サムライスピリッツ

チャムチャム<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>

チャムチャム・ストーリー

さてみなさん、今回の剣サム2は、グリーンヘルの炎の巫女チャムチャムのシナリオをお送りいたします。

真サムにてタムタムの代わりとして大活躍した彼女。その後タムタムの復帰でいまいち活躍の場が得られないかなといった感もあったけれど。原作剣サムでの活躍で一安心した思い出もありました。はたして今回の闘いの行方はいかにということで、それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

南米グリーンヘル、炎の巫女としてタムタムの手助けをしていたチャムチャムも、今回の武道会でワクワクする冒険と闘いが楽しめると意気込みつつも、ひとまず巫女のお勤めも忘れずに乗り込んでいく。はたして今回の争乱は何をもたらすのか。

 

ライバル戦その1(対リムルル)

・仕合前

チャムチャム「あっリムルルだ、久しぶりに仕合えるのは楽しみだよね」

リムルル「闘いはイヤだけど、チャムチャムと仕合えるのなら楽しみだよね」

チャムチャム「お互い巫女のお役目は忘れちゃいけないから、これも修行のつもりでいこう」

リムルル「そうだね、この仕合で少し強くなれればいいね」

・仕合後

チャムチャム「もうちょっとかな、炎と氷ならぶつければハデにはじけられたけれどね」

リムルル「ハデなだけじゃやはりダメかな。その気に負けない心と体を鍛えなきゃ」

チャムチャム「この次も仕合えればいいけど、まずボクが先に行くよ」

リムルル「うん、それだったら、気を付けてね」

 

ライバル戦その2(対タムタム)

・仕合前

チャムチャム「タム兄ちゃんがお相手だったらボクも気を引き締めないとね。ふつかモノですが、よろしくお願いします」

タムタム「アオッ、たむたむモちゃむちゃむノ成長見届ケル、コレモ楽シミ」

チャムチャム「ボクだって巫女のお役目を忘れちゃいられないから。でもどれだけ成長してるかな」

タムタム「遠慮ナクカカッテクル。コレモ侍ノ教エ」

・仕合後

チャムチャム「ちょっとキツかったけどまずは一本だね、もうちょっと修行しなきゃいけないけど」

タムタム「ウム、ココ一番ノ大勝負、ちゃむちゃむ対シナケレバナラナイ」

チャムチャム「ここにきてまだ大きな闘いがあるんだね」

タムタム「大丈夫、イザトナレバたむたむツイテル。デモナルベクちゃむちゃむ力尽クス」

チャムチャム「うん、ボクがんばる」

 

中ボス戦(以下4組の中から2組選択)

・萬三九六編

三九六「おう、俺様の強さに見惚れてるのか、まあおめえが良けりゃ付き合ってもいいけどよ」

チャムチャム「うん、ちょっと強そうじゃないけど、悪い人なら懲らしめちゃってもいいかな」

三九六「何だとこのガキ、どうやら痛え目を見てえようだな、だったらほえ面をかくなよ」

 

・黒河内夢路編

夢路「純真にして天真爛漫、あなたもまた仕合で傷付けるは本意ではないのですが」

チャムチャム「そんなに悪い人には見えないけれど、ちょっと思いつめると疲れるだけだよ」

夢路「これも性分なれば救われませんね、あなたの笑顔は本来守るべきなのですが致し方ありません」

 

・ドラコ編

ドラコ「たまには動物を狩るのも悪くはない。まずは傷付けて悲鳴を上げさせることにするか」

チャムチャム「まだ慣れたわけじゃないけど、今更鉄砲に怖がっちゃ、炎の巫女の名折れだからね」

ドラコ「さしあたっては大人しくしてろよ、無駄なあがきで襲い掛かられたら面倒だからな」

 

・アスラ編

アスラ「炎の巫女か、その炎で俺の憎炎を浄めんとするのか、これも面白い」

チャムチャム「うん、魔界の人なのは分かるけどね、やはり目が寂しそうだなあ」

アスラ「俺の哀しみだと、いや俺の心は誰にも分からぬ。お前も俺の闇を見てみるか」

 

対歴代ボス戦

チャムチャム「またまた大変なことになっちゃったな、でもがんばらなきゃね」

・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。

「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」

・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

 

対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)

・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

 

・闇天草編

天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めた!!!

チャムチャム「石の力で闇に堕ちちゃったんだね、ボクが祓えればいいけど、どうしよう」

 

・鬼斬紅郎編

斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!

チャムチャム「動いたら斬られそうだなあ、でもボクだって刀の動きを見切れたら」

 

・真ゴルバ編

ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!

チャムチャム「また悪いことしようとするんだねおじさん、だったら懲らしめてあげるよ、ちょっと怖いけど」

 

・魔界我旺編

我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!

チャムチャム「国だか何だか分からないけど、おじさんも世の中を荒らそうとするならボクが許さないよ」

 

・羅将神ミヅキ編

ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!

チャムチャム「また石の力を奪おうとするんだね、ボクらがいる限りそんなことはさせないよ」

 

最終戦(対壊帝ユガ)

「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。

我が名は、壊帝ユガ

今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」

チャムチャム「今までのよりずっと強そうな人だなあ、でもここは一発ボクの力をすべてぶつけなきゃね」

 

エンディング

魔を討ち祓い、世には再び平和が戻った。グリーンヘルではやはりチャムチャムが暇を持て余していたかにみえた。

「こう平和だと何もできないね、久しぶりにみんなにも会いたくなっちゃった」

そこでタムタムも一つの提案を持ち掛ける。

「アオッ、イツモ無理ダガ、時折ミンナノモト訪レルモイイ。コレわんばっく王子ノゴ依頼」

「王子さまのご依頼ならボクも喜んで行かなきゃね。今から楽しみになっちゃった」

ということで、ナコルルたちにのもとに遊びに行くついで、やはり多くの騒動にも巻き込まれ、それを解決することにもなる。

そんなチャムチャムの冒険譚、機会があればまたいつか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャムチャム対ティンクル・どき魔女系キャラ<バトルコロシアムD.A.S>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアムD.A.Sより、チャムチャム対ティンクル、どき魔女系キャラのシナリオをお送りいたします。

ティンクルとどき魔女、いずれもADK系のキャラクターということで、その版権を受け継いだ今のSNKさんとしては盛り上げてもいいと期待を込めて今回シナリオを組んだつもりです。

とりあえずこういうことですので、それでは、ごゆっくり。

 

ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから、

ENTER>ゲーム>バトルコロシアムD.A.S>チャムチャム

となっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つなみ<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、携帯関係でのいろはのライバル、つなみのシナリオをお送りいたします。巨大な盾を振りかざし守りとともに攻めの闘いを繰り広げることでしょう。果たして彼女の闘いの先にあるものはいかに、ということで、それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

松島亀仙の末裔つなみ

界隈に居住している浦島仙人の世話をしながらも、凶事の元凶たる魔の動向を監視し続けていた。

今回新たに開かれる武道大会を受け、旧知のいろはが出場するのを受け、彼女もまたお節介と思いつつも闘いの場に乗り出だすのだった。

 

ライバル戦その1:対いろは

・仕合前

つなみ「あらいろはさん、相変わらず呑気に構えていらっしゃいますわね、しかしあなたもそれなり勝ち進んでいらっしゃることには変わりはないのですが」

いろは「ああ、つなみさんもこの場に来られたのですね」

つなみ「いずれこのことが起きるのは必然。ここでお互いが仕合い、きたる闘いに備えねばなりませんわ」

いろは「そういうことならば喜んでお手合わせいたします、ですが手加減して下さいませ」

・仕合後

つなみ「ひとまずはこんなところですが、少しもの足りませんわ」

いろは「うーん、やはりかないませんです、ですが今一つ精進しなければなりませんね」

つなみ「それは期待させて頂きますわ、ここは私にお任せなさいまし。ええ、必ず帰って参りますわ」

いろは「はい、お気をつけて」

 

ライバル戦その2:対雲飛

・仕合前

つなみ「これは雲飛さま、貴方がお相手となればある意味重畳というべきでしょうか」

雲飛「そうさのう、この役目は儂が受け持つべきであるが、ここでそなたと競うはやはり不本意なれど」

つなみ「私がお役目を受け継ぐか否か、まずは自らを試すべきでしょうか」

雲飛「これもそなたらしいのう、しかしそなたの技量も見る価値はありかな」

・仕合後

つなみ「私としてもすべての技量をかけてお手合わせ申し上げましたが、やはり力押しでしたかしら」

雲飛「しかし、それもまたよしか、たしかにそなたに行かせるのは不本意だがのう」

つなみ「ここで任されたからにはご期待に添わなければなりません。どうかこのつなみをお信じなさって下さいまし」

雲飛「ふむ、こういうところは浦島も苦労しているのう」

 

中ボス戦(以下4組の中から2組選択)

・萬三九六編

三九六「さあて姉ちゃん、その変な板っ切れを捨ててこの俺のものになったらいい目見せてやるぜえ」

つなみ「まずは愚問ですわね、その愚かさに気づけとは申しませんがせめて倒すのも情けというべきでしょうか」

三九六「俺に抗うってのか、そいつが無駄なことだってこと、ちっとはお仕置きが必要だよなあ」

 

・黒河内夢路編

夢路「貴女の固き意志が世を護らんなら、時代を切り開くも難からぬものもありましょうや」

つなみ「そう気負うものでもありませんね、あなたも重く考えねば楽に生きられたものを」

夢路「これも性分なればまこと救い難きもの、されど今はその救い難さに身を委ねましょう」

 

・ドラコ編

ドラコ「やっと会えたなお嬢さん、お前のその下らん盾をようやく撃ち抜くことができるからな」

つなみ「全く愚劣極まりますわね、命をゴミ扱いするはあなた自身も否定するものですわよ」

ドラコ「ぬかせ、俺は勝つのではなく殺すのが好きなんだ、お前も潔くこの銃で花と散れ」

 

・アスラ編

アスラ「今度は亀仙か、果たして俺の武器をどれだけ耐えることができるというのか」

つなみ「すべてを耐えうる必要もありませんが、打ち破ってこそあなたが納得がいく負けを与えんとしますか」

アスラ「お前に鎮められるわけにはいかんな、俺の怒りは誰にも収められん」

 

対歴代ボス戦

つなみ「さてあと一息ですわね、早く面倒ごとを済ませて帰ると致しましょう」

・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。

「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」

・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

 

対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)

・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

 

・闇天草編

天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!

つなみ「真の聖者は恨みを残さぬ者、いかなる縁で恨みを抱かねばならぬのですか」

 

・鬼斬紅郎編

斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!

つなみ「我が盾とあなたの刃、まともにぶつけて斬られるわけには、やはりいきませんわね」

 

・真ゴルバ編

ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!

つなみ「所詮は貴方も力のみを頼る方、そのような卑屈で強者を名乗るはまさに笑止ですわね」

 

・魔界我旺編

我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!

つなみ「まったく國のみを鎮めんとは器の小さき事、どうせなら世そのものを鎮めて下さいまし」

 

・羅将神ミヅキ編

ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!

つなみ「舞い戻りましたわね羅将神、大日の御名にかけ今度こそ鎮めてごらんに入れますわ」

 

最終戦(対壊帝ユガ)

「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。

我が名は、壊帝ユガ

今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」

つなみ「貴方を鎮めるは亀仙冥利に尽きるとは申せませんが、こうなれば全力をもって対しましょう」

 

エンディング

凶事を収めていくばくか経ち、雲飛がつなみ及び浦島仙人のもとを訪れた。仙人の先輩たる雲飛は浦島たちに思いがけない言葉を告げる。

「本当の来たるべき刻はいずれ訪れる。その刻はむしろ天空から訪れる」と。

それは望むところと浦島とつなみ、そこにはいろはと若者~実は片鱗ありと先に雲飛が告げていた~そして覇王丸がともに応えるのだった。しかしその時はその時とばかりに宴の時に移っていく。

今はただ酒の香りと肴の味に身を委ねる一同だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろは<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、鶴仙の化身いろはのシナリオをお送りいたします。

ひとえに旦那様のため、今日も流麗な剣舞を披露する彼女、そしてそれがい大いなる使命へとつながる様をも描ければということでお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

出羽鶴仙の末裔たるいろはは、今日も旦那様のお世話をする傍ら、またも台頭する魔の波動を感じ取り、それを鎮める刻は近いと仙人雲飛から告げられる。またも闘いかと危惧するも、もたらされた武道会の報せに、かすかに上がる意気を感じるいろはだった。

 

ライバル戦その1(対つなみ)

・仕合前

いろは「ああ、つなみさん、やはりこの場に来られたのですね」

つなみ「なにを呑気なことをおっしゃっているのですか。このようなことが訪れるはご存じのはずです」

いろは「それは案じなかったではないのですが、避けられ得ぬならばせめて退けねばなりません。それをどちらが成し得るか、仕合えば分かりますか」

つなみ「本当に分かっていらっしゃらないですわね、私に勝つ気概なくば退魔の業も成し得ぬのですよ」

・仕合後

いろは「何とか勝つことができました。何事も成せばなるということでしたね」

つなみ「まったく、世話が焼けますわ、しかしながら私などはまだ序の口。ここは今一つの奮起を要しなければいけません」

いろは「はい、つなみさんとの仕合の気持ちを忘れずに今後も闘い抜きたいと思います」

つなみ「まあこれは、期待させていただきますわ」

 

ライバル戦その2(対ミナ)

・仕合前

いろは「ああミナさん、この儀に際し仕合わねばならないということですね」

ミナ「それは承知の上よ、明日のために闘い抜かなければいけないの、あなたも、そして私自身も」

いろは「互いを活かす仕合たりえれば、挑んでもしくはないのですが」

ミナ「徒な闘いはしないつもりよ。私たちのつとめを義しきものにするために」

・仕合後

いろは「なんとか勝つことができましたが、大丈夫ですが」

ミナ「今は気遣いはいらないわ、私の想いは受け止めたはずだから」

いろは「この想いが軽からぬものなれば、必ずや成就しなければいけませんね」

ミナ「期待はしているわ、護るものあれば人は強くなれる。これもあなたが教えてくれたことだから」

 

中ボス戦(以下4組の中から2組選択)

・萬三九六編

三九六「とうとう追い付いたぜえ、今からおめえの旦那に強え武器を造ってもらうんだ」

いろは「そのようなことに旦那様を使わんとは、ここはあなたを退けさせていただきます」

三九六「いちいち抗うんじゃねえよ、だがおめえを人質に取るも悪くねえな」

 

・黒河内夢路編

夢路「鶴仙の方ですね、世の乱れに関わった私を訪ねるもまず当然の仕儀なのですが」

いろは「あなたも武をもって制せんとするならば、その力添えもしたいところですが」

夢路「まずは貴女との仕合にて、お互いの武を極めんも、また破魔の儀なれば」

 

・ドラコ編

ドラコ「ようやく会えたなお嬢さん、お前を撃ち取らんとする時を、どれだけ待ったことか」

いろは「ああ、銃の方ですね、怖れてはならぬと分かっていながら震えが止まりません」

ドラコ「安心しろ、体の震えはすぐに止まる。だがそれなりに鳴いてもらおうか」

 

・アスラ編

アスラ「鶴仙か、まさに魔界に踏み入らんとはいかなる酔狂だ」

いろは「私も皆様が安心して暮らせるために先にいかねばならないのですが」

アスラ「いずれにしても俺の前に立つならば払うのみ、お前も踏み越える覚悟を決めろ」

 

対歴代ボス戦

いろは「ついにここまで来ました、すみやかに収めて、再び旦那様のもとへ

・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。

「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」

・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

 

対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)

・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

 

・闇天草編

天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!

いろは「信仰までもが魔に堕していく、我が舞いで貴方の魂が鎮まるならば

 

・鬼斬紅郎編

斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!

いろは「斬ることで魂を満たすなら、それらの魂をも貴方を鎮めなければいけませんね

 

・真ゴルバ編

ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!

いろは「力のみの貴方なれば、人を幸せにすることも叶いませんゆえ、鎮めて差し上げます

 

・魔界我旺編

我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!

いろは「世の哭く声は感じます、されど貴方の武もそれを招くならば、食い止めることと致しましょう

 

・羅将神ミヅキ編

ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!

いろは「如来さまの影なれば、私が鎮めるは憚り多きことなれば、慎んで鎮め奉りましょう

 

最終戦(対壊帝ユガ)

「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。

我が名は、壊帝ユガ

今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」

いろは「ついにお姿を現しましたね、私も鶴仙として、貴方を鎮めさせて頂きます」

 

エンディング

幾日か経ち、旦那様のもとに覇王丸様が訪れて、自らの太刀を鍛えてほしいとお頼み申しました。

はじめ炎も鎚も通じませんでしたが、むしろ旦那様が太刀に鍛えられるかのごとく、やがて太刀も鍛え上がり、覇王丸様もそれに満足して下さいました。

「まだまだ若えが、お前さんも道を極めんとする。いずれあの仙人さんと同じになるかな」と申し上げ、家を後になさいました。

そのお言葉に、何故か私も胸が暖まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キリアン<サムライスピリッツ・天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、火傷するよな熱い男キリアンのストーリーをお送りいたします。息もつかせぬレイピアさばきでちょっといなせないい男キリアンの闘いぶりをここにお送りできればと思っております。それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

スペインの熱き男キリアン。闘牛と酒と女、どれもが充実した毎日を送れているものの、やはり満たされない想いの中にいた。

そこにもたらされた武道会の報せ。久しぶりに充実できればとの想いで彼も再び戦いに赴くが。

 

ライバル戦その1(対ヴァルター)

・仕合前

キリアン「まずはあんたと仕合うのか、しかしあんたは気に入っている、いい仕合ができそうだ」

ヴァルター「やはり貴公が相手とは光栄の至り、なれば我が全身全霊で貴公に挑もうではないか」

キリアン「あんまりマジになられても困るが、それじゃ俺の騎士道に許されねえ。できる限り力を尽くすさ」

ヴァルター「これも頼もしい、いざ貴公の士道、存分にぶつけられよ」

・仕合後

キリアン「たしかにいい仕合だったな、もう少し楽しみたかったが、ここは次に取っておくか」

ヴァルター「お見事なりキリアン殿、しかし更なる強者も未だひしめいている。貴公ならば余計な心配は無用だが」

キリアン「お心遣いは感謝しておくよ、まあそれが故に一層頑張らねえとな」

ヴァルター「それも期待させて頂こう、ともかく、ご武運を」

 

ライバル戦その2(対J)

・仕合前

キリアン「熱い闘いを求めてここまで来たが、ここらでお前さんで肩慣らしと洒落込もうか」

J「俺もあんたとは仕合たかったからな、俺も熱い闘いってもんができそうだぜ」

キリアン「そうだな、お互い熱く生きなきゃ意味がねえ、まして命をかけるのもな」

J「命ってまでは分かんねえが、まずは全力でやっていくか」

・仕合後

キリアン「ひとまずはこんなところだ、全力は出すまでもないが、まずは満足だな」

J「俺も闘い足りねえが致し方ねえ、こうなったらあんたを応援させてもらうぜ」

キリアン「こいつは有難いな、お前さんなら気休め以上だからな」

J「それじゃあ、いつかまた手合わせしようぜ」

 

中ボス戦(以下4組の中から2組選択)

・萬三九六編

三九六「おい細いの、そのきれいな剣置いてきな、そしたら楽に死なせてやるぜえ」

キリアン「いずれお前に殺られる理由はないな、しかしそっちも一振りで終わると思うなよ」

三九六「まっさかこいつで俺の武器に立ち向かうたあ、笑い話にもならねえよな」

 

・黒河内夢路編

夢路「貴方にも風流を感じますね、たしかにそれのみでは闘い抜けぬことは承知の上ですか」

キリアン「その物言いはともかく、斬らずにすめばいいが、ここは致し方ないな」

夢路「たしかに愚問でしたね、なれば散る華の如く悔いのない仕合をしたいものです」

 

・ドラコ編

ドラコ「命のやり取りにそもそも貴賤などはない。だがお前は俺の殺しを賤しいと蔑んだ」

キリアン「残念ながら事実ってやつだ、お前の存在がまっとうな無法者に失礼だな」

ドラコ「まずはどこを撃ち抜いてもらいたい、俺の前で楽に死ねると思うなよ」

 

・アスラ編

アスラ「お前は何のために闘う。冷淡に振る舞いつつも秘めたる心はやはり熱すぎる」

キリアン「俺もお前と同じだな、ただ感情に流されずに闘いたいだけだ」

アスラ「お前も憎しみを超えた闘いか、ならばいなしてみるがいい、お前の業と信念で」

 

第8回戦(対歴代ボス戦)

キリアン「これより現れる魔物がどんなものか、まあ下手な闘牛よりは闘えるな」

・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。

「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」

・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

 

第9回戦(下記5組から1組を選択)

・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

 

・闇天草編

天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!

キリアン「俺も自らの意志とこの剣でやってきた、今更あんたの神の慈悲は受けたくないな」

 

・鬼斬紅郎編

斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!

キリアン「斬って散らせるがサムライの闘いか、ならばあんたにふさわしい闘いをしなきゃな」

 

・真ゴルバ編

ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!

キリアン「俺も闘わねえ奴は嫌いだが、何でも力でねじ伏せる奴はもっと嫌いだね」

 

・魔界我旺編

我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!

キリアン「力しか信じねえあんたにはロマンがねえ、そういう奴にはやはり負けられねえな」

 

・羅将神ミヅキ編

ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!

キリアン「たしかにあんたも美しい、いかなる毒華も優しく手折ればせめてもの餞になるな」

 

最終戦(対壊帝ユガ)

「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。

我が名は、壊帝ユガ

今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」

キリアン「魔物の総元締、命をかけるには悪くはない、ささなかな名誉だが取らせてもらうか」

 

エンディング

その後キリアンは、闘牛士や酒場での女との付き合いやら、退屈だが充実した日々を送る。いつしかスペイン界隈での顔役ともなり、大小さまざまな事件やいざこざを収めてきた。ここにきて侍との仕合がこんな形で活きてきた。言い換えれば彼が侍魂を持ってしまったということだ。

「まあもっていって困ることはねえな。それに人様の役に立つってのは、今更ながら悪くはねえ」

と嘯きつつ。さらなる充実した日々を送るキリアンであった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴァルター<サムライスピリッツ・天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、プロシアの騎士ヴァルターのシナリオをお送りいたします。彼にとっては敬愛すべき上司たるズィーガーに対しある程度の正統派の騎士ということでひとまずはとっつきやすい感があるということで、使う人もまず多きことでしょうが。そんな彼がどんな活躍を見せてくれるでしょうか、こうご期待ということで、それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

プロシア帝国の騎士として日々活躍している彼ヴァルター。

今回も敬愛すべきズィーガーとともに新たな争乱に立ち向かうため、そして自らの騎士道がジパングのサムライたちにどれだけ通用するものかをもひとまずは確かめたいところだか。まずは目の前のライバルたちにその闘いぶりを見せなければならないのだ。

 

ライバル戦その1(対キリアン)

・仕合前

ヴァルター「まずは貴公と仕合い、互いの士道を高めようではないか、キリアン殿」

キリアン「男に言い寄られても嬉しくはないのだが、あんたに誘われちゃ話は別だ。ここは気を引き締めないとな」

ヴァルター「やはり貴公も楽しまれるか、これなる仕合なれば楽しまねば損ということだな」

キリアン「人生は厳しいものだからな、その浮世の憂さをまずははらそうじゃないか」

・仕合後

ヴァルター「まずはお見事、この上はそれがしが先に行かせてもらおう」

キリアン「しょうがねえな、もうちょっと楽しみたかったが、もうちょっと頭冷やしてから続くことにするか」

ヴァルター「それは期待させてもらおうかな。ゆえにこの先の闘い、必ずや勝ってみせよう」

キリアン「ああ、期待させてもらうぜ」

 

ライバル戦その2(対クロード)

・仕合前

ヴァルター「来る決戦の前、貴公がお相手なればこれ以上のはなむけはないな」

クロード「お主もひとかどの騎士なれば、拙者の武士道、その精進をかけねばならぬな」

ヴァルター「そして世に冠たる猛き國、このジパングに我らが士道、轟かせようではないか」

クロード「なれば盛大に高めようではないか、我らが闘いによって」

・仕合後

ヴァルター「こんなところか、いや、貴公もよく闘われた、未だ闘い足りないのはわたしの不徳か」

クロード「なんの、拙者の武の拙さ、ただ恥じ入るばかりでござるが、次に会う時、それまでご壮健なれ」

ヴァルター「承知、ここは貴公らの分まで闘い抜かねば」

クロード「ご武運を祈っておりまするぞ」

 

中ボス戦(以下4組の中から2組選択)

・萬三九六編

三九六「おお、結構な鎧と剣持ってんな、いっちょ身ぐるみ剥いでせいぜい高く売れるよな」

ヴァルター「金目当てとは不埒な奴め、世のために貴公がごとき無頼の輩は成敗してくれよう」

三九六「その減らず口をまず叩けなくしてやるぜえ、身ぐるみ剥ぐのはこれからだ」

 

・黒河内夢路編

夢路「まずは貴方の騎士道に我が武が挑むに値うか、いずれ仕合わねばなりませんね」

ヴァルター「貴殿の剣も業まとうものなれば、いくらでもぶつけても構いませぬが」

夢路「我が業がこの仕合にて昇華せしむれば、あなたの鉄血が流れるも悔いはなきものですか」

 

・ドラコ編

ドラコ「お前は忠誠心とやらで何人殺してきた、俺と貴様と変わりはないというのにな」

ヴァルター「徒に人を殺す貴公には分かるまい、このわたしの騎士道は」

ドラコ「なら貴様もその一人となるんだな、その方がお前にとって名誉だろう」

 

・アスラ編

アスラ「騎士道か、己のために闘う俺とどこが優れているのか、あえて問おう」

ヴァルター「志に優劣は関係ない、貴公も魔に身をおきながらも憎しみを越えたる闘いを行っているはずだ」

アスラ「志か、しかし剣にてそれをはかるしかなければまずはやってみるか」

 

第8回戦(対歴代ボス戦)

ヴァルター「ついに来たぞ、今こそ我が力と忠誠心をこの場で振るえる時を」

・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。

「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」

・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

 

第9回戦(下記5組から1組を選択)

・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

 

・闇天草編

天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!

ヴァルター「貴公の神への信仰はこんなものか、なればこのヴァルターが鎮めてくれよう」

 

・鬼斬紅郎編

斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!

ヴァルター「徒に斬るのみの貴公の剣、我が鉄血を斬り裂けるものならやってみるがいい」

 

・真ゴルバ編

ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!

ヴァルター「やはり貴公には王たる器ではない、わが信念の騎士道、見せてくれよう」

 

・魔界我旺編

我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!

ヴァルター「戦なき世は力なき義き民のもの、彼らのため徒に戦続ける貴公を止めてみせる」

 

・羅将神ミヅキ編

ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!

ヴァルター「世の災いはもとより閣下を付け狙わんとする魔物なれば、成敗してくれよう」

 

最終戦(対壊帝ユガ)

「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。

我が名は、壊帝ユガ

今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」

ヴァルター「世を乱せし魔の根元ならば討たねばならぬ、陛下、ズィーガー閣下、我が闘い見届けて下さい」

 

エンディング

その後ヴァルターは、皇帝の父としてプロシアの支柱として活躍するズィーガーの片腕として彼を助け、また騎士団の仲間たち、一般の兵、民の末端に至るまで分け隔てなく守り通した。

中でも最近は妻をも娶るに至る。皇女おつきの侍女で以前からの付き合いの末に結ばれた恋女房であった。

不穏な空気の国際情勢の中での新たな幸せを満喫する彼は改めて誓う。このささやかな幸せは民すべてが受けるべきだ。そう、その幸せは国の平和があってここと、それらすべてを護っていこうと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真鏡名ミナ対月華・風雲系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、CSNより真鏡名ミナ対月華・風雲系キャラのシナリオをお送りいたします。

月華の志士、風雲の闘士、いずれも明日のために闘う彼ら。そんな彼らにミナはどんな明日を見るのであろうかということでのシナリオをお楽しみくださいということで、それでは、ごゆっくり。

 

ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから

ENTER>ゲーム>CAPCOM VS SNK・namco>真鏡名ミナ>SNK・侍魂・月華・その他ゲーム系キャラ

となっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャムチャム対ワールドヒーローズ系キャラ<バトルコロシアムD.A.S>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアムD.A.Sよりチャムチャム対ワールドヒーローズ系キャラのシナリオをお送りいたします。

ADK系の顔たるワーヒー、その弟分的存在のガンガン系キャラとの対戦、まあ見ようによってはチャムチャムもヒーロー的な要素もあるので彼らには十分以上に通用するとは思いますが。

ひとまずはこういったところですので、それでは、ごゆっくり。

 

ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから

ENTER>ゲーム>バトルコロシアムD.A.S>チャムチャム

となっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、レスフィーアの異国の剣士Jのシナリオをお送りいたします。

アフロの黒人たる変な奴ながらも、その剣筋は独特なリズムを奏でている彼の侍魂をこのシナリオでお送りできればと思っております。

はたして彼の魂の行き着く先は、ということで、それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

元レスフィーアの水兵で、乱の平定後鈴姫についていき天降藩にて浪人暮らしを送っていた。

そんなある日、盟友クロードより武道会とその裏面の陰謀を聞かされて、自らのお節介の虫が騒いでか、闘いの場へと顔を出すのだった。

 

ライバル戦その1(対クロード)

・仕合前

J「やっぱクロードの旦那と仕合わなくちゃいけねえか、まあ面倒くせえが、あんたとなら退屈しなくてすむかな」

クロード「お主も相変わらずだな。お主もひとまずは楽しむがよかろう」

J「そうだな、目的は違うが剣に関しちゃ同じもんだ。ここらで俺も全力でいかなきゃな」

クロード「うむその意気だ、久しぶりにお主の本気を見られそうだな」

・仕合後

J「どしたい旦那、今回は一本取っちまったぜ」

クロード「見事だな、拙者も修業が足りぬか」

J「なに、またがんばればいいさ。そのための俺との仕合ってもんだ」

クロード「それもそうだな、しかしここから先はそうもいってはおれまい。ひとまず武運を祈っているぞ」

J「ああ、任せとけって」

 

ライバル戦その2(対キリアン)

・仕合前

J「ここであんたと仕合うからには、お互いの風流をかけて勝負ってのも悪くはねえなあ」

キリアン「そうだな、お前さんの風流までは分かりかねるが、こういう仕合も悪くはない」

J「なんなら派手に見せ付けようぜ、俺たちの風流な闘いっぷりをよ」

キリアン「そうこなくてはな、今更ながら俺も奮い立ってきたぜ」

・仕合後

J「まあこんなところか、俺もそれなり楽しめたが、あんたの方はどうだい」

キリアン「俺もなんとか吹っ切れたところだ。勝ち負けは抜きにしてな」

J「ここからの仕合もこういった楽しいもんになったらな、いっちょ気を引き締めっか」

キリアン「なら生きて帰ってこいよ、お前とはもう一度闘いたいからな」

 

中ボス戦(下記4組の中から2組選択)

・萬三九六編

三九六「おい黒いの、おめえの頭は気に入らねえ、ブッ潰してやるからそこになおんな」

J「俺の髪型を理解しねえとは無粋な野郎だぜ、まあ頭が悪い奴はいっちよやっつけるか」

三九六「俺のどこが頭悪いたあ、ええ。もう勘弁ならねえ、いっきにブッ潰してやるぜえ」

 

・黒河内夢路編

夢路「異彩な風体なれどその剣は本物、ここは仕合うが筋というべきでしょうね」

J「俺と仕合いたいならそう言いなよ、イヤなことあったらこの場で吹っ切れようぜ」

夢路「お心遣いのつもりでしょうが、いえ傷付くも怖れぬが貴方の武士道でしょうね」

 

・ドラコ編

ドラコ「命など所詮は安いものだ、他人のためにいきるなど実にくだらねえ」

J「それはお前さんが命をかけるものを見いだせないだけさ、そのために、あんたに勝つのさ」

ドラコ「所詮は無駄なことだ、俺がお前を撃ち抜けばすべてが終わる、ただそれだけだ」

 

・アスラ編

アスラ「とぼけながらもできるな貴様、お前の刃はいかなる業を見せてくれるか」

J「やれやれ、いかにも物騒な出で立ちのあんたに挑まれりゃ、応えずにはいられねえな」

アスラ「そうだ、いずれ斬るなら、全力の相手を斬りたいものだ、せいぜい抗ってみせよ」

 

対歴代ボス戦

J「さてと、どんな魔物が出てくるかまずは名を上げるチャンスってとこかな」

・J、異界へと引きずり込まれる。

「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」

・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

 

対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)

・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

 

・闇天草編

天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!

J「怨みを引きずってしか生きられねえなら、あんたの神も案外安っぽいんじゃねえのかい」

 

・鬼斬紅郎編

斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!

J「おお怖えなその刃、しっかしこの命、あんたのためにかけるまでもねえんだがなあ」

 

・真ゴルバ編

ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!

J「前にも言ったが俺は無粋な奴には従わねえ、これが俺の男意気ってものよ」

 

・魔界我旺編

我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!

J「あんた、女子供の哭く声は聞こえねえかい、聞こえねえならあんたの耳は節穴だな」

 

・羅将神ミヅキ編

ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!

J「いかにあんたが美しかろうが、惚れた女に比べりゃ色褪せる、まあそんなところだ」

 

最終戦(対壊帝ユガ)

「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。

我が名は、壊帝ユガ

今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」

J「生憎俺にも守らにゃいけねえ奴がいるからな、一世一代の大喧嘩にゃ悪くねえな」

 

エンディング

乱を平定し、穏やかな生活に戻るや否や、街中の遊郭通いの毎日で、剣の修行もおろそかになりがちになってしまいがちだった。

その日界隈のゴロツキが彼に喧嘩を吹っ掛け、見事返り討ちと相成った。その剣筋は争乱のころと変わりなく、いやそれ以上の洗練された剣筋だった。

そう、分かっている者には分かっていたのだ。彼の流れる血潮には常に奏でる音の流れが彼自身の剣と魂を常に研ぎ澄ましているのだと。

そして彼の生そのものが今後とも彼の侍魂を磨き続ける。否、彼の生き様そのものが侍魂であるということだと。知っている者には知っていたのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロード<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、いわゆる閃組の一人で異国のサムライたるクロードのストーリーをお送りいたします。

異国人ながらも正統派のサムライたる彼が再び起こらんとする争乱にいかに立ち向かうかをここにお送りできればと思います。それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

元レスフィーアの兵士で、一時記憶を失い天降藩の預かりとなったが、乱の平定後記憶が戻った後でも鈴姫についていきながら近隣で剣の修行に打ち込み、やがては真の武士道をめざすこととなる。

今回行われる武道会と裏面の陰謀を聞きつけ、盟友Jとともに闘いの場に身を投じる。

 

ライバル戦その1(対J)

・仕合前

クロード「こうしてお主と仕合えるとはまさに重畳、まあ面倒くさかろうが、付き合ってもらえるか」

J「まあ断る必要はねえからな、しかしあんたとの仕合は今更ながら楽しみになってきたぜ」

クロード「志は違えど大義は同じ、なればこそ楽しもうではないか、我が友よ」

J「いいねえその物言い、こう言われちゃあ俺としてもノってくるってもんだぜ」

・仕合後

クロード「今回は拙者の勝ちだな」

J「参ったねえ、サボっちまった分水を開けられちまったな」

クロード「なんの、お主とて取り戻すはわけもないはず。次もまたこうやって楽しみたいものだ」

J「そうだなあ、まあこっから先、どんな奴が現れるか分かんねえからな、気を付けてくれよ旦那」

クロード「うむ、承知」

 

ライバル戦その2(対ヴァルター)

・仕合前

クロード「今度の相手がお主なれば自ずと腕が鳴る。いい仕合ができそうだ」

ヴァルター「貴公もひとかどの武士道を身に付けたようだ。なれば我が騎士道をかけ仕合ってみたい」

クロード「そしてこの侍の国たるここ日本に我らの士道を示そうではないか」

ヴァルター「うむ、それも楽しみだ。なればいざ参る!」

・仕合後

クロード「ひとまずそれがしが一本。しかし今少し闘いたかったが」

ヴァルター「いずれ次の精進につなげればよろしかろう、我らの士道はいまだ途上」

クロード「精進か、徒に闘いを望むは未熟の証だな。これよりの一番に備え、心するといたそう」

ヴァルター「ともかくも、ご武運を」

 

中ボス戦(下記4組の中から2組選択)

・萬三九六編

三九六「なんでえ、異人のくせに侍のまねごとか、どいつもこいつも酔狂なこったぜ」

クロード「濁りきったお主の目には分かるまい、しかし真似事は取り消させてもらう」

三九六「残念ながらそうはいかねえ、なぜならおめえはここで俺様に消し飛ばされるからな」

 

・黒河内夢路編

夢路「異人ながらも貴方も武人、あなたの真なる剣、是非拝見させて頂きます」

クロード「挑まれれば受けぬは非礼、しかし憂いを帯びたる剣、お主も拙者と同じか」

夢路「まずは詮索は無用ですが、今は剣の仕合を楽しむことと致しましょう」

 

・ドラコ編

ドラコ「何が武士道だ、お前もまだ下らないもののために命を捨てる気ということか」

クロード「お主には分かるまいよ、真に命をかけるに値するものがあるということを」

ドラコ「ならばその無意味さを噛み締めて死んでいけ、もっとも噛み締める時があればな」

 

・アスラ編

アスラ「お前もサムライか、ここにもいたというのか、生きた目をしている奴に」

クロード「お主も魔物といえど武人か、なれば拙者も曇りなき心で仕合いたいものだ」

アスラ「怒りと憎しみを超えた高ぶり、これが曇りなき心なれば、ぶつけるもよかろう」

 

対歴代ボス戦

クロード「ついにここまできたか、拙者の武士道、そして天下泰平のために今こそ」

・クロード、異界へと引きずり込まれる。

「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」

・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

 

対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)

・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

 

・闇天草編

天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!

クロード「魔に堕ちるはお主の不覚、このクロード、お主に陥るほど安くはないぞ」

 

・鬼斬紅郎編

斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!

クロード「人斬りを極めんもまた武士道なれば、それを止めるも我が武士道と見つけたり」

 

・真ゴルバ編

ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!

クロード「ただ振り返る過去はもはやない、このクロード、一人の武士としてお主を討つ」

 

・魔界我旺編

我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!

クロード「國の哭く声より民の哭く声を聞かずして何の天下か、やはり貴殿は間違っている」

 

・羅将神ミヅキ編

ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!

クロード「女人とはいえ魔物か、なればこそ我が武士道をかけてお主を鎮めん」

 

最終戦(対壊帝ユガ)

「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。

我が名は、壊帝ユガ

今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」

クロード「お主が魔物の総元締か、なれば我が武士道の総てをかけてお主を討つ!」

 

エンディング

乱を平定し、己が武を天下にとどろかせて後、クロードは鈴姫に置き手紙を残し、海の外へと旅立っていった。やはり己が武を極めるには日本は狭すぎたか、また新たな友となったヴァルターらとの再戦を果たさんとしたか、いずれクロードの武名は世界にも轟き、ひいては己を律するための武がやがては世の泰平となすことを、彼自身が体現していった。そう、かつて彼が亡き妻と子と過ごしたあの平和なレスフィーアのごとくに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧