ジャンプ

小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その29)

第20話:黄金の意思たち
回廊の奥、おそらくはルルイエ中枢の間に誓い広間にて、星矢は一瞬歩みを止める。
「やはり、甦ってきたのか、おそらく俺を倒すために、そしてこの世を死で覆いつくさんがために」
「そうだ、いやそのことなどどうでもよい、そもそも余は闇とともにあり、その闇を覆わんとするクトゥルフの神々の企てに乗ったまでのこと。その上で闇に覆われた大地を支配する。これ以上の歓びがあろうか」
「いずれにしても、お前の好きにはさせない。ふたたび全力で止めてみせる」
「やってみるがいい。今こそ我が闇を受け、死の眠りに落ちるがいい」
闇の気を凝縮し、冥王剣を召喚するハーデス。しかし皮肉にもこの地の闇が薄れ、幾分か星矢の動きを解放する形となった。ハーデスにとっては己の全力をもって星矢を倒さんとする意図があるのだろう。いずれにしても、神話の時代より連綿と続けられたペガサスとハーデスとの戦いが再び繰り広げられんとしていた。
一方の星矢も、
「かつてハーデスと戦い、あの剣を受け死の淵をさまよった頃、先代のペガサスの聖闘士テンマ、そして歴代のペガサス。そして神話の時代まで連綿と受け継がれた闘いの歴史を垣間見た。それは人と神、この地上を護るに値するのは誰か、それを確かめるための戦い。それこそが俺たちの戦いなんだ」
そしてあらためて冥王剣を構えるハーデスと対峙する。その拳は黄金を超えた白金に輝いていた。
「あらためてもといた闇の中に返してやる、行くぞ」
 
一方でアザトースたちと対する紫龍たち。1人1人の実力は圧倒的で、流石に抗しきれないかに見えた。
「たしかに奴の実力は、今までの戦いはやはりお遊びに過ぎないか」
「そう卑下するものではない、たしかに君たちの実力を侮ったのもまた事実。かつてクトゥグァたちで十分とも思ったがね」
「ハストゥールたちをも退けて、今度は自分たちの出番といったところ、いや自分が動けばことを成すのはたやすい、といったところか」
 
また一方で一輝たちも、
「いずれにしてもこれからが本番だ、ここは俺だけで十分、というわけにはいかないな」
一輝が目を配り、瞬たちもこれに応じる。
「まずは、俺が先に行こう」
いずれ瞬たちも援護はするだろうと踏みつつ告げる。ひとまずは信頼の裏返しでもある。
 
変わって極北の地アスガルドにて、この地を治めるオーディンの地上代行者、ポラリスのヒルダ、彼女の周りにはゴッドウォリアー・ツヴァイが護りを固めていた。本来彼らを束ねるべきバドがルルイエで奮戦していることもあり、彼の無事を祈っていた。
そこにヒルダの妹フレアが駆け付ける。何かの訪れを感じてのことだ。しかしそれもヒルダ自身感づいていたのだ。
「お姉さま」
「ええ、やはり彼もまた参じるのですね」
ヒルダたちがいう“彼”は、アスガルド随一の勇者とうたわれた男だった。
 
それはアザトースの1体と対するバドたちのもとに訪れた。
「やはり、来たか」
「うん、彼はやはり」
それは、漆黒のゴッドローブをまとった、アルファ星ドウベのジークフリートだった。
「ふふ、どうしたバド、お前の白き影も薄れたというのか。それではお前にゼータ星の守護を託したシドも泣いているぞ」
「ああ、その言葉は耳に痛い。アスガルドを捨てた俺にとやかく言う資格はないが、この世界の平穏のため、奴を倒すために、力を貸してくれ」
「うむ、お前たちの力を借りずとも、もとよりそのつもり。しかし駆け付けたのはわたし一人ではない」
「やはり、彼らも来ていたのか」
 
それはシャイナたちのもとにもとある聖闘士が現れた。今や伝説の聖闘士とうたわれた琴座のオルフェだった。
「やはり貴方も来たのですね」
「ああ、今デメテルのもとに身を寄せていたと聞いたが」
琴座のオルフェ、かつて恋人のユリティースとともに冥界に陥るもデメテルに救われ、彼女のもとで傷を癒しつつ今に至り、この度の加勢と相成った。
「君たちも苦戦を強いられていると聞き、デメテルの呼び掛けに応じてここに来た。ハーデスには義理があるが僕もアテナの聖闘士。再び地上の平和のためにこの命を投げ出す覚悟だ」
「だけど、来たのは貴方だけじゃないだろう」
「そうだ、黄金の意思もまた、アテナの呼び掛けに応じ、陥った異次元から地上に、そしてこのルルイエにはせ参じた」
そんな中、ちびムーンがある決意を固めんとしていた。
「あたし、行かなきゃいけない」
「ちびちゃん」
「ごめんなさい、やっぱりセーラームーンのことが心配なの」
「そうかい、ここは私たちが食い止める。あんたは先に行きな」
「まずは僕から行こう。これ以上レディーを苦難に立たせるわけにはいかないから」
こうしてシャイナ、オルフェの援護もあり、ちびムーンはアザトースの攻勢を振り切り、やはりそこのアザトースも、ちびムーンをわざと行かせた感もあったのだったが。ともかく彼女もまた星矢やセーラームーンのもとにはせ参じんとする。
 
一方でセーラームーンも、ハーデスと対峙せんとする星矢のもとに参じるべくルルイエの回廊を走っていく。
 
そして紫龍たちのもと、ついに彼らも降り立った。
「やはり、来られましたか、師よ」
降り立ったのは、紫龍の師、天秤座ライブラの童虎だった。
「だいぶ苦戦を強いられたな、紫龍、氷河、それにセーラー戦士のお嬢さんたち。ここはわたしも力を貸そう。無論降り立ったのはわたしだけではない」
紫龍も重くうなずく。一方で一輝のもとにも、彼の最大の友にして師たる乙もが舞い降りた。
「大いなる試練を乗り越え、また一つ強くなったな、友よ」
「ふふ、しかしまだまだだ。これが野心だとすればいずれは裁かれねばならぬが、それは大いなる邪悪を祓った後だ。ここは俺だけで十分ともいえぬからな」
「その意気だな、一輝、さあ本当の戦いのはじまりだ」

| | コメント (0)

今週の神様20年度2号:支えるものと引きずるものの巻

さて今週のジャンプレビューは、まずワンピがお休みということで、
 
<鬼滅の刃>
死の淵で炭治郎が見たものは遠き日の縁壱の記憶。鬼狩りとしての彼の想いを垣間見、そしてあの無惨との因縁も語られることになるのだが。
 
<勉強ができない>
本試験を前に誰もがピリピリしているが、やはり頼りになるのは成幸の励ましだった。これで安心して臨むことができるといったところか。
 
<幽奈さん>
魔法のブラも使いようによっては締め付けもキツいのは自明の理だな。眠ったときでも付けねばならぬのはやはり女としては辛いところ。
 
<サムライ8>
青銅に戻らんとする三打、ひとまず監視とする特務の侍とともに星を砕かんとする弁を止めることになるのだが。
 
といったところでまた来週。

| | コメント (0)

今週の神様20年度1号:明日にかける何かはナニの巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
白ひげと接触し、船に乗り込んだおでん、イゾウとイヌネコも伴い、そして紆余曲折の末途中謎の女性トキを拾い、彼の夢にまで見た冒険の日々が繰り広げられるかに見えた。そんな彼の活躍を見守っていた人物もいたのだが。
 
<鬼滅の刃>
炭治郎の危機に禰豆子が駆け付けんとし、迫る無惨の脅威に悲鳴嶼と不死川も駆けつける。大いなる犠牲の果ての哀しみを怒りに昇華して。そして死の淵に炭治郎がたどり着いたものは。
 
<勉強ができない>
結構モテる成幸に、誰もが趣向を凝らしたチョコを送る中、意を決してうるかも心ばかりのチョコを送る。こればかりはその真心も通じたか。
 
<幽奈さん>
夢魔同士の争いはやはり危ないがケリが付ければ潔いものだった。まあ何にせよ元に戻ってひとまずはよかった、かもしれない。
 
<サムライ8>
すべては己の野望と欲望を満たすための茶番だった。八丸、そして骨河いやさ三打も意を決し己をかけて命を懸けんとするのだが。
 
とりあえず今週はここまでで。

| | コメント (0)

今週の神様52号:やらかした人たちの巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
流れ着いたイヌとネコを合わせて彼ら赤鞘の侍たちの誕生。そして白ひげ一党との邂逅を描かれたが、それにしても山の神、よく生きていたな。
 
<鬼滅の刃>
ついに地上に引きずり出したのはいいが、斬撃が効かないバケモノに手も足も出ないのはともかく、炭治郎が無惨の血に侵されてしまった。はたしてこのまま終わってしまうのか、それとも。
 
<勉強ができない>
バレンタインに備えて成幸へのチョコのプレゼントに悪戦苦闘。いざ渡さんとするに、成幸もすでに多く贈られていったか。
 
<幽奈さん>
いざ普通の生活を送らんとするにどこか違和感が。やはり鳴石の思惑にはまってしまったが、このままではいられなくひとまずの抵抗をするのだが。
 
<サムライ8>
秘めたる力を解放した達磨、追い詰めた弁には恐るべき秘密が、拾った骨河の父義常を死に追いやったというのだが、これはどういうことなのか。
 
ひとまず今週はこんなところで。

| | コメント (0)

今週の神様51号:執念の行き付く先の巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
出奔後に続々と家臣を集め、ついにはワルのたまり場の九里の大名となるおでん。しかし異変は海の向こうから訪れる。一方で康イエのもとのオロチも不穏な動きを見せ始めるのだが。
 
<鬼滅の刃>
兪史郎の怒りの執念で無惨の無限城も崩壊を始める。無惨の“支配”に耐えつつもついには城を解放するのだが。
 
<勉強ができない>
残りの学園生活において文乃もまた成幸との気持ちを確かめ合う。まるでこれからの別れを惜しむかのごとくに。
 
<幽奈さん>
夢魔としての本能が抑えられない中、普通の生活を望むべく仲間を頼るのだが、はたしてどうなるか。
 
<サムライ8>
弁に対するダルマ、弁の卑屈なる強大さに対しかねる中。己に込められた力と覚悟で真の力を解放するのだが。
 
ひとまず今週はこんなところで。

| | コメント (0)

小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その28)

第19話:死の運命(さだめ)
カノン島
いまだ曇天の中、貴鬼の脳裏に何かの声が響く。それを少女が案ずる。
「どうしたの、貴鬼」
「うん、この声、やはり、ムウ様」
その声は、貴鬼の師、牡羊座アリエスのムウの声だった。
「うん、もうすぐ、戻って、星矢たちの、力になるんだね。分かったよ」
「まさか、ムウ様が異次元から」
「うん、他の黄金聖闘士とともにね」
「それじゃあ、シャカ様や童虎さまもまた」
「そうだよ、これで一安心、といいたいけど」
「また何かあるの」
「うん、もっと大きな恐怖が、星矢たちを襲ってくるんだって」
「そうなの、でも、大丈夫だよね、星矢や一輝たちだったら」
「うん、そうだよね」
こうして貴鬼たちもまた、カノン島の火山の噴煙とともに、曇天の空を見守っていた。
 
一方でルルイエ中枢に向かわんとするセーラームーンたち。そんな中、ラダマンティスが突然動きを止める。
「どうした、ラダマンティス」
「う、うむ、この感じは、間違いない。“あの方”も甦ってきたのか」
「うむ、たしかに・・・・・」
「かつてタナトスがパンドラ様を攻撃したのと同じように、この俺の体を締め付けてくる感が、いや今はデメテルの護りがあるとはいえ、俺の動きを封じるには十分なこの存在感は」
「あの、いったい、どういうこと、ですか」
心配そうにセーラームーンがたずねるもラダマンティスはそれを軽く制する。
「ああ、心配ない、ひょっとするとお前の力にはなれないかもしれない。かといって襲い掛かることもないだろう、ここは俺を置いていってくれ」
「ふん、だがその時はせめて、俺が力に・・・・・」
「いえ、ここは私が行かなきゃいけない、そんな気がするんです」
カノンたちに気遣われるまま、セーラームーンもまた強い意志で前を見据えんとした。しかしそこにまた端正な男の姿があらわれた。
「また、クトゥルフの神々か」
「左様、わたしはクトゥルフの神々・アサトース」
 
一方で紫龍たち、一輝たち、そしてちびムーンたちのもとにもそのアザトースが現れていた。
紫龍「これは、今までの奴とは比べ物にもならないな」
マーズ「たしかに、この存在感には圧倒されるわね」
ジュピター「やっぱり、うかつには近づけないわ」
氷河「本気でかかってもまだ足りないが、それでも自分を信じなければいけないな」
 
瞬「この人の強大なコスモはともかく、他にもこの人と同じコスモを感じるのって」
マーキュリー「たしかにそんな気がします。まさか、同じ人が何人も」
一輝「いずれにしても叩きのめすのみだ、たしかに倒しがいがある敵といいたいが」
ヴィーナス「油断はできないってことね」
 
シャイナ「どうした、さっきまでの元気は引っ込んだのかお嬢ちゃん」
テティス「目の前のこの人も、また強大な存在だけれど」
ちびムーン「この人もクトゥルフの神々の人、でもこの人だけじゃあない」
ネプチューン「たしかに、彼だけじゃないというの」
 
バト「ようやく手応えのある相手と戦えるな、しかし」
ウラヌス「実体も感じられるのはたしかだけど、どこか違うというのかな」
 
クリシュナ「どうやら紫龍たちも、奴と同じ存在と戦っているようだ」
プルート「というよりも、どれも同じ実体です。ここは各個に戦うしかありません。私たちはともかく彼らの勇戦に期待しましょう、そして・・・・・」
 
こうしてそれぞれのアザトースが動き始める。
「そう、わたしは一つですべて、すべてで一つ、人は己の存在に疑問を抱くとき、そこにこそ恐怖を感じる時がある。そんなわたしを通じて己が抱く恐怖を感じたまえ」
 
そして星矢はルルイエ奥の回廊をひた走っているのだが、
「この奥にアテナがいるはずだ、しかし何なんだこの気分の悪さは、やはりあいつが甦って、だがたとえそうだとしても」
その先にあるものを感じつつ、星矢はただひた走るのだった。
 
一方カノンたち、対峙するカノンとアザトース、その上でセーラームーンが、そしてラダマンティスが立ち向かわんとする。
「フッ、もういいのか、ラダマンティス」
「うむ、あの方のコスモで動きを封じられたが、奴の気のおかげで持ち直すことができた」「そうか、ならば俺の足を引っ張ってくれるな」
「言われなくても分かっている。ところでお嬢さん、ここは俺たちに任せてお前は少し待っていろ」
ラダマンティスの言葉にセーラームーンもまた強い意志で応える。
「いえ、さっきも言ったけど、私が、行かなきゃ」
「そういうことならば任せてもらおう。まず戦端くらいは拓けるはずだ」
カノンの言葉にラダマンティスもまた身構える。そしてそれぞれの業を放っていく。
「ギャラクシアン・エクスプロージョン!」
「グレイテスト・コーション!さあ行け、セーラームーン」
二人の業とともに、セーラームーンが突き進む。アザトースがそれらを受けるとともに、セーラームーンが通り過ぎる。
「・・・やはりこの先の恐怖に向かうか、それもまた、君にふさわしいな」
あたかもセーラームーンが通り過ぎるのを承知の上で、カノンたちに向き直る。
「これで君たちと対することができる、いや・・・・・」
「まだ何かいるというのか」
「たしかに、近付いてくるな」
カノンたちの目の前に一つの存在が降り立った。それは薄暗い衣の少し幼い少女だった。
「セーラームーンは無事通り過ぎたようね」
「うむ、君は何者だ、彼女の味方であることは間違いないが」
「はい、私は、セーラーサターン。及ばずながらも、私も力になりましょう」
「それは、ありがたいな」
こうしてカノン、ラダマンティス、そしてセーラーサターンがアザトースに立ち向かうことになる。

| | コメント (0)

今週の神様50号:晩秋のブラッディカーニバルの巻

さて今週のジャンプレビュー、今回ワンピがお休みということで。
 
<鬼滅の刃>
全ての生物を喰らい尽くさんとする存在感の無惨、その戦いぶりはまさに究極の生き物。みるみる炭治郎を追い詰めていく。それと同じく蜜瑠たちも倒されたと告げるが、当の本人たちはしっかりと生きている。実は鳴女の目に兪史郎が細工をしていて、珠世を殺された怒りの逆襲が今始まるのだが。
 
<勉強ができない>
理珠の催眠術で真冬との節分にかこつけてのアブない接待はいいが、豆の代わりに落花生というのもやはりあったなあ。
 
<幽奈さん>
こちらはアブないツイスター、大方の予測通りくんずほぐれつのセクシー祭りになっちゃったか。
 
<サムライ8>
突然のコツガの裏切り、侍になれなかった彼だが、一度己を捨て侍になった八丸も、己の侍魂にかけて彼を正道に戻せるか。
 
ひとまず今週はこんなところで。

| | コメント (0)

今週の神様49号:明けた災厄の巻

さて今週のジャンプレビューは土曜発売ということで、
 
<ONE PIECE>
突如来襲した山の神、体を張って食い止めんとした錦えもんを退けて自らが立ち向かったおでん、ひとまず鎮めることができたが今度はスキヤキからの絶縁状、ついで身を寄せた康イエのもとには若きオロチが、はたしてこの取り合わせは何をもたらすのか。
 
<鬼滅の刃>
ついに復活を遂げた無惨、輝利哉ですら自失せんとするこの事態、ひとまず炭治郎が駆け付ける。自らを災厄と嘯き、死の運命を受け入れるよう告げる無惨に、炭治郎も静かな怒りを燃やすのだが。
 
<勉強ができない>
今度はあすみん家の診療所でのアブない一夜、こちらは家族ぐるみでの付き合いだからある意味面倒か。
 
<幽奈さん>
今回は朧と雲雀のデート、たしかに仲間内の交流といえば無理からぬと言いたいが、まあお話とメンバーの関係で結局アブない展開になるからなあ。
 
<サムライ8>
勝利に沸く八丸のもと、主催者が現れ戦いを挑む。仲間に引き入れたいという八丸だが、相手はいわくつきの悪党、しかも仲間が敵の間者という。果たしてこの危機にどう立ち向かうか。
 
というわけでまた再来週の月曜まで。

| | コメント (0)

今週の神様48号:たぐり寄せられた糸の巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
かつてのおでん、幼き頃より破天荒な生き方を送り、今もまた友の弔いもまた破天荒。それをやっかむものもあれ、慕う者もまたいたのだ。そんな彼の前に強大な獣が立ちはだかる。はたしてその先に待つものは。
 
<鬼滅の刃>
多くの犠牲を払いながらも、あの無惨が復活し、珠世をはじめ多くの隊士を餌食にしていく。そんな中友の死に涙しながらも最期の力をつかみかねていたのだが。
 
<勉強ができない>
冬の雨の日に真冬とのふれ合い。かつて味わえなかった想いを今になって真冬もまた噛みしめていたのだが。
 
<幽奈さん>
今日は幽奈の誕生日ということで、もともと霊体の彼女を何かと形にせんとしたのだが。しかし初っ端の裏ワザは見事だな。
 
<サムライ8>
今まで培った想いとともにかつての壁だった竜との再びの激闘を制したのもつかの間、ある意味避けては通れない強敵が来襲するというのだが。
 
といったところで、次回は土曜発売ということで。

| | コメント (0)

今週の神様47号:途切れぬ思いの巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
来る決戦に向けて意気上がるルフィをよそに、すでにオロチによって路が遮断され、身動きが取れない状態になっていたのだが。そんな中、おでんの過去が明かされることになるのだが、はたしてどのような物語が語られるのか。
 
<鬼滅の刃>
上弦の壱・黒死牟は斃れた。しかしその代償もあまりにも大きかった。無一郎は今わの際で兄の想いを受け、玄弥は不死川と本当に分かり合い、そのまま逝ってしまう。しかし戦いはまだ終わっていなかったと悲鳴嶼は告げる。
 
<勉強ができない>
先の犬をめぐってのうるかとのボートでの騒動、しかし飼い主が見つかってよかったな。
 
<幽奈さん>
恒例のアブないハロウィンパーティー、しかしこういったエッチなイタズラが毎度のことといったところでひとまずはおとがめなしだったか。
 
<サムライ8>
戦いの末の導きを受け、八丸たちは次の戦いに向かう。たしかにこの大会が一つのゲームだったら、八丸にとっては得意分野、つまりはプロのゲーマーとしての独壇場ともいえるが。
 
といったところでまた来週。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧