ONE PIECE

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):19年度12月号

さてみなさん、今月のストロングワーズはワノ国編第三幕、後にワノ国の英雄となるべき光月おでんの熱き魂を込めた名台詞をお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。
 
・智慧の言葉
「して「大名」には家臣がつく!!どこぞの立派な堅物を派遣されるより
俺はお前らがいい!!おれの“侍”になれ!!!(光月おでん)」
第962話:大名と家臣
法等の末の放浪の末、この世の地獄とうたわれた九里を平定し、そこの大名に任ぜられたおでんは、ひとまずそれを受けるもその下に就くものたちに、今まで彼についてきた錦えもん以下、後に赤鞘の者たちに自分のための配下、すなわち侍になるように言いつける。もともと群れることを嫌うおでんとしては、今や気の置ける仲間となった彼らの方が、堅苦しい侍たちよりもよほど信用が置けるものと認めたということでもあった。
 
・智慧の言葉
「見たこともない世界だ!!
感じた事のねェ「寒さ」!!「暑さ」!!
「植物」「動物」!!「人類」「強さ」!!
「思考」!!何もかも違って、目からウロコが落ち続ける日々だ!!
すべてが想像を超えていく!!
おれは小さい!!世界のほんの一部なんだ!!
何が起きても不思議じゃない!!!(光月おでん)」
第964話:おでんの冒険
“白ひげ”エドワード・ニューゲートと接触し、彼の船に乗り込んだおでん。紆余曲折の末に彼の船のクルーにも認められる。その冒険の先で彼が見聞きしたものは、今まで体験したこともない想像を絶する体験だった。それに感嘆したおでんは後に航海日誌に記すのだった。

| | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作)19年度11月号

さてみなさん、今回のストロングワーズは、いよいよ第三幕を迎え佳境に入らんとするワノ国編に臨んでの強き意志を込めた名ゼリフをお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。
 
・覚悟の言葉
「“新聞王(ビッグニュース)”モルガンズをナメんじゃねェよ!!!
おれは守銭奴だが!!その前に“ジャーナリスト”だ!!!
時にはウソで人を踊らせる活字のDJ!!何を載せるかはおれが決める!!!(モルガンズ)」
第956話:ビッグニュース
聖地マリージョアを襲った一大事件。ことに死亡事件ということで世界経済新聞社もこの記事に飛びつかないわけはなかった。
しかし事態の拡散を怖れた世界政府はそれをもみ消さんとサイファーポールの工作員を潜り込ませ新聞掲載を阻止せんとするも社長のモルガンズがそれを阻むのだった。
 
・悪意の言葉
「わしの言葉を戯言というも結構!!
わしには“実行”する権力がある!!!(黒炭オロチ)」
第959話:侍
来たるべき討ち入りの時、出陣に備えるルフィたちに気付いたかどうか、オロチもまた来るであろう赤鞘の侍たちに備え、ワノ国各地の路を爆破して封じ込める。
そもそも人望のなさを自覚してか、侍たちの存在を危惧し、そのための用心ゆえ、己が持てる権力を最大限に発揮し、今回の破壊工作に踏み切ったのだ。すべては己の保身のために。

| | コメント (0)

ONE PIECEロマンスドーン、ですか

さてみなさん、来る20日にONE PIECEの原点、『ロマンスドーン』が放映される運びとなりました。
ストーリーはとある島に流れ着いた少年海賊が悪漢の海賊とシノギを削るというストーリーで、過去の回想でもシャンクスの役回りがガープになったりと後のワンピのストーリーの骨子を垣間見れてもいるけれど。
そもそもそれも先のチョッパーのストーリーの劇場版と製作の方針と同じといった感も否めない。たしかにチョッパーの件は少しご都合主義っぽかったけれど、先に上映されたドーンの劇場版はそれよりはいいアレンジにもなっていると今では思う。
その意味でも当作品はワンピの原点といった意味でも見られる作品といえ、やはり一見の価値もありだと思う。

| | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):19年度10月号

さてみなさん、今回のストロングワーズは、いよいよ第二幕も大詰め、きたるべき戦い、第三幕に向けて力を得んとする奮闘をお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。
 
・戦う言葉
「敗北を思い出せ!!!
力尽くじゃどうにもならなかった事を!!
時間がないぞ!!敵は怪物!!!だが必ずやれる!!!(花のヒョウ五郎)」
第954話:龍に翼を得たる如し
兎丼を落とし、後は戦力を整えるのみの連合軍。しかしカイドウを倒すために一手にかけるルフィはあらためて特訓を開始する。上記のヒョウ五郎の叱咤を受け、鉄塊に己の拳を叩きつけ、流桜を会得せんとするルフィだった。

| | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):19年度9月号

さてみなさん、今回のストロングワーズは、いよいよ戦力を立て直し新たなる戦いへと向かうルフィたちを中心に敵味方の強き意志をお送りする運びです。果たしてそのドラマの行き付く先やいかに、といったところで、それでは、ごゆっくり。
 
・智慧の言葉
「せっしゃではない・・・・・!!皆の目にうつっているのは、きっと父のすがた・・・ワノ国を支えてきた「光月」の・・・大きなかげ・・・・・!!
こんなに重く感じたのは初めてだ!!ビビるなモモの助!!(モモの助)」
第950話:兵(つわもの)どもが夢
兎丼を落とし、ルフィに促され囚人たちの前に立ったモモの助。
自分にひざまづいた彼らを前に、ひれ伏しているのはまだ自分に対してではないと思い知りながらも、彼らのために旗頭とならんと誓いを新たにするのだった。
 
・覚悟の言葉
「覚えてるか?ガキの頃・・・・・!!
度胸だ絵師によく叫んだ、自分を大切にするから、人間はビビるんだってな!!
“名前”を捨てろ、“知恵”を捨てろ、頭を空にして飛び込むのみ!!
声を上げろ!!
“捨名―ッ知”!!!(アシュラ配下の侍たち)」
第950話:兵(つわもの)どもが夢
迫る決戦を前にかつてカイドウの圧政に耐え兼ね飛び出して斃れた侍たちの墓標の群れを見せるアシュラ。
矜持を捨てなかったがゆえに己の命、そして名と知恵を捨てた彼らが叫んだ掛け声は、いつしか忌むべき言葉にもなっていた。
その忌まわしき過去を思い起こしながらも、アシュラはそのかたくなな心を開きはじめ、あらためて打倒カイドウの声を挙げるのだった。
 
・戦う言葉
「来たら殺すと言ったよな(カイドウ)」
「殺されに来るバカがどこにいる!?(ビッグ・マム)」
第951話:RAMPAGE
カイドウの本拠“鬼ヶ島”に収監された四皇ビッグ・マム。同じく四皇カイドウの立ち合いを受け、成り行き決闘に相成った。
以上の掛け合いの後の対峙は互いの覇気による、そして四皇同士によるまさに天を割るほどの勢いだった。それはこれからの激闘、あの頂上戦争に匹敵する争乱を予感させずにはいられなかった。

| | コメント (0)

ONE PIECEレビュー総集編:88~90巻

さてみなさん、今回のホームページ更新は、ONE PIECEレビュー総集編の88~90巻分をお送りいたします。
いよいよマムの島からの脱出に際し、味方の犠牲を出しながらも奮闘しつつ、一方でルフィも強敵カタクリとの激闘を繰り広げていたが、はたしてその趨勢やいかに、そして聖地にて開催された世界会議にて各国首脳はともかく懐かしの姫君たちが一堂に会し、果たしてどのような物語が待っているのか、といったところで。それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから、
ENTER>アニメ・テレビ番組、映画>ONE PIECEレビュー総集編・その6
となっております。

| | コメント (0)

ONE PIECE反省会:ワノ国編第2幕その2

ワノ国、花の都にて怪盗丑三つ小僧こと太鼓持ちの殿ヤス、その実体は元白舞の大名霜月康イエだった。
実は先の露呈の原因は彼によるもので、それらに対し戦力の立て直しと民への詫びとともに潔く刑に服し散っていく。その様を民はカイドウが放った毒によって悲壮な笑いとともに送るしかなかった。
そのおぞましき支配に誰もが怒りを燃やすも敵の陣容はいまだ強大で一味は退かざるを得ず、同時に戦力の建て直しも余儀なくされた。
一方で捕らわれのルフィのもと、記憶を失った四皇ビッグ・マムが来訪、紆余曲折の後結局対峙するも、クイーンが何とか確保しカイドウのもとへと連行する。その隙にルフィも反撃を開始し卯丼を制圧する。
その取り押さえられたマムは、カイドウと対峙することとなり本拠の鬼ヶ島を中心にまさに天を引き裂く様相を呈していった。
 
さて春に続きワノ国の第2幕の続きたるこの夏のワンピース。初めの急展開もあれどまだまだ通過点ということで今後の展開も待ちたいところ。
ひとまずは編者的にも気になるところを挙げつつ述べたい。
 
・赤鞘9人男
かつてのワノ国の実力者光月おでん配下の腕利きの侍“赤鞘9人男”かつては近隣を騒がす荒くれ者だったが大名康イエの説諭により一人前の侍に成長し、その名をはせた。それが先の大乱で現代に飛ばされ、今ルフィとともにワノ国解放に動き出した。
その赤鞘の侍たち。先に述べた通り菊が女形だというのはともかく、兎丼に捕らわれた河松も河童、あるいは魚人か。ともかくも貴重な戦力も整い戦力の立て直しにの足掛かりとなるのは言うまでもない。
・ワノ国の蝕む“毒”
康イエの処刑に際し、民衆が笑いで見送る様は、かつてシーザーが創った“SMILE”によるもの。人造悪魔の実の失敗作たるそれを将軍オロチがばらまき民衆から哀しみすら奪ったものだった。それはひとえに民主の哀しみを疎んじたがゆえ。つまりはおでんの治世を疎んじた結果だろう。彼自身の卑劣さはともかく、それをあざ笑ったカイドウ自身もまた同じ想いなのかもしれない。
・四皇ビッグ・マム
記憶を無くし一時チョッパーや菊とともにしたが、お目当てのおしるこがルフィに食べられ、なし崩しに対することになった。未だ業に目覚めないルフィも押されるのみで、さらには闘いのさ中に記憶もよみがえってしまった。それでもクイーンに取り押さえられ収監される。それが卯丼陥落の直因となったが。
今はカイドウのもとにいてまさに対峙せんとしているが、ともかくもルフィたちにとっても難敵が一人増えたことには変わりはないのだが。
・シフォン外伝
ビッグ・マムの支配から抜けて自由の海を駆け抜けんとしたシフォン。夫のカポネについてはひとまず手なずけたみたいでよしとするけれど、肝心なのはその先、今後の物語にも関わるのは間違いないことなのでそれについても展開を待ちたい。
・ルフィの新たなる力
カイドウに敗れて兎丼に収監されたルフィはその逆境を利用し、表向きでは従順を装いつつも己の力を高めんとした。途中ヒョウ爺ことかつての侠客、花のヒョウ五郎を助けたことで処刑がてらのバトルを演じ。その途中、ヒョウ五郎の放った技に今後のルフィの勝利へのカギがあったかに見えた。しかしそれにはもう少し紆余曲折が必要だけれども。
・今後の一味勝利(逆転)への方程式
戦力の立て直しとともに打倒オロチ、カイドウ(ついでにビッグ・マム)へ向けて着々と力を貯めつつある一味。その一方で人質を取られ捕らわれの身になったロー。その際仲間を解放したホーキンズだが、その能力も確かに厄介だ。同じくドレークも恐竜の力は侮れないがひとまずは力押しだからそんなに問題ではないが。ともかくもそれらの強敵に対しては、もしかしてルフィたちのみで何とか出来るかもしれないし、あるいは少なくともマルコたち旧白ひげ一党の加勢も来るかもしれない。
その点を含めてやはり年末の反省会においても期待をしたいと思う。

| | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):19年度8月号

さてみなさん、今月のストロングワーズは、捕らわれの身のルフィも紆余曲折を経ていよいよ反撃に転じ、それに合わせてワノ国のつわものも強き意志をもって立ち上がる様をここにお送りできればと思います。それでは、ごゆっくり。
 
・戦う言葉
「毒魚が美味かと聞かれりゃあ、吐くほどマズくて五臓六腑が音を上げた。
だが生きも生きたり13年!!いかなる苦行も主君の無念を思えば“そよ風”!!
待っていたぞ!!!河童の河松!!!只今参戦!!!(河松)」
第948話:“河童の河松”登場
ルフィの反撃が始まるや、とある牢の檻が開け放たれ、一人の囚人が出てきた。13年の収監と毒魚の拷問に耐え、颯爽現れたのはかつて赤鞘の侍たる河童の河松だった。
その雄姿を現し、いざルフィたちと力を合わせて、ババヌキたち看守を蹴散らさんとするのだが。
 
・戦う言葉
「みなに正体を明かせ!!
一度心を折られた者あるいは直接戦い、打ちのめされた者たちを奮い立たせたくば・・・・・!!
ほっかむり越しでは、伝わるまい!!
まずは信頼を得なければ、確かに我らはただの亡霊でしかない!!!(花のヒョウ五郎)」
第948話:“河童の河松”登場
河童の河松の参戦でいよいよ戦力が整ったルフィたち。しかし他の囚人の心が折れ、さらにはルフィたちの行く手を阻む状況を打破するには、自分たちの素性も明かさねばならない。ヒョウ五郎親分の言葉を受け、雷ぞうと菊も名乗りを上げるのだった。
 
・覚悟の言葉
「なにが脅威だ・・・・・!!!
何が絶望的な力だ・・・・・こんなもん、全然効かねェ!!!
おれの知ってる“侍”たちは、みんな強ェのにお前ら、心の中までバキバキに折られやがって。
何が“日常”だ、言いなりに動いて・・・ダンゴ貰って生かしてもらってんのか日常!?
目ェ覚ませ!!!お前らただの奴隷だ!!!
おれが他の国から来てて何が悪い!!他所者がこの国守っちゃいけねェのか!!?
おれは約束したんだ。
九里で・・・自分のメシをおごってくれた「たま」って友達と!!
ここを腹いっぱいメシの食える国にしてやるって!!!
それができなきゃここはずっと地獄だ!!!
おでんの話なら聞いた!!あいつはすげェ!!でも20年前おでんがカイドウに殺された日、この国は止まったんだろ!!?
おれ達はカイドウに、勝ちに来たんだ!!!
それを味方に邪魔される筋合いはねェ!!!
・・・だから今ここで決めろ!!おれ達につくか・・・カイドウにつくか!!(ルフィ)」
第949話:ミイラ
兎丼制圧のために反撃に転ずるルフィたち、しかしカイドウ配下の威迫により未だ壁となっている囚人の侍達。
対するルフィも己の強い意志で彼らを叱咤し、一旦心の折れた侍たちの心意気を呼び覚まし、ついには看守長ババヌキを撃破するに至る。
こうして強き意志をもって兎丼を制圧し、頼もしい味方までも新たに得るに至ったのだ。

| | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):19年度7月号

さてみなさん、今月のストロングワーズは、捕らわれの中思わぬ救世主にして強敵たる四皇ビッグマムとの対戦を中心にお送りする運びです。果たしてその激闘の趨勢やいかにといったところで、それでは、ごゆっくり。
 
・智慧の言葉
「・・・おれはあの貧乏な町のみんなに親切にされたから・・・・・!!
おしるこたっぷり、持って帰りたかったんだ!!
みんなにも食べさせたかったんだよォ~!!!(ビッグマム)」
第946話:クイーンVSおリン
おしるこ目当てにクイーンと対峙。それを難なく退けていざあり付こうとしたのだが結局かなわず、なりゆきルフィが全部食べてしまったことも告げられた。怒り心頭のおリンことビッグマム。それをチョッパーも“優しさ”と受け止めた。たしかに記憶を失いつつ本能に根差して発した言葉でもあり、これも本心と受け止めてもいいのだが。
 
・戦う言葉
「窮地にこそ!!力は開花する!!!(ヒョウ爺)」
第946話:クイーンVSおリン
迫り来る怒りのビッグマム、その猛攻に耐え兼ねルフィとヒョウ爺は土俵に出てしまい、このままでは首枷の刃が首を落としてしまう。そこに覇気の力かそれを力業で取り外すことに成功する。その様に何かを思い起こしたか、なおも攻めていくマムに逃げるよううう渡すルフィに対し。力の開花を諭しつつ踏み止まるのだった。

| | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作)19年度6月号

さてみなさん、今月のストロングワーズは、令和初、というかGW明けというか、ともかくも波乱の幕開けというにはあまりにも衝撃的なこのセリフからお送りしなければなりません。それでは、ごゆっくり。
 
・別れの言葉
「子供らの目を塞げ!!「光月」に仕えた最後の大名が。
いやさえびす町のお調子者が、あの世へ参るぞ!!!歌ってゆこうか!!!あらよっと♬(殿ヤス:霜月康イエ)
第942話:“白舞大名”霜月康イエ
怪盗・丑三つ小僧として将軍オロチに捕らわれた太鼓持ち殿ヤス、彼こそはかつての大名光月おでん腹心の友として仕えた大名霜月康イエだった。
彼は先の反乱軍露呈の件の首謀者として戦力の立て直しを言い渡すとともに、己を見守った民にも詫びを入れる。その上でオロチらの凶弾に斃れ、その様を民はカイドウが放った忌まわしき果実の力で悲壮な笑いで見送るしかなかったのだ。
 
・智慧の言葉
「あいつはいずれワノ国の「将軍」になる男!!
奴を支えていく者たちは、ワノ国一の侍達でなければならぬ!!
主君を護ることは当然!!お前たちは都の、いやゆくゆくはこの「ワノ国」の、守り神となれ!!!よいな!!!(霜月康イエ)」
第943話:SMILE
かつておでんのために白舞から金を盗まんとした盗賊、後の赤鞘の侍たち。
彼らに対して真の侍たるように諭しなけなしの金を渡す康イエ。そこにはおでんを信じ彼に未来を託さんとした一人の侍の姿があった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧