サムライスピリッツ

ダーリィ=ダガーストーリー<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2ストーリーは、七つの海の海賊大工ダーリィ=ダガーのストーリーをお送りいたします。
見かけ以上八面六臂の大活躍を見せる彼女、はたして多くの侍たち、そして魔の軍勢にどう立ち回るか乞うご期待ということで、それでは、ごゆっくり。
 
オープニング、ベースストーリー
七つの海をまたにかける海賊大工ダーリィ=ダガー
降りかかるトラブルや凶事に立ち向かっては、さらなるトラブルを呼び起こしつつ凶事をも解決していった。
そして迎えた武道会にて純粋な腕試しができると喜び勇んで乗り出した彼女。はたしてどのような凶事が待ち受けているというのか。
 
第一ライバル戦(対瑞香)
・仕合前
ダーリィ「よーお瑞香、相変わらずチンタラしてるねえ、久しぶりにあたしが鍛えてやろうかあ」
瑞香「ああダーリィさん、久しぶりに会ったと思えば、そんな王虎さまと同じようなこと言わないでください」
ダーリィ「その王虎に負けないように体力付けるのも必要だろ、今回の仕合はじっくり楽しもうか」
・仕合後
ダーリィ「ちょっと物足りないけど、なかなかやるじゃないか」
瑞香「う~、相変わらず強引なんですから。でも私も少し自信が付いたみたいです」
ダーリィ「それは何よりだねえ、でもこれからが大変なんだからね、まずはあたしがいかせてもらうよ」 
瑞香「はい、がんばって下さい、なるべく私もがんばりますから」
 
第二ライバル戦(対タムタム)
・仕合前
ダーリィ「ああタムタムかい、あんたも勝ち残ったのはうれしいねえ」
タムタム「アオッ、だーりぃ、マタオ前ト仕合ウノカ」
ダーリィ「なんだ、せっかく会えたってのにつれないねえ、まあいいさ、今回は貸し借りなしでじっくりやれるからねえ」
タムタム「ソコマデイワレレバイタシカタナシ、たむたむ、一生懸命闘ウ」
・仕合後
ダーリィ「もうちょっと本気を脱してほしかったけど、やっぱり楽しかったよ」
タムタム「ウム、だーりぃモ戦士、たむたむ、礼失シナイヨウ闘ッタツモリ」
ダーリィ「こうなったら仕方がないね、これからあんたの使命も果たさせてあげるよ、これも戦士の礼儀って奴だからね」
タムタム「アオッ、たむたむ、だーりぃノ武運祈ッテル」
 
対中ボス戦(以下4組の中から2組)
・萬三九六編
三九六「よお姉ちゃん、俺様とどっこいのガタイをしてるじゃねえか、いっちょ俺様と付き合いな」
ダーリィ「あんたも壊すしか能がないようだね、こんな奴はこっちからお断りだね」
三九六「こういった抗いようならますます気に入ったぜえ、今からじっくりとかわいがってやるぜえ」
 
・黒河内夢路編
夢路「無頼に見えてなかなかの信念も感じますね、そういった人には礼をもって対しなければいけません」
ダーリィ「かなり芯が強そうだねえ、やっぱりちょっとの攻めじゃあたしも闘い切れないか」
夢路「ここはあえて武をもってかかることにしましょう、できれば私も全力でかかりましょうか
 
・ドラコ編
ドラコ「お前も弱いものの為に闘うのか、気に入らんな、弱いものはすぐに死ぬのが常だというに」
ダーリィ「そうやっていつも弱いものばかりいたぶるか、それならあんたを討ち取らなきゃいけないね」
ドラコ「いずれにしてもお前も刃のみで闘うんだ、所詮中には勝てないことを思い知らせてやろう」
 
・アスラ編
アスラ「何かを造るということは何かに壊される宿命を持つ、それでもお前は何かを造るというのか」
アスラ「そうやって何かを壊すしか能がないのかい、憎しみしか見えないってのは哀れだねえ」
アスラ「いずれ壊されるのを覚悟でいくならば、この俺を倒してからやることだな」
 
対歴代ボス戦
ダーリィ「これでひとまずはかたが付いたね、でもそうそう終わらせてはくれないみたいだ」
・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。
「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」
・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)
・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。
 
・闇天草編
天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!」
ダーリィ「さあてどんな恨みかは分からないけどね、これ以上世の中に迷惑をかけるなら容赦はしないよ」
 
・鬼斬紅郎編
斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!」
ダーリィ「世を騒がせる鬼ってのあんたかい、たしかに長くて鋭い得物なら闘いがいもあるねえ」
 
・真ゴルバ編
ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!」
ダーリィ「天下ってのはしっくりいかないけれどね、あんたも世の中を荒らし回ろうというなら容赦しないよ」
 
・魔界我旺編
我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!」
ダーリィ「あんたも世の中を騒がそうっていうふしかい、このあたしがいる以上あんたの勝手にはさせないよ」
 
・羅将神ミヅキ編
ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!」
ダーリィ「おいでなすったね、魔物といってもあんたも女だ、ここは女同士ガチンコといこうじゃないか」
 
最終戦(対壊帝ユガ)
「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。
我が名は、壊帝ユガ
今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」
ダーリィ「あんたが魔物の総大将ってところかい、それならあんたをブッ倒して世の中をきれいに片づけようじゃないか」
 
エンディング
最後の魔物を討ち取り、荒れ果てた街々を見て嘆息するダーリィ。
「こうまで荒らされちゃあ人々も安心して暮らしていけないね、ここはあたしが一肌脱ごうじゃないか」
というわけで使命感とお節介の虫を騒がせ街の家々をはじめ修復して回り、それでいて恩を着せない様に誰もが尊敬の念を禁じ得ないでいた。
いつしか彼女を海賊として大工として、そして侍として歴史の一ページを刻むことになるが、それはまた別の物語にて。

| | | コメント (0)

呉瑞香<サムライスピリッツ 天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サムストーリーは、清国の風水師呉瑞香のシナリオをお送りいたします。
不器用ながらも風水の術からもたらされる奥義の数々、ひとまずは使いこなす様と彼女を取り巻く人々とのやり取りをお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。
 
オープニング、ベースストーリー
清国の風水師、呉瑞香。静御前の凶事より各地の異変の調査のため多忙の日々を送る中、倭国を中心とした武道大会の開催を知らされ。そこでも再び魔界の手が伸びるのを知り、彼女もまた流れのままに闘いの場に身を投じるのだった。
 
第1ライバル戦(対王虎)
・仕合前
瑞香「ああ、王虎さま、ここは任務の途上とは思いますが、ってすんなり通してはくれませんよね」
王虎「おうら瑞香よ、ここで会うたら仕合うのが礼儀じゃろうが」
瑞香「なるべく面倒ごとには巻き込まれたくはありませんが、これも致し方ありませんね」
王虎「これからの闘いに際しなんじゃそのひ弱さは、これから鍛え直してやるから覚悟せい」
・仕合後
瑞香「や、やっと鎮まりました。これだから体を動かすのは好きじゃないんです」
王虎「ふぬう、やればできるではないか。じゃがこれからが正念場じゃあ」
瑞香「でもこれを抜ければやっと休めるんです。それを踏まえてもう少し、気張らないと」
と、瑞香は去っていく。
王虎「ううむ、大丈夫じゃろうか」
 
第2ライバル戦(対雲飛)
・仕合前
瑞香「ああ、雲飛さまですね、こういった場でお目にかかろうとは思いもよりませんでした」
雲飛「なんの、これも何かの縁、かくいう儂とそなたとは遠からぬ縁でもない」
瑞香「はい、我が呉家とは往古からの縁。ここで仕合うのも致し方もないでしょうが」
雲飛「なればせめて楽しもうではないか。かくいう儂も胸が躍ってきたわ」
・仕合後
瑞香「ああ、今ので一本といったところでしょうか」
雲飛「うむ見事、これにて小手調べも了となった。あとは魔の根源とそれに従いしものと対するのみだが」
瑞香「はい、やはり私がやらなければならないのですね」
雲飛「うむ、いざとなれば儂らも助力せんが、そなたならこの大役を成し遂げられるであろう」
 
中ボス戦(以下4組の中から2組)
・萬三九六編
三九六「おお、いいとこの姉ちゃんじゃねえか、なんか金目の物譲ってくれりゃあここを通してやってもいいんだぜ」
瑞香「そう言われても持ち合わせはありませんし、あなたに譲るべきものがなにもありませんが」
三九六「そういうと思ったぜえ、それなら身ぐるみはいでも文句はねえよなあ」
 
・黒河内夢路編
夢路「あなたも軽めながら波乱に満ちた生を歩んでいますね、私としても力添えをしたいものですが」
瑞香「とは申しましても、あなたの路も安からぬものと見受けました、こちらとしてもお力添えしたいものですが」
夢路「それならばお互いの業を競うのも悪くはありません。それこそ互いが活きる路と見ましたから」
 
・ドラコ編
ドラコ「ずいぶんもがいているようじゃねえか嬢ちゃん、俺としても鬱陶しいから楽にしてもいいんだぜ」
瑞香「だからと言って大人しく撃たれるわけにはいきません、私もやらなければならないこともありますから」
ドラコ「それが気に入らねえってことだ。お前の煩わしい運命とやらも終わらせてやってもいいんだぜ」
 
・アスラ編
アスラ「風水か、何かを調べるかは知らぬが俺の路に踏み入るのは気に入らぬな」
瑞香「無闇に踏み入るつもりはないのですが、あなたが騒乱を呼び起こすなら鎮めなければなりません」
アスラ「俺の怒りと憎しみは誰にも鎮められぬ。あえてかかわるならお前の命そのものを捧げるがいい」

対歴代ボス戦
瑞香「やはりこの地も魔に浸食されてるんですね。たしかにすべてを祓うのは安からぬものですが」
・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。
「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」
・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)
・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。
 
・闇天草編
天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!」
瑞香「再び惑うたのですかいにしえの聖人の人、ついでに貴方の迷える魂をも鎮まれればいいのですが」」
 
・鬼斬紅郎編
斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!」
瑞香「これほどの業物を振り回して禍をもたらさんとは、その剣をくぐってあなたを鎮めなければいけませんね」
 
・真ゴルバ編
ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!」
瑞香「ご自身の欲のために世を征せんとするならば、私も風水師のお勤めとして抑えて差し上げましょう」
 
・魔界我旺編
我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!」
瑞香「世の哭き聲はあなた自身がもたらせるのはあなた自身気付いているはず、今よりそれを思い起こして差し上げます」
 
・羅将神ミヅキ編
ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!」
瑞香「いまだ魔にとらわれる貴女もまた力ある方、今こそ義しき路を指し示しそこに導いて差し上げましょう」
 
最終戦(対壊帝ユガ)
「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。
我が名は、壊帝ユガ
今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」
瑞香「すべての元凶の魔たる貴方をここで鎮めなければなりません。そしてすべての凶事がこれで終わるならば」
 
エンディング
すべての魔を退け、ようやく故郷への帰還がかなった瑞香だった。しかし彼女には永らくの休息はそうそう許されるはずはなく、間を置かず界隈の気の乱れを調べ周りそれを鎮めるという本来のお役目に奔走しなければならない。これこそが風水師本来の使命なのだから。
しかし瑞香も己の誇りに目覚め、それでいて悪戦苦闘ながらも己に課せられたお役目を淡々とこなす日々を過ごすのだった。

| | | コメント (0)

真境名ミナ対SNK・その他ゲーム系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、CSNから真境名ミナ対SNK・その他ゲーム系キャラのシナリオをお送りいたします。武力やメタスラ等のつわものたちに弓矢一本で立ち向かう様もまた勇壮そのものですが、果たしてどれだけの活躍を見せてくれるかと、そんな想いで描いたものですが。ともかくそのようなわけですので、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>CAPCOM VS SNK・namco>真境名ミナ>SNK・侍魂・月華・その他系キャラ
となっております。

| | | コメント (0)

侍魂第3シーズン、ですか

さてみなさん、現在稼働中のサムライスピリッツ(仮題:しずか千年歌)。
その追加キャラの第3シーズンということでその待望のキャラとしてまずは何と、ある意味真侍魂のアイドル的存在、グリーンヘルの炎の巫女チャムチャムのご登場ということで。これはたしかに人気を狙ったきらいもありますが、ここは純粋に喜ぶべきでしょう。
その次に何と月華の剣士から高嶺響が。当作品については楓や守矢が妥当と思いましたが。まずCAPCOM VS SNK2出場の縁もあることでしょうが、また原作のストーリーからあのまま魔道に堕ちるか否かの瀬戸際から時代的に過去の世界に陥ったといったところかもしれない。これもまたその運命やいかにということでひとまず見守っていきたいと思うけれど。
ともかくも今後の侍魂の展開にもひとまずは期待を持ちたいものですが。

| | | コメント (0)

マッドマン対侍魂、月華系キャラ<バトルコロシアムD.A.S>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアムD.A.Sよりマッドマン対侍魂、月華系キャラのシナリオをお送りいたします。
お正月のこの時期に彼マッドマンが登場するのはある意味めでたいことかもしれず、異界の戦士たる彼と日本を中心とした武士や志士たちとの激闘をお送りできればと思い描いたものですが。
とまあなにはともあれ、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>バトルコロシアムD.A.S>マッドマン>VS SNK・各種ゲーム系キャラ
となっております。

| | | コメント (0)

公孫離・初代、真侍魂2ストーリー

さてみなさん、今回は先のウォーデン同様、ゲストキャラの公孫離の初代及び真のストーリーをお送りする運びです。人々の幸福のために活躍する彼女。はたして魔の軍勢にどう立ち向かうか、といったところで、それでは、ごゆっくり。
 
初代・メインストーリー
人々の幸福のために、倭国清国を中心に日夜活躍する彼女公孫離。
そんな彼女も先の騒乱で心に残った魔の残滓に決着祖付けるべく、再び倭国の地の騒乱に身を投じる。はたしてその行く先やいかに。
 
天草との邂逅
公孫離「貴方の魂も安からんことを」
一面が闇に包まれ、邪悪の影が現れる。
公孫離「・・・誰・・・・・?」
影「クク、ククククク・・・・・我こそは天草が怨霊、さあ暗黒神がお呼びだ」
公孫離「やはり、貴方がそうでしたか」
天草の影「人々の幸福と安寧の為に闘う汝こそ、暗黒神の贄にふさわしい、さあ今こそ身を委ねよ」
公孫離「それは受け入れるわけにはいきません、何としてもあなたと暗黒神を鎮めさせていただきます」
天草の影「ククク・・・ならば死を待っておれ」
天草の影が消え、元の場所に戻る。
公孫離「あれこそが魔の、そして不幸の源ならば・・・・・」
 
対天草戦仕合後、エンディング
公孫離「これで、世も鎮まれればいいのですが」
と、島原の地を後にする。
「その後公孫離は、各地の悪しき地を鎮め続けていく」
 
「ひいいいい、金はいくらでも出す、だから命だけは」
夜叉丸「笑止、貴様のおかげでどれだけの人々が飢えで死んだと思っている」
そこに公孫離が割って入る。
公孫離「そこまでにいたしましょう。彼の人はいずれ役人によって裁かれましょうから」
夜叉丸「貴様、邪魔だてをするのか、くっ、待てっ!」
去り行く公孫離を追っていく夜叉丸。後に商人は役人に取り押さえられ同じく柳生も駆けつける」
柳生「うむ、あの娘、いくらかの金子も奪いおったな」
 
アースクエイク「グッヒィー、何しやがる」
公孫離「欲望の為に金品を奪わんとは、貴方も不幸をもたらす人ですね」
アースクエイク「グヒッ、待ちやがれ」
去り行く公孫離、それを追うアースクエイク。後に半蔵が現れる。
半蔵「うむ、彼の女(もの)の業も侮りがたしか」
 
 
真。メインストーリー
島原の凶事にて天草の霊を鎮めた公孫離だが、魔の根源が大日の影であることを突き止め、その根源を絶つべくみたび倭国へと旅立つことになる。はたしてその行く末やいかに。
 
オープニング
「島原の凶事より時は流れ、いま再び、嵐の予感があった」
公孫離「いやな風、でもそれを押して行かなければいけないです」
 
中間デモ
公孫離「闘うたび、前にもまして哀しみもいや増すばかりです」
黒子「大丈夫、オーケー、自分を信じてゴーです」
公孫離「この人は、誰、でも妙に落ち着く感じがします」
 
最終戦デモ
魔の本拠を前に、高台に立つ公孫離。
公孫離「これが魔の根源ですか、なら我が舞にて鎮めて差し上げましょう」
2つの聖石が吸い寄せられ、魔の社が現れる。
「ラキキラ無理無理キキッ、ンキキラッ、喰ってやろう!!!!」
公孫離「たとえどんなに強大でしょうが、必ずや鎮めて差し上げましょう」
 
エンディング
ミヅキを倒し、高台に立つ公孫離。
公孫離「これで大日の影は鎮めましたが、この暗雲は未だ消えない」
そこに向かいの高台に立つナコルルがいた。
公孫離「あれはナコルルさん。でも一体何を、ああ・・・・・!」
ナコルルが祈りとともに光に包まれ、暗雲も立ち消える。
公孫離「まさか彼女の命を持ってこの暗雲が、でも」
公孫離、林の中に舞い降り、しばらく傘をさしてたたずむ。
公孫離「人々の為にはこの命も惜しくはないと思いましたが、いえ、それは彼女も同じこと。いずれにしても私もまだ修行が足りません」
公孫離、各地で舞を披露するのだった。
公孫離「今はただ、戦乱で荒んだ人々の心を癒すべく、そしてきたる闘いに向けて、離の心も磨かなければいけません」

| | | コメント (0)

ウォーデン・初代、真侍魂2ストーリー

さてみなさん、今回は特別企画として令侍・しずか千年歌(仮題)のゲストキャラたるウォーデンを初代及び真のストーリーを舞台に活躍させたらとシナリオを組んだものです。はたしてどんな展開を見せてくれるか乞うご期待ということで、それでは、ごゆっくり。
 
壱・メインストーリー
遠く異国の地にて己の騎士道をもとに剣を振るう彼ウォーデン。しばらくは故郷で英気を養っていたが、先の闘いで糸を引いていた魔の根幹が動き出したとのうわさを聞き出し、自らの決着をと、再び異国ジパングの地に向かうのであった。
 
天草との邂逅
ウォーデン「いい仕合だった、しかし・・・・・」
一面が闇に包まれ、邪悪の影が現れる。
ウォーデン「むう、何者だ」
影「クク、ククククク・・・・・我こそは天草が怨霊、さあ暗黒神がお呼びだ」
ウォーデン「なれば、御身が魔の根源とやらか」
天草の影「汝の剣技もまた光るものありか、ならば我が闇のもとで振るってみるか」
ウォーデン「それは容認できぬ。我が剣、そして騎士道は光とともにあり。ゆえに魔に身を委ねるわけにはいかぬ」
天草の影「ククク・・・ならば死を待っておれ」
天草の影が消え、元の場所に戻る。
ウォーデン「あれほどの強大な気、なればこそ負けるわけにはいかぬ」
 
対天草戦仕合後、エンディング
ウォーデン「これで魔の根幹を鎮められればいいが」
そこに飛脚が現れる。
飛脚「あんたが“うおーでん”の旦那かい、あんた宛に手紙を届けてくれと頼まれたんだが」
ウォーデン「うむ、寄越してくれたまえ」
飛脚から手紙を受け取り、その手紙を読む。
ウォーデン「これは、魔の根源が我らが地にも及んでおるのか。こうしてはいられない。名残は惜しいが、わたしには次の闘いが待っている、ひとまずはさらばだ」
飛脚「へい、旦那もお達者で」
と、ウォーデンはこの場を去る。
 
 
真・メインストーリー
異国の魔の根源を祓った後に故郷の地の魔も鎮めたウォーデン。しかしそれらの根幹は未だ顕在し、己の使命感を頼りに再びジパングの地に乗り込んでいく。その道のりには同じ志を持つ数多の剣士、おなじく野心をもとに立ちはだかる敵が待ち受けている。それらとも闘わなければならないのだ。すべては己の正義のため、そして世の平和のために。
 
オープニング
「島原の凶事より時は流れ、いま再び、嵐の予感があった」
ウォーデン「魔の根幹、今度こそ鎮めなければならぬな」
 
中間デモ
ウォーデン「数多の仕合を経て魔の根幹にも近づいていくか、しかし・・・・・」
黒子「大丈夫、オーケー、自分を信じてゴーです」
ウォーデン「何とも奇妙な、しかし彼の言にも一理ありか」
 
最終戦デモ
魔の本拠を前に、高台に立つウォーデン。
ウォーデン「これほどの禍々しい気が漂っているのか、しかし我が騎士道にかけて」
2つの聖石が吸い寄せられ、魔の社が現れる。
「ラキキラ無理無理キキッ、ンキキラッ、喰ってやろう!!!!」
ウォーデン「わたしもむざむざ斃れるわけにはいかぬ。堂々とお相手しよう」
 
エンディング
ミヅキを倒し、高台に立つウォーデン。
ウォーデン「これで一つの闘いが終わった。しかし・・・・・」
ウォーデンのもと、一羽のハトが舞い降り、足に付けられた手紙を読む。
ウォーデン「これは、やはり故郷も事態が切迫しているか」
ウォーデン、林の中に舞い降りる。そこに黒子が待ち構えていた。
黒子「せわしないですね、すぐに発たれるのですか」
ウォーデン「故郷の危機ゆえ、御免、ご縁があったらまた会おう」
と、ウォーデンは去っていく。
黒子「まあ、袖すり合うのも縁と言います。また会う日までごきげんよう」
 
(スタッフロールへ)

| | | コメント (0)

チャムチャム対KOFキャラ後編<CAPCOM VS SNK・namco>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、CSNよりチャムチャム対KOFキャラの後編をお送りいたします。
KOFⅩⅣのつわものとの激闘はチャムチャムに何をもたらすことでしょうか。それと同じくチャムチャムの令サムの参戦ははたしてかなうのかといった期待もこの場を借りて述べたいと思いますが。
といったところで、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>CAPCOM VS SNK・namco>チャムチャム>SNK・KING OF FIGHTERS系キャラ
となっております。

| | | コメント (0)

鞍馬夜叉丸、初代侍魂ストーリー

さてみなさん、今回は令侍、しずか千年歌(仮題)の主人公格・鞍馬夜叉丸の初代ストーリーをお送りする運びです。
幕府から追われつつも天草の乱に立ち向かい、やがて己の宿命の一端に巡り合う様をここにお送りすることに相成ります。はたしてその行く末やいかに、といったところで、それでは、ごゆっくり。
 
メインストーリー
陰謀により父を失い、幕府への憎しみから義賊となった烏天狗、鞍馬夜叉丸。
静御前との邂逅を経て己の出生の秘密を知り得るとともに、真の使命にもわずかながらに気付き、幕府、伊賀忍軍の追っ手が迫る中更なる闇へと立ち向かうのだった。
 
天草との邂逅
夜叉丸「つまらぬ仕合だったな」
一面が闇に覆われ、邪悪の影が現れる。
夜叉丸「何者だ」
影「クク、ククククク・・・・・我こそは天草が怨霊、さあ暗黒神がお呼びだ」
夜叉丸「この暗き気は、よもや貴様は」
天草の影「そなたの幕府を憎む心、我がもとで存分に振るうがいい。そして暗黒神に絶対の忠誠を誓うのだ」
夜叉丸「そしてこの世そのものに災いを振りまく。そのような誘い、この俺が乗ると思ったか」
天草の影「ククク・・・ならば死を待っておれ」
天草の影が消え、元の場所に戻る。
夜叉丸「いずれにせよ、すべてを討ち取るのみだ」
 
対天草戦仕合後、エンディング
夜叉丸「これで、終わりか、いや」
そこに伊賀忍軍が現れる。
「追いつめたぞ烏天狗、さあ神妙に致せ」
夜叉丸「成程この場で一気に片付けんか。しかしここで討たれるわけにはいかん」
夜叉丸、疾風とともに去っていく。
「おのれ、またしても逃がしたか」
折っていく忍軍。その後一人の仙人が現れる。
雲飛「うむ、やはり見込みありか」
雲飛も去っていき、後に半蔵が現れその様を見守っていく。
半蔵「・・・・・」
やがて半蔵も去っていく。
 
夜叉丸、島原の地を去っていき、その足で千年桜の地を訪れる。
夜叉丸「この国を覆う暗雲は祓われた、これで魂は鎮まるだろうか・・・うむ、これは・・・・・」
桜の根元には一人の赤子が横たわっていた。
夜叉丸「この赤子は、まさか・・・・・」
所を変え、父の墓標に佇む夜叉丸。
夜叉丸「この赤子は、かつて俺を拾い育ててくれたのと同じように、俺が育てよという、父上のお告げなら、そしてこの子が彼女の生まれ変わりなら・・・・・」
そして赤子を高く掲げつつ告げる。
夜叉丸「この俺の生ある限り、この子を育て上げよう。そう、お前の名は“静(さや)”だ。我が使命の赴くまま、強く義しく育つのだ」
 
スタッフロールへ

| | | コメント (0)

呉瑞香及びダーリィ=ダガー、初代侍魂ストーリー

さてみなさん、今回はひとまずの思いつきながらも初代サムライスピリッツにおける呉瑞香とダーリィ=ダガーのストーリーをこれまたスケジュールの都合で2組まとめてお送りする運びとなりました。先に真侍のストーリーをお送りしましたが、もし初代で活躍するならばいかなる活躍をするのかということで制作したものですが。
ひとまずこういったところで、それでは、ごゆっくり。
 
呉瑞香・メインストーリー
気脈の乱れを受けて静御前の乱を鎮めるも、そのまま次の気の乱れを調べよとの命を受ける。いつ終わるとも知らぬ任務に辟易としながらも再び世の侍との対戦の場に身を投じるのだった。
 
天草との邂逅
瑞香「これでここの気脈も鎮まりました。
一面が闇に覆われ、邪悪の影が現れる。
瑞香「ええっ、また気脈が乱れるだなんて」
影「クク、ククククク・・・・・我こそは天草が怨霊、さあ暗黒神がお呼びだ」
瑞香「貴方が気の乱れの元凶なのですか」
天草の影「気の乱れはこの日のもとを中心に渦巻いておる。もはや誰にも鎮まらぬ。汝も闇の気に身を委ねるがいい」
瑞香「それは、お断りいたします。私も風水師の誇りにかけて貴方をも鎮めて差し上げます」
天草の影「ククク・・・ならば死を待っておれ」
天草の影が消え、元の場所に戻る。
瑞香「これは、先の凶事とも関わりがあるのでしょうか」
 
対天草戦仕合後、エンディング
瑞香「何とか鎮めることができましたね。これで帰ることが・・・・・」
そこに数人の兵士が現れる。
兵「瑞香どの、皇帝陛下からの下命です。こたびの凶事の根源たる“破王の卵”について調査すべしとのお達しです」
瑞香「・・・ええっ、また新たな任務、なのですか」
兵「此度の凶事を受け、呉大老がお調べになってゆえのこと。成功をお祈り申します」
兵士、そのまま去っていき、瑞香もただ呆然と立ち尽くす。
瑞香「・・・ああ、これで帰れると思いましたのに・・・・・」
そして一陣の風が瑞香に吹きすさぶ。
 
スタッフロールへ
 
 
ダーリィ=ダガー、メインストーリー
七つの海にその名を知れた海賊船大工ダーリィ=ダガー。
ご自慢の船を壊されたことで先の騒乱を闘い抜き、その際誤解で追っていたタムタムとは借りを返そうと機会をうかがっている際、天草の乱が起こり、それにタムタムが関わっているのを聞きつけ。今回の騒乱に身を投じるのだったが。
 
天草との邂逅
ダーリィ「まあ、こんなもんだね」
一面が闇に覆われ、邪悪の影が現れる。
ダーリィ「うっ、これはどういうことだい」
影「クク、ククククク・・・・・我こそは天草が怨霊、さあ暗黒神がお呼びだ」
ダーリィ「あんたが今回の元凶ってやつかい」
天草の影「世を覆う闇はだれにも止められぬ、汝も我が主のもとに身を委ねるがいい」
ダーリィ「そいつはお断りだね、その主ってやつもまとめてブチのめしてやるさ」
天草の影「ククク・・・ならば死を待っておれ」
天草の影が消え、元の場所に戻る。
ダーリィ「こいつは面白くなってきたね」
 
対天草戦仕合後、エンディング
天草封印後、天草の石が浮かんでいた。
ダーリィ「これで終わったな、おっと、この石は」
天草の石はダーリィを離れ、タムタムのもとに
タムタム「オオ、石取リモドシタ、アオッ、だーりぃ!?」
ダーリィ「ああ、タムタム、あんたも無事だったか。これからちょっと付き合いなよ」
タムタム「たむたむ、マダヤラネバナラヌコトアル、イズレマタ会オウ」
ダーリィ「ああ、お待ちよタムタム、まったくせわしないねえ」
ダーリィ、そのままタムタムを追っていく。しかし石はいずこかに飛び去っていく。
 
スタッフロールへ

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧