ジャンプ

小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その33)

最終回:光に帰す
光と闇、希望と恐怖、そして愛と憎しみが交錯する戦いはいつ果てるともなく続いていた。
汲めども尽きぬ闇の侵攻も押されては返し押しては返されの攻防を繰り返していた。
だが闇の侵攻も続けど星矢たちも諦めない。ほかの戦士たちも着実に敵を倒し続けるうち、星矢たちと通じていた。そして、
「・・・ヤ、星矢よ・・・・・」
星矢「・・・これは、童虎師匠」
童虎のコスモが星矢に語り掛ける。その声はセーラームーンにも伝わっていた。
童虎「星矢よ、それにセーラームーンだったな、お前たち二人に我らのコスモを送ろう」
ムーン「えっ、でもそれじゃあそちらの方は・・・・・」
童虎「心配には及ばぬお嬢さん。我らも闘ううちに自らのコスモも高まっているのだ。その上で一旦コスモも伝われば、お前さんたちに戦いで高まった我らのコスモもまた通じそれが我らの、そしてお前さんの力ともなるのだ」
紫龍「星矢、俺たちも師には及ばないがお前の力になれる。だから最期まで闘い抜いてくれ」
マーズ「セーラームーン、私たちも通じてるわよ、その力無駄にしたら承知しないんだから」
カノン「そうだ星矢、お前のコスモは先の闘いはともかく、今までの戦いよりもはるかに高まっている。お前たちが闘い続ける限り俺たちのコスモも無駄ではないはずだ」
ラダマンティス「いずれ再びお前と闘おう。ただし憎しみでなく真に戦士としての力を図るためにな。それまでは死ぬなよ」
ウラヌス「ここまで聖闘士のみんなががんばっているんだ、ボクらも全力のさらに上を目指して戦い抜くんだ」
サターン「そして私たちが目指す希望、この宇宙に再び響かせるために」
「・・・みんな・・・・・」
星矢もセーラームーンも、皆の力とコスモ、そして心に感じ入りながらも、戦いの果てに自らのコスモを最大限までに高めることができた。
そして星矢の手には一丁の弓矢が握られていた。
ムーン「星矢さん、この弓は・・・・・」
星矢「ああ、この弓は、サジタリウスの弓とは違う、俺自身の、ペガサスの弓だ」
そこに星矢の脳裏にアイオロスの声が響く。
アイオロス「星矢よ、これこそがペガサスの、お前自身の弓だ。今までは俺のサジタリウスが力を貸したが、お前のコスモが極限にまで高まり、ペガサスの神聖衣とともにこの弓を生み出されたのだ。さあ、この弓をもって、光を射ち闇を祓うのだ」
星矢「これこそが俺の、ペガサスの弓なら、この弓に俺の全てのコスモを込めて、この暗黒に光を差し込むんだ」
ナイア「なるほど、闇の中の一筋の光で制しようとするのか。でも相手は宇宙の闇そのもの、そこに光を指して何になるのかい」
再びナイアの指示で闇の戦士たちが一斉に襲い掛かる。
ムーン「今再び思い出した。光は命そのもの、その命を限りなく引き出せれば、宇宙を光に満ち溢れることができる」
セーラームーンの手には銀水晶が付いたロットが握られ、その姿も月の女神セレニティの姿に変わる。
同じくマーキュリーたちのセーラー戦士たちもそれぞれエターナルフォームへと変貌し、タキシード仮面もまた地球の守護神エンデミオンへと姿を変える。
エンデミオン「聖闘士たち、そして多くの戦士たちよ、この星の全ての命、勇気と希望を込めて闇の恐怖を討ち祓うのだ」
マーズ「私たちの力がみんなの力に繋げれば」
マーキュリー「皆さんから見ればたかだか祈りと思うけれども、その力が注がれれば」
ジュピター「私たちも守っていける。これもまたあなたたちの戦いに役に立てれば」
ヴィーナス「そして中枢で戦っているセーラームーン、そして星矢さんに伝われば」
ウラヌス「いずれは勝利につながる。そうだ、今一度ボクらの心を一つにするんだ」
童虎「我らだけでない、地上の全ての人の祈りを送ろう」
こうして皆の心が一つになり、星矢の矢に込められる。そして渾身の力を込め弓の弦を引く。
星矢「この俺の弓矢を、すべての人たちの勇気と希望を込め、今、本当の闇に放とう」
ついに矢は放たれ、すべての闇の中心にいるべきナイアめがけて飛んでいく。しかしナイアは避けるどころかそれを待ち受けるかの如く矢を受ける。
矢を受けたナイアその表情にはかすかな笑みをも浮かべていた。一方各地で対峙していた闇の戦士もことごとく闇の塊となり大地に飲み込まれるように消えていく。そしてナイアの肉体は受けた矢傷から闇がわき出し、いつしかこの場を、やがてはルルイエ全体を侵食していく。
ムーン「星矢さん、これは」
星矢「ああ、ナイアが言っていた闇とはこういうことだったんだ。確かに宇宙、永遠の闇のただなかに俺たちはいる。いや、闇の中に宇宙は生まれ、光とともに命もまた生まれた。今一度その闇に光を放てれば、闇もまた制せられるはずだ」
ムーン「でもその前に沙織さんを助け出さなきゃ」
そこにアテナの、沙織の声が響く。
沙織「そうですセーラームーン、その闇のただなかに私はいます。星矢、今こそこのペガサスの矢を私のもとに放ち、闇を制するのです」
つまりはアテナの真後ろに彼女は抑えている闇の根幹が存在するのだ。たしかに矢を放てば闇は抑えられる。しかしアテナをも射抜くやもしれない。
しかし星矢は迷いなく弓を引き、ペガサスの矢を放つ。はたしてやは沙織の脇を素通り、闇の根幹のど真ん中を貫く。
闇は光に飲み込まれ、ルルイエごと光にかき消されるのだった。
沙織「星矢、セーラームーン、そして数多の戦士たち、あなた方のおかげで闇は制せられ、この地上に再び光がよみがえり、もとの命溢れる世界に戻りました。しかし光あるところ闇もまたあります。私たちはその闇を抑え、光とともに命を守らなければなりません。そして人々が勇気と希望を失わない限り、光と命が失われることもないのです。私たちはそれを信じて、これからも戦い抜いていきましょう」
光の中漂う星矢とセーラームーン、そして数多の戦士たちをアテナが引き寄せる。その向かう先には地球、そこには大地の女神デメテルが待ち受けていた。
デメテル「見事です、アテナの聖闘士、セーラー戦士たち、そして数多の皆々方。アテナの言う通り、これからも冥きものたちはこの地上を狙っていくことでしょう。それは次なる戦いの幕開けでもあります。ですが今はひと時の休息に身を委ねましょう。そして、ありがとう、アテナ、いえ沙織・・・・・」
こうしてデメテルに導かれるかの如く、アテナたちは地上へと還っていくのだった。
 
そして季節は春。郊外の桜並木、何事もなかったの如く人々は花見に興じていた。そしてうさぎも亜美やレイたちとともに桜の散策に興じていた。
うさぎ「あの時からそうたっていないとはいっても、まるで昨日のように思えちゃうな」
亜美「でも、こうして平和が戻って本当によかった」
レイ「いつまた悪い人が現れるかもしれないから、それも供えないとね」
まこと「まあまあレイちゃん、今こうしてみんなで花見にきているんだから」
美奈子「今日は何もかも忘れてパーッといきましょう」
そこに聞き覚えのある声がした。
星矢「おーい、うさぎさんたち、よかったらこっちに来なよ」
桜の台地には星矢と沙織たちが座敷に座していた。
うさぎ「ああ沙織さん、それに星矢さん」
レイ「それじゃ、お言葉に甘えて」
こうしてうさぎたちも星矢たちの座敷に入ることとなった。
沙織「こうして人々が平和な日々を送るのは私たちの働きだというのはもちろんですが、人々の意思も呼び起こされたのもまた大きなことでしょう」
瞬「そうだね、紫龍や氷河、兄さんたちはまた修業に戻って、他の戦士たちも旅に出て人々のために闘っているんだね」
うさぎ「いずれあたしたちもがんばらなきゃいけないのかしら」
沙織「でもその前に、この桜の色と香りに身を委ねましょう。そこから新たなる英気を養うのです」
一同は沙織の言葉に頷き、花見座敷に身を置くのだった。沙織の言葉、戦いの女神アテナの優しいながらも強き意志の言葉に感じ入りながら。
そして遠目の台地の桜を横に、一人の淑女が見守っていく。
デメテル「いずれは新たなる闘いがあなたたちの前に立ちはだかるでしょう。でも今はひと時の休息を。また会いましょう、星矢、沙織、そしてセーラー戦士たち・・・・・」
いつしかデメテルの姿は桜の花霞に消えていく。
こうして一つの戦いは終わった、しかし新たなる闘いはまた遠くない時に訪れるだろう。
 
 
ということで、聖闘士星矢VSセーラームーン・クトゥルフ神話編はここに完結と相成りました。少し安直な作りながら何とか形にすることができました。
続いて魔界編をお送りする運びですが、今少しの構想を要するかもしれませんので、これは今少しお待ちください、といったところでご挨拶とさせて頂きます。
それでは永らくのご愛顧、まことにありがとうございます。

| | コメント (0)

今週の神様20年度18号:時は移り、春なお遠しの巻

さて今回はワンピがお休みということで、
 
<鬼滅の刃>
無惨はついに斃れた。しかしその代償はあまりにも大きかった。悲鳴嶼、蜜瑠、伊黒、そして炭治郎もまた力尽きていった。しかし残されたものをはじめとする物語は未だ終わらない、もしも終わらせるとしても、どのような帰結が待っているのか、それを期待すべきかもしれない。
 
<勉強ができない>
理珠との恋愛ゲームは海の家、そして沖合の岩礁でのささやかな遭難にもつれ込むか。はたしてどうなることやら。
 
<幽奈さん>
こちらは朧との恋愛ゲーム。朧なりの業を含めてコガラシに真心を込めてのおもてなし。こうしてまた解きほぐれていくか。
 
といったところでまた来週。

| | コメント (0)

今週の神様20年度17号:いちおう無限の彼方にの巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
迫りくるカイドウの軍勢をまずはいがみ合いながらも船長連合が退け、いくつかの偶然が重なり、そして駆け付けた狂死郎こと傳ジロー一党の参戦でようやく反撃の開始と相成ることとなるのか。
 
<鬼滅の刃>
射しゆく朝日を前に無惨も最期の力を振り絞る。しかし隊の末端に至り追い詰め続け、ついにはその肉体を崩壊せしめる。これで本当に終わるというのか。
 
<勉強ができない>
更衣室での二人きり着替えゲームいろいろと気を配ってもやはりこんがらがっちゃうなあ。
 
<幽奈さん>
敵の触手攻撃になぜか絡まってしまう面々、こういったセクシーなお約束もちょっとは慣れちゃったのかなあ。
 
そしてついに、最終回を迎えたサムライ8、宇宙の真理を会得し無限の力を得た八丸も、アタそしてカーラを制してついには大団円と相成った。結局あまり長続きしなかったといった感もぬぐいがたいけど。
そもそも侍活劇をベースに七人の侍や里見八犬伝を取り入れたスペースオペラを目指したつもりだったけど。やはりどこか飽きられたかなという想いもないこともない。
ともかくも一つの物語もささやかな伝説になったのかもしれない。

| | コメント (0)

今週の神様20年度16号:路の成れ果ての巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
怨念も遺恨も呑み込みつつ月日が流れ今に至って、なんとカン十郎が裏切り者、そして黒炭の一族の一人だという。すべてはオロチの思惑通りだというが、対するルフィたちもひとかどの大海賊。そう易々やられるはずはなかった。そして今一つで反撃の狼煙も上げられるはずだ。
 
<鬼滅の刃>
皆の想いを込めた斬撃で追い詰められた無惨も鬼として、否人としての誇りも尊厳もかなぐり捨て単なる怪物として最後の抵抗を試みる。そして日の光も射し始める時、すべては終わる、はずなのだが。
 
<勉強ができない>
今回から理珠とのもう一つの物語。沙和子、そして幽霊のみさおとの共同生活も結構ドタバタな展開になってしまい、さしもの成幸も振り回されっぱなし。でもこれもいつも通りか。
 
<幽奈さん>
今度は雲雀とセクシーな霊力修行。たしかに徐々にではあるが強くなっていく予感もするけれど。
 
<サムライ8>
ついに不動明王の境地までに至った八丸。角たちを呑み込み、そしてアタをも圧倒する。はたしてその域付く先やいかにというべきか。
 
ひとまず今週はこんなところで。

| | コメント (0)

今週の神様20年度15号:物語はまだまだ終わらせてくれないの巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
思い出ともに墜ち行く九里のおでん城、モモの助と家臣を未来に逃がし白と運命を共にするトキ。そして残されたる者たち。小紫に身をやつした日和はともかく、狂死郎は傳ジローだった。これで先の騒動の顛末も合点がいったが。
 
<鬼滅の刃>
追い詰められる無惨もむざむざ滅びるわけにいかず反撃に転じる。対して炭治郎たちもさすがに限界に近づいていく。しかしここで屈するわけに、逃がすわけに、そして滅びるわけにはいかない。今まで斃れていったものたちのために、自分たちの本当の望み、大敵の必滅のために。
 
<勉強ができない>
月日が流れ、帰国したうるかと成幸、そして仲間たち。でも二人の恋はまだ途上だったけど、ひとまずは大丈夫。と言っておいて次回からは外伝に移るのか。
 
<幽奈さん>
夢の中、プールでのデートに興ずる狭霧、ここでのコガラシを落とし、目的の一つを果たしたか。
 
<サムライ8>
侍に転清を果たしたかつての友七志。八丸を救うべく彼のもとに駆け付けるが、八丸は自らの意思でその身を解いてしまう。これも不動明王の意思だというのだが。
 
といったところでまた来週。

| | コメント (0)

小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その32)

第23話:恐怖と勇気
星矢とセーラームーンたちの前に現れたクトゥルフの神々の元締め、ナイアルラトホテップ。それと時を同じくして星矢たちの前に駆け付けんとした紫龍たちの前に、現れた陰から、なんと今まで倒した者たちの姿に実体化したではないか。
紫龍「どういうことだ、これは」
童虎「うむ、おそらくナイアルラトホテップの神性によって甦った、ということか」
ナイア「・・・僕はただ、力添えをしたまでだよ。生きるか死ぬかは僕らにとっては些細な問題に過ぎない。ようは存在するかしないか、僕が彼らのイメージに働きかければ、彼らもまた姿を現す」
氷河「要は奴がいる限り、今まで倒した奴らも何度でも甦ってくるということだな」
マーズ「あくまで私たちを足止めしようということね」
ムウ「しかしそれだけではない、おそらくは星矢たちの前にも」
ムウの言葉通りに、星矢たちの前にも、今まで対した敵が実体化していた」
ムーン「これってどういうこと、まさかマーズや紫龍さんたちと戦ってきた人たちが」
星矢「つまりはアザトースとは違った意味で、奴の混沌が深いといったところか」
ナイア「そうだよ、人が抱く恐怖の中で特に強いのは混沌に対する恐怖。それはある意味死の恐怖を超えるものさ。それでも君たちは立ち向かうだろうけれどね。それもいつまでもつか、楽しみだよ」
沙織「それは、どうですか」
ナイア「・・・・・?」
扉越しの、水晶に封じられた沙織がコスモで語り掛ける。
沙織「いかなる恐怖も、それに立ち向かい打ち勝てる勇気があれば、本当に恐れるものなどないということを」
ナイア「勇気、恐怖に打ち勝つ唯一にして最大の力。だけど僕らの闇は限りない。この広大な宇宙と同じく、否僕らそのものが宇宙そのものだ、その宇宙にあえて立ち向かうのか、面白いな、ならば存分にかかってきたまえ」
ナイアの神性が全開し、さらに多数の敵が実体化する。
童虎「こうなれば我らも全力を尽くさねばならん、今までの戦いを思い起こせれば負けることはないだろう」
「おう!」
「ええ!」
童虎の呼び掛けに応えつつ紫龍たち聖闘士、セーラー戦士たちも今まさに混沌に立ち向かうのだった。
戦いはいつ果てるかもわからない。一方で地上では空を覆う闇が今まさに迫らんとしてたのだ。
とあるビルの屋上、まずハーデス配下のスペクターたちがサープリス装着で迫る闇を見守っていた。
カロン「ううむ、ますます近づいていくぞ。これはさしもの俺たちもたまらんわい」
ゼーロス「ぬう、今しがた俺たちを縛らんとした、ハーデス様の影が取り払われたというのに」
イワン「これからが本当の闇の浸食といったとところか、いずれにしても面倒なことになったな」
フレギアス「こうなればラダマンティス様はともかく、紫龍や星矢たちにかけねばならん。俺たちはただ見守るしかないがな」
「それで、いいのです」
フレギアスたちの前に、一人の女性が現れた。大地の神デメテルであった。思わず彼らも直立のまま礼を施す。
デメテル「あなたたちも、彼ら聖闘士たちとの戦いの中であなたたち自身の道を見極めました。そんなあなたたちの見守りが彼らに届き、彼らの、ひいては世界の力たり得ることでしょう。すでにハーデスは光に帰しオリンポスの神本来の勤めに戻りました。だからあなたたちも、己の心を解き放ち、彼らのコスモに力を与えるのです」
そこにデメテルに伴われた邪武たちブロンズ聖闘士たちも現れ、星矢たちに力を与えんとする。
邪武「そうだな、あの時と同じように俺たちも星矢たちに力を送れば」
変わってアスガルドのワルハラ宮にても、
ヒルダ「私たちもバドやジークフリート、そして星矢たちに力を与えなければいけません」
フレア「そうですね、私たちの想いをすべて」
二人もまた、この地を守る戦士たちとともに祈りをささげるのだった。
そしてカノン島でも、貴鬼たちが祈りを捧げる。
貴鬼「おいらたちもありったけの祈りを捧げるんだ」
エレーネ「うん、一輝、星矢、ムウ様、シャカ様、そして、たくさんの戦士の皆さん」
こうして地上の全ての人々の祈りが、はるか天空を覆う闇、その中枢にあるルルイエに到りつつある。
ナイア「なるほど、これが恐怖を討ち破る希望の光に力を与えるというのか、だけど所詮は惑星一つ。宇宙そのものに、はたして敵うかな」
星矢たちのコスモの高まりに対して、ナイアの闇の神性もまた高まっていく。それは敵の戦士たちにも伝わり、質量ともに増していく。
こうして光と闇、多くの戦士たちが真の恐怖、混沌の闇に立ち向かい激突していく。こうして混沌なる戦いは一層激しさを増していくかにみえたが、そんないつ果てるともない戦いも、一つの決着をつける刻が迫りつつあるのも間違いはなかった。

| | コメント (0)

今週の神様20年度14号:訪れはまさに突然にの巻

さて今週のジャンプレビュー、またもやワンピがお休みということで。
 
<鬼滅の刃>
様々な思いとともに己の記憶、そして人としてか苦戦する禰豆子。あくまで生に執着する無惨だがやはり徐々に追い詰められていく。しかしこれで終わりとなるのか。
 
<勉強ができない>
お互いの想いを通じることができたうるかと成幸、そしてそれぞれの想いの中卒業を迎えることになったか。
 
<幽奈さん>
暴走する醸之介を食い止めんとゆらぎ荘の面々がそれぞれの力を込めて立ち向かう。そして助っ人に駆け付けた流禅の真意やいかに。
 
<サムライ8>
突然のアタの襲来に達磨や八丸までも封じられた。絶体絶命の危機の中、八丸の旧友が現れ、そのままクライマックスと、なるというのか。
 
といったところで今週はここまでで。

| | コメント (0)

今週の神様20年度13号:運命ははたしての巻

さて今週は土曜発売ということで。
 
<ONE PIECE>
家臣たちを守るために釜茹での刑を耐え抜いたおでん。しかしオロチも約束を守るわけもなくそのまま銃殺刑に踏み切った。そんなおでんも家臣たちを逃がし、自分は潔く刑場の露と消える。そして残された妻子たちにも運命の時が訪れんとするが。
 
<鬼滅の刃>
かつての脅威を思い起こした無惨も結局は己の保身のために逃亡、しかも仲間の隊士の屍を踏みつけつつ。逃がしてはならないと炭治郎が、伊黒が最期まで追い詰める。そして禰豆子も訪れるが、決着の時は果たしてくるのだろうか。
 
<勉強ができない>
雨の中、先生たちの協力もあってフライト前のうるかについにたどり着いた。はたして成幸の想いやいかに。
 
<幽奈さん>
時が流れたゆらぎ荘の面々。それぞれの未来を過ごす中、本当の危機も迫りつつあるのだが、はたしていかなる運命が待っているのか。
 
<サムライ8>
八丸とアン。それぞれの想いを打ち明け、八丸なりにアンを守らんと誓い、ようやく想いが通じ合った。しかし新たなる危機が再び訪れる。はたして敵の奥義にどう立ち向かうのか。

| | コメント (0)

今週の神様20年度12号:見つけたものは何かの巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
ついに始まったおでんの公開処刑。それに際しても執念で機をうかがうおでん。しかしオロチの口から出たのは、この国に対する怨念そのものだった。それに対しておでんもまたその怨念を殺ごうとした。そしてその帰結したものは何か。
 
<鬼滅の刃>
先のネコをはじめ悲鳴嶼らを治療する兪史郎。一方蛇柱の助けもあり己の限界を超え闘う炭治郎、そして見えてきた無惨かつての古傷、はたして勝機はいつ見えてくるのか。
 
<勉強ができない>
卒業式を出ずに旅立つうるか。それに際し理珠たちの励ましで己の想いを打ち明けるを決心した成幸は、意を決し空港に向かうが。
 
<幽奈さん>
月日が流れ、いつもの日常に戻らんとする面々、しかし先にコガラシを救った幽奈だけがいない。そして異変は刻々近づいてくるのだが。
 
<サムライ8>
自分に足りないものがあると指摘された八丸。アンを通じ、侍とは、姫とは、そして人とはを改めて問い直すのだが。
 
といったところで今週はここまで。

| | コメント (0)

今週の神様20年度11号:卑怯者は闇に嗤うの巻

さて今週のジャンプはちょっと雲行きが怪しくなってきたような気がしますが、ようやく本分公開に踏み切れます。お待たせして申し訳ありません。
まず今週はワンピお休みということで。
 
<鬼滅の刃>
己の命の限り闘い続ける炭治郎、一方で無惨の肉体も珠世としのぶの薬がその身を蝕んでいた。はたしてどちらかが倒れるのが先か。これも刮目して待つべしといったところか。
 
<勉強ができない>
傷心の水希と張り合う形で元気を出させたうるか。その想いを心の中の父に励まされ己の決心を促される成幸だったが、そのうるかのもと、卒業式当日に思わぬハプニングが。
 
<幽奈さん>
コガラシのもとを去らんとする幽奈。一方でコガラシのもとにも執念の醸之助が襲撃してきた。しかし己の底力でいったんは退けるもコガラシ自らも消えていく。はたしてこれもどうなるのか。
 
<サムライ8>
八丸たちを引き寄せた犬侍花一、ダルマとはかつて敵対していたが程なく和解に至る。共に戦う決意をするのだが、そこにもアタらの手が延びんとする。それにつけてもあの少女、これからの鍵たらんとするのか。
 
といったところでまた来週。この問題のちのち尾を引きそうだな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧