ゲーム

復活SUNSOFT、ですか

さてみなさん、80年代ファミコン等でご存じの方もおられるかと思いますが、かつてのゲームメーカーたるサン電子さんがこのたびゲーム業界に復帰する運びとなりました。
サン電子すなわちSUNSOFTはファミコン時代では『アトランチスの謎』や『マドゥーラの翼』90年代のネオジオにては『ギャラクシーファイト』『わくわく7』等で当時としてはクオリティ性の高い作品を世に送り出したことでも有名でした。しかし時代の流れとともにゲーム業界から撤退し、いまでは電子機器メーカーとして細々と活躍しているとか。そんな中でのゲーム業界復帰ということで否が応でも期待が持てることでしょうが。はたしてどのような展開となるかも見守っていきたいけれど。

| | | コメント (0)

新・信長の野望、ですか

今や日本のゲーム史にその名をとどろかせる、戦国シミュレーションゲームの大作『信長の野望』
自国の国力と兵力を上げて他国に攻め入り領土を広げ大名を中心に多くの配下武将を従え、商人の力を得て多くの武器やアイテムそして政策までも駆使して、ついには天下を統一するという流れはそのままに、30年以上の歴史を経て今回のリリースと相成りました。
それらのゲーム性にあわせて今回武将キャラごどの声が当てられ、よりドラマ性が高まってのプレイが楽しめるということで期待が持てること請け合いです、とも言ってみたり。
あとスマホ等での稼働ということで、まさに隙間時間でプレイするもよし、じっくりと腰を据えてプレイするもよしと幅もある程度広がることでしょう。
ということでこの作品も期待すべき一本になるかは盛り上げ様がカギとなるとは思いますが。

| | | コメント (0)

ゼノブレイド3、ですか

さてみなさん、ネットで入手した情報からながらも、今年9月ごろに『ゼノブレイド3』がNintendo―Switchより発売される運びとなしました。
ゼノブレイドとはかつてプレステ1で発売された、はるかな未来、とある兵器に翻弄された人類の運命を描いたゼノギアス、プレステ2で発売された宇宙の運命に立ち向かう人々の物語たるゼノサーガに連なる、巨大な機械兵器に翻弄されながらも自らの運命に立ち向かう人々の物語を描いた作品でもあった。
そして今回の3は先の二本の集大成として描かれた作品ということで、やはり国家間の戦争からやがては世界の命運と自らの運命に立ち向かう物語ということでもある。
あとは気になる要素として、RPGの花形ともいえる戦闘システムだけれど、前作に連なりながらも趣向を凝らしたシステムであることは疑いようはない、あとは多くのプレイヤーにとっつきやすいものであることを期待するのみか、まあそれはさておき。
今回のゼノブレイド3も今までのシリーズにも負けないシステムをひっさげてプレイヤーに衝撃と感動を与えてくれることを期待したい。

| | | コメント (0)

ソルクレスタ、ですか

さてみなさん、今春あたりにnintendo Switchにて『ソルクレスタ』なるシューティングゲームが発売される運びとなりました。
そのソルクレスタ、昔からのゲームファンのかたなら名前にピンと来られた方もおられるでしょうが、それは往年のシューティング『テラクレスタ』並びに『ムーンクレスタ』に連なる合体変形シューティングシリーズの集大成として製作されたものです。
ムーンクレスタにて初期のゲームながらも、自機の合体によるパワーアップにて敵に立ち向かい、テラクレスタにては合体した機体パーツでのフォーメーションによる攻撃のバリエーションで敵を撃ち倒すといったひとまず痛快なゲーム進行がウリでした。
そしてソルクレスタ。先の2作のシステムに加えて、合体やフォーメーションのバリエーションにおける更なるパワーアップがはかられ、当時のシューティングのノリを愉しめながらも現代でも通用するゲーム性で現代並びに往年のゲーマーに勝負を挑まんとしています。
とにもかくにもこのソルクレスタもプレイする価値がありでしょう。

| | | コメント (0)

コットンロックンロール、ですか

さてみなさん、90年代初頭に登場したコミカル系シューティングの草分け的な存在たる『COTTON』の最新作、コットンロックンロールが今冬発表される運びとなりました。
コットンは食いしん坊な美少女魔法使いコットンが、世界の平和を守ることを建前に、相棒の妖精シルクにそそのかされるままに冒険の旅を繰り広げるのが主なストーリーで、見た目のコミカルさとは裏腹に手応えのあるハードなゲーム展開もまたプレイヤーの心をくすぐったこともまた聞き及んでおります。
この度のコットンロックンロールも、一連のリリースのひとつながら、主人公コットンをはじめライバルのアプリや海腹川背をはじめ多くのゲストキャラをひっさげて冒険の旅を繰り広げるといった展開でお送りするところです。
今回も手応えのあるプレイが期待でき、少し肌寒い中でのアツいプレイが期待できそうです。

| | | コメント (0)

スーパーロボット大戦30、ですか

さてみなさん、全ゲームファン、アニメファン待望の(?)シミュレーションゲーム『スーパーロボット大戦30』が今秋発売される運びとなりました。
テレビアニメで勇名をはせるスーパーロボットたちが一堂に会し熱い闘いを繰り広げるスーパーロボット対戦シリーズの30周年を記念する作品ということで、特にシリーズの一翼を担ってくれたマジンガーシリーズでおなじみの永井豪先生も制作協力にあたっているとか。
思えば第1期ともいうべきDC戦記編に続いて第2期のバルマー戦記編以降の停滞からいわゆる乱立期。そして昨今の言ってしまえば玉石混交ともいうべき状態を経て今日に至ったということで。
たしかに今作品が原点回帰ともいうべきながら先に述べた玉石も少し混じっているかなといった具合で。彼らスーパーロボット軍団がどのような活躍を繰り広げてくれるか。ひとまずはこの点に期待を寄せたいとは思いますが。

| | | コメント (0)

月風魔伝リメイク版、ですか

さてみなさん、80年代コナミが発売した和風伝奇アクション大作『月風魔伝』がこの度満を持してリメイク作品として発売される運びとなりました。
月風魔伝といえば先の説明通り、よみがえった魔物龍骨鬼を討たんと、亡き兄たちの意思を受け継ぎ主人公が立ち上がり、数多の激闘と冒険を繰り広げるといったもので、『悪魔城ドラキュラ』と並ぶコナミの名作といっても差し支えない。
とはいえ、当時はナムコの『源平討魔伝』に類似しているものとの批判もある。とはいえ編者を含む一部ユーザーにとっては当時ファミコンでは移植困難だった源平(同タイトルは発売されたが和風RPGに変更された)の代わりに純粋なアクションとして楽しめたといった想いを持っている。
さておき今回のリメイクは、あたかも地獄絵図然とした浮世絵風の背景と世界観が今風のグラフィックでよみがえり、加えて敵味方もそれに負けじと最新鋭のグラフィックでアクションを繰り広げてくれている。あの頃の感動と興奮をよみがえらせたい人や、新たに月風魔伝の世界を堪能したい方。いずれも満足のいくゲーム性が期待できるだろうということでおすすめの一本だと信じたい。

| | | コメント (0)

今更ながらラプラスの魔について語る

ラプラスの魔は80年代半ばにハミングバード社から発売されたパソコンゲームでいわゆるウィザードリィの近現代版といった作品ともいえる。
アメリカの片田舎に建つ幽霊屋敷で起こった怪事件の調査からはじまり、やがて異世界からの魔物を現世に送る計画に立ち向かうのがストーリーとなっていた。
たしかに先にウィザードリィを踏襲しているといったけれど、まず経験値を得る機会が敵と戦うだけでなく、冒険中のイベントをこなして得るというのもパソコンゲームとしては斬新だったろうし、その経験値はキャラクターの成長だけでなく、いわゆるアビリティを得るための要素でもあった。もっともそのアビリティシステムは他のゲームでは独自のポイントで得るのたが。ともかくも当作品でアビリティの要素の確立が成されたのはやはりたしかなことである。
しかしいざ冒険に赴くも、やはり難易度が半端ではなく、まずパソコン版は攻略記事を参照してもクリアに行き詰まることさえある。
それが90年代にスーファミ及びPCエンジン版が発売され、そこでは難易度がいくらか軽減されつつストーリーを重点にむしろスケールアップされた。ちなみにPCではWizよろしくキャラクターメイキングがあって、運悪くパーティが全滅の憂き目にあい、それを救出するイベントはもちろんその霊が新たにつくられたキャラに襲い掛かるといったシチュエーションもあったりもする。それがコンシューマーではストーリー重視だからか固定キャラに落ち着いたのだ。
あと先述のストーリー展開に関しては詳細は少し差し控えたいけれど、やはり幽霊屋敷の主の欲望から裏の世界の領主の野望と相まって、異界の支配者との決戦に臨むといった、やはりRPGの王道ともいいたいけれどその当時人気が出始めたクトゥルフ神話をベースにした展開でもあった。
そんなラプラスだけれど、スーファミやPCE等の展開もあれ続編も創られこれもそこそこに人気を博したのだが、それ以降の展開が成されなかったのは少し惜しいところ。
ともかくこのラプラスも80~90年代のゲームの1ページを飾るにふさわしい作品ともいえる。

| | | コメント (0)

妖怪学園Y新シリーズ、ですか

さてみなさん、本日はサンデー、チャンピオンが合併号休載ということで急きょというべきかこの記事をお送りいたします。
絶賛放映中の妖怪学園Y、きたる年、今度は高等部編が放映される運びとなりました。
かつてシャドウサイトの放映で本編が懐かしくなり少しもどかしい想いもありましたが、今回の妖怪学園の放映を通じてはそれなり付き合える想いもあります。これも編者の心情ゆえともいえるでしょうが。
肝心のストーリーは高等部にてジンペイにそっくりのライムなる少年が関わり様々な事件を繰り広げるものと読みましたが、はたしてどのような展開となるか、これも乞うご期待ということで。

| | | コメント (0)

今更ながらサイキックフォースについて少し語る

さてみなさん、今回は90年度後半から2000年度初頭にかけて人気を博した『サイキックフォース』について少しばかり語りたいと思います。それでは、ごゆっくり。
サイキックフォースといえば、96年にタイトーで開発された3D格闘アクションゲームとして世に出たものだった。
基本は従来の格ゲーに飛行の要素を取り入れて縦横無尽に飛び回りつつ攻撃と移動を織り交ぜてコマンド入力で必殺技を繰り出す。といえば従来の作品と変わりはないけれど、通常攻撃でも飛び道具系の技が繰り出せるので、場合によってはそれだけでゲームが進行できるものだった。
しかしそのシステム自体がセガのバーチャロン、バンダイ系のガンダムVSシリーズ等にも派生され、当作品自体もいろいろな派生作品も出たのだが、肝心の当作のリリースは二本分にとどまった。
肝心のストーリーといえは、時は近未来、偶発的に発生した超能力を持つ者たちいわゆるサイキッカーをめぐっての争いが繰り広げられた。
そしてネタバレになるやもしれないけれど、力によってサイキッカーたちの世を築かんとする男と、それを止めんとする親友の男、そしてそれを陰で操り自らの野望を達せんとした男。その他さまざまなものたちの想いを巻き込んでの騒乱は、三番目の男の野望達成とともに一旦は収まったかに見えた。たしかに事情を知る方によってはその結末に納得がいかないかもしれない。そもそも当作品もまた改良の余地があれ現在でも通用し得るものだから、スクエニさんの力添えでひとまずの決着をつけてほしいとは思うけれど。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧