ジャンプ

小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その2)

第1話:はじめに男ありけり(後編)

一方シベリアでは、少年ヤコブと多少ガタイの大きい男が釣りに興じていた。

「氷河はまだ潜っているのか」

「うん、今日は海流が穏やかだからね・・・えーと」

「イワンだ、もう何度目だ、俺の名を問うのは」

彼こそが冥王ハーデス配下の冥闘士、天敗星トロルのイワンである。彼もフレギアスと同じく雪辱を果たさんと乗り込んできたが、氷河の身の上を聞き、戦意を喪失したのかそのまま村に居座ってしまったのだ。

そのうち氷河が湖の氷から姿を現す。

「すまない、少し遅れてしまった。ほら帰りがけにいっぱい獲れたぞ」

「おお、今日は魚料理が楽しめるな」

魚を受け取るイワン、ヤコブも先ほど届いた報せを氷河に渡す。

「そうか、また東京で始まるのか」

「うん、今回は純粋に腕試しだって言っていたから」

「そうだな、今から楽しみだ」

そこにイワンが割って入る。

「おい、俺も日本に行っていいか」

「別に構わんが、まさか乱入するんじゃないのか」

「もう戦争は終わったんだ。今回は純粋に観光だ」

「それだと、いいんだがな」

と返したものの、氷河が懸念しているのはまさにそれ以上のことであった。

 

カノン島では、牡羊座の黄金聖闘士ムウの弟子貴鬼が、修行の傍ら最近付き合っているという少女と会うために訪れていた。

「まだ一輝は眠っているのかな」

火山のふもと、見上げる貴鬼と少女。すると二人の脳裏にとある言葉が飛び込んできた。

『・・・いや、もうすぐ目覚める時だ、個々のところよからぬ連中が現れんとするのだからな』

「うん、星の巡りから空の彼方にずっと強大なものたちがやってくるっていうからね」

そのやり取りの中、本来一輝の念話が聞こえないはずだが、貴鬼の話を察して少女も問い掛ける。

「でも大丈夫、一輝でも手に負えない人たちだったら」

「大丈夫だよ、一輝ならどんな相手でも一撃さ」

特に少女に向かって貴鬼が応える。その言葉に感じたのか一輝も貴鬼に呼び掛ける。

『そうありたいものだ、だからこそ俺のコスモを高めねばならないからな』

といって一輝の意思は再び消えていく。それを見守る貴鬼たちだった。

 

そして日本、星矢が幼いころに過ごした孤児院では、先のサガの乱以降そこで働いているカメオン座の青銅聖闘士のジュネのもと、蛇使い座のシャイナが平服姿で訪れた。

「星矢は今どうしてるんだ」

「ああ、シャイナさん、今療養次いでに界隈でスパーリングを行ってますよ、あと瞬は城戸邸で調べものです」

「そうか、それなら第2回の銀河戦争(ギャラクシーウオーズ)にも出られるな」

「え、銀河戦争?」

訝るジュネにシャイナが説明を加える。

「近日グラード財団主催で開催されるんだ、表向きは慈善事業の一環としてね、久しぶりにみんなの実力も見てみたいのもあるんだ。もちろん私も参加する。ジュネも参加するだろ」

「ええ、私もですか」

「ああ、おまえも陰ながら修行を続けてると聞いてるからね。それも楽しみだ」

「分かりました」

一応の了承を告げるも、ジュネの内心も高まっているのをシャイナも感じていた。

 

そして城戸邸の図書庫で読書にいそしむ瞬、別の部屋でたたずむ沙織の傍らにお茶を嗜む一人の男がいた。

 

そして港でのランニングを切り上げ、帰途につく星矢。

「いよいよ、明日か・・・・・」

星矢の瞳にも決意の炎が燃え上がるかにみえた。その途中、一人の少女とすれ違う。その時お互いに“何か”を感じ、しばらくたってそれに気が付くのだった。

「何だろう、あの女の子かな?」と星矢が、

「何かしら、あの男の人かな?」と、その少女、うさぎがその想いを胸に、それぞれ帰途につくのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の神様42号:案の定戻ってきたあの男の巻

やっぱり戻ってきたこち亀、そして両津。今回何のかんのと部長になり代わっていろいろ悪さをしたお話でちょっと痛快だったな。
それからティガーがゲスト出演のくだり、たしかに両津に輪をかけたキャラなだけに両津もたじたじだったか。これはこれでいいけれど。
あと数十年後の掲載の話だけど理論上不可能ではない。何故なら藤子F先生には藤子プロ、赤塚不二夫先生にはフジオプロがいるように、秋本先生にはあとりえびーだまがあるのだから。

というわけで今週のジャンプレビューは、

<ONE PIECE>
ペドロ捨て身の自爆もむなしくなおも追っ手は尽きず、まさにマムの餌食になろうとするその時、サニー号のクードバーストでひとまず難を逃れる。そしてルフィは一人踏み止まるのだが。

<幽奈さん>
呪いのゲームとは言うけれど、マンガの作風からこんなものかなあ。こいつは単行本版もやはり楽しみか。

<銀魂>
立ち上がったのは定春だけではなく、そよ姫たち、そして神威もまた敵の前に踏み止まる。そして星海坊主もまた。

<磯兵衛>
徹夜に挑戦する磯兵衛だけど、ちゃんと目的がなくちゃやはり意味がないからなあ。

あと帰ってきたと思えば漫画太郎せんせいもワンピのパロディで顔出したな。あの人なりのご応援企画ってやつだろう。というわけで早くてもまた来年、遅くとも2020年にまたお会いしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の神様41号:晩夏のユウワクの巻

さて今週はワンピがお休みということで、

<BORUTO>
ナルトとの仕合で改めて父の強さを思い知ったボルト。一方でボルトの器を狙わんと新たなる敵“殻”画素の魔の手を伸ばすのだが。

<幽奈さん>
ゆらぎ荘に潜入した紫音もセクシーな洗礼を受けて、ひとまず女を磨いていくのだが。

<銀魂>
本当の脅威が迫る中、いまだ闘志を失わない仲間たちとともに再び立ち上がる銀時たち。その前には犬神の定春が立っていたが。

<磯兵衛>
米とぎはパワーやテクニックより繊細さ、というより丁寧さが必要なんだけれど。

というわけで次回はあの伝説が甦る、のか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北斗が如く、ですか

さてみなさん、来年あたりセガさんから北斗の拳の世界観を『龍が如く』のシステムで再現した『北斗が如く』が発売される運びとなりました。

まず『龍が如く』とは渡世に生きる男が無法の街を渡り歩いていくといったストーリーで、それが世紀末、今となっては近未来というべきだろうか。ともかくも北斗の拳の無法の世界とマッチしているといったところか。

しかしここは龍が如くの世界観、それなりにお遊びの要素も北斗にも取り入れていることだろう。実際、原作公認のパロディも多数登場していることだから。

ともかくも虚実交えた新たな北斗の物語が来年始まるということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の神様40号:決断の晩夏の巻

さて今週のジャンプレビューは、

<ONE PIECE>
迫りくるマムの脅威と待ち構えるキャンディの罠。絶体絶命の中でペドロが身を挺して自爆し活路を開くのだが。

<HUNTER×HUNTER>
ガードたちが集まる中、寄生した念獣が襲い掛かるも辛くも退ける。しかしストーリーはこれからか。なるべくはやく復帰してくださいね。

<幽奈さん>
大人になる術はともかく下着になる術はコガラシにとっては刺激が強すぎたか。使いようによってはおいしいけれど。

<銀魂>
すべてを終えて倒れゆく喜喜の前に現れたのは。そしていずれ混迷の中にある地球かぶき町、しかし攻略のカギを握っているのは定春が持っているのか。

<磯兵衛>
強いだの弱いだのはどうでもいいかもしれない。だって磯兵衛も弱いなりに何とかやっていけるのだから。

というわけでまた来週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の神様39号:甘くアブない誘惑の巻

さて今週のジャンプレビューは、

<ONE PIECE>
迫りくるマムの猛攻にルフィも追い詰められんとし、一方でサニー号もブルックが果敢に奪還せんとする。そんな中でもサンジがマムのためにケーキを料理せんとするのだが。あとプリンの人格の変遷はこの際問題にしないのが賢明か。

<HUNTER×HUNTER>
意外と巨大な客船にての密室の攻防。王妃の協力でもやはり慎重に事を運ばなければならないのだが。

<幽奈さん>
夢咲先生のアブなくセクシーな呪い。しかも女子の体力測定。まあそうでなくてもあんな事態になるのも無理もないのか。

<銀魂>
戦いが終わり、両将とも戦いの終わりを告げんとする。たとえ憎悪が残り、それで命が落ちようとも。

<磯兵衛>
先生の超人性から長生きするのも納得がいっている。たとえそれがウソだとしても、ってやはり本当なのかな。

というわけでまた来週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムエタイ大決戦なのじゃ!(前編)<キン肉マンレディー・ジ・アニメーション>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、キン肉マンレディー・ジ・アニメーションからムエタイ大決戦なのじゃ!の(前編)を送りいたします。

そもそも原作がひとまずの盛り上がりながらも打ち切りとなった『蹴撃手マモル』を原作に超人ムエタイとの対戦をと描いたものです。原作の決着がいかなるものかを期待して(これもその前の作品でついたようなものですが)シナリオを組んだつもりなのですが。

ひとまずはこういったところですので、それでは、ごゆっくり。

 

ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから

ENTER>アニメ・テレビ番組・映画>キン肉マンレディー・ジ・アニメーション

となっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その1)

はじめに

80年代半ばに少年ジャンプより連載が開始された『聖闘士星矢』。その後アニメ化されたのを手始めに90年代初頭まで多くの読者の胸を躍らせたことでしょう。

用度その後を引き継ぐ形となって少女漫画界において画期的なスーパーヒロインが登場した。それが『美少女戦士セーラームーン』である。これもテレビアニメ化され、男女を問わず絶大なる人気を博した。かくいう編者もその2作に大いなる共感を生み、後にこの2作のコラボレーションを考えてしまった。

それが今作の『聖闘士星矢VSセーラームーン』の企画でした。ところがこれも企画段階で半ばお蔵入りの憂き目にあい、今まで公開されずに至りました。

このたび『ジャンプVSカプコン』の企画が一段落したのを機に、ひとまずの連載企画と相成りました。

それまでに星矢は多くのスピンオフが連載され、Sムーンは先年再アニメ化され、これは原作準拠の企画と相成りました。それに合わせて当企画も当初よりは幾分発展したことを自覚しております。それらを踏まえて少し足踏みながらもひとまずお送りしたいと思います。

 

 

第1話:はじめに男ありけり(前編)

ここは日本の三保の松原、ギリシャの海運王にして慈善事業家のジュリアン=ソロは音楽家のソレントとボディーガードを買って出た武道家のクリシュナとともに戦争や災害に苦しむ子供たちを救うため世界各地を旅してきた。

そんな一行だが、ここにきてクリシュナが行動を別にするというのだ。

「どうしても行くというのですか、クリシュナ」

「すまぬ、どうしても行かねばならなくなった」

そこにジュリアンも入ってきた。

「どうしたのですか」

「ジュリアン様、このたび、わたくしクリシュナは、己の武術の腕を磨くため、再び修行の旅に行かねばなりません。心身ともに鍛え上げたあかつきには、またジュリアン様のもとにはせ参じたく思います」

「クリシュナ・・・・・」

怪訝な顔のソレントに対し、ジュリアンは穏やかな顔のままクリシュナを見守る。

「そうでしたか、今まで、ご苦労でした・・・・・」

その穏やかな表情から醸し出される風格から、彼らが本来主と仰ぐべき存在を感じ取ったかにみえた。

「はっ、それでは、お名残り惜しゅうございますが」

と、去りゆくクリシュナをジュリアンとソレントは手を振り続けていった。

 

再び旅に向かうクリシュナは、本来の使命に想いを馳せる。

「紫龍、それに星矢よ、かつてお前たちはこの俺に本当の正義をその身をもって示してくれた。俺の信じる道は今でも変わらぬが、お前たちの信念にもともに歩んでいきたい。この不穏なる時代をともに戦い抜くために」

こうして、海闘士七将軍の一人、インド洋クリュサオルのクリシュナは再び歩み始める。

 

中国、五老峰

そこの滝を背にした崖では長髪の男と短髪の男が拳と拳の仕合を行っていた。果敢に攻める短髪の男に対し、長髪の男は着実に受け流しつつ応戦している。

やがて二人とも示し合わせたかのごとく一旦さがったあとで、互いの拳の一撃をクロスカウンターでぶつけ合う。

やがて短髪の男が口を開く。

「紫龍、貴様、まだ本気を出さないのか」

対して挑発の男、紫龍もその言に応える。

「まだ本気を出すまでもないのは知っているはずだ、フレギアス」

「たしかに、そうだな・・・・・」

やがて拳を収め、その場に座り込む。

「かつてお前たちを阻んだ際にカノンに倒され、先に進められた。それ自体は是非もないが、その後お前はシルフィードたちと、氷河はミーノス様と闘って打ち勝った。なればせめて本気のお前と闘いたかったのだが」

こうして五老峰を訪れ、紫龍に幾度か戦いを挑んできたが、そのうちに修行仕合に付き合うこととなったのだ。

「お二人とも、お疲れ様」

と、シュンレイが水とおにぎりを差し入れてきて、二人とも仕合を切り上げ一休みと相成った。

「しかしこうやって自然とたたずむのも悪くないな。今までの使命もくだらなくなってきた」

「出来れば俺たちとともにこの地上を守ってほしいんだが、これはままならないか」

紫龍の呼びかけにフレギアスは軽く笑みを浮かべて応える。

「今はこれが精いっぱいだな、だがいつかは本当の危機がくればな」

「・・・・・」

その二人の会話を聞いて、内心不安ながらも笑みを崩さないシュンレイが見守っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の神様38号:もうちょっと流れてみようの巻

さて今週のジャンプレビューは、

<ONE PIECE>
ゼウスを一旦退けるも今度はプロメテウス。ナミとジンベエの援護もあってひとまず撃退。あとゼウスの中に仕掛けた一手でマムに一矢報いるのだが。あとプリンの動向も油断できないものもあるのだが。

<BORUTO>
ムジナの頭と闘っているうちにボルトのうでに謎の紋章が。それこそが新たなる組織の動きと関連しているのか。

<HUNTER×HUNTER>
まずは一人弱い王子がやられたか。しかし布石はまだ生きていて次の獲物を狙わんとしているのだが。

<幽奈さん>
新学期に臨む紫音。何もかもが新たなる世界に戸惑う彼女だが、ここは特に曲者ぞろいだから。

<銀魂>
己の士道を込めて敵将を打ち倒した高杉。その様をまじかに見た虚の胸中やいかに。

<磯兵衛>
春画にかける想いはどんな探知よりも優れている。これも本能が故のこと、役立つのは限られているけれど。

ひとまず今週はこんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の神様36・37号:嵐をこらえての巻

さて今週のジャンプレビューは、

<ONE PIECE>
マムの追撃に対し、キングバームとマムの雨雲を味方に付けんとするが、もう一つのしもべの太陽によって押しつぶされる。一方でマムの包囲が広がる中、プリンに心変わりが、果たしてどうなることやら。

<HUNTER×HUNTER>
王妃を交えての敵の虫探し、ひとまずクラピカが念の講義がてら敵の次の手を探らんとするが。

<銀魂>
気迫の猛反撃でようやく敵を追い詰めた高杉たち。この想いが実るか否かも待つしかないか。

<磯兵衛>
幼い頃の“たいむかぷせる”まあ子供の思い出がこもったそれだが、これからもどうなるか。

ということでまたお盆明けに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧