海の帰結の先、それこそが現在の大海賊時代に至る路であることは今更述べるまでもなかった。

| | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作)20年度1月号

さてみなさん、今やワノ国の隠れた英雄たる光月おでん、彼の生き様とともにかかわった人物の熱き名台詞をお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。
 
・戦う言葉
「よ~し・・・!!いっちょやるか、生きててこその“殺し合い”!!!
おれももう寿命(おわり)が近い。お前と会うのも最後かもしれねェからな“白ひげ”!!!(ゴール・D・ロジャー)」
第965話:黒炭家の陰謀
“白ひげ”ニューゲートのもとで航海を続けていたおでんだったが、海軍との抗争を経たロジャー海賊団のもとにたどり着かんとし、ロジャーもまた最大の宿敵にして後の盟友ともいえる彼との抗争を、自らの余命と重ね合わせ心待ちにするのだったが。
 
・生きる言葉
「生き急いでるんだよ、おれは!!!(ゴール・D・ロジャー)」
第966話:ロジャーと白ひげ
白ひげのもとに身を寄せたおでんだったが、激闘の末の懇願でロジャーのもとにも身を寄せることになり、そこで航海を続けることになる。しかしそこでロジャーの命が1年と知り、それに対し、気負いすることもなくロジャーもこう告げる。それに対しおでんも彼の最後の大冒険を見守ることになるのだが。

| | コメント (0)

ONE PIECE反省会:ワノ国編第三幕その1

打倒オロチ並びにカイドウにむけて戦力を整えつつある中、世界会議も無事終了したかにみえたが裏面では様々な混乱が起こっていた。
一方でいざ討ち入りにかからんとしていたが、将軍オロチの陰謀で足止めを食っていた。
そんな中かつてワノ国を開国に導かんとした一人の男、光月おでんの物語が語られるのだが。
 
さて今回はワノ国編の核心に迫る第三幕、それに先立って世界会議の情勢も語られることもありひとまずはファンの興味も引かれることになるのだが。ここで各パートに分けてのファクターを述べたい。
 
・世界会議終結後の情勢
世界政府を構成する主要国家による全体会議“世界会議(レヴェリー)”が集結し、それに伴い裏面では革命軍の暗躍があったが、秘密裏に処理された、かにみえたが、新聞屋モルガンズの暗躍によって公に明かされた。それによれば革命軍のサボが戦死したというが、その詳細についてはいずれ語られることがあるのか。
 
・七武海解散
政府公認の海賊、王下七武海。先に藤虎がドフラミンゴに語ったように解散と相成った。先の世界会議にてアラバスタのコブラ、ドレスローザのドルド両王の提案から始まり、かねてから開発されていただろう“SSG”なるものが代替手段となったこともあっての今回の措置と相成った。
それに伴ってバギーやハンコック、ミホークらに海軍の討伐隊が派遣され、それに対する各海賊団も対応に追われることになる。
 
・SWORD隊員コビー
かつてのルフィの友人にして好敵手たるコビーは今もなお多くの任務に就く傍ら、特殊部隊SWORDの隊員にも選任されていた。しかもその隊長が最悪の世代の一人ドレーク、つまり彼が政府の要員であることと同時に今でもサカズキたちに睨まれているだろうコビーも軍の指揮から距離を置いているということにもなるかもしれない。しかしそのコビーが先に述べた七武海の地位をはく奪されたハンコックと対することになるのだが、はたしてどう立ち回るというのか。
 
・大海賊ロックス
大海賊時代に先立ち世界に悪名をはせた大海賊ロックス、その配下にはかつての四皇カイドウ、ビッグ・マムも加わっていて、その中でもシノギを削っていたいわく付きの海賊団でもあった。それを討ち取ったのは後の英雄ガープ。そして後の海賊王ロジャーだった。しかもこの二人が共闘してロックスを討ち取ったという。それが二人の因縁のはじまりでもあったということは興味を引かれるのだが。あと気になるのは黒ひげティーチの存在であるけれど、今更述べるまでもなく、ルフィたちの宿敵の一人でもある彼がロックスと関係があるのかという噂もあるけれど、これも今後の展開を待ちたい。
 
・シフォン外伝
妹ローラを探して夫カポネとともに自由の海を航海するシフォンたち。平和が戻ったドレスローザにたどり着いたがはたしてどのような騒動を繰り広げるのか。
 
・光月おでん
かつてワノ国にその人ありとうたわれた豪傑光月おでん。若い頃は破天荒な素行で当時の将軍スキヤキから勘当されるもその後の活躍で大名にまでのし上がることになるが、後に白ひげ、そしてロジャーのもとでグランドラインを制し、ラフテルを目の当たりにするというのだが、はたしてその冒険の果てにあるもの、ひいては物語の謎の一端につながるものはいかに。
そして白舞の大名康イエのもとでコマ使いとして仕えた、かつてはワノ国の大名の一族ながら、陰謀により没落したオロチ、彼がいかにして成り上がったかについて、謎の老婆、なんと先代のマネマネの実の能力者であるこの御仁が加担していた。これについてもさらなる波乱が語られることになるのは述べるまでもないのだが。
 
・結び
今回は冒頭の世界情勢が絡んでの話から討ち入り前の混乱、そしておでんの過去が絡んでのエピソードで年を越すこともあって、ある意味足踏みの展開にもなっているかもしれないが。しかし今後の展開についての布石、麦わらの一味が迫る危機にどう切り抜けられるか。そして大詰めを迎えるワンピースの物語もどう展開することになるのか。これも年が明けてのお楽しみといった具合になるだろうか。
ということで来年度GWにまたお会いしましょう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧