ジャンプ

今週の神様24年度32号:真夏の前のショートリリースの巻

さて今週のジャンプレビュー、今週はワンピとウィッチウォッチがお休みで、

<あかね噺>
ひとまずまいけるの真打と成り、喜びに沸く志ぐま一門、しかし阿良川の闇はいまだ広がっているのだが。

<願いのアストロ>
無法なる敵を退け、少女の願いをかなえたヒバルたち。しかし本当の敵の侵攻はこれからが本番でもあるが。

といったところでまた来週。

| | | コメント (0)

今週の神様24年度31号:支えるものあらばの巻

さて今週のジャンプレビューは、

<ONE PIECE>
ニカの姿に覚醒したボニー、ルフィの機転に戸惑いつつもまずマーズ聖を退け、続く脱出行の混乱を切り抜けんとさらなる激闘を繰り広げる、そんな中先に沈められた鉄巨人が再び目覚めるのだが。

<あかね噺>
噺のあとで師匠たちの審判が下る。肝心の一生は未だ足りずと下すも、他の三人、ことに全生の心が動かされ、認めざるを得なくなった。ここにまいけるの真打昇進が成ったのだ。

<願いのアストロ>
少女の幸せを奪う刺客に対するは、その凶刃をも退ける実力のトラゾウだ、はたしてうまく立ち回れるか。

<WITCH WATCH>
今回はケイゴの断捨離の巻だが、いくらか大雑把な彼、だがツッコんで、もとい支える友達がいるから多少はマイペースに行けるかもしれない。

そして<ルリドラゴン>
着々と進行していく中、一人では手間取るがやはり仲間の力を得てこなしていく。こうして信頼と友情も育んでいくのか。

といったところでまた(再)来週。

| | | コメント (0)

今週の神様24年度30号:飛び出した人たちの巻

さて今週のジャンプレビューは、

<ONE PIECE>
鉄巨人を海に沈めるも、大半の告白にて一味ともども抹殺せんとする五老星、一方海軍を退け脱出を試みんとするルフィたち、そしてボニー、そのボニーもルフィの激励もありなんと彼女自身もニカの姿になったか。

<あかね噺>
過去の想いを断ち切るため、そして本来の己の芸に全てをかけた噺、やがては冷ややかな観客、そして最大の壁たる全生までも動かして〆ることとなったのだが。

<願いのアストロ>
復興にいそしむヒバルのもと、次なる敵の存在を知らされるというのだが、彼の目的が他の力を狩るというのだが。

<WITCH WATCH>
モイたちをベッタン人形にしてのひと騒動、友だちもなんやかんやでニコを敬うこととなったか。

といったところでまた来週。

| | | コメント (0)

今週の神様24年度29号:伝えたいものの巻

さて今週のジャンプレビューは、

<ONE PIECE>
激闘続くエッグヘッドと騒然となり続ける世界中。脱出を進める一味には海軍が全力を注ぎ、当の五老星はメッセージの大本の鉄巨人を撃破。肝心の”D”の名を継ぐものについては告げられずじまいだった。これは今後の課題というべきか。

<あかね噺>
まいけるの人情噺、そもそもが兄弟子の志ん太の芸風を受け継いだものであった。かつての己を押し殺しつつただ己の芸を確立したまいけるだが。

<願いのアストロ>
お化け屋敷を取り仕切ったのは単なるチンピラだった。種が明かせれば機転を利かせてひとまず撃破、こうして事件は無事解決と相成ったか。

<WITCH WATCH>
変人揃いの生徒会にまた新たな人材が。先生も基本変人だったがこれも後に役に立つのか。

そして今週最終回の<ディアアネモネ>
義生と再会した鉢植、襲い掛かる怪異をアネモネと一緒に撃破し、アネモネもひとまずは鉢植たちを認め、ここに新たなる一歩を仲間たちと一緒に歩み出す。
この作品も独自のタッチと世界観が味を見せたが、その後のストーリーがどこかつかみどころがなかったのでここが話が乗れなかった要因だろうか。

といったところでまた来週。

| | | コメント (0)

今週の神様24年度28号:人生は二転三転の巻

さて今週のジャンプレビューは、

<あかね噺>
ようやく噺の本筋に差し掛かるまいける。今までの仕草は本来の彼を押し殺したものであり、その本領を、多くの人、そしてあかねも目の当たりにするのだが。

<願いのアストロ>
続いて挑むは怪異つづく怪しげな洋館。そこの怪異にとらわれるも謎の少女が助太刀に、はたしてどうなることやら。

<WITCH WATCH>
新学期に臨むニコ、そしてモイたちも、クラスを受け持つのは何やら訳ありの先生。しかも昔モイの父たち、そして黒魔女たちとも因縁がありというからこれもどうなるか。

<ディアアネモネ>
カメレオンに変異した埜色も反撃に転じ、ひとまずウサギを撃破するもそこからかつての友の姿が。はたして彼は敵か味方か。

といったところでまた来週。

| | | コメント (0)

今週の神様24年度27号:吹っ切って勝てればいいがの巻

さて今週のジャンプレビューは、

<ONE PIECE>
淡々と継げられるベガパンクのメッセージ。それに対する攻防も続く中、世界そのものの存亡にかの海賊王も関わるとも告げる。しかしそれからのことはルフィたち若いものの役目と酒に溺れつつもレイリーは返すのだが。あとヨークによってメッセージの大本がかの鉄巨人のもとにあると知らされるのだが。

<あかね噺>
淡々と進められるまいけるの噺。しかし全生ら審査の者をはじめ会場そのものが冷めた反応で、このままジリ貧となっていく、にみえたがここからが正念場にかかるというのか。

<願いのアストロ>
全てを吹っ切れさせてから去り行くコウを見送りつつ、新たにクランを仲間に入れ、ヒバルも街を収めるため新たなる戦いに赴くのだが。

<WITCH WATCH>
ニコのために新しい服等を作ろうとするモイだったが、あまりにも完璧を目指そうとしてかえって行き詰っちゃったか。

<ディアアネモネ>
ひとまず力を合わせて怪異と対する鉢植とアネモネ。一方の埜色も襲われつつも異形の変異し反撃を開始するのはいいけれど。

といったところでまた来週。

| | | コメント (0)

今週の神様24年度26号:歩み寄ればなんとかなるかの巻

さて今週のジャンプレビューは、

<ONE PIECE>
今の島々はかつて存在した大陸群の欠片だと、ベガパンクの告白は続く。その攻防が物語るようにか、かつての巨大な戦いもまだ終わってはいないという。今の大海賊時代も些細なことというかのごとくに。

<あかね噺>
昇進試験のまいける、噺を軽めに流すも会場の雰囲気は重い。かつての全生が味わった屈辱と同じがごとくにまいけるにも同じ苦しみを味あわせんとする思惑とともに、まいけるも陥ることを望んでいる。しかしマイケルもここで終わるわけにはいかないか。

<願いのアストロ>
なおも抗い続けるコウと拳で呼び掛けるヒバル、しかし決め手になったのはコウのために己を殺し続けるもコウのために心を開き手を出したクランだった。こうしてコウとクランもヒバルの軍門に下ったか。

<WITCH WATCH>
竜の子バンも配信にチャレンジ、しかしそれが利益に関わるとヘンな雰囲気になるのは無理からぬことというのか。

<ディアアネモネ>
ウサギの館の奥底に巣食うウサギの怪異、それを操っている奴もいるというのか。

そして<ルリドラゴン>
歩み寄って一緒に食事に誘うルリ。そこで人との付き合いを避けたことを知り、歩み寄ってやっと心を開いていくか。

といったところで、今週はここまでで。

 

| | | コメント (0)

今週の神様24年度25号:ボディラインの攻防の巻

さて今週のジャンプレビュー、ワンピが一回休みで各作品やいかに。

<あかね噺>
ついに開かれた真打昇進試験。裁定するのはいずれも高い壁、中でも難敵たる全生は執拗に揺さぶるも、今のまいけるは今更物おじせずに彼自身の試練にして晴れ舞台に臨むのだが。

<願いのアストロ>
力を弄ぶコウ、それは守るがゆえに命を落としたボタンのようにならじとの思いが故だった、その想いで歪んだコウに、ヒバルが思いを込めた拳で叩き伏せるのだった。

<WITCH WATCH>
卒業の当時に臨んで結局暴走しちゃったが、最後しめたからまあいいか。

<ディアアネモネ>
訪れたのはウサギの楽園。それが友の力添えによるものだというのが、ウサギさんの案内の先に彼がいるというのか。

といったところでまた来週。ワンピとともにあの作品も述べられるか。

| | | コメント (0)

今週の神様24年度24号:立ちはだかるものと乗り越えるべきものの巻

さて今週、GW明けのジャンプレビューは、

<ONE PIECE>
ベガパンクの告白に騒然とする世界。海軍と五老星の猛攻を耐えつつ退路を確保せんとする一味。そしてルフィ、それに連ならんとするニカ、そしてジョイボーイ。彼こそがあの失われた歴史における原初の海賊というのだが。

<あかね噺>
今まで浮いた存在だったまいける。落語の世界でようやく自分の場所を得た彼がついに真打へ挑まんとするが、それを裁定するものは一生はともかく曲者の全生も文字通り立ちはだかってくるのだが。

<願いのアストロ>
続いて街のクラブを取り仕切るクランを訪れたヒバル。そこにもう一人の兄弟のコウも襲来する。彼もまた力に囚われ、対峙することになるのだが。

<WITCH WATCH>
子供番組の裏側を垣間見てしまったニコたち。なんとかしようと思いきやただ見守るだけのモイ。でもなんとかまとまったかもしれないか。

<ディアアネモネ>
自身に自信が持てない海月に鉢植が己のできることを通じて諭しつつ、この広大な島の探索を続け、ようやくその一区切りをつけんとするのだが。

といったところで、また来週まで。

| | | コメント (0)

今週の神様24年度22・23号:欠けたものと失ったものの巻

さて今週のジャンプレビューは、

<ONE PIECE>
徐々に公開されるベガパンクとともに明かされた彼の頭脳、これこそ本当の本体と勘繰るマーズ聖だが、同じく徐々に追い詰められるルフィたち。しかしついに世界の秘密の一端が明かされるというのだが。

<あかね噺>
一生の件以来真打の昇進がなかなか出なかった阿良川一門、そんな中まいけるがそれに挑戦するのだ。彼自身のこれまでの芸の大成をもかけ、はたしてその帰結やいかに。

<願いのアストロ>
兄弟間の争いに非情の手段で断然とするテラスに、ヒバルはあくまでスデゴロでケリをつけんと拳で分からせんとするが。これも果たしてうまくいくのか。

<WITCH WATCH>
ニコの魔法により突然失った心、それぞれの心を失うも、あえて言うなれば「そんなもんじゃない」といったところか。

<ディアアネモネ>
徐々に仲間を集めんとする鉢植たち。海中にも自分に自信が持てない一人の少女、電気クラゲの適合者だというが。

そして<ルリドラゴン(ジャンププラス)>
実行委員に選ばれたルリだが、もう一人の選ばれたのがなかなかの曲者でルリも付き合いづらい人柄と見たが。

といったところで、次回はGW明けから。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧