サムライスピリッツ

兇國日輪守我旺~帰ってきた怖~いお殿様(後編)

さてみなさん、今回の侍魂剛は、大名にして覇者たる兇國日輪守我旺の後半パートをお送りいたします。
ついに凶事の渦中のペルシャ、そしてバビロニアへと向かう我旺、はたしてその往く先には何が待ち受けるのか乞うご期待といったところで、それでは、ごゆっくり。

ちなみにベースストーリーはこちら

また前編パートはこちら

といったところです、それでは、あらためてごゆっくり。

第七回戦(対慶寅)
・仕合前
我旺「ここで会うたはまた重畳、うぬとここで仕合うことになろうとはな」
慶寅「ああ、凶事ついでにあんたとの仕合なら気も引き締まろうかもな」
我旺「我らの大義の前にやはり凶事にあたるか、その前の仕合ならばうぬの全力をもってこの我旺にぶつけてみるがいい」
慶寅「ああ、そうさせてもらうよ」

・仕合後
我旺「こんなものか、いやたしかに腕を上げたが、この我旺を満足せしむるものではなかったか」
慶寅「たしかにあんたを失望させたかもしれねえ。だが俺も、ここでとどまるわけにはいかねえな」
我旺「本来なら一刀のもとに斬り伏せてもよかろうが、やはり次に預けてもよかろうか」
慶寅「やはり行くのか、凶事の渦に」
我旺「ひとまずはさらばだ、この次はうぬの全身全霊で挑むがいい」

第八回戦
・仕合前
領主の城内にて子供たちが働かされている。
「オラァ、働け働け、手を抜いたら今夜のメシは抜きだぞ!」
我旺「なんと童を働かせるか、しかし」
すかさずただなかに入っていく我旺。
我旺「待てい、これ以上の狼藉はこの我旺が許さぬ」
「な、なんだ貴様は、いずれこれを見たからには生かしては帰さんぞ」
そこに巨漢の大男が現れる。
「待てい、こやつはお前たちがかなう相手ではない」
「ああ、ハッサム様」
我旺「うむ、うぬがこの者の頭目か」
ハッサム「うむ、俺様がここを預かるハッサムという者だ。奴隷の子供たちを相手にしていたから久しく腕がなまるばかりよ」
我旺「何ゆえにこの者の頭目を名乗るかは問わぬ。うぬもまたいずれ劣らぬますらおと見た」
ハッサム「おお、あんたほどのつわものと仕合うは俺としても名誉なことだな。いざ尋常に勝負だ」

・仕合後
我旺「その言葉にたがわぬますらおぶりだったぞ、ここで斬り伏せるのみが惜しいところよ」

第九回戦
玉座の間に踏み入った我旺。そこには領主と日の本の商人がいた。
領主「な、なんだ貴様は」
商人「おやおや、ここまで参るとは流石ですね」
我旺「もはや茶番はここまでぞ、大人しく我が軍門に下るがよし、さもなくばこの鬼十字の威をこの身に思い知るであろう」
商人「あいにくそういうわけにもいきませんが、しかしあなたの実力を見込んでこの方々と闘っていただきます」
部屋の脇の柱から、商人が雇った用心棒が現れる(以下2組の中から選択で登場)
三九六「久しぶりだなあ殿様、あんたをブチ倒すのはつれえが、これも仕事でな、覚悟してもらうぜ」
ドラコ「どこぞの殿様かは知らんが、いずれ刀を頼るものはこの銃の前には無力であることを思い知らせてやるぜ」
(ペルシャへの移動時にシャンティと対戦後、以後の仕合後メッセージを飛ばして特別戦その2に移行可能)

・仕合後
我旺「つまらぬ仕合であった、しかし彼奴等、それほど遠くには逃げてはおらぬか」

特別戦その2(対リスキー=ブーツ)
・仕合前
勝ち残った我旺のもとに青白い女が舞い降りる。
女「おおっと、派手にやってくれるじゃないか」
我旺「今度はをとめか、それもかなりの手練れだが」
女「ハッ、分かってるじゃないか、このリスキー=ブーツ様がこのペルシャの地にたいそうなお宝があるって聞きつけてわざわざ参上したってわけさ」
我旺「りすきい、なればあの精霊のをとめが申したがうぬであったか」
リスキー「そこまで知ってりゃ話が早い、いずれにせよここで邪魔されちゃ元も子もないね、ここは片付けさせてもらうさ。
右手に銘刀“クイーン・オブ・パイレーツ”
左手に銘銃“クイーン・オブ・セブンシーズ”
これさえありゃ怖いものなしだ、さあ始めようか」

・仕合後
我旺「見事な闘いであったぞをとめよ、とはいえ彼奴等、遠くへは逃げ延びてはおらぬな」

第十回戦
・仕合前
地下の神殿にたどり着いた我旺。しかし倒れ伏した領主とそれを足元に立つ商人がいた。
我旺「むう、これは一体どういうことだ」
領主「き、貴様、裏切るのか・・・・・」
商人「ふふ、貴方には随分と働いていただきました。しかし貴方のお役目はここまでです」
我旺「まこと哀れなりや、されどもはや戯れ事はやめよ、うぬの目的が何かは問わぬが」
商人「ふふ、これも面白き事ですね。しかし貴方がお相手とは光栄なることでしょうが」
商人が顔に手を当て、別の男の姿に代わる。
男「いずれにせよこの俺、由比正雪が直々に相手をせねばならぬ。あらためて兇國我旺よ、貴殿と刃を交えるはまさに望外の悦びよ!」

最終戦
・仕合前
我旺「やはり手こずったわ、されどこの我旺に小細工は通用せぬ」
正雪「くくく、もうすぐ来る、この神殿の主にしてかの“ばびろにあ”の神の王が」
我旺「やはり裏がありおったか」
正雪「いかにお主とて神が相手ではどうかな。せいぜい闘い抜くがいいて」
と、正雪は去っていく。
我旺「逃がしたか、されどこの大いなる期の持ち主なれば見逃す手はなし」
空間が歪み、そこに一人の人物が現れる。それは禍々しさよりも神々しさを感じられる姿だった。
我旺「これほどの気、やはり神気と呼ぶべきか、単なる魔物とは違うようだな」
男「我を魔物と同様に呼ぶ非礼は目を瞑ろう。我は王の中の王“ギルガメッシュ”今この地より再び世界を席巻すべく顕現したるもの」
我旺「つまりは神そのなれば相手にとって不足はなし、存分に参られい」
ギルガメッシュ「うむ、汝がごときもののふと仕合えるとは、このギルガメッシュ、歓びに打ち震えているわ」

・仕合後
ギルガメッシュ「これほどとはな人の子よ、だがこれで勝ったとは思わぬことだ」
ギルガメッシュ、剣を床に突き刺し、地響きを起こす。
我旺「ぬう、これがうぬの幕引きか」
ギルガメッシュ「我、再び眠りにつかん。縁があったらまた会おうぞ」
我旺「いずれこの地にも用はなくなったか」
我旺が去っていくとともに神殿も崩壊していく。

エンディング
後に日の本に戻る船上子供たちと、何故かお供には慶寅の姿があった。
「その後、兇國日輪守我旺の姿を見た者はいなかった。
噂では数多の戦場にて我旺の姿があったという、
異国にて覇を唱えんとしたか、いずれにしても争乱の陰に我旺あり、あるいは我旺往くところ争乱ありと、歴史の陰にその名を刻んだことは述べるまでもなかった」

スタッフロールへ

| | | コメント (0)

西村アクジ・サムライスピリッツ島原編(後編)<バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!より、西村アクジ、サムライスピリッツ島原編の後編パートをお送りいたします。
覇王丸を追って島原へと向かうアクジたち。そこに待ち受ける強敵たちにいかに立ち向かうかをお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。

ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!>西村アクジ編・その4
となっております。

| | | コメント (0)

風間火月~燃える炎の熱血忍者さん(前編)<サムライスピリッツ剛!>

さてみなさん、今回の侍魂剛は、燃える熱血忍者、風間火月の前編パートをお送りいたします。
もともと天サムからの新規から、以降のシリーズで準レギュラーの地位を確立した彼、今回でも燃える闘いを繰り広げることでしょう。というわけで、それでは、ごゆっくり。

ちなみにグランドオープニングはこちら

ベースストーリー・オープニング

風間の忍として数々の任務をこなした彼も、先の天草の乱を機に伊賀忍軍預かりの身ながらも自分なりの忍道を極めんと日々修行に励む一方で、大地の巫女としての使命を負う葉月を気遣いながらも“ぺるしあ”の凶事を収めんと鼻息荒く乗り込んでいくのだが。

第一~三・五・六回戦(抜粋)
・対覇王丸
火月「おうよ覇王丸の旦那、久しぶりにあんたと燃える闘いがしたくなってきた、いっちょ手合わせ頼むぜ」
覇王丸「お前さんは風間の忍か、まずは堅苦しい使命ってやつを忘れて仕合うってのもいいかもしれねえな」
「やっぱ本当の侍との仕合が一番燃えるぜ、お互いもっと強くなってからまた仕合いてえなあ」

・対半蔵
火月「どうやら半蔵の旦那も俺たちを放ってはおけねえみてえだな、一度一人の忍としてあんたと仕合いてえぜ」
半蔵「ぬしの火術の冴えも腕を上げたと聞く、なればことこの半蔵の前にてその業を見せてみるがいい」
「少し頭に血が昇っちまったみてえだ、あんた相手じゃもうちょっと落ち着いて闘いたかったぜ」

・対狂死郎
火月「かつて見た歌舞伎以上におめえとの仕合は楽しみだ、いつか見た命の舞とやらを見せてもらおうじゃねえか」
狂死郎「ふむうお主の炎もまた命の炎ぞぉ、この狂死郎の前で存分に燃やしてもらおうかのぉう」
「ただ燃やすだけじゃあ本当の炎とは呼べねえな、もっと魂の奥底から燃やせるようにしなきゃいけねえな」

・対閑丸
火月「久しぶりだなあボウズ、おめえの中の鬼って奴を、暴れ足りねえならぜひ俺にぶつけてもらおうじゃねえか」
閑丸「僕の中の鬼を未だ御しえているわけじゃないけれど、あなたとの仕合で少しだけでも吹っ切れればいいけれど」
「なかなかの鬼っぷり、そして侍っぷりだったぜ、まだ力に悩んでいるんだったらいつでも俺ん所に来な」

・対葉月
火月「こういった面倒ごとは俺だけでケリつけたかったがなあ、凶事となりゃそうも言ってられないもんだよなあ」
葉月「ごめんなさい兄さん、でも私だって大地の巫女としてこの地を守らなきゃいけなかったから」
「やっぱ腕上がったよな、あとのことは俺たちにまかせてゆっくりと修業して待ってくれよな」

第四回戦(対ガルフォード)
・仕合前
火月「おう久しぶりだなガルフォード、こうしておめえと仕合うのが楽しみになってきたところだぜ」
ガルフォード「ああ久しぶりだな火月、お互いの使命ってのもあるけど、やはり仕合ってぶつけるのも悪くはないな」
火月「そうだな、たしかに葉月のこともあるが俺なりに人様のための忍ってのを目指したくなってきたからな」
ガルフォード「やはり君も正義のために闘う人となったわけだな、だったら正々堂々どこからでもかかってこい」

・仕合後
火月「おう、まずは俺の一本だ、しかしおめえも腕を上げたじゃねえか、これも一杯喰わされたぜ」
ガルフォード「参ったな、俺としてももう少し頑張れると思ったが、こうなったらあとの使命も君に任せてもいいかな」
火月「おうよ“ぺるしあ”の凶事ってやつもまとめて俺が片付けてやるから安心して見守ってな」
と言って火月は去っていく。
ガルフォード「まあちょっと心配だけど、まあいいか」

第四回戦終了後
(ここまでストレート勝ち、もしくは武器破壊技もしくは秘奥義でフィニッシュ3回以上で特別戦に移行可能)
火月のもとに1枚の大型じゅうたんが舞い降りる
火月「何だこのじゅうたんは、ひょっとしてこれに乗れってことか」
火月、じゅうたんに乗り、そのまま空を飛ぶ。
火月「おっと驚かせやがって、これで“ぺるしあ”まで飛んでいくってのか」

(条件未達成時:そのまま共通パターンに移行)
火月「やっぱ俺の他にも飛んでる奴もいるのか、まああいつらもまとめて面倒見てやっか」

(条件達成時)
突然、天空から何者かが落ちてくる。
「うわああああ!」
それは頭からじゅうたんにめり込み、それから起き上がる。
「いたたたた、もうリスキーったら、有無を言わさずぶっ飛ばすんだから」
火月「おう、おめえ何もんだ」
「あれ、ええと、私はシャンティ。歌って踊れるガーディアンジニーでーす」
火月「どうせなら何かの縁だ、ここで仕合うのも悪くはねえな」
シャンティ「うーん、あなたはただの乱暴者じゃないから、お手合わせも悪くはないかな」

特別戦(対シャンティ)
・仕合後
火月「なかなかの踊りっぷりだったな、消えちまったがお陀仏ってわけじゃねえな。また仕合いてえぜ」

(共通パターン)
魔法のじゅうたんはやがてペルシャにたどり着く。
火月「ここが“ぺるしあ”かあ、さあどんな悪党が待ち構えてるか、今から楽しみだぜ」

つづく

| | | コメント (0)

加納亮子対侍魂・月華系キャラ<バトルコロシアムD.A.S>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアムD.A.Sより加納亮子対侍魂、月華系キャラのシナリオをお送りいたします。
生粋の武道家たる亮子と侍魂の剣士、月華の志士との対戦で、彼女の武道もさらなる発展を遂げられるかというささやかな望みも込めてこのシナリオを組みました。それでは、ごゆっくり。

ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>バトルコロシアムD.A.S>加納亮子>VS SNK・各種ゲーム系キャラ
となっております。

| | | コメント (0)

真境名ミナ~ちょっと陰ある妖滅士さん(後編)<サムライスピリッツ剛!>

さてみなさん、今回の侍魂剛は、琉球の妖滅士、真鏡名ミナの後編パートをお送りいたします。
今まで数多のあやかしを狩りつつ数多の矜持を切り抜け、今まさに凶事の中心たる者との対峙を経て、彼女が人間的に成長していく様をここにお送りいたします。それでは、ごゆっくり。

ちなみにベースストーリーはこちら

また前編パートはこちら

といったところです、それでは、あらためてごゆっくり。

 

第7回戦(対ナコルル)
・仕合前
ミナ「やはりあなたもこの地に来たのね。そこに凶事があるのに気付いて」
ナコルル「はい、自然を脅かす魔の影を感じてこの場にまかり越しましたが」
ミナ「こうして対するのも何かの縁ね、ここはあえてお互いの武を競うのも悪くはないかもしれない」
ナコルル「はい、一生懸命仕合うことにしましょう」

・仕合後
ミナ「どうしたのナコルル、あなたの疾さなら私の弓矢も見切れているはずなのに」
ナコルル「やはり手心も覚えていたのですね、本当に闘うべき相手が何か、それもまた分かりかけているのですか」
ミナ「薄々そう感じてきた。たしかに闇雲に弓を射っても意味がないと分かったから。でもいずれにしても」
ナコルル「はい、ここから先は気を付けて下さい」

第八回戦
・仕合前
領主の城内にて子供たちが働かされている。
「オラァ、働け働け、手を抜いたら今夜のメシは抜きだぞ!」
ミナ「あれは、子供たちを無理やり働かしているのね」
すかさずただなかに入っていくミナ。
ミナ「そこまでよ、子供たちを今すぐに解放しなさい」
「な、なんだ貴様は、いずれこれを見たからには生かしては帰さんぞ」
そこに巨漢の大男が現れる。
「待てい、こやつはお前たちがかなう相手ではない」
「ああ、ハッサム様」
ミナ「あなたが、ここの頭目なのね」
ハッサム「うむ、俺様がここを預かるハッサムという者だ。奴隷の子供たちを相手にしていたから久しく腕がなまるばかりよ」
ミナ「あやかしじゃないけど、あなたたちの所業は見逃せない。この場で討ち取らなければいけない」
ハッサム「うむこれも面白い、東の果ての島国の妖滅士とやらの弓を一度披露頂こうか」

・仕合後
ミナ「つまらない仕合だった、でもあの人は本当のもののふだった」

第九回戦
玉座の間に踏み入ったミナ。そこには領主と日の本の商人がいた。
領主「な、なんだ貴様は」
商人「おやおや、ここまで参るとは流石ですね」
ミナ「もうこれ以上の悪事は許さない、早々に観念して」
商人「あいにくそういうわけにもいきませんが、しかしあなたの実力を見込んでこの方々と闘っていただきます」
部屋の脇の柱から、商人が雇った用心棒が現れる(以下2組の中から選択で登場)
三九六「久しぶりだな妖滅士の姉ちゃん。今度こそおめえをものにしてやる。まずは抵抗できないようにかわいがってやるぜ」
ドラコ「久しぶりだな弓使い、ここらで貴様を撃ち取らないと俺の矜持も許さんのでな、覚悟してもらうぞ」
(ペルシャへの移動時にシャンティと対戦後、以後の仕合後メッセージを飛ばして特別戦その2に移行可能)

・仕合後
ミナ「意外とてこずったわ、でもこんなところで手をこまねいているわけにもいかないのに」

特別戦その2(対リスキー=ブーツ)
・仕合前
勝ち残ったミナのもとに青白い女が舞い降りる。
女「おおっと、派手にやってくれるじゃないか」
ミナ「あやかし、いえ、魔族の者なのね、まさかあなたも彼らに雇われて」
女「ハッ、冗談じゃないね、このリスキー=ブーツ様が、あんなチンケな下風に立つわけないだろう。このペルシャの地にたいそうなお宝があるって聞きつけてわざわざ参上したってわけさ」
ミナ「そういえばあのシャンティって人があなたの名を呼んでいた、あなたがそうなのね」
リスキー「そこまで知ってりゃ話が早い、いずれにせよここで邪魔されちゃ元も子もないね、ここは片付けさせてもらうさ。
右手に銘刀“クイーン・オブ・パイレーツ”
左手に銘銃“クイーン・オブ・セブンシーズ”
これさえありゃ怖いものなしだ、さあ始めようか」

・仕合後
ミナ「ここまで全力で闘えただなんて、でもこんなところでとどまってはいられないわ」

第十回戦
・仕合前
地下の神殿にたどり着いたミナ。しかし倒れ伏した領主とそれを足元に立つ商人がいた。
ミナ「これは一体、まさか、仲間割れ、なのね」
領主「き、貴様、裏切るのか・・・・・」
商人「ふふ、貴方には随分と働いていただきました。しかし貴方のお役目はここまでです」
ミナ「残りはあなた、やはりあなたの周りに大いなる妖気を感じるわ」
商人「ふふ、これも面白き事ですね。しかし貴方がお相手とは光栄なることでしょうが」
商人が顔に手を当て、別の男の姿に代わる。
男「いずれにせよこの俺が直々に相手をせねばならぬ。我が名は由比正雪、貴様と刃を交えるは望外の悦び、さあくたばれや妖滅士!」

最終戦
・仕合前
ミナ「恐ろしい術だった、けれどそれをも射抜いた、私の勝ちよ」
正雪「まさか貴様に射抜かれるとはな、だがもうすぐ来る、この神殿の主にしてかの“ばびろにあ”の神の王が」
ミナ「それが凶事の元凶、なのね」
正雪「いかにお主とて神が相手ではどうかな。せいぜい闘い抜くがいいて」
と、正雪は去っていく。
ミナ「うっ、逃げたのね。でももう一方の強大な気は」
空間が歪み、そこに一人の人物が現れる。それは禍々しさよりも神々しさを感じられる姿だった。
ミナ「あなたが神の王、なのね。そして凶事の中心でもある・・・・・」
男「我を魔物と同様に呼ぶ非礼は目を瞑ろう。我は王の中の王“ギルガメッシュ”今この地より再び世界を席巻すべく顕現したるもの」
ミナ「いずれにしても、あなたを鎮めなければならない。神の王よ、この聖弓にて幽世に帰せ」
ギルガメッシュ「うむ、汝がごときもののふと仕合えるとは、このギルガメッシュ、歓びに打ち震えているわ」

・仕合後
ギルガメッシュ「これほどとはな人の子よ、だがこれで勝ったとは思わぬことだ」
ギルガメッシュ、剣を床に突き刺し、地響きを起こす。
ミナ「なにこれは、この神殿も崩れるというの」
ギルガメッシュ「我、再び眠りにつかん。縁があったらまた会おうぞ」
ミナ「ああ、これで幕引きになるというの」
ミナが去っていくとともに神殿も崩壊していく。

エンディング

後に日の本に戻る船上子供たちとともにあるミナの姿があった。
「こうしてペルシャの争乱とバビロニアの神の目覚めを食い止めたミナ。
子供たちを故郷に返した後で彼女は再び旅立っていく。今まであやかしを狩ることを使命とした彼女も、本当に倒すべきもの、鎮めるべき荒ぶる魂をもとめて、彼女の本当の戦いは再び始まるのだ」
ミナ「私は、もう一人じゃない。今はチャンプルが、そして私を見守る人たちがいるのだから」

スタッフロールへ

| | | コメント (0)

タムタム~優しく頼もしい神の戦士(前編)<サムライスピリッツ剛!>

さてみなさん、今回の侍魂剛は、グリーンヘルの神の戦士タムタムの前編パートをお送りいたします。
一見トリッキーと思いきや案外正統な刀の振るいようと、本当に奇抜な業の数々で闘い抜いたタムタムも、今回のペルシャの争乱にて否が応にも血が騒ぐことでしょう。はたして彼の闘いもどこへ向くのか、といったところで、それでは、ごゆっくり。

ちなみにグランドオープニングはこちら

ベースストーリー・オープニング

グリーンヘルの神の戦士として数多くの凶事を収めてきた彼、タムタム。
最近では村長として多忙な日々を送る彼も、こたびのジパングの抜け荷事件から起因する凶事を受けて、雄叫びとともに乗り込んでいく。

第一~第三・第五・第六回戦(抜粋)

・対覇王丸

タムタム「オオ覇王丸、使命ハトモカクオ前ト仕合ウコト、たむたむモ楽シミニナッテキタ。是非手合ワセシテホシイ」
覇王丸「おおタムタムか、お前さんも腕を上げてきたようだからな、どこまで強くなったか今から楽しみだ」

「俺モ一人ノ侍トシテ、オ前トノ仕合デ腕ヲ上ゲタ、マタ闘エルコトヲ、楽シミニシテイルゾ」

・対狂死郎

タムタム「ウムオ前ノ歌舞伎モ俺ノ魂ニ響イタカラ、オ前トノ仕合今カラ楽シミダ」
狂死郎「おおぅタムタム殿かぁ、やはりお主にも歌舞伎のよさを分かってくれたかのぉう、それならば存分に楽しむがいいぞぉ」

「アラタメテオ前ノ歌舞伎、ソシテ命ノ舞ヲ楽シメタ、コレモマタ神ニ到ル路ナラ俺モ進ンデイキタイ」

・対ズィーガー

タムタム「オオずぃーがー、オ前モ凶事ニアタッテイルカ、シカシソノ前、オ前ノ武器ト競ッテミタイ」
ズィーガー「タムタム殿か、これも任務の途上なれど、貴公との仕合ならば喜んで受けて立とうではないか」

「オ前ノ騎士道、たむたむモ大イニ受ケ入レラレタ、互イニ戦士ナラバマタ強クナレタト思ッテイルゾ」

・対火月

タムタム「たむたむモ燃エル闘イシタカッタ、オ前ノ燃エップリ、コノたむたむにブツケテホシイ」
火月「そういうことなら遠慮はねえよな、しかしお前さんのことだからさらに燃える闘いができそうだぜ」

「マサニ燃エル闘イダッタ、シカシ互イニ守タメノ刀ナラバ、ソレヲ磨クコトモ忘レテハナラナイ」

・対色

タムタム「魔ノシガラミカラ解キ放タレタカト聞イタガ、イズレ吹ッ切レナイナラ、たむたむ手助ケシタイ」
色「今は、貴方の、助けは、いらないけど、貴方の、光は、受け入れて、みたいわ・・・・・」

「ヤハリオ前モ歩ミ続ケテイル、ヒトトオリ仕合エバ、アトハ見守ルノミカ」

第四回戦(対ガルフォード)
・仕合前
タムタム「オオ俺ノトモダチがるふぉーど、今日モ正義ノタメ闘ッテルカ、ソノ前ニたむたむト仕合イ高メテミヨウ」
ガルフォード「久しぶりだなタムタム、この事件も凶事に近いなら君と仕合うのもいいかもしれないな」
タムタム「オ前モ強クナッタカラ、ソノ強サ楽シミタイ、イザ尋常ニ勝負スル」
ガルフォード「こちらも望むところだ、さあいくぞ」

・仕合後
タムタム「イイ仕合ダッタ、デモたむたむノ勝ち、俺先ニ行ク」
ガルフォード「ああ、参ったな、聞くところによれば、この事件、凶事の裏にはジャパンの商人とはるか西のペルシャの領主が絡んでいる聞いている」
タムタム「ソレガ凶事ノ元凶ダナ、ナラたむたむ行ッテミル。ソノ際オ前ノ分マデ闘ッテミル」
ガルフォード「ああ、そいつも期待しているよ」

第四回戦終了後

(ここまでストレート勝ち、もしくは武器破壊技もしくは秘奥義でフィニッシュ3回以上で特別戦に移行可能)
タムタムのもとに1枚の大型じゅうたんが舞い降りる
タムタム「オオ、コレハぺるしゃノ絨毯、コレニ乗レトイウノカ」
タムタム、じゅうたんに乗り、そのまま空を飛ぶ。
タムタム「オオ、ヤハリ空ヲ飛ブノカ」

(条件未達成時:そのまま共通パターンに移行)
タムタム「ウム、たむたむノ他ニモ飛ンデイル者モイル、イズレ彼ラト仕合ワネバナラヌカ」

(条件達成時)
突然、天空から何者かが落ちてくる。
「うわああああ!」
それは頭からじゅうたんにめり込み、それから起き上がる。
「いたたたた、もうリスキーったら、有無を言わさずぶっ飛ばすんだから」
タムタム「アオッ、オ前、何者ダ」
「あれ、ええと、私はシャンティ。歌って踊れるガーディアンジニーでーす」
タムタム「オオ、ナラバオ前噂ノ精霊カ、たむたむ、ゼヒオ前ト仕合ッテミタイ」
シャンティ「ああそういえば神の戦士さん、それだったら私も堂々闘わなきゃいけないかな」

特別戦(対シャンティ)

・仕合後
タムタム「イイ闘イダッタ、イズレ再ビ会ウナラマタ手合ワセシタイ」

(共通パターン)
魔法のじゅうたんはやがてペルシャにたどり着く。
タムタム「オオ、ヨウヤク着イタカぺるしゃヘ。ドンナ敵待チ構エテルカたむたむ楽シミダ」

つづく

| | | コメント (0)

シャルロット~お高くも頼もしいお姉さま(後編)<サムライスピリッツ剛!>

さてみなさん、今回の侍剛は、フランスの気高き薔薇、シャルロットの後編パートをお送りいたします。
ついにペルシャまでたどり着いたシャルロット。その先には数多くのつわものがひしめいていることは今更語るまでもなし。しかしそれで臆する彼女ではなく、意気揚々と身を投じていく様を送りする所存です。それでは、ごゆっくり

ちなみにベースストーリーはこちら

また前編パートはこちら

といったところです、それでは、あらためてごゆっくり。

第七回戦(対覇王丸)

・仕合前
シャルロット「会いたかったぞ覇王丸、やはり其方との仕合は私には欠かせぬ」
覇王丸「いきなりご挨拶だなお嬢さん、たしかに仕合ならやぶさかじゃねえが、目的はこれだけじゃないだろう」
シャルロット「その目的というのは其方と同じ、ならばここで仕合って勝ったもの取りが定石であろう」
覇王丸「これもお前さんらしいな、だが俺も己の武士道にかけて負けてやる道理はないのでな」

・仕合後
シャルロット「どうした覇王丸、其方の剣もこれで総てでもあるまい、しかし楽しみはこれだけでもないのもたしかだが」
覇王丸「ああ、参ったな、たしかに抜け荷の件の裏にはとてつもない奴らがうごめいてるって話だ、日の本の商人とやら、そいつが糸を引いていると見たのだがな」
シャルロット「それに関しても私に任せてもらおうか、これも乗り掛かった舟、いずれこの剣で斬り拓いてくれよう」
覇王丸「まあちょっと穏やかじゃねえが、とにかく頑張ってくれよ」

第八回戦

・仕合前
領主の城内にて子供たちが働かされている。
「オラァ、働け働け、手を抜いたら今夜のメシは抜きだぞ!」
シャルロット「子供たちが働かされているのか、なんと不埒な、許せぬ」
すかさずただなかに入っていくシャルロット
シャルロット「待てい狼藉者ども、これ以上の悪行はこのシャルロットが許さぬ、さあ子供たち、私が食い止めている間に逃げなさい」
「な、なんだ貴様は、いずれこれを見たからには生かしては帰さんぞ」
そこに巨漢の大男が現れる。
「待てい、こやつはお前たちがかなう相手ではない」
「ああ、ハッサム様」
シャルロット「フッ、其方がこ奴らの頭目か」
ハッサム「うむ、俺様がここを預かるハッサムという者だ。奴隷の子供たちを相手にしていたから久しく腕がなまるばかりよ」
シャルロット「いずれにせよ悪漢の親分たる其方、このシャルロットの相手はつとまるか」
ハッサム「ただ粋がるのみの女でもないようだな、この俺も久々に胸が高まってきたわ」

・仕合後
シャルロット「少しは骨もあるようだな、今更だが悪漢にしておくには惜しいな」

第九回戦

玉座の間に踏み入ったシャルロット。そこには領主と日の本の商人がいた。
領主「な、なんだ貴様は」
商人「おやおや、ここまで参るとは流石ですね」
シャルロット「其方がジパングの商人とやらか、世を騒がす輩はこのシャルロットが許してはおけぬ」
商人「あいにくそういうわけにもいきませんが、しかしあなたの実力を見込んでこの方々と闘っていただきます」
部屋の脇の柱から、商人が雇った用心棒が現れる(以下2組の中から選択で登場)
三九六「おうよお仏蘭西のお嬢さん、今こそおめえの針一本、この天下一品でねじ伏せてやるぜえ」
ドラコ「久しぶりだな仏蘭西女、以前のように俺の銃弾をくぐり抜けられるとは思わぬことだな」
(ペルシャへの移動時にシャンティと対戦後、以後の仕合後メッセージを飛ばして特別戦その2に移行可能)

・仕合後
シャルロット「このシャルロット、力を頼りに粋がるのみの輩に後れを取るわけにはいかぬのでな」

特別戦その2(対リスキー=ブーツ)

・仕合前
勝ち残ったシャルロットのもとに青白い女が舞い降りる。
女「おおっと、派手にやってくれるじゃないか」
シャルロット「奴らの仲間か、今度は其方が相手をしてくれるのか」
女「ハッ、冗談じゃないね、このリスキー=ブーツ様が、あんなチンケな下風に立つわけないだろう。このペルシャの地にたいそうなお宝があるって聞きつけてわざわざ参上したってわけさ」
シャルロット「リスキーとな、ならばあのシャンティという娘を飛ばしたのは其方か」
リスキー「そこまで知ってりゃ話が早い、いずれにせよここで邪魔されちゃ元も子もないね、ここは片付けさせてもらうさ。
右手に銘刀“クイーン・オブ・パイレーツ”
左手に銘銃“クイーン・オブ・セブンシーズ”
これさえありゃ怖いものなしだ、さあ始めようか」

・仕合後
シャルロット「これほどの勝負を繰り広げるとは、同じ女として其方も敬服に値するぞ」

第十回戦

・仕合前
地下の神殿にたどり着いたシャルロット。しかし倒れ伏した領主とそれを足元に立つ商人がいた。
シャルロット「まさか商人が、これは一体どういうことだ」
領主「き、貴様、裏切るのか・・・・・」
商人「ふふ、貴方には随分と働いていただきました。しかし貴方のお役目はここまでです」
シャルロット「なんとも哀れなことだな、しかし其方もただの商人ではなさそうだ」
商人「ふふ、これも面白き事ですね。しかし貴方がお相手とは光栄なることでしょうが」
商人が顔に手を当て、別の男の姿に代わる。
男「いずれにせよこの俺が直々に相手をせねばならぬ。我が名は由井正雪、貴様と刃を交えるは望外の悦び、さあくたばれや、女!」

最終戦

・仕合前
シャルロット「うむ、この地響きはただごとにあらずだな」
正雪「くくく、もうすぐ来る、この神殿の主にしてかの“ばびろにあ”の神の王が」
シャルロット「なんと、其方、それが真の狙いか」
正雪「いかにお主とて神が相手ではどうかな。せいぜい闘い抜くがいいて」
と、正雪は去っていく。
シャルロット「フッ、逃がしたか、しかしこのただならぬ気迫は」
空間が歪み、そこに一人の人物が現れる。それは禍々しさよりも神々しさを感じられる姿だった。
シャルロット「其方が神の王とやらか、世を乱す魔物はこのシャルロットが見逃さぬ」
男「我を魔物と同様に呼ぶ非礼は目を瞑ろう。我は王の中の王“ギルガメッシュ”今この地より再び世界を席巻すべく顕現したるもの」
シャルロット「なればこそ御身を鎮めてみせよう。この場其方が力を振るうには物騒ゆえ」
ギルガメッシュ「うむ、汝がごときもののふと仕合えるとは、このギルガメッシュ、歓びに打ち震えているわ」

・仕合後
ギルガメッシュ「これほどとはな人の子よ、だがこれで勝ったとは思わぬことだ」
ギルガメッシュ、剣を床に突き刺し、地響きを起こす。
シャルロット「この地響きは、まだ何かが起こるのか」
ギルガメッシュ「我、再び眠りにつかん。縁があったらまた会おうぞ」
シャルロット「待て、逃げるのか、いやここは立ち去るしかないな」
シャルロットが去っていくとともに神殿も崩壊していく。

エンディング

後に日の本に戻る船上子供たちとともにあるシャルロットの姿があった。
「こうしてペルシャの争乱とバビロニアの神の目覚めを食い止めたシャルロット。
子供たちを故郷に返し、祖国フランスの復興はもとより欧州の安定に力を尽くした彼女は、また新たなる戦いの場へと身を投じていくのだった」
新たなる戦場に立つシャルロットの雄姿。
シャルロット「このシャルロット、まだまだ剣を振るうに値するものある限り、地の果てまでも向かうとしよう」

スタッフロールへ

| | | コメント (0)

花諷院骸羅~泣く子も黙る暴れん坊主さん(前編)<サムライスピリッツ剛>

さてみなさん、今回の侍魂剛は、荒法師花諷院骸羅の前編パートをお送りいたします。
持ち前のパワーでのごり押しといくらかの法術を駆使してあまたの侍と魔物を制してきた彼も、今回の抜け荷事件を機にペルシャの凶事を鎮めんと乗り込んでいく様をここにお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。

ちなみにグランドオープニングはこちら

ベースストーリー・オープニング
花諷院和狆の直弟子として修行と得度の日々を送る傍ら、凶事が起こればたびたび顔を突っ込んでは半ば強引に解決していく。
そんな骸羅のもと、抜け荷事件の噂を聞き、その裏に凶事ありと踏み、意気揚々と乗り込むのだった。

第一~三・五・六回戦(抜粋)

・対アースクエイク
骸羅「相変わらずでかい面であくどいことやってるじゃねえか、今からこの俺が性根を叩き直して得度してやるから覚悟しやがれ」
アース「グヒッ、たかだか坊主がこの俺様に説教たれるつもりなのか、こちらこそ俺様の忍術で吠え面かかせてやるぜ」
「おめえ相手じゃ腕っぷしだけで闘えねえぜ、ひとまず法術も使ってやっとおめえとも闘えたってこったな」

・対閑丸
骸羅「おうよ閑丸、おめえも未だに迷ってるなら俺が話になってもいいが、おめえがどれだけ強くなったか見てみてえぜ」
閑丸「そうですね、自分の鬼を制するために骸羅さんにも鍛えてもらうのも、悪くはありません」
「確かに暴れるだけじゃ鬼とは変わらねえ、ここは自分の目的ってやつを見出せればいいがなあ」

・対色
骸羅「やっぱり今も迷ってるようだな姐ちゃん、俺の得度でよけりゃあんたの気が晴れるかもしれねえかな」
色「貴方も、私に、関わろうと、しているの、たしかに、貴方を、斬るつもりは、ないけれど・・・・・」
「もうちょっとで吹っ切れるけどなあ、しかし俺自身もどうしようか分かんねえから今回はこれくらいでどうだい」

・対雲飛
骸羅「仙人の爺さんも凶事に赴くつもりかい、こういうのは譲ってくれといっても譲れねえもんだよなあ」
雲飛「そなたの路の前に儂がいるならやはり除かねばならぬか、これもさだめなれば挑むしかなかろうな」
「この程度じゃ爺さんの仙術って奴にも及ばねえぜ、俺ももうちょっと得度や修行に打ち込まなきゃいけねえか」

・対夜叉丸
骸羅「おめえが噂の烏天狗とやらか、しかしどう見ても悪党には見えねえが、俺でよければいくらでも胸を貸すぜ」
夜叉丸「俺に関わると命の保証はできぬな、ましてお主のような荒法師ならひとつ退けてみるか」
「だから思いつめすぎるとろくなことがねえぜ、世の中おめえが思っているほど条理がねえわけじゃねえんだ」

第四回戦(対和狆)

・仕合前
骸羅「おうよジジイ、まさかあんたも凶事にあたるってわけじゃねだろうな。ここは俺に任せるって言ったはずだぜ」
和狆「そうは言うてもお主では心もとなくてのう、やはり儂の助けが要ると思うてまかり越したのじゃ」
骸羅「まったくこの俺が信用できねえのか、まあいいや、この際だから俺の修行の成果見てもらうぜ」
和狆「まったく相変わらず血の気が多いのう、だからお主は未熟者なのじゃ」

・仕合後
骸羅「どうでえジジイ、この俺も捨てたもんじゃねえだろ、ってちょっとやりすぎたか」
和狆「あいたたた、まったく無茶しおって、年寄りはいたわらんかい。しかしこういったところはあ奴と似ているのう」
骸羅「そういや覇王丸の奴も先に行ってるって話か、よし、今なら追い付けるはずだぜ」
と、骸羅は去っていく。
和狆「まったく、無鉄砲な奴じゃのう」

第四回戦終了後
(ここまでストレート勝ち、もしくは武器破壊技もしくは秘奥義でフィニッシュ3回以上で特別戦に移行可能)
骸羅のもとに1枚の大型じゅうたんが舞い降りる
骸羅「何だこの敷き物は、こいつに乗ってどうなるってんだ」
骸羅、じゅうたんに乗り、そのまま空を飛ぶ。
骸羅「ぬおっ、急に浮かびやがって、どこへ飛んでいくってんだ」

(条件未達成時:そのまま共通パターンに移行)
骸羅「おう、あちらに見えるは覇王丸か、やっぱ飛んで行ってるんだな」

(条件達成時)
突然、天空から何者かが落ちてくる。
「うわああああ!」
それは頭からじゅうたんにめり込み、それから起き上がる。
「いたたたた、もうリスキーったら、有無を言わさずぶっ飛ばすんだから」
骸羅「おう、おめえさん何者だ」
「あれ、ええと、私はシャンティ。歌って踊れるガーディアンジニーでーす」
骸羅「しかしこうなったのも何かの縁だ、この俺と腕試しはどうだい」
シャンティ「うーん、あなたはただの乱暴者じゃなさそうだし、まあ何とかなるよね」

特別戦(対シャンティ)

・仕合後
骸羅「おおっ、倒したとたん消えちまった、そんなにやりすぎたわけじゃねえが、ナンマンダブナンマンダブ」

(共通パターン)
魔法のじゅうたんはやがてペルシャにたどり着く。
骸羅「ここが“ぺるしあ”の地ってところか。さあて悪い奴はみな俺が得度してやるぜ」

つづく

| | | コメント (0)

牙神幻十郎~なにかとアブない人斬りさん(後編)<サムライスピリッツ剛>

さてみなさん、今回の侍魂剛は、牙神幻十郎の後半パートをお送りいたします。
ついに抜け荷をはじめとする凶事の元凶が潜む“ぺるしあ”の地、そして“ばびろにあ”の神をもまとめて斬り伏せんとする幻十郎。はたして彼の凶刃の先にあるものやいかにといったところで。それでは、ごゆっくり。

ちなみにベースストーリーはこちら

また前半パートはこちら

といったところです、それでは、あらためてごゆっくり。

第七回戦(対覇王丸)
・仕合前
幻十郎「やはり貴様が勝ち残ったか覇王丸、今度こそ殺してくれよう」
覇王丸「そういうお前も、人斬りにかまけて腕が鈍ったんじゃないのか。まあいずれにしてもむざむざ斬られるわけにはいかんからな」
幻十郎「減らず口を、阿呆が」

・仕合後
幻十郎「どうやら勝負あったようだな」
覇王丸「そいつはどうかな、お前に譲るのも癪だが、ここから先、凶事の源とやらがある。そいつにあたってみればどうだ」
幻十郎「やはり逃げるか、阿呆が・・・・・」

第八回戦
・仕合前
領主の城内にて子供たちが働かされている。
「オラァ、働け働け、手を抜いたら今夜のメシは抜きだぞ!」
幻十郎「餓鬼どもをこき使っているのか、気に入らぬな」
すかさずただなかに入っていく幻十郎
幻十郎「気に入らぬゆえ、貴様ら全員、殺す。あと餓鬼どもはどこぞへ失せろ」
「な、なんだ貴様は、いずれこれを見たからには生かしては帰さんぞ」
そこに巨漢の大男が現れる。
「待てい、こやつはお前たちがかなう相手ではない」
「ああ、ハッサム様」
幻十郎「貴様が奴らの頭目というか」
ハッサム「うむ、俺様がここを預かるハッサムという者だ。奴隷の子供たちを相手にしていたから久しく腕がなまるばかりよ」
幻十郎「貴様ならさぞや斬りがいがあろうな」
ハッサム「まあ俺も易々斬られるわけにはいかんのでな、せめて命は張らせてもらおうか」

・仕合後
幻十郎「つまらぬ時を過ごしたわ、あの城の中か」

第九回戦
玉座の間に踏み入った幻十郎。そこには領主と日の本の商人がいた。
領主「な、なんだ貴様は」
商人「おやおや、ここまで参るとは流石ですね」
幻十郎「貴様らのお遊びもここまでだ、この場ですべて斬り伏せてくれよう」
商人「あいにくそういうわけにもいきませんが、しかしあなたの実力を見込んでこの方々と闘っていただきます」
部屋の脇の柱から、商人が雇った用心棒が現れる(以下2組の中から選択で登場)
三九六「やっと会えたな牙神の、今度こそおめえをブチ殺して、この三九六さまの名を天下に轟かせてやるぜ」
ドラコ「久しぶりだな人斬り、この場を借りてどちらが本当の殺し屋かをここで決めるのも悪くはないな」
(ペルシャへの移動時にシャンティと対戦後、以後の仕合後メッセージを飛ばして特別戦その2に移行可能)

・仕合後
幻十郎「まったく下らん仕合だったわ、しかし奴らめ、逃がすわけにはいかん」

特別戦その2(対リスキー=ブーツ)
・仕合前
勝ち残った幻十郎のもとに青白い女が舞い降りる。
女「おおっと、派手にやってくれるじゃないか」
幻十郎「今度は女か、どちらの手先かは知らぬがこの幻十郎の前に立つはいい度胸だ」
女「ハッ、冗談じゃないね、このリスキー=ブーツ様が、あんなチンケな下風に立つわけないだろう。このペルシャの地にたいそうなお宝があるって聞きつけてわざわざ参上したってわけさ」
幻十郎「そういえばあの精霊娘が言っていたのは貴様か」
リスキー「そこまで知ってりゃ話が早い、いずれにせよここで邪魔されちゃ元も子もないね、ここは片付けさせてもらうさ。
右手に銘刀“クイーン・オブ・パイレーツ”
左手に銘銃“クイーン・オブ・セブンシーズ”
これさえありゃ怖いものなしだ、さあ始めようか」

・仕合後
幻十郎「多少は楽しめたがやはりこの程度か、しかし奴らもそう遠くへは逃げてはいないようだな」

第十回戦
・仕合前
地下の神殿にたどり着いた幻十郎。しかし倒れ伏した領主とそれを足元に立つ商人がいた。

幻十郎「ふん、何が起こったというか」
領主「き、貴様、裏切るのか・・・・・」
商人「ふふ、貴方には随分と働いていただきました。しかし貴方のお役目はここまでです」
幻十郎「仲間割れとは無様だな、だが貴様も死ぬことには変わりはないがな」
商人「ふふ、これも面白き事ですね。しかし貴方がお相手とは光栄なることでしょうが」
商人が顔に手を当て、別の男の姿に代わる。
男「いずれにせよこの俺が直々に相手をせねばならぬ。我が名は由比正雪、貴様と刃を交えるは望外の悦び、さあくたばれや牙神幻十郎!」

最終戦
・仕合前
幻十郎「なんだこの地響きは」
正雪「くくく、もうすぐ来る、この神殿の主にしてかの“ばびろにあ”の神の王が」
幻十郎「ふん、これが貴様の切り札とやらか」
正雪「いかにお主とて神が相手ではどうかな。せいぜい闘い抜くがいいて」
と、正雪は去っていく。
幻十郎「やはり逃げたか、しかしこの気迫は気に食わん」
空間が歪み、そこに一人の人物が現れる。それは禍々しさよりも神々しさを感じられる姿だった。
幻十郎「貴様が神とやらか、今まで死合った魔物よりは手応えがありそうだな」
男「我を魔物と同様に呼ぶ非礼は目を瞑ろう。我は王の中の王“ギルガメッシュ”今この地より再び世界を席巻すべく顕現したるもの」
幻十郎「ふん、どいつもこいつも気に入らぬものばかり、いずれ斬り伏せてくれようが神が相手なら酒の肴にはなろうな」
ギルガメッシュ「うむ、汝がごときもののふと仕合えるとは、このギルガメッシュ、歓びに打ち震えているわ」

・仕合後
ギルガメッシュ「これほどとはな人の子よ、だがこれで勝ったとは思わぬことだ」
ギルガメッシュ、剣を床に突き刺し、地響きを起こす。
幻十郎「よもやこの神殿ごと打ち崩すか」
ギルガメッシュ「我、再び眠りにつかん。縁があったらまた会おうぞ」
幻十郎「ふん、阿呆が」
幻十郎が去っていくとともに神殿も崩壊していく。

エンディング
子供たちとは別の船で日の本に戻った幻十郎。しかし彼を待ち受けたのは抜け荷の件で暴利をむさぼるも事件の解決を気に利益を失った者たちが雇った浪人衆であった。
幻十郎「ちょうど退屈していたところよ、貴様らではあの神には程遠いが、せめてこの刀の錆としてくれるわ」
一斉に襲い掛かる浪人衆たち。画面が暗転する中、幻十郎の独語が響き渡る。
幻十郎「やはりつまらぬ世の中だ、そんな中気に入らぬものを斬り続けてもいまだ満たされぬ。やはりお前の血でなくばこの渇きは満たされぬか」
いつの間にか幻十郎の姿はなく、残されたのは浪人どもの死屍累々であった。
「ならば覇王丸よ、次に会う時が来れば、今度こそ、殺す!」

スタッフロールへ

| | | コメント (0)

西村アクジ・サムライスピリッツ編その1<バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!より、西村アクジ・サムライスピリッツ編その1のシナリオをお送りいたします。
グッドマンの足取りを追うべく江戸時代、侍魂の世界に足を踏み入れたアクジたち。はたしてその行方にはどのような困難が待ち構え、対するアクジたちもそれをいかに乗り越えていくかをご照覧あれ、といったところで、それでは、ごゆっくり。

ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず>西村アクジ編・その4
となっております。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧