旅行・地域

おためし紀行:22GWのドライブ

さてみなさん、今年のゴールデンウイークはいかがお過ごしでしたか。かくいう編者は3、4月からの体調不良から仕事はともかく創作もままならず前半は自宅待機を余儀なくされ、やっと後半で体が動けるようになりどこかへ行こうと思いましたが、やはり近場のドライブに落ち着きました。
Photo_20220515173901
はじめ幸田から岡崎と車を走らせ、松平から岡崎サービスエリアにお邪魔し軽食をいただきまたドライブを続けました。
Photo_20220515173902
続いて久しぶりに訪れたイオンモール岡崎は、各階ごとの店構えを楽しみ、これまた軽めのショッピングと洒落込みました。これもまた機会があれば。
Photo_20220515173903
そしておなじみヴィレッジヴァンガード岡崎店、しばらく訪れないうち岡崎店ならではの品を楽しんだ後本を一冊購入。
こうしてひと通り楽しめたドライブでした。次回いつになるかは分かりませんが、またどこかに行きたいものです。

| | | コメント (0)

おためし紀行ちょこっとグルメ:パンのトラ安城店

さてみなさん、今回のちょこっとグルメは、パンのトラ安城店さんのレポートを遅ればせながらもお送りいたします。
Photo_20220504053701
実はこのパントラさんは以前から何度もお世話になっていましたが、ここであらためてご紹介する運びとなりました。
Photo_20220504053702
今回ご紹介するのはこの5品、アンパン、クリームパン、メロンパン、ハムサンドに紙袋のボルシチパンで、出張先での撮影ということで袋から出しての撮影が憚られました。どうもすみません。
いずれもおいしくいただけました。とまあ次の機会を待ってあらためてご紹介したいとは思っておりますが。

| | | コメント (0)

おためし紀行ちょこっとグルメ:焼きいも丸じゅん(愛知県碧南市)

さてみなさん、今回のおためし紀行はやはりスケジュールの都合で近場のドライブで済ましている昨今の中、やはり一度は立ち寄りたかった焼きいも丸じゅんさんを訪れることになりました。
Photo_20220416165001
丸じゅんさんは以前テレビでもご紹介があり、この西三河はもちろん愛知県内外でも知られる名店ということで各地からのお客さんでにぎわっています。
編者個人といたしましても今冬焼いも等にはご無沙汰な状態が続いていて、今回思い切って購入することになりました。
Photo_20220416165002
とはいえ、品ぞろえを見てみると結構な種類で目移りするのみで、さしあたって無作為の4品ほどを購入し、家に帰って味わうことになりました。
あと機会があれば、サイドメニューも来る夏にでも味わってみたいとは思いますが。

| | | コメント (0)

おためし紀行:名古屋・栄2022冬

さてみなさん、今月の中旬頭に少し思うところもあり、名古屋の栄に赴くことに相成りました。ここ最近の不景気やらコロナ禍やらでなかなか行くことができなくなった昨今、思い切って行くことなりました。
Photo_20220115091201
まずは旧テレビ塔の中部電力MIRAI TOWER、今でも栄のシンポリックスポットとしてその威容を誇っております。
Photo_20220115091202
その真下には最近になって建てられ、その陣容を誇る久屋大通公園の店舗、ひとまずのショッピングを楽しむことができました。あとショッピングといえば栄の地下街にも足を運び今でも衰えぬ盛況ぶりも楽しめました。
Photo_20220115091203
そしてオアシス21、そこの屋上にて栄の街並みを見下ろし、改めて感慨を覚えたものでした。
というわけで、滞在は昼すぎまででしたが、散策には最新の注意を払いつつ楽しむことができました。次に来るときはコロナ禍も収まってくれることを祈りつつ名古屋を後にしました。

| | | コメント (0)

今年のクリスマス2021

さてみなさん、今年のクリスマスについては昨今の不景気さとコロナ自粛でどこにも行けないのかと悩んでいた昨今。やはりおなじみのデンパーク安城に赴くことにしました。
Photo_20211226171601
今年のウィンターイルミネーションも夜空に映える幻想的な美しさで、日常の煩わしさを一時忘れられるには十分でした。
Photo_20211226171602
屋内のイルミネーションえはおりしもイブのコンサートが開かれ、これまたロマンティックな気分を味わうことができました。
Photo_20211226171603
こうしてイルミネーションを心行くまで味わった後、家路についた後で、家族での鍋パーティーに興ずることができ、これからの年末の追い込みに対する英気を養うことができました。

| | | コメント (0)

おためし紀行:道の駅 もっくる新城(愛知県新城市)

さてみなさん、今回は先日東三河を中心としたドライブをメインに、新城市の道の駅、もっくる新城さんを中心にお送りする運びです。
西尾から東三河まではバイパスを通り、蒲郡、豊川から新城へのルートでそうそう急がずに街中や時折見せる自然の情景を楽しみながらドライブを楽しみました。
Photo_20211215063201
こうしてたどり着いたのがもっくる新城さんです。前々から訪れたいとは思いましたが、今回この機会を得ることができました。
Photo_20211215063202
そういえば先日路線バスも開設して一応手軽に行くことができましたね。
新城さんには各地の名産が販売されて、編者も買い物と洒落込みたいのですが、これはまたの機会に、軽めのおみやげと軽食を購入し次の目的地、というか引き続いてのドライブを楽しむことにしました。
結果的にはお目当ての新城さんには滞在時間はそう長くはなかったのですが、機会があればもう一度訪れたいですね。

| | | コメント (0)

おためし紀行・道の駅藤川宿(愛知県岡崎市)

さてみなさん、今回は岡崎市の道の駅藤川宿へ先日お邪魔いたしました。
Photo_20211115031801
休日を利用して近場のドライブに洒落込みその途中で今回の訪問と相成りました。
Photo_20211115031802
藤川宿を訪れる旅人をまず我らが家康公がお出迎えと相成り、いざ買いもの。さしあたり軽いお菓子と飲み物を、そして宿ならではのおみやげということで岡崎銘菓を一つ購入しました。
Photo_20211115031803

Photo_20211115031804
というわけで今回のおみやげ、淡雪で有名な備前屋さんの八丁みそ松風をおいしくいただきました。
ともあれ藤川宿へは来月下旬当たりに一畑山に参拝する予定ですので、そちらでも帰りご厄介になるつもりです。

| | | コメント (0)

おためし紀行特別編・超ラッセン原画展(西尾コンベンションホール)

さてみなさん、今回はこの場を借りて先日西尾のコンベンションホールにて開催された、超ラッセン原画展及びディズニー原画展に赴いたいきさつについてお送りいたします。
Photo_20211031211501
まずラッセン展については、海と動物を中心に幻想的な自然の絵画で有名でしたが。この場を借りてその壮大な世界観に入り込もうと思いこの度の訪問と相成りました。
もちろんディズニーの原画についても今までの作品を通じて多くのクリエイターに皆さんの夢のある原画もこれまた楽しむことができました。
Photo_20211031211502
ただ今回は即売会の体もあり、中の写真をお送りすることは憚られたこともあり、せめておみやげということでラッセンの作品が描かれたクリアファイルを購入することと相成りました。
こういった芸術作品に触れる機会も、昨今の問題が解決次第できるだけ得たいとは思いますが。

| | | コメント (0)

おためし紀行・蒲郡の竹島

さてみなさん、今回のおためし紀行は吉日を選んで遅ればせながらの蒲郡、竹島を訪問した記事をお送りする運びです。
先述の通り昨今のスケジュールの不備と天候の不安定が重なり定日の公開がままならぬまま、久しぶりの晴天の休日を選び早朝のドライブに繰り出すことになりました。
Photo_20211028063301
西尾、吉良、幡豆、そして蒲郡と車を走らせ、たどり着いたのが蒲郡の竹島周辺でした。そこでこの機会を借り、久しぶりに竹島の大橋を渡り、竹島神社を参拝することにもなりました。
Photo_20211028063302
日頃のモヤモヤを晴らす一方で、神社とその自然の霊気を取り込んで明日への活力を得ることを目的として参拝を済ませ、少しのドライブの後で家路につく運びとなしました。

| | | コメント (0)

おためし紀行:岡崎市美術博物館の水木しげる・魂の漫画展

さて今回遅ればせながらも岡崎市美術博物館に赴く運びとなりました。
Photo_20210919204201
岡崎市街から東公園を経て岡崎美術博物館へと車を走らせ、赴いた博物館では水木しげる先生の魂の漫画展が開催していました。
Photo_20210919204202
水木しげる先生は『ゲゲゲの鬼太郎』や『悪魔くん』を世に著された妖怪漫画家として日本マンガ史にその名を刻まれました。
編者が知るところでは、不思議なものへの憧れを芽生えた幼少期、過酷な戦争に従事し、後に貸本漫画家として貧困の中から先述の作品を世に送り出し、鬼太郎のヒットを受け今の地歩を築かれたものでした。
そして晩年妖怪と世界を通じて悠々自適な生涯を過ごされたものでした。
そんな水木先生の激動の歴史とともに今まで表された作品が展示され、あらためて先生の作品の魅力、そして先生の想いをを感じることができました。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧