ジャンプ

今週の神様21年度13号:男の度量は思いっきりからの巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
危険な女たちにとらわれたサンジ。なんとロビンに助けを求め、それに応えたロビンが大胆不敵、しかし静かな怒りを込めてブラックマリアに挑む。一見情けないようにみえるが女だらけに囲まれての彼なりの処世術だろうか。
 
<WITCH WATCH>
なんとか魔女であることを受け入れられているニコ。初めてのお友達とファミレスやらチンピラ男子から守るニコ。まだまだ予断が許されない状況であるのは変わりはないのだが。
 
<あやかしトライアングル>
揺れ動くすずと祭里をはじめ周りの者たちの思惑をよそに、今度は恋緒が学園に転入してきた。しかも校長の孫娘ときたもので、つまりは祭里たちの事情はある程度把握していたというべきか。
 
<灼熱のニライカナイ>
海神が憑き変貌を遂げたチャコ。その力で神殿の扉を開き事態は一気にヤバい方向に。しかし真打とばかりに鮫島たちも反撃に転ずるのだが。
 
<BUILD KING>
お次は橋造りの試練。各々の技量で課題をこなすというのだが、橋は建てるようで建てないというのも一つの答えという。しかしその先には更なる危険が潜んでいるのだが。
 
<高校生家族>
父と対峙する謎の男、黄金時代の思い出までも消しちゃってひと悶着、と思いきやいざという時の技量の良さでひとまずは認められたか。
 
といったところでまた来週。

| | | コメント (0)

今週の神様21年度12号:まだまだ春は見えないかの巻

今週のジャンプレビューはまずワンピがお休みということで、続いて各作品のレビューをば。
 
<WITCH  WATCH>
憧れの高校生活に臨むニコ。それなり制約の中何とか立ち回る、こともできずに結局魔女のことバレちゃったな。
 
<あやかしトライアングル>
今回は祭里の着せ替え大作戦。嫌がってるわりにはそれなり楽しんでいるようにみえるが。
 
<高校生家族>
何かと太り気味のゴメスのダイエット作戦。こればかりはクラス全員で体を張れたな。
 
<灼熱のニライカナイ>
教団のものと化した奥菜との攻防の中、覚醒したチャコがその恐るべき力を振るう。本当にどうなっちゃうのか。
 
<BUILD KING>
天空の城に君臨する大棟梁なる人物、やはり物々しい雰囲気の彼だが。着々と駒を進めるとんかちたちに一体何を求めるか。
 
といったところでまた来週。

| | | コメント (0)

今週の神様21年度11号:移り変わりの激しさやの巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
CP-0が予想するカイドウ軍の圧倒的物量。それを覆すたまのきびだんご作戦が着々と進められ、ついにはササキやうるティらをも打ち倒すにいたる。一方でサンジを捕らえ続いてロビンを狙わんとするマリア。その一方傷付いた侍をも狙わんとするもそこに何かが近付いてきたが。
 
<WITCH  WATCH>
魔女のニコと使い魔のモイとの奇妙な共同生活。しかし魔法も役に立つと思いきや肝心なところでズッコケるか。それでも今は順調に流れてるか。
 
<あやかしトライアングル>
時を隔てて虚無の中に生きた画楽に一筋の光をさした妖巫女の命依、そしてその生まれ変わりのすずの絵を描かんとするが、はたして祭里はどう動くのか。
 
<灼熱のニライカナイ>
新たな足を得て敵となった由香里。ついにはチャコをもさらわれてしまった。この危機に鮫島たちはなす術はあるのか。
 
<BUILD KING>
第一の試練から波乱含みだがほとんどの挑戦者が難なくクリア。はたしてどこまで進められるか。
 
<高校生家族>
今回は母の高飛び込みの練習。しかしなぜか犬やら牛やらのスタイルで。でも面白いからいいか。
 
というわけでまた来週。はたして次はどう転ぶのか。

| | | コメント (0)

今週の神様21年度10号:訪れるのはトラブルばかりかの巻

さて今週のジャンプレビューは、まず新連載の<WITCH WATCH>
たしかにスケットダンスの軽いノリながらのギャグアクションもいい味を出していて。幼馴染で魔女っ子と主人公のオニの使い魔といったある意味ラブコメの一環が渾然一体となっている。これがスケダンの届くかが今後の課題というべきか。
 
<ONE PIECE>
いざという時にパワー切れのルフィ。巻き返すのに時間がかかるのもさることながら、CP-0のいうカイドウ軍の陣容の厚さに結局制圧も必至というが、はたしてこのままむざむざやられてしまうというのか。
 
<あやかしトライアングル>
画楽と従えてすずをさらわんとする怪王。触れるものみな腐らせるまさにつかみどころのないその難敵。しかし土壇場ですずの前世が怪王を封じたと告げ裏切ってしまう。そのまま怪王を倒し今まさにすずにプロポーズ。こいつは怪王以上の難敵だな。
 
<灼熱のニライカナイ>
ひとまず錬水の業で巻き返した鮫島だったが、一方の宇海たちにも水ならぬ雨を得た敵の反撃で一気に窮地に。はたしてここからどうまとまるというのか。
 
<高校生家族>
アメリカからの留学生に家族そろって打ち解けんとするが、やはり決め手はドラゴンボールだったか。
 
<BUILD KING>
ビガー工法の試験に臨むとんかちたち。さらなる曲者を迎え最初の試練が訪れるというのだが。
 
といったところで今週はここまでで。

| | | コメント (0)

今週の神様21年度9号

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
カイドウとビッグ・マムに果敢に攻め込むルフィたち新世代連合。しかし相手は海賊の頂点たる四皇の二角、攻めては押される一進一退、しかしルフィに雷は効かず、そして炎をもものともせず、その隙にカイドウへの渾身の一撃が炸裂するのだが。
 
<BUILD KING>
次々と現れるビルオンライセンスの所持者たち。まさに一触即発の事態にもなりかねないが、しかしこの先どうなるかもまさに不安っぽいなあ。
 
<あやかしトライアングル>
たくさんの傑作が描けてご機嫌な画楽もかつての思い出にをもとに描いたものばかりだった。しかしそこに山奥からよみがえった塵塚怪王なるあやかしが現れ、そして画楽がすずを捕まえ、怪王のもとに差し出すというのだが。
 
<灼熱のニライカナイ>
教団の真の狙いは海をあふれさせる陸の生物の絶滅。いかにも強敵ぽいナマズ男につっかるもすぐに押される鮫島だったが、起死回生の秘技で巻き返すのだが。
 
<高校生家族>
中間テストに臨み結局家族全員でカンニングか。やはり正攻法ではどうにもならないか。
 
といったところで今回はここまでで。

| | | コメント (0)

今週の神様21年度8号:逃げ上手こそ世渡り上手なりの巻

さて今週のジャンプレビュー、まずワンピがお休みということで。
 
<BUILD KING>
とんかちたち一行の次なる目的はビルドユニオンへの加入。そこで多くのライバルたちとの邂逅はいいが、冒頭の王の忠告もやはり気にあるな。
 
<あやかしトライアングル>
今回友だちとともにこっくりさん勝負だが令によってシロガネの横やりが、しかし彼なりに切実なのも分かるけどそれがかえって滑稽になっちゃからな。
 
<灼熱のニライカナイ>
鮫島たちの奮闘の一方チャコを守る宇海らも教団の刺客に襲われるも、そこにはかつての強敵たちが加勢に駆け付けた。たしかにクライマックスまでもてればいいが。
 
<高校生家族>
かつての先輩後輩だった父と先生、父のバイタリティに振り回される現状を鑑みたしかに現在の関係と合わせてややこしいことになってるな。
 
といったところで今週はここまでで。

| | | コメント (0)

今週の神様21年度7号:ひとまずはなんとかできるだろうかの巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
勇んでカイドウらに挑んだルフィにカイドウもかつてのつわものの面影を垣間見てわずかに脅威を覚える。それでも強大なるカイドウの実力に張り合いながらもローたち世代連合の援護もありなんとか喰らい付くのがやっとに見えるが、はたして最強と最凶、どちらに軍配が上がるというのか。
 
<BUILD KING>
満身創痍で牙を解体し、新たな牙を目覚めさせたとんかち。その想いに応えてレンガ、そして他の職人たちも城の再建に尽力する。一仕事終えた後にとんかちの絵に驚愕する城主。家の絵が意味するものとは。
 
<あやかしトライアングル>
あやかしの家に潜入する祭里たち。謎の少女の霊と夫婦の幻影が次回以降に何をもたらすというのか。
 
<灼熱のニライカナイ>
ラングを外しその実力を垣間見る神宮寺。一方で毒を抜くも体力を消耗した鮫島もこのまま休んではいられず前に進むが。しかしさらなる強敵が待ち受けているというのだが。その中にはあのセイラも。
 
<高校生家族>
光太郎の所属するテニス部が廃部するという怪文書に動揺する部員たち。要は各自のやる気で何とか回避できたか。
 
といったところでまた(再)来週に。

| | | コメント (0)

マンガレビュー:燃えるお兄さん、ついでにとんちんかん

さてみなさん、今回のホームページ更新は、マンガレビューとしてジャンプ80~90年代の佳作たる『燃えるお兄さん』と『ついでにとんちんかん』のレビューをお送りいたします。
かの奇面組に連なる破天荒ギャグながら結構テンポもよかった作品で一時期大人気だったこの二作品。その栄枯盛衰をお送りできればとと思っておりますが。
ともかくこういったところで、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>マンガ・ノベルズ
となっております。

| | | コメント (0)

今週の神様21年度5・6号:千年紀のはじまりの巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
今回1000話目の<ONE PIECE>から
未だ圧倒的なカイドウの軍勢に引き続き果敢に攻め込む一味。そんな中ヤマトがエースを通じて託されたおでん、そしてルフィの想いをモモの助に託す。そして倒れ伏す赤鞘たちとその前に立ちはだかるカイドウを前に、ルフィもあらためてその闘志を燃やす。己の強き意志を込めての名乗りとともに。
 
特別読み切りの<食戟のサンジ>
いまだ東の海の航海の中、ある漁師の娘の病を治すべく惨事が奮闘するストーリー。できた料理は誰しも心を動かされた。そして不覚にもゾロもその術中にはまったとか。
 
<BUILD KING>
まさに難攻不落の逆さ城、城の工具と竜骨の秘密に解体の糸口を見出し、ついには城の解体に成功するとんかちだが、あとやはりコルクも城主に拾われたとか。悪役面しても案外人情もあったか。
 
<あやかしトライアングル>
恋緒の新たな香炉で祭里もなぜか小さくなったり大きくなったりと、これまた面倒ごとになったな。
 
<高校生家族>
英語のみならず学校の勉強はたしかに読み書きから始まるから、いきなりスピーキングや面接に力入れても無理があったか。
 
<灼熱のニライカナイ>
遺跡の調査にな菜とかついていく鮫島、そしてオルフェたち。しかし海人の罠でダメージを受ける鮫島たちを先に行かせ。神宮寺がその能力を発揮するが。
 
といったところでまた再来週に。

| | | コメント (0)

今週の神様21年度3・4号:この冬を乗り切ればの巻2020

さて今週のジャンプレビューは、
 
まず久しぶりの<こち亀>から
派出所のコロナ対策もひとまず独自のもので見習えるかどうかは別として、たしかにヒトの付き合いというのもまた大切だから。
 
<ONE PIECE>
話はエースとヤマトの対峙から始まり、その縁からルフィたちが、そしてマルコが百獣一党に立ち向かう。しかしカイドウの野望は着々と進み、ビッグ・マムを交えてそれを成就せんとするのだが。
 
<BUILD KING>
逆さ城での初仕事に臨むとんかちたち。城主も畏怖する男の弟子たる彼らが待つものは、まさに難攻不落の竜の牙だったが。
 
<あやかしトライアングル>
UFOマニアのルーとシロガネとの逢瀬、これまた面倒ごとが一つ増えたと言ってもいいだろうが。
 
<灼熱のニライカナイ>
機動捜査隊を交えての本格的な捜査。鮫島をもアゴで使う彼らはオルフェとも因縁がありそうだ。一方で教団の方も捜査隊がいう厄災の封印を解くというのか。
 
<高校生家族>
妹の友だちを交えて光太郎と弓木母子との対面でまたひと悶着ありそうだな。
 
そして今週最終回の<勉強ができない>
まあ結局未だ選べないという選択もあって、たしかに未来は分からなく手さぐりで進むのもまたよしというのも一つの答えだろう。ともかくもお疲れさまでした。
 
そして宇佐崎せんせいの新しい物語<炎眼のサイクロプス>
異能の力を持つ異端の弁護士がウソと悪意を裁き弱きものを助ける。こういうのもまた痛快だ。あと”彼女”も細々と活躍の場を得ているからこれまた一安心か。
 
といったところで、今年のジャンプはここまでで、また年が明けた4日ごろにお会いしましょう。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧