サムライスピリッツ

チャムチャム対ストリートファイターⅡ系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、CSNよりチャムチャム対ストⅡ系キャラのシナリオをお送りいたします。

いよいよチャムチャムとカプコンのつわものと対戦の様を描くこととなりましたが、いずれも歴戦の勇士、チャムチャムもいつも以上に燃える闘いができると期待していることでしょう。

ひとまずはこういったところで、それでは、ごゆっくり。

 

ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから

ENTER>ゲーム>CAPCOM VS SNK・namco>チャムチャム>CAPCOM・ストリートファイター系キャラ

となっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花諷院和狆<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、真侍魂で登場した好々爺の高僧、花諷院和狆のシナリオをお送りいたします。

そこそこの体術と法力ながらも並み居る侍にも引けを取らぬその実力はいかんなく発揮で来ることに期待してストーリーを組んだつもりです。

はたしてその行方やいかに、ということで、それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

飛騨の小寺、枯華院に佇んでいる老僧、花諷院和狆

若き頃は退魔の術を駆使して数多の魔を封じてきたが、ただ一度のしくじりにより隠棲の日々を送るに至る。

それでも近年、数多の弟子を得るに至り、彼もまた己の業を試すべく再び闘いに身を投じることとなる。

はじめ武闘会の報せには耳を貸さなかったが、古き友の再三の説得によってようやく重い腰を上げるに至る。

 

第1ライバル戦(対骸羅)

・仕合前

和狆「ふむ、ぬしが勝ち抜いてきたからにはいい機会じゃな、今一度説教してしんぜよう」

骸羅「なんだジジイ、先にもう教えることがないといったじゃねえか。もうボケちまったのか」

和狆「何を言うとるか、腕試しというて所々で蛮勇を振るいおって、未だ未熟なぬしを今一度鍛え直してくれるわい」

骸羅「まったく年寄りのくせに無理しやがって、足腰が立たなくなっても知らねえぞ」

・仕合後

和狆「どうじゃ、儂の法力思い知ったかの」

骸羅「た、大したことねえじゃねえか、だがよ、こんだけすごい術があるなんてな、俺ももうちょっと修行してみたくなったぜ」

和狆「ふむ、ようやく幼き頃を思い出したか、じゃがその前になさねばならぬことがあるからの」

和狆、そのまま去っていく。

骸羅「まったく、無理しやがって」

 

第2ライバル戦(対覇王丸)

・仕合前

和狆「おお覇王丸よ、ぬしも剣を振るうているうちに路が見えてきたようじゃのう」

覇王丸「さあ分かんねえな、俺も骸羅と同じようにただ暴れているからな」

和狆「それでも前を見据えておるわい、ここは一つ確かめてしんぜよう」

覇王丸「そうだな、俺もあの頃のように自分を叩き直すつもりでいこうか」

・仕合後

和狆「やはり腕を上げたかのう、ここは雲飛どのの導きあってのことかもしれぬかのう」

覇王丸「そうかもな、だが骸羅の奴も多少は分かっているはずだぜ。拳の路も仏の路も、ともに通じているもんだからな」

和狆「やはり分かっているみたいじゃのう、ここは儂が先に行かせてもらうて、再び帰ってきたらいくらか鍛え直してしんぜよう」

覇王丸「おう、気をつけてな」

 

中ボス戦(以下4組の中から2組)

・萬三九六編

三九六「おうよ爺さん、まさか俺様と仕合うつもりじゃねえだろうなあ、もしそうなら手加減はできねえ。せめて念仏でも唱えていな」

和狆「よもや腕っ節のみで儂を倒すつもりなのかのう、力の溺れるものの行く末をこれから教えてしんぜよう」

三九六「まさか逃げようと思うなら大間違いだぜ、俺様に目を付けられたのが、爺さんの運の尽きだぜえ」

 

・黒河内夢路編

夢路「和狆法師ですね、不躾だとは思いますがこの夢路にも幾ばくかの路を指し示していただけるでしょうか」

和狆「なんの夢路どのとやら、ぬしの名の通り人の路は一睡の夢のごとしじゃ。これはぬしも理解はできているはずじゃて」

夢路「たしかに、今は剣をもって我が路を斬り開くのみですが、老師に剣を向けるは無礼なれど、我が路を確かめさせていただきます」

 

・ドラコ編

ドラコ「この世に神も仏もあるものか、信じられるのはこの銃のみだ、引き金を引けばお前など一撃で殺せるからな」

和狆「おやめなされおやめなされ、坊主と年寄りを徒に殺生せしむるは、いずれぬしにも災いが降りかかるぞよ」

ドラコ「人の心配をするより自分の身を案じたらどうだ、今殺されるのは俺よりもお前、その事実は変わらねえ」

 

・アスラ編

アスラ「感じるぞ、老いたりといえども貴様の法力を、やはり俺が挑むに値するのか、骸煉よ」

和狆「はてその名も久しいのう、じゃがこの枯れた年寄りがぬしを鎮められるかのう」

アスラ「そのために参ったはずだ、俺とても易々鎮められるわけにはいかぬがな、和狆よ」

 

対歴代ボス戦

和狆「久し振りの魔界じゃわい、はたしてどんな輩が出てくるか、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏・・・・・」

・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。

「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」

・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

 

対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)

・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

 

・闇天草編

天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!

和狆「恨みが故に神の御心を忘れてしもうたか、なれば愚僧が再び仏の御心で導いてしんぜよう」」

 

・鬼斬紅郎編

斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!

和狆「剣を極めんがために鬼に到るか、あやつは鎮められたが、はたして儂はどうかのう」

 

・真ゴルバ編

ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!

和狆「ぬしも力を振るうに酔いしれた口かのう、こうも面倒ごとでおちおち眠れぬわい」

 

・魔界我旺編

我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!

和狆「國はともかく力を得るため世を乱さんなら、この愚僧が鎮めねばならぬかのう」

 

・羅将神ミヅキ編

ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!

和狆「ぬしも未だ鎮まらぬかのう、はたしてあの時以上の妖気たるぬしを鎮められるかのう」

 

最終戦(対壊帝ユガ)

「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。

我が名は、壊帝ユガ

今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」

和狆「やはりぬしも真の魔かのう、ここは儂のすべてをかけて鎮めねばならぬが、果たしてどうなることやら」

 

エンディング

闘いがひとまず終わり、和狆は枯華院の縁側で一人お茶をすすっていた。

和狆「さて今回も魔の軍勢は鎮まったが、これからどうなるかは皆目見当もつかぬ。ただ若いものの精進については申し分ないがの。これは儂もちょっぴり張り切りすぎたかもしれぬがのう。まあともかく、儂もくたばるにはまだまだ早そうじゃ。はたしてこれから何が起きそうかのう」

いつの間にか傍らには一人の幼い女の子、命が眠っていた。

和狆「ともかく、世は事なしじゃ、いやはやこれでいいかものう」

今はただお茶の香りを傾ける和狆だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、今や幻のハードたるネオジオ64にていわゆるユガ編のメインヒロインたる色のシナリオをお送りいたします。

歪編で活躍したか彼女もSVCやバトルコロシアムに出場した者のなぜか原作剣サムには出場を見合わせた彼女。まあ制作パートの違いといえば致し方ないけれど、次回以降のリリースでの活躍を期待してこの記事をしたためました。

ひとまずこういったところで、それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

壊帝ユガのしもべ、半陰の女として操られるまま暗躍してきた彼女。ユガの支配から逃れた今もなお漂泊の日々を送るかに見えているが、その目はたしかに前を見据えていた。

「・・・また、彼が、動き出すのね・・・・・」

闇キ力の源の一つたる“彼”を今度こそ鎮めんと、彼女もまた闘いの渦に身を投じんとしていた。

 

第1ライバル戦(対覇王丸)

・仕合前

色「・・・やはり、あなたなのね・・・・・」

覇王丸「お前さんが相手してくれるなら光栄だね。しかし未だたゆたうているのか」

色「・・・私の、求めるものは、まだ、先だから・・・・・」

覇王丸「まずは俺と仕合って路を開かんとするか。いいぜ、存分に付き合ってやろう」

・仕合後

色「・・・こんなものね、でも、手心を、加えたのね・・・・・」

覇王丸「まあお節介はこれで精いっぱいだな、お前さんもいっぱしの剣士だ、あの時のように自分を見失うなよ」

色「・・・ええ、ありがとう・・・・・」

色、そのまま姿を消す。

覇王丸「俺ができることはこれくらいだな、あとはあいつ次第だ。そうだろう、雲飛さんよ」

 

第2ライバル戦(対ナコルル)

・仕合前

色「・・・やっと、みつけた、貴女の、光・・・・・」

ナコルル「ああ、あなたは色さん、でも迷っているようには見えませんが」

色「・・・まだ、路は見えないけれど、貴女が、導いてくれるのなら・・・・・」

ナコルル「いずれ仕合わなければいけないけれど、あなたの路、いくらかは示すことはできるでしょうか」

・仕合後

色「・・・少し、手心を、加えたけれど、大丈夫・・・・・」

ナコルル「ええ、私は大丈夫です。でも闇キ力はあの時以上に膨れ上がっています。私ができることがあればいくらでも力になれるのですが」

色「大丈夫、貴女だけが、傷付くことは、ないわ、後は、私に、任せて・・・・・」

色、そのまま姿を消す。

ナコルル「色さん・・・・・」

 

中ボス戦(以下4組の中から2組)

・萬三九六編

三九六「こりゃ結構な上玉だぜ、まずは俺様が楽しんで、どこぞに売り飛ばすのも悪くはねえぜ」

色「・・・腕っ節の、割には、小さな、欲望、少し、あしらうのも、悪くは、ない・・・・・」

三九六「こういったじらしようがたまんねえなあ、待ってな、じっくりとしゃぶりつくしてやるぜえ」

 

・黒河内夢路編

夢路「貴女も俗世より離れてたゆたうている身ですね、私の剣がその導きとなれるでしょうか」

色「・・・私より、むしろ、あなたの、導きが、いるようだけど・・・・・」

夢路「たしかに私も迷っていますが、お互い、路を、探って、いきましょう・・・・・」

 

・ドラコ編

ドラコ「未だ迷っているようだなお嬢さん、お前はいい女だが、俺をなめる奴は誰であろうと生かしちゃおけねえ」

色「・・・貴方は、この銃で、命を、弄ぶのね、それでは、私は、殺せない・・・・・」

ドラコ「なら試してやろうか、今度こそ逃がさねえぜ、もはや剣の時代じゃねえからな」

 

・アスラ編

アスラ「久しいな、色、やはりお前は、俺を止めるのか、この俺の憎悪そのものを」

色「・・・貴方は、私に、心を与えてくれた、そんな貴方を、むざむざ死なせは、しない・・・・・」

アスラ「俺もお前を傷付けたくはない、だが俺の憎しみが、俺自身を蝕んでいる、それでも、止めるのか」

 

対歴代ボス戦

色「・・・ついに、ここまで来た、近付いて、くるのね」

・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。

「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」

・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

 

対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)

・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

 

・闇天草編

天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!

色「・・・貴方は、やはり、操られている、その糸を、いくらか、解きほぐせられる、かしら・・・・・」

 

・鬼斬紅郎編

斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!

色「・・・貴方も、やはり、鬼にはなれない、むしろ、その剣が、鬼そのもの、だから・・・・・」

 

・真ゴルバ編

ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!

色「・・・混沌の、渦を、貴方が、かき回している、ならば、私が、鎮めてあげる・・・・・」

 

・魔界我旺編

我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!

色「・・・哭く声は、貴方から、発せられるなら、それを、私が、止ませなければ・・・・・」

 

・羅将神ミヅキ編

ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!

色「・・・闇キ影、その中に、貴女がいる、迷っているなら、一緒に、戯れましょう・・・・・」

 

最終戦(対壊帝ユガ)

「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。

我が名は、壊帝ユガ

今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」

色「・・・もう、あなたの虜には、ならない、私の、すべてをかけて、あなたを、鎮めてみせる・・・・・」

 

エンディング

ある日、一人の旅人がとある噂を耳にした。

「両手に刀を持つ別嬪さんが現れるっていうじゃねえか、ちょっくらお目にかけてみるか」

と怖いもの見たさに件の街道に踏み入れた。ある者は見かけるなり一刀のもと両断されたというから誰もが男を止めたが男は耳を貸さずに行ってしまった。

そして男はその女と出くわした。明らかに男を招き入れ、男も女を追っていくもやはり追い付かず、そうこうしているうち夜も明ける。

夜明けの街道の入り口で村人が目にしたのは精魂尽きて倒れ込んだ男の姿があった。

これはいつしか語られた闇の乙女の物語であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真境名ミナ対テイルズ系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、CSNから真境名ミナ対テイルズ系キャラのシナリオをお送りいたします。

己の闇から差し込む光へと向かっていくミナと、常に光に向かって歩むテイルズの戦士たちとの交流と、やがては大いなる強敵に向かっていく様をお送りできればといった運びです。それでは、ごゆっくり。

 

ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから

ENTER>ゲーム>CAPCOM VS SNK・namco>真鏡名ミナ>namco・テイルズ・80年代系キャラ

となっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SNKヒロインズ、ですか

さてみなさん、このたびわれらがSNKにて、SNKヒロインズなる作品がPS4ならびにSwichにて今夏発売される運びとなりました。
内容はいたってシンプルな格闘ゲームに合わせて出場キャラクターの着せ替え等お楽しみ要素が盛りだくさんの、言うなればデドアラとおんなじようなノリで楽しめるかも。そういえばキャラの一人不知火舞もデドアラに出場していたからしっくりいくとは思うけれど。
とはいえ場合によっては少し恥ずかしいシチュエーションもありそれなりに対処も必要とは思うけれど、やはり純粋に格ゲーとして楽しんでいくのが正しいと思うから、その点は期待はしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャムチャム対アルカナハート枠<バトルコロシアムD.A.S>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアムD.A.Sよりチャムチャム対アルカナハート枠のシナリオをお送りいたします。

もともと侍魂零から連なるといえるアルカナの聖女たち、炎の巫女チャムチャムとの愉快な対戦をここにお送りできればと思いシナリオをしたためた運びです。それでは、ごゆっくり。

 

ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから、

ENTER>ゲーム>バトルコロシアムD.A.S>チャムチャム

となっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風間蒼月<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、水使いの忍者風間蒼月をお送りいたします。

ひとまずは冷徹に任務をこなしながらもどこかしら弟妹達を案ずる彼、そして心の内に秘めたる野心をも含めてその生きつく先やいかにということで、それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

風間の里の忍者として先の天草の乱において伊賀忍軍の介入を許したものの、冷徹に任務をこなし、今や里の忍びの筆頭として目されていた。

その後は風間の頭領を目指さんとする彼、今回の武道会においても利用しない手はなかった。果たしてその先には何が待ち受けているのだろうか。

 

第1ライバル戦(対半蔵)

・仕合前

蒼月「やはり待ち受けてくれましたか半蔵どの、対戦相手としてはこれとない栄誉なのですが」

半蔵「やはりお主の野心とやらも捨て置けなくてな、風間の頭となりて何を企むというのだ」

蒼月「はて、忍たるもの上を目指さなければ意味はないですから。これも貴方とは直接かかわることではないはずですが」

半蔵「そのため火月や、ことに葉月をも踏み台にせんとなれば、わしとしても捨て置くわけにはいかぬのでな」

蒼月「いずれにしても、楽しみなことです」

・仕合後

蒼月「流石は幕府隠密筆頭。しかしわたしとしても幕府隠密の地位などどうでもいいのですが」

半蔵「忍びとして、それより男としてか、しかしこれもお主にとっては愚問だったな」

蒼月「さあどうでしょう、いずれにしてもこれからの我が闘いぶりを、見守っていただきたいのですが」

半蔵「うむ、そうさせてもらおう」

 

第2ライバル戦(対火月)

・仕合前

蒼月「流石は我が弟、そなたが来るとはひとまずは予想していたのですが」

火月「ああ、こうして兄貴と仕合わなきゃいけねえのは覚悟はしているつもりだ」

蒼月「ただの覚悟ではわたしと仕合えませんよ、さあ、全力で倒しに来なさい」

火月「おう、こいつも楽しみだぜ」

・仕合後

蒼月「ここまでですか、しかしそなたの力はこんなものではないはず」

火月「やっぱり兄貴も隙がねえ、それなり苦労しているかいもあったなあ」

蒼月「そなたに気遣われるほどわたしも弱くはないと思いましたがこれも思い上がりですか。ともかくこれからの闘い、葉月とともに見守っていきなさい」

蒼月、このまま去っていく。

火月「気い付けろよ、兄貴」

 

中ボス戦(以下4組の中から2組)

・萬三九六編

三九六「相変わらず冷めてる野郎だ気に入らねえ。ひとまずブチのめせばいい面構えになりそうだぜ」

蒼月「このわたし相手に腕づくとは気に入りませんね、ほえ面を描くのは貴方自身でしょう」

三九六「この俺様の前で勝った気でいやがるたあ、もう勘弁ならねえ、ブチ殺してやるぜ」

 

・黒河内夢路編

夢路「ただ己が路を極めんのは私と通じますが、競ってみるのも一興なれど」

蒼月「競うのみでわたしと仕合えませんよ、その意味でもあなたとの仕合は楽しみなのですが」

夢路「倒す悦びに浸るも貴方の本意ではないはず、いずれにしても己のために闘い抜かねばなりませんね」

 

・ドラコ編

ドラコ「俺の銃を怖れないのは、よほどの狂人か、それとも自分に自信を持っているやつかのだな」

蒼月「私の中に狂気があるとすれば、貴方の銃の先にはありません、いずれ貴方も邪魔者、廃除させて頂きます」

ドラコ「俺が邪魔者だと、この銃の前で貴様など敵ではないことを教えてやろう」

 

・アスラ編

アスラ「よもやこの刃の力を鎮めんとは、貴様の魂、やはり侮れぬな」

蒼月「これもどうでしょう、魔の戦に備え、貴方を越さなければなりませんから」

アスラ「こちらとてむざむざ通させるわけにはいかぬな、いずれ楽しませてもらおう」

 

対歴代ボス戦

蒼月「ようやく本番ですか、不躾ですが鎮めさせていただきましょう」

・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。

「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」

・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

 

対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)

・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

 

・闇天草編

天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!

蒼月「貴方の神には興味はありませんね、せめてもの慈悲により貴方を鎮めさせていただきます」

 

・鬼斬紅郎編

斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!

蒼月「刃を誇るものはその刃によって滅びるのみ、引導を渡すのも慈悲というべきでしょうか」

 

・真ゴルバ編

ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!

蒼月「過ぎたる野心は身を亡ぼすのみ、あらためてそれを思い知らしめて差し上げましょう」

 

・魔界我旺編

我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!

蒼月「貴方が聞こえるは國ではなく世の哭く声、しかしいずれにせよわたしに討たれるに変わりないでしょう」

 

・羅将神ミヅキ編

ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!

蒼月「滅びの身にこだわるも美しくない、せめて我が刃で華々しくお散りなさい」

 

最終戦(対壊帝ユガ)

「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。

我が名は、壊帝ユガ

今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」

蒼月「ついに参られましたか、この上は我が刃と魂によって鎮めさせていただきます」

 

エンディング

その後蒼月は風間の頭領となり、後の暗躍により伊賀忍軍とともに幕府隠密の地位にまでのし上がる。

しかしその後、伊賀忍軍との合併の後蒼月自身も隠棲の日々を送ることになる。己の忍びの道を究めた後に興味を失ったのか、はたまた弟妹を見守るべくあえて一線を退いたのか、真相は分からずじまいだった。

いずれにせよ彼の生き様も後の忍びの世界に永く語られることになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風間火月<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、天草降臨からのメインキャラとなった燃える忍者火月のシナリオをお送りいたします。今回も燃える闘いを繰り広げる彼、その行きつく先はいかなるものか、とくとご覧あれといったところで、それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

風間の里の忍として、代々退魔の業を担ってきた彼も、とある事件を機に里を後にし、妹葉月とともに静かに暮らしてきた。

今回も武道大会の裏面に潜む魔の蠢動を感じつつ、自らも燃える闘いができると意気揚々と乗り込んでいくのだが。 

 

第1ライバル戦(対ガルフォード)

・仕合前

火月「おうガルフォードか、おめえさんが相手とは不足はねえな、こいつは燃える闘いが期待できそうだぜ」

ガルフォード「そいつは俺も期待したいが、その裏の魔の気配は君も感じているはずだ。そして君自身の使命というものも」

火月「そりゃ俺も承知してるぜ、だがよ、闘いにかけりゃ理屈はいらねえ、まずはあんたとの仕合、楽しもうぜ」

ガルフォード「それは俺も望むところさ」

・仕合後

火月「こんなものか、生半可な闘いじゃ俺も燃えきれねえぜ」

ガルフォード「たしかに小手調べ程度じゃ非礼だったな、ここぞで振るわなきゃ力も鈍ると思ったがこれも取り越し苦労だったか」

火月「おうよ、すべてが終わったらまた熱い仕合ができるんだ、その時にゃまた闘ってくれ」

ガルフォード「ああ、これも期待させてもらうよ」

 

第2ライバル戦(対蒼月)

・仕合前

火月「やはり兄貴とも仕合わなきゃいけねえか。だが覚悟はしているつもりだぜ」

蒼月「ふふ、ただの覚悟ではわたしとは仕合えませんよ、それはそなた自身心得ているはず」

火月「ああ、こういうところは容赦はねえな、まああれこれ考えるのはなしだ。俺も全力で行かせてもらうぜ」

蒼月「これも、楽しみなことです」

・仕合後

火月「どうだ兄貴、まさか手え抜かなかったんじゃねえだろうな」

蒼月「さあどうですか、それはそなたがよく知っているはず。ここから先はそなたでは心もとないとは思いましたが」

火月「そいつも分かってる。この先の魔を祓うのも、俺たちの役割だってこともよ」

蒼月「ならば、生きて帰ってきなさい、そなたの命は、そなた一人のものではないのですから」

火月「わあってるよ、それじゃ、行ってくるぜ」

蒼月「ふふ、こういった無鉄砲さ、頼もしいところもありますね」

 

中ボス戦(以下4組の中から2組)

・萬三九六編

三九六「燃える男といやあ俺様をおいて他にはいねえ。おめえの炎なんざ蝋燭の灯火だぜ」

火月「だったら俺の炎を受けてみるか、消し炭になってからじっくり後悔しやがれ」

三九六「その前にこの槌でイチコロよ、おめえの灯火を消すにゃ十分よ」

 

・黒河内夢路編

夢路「今にして想えば、火月さんの生き方も実直にして解りやすいものでしたが」

火月「いちいち考えてもキリがねえからな、おめえもいっそはじけてみろよ」

夢路「さしあたり貴方との仕合でこれからの生を見出だせれば、答えも出るものでしょうか」

 

・ドラコ編

ドラコ「そんなに熱く燃えればやはり苦しかろう、一発で楽にしてやろう」

火月「そうやって人の命をコケにするのが気に入らねえ、おめえこそ怒りの炎を受けてみやがれ」

ドラコ「バカめ、俺の前で意気がったことを後悔しつつ、じっくり苦しんで死んでいけ」

 

・アスラ編

アスラ「炎の忍よ、再び我が刃に挑むか、はたして貴様に俺が斬れるのか」

火月「どんな武器でも構やしねえ、俺と葉月の敵になるなら、なんだって燃やしてやるぜ」

アスラ「何故だかお前を斬るに、憎しみを持てぬ、だが今更我が生は変えられぬがな」

 

・対歴代ボス戦

火月「ようやくおいでなすったか、俺の炎で残らず焼き尽くしてやるぜ!」

・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。

「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」

・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

 

対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)

・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

 

・闇天草編

天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!

火月「また葉月を付け狙おうってのか、二度と甦らねえよう成仏させてやるぜ

 

・鬼斬紅郎編

斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!

火月「でけえ刃だろうがかまわねえ、命かけなきゃ剣も忍も極められねえぜ

 

・真ゴルバ編

ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!

火月「さっきから俺の刀と炎が騒ぎやがる、おめえを倒せってなあ

 

・魔界我旺編

我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!

火月「國がどうとか知ったこっちゃねえが、俺や葉月を脅かす奴は許しちゃおけねえ!

 

・羅将神ミヅキ編

ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!

火月「今までよくも葉月を付け狙いやがったな、女だろうが容赦はしねえぜ

 

最終戦(対壊帝ユガ)

「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。

我が名は、壊帝ユガ

今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」

火月「ついに現れやがったな、俺の炎で残らず焼き尽くしてやるぜ!」

 

エンディング

その後火月は妹葉月との生活の傍ら、次代の半蔵たる真蔵を鍛え上げる日々を送る。

のちに次代の半蔵の片腕として伊賀忍軍を支えるにいたるが。任務の途中で燃え尽きたのか、その後の動向は明かされてはいない。

だが彼の生き様は、まさに炎の忍として後世までの語り草となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴姫<サムライスピリッツ天下剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、侍魂閃の主人公的存在たる鈴姫のシナリオをお送りいたします。

その可憐な容姿と裏腹に大剣を操る闘いぶりは、ある程度の清々しさを呼び起こしたとか。

今回の剣サム2にてもその大胆な剣さばきを期待できるものと信じておりますが。

ひとまずそういったところで、それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

かつて異国から流れ着いた幼子で、今や天降藩の姫君として凶事を経て雄藩の顔役としても一目置かれていた。

それでも目付役の刃兵衛に引き止められつつ、今や藩内の師範代となっている猛千代とともに様々な事件に立ち向かう。

今回の武道会にも凶事ありと察して乗り出すのだった。

 

第1ライバル戦(対猛千代)

・仕合前

鈴姫「やはり勝ち抜いたのね猛千代、ここまで来たら本気でかかってきなさい」

猛千代「おお姫か、ここで会ったら俺も真剣の気合いでいかなきゃなあ」

鈴姫「それならば、手加減したなら承知しないわよ」

猛千代「おうよ、もとよりそのつもりだぜ」

・仕合後

鈴姫「どうしたの猛千代、本気を出せと言ったはずよ。でも私だって叩き付けただけだから」

猛千代「たしかに俺も気合いがまだ足りねえ。だけどよ、お互い強くなったはずだ、今はそいつを噛み締めていこうぜ」

鈴姫「そうね、ここは先に行くけど、帰ってきたらまた手合わせしてね」

猛千代「おう、気を付けてこいよ」

 

第2ライバル戦(対慶寅)

・仕合前

鈴姫「お久しぶりです慶寅さま。よもや慶寅さまがお相手なさるのですか」

慶寅「鈴姫かまた無茶な闘いばかりしただろう、それでもお前さんにとっちゃ序の口か」

鈴姫「凶事ならば鎮めるが我が務めと心得ております、この場で慶寅さまに認められれば」

慶寅「止めても無駄か、ならばお前の気の済むまで付き合うのが礼儀ってものだな」

・仕合後

鈴姫「たしかにお優しき剣筋にございます。しかしそれだけではございませんね」

慶寅「ああ、分かってるな、これも剣の心、言うなれば侍魂だ、今はそれだけを見知れば上出来だな」

鈴姫「この鈴はいまだ力任せ、それでもいつかは剣の心を見出だせますか」

慶寅「なに、攻めるだけじゃ勝てないものさ、今のお前さんなら容易きものだぜ」

 

中ボス戦(以下4組の中から2組)

・萬三九六編

三九六「おめえが天降藩の姫様かあ、こいつはまたとない儲け話になりそうだぜえ」

鈴姫「貴方の噂も聞き及んでいるわ、私をどうこうどできるとはゆめゆめ思わぬことね」

三九六「いいねえ、こういうお高く止まった小娘を落とすのはまさに楽しみだぜ」

 

・黒河内夢路編

夢路「剣を握るには貴女も幼い、しかしその意志で対するなら、おそらくは」

鈴姫「冷ややかで真っ直ぐな剣の冴えなら、私も生半可な覚悟じゃ向かえないわね」

夢路「まずはその心得は買うべきですか、貴女の目も明日を見据えています」

 

・トラコ編

ドラコ「久しぶりだな姫様、不躾だがお前には消えてもらう、この銃でな」

鈴姫「ただ撃つだけの貴方なら、私が怖れる道理はないわ、さっさと退けてあげる」

ドラコ「本気で銃弾を討ち破るつもりか、それだったら度しがたいものだな」

 

・アスラ編

アスラ「乙女よ、お前も巫女の血筋か、このアスラの怒りを鎮めに参ったのか」

鈴姫「それは分からないけれど、貴方が放っておけない気持ちは変わらないわ」

アスラ「いずれ力あるものなら、このアスラの刃に打ち勝てるだろうな」

 

対歴代ボス戦

鈴姫「我が名は天降藩の鈴、魔に身を置きしものよ、いざ尋常に勝負!

・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。

「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」

・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

 

対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)

・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

 

・闇天草編

天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!

鈴姫「今の貴方には怨みしかないの、それでは魔物と変わりないものなのよ

 

・鬼斬紅郎編

斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!

鈴姫「今こそ私の心の刃で、貴方のよこしまなる刃を断ってみせるわよ

 

・真ゴルバ編

ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!

鈴姫「魔に身を委ねた時から貴方の負けは決まってたのよ、潔く闇に帰りなさい

 

・魔界我旺編

我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!

鈴姫「國を憂えるのは分かるけど、それで世を乱さんとするたまったものではないわ

 

・羅将神ミヅキ編

ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!

鈴姫「そんなきれいな顔して世を欺かんとしたのね、やはり貴女には負けられない

 

最終戦(対壊帝ユガ)

「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。

我が名は、壊帝ユガ

今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」

鈴姫「とうとう現れたわね、人々に禍なす神はこの私が鎮めてあげるわよ

 

エンディング

ひとまずの平和が戻り天降藩もまたもとの落ち着きを取り戻した。

凶事の末鈴姫も刃兵衛の監視もあり、今度こそ慎ましく過ごすと思われた。

「これ姫様、どこへ参ろうとなさいますか!?

やはり近隣にはいまだ事件の種は尽きず、今日も猛千代とともに鎮めにあたるのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真鏡名ミナ対アルカナハート枠<バトルコロシアムD.A.S>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、バトルコロシアムD.A.Sより、真鏡名ミナ対アルカナハート枠のシナリオをお送りいたします。

そもそもアルカナハートでおなじみのエクサムの前身が開発に携わった侍魂零。そのヒロイン格たるミナとアルカナの聖女たちとの対戦はある意味世界観からも合っているかもしれません。ちょうどアルカナも新作が発表されている頃なので少しは宣伝になるかも、それませんね。

ひとまずはこういったところですので、それでは、ごゆっくり。

 

ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから、

ENTER>ゲーム>バトルコロシアムD.A.S>真鏡名ミナ

となっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧