スクゥエア・エニックス

ライブアライブリメイク、ですか

さてみなさん、90年代を代表するスクウェア・エニックスの問題作『ライブアライブ』が今夏リメイクとして発売される運びとなりました。
先に当作品のレビューをお送りしましたが、まず気になったのがキャラクターデザイン関係にて、現在のデザイナーさんのデザインでお送りする運びで進行し、さらには各キャラに声を出して喋ることもストーリーにのめりこむことができましょう。
こうなれば本当のメインたる中世編、主人公たるオルステッドのストーリーはいかにリメイクしてくれるのかもファンならずとも気になるところ。本当のファンとしても彼の運命について今少し転んでほしいというのが正直なところかもしれない。
ともかくも新たなるライブアライブがいかなるものへと生まれ変わってくれるか。刮目して見るべし、と述べておいてキーを放します。

| | | コメント (0)

今更ながらフロントミッションについてひとまず語る

さてみなさん、今回は90年代の旧スクウェア(現スクウェア・エニックス)が世に送り込んだ『フロントミッション』についてひとまず語りたいと思います。
フロントミッションは95年頃に旧スクウェア社が手掛けた近未来戦略シミュレーションゲームである。
舞台は近未来、国家がある程度統合され、その権力の駆け引きが激しさを増す中、太平洋上に突如浮上した島の資源確保をめぐる紛争を表面の事項により裏面の駆け引きからの陰謀とそれに巻き込まれる人々の苦悩と苦闘を描いたのが主なストーリーである。
ゲームの主役である人型機動兵器“ヴァンドクル・パンツァー”通称ヴァンツァーを駆って戦場を戦い抜き、ステージを進めるごとにより強力な装備を手に入れて強くなりゲームを進めていく。
先述のストーリーにて特に印象だったのが人間の脳をヴァンツァーの制御機能を担うCPUに利用するといったシチュエーションであり、それに戦死した主人公の恋人が利用されたことが多くのプレイヤーに衝撃を与えたことは述べるまでもない。さらに言えば後半頭で一旦倒した宿敵もヴァンツァーと融合して最後に主人公に立ちはだかったりもしたが。
こうして重くて苦いながらも最後にはささやかな希望を抱かせたラストで、作品は幕を閉じた。
そのいわゆるファーストのヒットを受け以後セカンドからフィフス、さらにはそれらの派生作品を、物語的にはそれぞれ独立しながらも作品の歴史を紡いでいったことは今更言うまでもなかった。
そんなフロントミッションシリーズだがもちろん新しい物語を望むユーザー、さらには私見ながらもバンダイナムコさんの『スーパーロボット大戦』にもゲスト出演できればなとも思ったりもして、今後の活躍を期待する声もやはり少なくないと述べた上で本記事をしめたいと思う。

| | | コメント (0)

今更ながらアクトレイザーについて語る

さてみなさん、今回は懐かしのゲームレビューということで近頃話題の『アクトレイザー』について遅ればせながらもお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。
アクトレイザーはスーパーファミコンにて旧エニックスが開発し90年末に発売され、当時スーファミの機能を生かした演出で当時のプレイヤーの度肝を抜いたことだろう。
悪魔サタンに支配された地上を神の化身たるプレイヤーが魔物を倒し、解放した地域を発展させつつ、そこに住まう人々との交流を通じて地域ごとを支配した魔物の長を倒し、やがて最後の決戦に臨むという、アクションとシミュレーションの両方を楽しめる仕様となっていた。
そのヒットを受けて続編も発売されたがこちらは純粋なアクションゲームにとどまるもそこそこのヒットと相成った。
それから時が流れアクトレイザールネサンスたるリメイク場が発売、配信され。そちらは原作にゲストキャラである英雄の要素があるものの、クリエイションモードとうストーリーでのドラマや、プレイヤーの魔法関連で関わる等にとどまっているのは惜しいと言えば惜しいところ。その一方でクリア後の追加ステージも楽しめるとこで、やりこんだプレイヤーにとっても手応えを感じられる仕様となっている。
そんなこんなでアクトレイザーも今でもプレイする価値がある一本といえると思うけれどどうでしょう。

| | | コメント (0)

ドラクエⅩオフライン、ですか

さてみなさん、日本のRPGの名作ドラゴンクエストシリーズ、ドラクエⅩオフラインが来年2月に発売される運びとなりました。
ドラクエⅩといえばシリーズ初のオンラインプレイとしてプレイヤーの交流等の幅を利かせたものでしたが、その一方である意味プレイする人を選ぶ等の弊害も生じたものでした。
それらを踏まえて今作は従来の作品と同じく一人でもじっくりと楽しめる仕様となり、それに際しても冒険のパートナーを選べる仕様となり。オンラインに引けを取らずに楽しめるようにもなっております。
この機会にドラクエⅩの世界観も楽しまれてはいかがでしょうか。

| | | コメント (0)

ゲーム予想企画立ち上げ:月華の剣士・あかり陰陽記及びサイキックフォース2024

さてみなさん、今回のホームページ更新は、ゲーム予想の新企画を二本まとめてお送りする運びとなりました。
これら二本はいずれ続編を期待されながら結局今に至って実現しなかったものを編者なりに立ち上げたものです。
とはいえ二本とも概要を立ち上げたのみで、いかなる内容になるかはこれも乞うご期待というしかありませんが。
しかしなにはともあれ、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>ゲーム>月華の剣士・あかり陰陽記及びサイキックフォース2024
となっております。

| | | コメント (0)

ドラゴンクエストⅩⅡ、ですか

さてみなさん、日本のRPGの草分け的存在でもある『ドラゴンクエスト』の最新作のⅩⅡが発売される運びとなりました。
期待されるハードとしてはいまだ未定というだけにいずれの機種でもドラクエの世界観を十分に表現できると期待はしていますが。
気になるストーリーについては少しダークな設定となりますが、ⅣやⅤ以降のストーリーが少し陰惨なだけあってある程度プレイヤーを選ぶかもしれない。
ともあれ未だ情報が少ない中、これまた続報を待ちたい。

| | | コメント (0)

今更ながらクロノクロスについて語る

さてみなさん、今回は旧スクウェアの名作クロノクロスについて語ることにしましょう。それでは、ごゆっくり。
クロノクロスは旧スクウェアが開発した、先のクロノトリガーの流れを継承したRPGである。
ストーリーは時空の裂け目に陥った主人公が、いわゆるパラレルワールドを行き来し、世界の命運と自分の存在価値を変えて戦うといったものである。
キャラクター主人公セルジュ、平凡な海辺の村の少年だが、ある日もう一つの世界に陥り、自分が存在する世界が夢の世界で、現実の世界ではすでに自らが亡きものと知り、その真実を探るために冒険を繰り広げる。
また作品の世界は前作の世界の南方にある孤島で、前作の世界が滅んだあとで前作の世界の生き残りが南方の世界に介入していくが、彼らも前作に連なる世界の因縁に巻き込まれていく。
次はヒロインたるキッド、いわゆるボーイッシュなキャラながらも面倒見がいいパートナーといったところでセルジュを日に影にと助けていく。最後彼女も前作の重要キャラに連なると述べておきたい。
そして宿敵ともいえるヤマネコとツクヨミ、彼らも単なる悪役にとどまらずセルジュたちと大いなる関わりを持っているといえ、その最たる事象が彼らの視点でプレイする場面が描かれている。
その他数多くのキャラクターが登場し物語の花を添えているが、実際プレイして操作できるキャラクターが多く、多彩なプレイができる反面ある程度使い出が煩雑になる恐れもあるかもしれない。それでもこれもやりこみの価値もあるということで。
そして世界の因縁は、それにとらわれた前作の主人公たちの魂を解放することでひとまず終結し、セルジュもまた今までの冒険を忘れ、ひと夏の思い出とともに平凡な日常へと戻っていく。
たしかに心に響いたストーリーながら少し心に引っ掛かるところもある。さらに言えば続編やリメイクの噂も耳にしたのだが、これもある程度のうやむやになって心残りになったといえばそうなのだけれど。
ともかくこのクロノクロスも旧スクウェアの名作の一つといえるだろう、つまりはあの時期のスクウェアの最盛期の一作品ということで。

| | | コメント (0)

今更ながらサイキックフォースについて少し語る

さてみなさん、今回は90年度後半から2000年度初頭にかけて人気を博した『サイキックフォース』について少しばかり語りたいと思います。それでは、ごゆっくり。
サイキックフォースといえば、96年にタイトーで開発された3D格闘アクションゲームとして世に出たものだった。
基本は従来の格ゲーに飛行の要素を取り入れて縦横無尽に飛び回りつつ攻撃と移動を織り交ぜてコマンド入力で必殺技を繰り出す。といえば従来の作品と変わりはないけれど、通常攻撃でも飛び道具系の技が繰り出せるので、場合によってはそれだけでゲームが進行できるものだった。
しかしそのシステム自体がセガのバーチャロン、バンダイ系のガンダムVSシリーズ等にも派生され、当作品自体もいろいろな派生作品も出たのだが、肝心の当作のリリースは二本分にとどまった。
肝心のストーリーといえは、時は近未来、偶発的に発生した超能力を持つ者たちいわゆるサイキッカーをめぐっての争いが繰り広げられた。
そしてネタバレになるやもしれないけれど、力によってサイキッカーたちの世を築かんとする男と、それを止めんとする親友の男、そしてそれを陰で操り自らの野望を達せんとした男。その他さまざまなものたちの想いを巻き込んでの騒乱は、三番目の男の野望達成とともに一旦は収まったかに見えた。たしかに事情を知る方によってはその結末に納得がいかないかもしれない。そもそも当作品もまた改良の余地があれ現在でも通用し得るものだから、スクエニさんの力添えでひとまずの決着をつけてほしいとは思うけれど。

| | | コメント (0)

ファイナルファンタジーⅩⅥ、ですか

さてみなさん、日本じゅうが、ひいては全世界が待望したスクウェア・エニックスが誇るRPGの対策『ファイナルファンタジーⅩⅥ』が来年をめどに発売される運びとなりました。
舞台は実際の中世によく似た世界で、いまだに剣と魔法を頼りに世界が力で支配されている世界。そんな世界を縛るクリスタルの加護から抜け出すといったのが大まかなストーリーということで。
あと気になるシステムはアクション性を重視したものということで、これもひいてはⅩⅡ以降をプレイした方にとってもとっつきやすいかなとも思いますが。
いまだ形が見えたばかりでもう少し詳しい情報も欲しいところ、それらを含めて乞うご期待といったところか。

| | | コメント (0)

今更ながらライブ・ア・ライブについて語る

さてみなさん、今回の今更レビューは、スーパーファミコンのひとまずの名作ともいえる旧スクウェアの『ライブ・ア・ライブ』について語りたいと思います。それでは、ごゆっくり。
ライブ・ア・ライブといえば、ファイナルファンタジーやクロノトリガーのヒットを受けてコロコロコミックや少年サンデーを擁する小学館と旧スクウェアがタッグを組んで当時先述の二誌で活躍した漫画家さんがデザインをした主人公たちが、各時代で巻き起こる難事件と襲い掛かる強敵宿敵と激闘を繰り広げるといったもので、それぞれのストーリーはある程度の独立性を保ちつつも、やがてそれらの物語を経た後で新たな物語が現れる。それこそが今作の本当のストーリーともいえる。
そのストーリーを特に要約するならば、勇者として嘱望された主人公が陰謀と裏切りに巻き込まれて人類そのものに絶望してやがて悪の道に進み世界を亡ぼす。やがてそれが先に活躍した主人公たちをも巻き込んで、いわゆる善と悪の決戦へともつれ込むのだった。
これも言ってしまえば当時の旧スクウェアのRPGへのアンチテーゼともいえ、先の善と悪の決戦も行きつく先に「善悪の定義」についても問われることにもなる。これも言うなれば善悪の二面性を持ってこその人間であり。その意思次第で人生も決まるとも述べられているが。これもまた当時の筋書きに至った結果だとも思う。
そして蛇足ながら、今や版権関係で困難だろうけれど、もしもリメイクできるならばその点を書き直せたらとも思うけれど、反面あれのままでも十分に楽しめると思っている。
これもまたゲームの一つの形なのだろうということで、ひとまずのキーを置きたいと思います。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧