ONE PIECE

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):24年度2月号

さてみなさん、今回のストロングワーズは、圧倒的実力と絶対的悪意をもって立ちはだかる五老星サターン。その強き意志と呼ぶにはあまりにもどす黒いその言動をお送りいたします。はたしてこの絶対的なバケモノを止めるすべはあるのか、といったところで、それでは、ごゆっくり。

・悪意の言葉
「おい・・・私の身にもなってみろ。“虫ケラ”の気持ちを理解しろというのか?不可能だ・・・・・(ジェイガルシア・サターン聖)」
第1103話:ごめんね、お父さん
すべての真実を知りその哀しみと怒りをぶつけんとするボニーに対し、結局は父くま、母ジニーに連なるすべての不幸の淵源となった五老星サターン。しかしその怒りを跳ね返すかのごとくサターンも圧倒的な意志を発し、ボニーもまたその悪意に圧倒され、ついには反撃の意志はおろか生きる力すら失ってしまう。絶対的な権力、言うなれば生物の頂点にも立つ者として人間など虫ケラと同様、道具にも値しないということなのか。

・悪意の言葉
「最高じゃないか・・・!!命を捨てて生かした娘が・・・!!己のクローンに殺される愚かしさ!!
虫ケラに相応しき・・・・・!!愚の骨頂!!!(ジェイガルシア・サターン聖)」
1105話:愚の骨頂
ついに発動されたバスターコール。海軍に島の殲滅を命じろと同時に自らもベガパンクを抹殺せんと攻勢をかける。脱出を図るボニーとアトラスを黄猿が阻み、その隙に警備のパシフィスタにボニー射殺の命を下しつつ愛する娘を自らの複製で手にかけんとする愚かさとあざ笑う。それこそ五老星サターンのくまに対する勝利の宣言となるのか。

・智慧の言葉
「みっともねェよな・・・・・もっと濃いのをかけて来るんだったよサングラス(黄猿:ボルサリーノ)」
第1104話:ありがとう、お父さん
圧倒的な悪意ともってボニーたちを撃ち滅ぼさんとするサターンを止めたのは今や兵器としての存在にすぎないくま。しかしそんなくまの行動に懸念を表すると同時に忌々しさとともに再び襲い掛かり、それに大将黄猿もまた参戦することとなった。そんな彼に憤りと憐れみをもって見る旧知のベガパンクに、海軍の最強戦力たる自らも自嘲をもってこう答えざるを得なかったのだ。

| | | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):24年度1月号

さてみなさん、今回のストロングワーズは、バーソロミュー・くまの過去を通じて多くの人々の思惑と意志をお送りする運びです。その中で我々はくまの生き様をあらためて知ることとなりましょう。それでは、ごゆっくり。

・智慧の言葉
「子は親の弱点だ(モンキー・D・ドラゴン)」
第1101話:ボニーへ
ルフィが旅立つ少し前、フーシャ村を訪れたくま。その中で盟友ドラゴンにこの国に詳しいのと合わせ彼の想いを問い質さんとするも、ドラゴンもあえて命を捨てる覚悟でこう答えた。
その言葉にくまも一旦は引き下がり、その時点ではただ見守るだけしかしなかったのだが。

・智慧の言葉
「そんな事はない・・・・・!!
―ただこれが“新世界”のレベルだ。お前達にはまだ早い・・・・・!!
まだ来るな。お前はいつか、世界を、救う男だ(バーソロミュー・くま)」
第1102話:くまの人生
かつてシャボンディの争乱にて、先に自らが圧倒しつつも、ゾロを通じて認めた麦わらの一味。彼らの窮地に際し全員を各地に飛ばし、最後自らの無力を絶望し嘆くルフィを飛ばす際、言葉なき言葉でこう呼びかける。いつか彼らが力をつけ、再び世界に挑まんとすることを願いつつ。

・愛の言葉
「迷惑!!生きるとは確かにそうじゃ!!
・・・・・!!お前の愛した人間の数だけ!!お前の死は迷惑である!!
ええかくま、お前こそ、ヒーローじゃ!!!
ボニーの!!!みんなの!!!(Dr.ベガパンク)」
第1102話:くまの人生
頂上戦争と前後し、五老聖サターンから厳命が下り、くまの人格を消し去ることとなったベガパンク。それはくま自身の死を意味し、自らの死に際しかかわった人々に感謝の意を伝え、それに断腸の思いで応え。ベガパンクはくまの人格を消し去る。
こうして七武海の一角にしてバッカニア族の生き残り、そして一人の人間たるバーソロミュー・くまはその生涯を終える。兵器としてのその肉体を残して。

| | | コメント (0)

ONE PIECE反省会:エッグヘッド番外・くまの回想編

さてみなさん、今回のワンピ反省会は、いよいよ五老星サターンまでも介入したエッグヘッドの攻防において、かつての七武海くまの回想を中心にお送りする運びです。はたして彼が語る真実はいかなるものなのか、それでは、ごゆっくり。

くまの回想:バッカニア族の子供
それは研究所の一室でボニーが父くまの記憶を垣間見た頃から始まる。
かつてくまはと天竜人の奴隷としてとらわれの身となり、両親もその天竜人の気まぐれで犠牲となる。こうした命をも弄ばれた境遇は、とある島の殺戮ゲームに参加させられたことで一つの転機を迎えるのだった。

くまの回想:ゴッドバレーの惨劇
ゴッドバレーの殺戮ゲームは、数年に一度の特定の島を選んでの天竜人の人間狩りを端に発するものだった。その標的にくまもまた参加させられ、そこで後の妻たるジニーと、その兄のイワンコフと出会う。その言動はともかく彼がニューカマーとなったいきさつはもとより、ここでの脱出を切り抜けたいきさつをはじめ、ゲームの商品たる悪魔の実を目当てに、かのロックス海賊団とそれを追うロジャー一味、さらにはロジャーを追ってガープが介入してきたのだ。
先に挙げられたロックバレーの事件。もとはロックス海賊団をロジャーと手を組んだガープが壊滅したという伝えられた事項だったが、実は先述の事情が絡んでいた。しかし未だロックスの姿は確認されず。これもまた後に語られることだろうけれど。
話を戻してジニーとイワンコフとともに島を脱出したくまはとある島へと逃げ延びるのだ。

くまの回想:革命軍へのさんかとジニーの死
島を支配するゾルベ王国のペコリ王の圧政に対抗し、クマたちも果敢に戦うも結局抑えられるが、そこにドラゴン率いる革命軍がニューカマーとして成長したイワンコフとともに介入してきた。くまもまた先に結ばれたジニーとともに革命軍に参加し同じく圧政に苦しむ各地を転戦するも、その途中ジニーがさらわれ、くまもそれを探すために抜けざるを得なくなった。しかし後に脱した謎の病に冒され、くまの目の前で力尽きてしまう。その際に残されたのは一粒種のボニーだった。そんなボニーも母と同じ病に冒されていて、陽の光を避けなければならぬ身で成長を続け、しかも余命は幾ばくもなかったのだった。あとジニーの実年齢が実際より幼いこともここで判明したのだが。

くまの回想:ベガパンクの接触と自らの改造、そして
娘ジニーの病を治さんと、当時世界最高の頭脳とうたわれたDr.ベガパンクのもとを訪れたくま。しかしそこにも彼を半ば監視していた世界政府、ことにその化学部門を総括していた五老星サターンが彼の人体改造と後に彼の人格の消去を条件にボニーの病を治すことを承諾。ここに政府に従順なる王下七武海バーソロミュー・くまが誕生した。
世界政府の命に従うも、海賊といえども無闇な殺戮を避けて戦い、後にスリラーバークにてのルフィたち麦わらの一味と対峙し、シャボンディにて一味の崩壊劇にももっとも関与したことは、ふたたび革命軍のドラゴンと再会し、ルフィが彼の息子と知り得た上で、すべてはルフィたち一味を生かし、さらなる力を得させんがための布石だったのだ。
さておきそのシャボンディでボニーと再会した。故郷の島で病を治しつつ、政府の者~サイファーポールのエージェントに監視された彼女も真実を知るや、その監視の目から脱し、自らも海賊としてやがては後の最悪の世代の一人としてその名をとどろかせる。その際に彼女もまたトシトシの実の力で能力者となり、先の事情から大人の姿で行動したこともここで整合する。しかもエージェントを退けた際になんとルフィに近い体となったことも、やはりニカに対する憧憬がゆえにこうなったのかはこれもまた語られることだろうか。
そしてシャボンディの事件から程なく、ふたたびサターンからくまの人格を消し去る厳命が下る。
それはくま自身の死を意味し、ベガパンクの必死の抵抗もむなしく、断腸の思いでそれを実行する。今までかかわった人たちへの感謝を伝え、今まで突っ走ってきた自らの人生に想いを致しつつ、七武海の一人、バッカニア族の末裔、そして一人の人間たる彼バーソロミュー・くまはその生涯を閉じる。今や兵器と化した自らの肉体を残して。
その際に一味崩壊、実は各地に放逐され雌伏の日々を送る一味の面々のために、彼らの船、サニー号の護衛のプログラムを施され、それは忠実に実行された。
そして彼の肉体、ひいては彼自身の過酷な運命は未だ終わってはいなかったのだ。

くまの回想の結びとこれからの展開
今回くまの人生を中心に本記事を述べてきたが、本題はルフィがニカの力をもってサターンに対そうとするも途中で力尽き、ボニーも捕われて絶体絶命の状態に、さらにはエッグヘッド周辺には海軍の包囲網が。この状況からいかに逆転するかが今後の課題となる。早くて半年、遅くて夏ごろには決着がつければというのが率直な想いなのだが。
仮にサターンと黃猿を倒してもまだ海軍の赤犬、世界政府にて残り四人の老星が、そして同じく四皇として君臨する黒ひげティーチ、おそらくシャンクスと関わりがあるだろう神の騎士団といずれ強敵が待ち構えている。
それらすべてを撃破、あるいは切り抜けて、海賊王の路に到れるか、これもまずはGWにての反省会まで見守っていきたい。

| | | コメント (0)

THE ONE PIECE、ですか

本日サンデーとチャンピオンが年末スケジュールで休載ということで話題記事をば、

さてみなさん、現在クライマックスに向けて好評連載中のONE PIECE。
このたび現在放映中のテレビアニメとは別にNETFLIXにて制作、公開される運びとなりました。
内容はというと原作初回からまさに原作に沿っての制作ということで銀英伝やセーラームーンと同じく純粋なリメイクといったところ。果たしてどれだけのムーブメントを起こせられるかひとまずは楽しみにしていきたいとは思いますが。

| | | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作)23年度12月号

さてみなさん、今回のストロングワーズは、エッグヘッドでの激闘からボニーを通じてのくまの回想より、ゾルベ王国の乱を通じてまさに権力に立つ者の悪意とそれに立ち向かわざるを得なかったくまの苦悩と決意の様をお送りいたします。それでは、ごゆっくり。

・悪意の言葉
「心配するな、人は“肩書き”で勘違いを始める(ペコリ王)」
1097話:ジニー
ソルベ王国を収めるペコリ王、聖地の天竜人に収める天上金のために人々からの搾取を繰り返し、それは募った挙句に南部の切り捨て政策を断行する。
収める天上金を切り詰めるため、表向きでは天竜人にこびへつらいつつ、裏では己の保身のために役立たずと見なした老人ばかりの南部を切り捨てるのだ。

・悪意の言葉
「巨大な幸福の為には・・・時として、心を鬼にして国を改革せねばならない・・・(ペコリ王)」
1099話:平和主義者
一旦は革命軍に屈し引き下がったかと思えば、ゴア王国の焼き打ち政策を聞きつけてか、王国内の焼き打ち政策をも断行する。
これもひとえに天竜人への忠誠と己の保身、何より抑え付けられた欲望の爆発が彼を血迷わせ、まさに権力の亡者と化した。そしてそれにくまがまさに立ちはだかったのだ。

| | | コメント (0)

ONE PIECEレビュー総集編:103~105巻

さてみなさん、今回のホームページ更新は、ONE PIECEレビューの総集編:103~105巻をお送りいたします。
ワノ国の争乱を集結させ、いよいよ最後の海への公開を始めるルフィたち。それはひとえに世界政府の中枢との激闘を意味するものであった。そして訪れた科学の島にて出会った海賊ボニー、そして科学者ベガパンクとの出会いもまた物語に急展開を見せるのだが。
といったところで、それでは、ごゆっくり。

ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>アニメ・テレビ番組・映画>ONE PIECEレビュー総集編・その7
となっております。

| | | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):23年度11月号

さてみなさん、今回のストロングワーズはかつて事項だけを記したゴッドバレー事件の真相(の一部)とそれに関する名ゼリフに値するかの強い意志をここにお送りしたく思います。それでは、ごゆっくり。

・智慧の言葉
「希望があるから逃げ惑うんだろ!?絶望で座り込む人間を殺して何が楽しい!!?
このクソみてェなゲームの中で生き延びることを夢見るな!!!
このゲームから逃げ出すんだよ!!!(エンポリオ・イワンコフ)」
第1096話:くまちー
実は天竜人の殺戮ゲームともいえるゴッドバレーの惨劇。その中で奴隷たちも生き延びたら自由の身になると告げられるも、とどまれば当の天竜人に、逃げおおせても海軍にそれぞれ殺され、生存の道はほぼゼロといってもいい。そんな中、あえて逃げ出すことを告げるのが奴隷の一人だったイワンコフだったのだ。

・生きる言葉
「生まれた時からえらいなんておかしいよ・・・
生まれた時から奴隷なんて生きてる意味がない。
ぼくに今何かの力がついたのなら―ぼくは“ニカ”のように・・・
こんなかわいそうな人達を一人でも多く救いたい!!!(バーソロミュー・くま)」
第1096話:くまちー
ゴッドバレーの殺戮ゲームは、ロックス、ロジャー両海賊団の介入とそれを追うガープの乱入で混乱の体を擁し、そのどさくさでついにくまが悪魔の実を食い“ニキュニキュ”の能力を身に着けるに至る。その直後五老星サターンが乗り出し、そのくまを取り押さえんとする。生まれながらの奴隷と言い募るサターンに異を唱えるくま。その中で“ニカ”の名を耳にしてか、対してサターンもくまに消えるべき存在と返す。
その対峙の結果はおそらくロジャーらの介入からのくまたちの脱出で幕を閉じたのは述べるまでもなかったのだが。

| | | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):23年度10月号(特別編)

さてみなさん、今回のストロングワーズは特別編ということでこれから起こりうるであろう展開について考察したいと思います。それでは、ごゆっくり。

「手を出すなよォ・・・!!!海兵共、私がいま助けに行くぞボニー!!!
あんな幼い子を見殺しにできるか!!!(Dr.ベガパンク“本体(ステラ)”)」
第1093話:ルフィ対黄猿
ルフィと黄猿:ボルサリーノとの激闘のさなか、くまの娘たるジュエリー・ボニーが街へと飛び出し、戦桃丸の助けも受け、海軍の包囲をかいくぐろうとする。そんな彼女の危機を救わんとベガパンク本体本人も飛び出していく。
さてその際に発した「幼い子を見殺しにできるか」との言葉、たしかにボニー自身自他ともに年齢を自在にコントロールできる能力を持ち、件の言葉にてボニー自身は実際幼い少女であるとも読める。しかしそれ以上の意味を持つとも読めるのだが、それは今後の展開を見守っていきたい。

| | | コメント (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):23年度9月号

さてみなさん、今月のストロングワーズは、再び動く本編とともにエッグヘッドに侵攻する海軍並びに世界政府の思惑とひとまずお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。

・智慧の言葉
「わっしは社畜だよ(黄猿:ボルサリーノ)」
第1089話:立てこもり事件
エッグヘッドへの侵攻に合わせ、旧知の戦桃丸との交渉にあたる黄猿、なんとか戦闘を回避せんと戦桃丸に降伏と投稿を持ち掛けるも当然の如く拒絶。逆に侵攻の真意を問われ、言葉をはぐらかしながらもすべては世界政府、暗に五老星の指示と返す黄猿だったが。

・悪意の言葉
「人間の命など“虫”だと思え、減ってもすぐに繁殖する・・・・・!!(ジェイガルシア・サターン聖)」
第1090話:黄猿
麦わらの一味が立てこもるエッグヘッド、そこで海軍を脅迫するルフィだが、それに対し陰ながら指揮を執る五老星サターンも目的のため犠牲を生むこともためらわぬ、それどころか人間を虫と称して斬り捨てんとする。その非情さに対応を求めるドーベルマン中将もまた戦慄を禁じ得ないでいたのだ。

| | | コメント (0)

ワンピース反省会:マリージョア陰謀編並びに海賊島ハチノス編

未来島エッグヘッドにてルフィたち麦わらの一味の争乱の一方、聖地マリージョアにては世界会議後の混乱に合わせ革命軍が襲撃をし、先の四皇の侵攻と合わせて海賊島ハチノスに囚われたコビーを救うべく、SWORD並びにガープ中将が乗り込んでいくのだが。

今回の反省会は作者の尾田せんせいの体調不良等の影響で実質二月の進行ながら、内容的にはクライマックス的な内容な今回。ルフィたちの活躍の一方での争乱をお送りする運びと相成ったわけで、今回も章ごとの紹介にて進めてみましょう。

・マリージョアの陰謀:コブラ、そして革命軍
コブラをはじめとするネフェリタリ家、そもそも世界政府を開設した20組の王家の中で唯一天竜人に参加せず一王国の地位に甘んじているのだが。そんなコブラ、病身を押しての世界会議での参加に続き、政府の中枢、すなわち天竜人の頂点に立つ五老星と会見の場に立つ。
そんなコブラ、ネフェリタリ家の始祖たるリリィ王女のほかにイムなる王女がいたことを指し、それがあの空白に抵触したこともあって五老星の反感を買い襲撃されんとした。それを奇しくも潜入したサボが救出することとなるも、途中コブラは力尽きてしまい、ルルシアに逃げ延びたことに合わせて政府所蔵の超兵器にて島ごと吹き飛ばされるも、島の生き残りを伴っていち早く脱出し、革命軍本体に合流した。そしてそれらの事象がサボによるコブラ王暗殺の報にも連なることにもなるのだが。

・マリージョアの陰謀:ビビとワポルの災難
先のコブラ並びに五老星との会談を奇しくも盗み見する形となったワポル。全体から見れば単なる小悪党でもある彼にとってこの件はあまりにも大ごとだった。後に彼自身逃亡することとなり、加えてCP―0に囚われの身のビビまでも救い出すこととなり、現在モルガンズの預かりとなる。そのモルガンズも事件を大々的に誇張し、世界をかき回すことになるが、これもまた尾を引いてさらなる事件を引き起こすことは今更述べるまでもないのだが。

・マリージョアの陰謀:五老星、動く
コブラとの会見が決裂し、彼を粛正せんと襲撃する五老星。それはあたかも強大な異形の獣のごとくであったとか。
そして後に五老星の一人、ジェイガルシア・サターン聖がエッグヘッドに乗り込まんとする。それに合わせて大将黄猿:ボルサリーノが極秘裏に護衛をする形で。そもそも彼が後のエッグヘッド攻略の総指揮を執り、ジェイガルシアはあくまで内密の下向ということだったが。

・マリージョアの陰謀:チャルロスの再逆襲、そして神の騎士団
世界会議に前後してあのチャルロスが懲りずにしらほしを狙わんとするが、リュウグウ王家に恩義があるミョスガルドがもともと海賊であった八宝水軍に依頼しチャルロスを成敗することとなる。それによりしらほしは救われたものの、ミョスガルドは天竜人の裏切り者と断ぜられ神の騎士団の手によって処刑されてしまった。
その神の騎士団、革命軍のドラゴンですら畏怖する存在でもあり、その頂点に立つガーリング聖、かの緑牛:アラマキと同じく、あるいは彼とは違う意味で強烈な選民思想をもとに支配による正義を実行せんとする。いずれにしても彼ら騎士団が革命軍、ひいてはルフィたちの前にその強大な戦力をもとに立ちはだかるのは今更語るまでもないのだが。

・エッグヘッドへの侵攻、そして超兵器の秘密
それらの諸事件を経て今海軍を中心にエッグヘッドへの侵攻が進行中となるのだが、そんな折、ベガパンク本体並びに総体を裏切った“欲(ヨーク)”と五老星との交渉において、彼のルルシアを消した兵器の名が“マザーフレイム”で、それを製造することができるのがエッグヘッドであること・たしかに先に使用したのはそれ以前に秘蔵していたもので、それらを量産化することで世界そのものを焼き尽くすほどの戦力を保有できること、それを危惧しての侵攻でもあり、その上で“欲(ヨーク)”が交渉に出たのだが、すでにルフィたちに確保され、海軍並びに五老星との対峙は待ったなしの事態となった。
ともかくもただでさえ急展開の事態にさらなる拍車がかかるのは今更述べるまでもなく、年末までにどれだけ進行するかは分からないが、ともかくも来冬の反省会までお会いしましょう。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧