ONE PIECE

ONE PIECE反省会:ホールケーキアイランド編(その3)

マムの育ての親たるマザー・カルメルの写真を壊され、暴走状態となったビッグ・マム、その隙にマムを討伐せんとしたがマム自身の強大さと配下の子供たちの鉄壁のガードとともにそれが果たせず、魚人島の玉手箱爆弾の爆発を機にひとまずサンジとともにこの場を脱出せんとする。しかしなおもマムの追撃は収まらないのだったが。

ということでいよいよ佳境に入らんとしたボールケーキ・アイランド編事情によって今回は通過点的なレビューにとどまりますがあしからずご了承ください。

 

・ビッグ・マム:シャーロット・リンリンの知られざる秘密、

かつてその底知れぬ食欲ゆえ親にも捨てられた彼女、やがてその食欲が純粋な悪意に変わり、一時滞在したエルハブ、引き取ったマザー・カルメルまでも餌食にし、ついには大海賊にして四皇ビッグ・マムとして名を馳せた。たしかに彼女もなるべくして海賊になったのだが、カルメルもまた政府の回し者ということで、結局時代と世界に踊らされた帰結ともいうべきなのだが。

・政府の隠し玉

マムの娘プリンの結婚式に招待された歓楽街の女王ステューシー。しかしその実体は政府直属の諜報機関CP-0の工作員だった。その目的はビッグ・マムの監視はもちろんのこと、その他の裏社会の要員対策はいうまでもない。つまりは彼女によって裏社会の情報は政府に常に筒抜けということで。ということはスカウトされたルッチのほかにもCP-0、ひいては藤虎をはじめ海軍や政府の中にもまだまだ隠し玉がいるといったところか。

・戦いの帰趨

ひとまず逃亡したルフィたちだったが、このまま逃亡は成功するだろうか。述べるまでもなくこの戦いもまだまだ序の口を抜けたばかり。その次にはカイドウとワの国のつわものが待ち構えている。しかしひょっとしたらマムのいわゆる喰い患い、料理人たるサンジが決め手となるだろうか。あとシャーリーの予言である魚人島の崩壊も気になるところだけど。そしてプリンの動きも今後の切り札足りえるかといったところで。

いずれにしてもそれらをかんがみた上で次に控える戦いにおいてルフィたちが全員集合してことに臨めるだろうか、それとも、といったところで年末の反省会でまたお会いしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):17年度8月号

さてみなさん、今回は一身上の都合でドレスローザにおけるウソップの名ゼリフ集をお送りする運びです。紆余曲折と悪戦苦闘の末、大海賊ゴッドウソップへの路をここのお送りできればと思います。なお来月辺りから先年の劇場版FILM GOLDの名台詞をお送りできればとも思っておりますが。

まあなにはともあれ、それでは、ごゆっくり。

 

ドレスローザ編ダイジェスト:ウソップ編

 

・別れの言葉

「脱出成功!!許せ・・・!!トンタッタ族。そうだ、おれは、

お前らの勇姿を絵本に書いて後世に伝えよう

「正直者トンタッタ」

いいタイトルだ。おれは生きねばならぬ!!大体悪いのはフランキーだ!!

なぜ来ねェ!!?ヒーローなんてウソの為に死んでたまるかバカヤロー!!!

第740話:頼む

 

・戦う言葉

「おれの名はウソップ!!!よく覚えとけトンタッタ!!

もしおれが死んだときは!!ノーランドの像の横に銅像を建てろ!!

今からおれが!!!お前らの“伝説のヒーロー”になってやる!!!

第741話:うそつきウソランド

 

・智慧の言葉

「計算どおりら・・・・・」

「あどはおれの仲間をたよれ・・・戦いは・・・ごれがらだ・・・・・」

第743話:激震のドレスローザ

 

ドレスローザ解放作戦の際にヒーローに仕立て上げられ、ひとまず彼らを頼り潜入したまではよかったが、いざ彼らが敗れ(ついでにシュガーによってロビンがオモチャにされ)たのを機にウソップは一時逃亡をはかる。

しかし打ち倒されつつも自分を信じ続ける彼らに根負けし、ついにウソップも肚を決め、トレーボルらに立ちはだかる。

結局打ち負かされるも悪運によりシュガーが倒れ、オモチャたちも解放に至る。

こうしてウソップはトンタッタに、そしてコロシアムの戦士たちに、真の英雄と認められ。その後大いなる力を得るきっかけにもなるのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ONE PIECE海外ドラマ化、ですか

さてみなさん、現在も絶大な人気を博している我らがONE PIECE、何とハリウッドでドラマ化すると最近巷で話題となっていますが、編者としてもひとまずの所見を述べたいと思います。

まず製作するのはプリズンブレイクの製作スタッフとか。そのPBはもちろん、ジョニー=デップ主演のパイレーツ・オブ・カリビアンと合わせたようなノリで制作されるかもしれない。編者としても一抹の不安はぬぐいがたいがひょっとしたらかつての実写版ドラゴンボールのイメージに受け止められるかもしれない。まあせめて銀魂レベルの人気に持ってほしいのだけれど。

ともかくもこれはこれで期待はしたいと思うのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ONE PIECEレビュー総集編:73~75巻

さてみなさん、今回のホームページ更新は、ONE PIECEレビュー総集編の73~75巻分をお送りいたします。

ドフラミンゴが支配するドレスローザを解放するため力を貸すこととなった麦わらの一味。はたしてその戦いの帰趨やいかに、そして今後の展開を決めることになる経緯もここにお送りすることになろうとは。といったところで、それでは、ごゆっくり。

 

ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから

ENTER>アニメ・テレビ番組・映画>ONE PIECE・その5

となっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):17年度7月号

さてみなさん、今回のストロングワーズは、ドレスローザ編において打倒ドフラミンゴを陰で支えた一人の英雄の戦う様を名ゼリフで追って述べたいと思います。それでは、ごゆっくり。

 

ドレスローザ編ダイジェスト

・愛の言葉

「戦う為の身体じゃないんだ。おもちゃは所詮子供が大人になる前に・・・壊れてしまうものなのかも知れない。すまんレベッカ・・・!!不器用な父はただ・・・!!強さしか教えられない!!(片足の兵隊(キュロス))」

第733話:兵隊さんの欲しいもの

 

・愛の言葉

「すまなかったレベッカ。未来のない”オモチャ“だった私には・・・戦いを教えることしか・・・できなかった・・・・・!!

母親に似て・・・心の優しいキミなのに・・・・・!!

だが今日で最後だ・・・・・!!

もう・・・戦わなくていい(キュロス)」

第757話:切り札

 

・愛の言葉

「・・・私の戦いだ、レベッカ!!!剣を・・・捨てろ・・・・・!!!

・・・せっかく・・・10年・・・・・母の願いを・・・守り抜いたのだろう!?

あのコロシアムに立ってなお、人を傷付けなかった・・・!!お前の手はまだ、美しい!!!

その手こそ母スカーレットの宿る手だ!!!

こんな外道の血で!!!今更、その手を汚すことはないっ!!!お前に剣は振らせない!!!(キュロス)」

第776話:コロシアムの英雄

 

ドフラミンゴ配下のシュガーによって、片足の兵隊となり、同じく忘れられた存在となったドレスローザの英雄キュロス。一時は娘レベッカに自らの業を託さんとしたが、シュガーが倒され自らを取り戻したからにはもはや娘に闘いの業苦を味あわせまいと、自らが闘わんと告げレベッカに剣を置くよう言い渡す。

力を取り戻したならば傷付くのは己一人。体を張って仇敵ディアマンテに立ち向かわんとした男の矜持、そして優しさに根差した誇りがここにあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):17年度6月号

さてみなさん、今回のストロングワーズも、ビッグ・マムとの決戦に際し、人々の強き意志を込められた名台詞をお送りいたします。それでは、ごゆっくり。

 

・智慧の言葉

「断る、あんたは少し先の未来が“見えるだけ”

別にそれが見えなくても、

未来を変える権利は、皆 平等にあるんだよ!!!(カポネ・ベッジ)」

第864話:ヴィンスモーク家皆殺し計画

結婚式のお茶会にかこつけてのヴィンスモーク一族の皆殺し計画は決行されようとしていた。飴細工で身を固められたジャッジたち。しかしルフィたちの乱入で場内は混乱、事態を重く見たカタクリは居合わせたカポネにジャッジたちの抹殺を言い告げるがカポネはにべなく拒絶する。こればかりはカタクリも予想外、否、考えうるもそれを見ることを怠ったが故のことであったか。

 

・智慧の言葉

「あなたの優しさを見くびってた。こんな私達を置いて逃げることもしないのね・・・!!!

私はヴィンスモークの名を恨み・・・恥じて生きてきた・・・!!!

でも成長したあなたを見て・・・

救われたのよ、私・・・!!

一族の血に・・・まだ“良心”が残っていたから。

ありがとう、サンジ(ヴィンスモーク・レイジュ)」

第865話:ねえマザー

迫りくるヴィンスモーク一族の処刑に際し、颯爽と現れたサンジ、他の兄弟たちは相変わらず冷淡というより無表情なのに対し、レイジュだけはサンジの到来を心から喜んだ。それは一族の“兵器”として生まれた彼女に残された感情を喜びつつ、自分の最期に対して果敢に守らんとするサンジに対する精一杯の感謝の言葉ももめられていたのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):17年度5月号

さてみなさん、今回のストロングワーズは、いよいよ佳境に差し掛かるビッグ・マム編において、反撃に転ずるジンベエの強き意志とこれからの希望を語られる様をここにお送りします。それでは、ごゆっくり。

 

・戦う言葉

「未来の『海賊王』の仲間(クルー)になろうっちゅう男が、『四皇』ごときに臆しておられるかァ!!!

寿命を取らんのなら、盃は返上する!!

これにてビッグ・マム海賊団をやめさせて貰う!!!

・・・どうもお世話んなりやした(ジンベエ)」

第863話:義侠派

ルフィたちの結婚式ぶち壊し作戦にてルフィを狙うカタクリを阻み、ついでにビッグ・マムとも対峙することになったジンベエ。

敵対することとなったマムは、契約破棄の代償としてジンベエの寿命を要求する。が、自身に対する恐怖をパワーソースとした能力だけに、すでにマムへの恐怖はみじんも感じず、むしろ己の強き意志でマムとの決別を宣言する。その迷いなき言葉に、マムも憤慨と動揺とともに反撃をするのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ONE PIECE反省会:ホールケーキアイランド編(その2)

政略結婚の真の狙いはジェルマの乗っ取りとヴィンスモーク一族の抹殺だった。サンジは家族への絶ちがたい想いから、ルフィと再びヨリを戻す。のちにジンベエとも合流し、本来敵でもあるカポネ・ヘッジともジンベエの仲介で共闘することになり、ここにビッグ・マム攻略作戦が繰り広げられる運びとなったのだが。

 

さていよいよ佳境にかからんとするホールケーキアイランド編。今回も各ファクターごとに述べたい。

 

・四皇ビッグ・マム(続報)

今期の宿敵たるビッグ・マム。白ひげの例を挙げるまでもなく、四皇だけあり個人の攻防の実力は甘くは見られない。

そんな彼女にも攻略の糸口があった、おそらく彼女の育ての親たるマザー・カルメルなる人物の写真。それが損なわれんとするや精神的ダメージを喰らってしまう。そこをついて攻めんとするのだが。

もう一つの要素として魚人島から奪った玉手箱、あれには強力な爆弾が仕掛けられたという。どれほど強力かは開けてみなければ分からないが、今後の展開に影響を及ぼすのはいうまでもないけれど。

・ヴィンスモーク一族(続報)

プリンとの政略結婚に際して始末されることになる彼ら、はたしてむざむざとやられるか否かは今後の展開次第だけど、やはり人の心をあてにはしない彼ら、助ければ助けたで厄介な相手となるのはことさら述べるまでもないけれど。

・カポネ・ヘッジ

ルフィと同じく台頭してきた“最悪の世代”その一人のカポネ・ヘッジ。

ひとまずビッグ・マムの下につき、任務のために仲間であるはずのペコムズをも抹殺せんとする非情さとシロシロの能力からの強力さはともかく、ここ最近になって残忍さもあわさって、あらためてキャラが立ってきた。いずれは倒さなければいけない相手だろうと思いきや、結婚式の陰謀を食い止めんと共闘するはめとなった。やはり彼も同じく味方になればなったで面倒な存在でもあるのだが。

ちなみに前者2組に比べ、一物を抱えていたことが判明したプリン。とはいえ彼女の性格の歪みは生活環境ゆえのことだから、ひょっとすれば彼女はすんなりと味方になれるかもしれない。

・戦いの帰趨とまとめ

以上の事情を踏まえ結婚式の陰謀を阻止せんとするルフィたち、しかし相手は海賊の頂点に立つ四皇の一人とその配下のつわものたち。先のドフラミンゴもそうだったけれどルフィたちも一味全員がそろわずに対しなければならなかった。もっともドレスローザの場合は新たに配下になったコロシアムのつわものたちがドフラの部下たちに互角に渡り合うことができた。対してマムの部下たちはそれ以上のつわもの、まして味方はジンベエ以外心もとない感もする連中でもある。

それでもマムの猛攻が迫る中、命の綱ともいえるカルメルの写真を破壊し先端が開いたかにみえたが。

さておきドレスローザ同様ホールケーキアイランドも、次に控えるワの国編に比べればまだ小手調べだともいえる。そのためには強すぎる敵と厄介な味方をそれぞれ対処しなければならないのだ。はたして夏までに決着はつくのかと、一応は期待はしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):17年度4月号

さてみなさん、今回のストロングワーズはいよいよビッグ・マムとの対峙に向けて意気込むルフィたちの想いをここにお送りできればと思います。

今月はこちらで、それでは、ごゆっくり。

 

・智慧の言葉

ジンベエ「ビッグ・マムは好きか?」

ルフィ・カポネ・シーザー「嫌いだ!!!

ジンベエ「それを『連合軍』と呼ぶんじゃ!!

殺し合いなら後でもできるが 今手を結べば お前達全員に“利”がある!!

第858話:会議

いよいよビッグ・マム攻略に向け、ルフィ、カポネ、シーザーを交えて会議を始めるも、それぞれ遺恨がある三人がそうそう話をまとめられるはずもなく、やはり紛糾してしまう。

そこでジンベエはビッグ・マムへの嫌悪を問い、ひとまずその利害で意見を合わせることができたのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ONE PIECEレビュー総集編:70~72巻

さてみなさん、今回のホームページ更新は、ONE PIECEレビュー総集編としていよいよドレスローザ編に差し掛からんとする運びです。

七武海ドフラミンゴが治める背徳の島ドレスローザ、そこでの交渉と彼が開始するコロシアムに潜入したルフィが後の大いなる戦力と出会う様をお送りできることでしょう。

ひとまずはこういったところで、それでは、ごゆっくり。

 

ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから

ENTER>アニメ・テレビ番組・映画>ONE PIECE・その5

となっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧