ジャンプ

今週の神様21年度42号:割り切ったものの勝ちの巻

さて今回はまずワンピがお休みということで、
 
<WITCH WATCH>
新たに仲間になるケイゴだが、三日月だけではなくクロワッサンなどの三角形にも変身することが判明した。まあそれでも扱いは慣れているきらいがあるが。
  
<あやかしトライアングル>
まさに体を張った祭里の呼び掛けで、鈴の心、そしてメイの心はオモカゲを追い払った。しかしオモカゲそのものは逃がしたのでまだ予断は許さないのだが。
 
<高校生家族>
父のひたむきさに不良学生の渋谷君も立ち直るきっかけができた。やはり真面目に生活したものの勝ちということかな。
 
といったところでまた次々週の月曜日まで。

| | | コメント (0)

今週の神様21年度41号:抑圧と抗う者の巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
幼き頃より自分の息子として支配と抑圧を繰り返した父カイドウに抗い続けたヤマトのもと、まだまだ頼りないモモの助を引き連れてついにルフィが復活した。はたいてこれがどう転ぶのかが再来週の課題として。
 
<WITCH WATCH>
かくして過去の自身のしがらみに縛り続けられた哀れな付与の魔女は滅び去り、操られたケイゴもまたニコたちと程なく和解しここに新たな仲間ができたが、魔女を操り始末した黒幕の動向もまた次回の課題といったところか。
 
<あやかしトライアングル>
オモカゲと纏との激闘の中、母に叱咤された祭里、閉ざされた鈴の心を解き放つために、いかに己の身と心を投げ出さんとするのかが来週の課題というのか。
 
<高校生家族>
まさかの家族の誕生日ラッシュ。しかしここまで来ればサプライズも何もないものだとは思うけれど。
 
といったところでまた来週。

| | | コメント (0)

今週の神様21年度40号:見えない晩夏の巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
カイドウとヤマト、親娘骨肉の争いが続く中、幼い頃より虐げられた中、己の身を案じていろいろ手を回してくれた名も知れぬ侍たちの想いに今こそ応えんとする。しかしそれでもカイドウは強大すぎるのだが。
 
<食戟のサンジ>
今語られるサンジの受難にして修行の日日、彼も彼なりに今の力、そしてバイタルレシピの奥義を得るべく、逃げて逃げて逃げ続け、ついに新たなる力を得るのだったか。
 
<WITCH WATCH>
ケイゴと敬語とモイの激闘も未だ続く。こと格闘術に関して敵が一枚上手、しかし拳の読み合いの末についにはモイがケイゴを敬語を仕留めたか。
 
<あやかしトライアングル>
すずに憑りつかれたオモカゲにまるで動きを読まれて大苦戦。そのうちオモカゲの中のメイの記憶も暴走し絶体絶命、母も加勢に来たけどこれもらちが合わなさそうだからもうどうしたらいいものやら。
  
<高校生家族>
今回お母さんが野球部のマネージャーに挑戦。みんなのお母さん役だったらこれ以上の適任はないけれど。やはり光太郎にとっては面白くなかったか。
 
というわけでまた来週。

| | | コメント (0)

今週の神様21年度39号:激闘は情熱アツくの巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
大看板二人に立ち向かうゾロとサンジ、スーロンと化し宿敵に立ち向かうイヌアラシとネコマムシ、ことにソロはいにしえの剣士リョーマの面影と瓜二つと人はいうが。そして巨大な龍とかしたモモの助とともに、ルフィも再び戦場に戻らんとするが。
あと『ビビの冒険』のリメイクが語られたが、彼女もいずれルフィたちと再会できる日が来るだろうか。
 
<WITCH WATCH>
つかまえた魔女の(いちおう)壮絶なる過去、一方モイも拳と拳での語り合いが激しさを増していったか。
 
<あやかしトライアングル>
加勢したのは何とよみがえった日喰だったか。そしてオモカゲの狙いはすず。祭里の救援もむなしく取りつかれてしまったか。
 
<高校生家族>
なにか部活を始めようとする春香だが、お子様ゆえなかなか入れない。そこで将棋部に目をつけ、はじめ乗り気でなかったが、徐々にはまってついには周りも巻き込んじゃったか。
 
といったところで今週はここまでで。

| | | コメント (0)

今週の神様21年度38号:困った時に助けるものの巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
サムライたちの激闘に合わせ、ホーキンズに手こずるキッドとキラー。そしてカイドウ軍の強敵に残るはキングとクイーン、そんな折ゾロが復活し、サンジとともに立ち向かうのだが。
 
<WITCH WATCH>
暴徒の大軍をかいくぐり、核心を見つけ出しすもあっさり倒した、はたしてその結末やいかに。
 
<あやかしトライアングル>
あられもなきすずの姿で祭里に迫るオモカゲをひとまず二ノ曲が救い出すが、もう一人の人物が助太刀をする。それは何をものがたるのか。
 
<高校生家族>
保険の男女の性についての授業は思春期の若人には少しハードルが高いものだったな、それは光太郎と学級長も例外ではなかったか。
 
といったところでまた来週。

| | | コメント (0)

今週の神様21年度36・37号:華麗なる熱き夏の巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
ロビンの奥義炸裂といきたいが、対するマリアも飛び六砲の一人。そう易々とはかかれない。しかし今までの経験から積み重ねた修行の成果で、傷つきながらもそのうっぷんも込めてついにはマリアを討ち負かすか。そしてルフィ、モモの助もまた再び戦いの場に乗り出さんとするのだが。
 
<WITCH WATCH>
魔女との決戦に臨むモイたち。しかし魔女の罠と狼男と化したケイゴとの対戦にモイもついに本気を出すのか。
 
<あやかしトライアングル>
泉での水浴びの少女、それは命依の姿をした妖であった。過去の因縁も含めて祭里はどう立ち向かうのか。
  
<高校生家族>
一足早く二学期に臨む家谷家に、今度は祖父までもやってきた。年甲斐もなくハッスルしたが体がもたなかったか。
 
といったところでまた盆明けにて。

| | | コメント (0)

今週の神様21年度35号:ハプニングとまとまりとの巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
ロビンとブラックマリアとの決戦は、幻影と妖怪変化、そしてロビンの心の隙をつく攻撃で攻めるも、ブルックの援護に加え、ロビンの強き意志で反撃に転ずる。一方でカイドウとヤマトの骨肉の争い、そして復活したルフィもまた戦場に復帰せんとするのだが。
 
<WITCH WATCH>
再起をかけたケイゴの助けを借り、敵の手がかりを探らんとするニコたちだが、一方でねむも敵の動向を探らんとするも、決起の報せを知りつつ敵に捕らわれるか。
 
<あやかしトライアングル>
一応女同士の一夜のひと時、いつも通りのいい雰囲気で過ごし、明けて弥生も弥生なりに納得してくれたからひとまず良しとするか。
 
<高校生家族>
家族そろって、友だち同士での夏祭り、かえって迷子になっちゃうもここは父の機転でひとまずまとまったか。しかしいろんな意味で現実でもまとまって欲しいな。
 
といったところで今週はここまで。

| | | コメント (0)

マンガレビュー:3年奇面組・ハイスクール奇面組

さてみなさん、今回のホームページ更新は、マンガレビューとして3年奇面組・ハイスクール奇面組のレビューをお送りいたします。
80年代ジャンプ全盛の一翼を担う名作として、後続作品の、特に学園ものにも大いなる影響を与えたことでも勇名をはせていて、編者としてもひとまずの紹介を目指したいものですが。
さしあたりはそんなところで、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>マンガ・ノベルズ
となっております。

| | | コメント (0)

今週の神様21年度33・34号:待ち望んだ人たちの巻21

さて今週のジャンプレビューは、まず久しぶりの<こち亀>から、
行方が分からなくなった日暮巡査をめぐって、タイムマシンで大迷走。まあ東京の時代の移り変わりが見られただけでもよかったか。
 
<ONE PIECE>
ルフィやゾロたちが再起にかかり、ヤマトがカイドウと骨肉の争いを繰り広げている中、飛び六砲ササキの執念の攻勢をなんとかフランキーが凌いでくれて討ち果たしたか。
 
続いて<食戟のサンジ>
アラバスタでのサンジの大活躍、対するビビもそうそう露骨にならずにそれなりセクシーに受け止めてくれたか。
 
<WITCH WATCH>
カンシを倒した男もまた魔女の手先だった。徐々に浸食する魔女の魔の手から守るべくモイもまた動き出すが。
 
<あやかしトライアングル>
何とか助けた弥生にひとまず秘密を明かして後、今の状況に戸惑う祭里に迫るすず。それにやきもきする周りの人たちをも巻き込みながらも。
 
<高校生家族>
唐突に訪れた猫との別れ。傷心のゴメスもなんとか立ち直っていくのだが。
 
といったところで早々の夏休みとともにまた再来週に。

| | | コメント (0)

今週の神様21年度32号:晴れたる日に晴れないものたちの巻

さて今週のジャンプレビューは、まずワンピがお休みとして、他作品のレビューをば、
 
<WITCH WATCH>
不良どもの気か否暗躍の影にはかの黒井魔女の影が、それがニコたちのもとを徐々に浸食していくというのだが。
 
<あやかしトライアングル>
己の楽しみを生き様とするくびり鬼を、祭里たちがまさに体を張ってなんとか払ったのはいいが、その活躍を被害者にして本来部外者でもある弥生に知られてしまった。その秘密をはたして祭里たちはどうするのか。
 
<高校生家族>
今時のオンラインゲームに戸惑うも、使い慣れたキーボードで難なくこなせた父。これも昔取った杵柄といったところか。
 
といったところで、来週はあの作品が帰ってくるぞ。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧