ジャンプ

今週の神様21・22号:GWは気まぐれにの巻17

さて今週は、島袋せんせいの読み切りが掲載されたけど、やはり勢いというか何か光るものが足りないというか。でもちょっと微笑を誘うとなればいいかな。
さておき今週のラインナップは、

<ONE PIECE>
プリュレの能力で多数の分身を創って撹乱しカルメルの写真を狙うルフィたち。そこにジンベエが暴走するマムに仁王立ち。強き意志でマムとの決別を告げる。その隙にブルックがカルメルの写真を破壊。さてその帰趨やいかに。

<腹ペコのマリー>
ひとまずマリーの肉体に落ち着き、女子高に編入したはいいけれど。先にタイガが大した男、まさかマリーに惚れたのか。

<幽奈さん>
コガラシを胸に挟み、今まさに尻に敷かんとするかるら。救出せんと乗り込んだ幽奈たちはいかに。

<銀魂>
そもそも面白からぬ世をかき回すために動いた高杉たち。たしかに地球を破壊せんとするも面白いはずはなし、彼らを撃たんとまさに蘇ったのだ。そしてその戦いやいかに。

<磯兵衛>
気になる春画目当てで黒船で乗り込んだ提督。しかしよりによって磯兵衛に扮するとは。

というわけで次回はGW明け。みなさまよい休日を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の神様20号:女心となんとかやらの巻

さて今週のジャンプレビューは、

<ONE PIECE>
ついに開かれたプリンとの結婚式。陰謀が着々と進められる中、開かれたプリンの三つ目。それすら心奪われたサンジの色香に陥ってしまったのか、プリンもそれに感じ入り計画が狂ったマム。そこに寝坊したルフィが駆け付けるも、ケーキの中からルフィの群れが飛び出してきたって、これはいったいどういうことか。

<腹ペコのマリー>
タイガと離れたマリー、妹と死別した男との交流の末、生きてましたってオチもどこかで聞いたか。

<幽奈さん>
コガラシをさらったかるら、何と自分のものにせんと結婚式の招待状までも贈るが、はたしてどうなるか。

<銀魂>
迫る敵の攻撃に反撃する人たち。しかしその中にあの高杉が、これもいかにというところで。

<磯兵衛>
馬の世話をする磯兵衛、振り回されながらも乗り回していく。ひとまず名コンビの誕生といったところか。

ということでまた来週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の神様19号:ギャグとセクシーとあとは何の巻

さて今週はワンピがお休みということで、

<腹ペコのマリー>
食い物の恨みからマリーの能力が覚醒。たしかに悪霊の力は腕っ節よりも強いか。

<幽奈さん>
コガラシを狙う女天狗かるら。幽奈たちを蹴散らしてコガラシをさらっていく。ここにきて強敵現るというけれど、どうなることやら。

<銀魂>
地球を狙う解放軍、一方地球を消されまいと立ち上がる面々。その中で喜喜の無事を祈るそよの願いはいかに。

<磯兵衛>
磯兵衛と悪代官との遭遇。キャラとしてはともかくそれに付き合う磯兵衛もどうか。

ということでまた来週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪拳<ジャンプVSカプコン・カプコン枠>

さてみなさん、今回のジャンカプはいよいよストⅣからの大物キャラ、豪拳の記事をお送りいたします。闘いの年季から鍛え上げた業と貫目でジャンプのつわものとどれだけ渡り合えるか。ひとまずはこういったところですので、それでは、ごゆっくり。

 

名前:豪拳

出展作品:ストリートファイターⅣ

空手を主体とした暗殺拳を伝承した孤高なる拳士。同門の豪鬼によって命を落としたと思われたが、ここ最近の戦いの場に姿を現すに至る。その目的は豪鬼を止めるためとか、自らの闘技から生ずる破壊と闘争の力、殺意の波動にとらわれんとする愛弟子のリュウを導かんとするためだとか、さまざまな憶測が飛び交う中、今回の争乱の中彼もまた立ち上がるのだ。

 

・勝利メッセージ集

悟空:噂以上の実力だったな、やはりぬしをたずねて仕合うた価値はあったわ。

ルフィ:伸びる分は面白いが、それ以上の覇気にも興味をひかれたものじゃて。

ナルト:ぬしの忍道、そして武道が皆を導く時が来る、そのための業をみがくがいい。

銀時:武もまずは形から出ずるもの、ぬしの形も変わってはおるが良き形じゃて。

剣心:不殺の心こそ活人の業、しかしそれ以上にぬしも人を守る剣たるべきじゃて。

一護:幽鬼漂うは死神たるぬしの業じゃが、それに負けぬ心こそ真の卍解じゃのう。

トリコ:闘いと同じ食事も馳走するとは気が利くのう、その好意は素直に受けようか。

男鹿:その赤子に頼るなとは言わぬ、今少しのぬしの拳、この儂に見せるがいいぞ。

星矢:ぬしのコスモはこんなものかのう、かつて神を抑えたその拳を楽しみたいぞ。

翼:儂とてもスポーツよりやはり武道だが、ぬしの魂も武道に通じているかのう。

ウイングマン:いまだ若いながらも英傑の器か、ならばこの豪拳の拳を抜け羽ばたくがいい。

寿乱子:この程度ならば野生の力には程遠いな、だがおなごが意気がるは可愛いがの。

承太郎:見えない力も見切ってみせるよ、儂とても刹那の業の閃きも見逃さぬて。

桃太郎:命かければいかなる死地も闘争も、たやすく明日へと切り開けるのじゃ。

キン肉マン:儂とても力押しならドンとこいだ、次はもう少し押してくるがいい。

一堂零:これほどの業を遊び半分でこなすとは、なれば本気の業も見たいものじゃ。

幽助:ぬしも死地を抜けてきたタマよのう、儂の若い頃とまるで瓜二つじゃて。

大尊:蛮勇に見えてなかなかの漢っぷりか、その貫目ゆえの強さは鍛えてもよいかな。

ひろし:これほどの根性とは侮れぬて、ぬしらも儂のもとで鍛えていかんかね。

ララ:見事なる女っぷりよのう、儂を相手に物怖じせぬ度胸と気高さは認めねばな。

両津:ぬしは何ゆえ己が侠を封じる、力抑えて朽ち果てるはやはり惜しい逸材じゃて。

ピッコロ:永く生きていればぬしごとき異邦とも仕合えるも、これまた重畳よのう。

ベジータ:幼い意地とは思うたが、ぬしも誇り高き男、その誇りさらに高めるがいい。

サスケ:覚えておくがいい、今は闇にたゆたうとも、いずれ人を導く光となろう。

金色の闇:武器や業は道具であり手段、それを使うはぬし自身の心次第なのだよ。

呂布:いにしえの豪傑に互角に渡り合わんとは儂の拳も、そして武も極まったかな。

DIO:時を止めようとも所詮は不意討ちか、この豪拳に一切の誤魔化しは通用せぬ。

フリーザ:闘うたびに強くなるのか、されど敵意はそのままなのがぬしの敗因かな。

セル:この老いぼれに取り込めるのは力の滓のみじゃが、やはりぬしには渡せぬな。

ハーデス:儂も死神には見放されてな、ゆえにぬしの刃にかかるわけにはいかぬ。

悪魔将軍:この程度で金剛心とは儂も張り合いがない、せめて超人魂を見せてくれい。

綱手:お嬢さんの悪運なら儂もついていければな、せっかく生き延びたからのう。

ジョセフ:ぬしほどではないが儂も年季が入ったの、さらに磨きをかけるつもりだ。

江田島:お互い易々死ねぬ身だからな、こうしてぬしと仕合うと昔を思い出すわい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の神様18号:春の風は気まぐれにの巻

さて今週のジャンプレビューは、

<ONE PIECE>
ついに始まったサンジとプリンの結婚式。物々しい雰囲気の中、プリンと対面したサンジはその色香に惑ってしまった感もする。そしてマムの手にした玉手箱、掲げた写真とともにそれらが破滅の鍵となるのか。

<BORUTO>
先の戦いの後、任務をこなしてきたボルトのもと、大名の息子の警護の依頼が舞い込むのだが。

<幽奈さん>
今やセクシー担当となったこの作品、新たなるヒロインが現れ、コガラシを八咫鋼と付け狙うが。

<腹ペコのマリー>
やはり喧嘩巧者のタイガがベースの今のマリーならチンピラ相手でも軽く蹴散らせるが。更に胡散臭い連中も付け狙っているか。

<銀魂>
相変わらずのランチキ騒ぎの中、何と地球ごと銀時たちを吹き飛ばすというが、果たしてどうなるか。

<磯兵衛>
花見で羽目を外し、いたずらを敢行せんも、花見で喜んでいる人には純粋に祝ってあげようという気持ちになるか。

というわけでまた来週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の神様17号:年度末の終わりにの巻

さて今週のジャンプレビューは、

<ONE PIECE>
ひとまずマムの被害を回避させんとアラディンたちを国外にさがらせ、作戦に臨むジンベエ。一方島には裏社会の大物たちが続々来訪、しかし彼らにも監視の目、特にカタクリの未来を見通す覇気の力が。そんなこんなで危険なパーティーが始まろうとしているが。

<腹ペコのマリー>
タイガの周りには危ない面々が、って前作にもあったシチュエーションながら、この場合はマリーでは分が悪く、ここはタイガの出番か。

<幽奈さん>
こちらはまだまだ年越しか、初もうではともかく初夢は幽奈さんのもち肌が恋しいかコガラシ。

<銀魂>
かつての敵味方と力を合わせての勝利、未だ不安が付きない中源外に何やら不穏な影が。

<磯兵衛>
花粉症は江戸の頃にも問題がって、こちらは花の妖精か。

そういったわけでまた来週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の神様16号:つかの間の春の宴の巻

さて今週は土曜発売といったところで。

<ONE PIECE>
難攻不落のビッグマムだが、一枚の写真をめぐっての隙をつきマムを倒すという。これも果たしてうまくいくのか、この面々で。その一方で結婚式とお茶会の準備か着々と進められているのだが。

<腹ペコのマリー>
夢の中ではタイガとマリーが通じ合っているし、周りではマリーをめぐって不穏な動きが目立つようになるか。

<幽奈さん>
引き続きクリスマスのパーティーにおいて何とセクシーなスイーツパーティーに転がり込む。いつも通りのノリでクリーム風呂とはこれまた贅沢な。

<銀魂>
ペドロの問題も何とか鎮めることができ、ようやくかぶき町にも平和が戻り、いつも通りの平穏が戻ってきた。これで終わりではないけれど、今はひと時の休息を。

<磯兵衛>
裏返っても磯兵衛は磯兵衛だからそうそう変わってはいられないといったところか。

というわけでまた次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の神様15号:春こそスイーツをの巻

さて今週のジャンプレビューは、

<ONE PIECE>
ルフィたちとカポネが合流、そこにはシーザーも捕らわれていた。ともかく彼らもまずマム撃破で利害が一致したが。一方でナミたちもローラの秘密を聞き出すことができたのだが。

<腹ペコのマリー>
タイガの身体に乗り移ったマリーは、亡命の際の空腹で成仏できずにただ腹を満たすことを目的としているようだが。

<幽奈さん>
クリスマス恒例の短期アルバイト。ここにきてコガラシの特技が光ったか。

<磯兵衛>
逆さ言葉遊びからなぜか能力も裏返った。そこから思わぬハプニングも。

ということでまた土曜日に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第10話:遥かなるアフリカ大決戦なのじゃ!<キン肉マンレディー・ジ・アニメーション>

さてみなさん、今回のホームページ更新は、キン肉マンレディー・ジ・アニメーションより第10話:はるかなるアフリカ攻防戦なのじゃ!をお送りいたします。

これも初期からのネタなのですが、ひとまず今のノリを踏まえてアフリカの陰謀に立ち向かうレディーたちの活躍をお送りできればと思っております。

ひとまずこういったところで、それでは、ごゆっくり。

 

ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから

ENTER>アニメ・テレビ番組・映画>キン肉マンレディー・ジ・アニメーション

となっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソンソン<ジャンプVSカプコン・カプコン枠>

さてみなさん、今回のジャンカプはマブカプ2で活躍したソンソンのシナリオをお送りいたします。かつての聖猿と同じ闘いぶりを見せる彼女。果たしてその闘いの先にあるものはといったところで、それでは、ごゆっくり。

 

名前:ソンソン

出展作品:マーブルVSカプコン2

かつて天界の聖猿を先祖に持つ、仏法の守護者聖天大聖の子孫でもある。幼い頃から信心深く素直な性格だが、時折力を制御しきれず暴走しがちになるため、精神の修行には余念がない。

かつて修行の旅の途中、ルビィと知り合い禁断の秘法をめぐっての争乱を闘い抜き、今回も顔馴染みルビィの呼び掛けで闇の女神の争乱に参加する。

 

・勝利メッセージ集(抜粋)

悟空:あなたと闘えてよかったよ、さすが宇宙一のおサルさんだね、少し違うけど。

ルフィ:伸びるんだったらこの棒だけたから、すべて勝ったなんていえないよね。

ナルト:忍者だったらあたしたちに通じてるけど、すばしっこさなら負けないよ。

銀時:サムライの意気は分かってるけど、なんかおサルに恨み持っていたのかなあ。

剣心:気を抜けば打たれても命取りだからね、まずは真剣勝負を心がけなきゃね。

一護:幽霊退治なら譲っちゃうけど、せめて武術ならあなたに及ばないといけないね。

トリコ:あたしも仕合っておなかすいちゃった、今から美味しいもの食べられるかな。

男鹿:よしよし怖くないよ赤ちゃん、お兄さんと一緒に闘えたのはやはりよかったよ。

星矢:内なる力も今は苦手だから、あなたのように心を鍛えて業をこめないとね。

翼:次はあたしにもサッカー教えてよ、ボールと一体化ってやっぱカッコいいからね。

ウイングマン:しっかり優しく闘ってる人に、隙を突いて勝ったのは卑怯だったかな。

寿乱子:まるでうちの母ちゃんみたい、どっしり構えてこそ真の女ってことだね。

承太郎:見えないスタンドや時を止めるのやらと、サルなだけに目が回っちゃった。

桃太郎:命は捨てるのでなくかけるもの、そうすれば勝ちもおさめられるなんだね。

キン肉マン:これほどの格闘技を見られれば、あたしの血も思わず騒いじゃったよ。

一堂零:ヘタな妖術よりはずっと闘えたから、お兄さんの強さも光っていたよ。

幽助:拳はともかく霊力なら闘い慣れていないけど、あたしもついてこれたかな。

大尊:無鉄砲なのはあたしも同じだからね、まずは拳の打ち合いもよかったよ。

ひろし:石の中で百年というからね、あなたたちの根性もいずれその域に達するよ。

ララ:あたしもサルなだけに女の魅力には遠いけど、あなたのまねは恥ずかしいかな。

両津:いつかはあなたの強さも分かってくれるから、いつも通り胸を張ってみなよ。

サスケ:自分の寂しさに閉じこもっちゃいられない、むしろ自分と闘っているんだね。

ピッコロ:あたしにとっては妖怪も宇宙人も同じだけど、あなたも義しい人なんだね。

ベジータ:自分のプライドで他が見えないのも、本当の誇りじゃないと思うよ。

金色の闇:あたしも武道一本だけど、力は使いようで義しく使えるものなんだよ。

呂布:豪傑ごっこは間に合っているよ、強ければ何でもやっていいわけじゃないから。

DIO:力押しは苦手だけど、いくらか攻めれば効いてきたから無駄じゃなかったね。

ハーデス:どんな力でも命を弄んじゃいけないよ、これも法師さまの教えだからね。

フリーザ:変身については一目置けるけど、せめて強さについていかなきゃダメだね。

セル:いざという時あたしも力を使いきれないから、あなたに奪われたりしないよ。

悪魔将軍:それなりに苦戦はしたけどね、妖怪の大将さんに比べればこんなものかな。

ジョセフ:結構強いおじいちゃん、まるであたしがサル回しだね、楽しかったけど。

綱手:あたしも結構考えてるけど、おばさんみたいに気苦労もしなきゃダメかなあ。

江田島:まるでうちのおじいちゃんみたい、いつもの修行以上に鍛えられたかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧