ドラえもん

ドラえもんとゆかいな仲間たちザ・ドラえもんズ<本当は怖いドラえもん>

今回はドラえもんの派生作品ということで、ザ・ドラえもんズについて(当ブログでも)述べたいと思う。
そのドラえもんズについては、95年ごろにドラえもん誕生からドラえもんの同形ロボットとして登場し、アメリカのドラ・ザ・キッド、中国の王ドラ、ロシアのドラニコフ、ブラジルのドラリーニョ、スペインのエル・マタドーラと、世界各地の特色を生かした造形がウリとなっていた。
その後人気を生んでか、本家のドラえもんと調子を合わせてアニメやマンガを中心にした彼らの活躍が描かれていった。これもまた、ある程度停滞しがちなドラえもんの人気に拍車をかけようとした小学館や藤子プロの想いもまたこめられたものだろうけれど。
その後90年代末から2000年代半ばまでひとまずの人気を博していたが、いわゆる今の新アニメ版のリリースを境に彼らの活躍もまた終わったかに見えた。
たしかに今のアニメで彼らの活躍が見られないのは一ファンとしては寂しく思うことで、作品の製作系統の違いで片付けられるのもやはり情がないのではないのかと思う。
もしも新たに活躍の場を得るのであれば、原作アニメでも描かれた“友情テレカ”なる通信カードから活用し、あらゆる問題を、カードを使って切り抜ける、というのもありきたりのカードバトルになりかねない。たしかにドラえもんズでも冒険に伴ってのバトルもあるけれど、実際バトルに関しては関連性が薄いかもしれない。
もう一つお節介ながらも提案をするに、ドラえもんをはじめ多くの藤子F作品には「主人公とふしぎな友だち、そして仲間たち」といった構成が成り立っている。そういえばある程度のキャラクターも描かれていることから、それらの活躍も考えてもいいかもしれない。その点を含めてもまた活躍を見せてもいいだろうともうけれど。
ともかくもこのドラえもんズ、今になってといえば失礼かもしれないけれど、せっかくファンの間でも盛り上げてくれるのだから、今のスタッフのみなさんもご一考してほしいとは思うけれど。

| | コメント (0)

僕らの隠れ家ライフ:キャンプは無人島で<本当は怖いドラえもん>

みなさまの中には海でのレジャー。ことに船でのクルージング。転じてどこかの島でのバカンスを楽しまれた方もおられただろうが。その島でのバカンス。ことに無人島で暮らすといったシチュエーションについて述べることにする。まずはこのお話から。
 
『のび太漂流記』
ある日のび太くんが無人島で生活をしようとするため、材料としてワリバシを集めんとするも、らちが明かないとドラえもんから風船イカダを借りてからいざ大海原に繰り出すことになる。しかしその後は影ながらのドラえもんの手助けを受けて、たどり着いた島での生活を何とか送ったものの、やがて日が暮れて家が恋しくなり結局一晩で帰ることとなったそうな。
 
『ロビンソンクルーゾーセット』
ある日しずかちゃんと無人島に行きたいと持ち掛けるのび太くんに、ひとまずドラえもんも『ロビンソンクルーソーセット』を出してしずかちゃんと一緒にボートで漂流体験の後に無人島での生活を送ることになった。ひとまずの満足を送ることになったのだが、レンタルボートの使用料超過を咎められママに叱られてしまったそうな。
 
両作とも最後のズッコケでしめられてしまったけれど、最初のくだりをかんがみ、海で船に繰り出すなら無人島で冒険を、といったのが作者の藤子F先生のユメなのだろう。しかしこれもかつての子供の読者の中でそのユメをかなえた方、つまりは無人島で島小屋やらキャンプ場やらを造り、そこで生活をする方もおられたことだろう。そういえばある番組では無人島をいろろと開発していくシチュエーションもあったか。
また同じく冒険といえば、大長編でも南海大冒険やら宝島やらと派生したことも述べるまでもない。
そういえば前者の漂流記から派生した『無人島に家出』のお話がある。あれは冒頭パパとママにこっぴどく叱られてから、止めようとするドラえもんを気絶させてから道具を借り、無人島へと家出をしてそこで10年間過ごしたといったものだった。これも『バイバイン』の栗まんじゅうと同じくネットで議論されたことだろうけれど、言うなればこれもデフォルメかシャレの類だろう。
そもそも一晩でへこたれるのび太くんが、70年代まで東南アジアで潜伏していた旧日本兵の人よろしく、まず10年間暮らせるかどうかは疑わしいことだろうし、当時の情勢を考えても日本やアジアの無人島といってもやはり知れているものなので10年間も発見されないのもいかがなものかと思えてしまう。
そして最後のタイムふろしきで元に戻ったくだりも、結局は栗まんじゅうを宇宙に飛ばしたくだりと同じく「なかったことにする」といったものだろう。
とまあ話が大きくそれてしまったけれど。海において子供心からの冒険心を満たすということでも、離島でのレジャーも楽しめるかもしれない。

| | コメント (0)

役回りの本末転倒:結局何と戦ったつもりだったのか<本当は怖いドラえもん>

ドラえもんのお話の大半は、のび太くんに降りかかる様々な問題、ことに何かとジャイアンやスネ夫にいじめられ、その仕返しのためドラえもんのひみつ道具の力を借りて対処するといったシチュエーションがある。それが派生して羽目を外してはズッコケるといったオチに転ぶのもしばしば、とくに中後期あたりから顕著になったのは述べるまでもない。
そのズッコケの一環、その羽目を外したのび太くんをドラえもんあたりが“こらしめる”といったくだりがある。その“こらしめる”を素直に解釈すれば「ワルいことをしたのび太くんをやっつける」というもっともらしい答えに行き付くのだが。そんな調子がしばしば現れる中、こともあろうに敵役であるはずのジャイアンとスネ夫もドラえもんと調子を合わせてのび太くんへの“こらしめ”に加わってしまうといった。すなわち「役回りがあべこべになってしまった」事態になったのだ。
ここで思いだされるのが短編の『イヤなイヤなイヤな奴』で船内での和のために憎まれ役を担った男。これも社会のために必要だと嘯いて(もっともらしく主張して)いたのだが。その意味でものび太くんもみんなのためににくまれ役を演じ(させられ)たのだということだ。
しかしこういったシチュエーションも初中期あたりは本来ジャイアンが演じたのだということも述べたいところ。のび太くんがひみつ道具で問題を解決したかと思えばジャイアンが横取りしては失敗をするといったのもそのあたりでは少なくはない。それが様々ないきさつがあってその役回りがのび太くんへと転がったといったところか。
それが成り行き上だんだんとエスカレートして、しまいには『足あとスタンプ』や『町内突破大作戦』に見られるように、のび太くんをこらしめること自体が目的となったお話も80年代終わりにはしばしば現れたのだ。
これについても藤子F先生は何を意図していたのか、結局は少し苦しい言い訳ながらも「教訓というよりも実験みたいなもの」と述べたことで、つまりはあまり考えていなかったのが現状である。
 
しかしあえて問いたい。たしかに『イヤな奴』に関して全体の和のための必要悪が必要なのも分かるけれど、これも言ってしまえば「読者のこどもたちのためのイケニエ」というほかはない。
たしかに「のび太のようにならないように、僕も私も気を付けよう」と感じる人も、中には「のび太ももうちょっと気を付ければいいのに」と思う人もいるだろう。しかし中には「のび太がまたやられたんだって、自業自得さ、いい気味だ」と思う不届きな人もいただろう。それこそは一番の当て外れだと思う。そもそもそんな意図で先生も描いたつもりじゃなく。これも時の流れとともにこう描いちゃったといえる。
そんなジレンマを知らずに抱えてしまい、やがては身を持ち崩し、作品そのものにも影響を及ぼすことにもなったのだろうか。

| | コメント (0)

僕らの隠れ家ライフ:森はともだち<本当は怖いドラえもん>

さてみなさんの中に、旧き良きアメリカのテレビドラマを中心とした、木の上に小屋を建てた隠れ家に憧れた方もおられ、実際それを建てた方もおられたことでしょう。今回それに関連して、森や林、それに関連した隠れ家のお話を述べたい。
まずお話の基本となるのは樹木の改造、その前の日曜大工というのがある。それらは木材を組んで小屋を創ったりそこで生活とまではいかないまでも寝起きや休息ができれば。そのための“隠れ家”を造るというのがある。それについて「大工道具や釘等を使わずに、植物をのものを改造して隠れ家を造る」といったコンセプトでお話を進めるというものだ。そこで挙げられるのがこれらのお話ということで。
 
『森は生きている』
ある日裏山の森でのひと時を過ごすのび太くんのために『心の土』を出して、本当に裏山の森と友だちになったが、とまあ先の記事と重複するので紹介はここまでとして、たしかに後半、いわゆるとんち話に転がって事実上ケチがついてしまったが、これも使いようによっては森や木々もいい遊び相手になってくれたはずだから。
 
『のび太の大魔境』(一部抜粋)
まだ見ぬアフリカの大魔境を求めて冒険を始めるドラえもんたちが、昼食と休憩のために『植物改造エキス』を使って周りの木から「食べ物の実」を生やしたり、樹木の枝をテーブル状に巻き付かせて展望台にしたりとその日の昼を過ごしたのだった
その植物改造エキス。これはいわゆるおとぎ話での食べ物がなる木のオマージュながら、未来の世界の技術で「ヤドリギ(別の木に寄生して生える植物)や接ぎ木の技術を応用し、ある程度の食べ物を調理できる機能を持った植物型の道具といったものや、実際に植物を改造するといったものもある。これもまた植物の機能を阻害せず、というにはあやしいけれど。ともかくこれも人間の役に立てる機能を供えさせるものでもある。
 
ある意味それこそがドラえもんにて描きたかった、木の上での“隠れ家”の醍醐味ではないだろうか。木の上での見晴らしを楽しみつつひと時を過ごすという子供の頃に抱いた、否大人になっても抱き続けているはずのユメを、人によっては将来になって叶えたことだろう。そうでなくてもその人たちのユメにも乗っかっていくのも決して悪くはないと思う。あるいは郊外の森林でのアトラクション施設もそのユメを味わうことだってある。
こういった森の木々とともにあるユメ、それはひとえに失われつつあった自然とのふれ合いにもつながることだろう。

| | コメント (0)

モノ社会の宿業:出ししぶりの本音と建前<本当は怖いドラえもん>

さて今回は先の記事を少し読み物としての形を整え、タイトルも少しきれいに仕上げて述べることといたします。
 
繰り返しつつもあらためてドラえもんのお話の流れを述べるに、何かと困難に巻き込まれるのび太くんは、ドラえもんのもとに駆け込み、出してくれるひみつ道具とのび太くんの創意工夫もあり時にはしくじるが様々な困難を解決していくというものである。
しかし時々、その頼みをドラえもんが突っぱねることがある。それは問題解決に取り掛かる際のさらに楽をしようとしての突っぱねから、はじめからあれこれと理由をつけて突っぱねることもある。
これに際しては前者を中心に「ことの理非を教え諭している」のと、毎度揶揄するようで恐縮ながら、横山センセイの言から「あまり安易に頼みごとをするとかえって突っぱねられるのが当たり前」ということにもなるが。
今回はそういったいわゆる“出ししぶり”についていつも通りのヒネくれた視点で述べたい。
まず基本事項としては漫才でいう「ボケとツッコミ」といったシチュエーションだろう。たしかにこれらはまずのび太くんの“無茶”や“甘え”を戒めるというのもごもっともながら。主に後者を中心に結局出すことにして問題解決に動くのがもっぱらで、そのよう意味でも物語的にデフォルメ化したのが本論にての「ボケとツッコミ」の意見となったわけで。
ちなみに前者については『のび太の恐竜(原作短編)』の「鼻でスパゲッティ」のくだりや『オオカミ一家』の「目でピーナッツ」のくだりでのオチがあるけれど。
それに派生して、かどうかはあやしい所だけど、『原料ライト』の巻では、はじめ何かを頼もうとしたときににべもなく「だめ」と言い返すばかりで、『四次元くずかご』の巻ではそのくずかごをみつけたのび太くんを見るや、なにも理由を聞かずにとっととどこかへ行ってしまった。
たしかにこういうのはこれら2話が代表だけど、このように最初から責任放棄のようになってしまったのはいただけない。前者は理由を聞いてから協力して調べて回ったけど、後者は結局のび太くんがいらぬ苦労をして最後にはドラえもんにも事実上意地悪をされてしまった。
それは80年代になって問題に対するのび太くん自身の責任を問いがちになり、いつしかその責任を前に出すのが専らになってしまった。その一環がいわゆるくずかごの巻に至ったといったところで。
さてナンクセはここまでとして一方で良い形でまとまったお話についての代表を述べたい。
『世界の昆虫を集めよう』
この日もスネ夫が世界の虫の標本を自慢するので、何とかドラえもんに頼もうとするも、やはり突っぱねられてしまい、結局自分の力で何とかしようと飛び出してしまう、そこでドラえもんも少し冷たすぎたかなと反省し、ましてジャイアンたちにいじめられるのも何なので、結局は世界の虫を観察するための『昆虫マーカー』と『観察虫かご』を出して協力することにしたそうな。
ということで、一旦は突っぱねるも、ある程度のいきさつを経て結局は助けることにするという、目的によっては前言を翻して協力する。これもいつもながらイヤらしい表現で言えば「苦労したご褒美」という言わせてもらえば多少あざといところもあるけれど。
ともかくもこのように正論と人情を内包したお話こそがドラえもんのお話として支持されているなということになるけれど。

 

| | コメント (0)

ドラえもん のび太の新恐竜、ですか

さてみなさん、来年の大長編にして劇場版のドラえもん『のび太の新恐竜』が公開される運びとなりました。
大まかなあらすじといえば、ひょんなことから2頭の恐竜を育てることとなったのび太くんたち。そしてその恐竜をめぐっておそらくは恐竜時代へと冒険の旅に出ることでしょう。はたしてどのような冒険が待っているやら。
ところで今回の2頭の恐竜、種類から見てカミナリ竜(ちょっと古いかな)に近く、初代のピー助(首長竜のフタバスズキリュウの子供)とは別に物語になるのは当然として、物語の後半で恐竜たちの勇壮な行進を共にする様を一緒にするのかも楽しみな場面でもあるけれど。
ともかくも一抹の不安はこの際置いて、来年の春はドラえもん50周年ということで大いに盛り上げていきましょうか。

| | コメント (0)

女心としずかの空:番外編 ドラえもんの恋心(後編)

先の記事にてドラえもんの人付き合いというか猫付き合いは基本友達付き合いから派生してひとまずの恋心にも火がついていろいろ手を尽くそうとしたお話もあった。
そんなドラえもんにも未来の世界にてちゃんとガールフレンドといえる女の子ネコ型ロボットがいたことはご存じの方もおられるだろう。
『ドラえもん大百科(てんとう虫コミックス11巻おまけ)』より、
未来の世界にて創られ、セワシくん家にもらわれてややあった頃、昼寝中にネズミに耳をかじられて失い、その有り様を当時のガールフレンドに笑われたことで失恋と相成った。
といったところだがアニメでは新旧版ともにそれに関しての補完は成されたことは述べておきたいが。
『ドラえもんのガールフレンド(旧旧アニメ版)』
昔のアルバムを見ていたドラえもんは、ガールフレンドのことを知ったのび太くんの勧めで未来の世界にてそのガールフレンドのもとを再び尋ねんとしたところ、その娘は故障していてドラえもんのことはすっかり忘れていたことにがっかりしたドラえもんだったが、彼女が元気を取り戻したことにドラえもんもひとまず安心したのだった。
『ドラえもん誕生(旧アニメ版)』
未来の世界にて造られたドラえもんは、不良品で廃棄寸前となったところを一人の女の子ネコ型ロボットのノラミャーコに助けられ、それ以来二人は仲良くなりお付き合いの日々を送る。
やがてセワシくん家に引き取られ、やがて耳を失ったり身体が青くなったりする事件を経て一度は笑われたノラとも仲直りをしてからセワシくん家の困難の原因たるのび太くんを助けるべく現代へと旅立つのだった。
とまあ、旧アニメ版ではガールフレンドのノラとそれなりうまくいっていると描かれていた。
そして現在の新アニメ版では原作に準拠した形になっていて、こちらは普通の友だちとなっていたが。
といったところで、ドラえもんの恋心を藤子F先生、そして藤子プロやアニメスタッフがそれなりに描いたものでもあるけれど、これらはみな子供心からの恋心でもあるといったところだろうか。

| | コメント (0)

のび太の堕落論:”ダメ”なことは悪いことなのか<本当は怖いドラえもん>

今回の記事について、まず結論から述べるに“ダメ”なままでいるのが悪いので、それなりの努力をしなければいけないということをまずとどめておいて。
あらためてドラえもんの物語を思い起こしてほしいのは、
「未来の世界から来たネコ型ロボットのドラえもんが、何をやらせてもダメな子であるのび太くんを助けるためにやってきて、いろいろな“すこしふしぎ”な活躍を繰り広げる」
というものである。
さてどうしてのび太くんをいわゆる“ダメな子”に設定したのか。それは藤子F先生が子供の頃は“ダメな子”であり、成長しても漫画を描くことしか能がないと自分でも認めていることでもある。しかしそんなダメな要素は何ものび太くんだけの問題ではない。
まず『オバケのQ太郎』のオバQは“ダメ”なオバケで何か活躍しようとするもいつも失敗やズッコケを起こしてしまい、『パーマン』ではひとまず正義のスーパーヒーローであるパーマン1号のミツオも一応の活躍はみせるがどことなく抜けている、すなわち“ダメ”なところが見え隠れしている。それは上司のバードマンも同様だろう。一応ヒーローの責任感はあるがやはりミツオとおんなじともいえる。
『21エモン』の主人公エモンの父が経営するホテル“つづれ屋”も時代に取り残されたいわば“ダメ”なホテルと呼ばれている。
果ては『エスパー魔美』主人公のマミもどちらかといえば“ダメ”の要素がある、まあ現代で言えば“ドジっ娘”と呼ばれても差し支えはないのだが。
そして我らがドラえもん、彼自身もダメロボットとして生を受け、様々な災難を経てから家の貧乏の原因たるのび太くんを助けるためにやってきたのだ。
 
それらの“ダメ”について挙げ続けた背景について、いわゆる高度成長期の昭和30年代を経て安定期ともいえる昭和40年代。何かとがんばりすぎていた日本において、そんなにがんばらなくても、言ってしまえばあまり能力が高くない、いわゆる“ダメ”な人間でもそれなりに生きていけることを描きたかった、それゆえに彼らを活躍させるお話を描き続けたのだ。そう、その当時は。
そもそも藤子F先生が生まれたのは昭和10年代、戦中戦後の少年期を過ごし、いわゆる高度経済成長期の青年期を経て漫画家として脂がのり切ったころに我らがドラえもんの連載を開始した。
そのドラえもんにおいて数多くのすこしふしぎなお話でユメを描き、多くの子供たちにユメを与え続け、楽しませ続けたことはくり返しながらも周知のことだけれど。
 
ともかくもいろいろな活躍でのび太くんの人生にも少しばかりいい方向にも向いてきた。そこからある意味おかしな方向に向かってきたのだ。
連載の中後期あたりからのび太くんが何やらの問題に巻き込まれドラえもんに助けを求めてひとまず問題を解決するも、そこからの悪ノリでかえってひどい目にあうといったパターンにはまってしまう。そして時には問題を解決しようとしてかえって悪いことと見なされてみんなからこらしめられる。たしかにこういったパターンはオバQやパーマンなどにはなかったシチュエーションだったろう。
加えて元“ダメロボット”のドラえもんも、のび太くんの“ダメ”を挙げていろいろとお説教したりして厳しい態度を取るくだりもある。そんなドラえもんだって自らのダメを克服したかどうかはさておき、やはり棚に上げてのび太くんのみに責任を押し付けているかなと勘ぐったりもするけれど。それについては『ションボリ ドラえもん』の巻にて「ドラえもんもダメなりにのび太くんの面倒を見ているんだ」といったくだりで説明は果たしていると言えるのだが。
それを踏まえてなぜそのようなお話を描こうとしたのか。やはり作者の藤子F先生もあまりよく考えていないきらいがあったかもしれない。言い換えれば純粋にマンガに取り組んで、言ってしまえばオバQのようにズッコケ話でまとめれば面白いかと思って、かつ小学館の小学1年生から6年生のいわゆる学習雑誌にて連載された手前、子供たちのためになるお話も描いてみようといったお節介の虫も騒いだこともあるだろう。
こうしてある意味惰性で描き続けているうちに知らずのうちにのび太くんのダメをこき下ろしたりもしたりと、ついには取り返しがつかない事態にまで陥った感もあった。
つまりは最初の理念も後半の事情を踏まえてちょっと忘れちゃったかもしれないけれど、それでも分かってくれている当時の読者たちもやはり見捨てられなかったゆえに、ひとまずは支持されたこともあるだろう。

| | コメント (0)

ドラえもんのゆかいな仲間たち:チンプイ<本当は怖いドラえもん>

さて今回、ドラえもんの関連作品として、いわゆるドラえもん以外で最後の藤子F先生の作品ともいえる『チンプイ』について語ることにします。
そもそもチンプイといえばかつての藤子不二雄作品を雑誌感覚でお送りした“藤子不二雄ランド”から連載されたオリジナルとして掲載された作品である。
ある日ごく普通の女の子春日エリのもとにマール星の王子様の花嫁候補として選ばれ、その教育係として小動物型の宇宙人ワンダユウとチンプイが派遣され、その中のチンプイと一応の友達付き合いながらもいろいろすこしふしぎな騒動に巻き込まれながらの活躍を繰り広げていく。
次にキャラクター像について、主人公のエリちゃんはどこかしずかちゃんのポジションであると同じく、言ってしまえばエスパー魔美の小学生版ともいえる。続いて内木くんがどこかのび太くんのポジションでもあるがどこかしら出木杉くんのイメージもないでもない。見ようによれば彼も高畑くんの小学生版ともいえるだろう。
そしてジャイアンとスネ夫のポジションのキャラクターもあり時折内木くんはともかくエリちゃんも困らせたり、他にもスネ夫のオマージュでもあるスネ美なるキャラもエリちゃんにいろいろ突っかかりったりといろいろ話を引っ掻き回してくる。それをチンプイがそれらに対処するため力を貸すというパターンになっている。
そのチンプイたちが使う力、科法という科学と魔法を併せたような、いわゆるこれもすこしふしぎな力でエリちゃんを助けていくといったシチュエーションでもある。
あと各キャラクターのご先祖様のついても史実はともかく歴史のロマンを一応醸し出してもくれるだろうか。中でも大長編ドラえもんにも関連してきたのはやはり驚きだった。
あと隠れたシチュエーションとしてはエリちゃんの恋心も忘てはいけないだろう。前々からのボーイフレンドたる内木くんと彼女を選んだ殿下との板挟み、とはいっても仲間うちのトラブルと宇宙人がらみのそれとがもっぱらで、その恋模様は二の次になったきらいさえある。その殿下についてもその実体はある事情から姿を現さず。それがひとまずの神秘性を秘めていると言いたいが、はじめのうちF先生ももったいぶった方が面白いと思いつつ、そのうちに描き続けられなくなりついには諸事情から連載休止という形で幕を閉じてしまった。でもこういうのはラブコメ漫画の視点から見ても一つの正しい形ともいえるかもしれない。
そんなある意味中途半端で終わったチンプイだが、もしかしたら藤子プロをはじめ有志の方々が新作を出してくれるかもしれないので、そこでのエリちゃんとチンプイの少しふしぎなドタバタなラブコメを交えた大活躍を期待しようではあるまいか。

| | コメント (0)

女心としずかの空:番外編 ドラえもんの恋心<本当は怖いドラえもん>

未来の世界からやってきたネコ型ロボットのドラえもん。その生活は普通の人間とはさほど変わりはなく、時折のび太くんの世話を焼きながら近所のネコたちとも話し相手にもなっている。
そんなドラえもんもいわゆる恋愛ざたを描いたお話も一応にあるけれど。
『すてきなミイちゃん』
ある日可愛い仔猫に一目惚れのドラえもん、それはネコのオモチャだったがなんとかお付き合いしようと自律のために改造するも、なんとその子はオスだったそうな。
『恋するドラえもん』
ある日遠くの窓から目に写ったペルシャの娘にドラえもんが一目惚れをした。のび太くんの力添えもありその娘といい雰囲気になっていたが、実はその娘、近所のノラの子も好きになっていたのだ。当然ドラえもんも反発するのだが、娘の方は2匹の仲をドラえもんが何とかしてくれると頼るので、ドラえもんも自分の恋心を忍びつつ、2匹のしあわせのため力を尽くすのだった。
そんなこんなでドラえもんの恋心も結局は実らないお話が専らだけれど。『好きでたまらニャイ』のお話では、好きなネコの娘を好きになったが、自分の姿のかっこ悪さに思い悩んでいた。それをのび太くんが何とか励ましてその娘と仲良くなれたそうな。といった具合で、それなり近所のネコたちには好かれているから本人はひとまず満足しているだろうけれど。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧