ジャンプ

小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その17)

第9話:激突(その2)

お次は氷河をジュピター、二人は荒涼とした岩原をひた走るのだった。

「でも、こう限りない岩原じゃあ、どこから敵が現れるか分からないわね」

「いや、案外近くにいるらしいな、さっきからイヤな風が吹き始めている」

氷河の懸念通り、二人に含向かい風は次第にねっとりとした感を強め、二人が足を止めるや、それが眼前で渦を巻き、一人の長身の男が姿を現す。

「お前がクトゥルフの神々の一柱か」

「お初にお目にかかります。我が名はハストゥール。風を司るクトゥルフの神々の一柱にございます」

ハストゥールが名を告げるや、氷河たちの周囲に薄い気流が発生する。

「古来、人は風の流れを感じる中、その中でも怖れを抱くもの。時にはすべてを吹き飛ばし無に帰す、それすなわち人の力では制し得るものではないのです」

「これはどこかで聞いたな、たしか我が師カミュの受け売りだ。それが真理ならばそれでもよし、だが制しられずとも風に乗り風を使い、人は生きてきた」

「時には吹き荒れる嵐に耐え、人は生き続けてきた、かしら」

ハストゥールの講釈に氷河は応え、それにジュピターが続く。

「そうだな、たとえ向かい風が吹き荒れようとも、俺たちは進まなければならない。たとえお前が風そのものであろうともだ」

その言葉とともに氷河は向かっていく。

「氷河さん、サポートはいるかしら」

「今は、その気持ちだけで十分だ」

「・・・そうね・・・・・」

氷河が拳を構える。

「くらえ、ダイヤモンドダスト!」

氷河のダイヤモンドダストが繰り出されるも、ハストゥールは巧みに避ける。数回の業を繰り出しては避ける様にジュピターも何かに気が付いたかにみえた。

「この程度ですか、貴方の業は」

「まずは小手調べだ。これからが本当の業だ」

実際氷河もハストゥールの動きを半ば見切っていた。そこを狙い次の手が繰り出される。

「オーロラ・サンダーアタック!」

氷河のサンダーアタックが繰り出され、ハストゥールを捕らえる。はたしてハストゥールは氷に覆われる。しかしわずかに両掌を翻すとその氷は粉々に打ち砕かれる。

「これが最大の業なのですか」

「いいや、まだだ」

たしかにハストゥールに自分の業はきいていた。しかし相手はまかりなりにも神々の一族。こちらも全力を、それ以上の力を振るわなければならない。氷河のコスモは闘うたびに極限までに高まっていく。

両手を構え凍気を集中させ、いよいよハストゥールに繰り出さんとしたその時、

(いけない・・・・・!)

ジュピターが叫ばんとするも何故か口に出せない。

「いくぞ、キグナス氷河最大の拳、オーロラ・エクスキュージョン!」

氷河のエクスキュージョンが繰り出される。しかしハストゥールはまたしても両掌を翻し、氷河の拳を気流に乗せて受け流し、それを一気に凝縮させ氷河にぶつけるのだった。

「なんだと、まさか、やはりそういうことか」

氷河が彼らの業について何かに気が付くも、次の瞬間、吹き飛ばされ地に伏すのだった。

「・・・そうか、先に言ったはず、奴もまた神々ならば、手足を動かすかのごとく己の意思とともに業を繰り出すものだったか」

ハストゥールは倒れた氷河を一瞥し言い放つ。

「どうやら、理解できましたか、この勝負わたしの勝ちのようですね」

「いえ、あなたの負けよ」

ハストゥールの眼前には宙に浮かぶジュピターの姿があった。

「まさか、空を飛んでいる、いや、これは」

「ええ、氷河さんのダイヤモンドダストは未だ周りを漂って、私はその一つに乗っているの」

氷河とハストゥールは驚きとともにジュピターを見やる。さらにジュピターは言を続ける。

「言い換えれば、氷河さんの業はまだ発動しているってこと。今度は私が攻撃する番」

「ならば今一度吹き飛ばして差し上げましょう」

ハストゥールの両手が翻り、旋風が繰り出されんとしたが、そこから先、手が動かない」

「何、両手が、動かない、まさか」

「そう、あなたの手はすでに凍り付いているわ、もはやあなたの風は吹かない」

すでにジュピターのティアラは雷を帯びていた。

「そしてもう一つ、セーラー戦士に同じ業は二度と通じない。

シュープリームサンダー!」

こうしてジュピターの雷がハストゥールにさく裂してハストゥールはかき消された。

「大丈夫、氷河さん」

立ち上がろうとする氷河にジュピターが駆け付ける。

「ああ、でも見事だな」

「これも氷河さんのおかげ、さあ、先を急ぎましょう」

こうして二人も先に進むのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の神様6・7号:春の気まぐれな風はの巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
カイドウの屋敷図を求めて悪戦苦闘する中、乱恥気騒ぎの将軍オロチ、よもや世界政府にも手を伸ばしていたとは、サンジたちの報復のためかのドレークまでも乗り込んできたか。
 
<鬼滅の刃>
しのぶに立ちはだかる鬼、上弦弐の童磨、その狂気の刃にしのぶもたしかな怒りの刃で立ち向かうが、その勝機やいかに。
 
<勉強ができない>
好きなものの欲しさに関してのもどかしさ、その一方で誠意と真心さえあればなんとかなるのもまた事実か。
 
<幽奈さん>
お楽しみの修学旅行を前に相変わらず振り回される千紗希とコガラシ、そして臨戦体制の乙女たち。はたしてその行く末やいかに。
 
あとこれも<BLACK TIGER(グラジャン)>
幕末のあの事件の陰にドクターノアの姿ありか。宿敵はともかく結構ウザくなってきたな。
 
というわけでまた再来週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の神様19年度4・5号:刮目の新時代への巻

さて今回のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
カリブーを交えて脱出の気をうかがうルフィ、一方都では花魁の小紫太夫が将軍のもとへ向かう。その小紫太夫、金持ちから金をせしめ、用済みとなればあっさりと棄てる一物ありの女だった、しかしその裏に何かあるというのか。
 
<BORUTO>
果心が傍観する中、一触即発の手合わせを繰り広げるボルトとカワキ。そこに敵の一人デルタがしびれを切らして来襲。とりあえずナルトが対処するのだが。
 
<鬼滅の刃>
異空間に紛れ込んだ炭治郎たち。皆を活かすため逝った産屋敷の想いとともに鬼たちを斬り捨てていく。はたしてその生きつく先には。
 
<勉強ができない>
子守というものは一般の勉強のようには一筋縄ではいかないものだからね。でも育てていくうち愛着がわくのは当然の帰結だろうし。
 
<幽奈さん>
まさに危ない霊泉の効能で色攻めにあったコガラシ。結局男の試練を痛いほどの味わったことだろう。
 
それから相変わらずティガーにはかなわない両津だったが、わざわざタイムトラベルで当て馬にするのか。というわけで今年のジャンプはここまでで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NETFIX版聖闘士星矢、ですか

さてみなさん、80年代からの名作、聖闘士星矢。

そのスピンオフたるセインティア翔がアニメ化されたことは先の記事でも述べた通り。これも期待したいものですが、問題はそれと前後して、最近NETFIX版の星矢、なんとアンドロメダ瞬が女性化されているというではありませんか。それについて製作者側の意見が「女っ気が足りない」ということで。やはりどうかといった想いを禁じ得ない。

ご存じのとおり作者の車田先生のポリシーはある意味闘う男の世界、そんな中で女は戦いの中の一輪の華といった位置づけでもあるはず。それが時代を経て、行ってしまえばプリキュア全盛の現代。編者の記事はもとより翔子についても先生としてはギリギリの妥協点であったはず。それが今回の件にはある程度忸怩たる思いがあることは編者も述べることはないだろうけれど。

とはいえやはりここはある程度のネタとも受け止めて観た方が正解かもしれないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の神様19年度3号:望みの価値はの巻

さて今週はワンピがお休みで、
 
<鬼滅の刃>
己を犠牲にして無惨を追い詰めた産屋敷、柱たちの包囲がなってもなお不敵な無惨に、炭治郎が
立ち向かうのだが。
 
<勉強ができない>
女の子にとっては男はペットのようなもの、それが男にとっても自覚していればなお幸福なことだろうか。
 
<幽奈さん>
好きなものやことのためにはすべてをもなげうてる。たとえささやかな幸せや自己満足であろうとも。
 
というわけでまた次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その16)

さてみなさん、今回の聖闘士星矢VSセーラームーンは、いよいよ恐怖の神々との熱き闘いが本格化される運びとなりました。と、その前に、

そういえば聖闘士星矢のスピンオフたるセインティア翔がアニメ化される運びとなりましたね。そもそもセーラームーンは当初少女漫画でヒーローものをと連載され、後にアニメ化される際に編者にとってある意味星矢のリターンマッチにも見え、長じてこの企画を立ち上げた次第とこれも繰り返しますが。

先述の翔も星矢との共演がかなえばセーラームーンとの共演も考えなければならないかもしれませんね。

ともかくも今後の展開を楽しみにしつつも、それでは、ごゆっくり。

 

第9話:激突(その1)

暗黒の宮殿ルルイエ宮

そこに4手に分かれここに向かわんとする星矢たちの姿を空間に映し、たたずむ数人の人影がいた。

そう、彼らこそがかのクトゥルフの神々、今は人の姿に化身した者たちだった。

「首尾よく分かれたみたいだな、ナイアルよ」

まず一人が口を開く。

「これで一つずつやっちゃえばいいかしら」

「そうだね、そんな中でもあのペガサス星矢とセーラームーン、彼らについては特にもてなさなきゃいけないからね」

「そういえばクトゥグァが早速赴いているようですね」

「なればわたしも赴くことにしましょう。客人を待たせるのは失礼ですから」

と、二人の人影が席を外す。

「ふん、人間ごときは一気に屠り去ればいいものを」

「そう侮るものではない、イタカよ、君も知ってのとおり、オリンポスの神たるポセイドンとハーデスが彼らに鎮められた事実を軽んじてはならない」

「とにかく、僕たちはゆっくりと待つのみさ、何もここに来るのは彼らだけじゃないからね」

「それも、そうだな」

と残りの彼らも宙に映る星矢たちを見守り続けるのだった。

 

まずは紫龍とマーズが鬱蒼とした草むらの小道をひた走る。

「でもSムーンたち大丈夫かしら、星矢さんの足を引っ張らなきゃいいけれど」

「大丈夫だ、星矢のことだ、彼女たちを背負いながらも戦えるさ」

マーズの憎まれ口に紫龍も多少の愛嬌を込めて応えようとする。

しかし数個の火の弾が二人を襲う。そこには炎の髪の男が宙に浮かんでいた。

「来たか、クトゥルフの神とやら」

「いかにも、わたしはクトゥルフの神々の1柱、クトゥグァ」

クトゥグァが名を告げるとともにあたり一面が炎に包まれる。

「まずは手厚い歓迎ってところね」

「古来生きとし生けるものは火を怖れる。それは触れたものをすべて焼き尽くすものだからだ。だが人はその火を手にし文明を手にし、己の智に溺れていった。されど火は人の手に余るものがある。今の諸君らの状況がそれだ。さあ、今一度火を怖れるがいい」

「だからとてお前たちに屈するわけにはいかない。お前たちの恐怖で人々の希望を失わせるわけにはいかないからな」

「ええ、その先に人々の未来もかかっているから、焼き尽くされるわけにはいかないわ」

「それもまたよしだな、ならばその我が火を、炎を、そして災いを味わいたまえ」

クトゥグァが指を鳴らし、草むらの炎が一段と燃え盛る。

「炎なら私の得意とするところ、まずはいなしてみせるわ」

「待てSマーズ、あまり出すぎれば危険だ」

「こういうのはレディーファーストよ」

とSマーズが乗り出していく。

クトゥグァの繰り出す焔をまず印を結んで制し、その炎をもって自らの業を繰り出す。

「ファイアーソウル・バード!」

マーズのの炎が火の鳥となり、クトゥグァの襲い掛かる、しかしクトゥグァのに当たらんとするや、火の鳥はかき消されてしまう。

「まさか、バードが効かないなんて」

「言ったはずだよ、わたしは火の神、元来君たちの力など足下にも及ばぬものだ」

軽いまばたきの後、クトゥグァの周りに炎が発せられる。しかしマーズ、そして紫龍は何かを悟ったように見えた。

「・・・そうか、元来私たちは業を繰り出す時、印や拳を構えて放つもの」

「だが神々は、手足を動かすかのごとく、己の考えで業が放てるものだ、ポセイドンやハーデスがそうであったように」

その考えを呼んだかのごとく、クトゥグァが応える。

「ようやく理解できたようだね、さあ、理解できたら潔く燃え尽きたまえ」

クトゥグァの炎が放たれた。その炎がマーズを呑み込まんとしたその時、紫龍が盾を構えて護り切る。

「紫龍さん!?

「言ったはずだ、まずは君たちを護ってみせると」

そう言いつつ、未だ異次元にある天秤座の童虎の言葉を思い出す。

「紫龍よ、流れる河、そして滝には龍となり、すべての流れを遡るのだ。そして悪には山となり、すべてを受け止め、そして押し返すのだ」

「・・・師よ、この紫龍、教えのすべてを果たす時。そして・・・・・!」

そして紫龍のコスモが最高潮に達し、クロスを脱ぎ飛ばす。

「し、紫龍さん・・・・・」

「ああ、今こそ君の業を放て、俺に当たってもかまわない」

その言葉に意を決し、マーズも業を放つ。

「バーニング・マンダラー!」

前方にクトゥグァの焔、後方にマーズの業を受けつつ。高まったコスモを込めて今、紫龍が己の拳を放つ。

「いくぞ、廬山昇龍覇!」

紫龍の放った昇龍覇は、まずマーズが放ったマンダラーを呑み込みつつ力を強め、やがてはクトゥグァの焔をも飲み込み、そしてクトゥグァをも呑み込まんとした。

「まさか、炎の力をも飲み込み、己の水の龍を極限までに高めたというのか、これが聖闘士の力、いや、人の持つ可能性、と・・・・・」

こうしてクトゥグァを呑み込み、ひとまずは撃破することができた。一方の紫龍は多少の体力は消耗したものの、ほとんどが軽いやけどとかすり傷程度だった。

「し、紫龍さん、大丈夫・・・・・」

「ああ、大丈夫だ、さあ、星矢たちが待っている、俺たちも先に進もう」

と、クロスを装着し直し、マーズとともに先に進むのだった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今週の神様19年度2号:何だってできる元気をの巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
ソバ屋のサンジに因縁をつけるチンピラを退け、知り合った禿の少女と知り合い、ついでに花魁の小紫の噂を耳にする。その小紫は将軍オロチのお呼びとなるのだが、はたしてオロチのこの姿は。
 
<鬼滅の刃>
無惨とととに自爆した産屋敷、そして無惨の懐に飛び込んだ珠世、その覚悟と決意にひとまず手応えあったかに思われたが、はたしてこれで討ち取れるか。
 
<勉強ができない>
うるかの決意に自らを省みる成幸、それを元気づけんとする緒方だが。
 
<幽奈さん>
南国のリゾートのつもりがまさかの禁断のビーチへと、いかに夢の中とはいえ結局彼女らの願望ゆえなのか。
 
というわけでまた(再)来週に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の神様19年度1号:さすれば明日も斬り開かれんの巻

さて年度が替わっての今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
戦力の立て直しと裏工作も着々勧められていく中、捕らわれのルフィはともに捕らわれのキッドと張り合いながらも看守たちをも退けつつ機をうかがっているようにみえるのだが。
 
<鬼滅の刃>
産屋敷のもとを訪れた無惨死にゆく身の中で永遠についての問答とともに自らの身を預けんとする。そこに駆け付ける炭治郎たちだが。果たしてその想いは届くのか。
 
とりあえず今週から<勉強ができない>
海外留学が決まったうるかは成幸にその想いを伝えんとするが、ひとまずのラブコメの展開としては順調だろうか。
 
<幽奈さん>
酌人を倒してもまだ親父が残っている。その強大な霊力で狭霧たちを攻めるが、すでに霊力が高まったコガラシにひとまず退けられる。これで一見は落着したのだが。
 
というわけでまた来週

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の神様52号:ひとまず今のことをやり遂げようの巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
やはりモリアが生きていて、まさか健在だったとは。ひとまず黒ひげティーチに誘われて仲間に引き入れられるのか。あとルフィサイドも立て直しを余儀なくされるのもいいけど、ジャック以上のつわものもやはり現れたか。
 
<BORUTO>
久々のナルトとボルトの稽古に立ち会うカワキ。自らの苦行を重ね合わせるも、何かしら感じ入るところもあったが、ひとまず彼の心を開くきっかけができたかと思えば、あの果心が現れたが。
 
<鬼滅の刃>
柱稽古を済ませた炭治郎の前、あの風柱と義勇の対峙を目の当たりにする。相変わらずのギスギスな風柱だが、そこに鬼の手が伸びていくのか。
 
<幽奈さん>
圧倒的な実力で狭霧を攻める酌人だが、日頃の修練と仲間とのお付き合いのかいあってひとまずはその邪心ごと撃破したか。
 
<HUNTER×HUNTER>
王子側だけではなく組織側も着々手を尽くしていく。表とウラの抗争も徐々に激化していくのは必然か、というところで今年のHUNTERはひとまずお休みか。
 
ということで次回は来年度、あとHUNTERはまた来年ごろにお会いしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀魂・ひとまずの反省会

さてみなさん、大江戸の平和と宇宙の存亡をかけ、ひとまず大好評のうちにジャンプでの連載を終えた我らが銀魂。

その一方映原作と前後しての映画も公開されこれまた大好評、さらにはKOFオールスターズとのコラボもひとまず大好評とやはり連載が終わってもいわゆる銀魂フィーバーは終わらない。否むしろ終わってからが新たな始まりと言わんばかりである。

さておきそんな銀魂、当ブログにおいて編者の拙き文ながらもひとまずの紹介と感想を述べたいと思う。

舞台は幕末の大江戸にて突如異星から襲来した天人(あまんと)に半ば支配された世界。剣が廃れた世で己の武士道を貫かんと一人の男を中心に、多くの愉快な仲間たちが笑いあり涙あり、そしてもちろんバトルありの一大叙事詩的マンガであった。

かくいう編者も当初は21世紀のるろうに剣心と揶揄したこともあり、たしかに基本はギャグとアクションのノリだったが、時折見せるシリアスな人間ドラマも、キャラクターの人気と合わせてさらなる人気を博していった。とはいえそれらの物語が全体のストーリーは根幹を担っていて、さらには後半の展開にも影響を及ぼしていったのは今更述べるまでもないだろうけれど。

そんな銀魂もいわゆる終局の展開を経てもなおストーリーは収まらず、いわゆる増刊号にて持ち越しと相成った。これは星矢やこち亀にも見受けられた展開だから別段騒ぐまでもないけれど。これはさらなるエピソードも期待はできるとは思う。

ともかくも日本のアニメ・コミックの一時代を築いてくれた銀魂には大いなる称賛を贈ることにしましょう。

空知せんせい、そして銀さんたち、本当にありがとう。またどこかで会いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧