映画・テレビ

ロードオブザリング・力の指輪、ですか

さてみなさん、世界のファンタジーの名作たる『指輪物語』その外伝的作品たる『力の指輪が』プライムビデオ等ネットを中心に配信される運びとなりました。
物語は先に述べた外伝というだけあり若き日のエルロンド、ガラドリエル等おなじみのキャラを中心に様々な登場人物とともにいずれ台頭するであろう闇の一族に立ち向かうといったストーリー、ということで、先の『リング』や『ホビット』にも引けを取らない活劇や人間ドラマを繰り広げることでしょう。
ネット環境に余裕のある方はもとより、そうでない方もそれなりに一見の価値もあるとは思いますので是非ともご覧になって下さい。

| | | コメント (0)

令和の風雲たけし城、ですか

さてみなさん、80年代のお茶の間を熱狂の渦に巻き込ませた『風雲たけし城』
難攻不落のたけし城をめぐって全国から集まった挑戦者が様々なアトラクションを切り抜けて、最終目的のたけし城を攻略するという番組であった。
あの当時としてもプレイヤーの挑戦とそれを見守る視聴者がまさに一体化するといった感覚を覚えたと聞き受けました。
そのたけし城のヒットを受け、海外でも類似の番組が放映され、昨今は同じくTBS系列の『SASUKE』が放映され、腕自慢のプレイヤーが体力の限界に挑んでいった。
そして今、令和のたけし城が放映される運びとなり、古き良き熱狂をお茶の間に呼び起こすことでしょう。あの熱き思いを折こい起こす方や、新たな刺激を求める方も一見の価値はあると、思いますがいかがでしょう。

| | | コメント (0)

ソー・ラブ&サンダー、ですか

さてみなさん、いよいよ明日、マーベルシリーズの新作たるソー・ラブ&サンダーが公開される運びとなりました。
マーベルヒーローにして北欧の神の一人でもあるマイティソーが、かつての恋人がもう一人のソーを名乗り、さらには神々の世界にも邪悪な影が舞い降り危機が訪れる。はたしてソーはその危機を乗り越えられるか、といった内容で物語は進められるということで、ただ戦うだけではなく、一人のキャラクターとして生きることに苦悩するさまも見どころの一つともいえますが。
兎にも角にも夏は涼しい映画館にて熱い映画を楽しむのもいいかもしれませんね。

| | | コメント (0)

今更ながらスターシップトゥルーパーズについて語る

『スターシップトゥルーパーズ』は90年代にSF小説から映画化された作品である。
舞台は近未来の、宇宙に進出した人類は近隣の惑星に巣食う昆虫型の異星人と遭遇し、果てしない生存抗争を繰り広げる。
その中で主人公リコが親友とともに志を立てんと軍人の道を歩み、バグズとの戦いに身を投じる。
死闘の末多くの仲間を失いながらも人間的に成長するリコはいつしか英雄と目され、後続の兵士たちをよくよく導いていく立場になっていく。
というのが大まかなあらすじとなっている。
そもそもこの作品、原作『宇宙の戦士』をもとに制作されたことは先の述べたところだが、映画での戦闘シーンでは原作と違い、大挙して襲撃する敵に人類側もマシンガン等で応戦する。その豆鉄砲程度にしか効き目がない中で被害を広げていくのは残酷な上にこっけいさも感じられるかもしれない。こういったのが映画の味となっていくのはさらにいただけないと思うのは編者だけではないはず。しかしこういった第1作の状況描写より後述の第2作を経て第3作からは原作でもおなじみのパワードスーツでの戦闘も繰り広げられていくのだが。
その三部作のひとまずのヒットから近年では3Dアニメやゲーム化もされ、そこでのストーリーも展開されていった。ちなみに日本でも原作小説からのアニメ化もなされ、これもひとまずのヒットが成されていった。
遅れながら第1作から第2作は外伝的なストーリー、第3作はさらに原作からの派生ながらも本格的な抗争と相成り、その後の作品へと続いていったということで、昨今のSF映画界のその1ページを刻んだことだろう。

| | | コメント (0)

スパイダーマン ノーウェイホーム、ですか

さてみなさん、アメコミ随一のヒーローで親愛なる隣人の二つ名でも有名なスパイダーマン、その映画最新作『ノーウェイホーム』がいよいよ明日公開される運びとなりました。
ストーリーは同じヒーローたるDr.ミステリオとの接触の末、マルチバースなる多重世界からあまたの悪役が現れ、一斉にスパイディに襲い掛かる。それを苦悩しながらも対しなければならないといった内容でもある。
スパイディにとっては最大の危機でもあるこの事象、ことに日本の特撮ファンとしてはある意味夢の対戦でもある展開にスパイディ:ピーターの運命に心を動かされながらも胸が躍らざるにはいられないこの展開、やはりまずは劇場に足を運ばずにはいられないことでしょう。ともかくも新春の映画にはふさわしい一本だとは思いますが。

| | | コメント (0)

映画・エターナルズ、ですか

さてみなさん、今回は最近上映中の『エターナルズ』について一言二言述べておきたいと思います。
マーヴルヒーローズとは別に、太古の昔から地球をはじめとする世界の均衡を護るべく守護を担ってきた者たち“エターナルズ”
前作エンドゲームにて荒廃した世界の復興と、それを狙わんとする敵との壮絶なる戦いと、エターナルズ間の人間ドラマを主軸にストーリーが展開され、作品の華となっております。
皆様の中にもご興味があるならば、ご近所の映画館に足を運ばれるのもいいと思いますし、また都合によってはネットやDVD等のレンタルを利用されてはいかがでしょうか。

| | | コメント (0)

スターウォーズ・ビジョンズ、ですか

さてみなさん、世界のSF映画の金字塔『スターウォーズ』その新シリーズが日本のアニメーションプロダクション数社と提携し製作される運びとなりました。
そもそもスターウォーズの原点が日本の映画だということで、エピソードごとに各社の制作でディズニープラスにて放映されることとなったわけです。
気になるストーリーは原作映画のエピソードを通じての歴史や、純粋なサイドストーリーを楽しめる仕様だろうと踏んでいますが。それを考慮してもSWマニアやそうでない人でも映画とはまた違った視点でも楽しめると思います。
とはいえ先に述べた通りディズニープラスでの放映となりますので、視聴の機会がない方でも何らかの形で視聴してもいいかもしれません。

| | | コメント (0)

サンダーバードGOGO、ですか

さてみなさん、世界の特撮ドラマ史上の名作、サンダーバードが来年テレビ配信する運びとなりました。
サンダーバードといえば世界中の災害や犯罪に苦しむ人々を救出し、それの伴う難事件を近未来の科学力で解決するといったストーリーで、特殊撮影で繰り広げられるメカの活躍や、少し安易な表現ながら人形劇で演じられるキャラクターの活躍に定評があった。
そんなサンダーバードが放映開始から55年が経ち、今回完全新作でリメイクされる運びとなった。そういえば予告映像でチームの本拠地たる屋敷が爆破されたオープニングでチームそのものの危機が降りかかるのは容易に推測できる。はたしてその危機を脱することができるか、といったところで往年のファンや最近興味がわかれた方も来年の放映に期待はしたいものです。

| | | コメント (0)

スパイダーマン映画最新作、ですか

さてみなさん、マーヴルヒーローズの一人たるスパイダーマンの映画最新作『ノー・ウェイ・ホーム』が今冬劇場公開される運びとなりました。
気になるストーリーは、自分の正体を明かされたスパイディがその記憶を消してもらうも時空が歪み更なる窮地に陥ってしまうというということで。
先のアベンジャーズに通じ人間的にも成長したかと思いきや、戦いを繰り広げるごとに苦悩する様を中心に繰り広げる人間ドラマもまた見どころだとは思いますが。
はたして重大な選択を迫られるスパイディの運命やいかにということで、機会があれば劇場に足を運んではいかがでしょうか。

| | | コメント (0)

映画・ミニオンズフィーバー、ですか

さてみなさん、ちょっぴりお茶目でドジで憎めないあのお騒がせなミニオンズたちが、年明けに劇場公開される運びとなりました。本来今年の公開となるはずでしたが、やはりご多分に漏れずの騒動で延期の憂き目となりましたが。
気になるストーリーはリーダーのボブが70年代スタイルに身を包んでいることから、その70年代が舞台となり、若き日の怪盗グルーをはじめ床なキャラがスクリーン狭しと大活躍を繰り広げていくことでしょう。
この作品もできれば劇場で楽しんでいきたいものですが、その時までいくらか収まればいいとも思いまず。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧