サムライスピリッツ

ナコルル~大自然の光の巫女(前編)<サムライスピリッツ剛>

さてみなさん、今回の侍魂剛は、いよいよカムイコタンの巫女ナコルルのご登場と相成りました。強さとはかなさからくる彼女の魅力とともに、抜け荷事件に端を発する日ノ本の凶事を収める活躍をお送りできればと思っております。それでは、ごゆっくり。
 
ベースストーリー・オープニング
カムイコタンの光の巫女としてリムルルらと一緒に天界での修行を終え、穏やかなる日々を送るも、抜け荷事件を機に“ぺるしあ”そして“ばびろにあ”での凶事を感じ、その邪悪な波動を絶つべく闘いの身を投じる。
 
第一~第三・第五・第六回戦(抜粋)
・対覇王丸
ナコルル「覇王丸さんもこの事件にあたっているようですね。ですがお互い修業の身ならこの仕合も受けましょう」
覇王丸「お前さんも強くなったみたいだな、そうでなくちゃ大自然も守り切れないからな」
「本当の意味での剣の道を極めなければ大自然も守れないなら、この試練も望むところです」
 
・対幻十郎
ナコルル「やはり幻十郎さん、相変わらず無駄な人斬りを繰り返しているようですね」
幻十郎「たしかに無駄なものを斬りすぎたわ。しかしお前のその笑顔も斬らずにはいられぬな」
「斬ることに魅せられれば魔道にも通じます、それが大自然も侵すなら鎮めなければいけません」
 
・対ガルフォード
ナコルル「ガルフォードさんも義しきのために闘っているなら、本来その手助けをしたいところですが」
ガルフォード「それはうれしいな、この場はお互いの修行のために仕合うのも悪くないと思うよ」
「お互いの使命を果たすにはまだまだ弱いですが、小さな力でもいずれはおおきくなるものですね」
 
・対シャルロット
ナコルル「シャルロットさんとも仕合わなければならないのならば、せめてその強さで鍛えていきたいものです」
シャルロット「私がごときが強いと思うならまだまだだな、しかし其方も強くなったかはこの仕合で分かるかな」
「本当の意味での信念ならかないませんが、せめて私の使命を分かってほしいです」
 
・対瑞香
ナコルル「瑞香さんのお役目も自然を守っているのなら、この仕合でお互いを導き出せればよろしいですね」
瑞香「私としてもあいも変わらず迷っておりますので、導いていただければお願いいたします」
「今は迷っておいでですが、いずれは路が拓けてきますので一歩ずつ歩んでいきましょう」
 
第四回戦(対リムルル)
・仕合前
ナコルル「やはりここにいたのねリムルル、いつの間にかいなくなったので心配しましたよ」
リムルル「あっ姉さま、コンルと一緒に嫌な気をやっつけようと思ったけど」
ナコルル「この凶事も今までと同じく危ないですよ、ここから先は私にまかせて」
リムルル「そうは言っても、ここまで来たんだからそう引き下がっちゃいられないよ」
・仕合後
ナコルル「大丈夫リムルル、私もあまりやりすぎたつもりじゃなかったけど」
リムルル「うん、あたしもまだまだ力が足りないから、ここは姉さまに任せるよ」
ナコルル「ええ、私は大丈夫です。この凶事を収めてからきっと帰ってくるから」
リムルル「うん、約束だよ、必ず帰ってきてね」
 
第四回戦終了後
(ここまでストレート勝ち、もしくは武器破壊技もしくは秘奥義でフィニッシュ3回以上で特別戦に移行可能)
ナコルルのもとに1枚の大型じゅうたんが舞い降りる
ナコルル「舞い降りてきたこの敷き物はもしかして、これの乗れというのですね」
ナコルル、じゅうたんに乗り、そのまま空を飛ぶ。
ナコルル「わっ、いきなり飛ぶなんて、大丈夫ママハハ。でもこのまま“ぺるしあ”まで飛ぶんですね」
(条件未達成時:そのまま共通パターンに移行)
ナコルル「他の方々も“ぺるしあ”に向かっているのですね、いずれの方とも一緒に闘えればいいのですが」
(条件達成時)
突然、天空から何者かが落ちてくる。
「うわああああ!」
それは頭からじゅうたんにめり込み、それから起き上がる。
「いたたたた、もうリスキーったら、有無を言わさずぶっ飛ばすんだから」
ナコルル「あの、あなたはもしや」
「あれ、ええと、私はシャンティ。歌って踊れるガーディアンジニーでーす」
ナコルル「ということはあの精霊の方ですね、ここで魂を磨くのもいいかもしれませんね」
シャンティ「ええと、巫女の人との仕合なのね。なあ何にせよお手柔らかに」
特別戦(対シャンティ)
・仕合後
ナコルル「有意義な仕合でした。またお会いできることを待っています。それまでお元気で」
(共通パターン)
魔法のじゅうたんはやがてペルシャにたどり着く。
ナコルル「ここが“ぺるしあ”の地なのですね、大自然のカムイよ、私に闘い抜く力を」
 
つづく

| | | コメント (0)

チャムチャム対ストⅣ、Ⅴ系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、CSNよりチャムチャム対ストリートファイターⅣ、Ⅴ系キャラのシナリオをお送りいたします。
晴れて令サム・しずか千年歌(仮題)に出場を相成り、元気いっぱいのチャムチャムと、同じく現在稼働中のストリートファイターのつわものとの楽しいバトル、そして強大なるボスたちとの激闘をお送りする運びとなりました。はたして彼女自身どう戦い抜くかといったところで、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>CAPCOM VS SNK・namco>チャムチャム>CAPCOM・ストリートファイター系キャラ
となっております。

| | | コメント (0)

王虎~鼻息荒いぞ豪傑さん(前編)<サムライスピリッツ剛>

さてみなさん、今回のサムライスピリッツ剛は、清国の豪傑王虎の前編パートをお送りいたします。まさに鼻息荒く多くの剛の者と対する様はまさに豪傑にふさわしい闘いぶりでしょう。果たしてその行く手に何が待ち受けていることやら。それでは、ごゆっくり。
 
ベースストーリー・オープニング
いにしえの王族の末裔にして清国随一の武将、王虎。己の武術の大成と名を上げんと日々奔走する彼も、“ぺるしあ”の凶事はさらに名を上げる好機とばかりに、もちろん義侠心も交えて乗り込んでいくのだが。
「ふぬう、我こそは剣神王虎、我こそはと思うものは己が命をかけてかかってこぉい!」
 
第一~第三・第五・第六回戦(抜粋)
・対シャルロット
王虎「おお“しゃるろっと”殿かあ、相変わらずその細剣でワシと仕合うつもりかぁ!」
シャルロット「相変わらずけたたましいな、たしかに其方の身には届くかは分からぬが、貫いてみせよう、我が誇りにかけて」
「この程度の貫きでワシの身には届くかあ、しかしお主の度胸は敬服に値するわぁ!」
 
・対タムタム
王虎「相変わらず威勢のいい雄叫びよのう、しかし真の漢と呼ぶには今一つ、このワシが鍛えてやろう」
タムタム「王虎ドノナライクラデモ鍛テモラッテモイイ、たむらむ、村守ルタメ真ノ漢ニナラネバナラナイ」
「まだまだ気合ならワシの方が上じゃあ、しかしまだまだ鍛え足りぬなら来るがいいぞお!」
 
・対狂死郎
王虎「ぬしの歌舞伎とやらも真の漢の域の届くのかあ、ならばワシと仕合い試してこおい!」
狂死郎「あいや王虎どのかあ、貴殿にも歌舞伎の素晴らしさ、この手合せで分かってもらえるかのおう」
「真の漢の舞にしては未だ芯が足りぬわあ、今少しの魂を込めて出直してくるがいいわあ!」
 
・対ズィーガー
王虎「ぬおうズィーガー殿、ここであらためてお主の鉄拳とぶつかり合うのも悪くはないわぁ!」
ズィーガー「我がズァリガーニもみだりに振るえるものではない、されど貴公との仕合なればこうも言ってはおれぬか」
「流石は噂にたがわぬ剛なる鉄拳じゃあ、さしものワシも震えが止まらなんだわあ」
 
・対ガロス
王虎「海の豪傑と聞いてはさしものワシも対せずにはいられぬわ、海と陸、どちらが強いか勝負じゃあ!」
ガロス「またまた面倒な奴が現れたもんだわい、しかしここで退いたらワシの男もすたるということじゃからのう」
「これほどの大らかなる闘いはこの王虎も敬服したぞぉ、されどワシの強さもまた引き立ったわぁ!」
 
第四回戦(対瑞香)
・仕合前
王虎「おおう瑞香かあ、ぬしもまた任務があろうが、出会うたからにはこの王虎と勝負せい」
瑞香「ああ、王虎さま、ただでさえ任務で立て込んでいるというのに、まだ面倒なことに付き合わなければならないのですか」
「このワシについていけぬは未熟な証じゃあ、今度は性根を据え直して出直してこおい!」
 
第四回戦終了後
(ここまでストレート勝ち、もしくは武器破壊技もしくは秘奥義でフィニッシュ3回以上で特別戦に移行可能)
王虎のもとに1枚の大型じゅうたんが舞い降りる
王虎「むう、何じゃこのじゅうたんはぁ!」
王虎、じゅうたんに乗り、そのまま空を飛ぶ。
王虎「ぬおっ、どこへ飛ぶつもりじゃあ、よもやこれで“ぺるしあ”まで飛んでいくのかあ!」
(条件未達成時:そのまま共通パターンに移行)
王虎「なんとぉ、ワシの外にも飛んでいく者もいるのかあ、いずれまとめて面倒みてやるわぁ!」
(条件達成時)
突然、天空から何者かが落ちてくる。
「うわああああ!」
それは頭からじゅうたんにめり込み、それから起き上がる。
「いたたたた、もうリスキーったら、有無を言わさずぶっ飛ばすんだから」
王虎「ふぬう、ぬしは何者かあ!」
「あれ、ええと、私はシャンティ。歌って踊れるガーディアンジニーでーす」
王虎「いずれにしてもこの王虎の前に立ったからには、このワシと勝負せえい!」
シャンティ「ああ、こんな鼻息荒い人と仕合わなきゃいけないからなあ、でもしょうがないよね」
 
特別戦(対シャンティ)
・仕合後
王虎「うぬう、斬られたとたんに消え失せるとは軟弱者めがぁ、次に会ったらその性根を叩き直してくれるわぁ!」
(共通パターン)
魔法のじゅうたんはやがてペルシャにたどり着く。
王虎「ここがぺるしあとやらかあ、いかなるつわものが、そして真の漢がおるか楽しみじゃあ!」
 
つづく

| | | コメント (0)

ガルフォード~犬は友だちイナズマ忍者(前編)<サムライスピリッツ剛!>

さてみなさん、今回の侍魂剛は、青い目のイナズマ忍者ガルフォードの前編の記事をお送りいたします。
特に今回のストーリーについていずれ登場するだろうオリジナルキャラも登場する運びですのでそれもひとまずはご期待ください。それでは、ごゆっくり。
ちなみにグランドオープニングはこちら。
ちなみにこの記事も一個人の創作ですので、実際のSNKさん及びWAY FORWARDさんとは一切関係はあり誠をご了承ください。
 
ベースストーリー・オープニング
日夜正義のために奔走する彼も、旧知を頼りに久しぶりのジャパンに渡り、そこで抜け荷事件を通じて悪の影を感じ、こたびの凶事を受けて乗り込んでいく。もちろん多くのライバルとの対戦にも心待ちながら。
「この事件の陰にも大いなる悪がいるに違いない。行こう、パピー!」
 
第一~第三・第五・第六回戦(抜粋)
・対ナコルル
ガルフォード「やあナコルル、お互いこの事件の陰にこそ使命があるってことだね」
ナコルル「ああガルフォードさん、こうして剣を交えるのもまた使命のうちなのですね」
「お互い使命の先に平和があるなら、あえて乗り越えるのもいいさ。とりあえずは俺が先に行こう」
 
・対火月
ガルフォード「火月か、君の忍道はともかく君自身の使命のため、俺が胸を貸してやろうじゃないか」
火月「おうよガルフォード、おめえさんとの修行も今から楽しみになってきたぜ。それじゃあいっちょやっか」
「君たちの力をまだ葉月は必要としている、それはが君たち自身の正義にもつながるんだ」
 
・対アンドリュー
ガルフォード「この事件の裏にも悪の陰がある、ここはともに力を合わせるべきかもしれないが」
アンドリュー「それでもお互いどれだけ強くなったかをはかるのも悪くはない。僕も楽しみになってきたよ」
「お互いの任務と使命のためにまだまだ闘わなきゃいけない。何かがあったらすぐに駆けつけるさ」
 
・対タムタム
ガルフォード「やあタムタム、君の力を必要としたいが、まずは仕合って高めることにしよう」
タムタム「オオ、我ガトモダチがるふぉーど、オ前ト闘ウ、たむたむ楽シミトシテイタゾ」
「まだまだ闘い方が足りなかったかな、でもその強さはここぞで使ってこそ活かされるんだ」
 
・対セレナ:ガルフォードの妹で故郷で保安官見習いをしていたが。
ガルフォード「ああセレナ、保安官の仕事はどうしたんだい、まさか事件のことでここに来たのか」
セレナ「うん、でもここで兄さんと会って仕合をするなら、いい修行になるかもしれないね」
「ここから先は今以上に危険になるかもしれないから、帰ってゆっくりとしてくれよ」
 
第四回戦(対アースクエイク)
・仕合前
ガルフォード「Heyアースクエイク、今回の抜け荷の件、やはり財宝目当てでかぎつけてきたか」
アース「グヒッ、おめえはガルフォード、また俺さまの邪魔をしようってんじゃねえのかあ」
ガルフォード「これ以上の悪事は許さない、俺の忍術で大人しくしてもらうぞ」
アース「グヒッ、そっちこそ新しい俺さまのニンジュツに吠え面かかせてやるぜえ」
・仕合後
ガルフォード「どうだガルフォード、力におごり修行を怠ったのが命取りだ」
アース「グヒイ、おめえごときに、この俺さまの体が動かねえ」
ガルフォード「さてこのまま半蔵サンやら柳生サンに突き出してもいいが、これは骨が折れそうだな」
アース「グヒイ、このまま捕まってたまっかよ、ペッ」
アースクエイク、吐き出した煙玉で煙幕を出し、そのまま姿を消す。
ガルフォード「くっ、逃がしたか。でもこれで少しは静かになるだろう」
 
第四回戦終了後
(ここまでストレート勝ち、もしくは武器破壊技もしくは秘奥義でフィニッシュ3回以上で特別戦に移行可能)
ガルフォードのもとに1枚の大型じゅうたんが舞い降りる
ガルフォード「これはもしかして魔法のカーペットなのか。なるほどこれに乗れっていうのか」
ガルフォード、じゅうたんに乗り、そのまま空を飛ぶ。
ガルフォード「ああ思った通りだ。これでペルシャまでひとっ飛びだな」
(条件未達成時:そのまま共通パターンに移行)
ガルフォード「なるほど、俺のほかにもペルシャに乗り込もうって奴がいるのかな」
(条件達成時)
突然、天空から何者かが落ちてくる。
「うわああああ!」
それは頭からじゅうたんにめり込み、それから起き上がる。
「いたたたた、もうリスキーったら、有無を言わさずぶっ飛ばすんだから」
ガルフォード「Hey、君は何者だ」
「あれ、ええと、私はシャンティ。歌って踊れるガーディアンジニーでーす」
ガルフォード「君も精霊の一人なのか、ここであったのも何かの縁だな、君の強さを見たいが付き合ってくれるかい」
シャンティ「うん、そういったことならやぶさかじゃないけれど。それじゃあ、どこからでもかかってきて」
特別戦(対シャンティ)
・仕合後
ガルフォード「これほどの体の流れと繰り出される業と魔法の数々は見事だったな、また手合わせしたいものだ」
(共通パターン)
魔法のじゅうたんはやがてペルシャにたどり着く。
ガルフォード「やっとついたなペルシャの地、さあどんな悪者が待っているか楽しみだ」

つづく!

| | | コメント (0)

覇王丸~ちょいといなせなサムライガイ・前編<サムライスピリッツ剛!>

さて今回から侍魂オリジナル新シリーズ・侍魂剛!が始動する運びとなり。まずはシリーズの総主役たる覇王丸のシナリオ、その前編パートをお送りします。
今回の日ノ本の抜け荷事件とそれにかかわるペルシャの争乱に立ち向かわんとする覇王丸の雄姿。そして訪れる異邦の少女との邂逅が覇王丸を待ち受けることでしょう。
以上こういった筋書きとなりますので、それでは、ごゆっくり。
ちなみにグランドオープニングはこちら。
 
ベースストーリー・オープニング
剣を極めんと武者修行にいそしむ彼のもと、ここ最近の抜け荷事件とそれに伴う刺客騒ぎから、凶事の源が“ぺるしあ”にありとの知らせを受け、己の腕を試すべく乗り込んでいくのだが。
覇王丸「またどこかの誰かが悪さしていやがるな、お節介だと思うが顔を出してみるか」
 
第一~第三・第五・第六回戦(抜粋)
・対ナコルル
覇王丸「どうやらこのヤマも大自然を脅かす魔物の仕業ってところだな、しかしこの場は手合わせといこうか」
ナコルル「この仕合も何かの縁かもしれません。これも試練なら喜んで受け入れます」
「旨い酒が飲めるのは穏やかな自然の中だ、お前さんの分まで闘い切ってみせるぜ」
 
・対ガルフォード
覇王丸「たしかにこのヤマも悪い匂いが漂っている、だがこの場はあえて仕合うとしようか」
ガルフォード「俺もあんたとの仕合は楽しんでいきたい、どこからでもかかってきてくれ」
「忍術もパピーも冴えわたってたぜ、あとは緊張感だな、これは次に期待したいぜ」
 
・対閑丸
覇王丸「おう閑丸じゃないか、まだ自分の中の鬼と闘っているみたいだな。しかし腕は上げているみたいだが」
閑丸「はい、いずれ自分の鬼に討ち勝つために力を身に着けるため、今までの修行の成果を見て下さい」
「常に自分を見失わないことだ、そうすれば本当の意味で強くなれるかもしれないぜ」
 
・対慶寅
覇王丸「慶寅さんか、抜け荷のことは俺も知っているが、お互いこの仕合付き合ってもバチは当たんねえだろう」
慶寅「そうだな、立場は別にしてもお前さんとの仕合は今から楽しくて仕方がねえな」
「どんなキツいヤマにあたっても、粋を忘れちゃあ本当の剣士ともいえねえからな」
 
・対夜叉丸
覇王丸「また幕府の連中を付け狙ってるようだな、それだけにこだわっちゃ本当の敵も見えねえぜ」
夜叉丸「俺の敵は俺自身が見知っている。そのためまずはお主との仕合も避けては通れぬな」
「お前さんも知ってるはずだ、人の世に巣食う魔を祓うことが本当の使命ってことをな」
 
第四回戦(対柳生)
・仕合前
覇王丸「やっぱお目にかかれたか柳生の旦那、この一件もまた裏があるってことか」
柳生「やはり来たか覇王丸よ、ここから先は公儀の勤めなれど、お主との仕合もまた楽しみだな」
覇王丸「俺も散々顔を出しちまったからな。ここから先は勝ったもの取りってことだぜ」
柳生「こうなったら致し方ない、わしも堂々お主と対しようぞ」
・仕合後
覇王丸「まずは一本取ったがまだまだだな。ところで今回の抜け荷も裏に何かがあると見たが」
柳生「またも顔を出すつもりか、いやこうなれば致し方ない。そもそもこの件ははるか西の彼方“ぺるしあ”の地を支配する領主に我が国の商人が取り入ったということから始まったのだ」
覇王丸「この国の商人か、それで抜け荷が絡んでいるってことか」
柳生「ことこうなっては致し方ない、ここはお主にも力を尽くしてもらうぞ」
覇王丸「おうよ、こうなったら望むところだぜ」
 
第四回戦終了後
(ここまでストレート勝ち、もしくは武器破壊技もしくは秘奥義でフィニッシュ3回以上で特別戦に移行可能)
覇王丸のもとに1枚の大型じゅうたんが舞い降りる
覇王丸「何だこの敷き物は、ひょっとしてこれの乗れってことかい、そいつも面白い」
覇王丸、じゅうたんに乗り、そのまま空を飛ぶ。
覇王丸「おっ、なんだ、ひとりでに飛んでいきやがる。ひょっとして“ぺるしあ”まで飛んでいくってのか」
(条件未達成時:そのまま共通パターンに移行)
覇王丸「うん、俺のほかにも敷き物で“ぺるしあ”に向かわんとしてるのか」
(条件達成時)
突然、天空から何者かが落ちてくる。
「うわああああ!」
それは頭からじゅうたんにめり込み、それから起き上がる。
「いたたたた、もうリスキーったら、有無を言わさずぶっ飛ばすんだから」
覇王丸「お前さん、何者だい」
「あれ、ええと、私はシャンティ。歌って踊れるガーディアンジニーでーす」
覇王丸「しかし空から飛んでくるとはお前さんただ者ではないな、それにこの物腰も侮れないところがあるが」
シャンティ「うーん、ひょっとしてあなたと闘わなきゃいけないってこと、ほんとしょうがないなあ。それじゃあ、どこからでもかかってきて」
特別戦(対シャンティ)
・仕合後
覇王丸「こいつは仕合いがいがある精霊さんだったな。消えちまったがまたよみがえってきそうだから、また仕合いたいぜ」
(共通パターン)
魔法のじゅうたんはやがてペルシアにたどり着く。
覇王丸「ここが“ぺるしあ”の地か、はたしてどんなつわものがいることやら楽しみだぜ」

 

つづく!

| | | コメント (0)

サムライスピリッツ×ギルティギア、ですか

さてみなさん、令サムことサムライスピリッツ・しずか千年歌においてファン待望の追加キャラクターとして、これまた人気武器格闘ゲーム、ギルティギア、隻腕の女剣士梅喧がリリースされる運びとなりました。
たしかにギルティギアといえば流れ剣士のソルや騎士系のカイなどの人気キャラが主流だけど、やはり侍魂にはサムライ系がしっくりいくだろうとは思いますが。
それならばいっそ侍魂とギルティとのコラボゲーも考えられることでしょうがこれはまた次の課題ということで。
ともかくも何かに導かれ侍魂の世界にてひと暴れせんとする彼女の活躍やいかにということでこれまた期待をしてもいいでしょう。

| | | コメント (0)

企画立ち上げ:サムライスピリッツ剛!

さてみなさん、当サークルにおいていわゆるサムライスピリッツ系のシナリオ研究をいくらか行いましたが。最近の侍魂、いわゆる令サム・しずか千年歌のリリースを受け、当サークルにおいての新企画をこの度立ち上げる運びとなりました。
その名もサムライスピリッツ剛!
ある意味歴史的に語りつくした感もある中、物語としての侍魂を目指して一つの形となりました。
まずは気になるストーリーと世界観をば。
 
刻は江戸中期、処は“ぺるしあ”
その街の民を虐げる悪徳の領主あり。
領主の脇には“じぱんぐ”の商人、そして世界各地より集うた悪逆なる用心棒あり。
それらを討ち敗らんと一人の男子が立ち上がる。強大なる力に対せんとすべく、剛なる侍を頼り“じぱんぐ”に渡りたり。
同じ頃、“ぺるしあ”の街近くのいにしえの都“ばびろにあ”にて凶事の影も目覚めんとしていた。
はたして男子の行く手に待ち受けるは修羅か羅刹か。
これより侍魂“ぎるがめっしゅ・さーが”の開幕なり!
 
今まで魔界のものたちとの熱き闘いを繰り広げた覇王丸ら侍たち。今回はいわゆる神話の世界に挑戦する運びとなりました。
神話といえばギリシャ・ローマ神話や北欧神話などが有名ですが、本記事においてはもう少し掘り下げて文明発祥のバビロニア神話を織り交ぜてお送りすることになりました。
その特徴として少し掘り下げれば、
・バビロニア神話ということでそれに近いペルシア地方から後に語られるだろう主人公的キャラをはじめオリジナルキャラを若干名設定し、それと合わせて覇王丸ら従来キャラも大半の発表を目指す。
・今回各キャラごとにキャッチコピーを用意しており、それはまた後に語らえるだろうゲストキャラと関連していると述べたい。
・そして気になる敵キャラについてについて、神話関連のキャラはともかく、中ボスの中には初代からの侍魂ファンとしては大いに期待していい要素を用意しているつもりです。
ひとまずそんなところで新たな侍魂ワールドを編者なりに繰り広げたいと思い、ひとまず乞うご期待、との文句にてしめることにします。

| | | コメント (0)

鞍馬夜叉丸<サムライスピリッツ・天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣侍2は、ついに令侍・しずか千年歌の主人公格たる鞍馬夜叉丸のシナリオをお送りする運びとなりました。
この場を借りて夜叉丸と幕臣たちとの因縁について掘り下げたく思いシナリオにしたためたいと思いました。はたしてその因縁の果てにあるものやいかにといったところで、それでは、ごゆっくり。
 
オープニング、ベースストーリー
江戸界隈を騒がす義賊、鞍馬夜叉丸。
静御前の乱と前後して暗躍を始めて以来、民衆のために闘うとともに幕府との対立を深めていった彼。今回の武闘会についてはそもそも興味がなかったが、飛脚からもたらされた手紙に「父親の死についての事項を報せたし」との文言に乗せられる形となり、出場を決める。しかし何よりも魔の元凶についても鎮めんと思いつつ戦いの場に身を投じることにもなるのだが。
 
第一ライバル戦(対柳生)
・仕合前
夜叉丸「この場お主と仕合わなければならぬのか」
柳生「夜叉丸よ、たしかにかの代官が父親を殺めたるは事実。されど代官も大義名分があった。先の我旺に与したる者ゆえそれを討ち取り手柄とした。いや、今のお主には言い連ねても詮無き事か」
夜叉丸「やはり、そうか。なれど我が道を曲げることもはやかなわぬ。今もただ我が道を進むのみだ」
柳生「なれば仕方がない、お主の気の済むまで付き合おうぞ」
・仕合後
夜叉丸「お主ともあろうものが、なにゆえ手心を加えるのか」
柳生「夜叉丸よ、考え直せ。己が憎しみにとらわれ徒に世を乱さんとするはいずれ対せんとする魔と変わらぬ」
夜叉丸「そうかも、しれん。だが、俺は・・・むっ!」
柳生のもとに爆発が起き、柳生が姿を消す。
夜叉丸「今は退くか、それもいいだろう」
夜叉丸、そのまま去っていき、入れ替わる半蔵が現れる。
半蔵「やはり魔に向かわんか」
 
第二ライバル戦(対半蔵)
・仕合前
先へ進む夜叉丸の足元に手裏剣が突き刺さったと思えば、周囲に人影が見え隠れする。
「待てい、夜叉丸」
夜叉丸「何者、いや、やはりお主か」
半蔵「ここから先、お主を生かせるわけにはいかぬ」
夜叉丸「やはり止めんとするか。幕臣ゆえにか、それとも忍の意地か」
半蔵「否、なによりもお主の血ゆえだ。我らもお主の出生についての調べはついておる」
夜叉丸「たしかに、俺が拾われたことは知っている。されどその血ゆえに俺が魔に魅入られると思ってか」
半蔵「それはわしも分からぬ。なれど一抹の不穏も見逃すわけにはいかぬ」
・仕合後
夜叉丸「もはや誰にも止められぬ、悪いが行かせてもらう」
半蔵「あえて修羅の道を往くか」
夜叉丸「それも、我が望んだること・・・・・」
夜叉丸、そのまま姿を消す。続いて半蔵のもと伊賀忍者が駆けつける。
「よろしいのですか、御頭」
半蔵「うむ、ことが終わり次第追討にかかれ」
「はっ」
そのまま伊賀忍者がこの場を後にする。
半蔵「いずれはケリを付けねばならぬか。因果なものよ」
 
中ボス戦(以下4組の中から2組と対戦)
・萬三九六編
三九六「おう、おめえが巷で有名な義賊烏天狗かあ、ちょうどいい、おめえを倒して名を上げさせてもらうぜえ」
夜叉丸「そういう貴様は陳腐な盗賊か、ならば貴様を討ち取り少しばかり世を鎮めさせてもらう」
三九六「この俺に勝つつもりでいるのかあ。鬼と呼ばれたおれ様に、おめえなんざ足元にも及ばねえぜえ」
 
・黒河内夢路編
夢路「貴方が鞍馬どのの。御父上の不憫は聞き及んでおります。その上で今も闘い続けているのですね」
夜叉丸「それが俺の宿命だからだ。もし邪魔をするならば、全力で排除させてもらう」
夢路「そういうことならば致し方ありません。せめて全力での仕合にて応えさせていただきます」
 
・ドラコ編
ドラコ「正義をもって悪を討つ、か、そろそろ貴様は目障りになってきた。撃ち取らせてもらう」
夜叉丸「そうだ、その銃で数多の命を奪った貴様を、ここで討ち取らせてもらう」
ドラコ「いかに刃が強かろうが所詮は刀、銃の敵ではないことを思い知らせてやるぜ」
 
・アスラ編
アスラ「やはり貴様も魔の血を受け継いでいるか。その血、その刃で何を望む」
夜叉丸「俺が望むは、弱きものが力で踏みにじられぬ世を築くため、その刃を振るうのみだ」
アスラ「いや、お前も俺と同じだ。その刃に込められた敵意、まずは討ち取らせてもらおう」
 
対歴代ボス戦
夜叉丸「やはりこの気は、わが身になじんでいく。しかし我が心は我が物、魅入られるわけにはいかん」
・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。
「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」
・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。
 
対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)
・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。
 
・闇天草編
天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!」
夜叉丸「その邪気は彼の女(ひと)のもの、なればお主を討ち、彼女がいる天に昇らせてやろう」
 
・鬼斬紅郎編
斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!」
夜叉丸「その刃が鬼の刃か、高まる我が気とともにお主と対し、そして討ち勝ってみせよう」
 
・真ゴルバ編
ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!」
夜叉丸「野心と敵意に満ち刃を振るった結果がこれか。哀れなる魂なれば討ち取るもまた慈悲ということか」
 
・魔界我旺編
我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!」
夜叉丸「その野心に根差した望みが多くの人を、そして父上の魂を堕とした。その罪業、我が刃で鎮めてくれよう」
 
・羅将神ミヅキ編
ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!」
夜叉丸「いかに堕ちしか羅将神、そうだ、魔のものを鎮め、闇に帰すが我が使命、今こそそなたを鎮めよう」
 
最終戦(対壊帝ユガ)
「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。
我が名は、壊帝ユガ
今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」
夜叉丸「ついに来たか魔の元凶よ、されど御身の意もまた世の乱れ。今こそその夜の乱れをも鎮めさせてもらおう」
 
エンディング
最後の魔を討ち取り、一人佇む夜叉丸に忍の者が討ち入ってくる。
「やはり我が戦は未だ終わらぬか、しかし・・・・・」
もはや人の世は人の意で決めるもの。自らが関わることはない。ここで討ち取られても悔いはなし。しかし父上の願いは死ぬことより生きること。そして守るべきものを持った身としてはここで討ち取られるわけにはいかない。
夜叉丸は印を結び、風と共に去っていく。その様を見抜いた者、一人は忍の頭たる半蔵、そして今一人は彼の師というべき劉雲飛であった。
「彼の者の定めはいまだ先にある。我らは見守るのみでよいがそれもままならぬか」
「お互い不器用なこと、なれど」
そして二人とも姿を消し、やがてこの場は静寂のみが漂っていた。
 
(スタッフロールへ)

| | | コメント (0)

橘右京<サムライスピリッツ・天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、流浪の剣客橘右京の記事をお送りいたします。
実は右京の記事制作には編者自身も二の足を踏んでいたきらいがありましたが、ここは肩ひじを張らずにと多少の開き直りがあれこのたびの制作にこぎつけたものですが。
はたして彼の悲願はまた達せられるか、そんなところで、それでは、ごゆっくり。
 
オープニング、ベースストーリー
神夢想一刀流の門下として冷厳ながら繊細なる剣技を誇る彼、橘右京。
しかし近年胸をさいなむ病と、流派の度重なる不幸から流転の日々を送るもその剣の腕前はますます冴えわたっていった。
そんな彼が唯一望むもの、それは想い人に捧げる究極の華であり、それを求めるためにあてどもない旅を続けるのだった。
そして今回の武道会にてその華のありかを突き止め、それに到る路を歩まんとするのだが。
 
第一ライバル戦(対狂死郎)
・仕合前
右京「・・・狂死郎どのか、まずは貴殿とのお手合せをしなければならない・・・・・」
狂死郎「うむう、少しやせたがその覇気はいささか衰えていないと見た」
右京「そういうあなたの剣技、我が心をも研ぎ澄ませればいいが」
狂死郎「少し手荒となるが、わしの舞いがぬしの心を高めればよいが」
・仕合後
右京「命脈を、保ちてわが身も、美かんかな」
狂死郎「うむ、見事じゃ右京どの。しかし病も進んでいるとはいえ、これならばわしも口を出す余地もないか」
右京「・・・かたじけない、なれど次の仕合が控えているゆえ、これにて、御免」
右京、この場を後にする。
狂死郎「互いに己の路を歩まんとする。不器用なる生き方よのう」
 
第二ライバル戦(対破沙羅)
・仕合前
右京「やはり君なのか、現世の恨みつらみを未だ引きずって」
破沙羅「・・・足りない、まだ足りない。未ださまよっている魂、すべて集めなきゃ・・・・・」
右京「これ以上この地を乱させるわけには、我が剣で鎮めさせれば、しからば参る」
破沙羅「ああ、君も来るんだね、だったら存分に楽しもうよ」
・仕合後
右京「ひとまずの、手応えは、あったか・・・・・」
破沙羅「君も、まだ苦しそうだね、でも君が求めるものは、そう遠くないよ」
右京「・・・そう、なのか・・・・・」
破沙羅「今の戯れも楽しかったよ、また会えるといいね・・・・・」
破沙羅、そのまま姿を消す。
右京「この先に、あると、いうのか」
咳き込みとともに右京もこの場を後にする。
 
対中ボス戦(以下4組の中から2組と対戦)
・萬三九六編
三九六「相変わらずシケた野郎だな、金目のものはなさそうだから、軽くあしらってからブッ殺してやるか」
右京「欲のために人を傷つけるは美しくない、無駄な血を流さねばならぬがやらねばならぬか」
三九六「まさか俺様を倒すつもりじゃねえだろうなあ、そんなヒョロ長の身で俺様の肉体を斬れるたあ大間違いだぜ」
 
・黒河内夢路編
夢路「やはり右京どのですね、互いに命をかけねばならぬ身なれど己の選んだ路なれば」
右京「残り少なき命なればこそ、路を歩むもまたさだめ。なればどこからでも参られよ」
夢路「互いに不器用なる生き方もまたよしでしょうね。せめてこの仕合楽しむことにしましょう」
 
・ドラコ編
ドラコ「今まで剣で意気がってきた奴をあまた撃ち殺してきたが、死にぞこないの貴様ごときが俺の銃から逃れんとするのは気に入らんな」
右京「たしかに貴殿の銃は脅威に値うが、ここで倒れるわけにいかない」
ドラコ「やはり苦しそうじゃねえか、なに、そのつまらん生き方、今終わらせてやろう」
 
・アスラ編
アスラ「ここから先は現世の者が来るところではない。それをあえて進まんとするのは何の酔狂だ」
右京「ただ一輪の華を、それを酔狂と言うならそれもまたよしかもしれない」
アスラ「ならばこの俺との仕合も酔狂というか、しかし貴様の生き方は嫌いではないがな」

対歴代ボス戦
右京「まがつ神、足元に咲く、華一凛・・・・・」
・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。
「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」
・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)
・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。
 
・闇天草編
天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!」
右京「やはり貴殿も惑うているのか、我が仕合にてその魂が鎮まればいいのだが」
 
・鬼斬紅郎編
斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!」
右京「貴殿の無限流と我が神無想流、競わんがために命をかけるもまた愚劣なれど」
 
・真ゴルバ編
ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!」
右京「たしかに現世の欲にとらわれている貴殿だ、その執念こそ断ち切らなければならないか」
 
・魔界我旺編
我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!」
右京「想えば貴殿も國を愛するがゆえのこと、しかし心を持たずして想いもまた果たされぬもの」
 
・羅将神ミヅキ編
ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!」
右京「たしかに貴女も求めるべき華だった。しかしここはその先の華のため貴女を越えさせていただく」
 
最終戦(対壊帝ユガ)
「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。
我が名は、壊帝ユガ
今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」
右京「私が求めるは足元の華一輪。そのため貴殿を鎮めさせて頂こう」
 
エンディング
その後、右京を見た者は誰一人としていなかった。
たしかなことは、彼の想い人のもとには絶えず華一輪が添えられていた。
月日がたち彼女のもとには贈られた華とともに、花の絵とともに彼女がしたためた歌があった。
それこそ彼女が右京ととともに生きた証であり、今でもまた華を求め続ける右京の生き様そのものであった。
 
(スタッフロールへ)

| | | コメント (0)

デビロット&アリエータ対サムライスピリッツ系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、CSNよりデビロット&アリエータ対サムライスピリッツ系キャラのシナリオをお送りいたします。
90年代カプコンを象徴する格ゲーリリースをある程度代表する彼女たち。今となっては少し大胆すぎるスタイルも、最近リリースの令サム(仮題:しずか千年歌)と比べてもまんざらでもないかなとも思う今日この頃ですが。
ともかくこういったところで、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>CAPCOM VS SNK・namco>ローズ=バーンシュタイン>SNK・KING OF FIGHTERS系キャラ
となっております。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧