ゲーム

妖怪ウォッチリリース、ですか2018

さてみなさん、現在先の映画からのエピソード、シャドウサイトが絶賛放映中の妖怪ウォッチ、その新作映画『FOREVER FRIENDS』が公開される運びとなりました。

内容はまたもう一つの物語ということで、また新しい主人公たちがご登場と相成りました。これについては最近人気が低迷する中どうしたものだろうといった感もしているのはまた事実。しかし今まで培った歴史もありこれからも見守っていきたいのも正直なところ。

あとスマホにて妖怪ウォッチワールドなるアプリが配信され、これはポケモンGOと似ているかなといった感もしないでもないですが、やはりくれぐれも使用にはお気をつけて。

さらにはSwitchにてリリースされる『妖怪ウォッチ4』はナツメたちがを中心とするストーリーはもちろんのこと、件の新主人公と前作のケータたちも登場するというのでこの点は期待はしたいと思います。

あと前作に限っては、まだ語りつくせないエピソードもあると思うので、その点はいずれ発表してくれればとも思ってはおりますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Switch版スマッシュブラザーズ、ですか

さてみなさん、任天堂が誇る対戦格闘アクションゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』が今冬12月に発売される運びとなりました。

マリオやリンクなど任天堂歴代のキャラクターが一堂に会し闘い合うというまさに夢のゲームともいえる当作品、他社のゲストも多く参加するというシチュエーションもファンの心を躍らせたことも挙げたいところですが。

さて今回は歴代キャラクターすべてが登場するというこれまた並々ならぬ意気込みで制作されることで。ファンならずともやりがいがあるなといったところ。

ともかくも今年の年末はスマブラを楽しんで年を越すのもいいかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネオジオミニ、ですか

さてみなさん、ミニファミコン、ミニスーファミに続くゲームファン待望というべき“NEOGEO mini”が発売が先週公表されました。

ラインナップは餓狼、KOF、侍魂を中心とした格ゲーをはじめ、メタスラや初期の名作も用意されています。

しかもミニそのものに液晶画面が搭載され、屋外等場所を選ばず、とはいえプレイにはエチケットも必要ですが、プレイできるとあってこれまたうれしい仕様。加えてプレイする際のセーブ機能もある程度のお手軽さも売りともいえることでしょうか。

いずれにしても新旧のSNKファンならばぜひとも買いの一品ともいえることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新作スマッシュブラザーズ、ですか2018

さてみなさん、任天堂オールスターズ総出演での格闘アクションたる『大乱闘スマッシュブラザーズ』がNintendo Swichにて発売される運びとなりました。

今回の新規参戦キャラはまずスプラトゥーンの主人公たち。飛び道具に特化したキャラだけあって基本の接近戦が弱めという不安要素もあるけれど、それをどう補って戦い抜くのか、まずはそれを見守っていきたいと思いますが。そして気になるゲストキャラ。今では当たり前となったメーカーを超えたコラボレーション、かの鉄拳7のようにやはりあのメーカーさんのキャラの登場はあるのか。これも期待を持ちたい。

ともかくも年内中、気を長くしてまっても損はないと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーマリオオデッセイ、ですか

さてみなさん、今や世界のゲームキャラの代表として謳われる、任天堂のマリオ。その最新作たる『スーパーマリオオデッセイ』がきたる27日にNintedo Switchにて発売される運びとなりました。

形式は3D立体描写ということで、かつての64、サンシャイン(ゲームキューブ)、ギャラクシー(Wii)に続く作品ということで。

ストーリーはいつも通り魔王クッパにさらわれたピーチ姫を救うため、ふしぎな帽子キャッピーとともに、今回は地球とよく似た世界を中心に冒険を繰り広げるということで。前作と比べて、マリオが現実に近い世界での活躍が期待されることでしょう。

ともかくも3Dが苦手な方もひとまずはこのゲーム世界を楽しんでいただければとは思っておりますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼノブレイド2、ですか

さてみなさん、いよいよ今冬、ニンテンドースイッチから“ゼノブレイド2”が発売される運びとなりました。

舞台は前作と同じようながらも、今のところは別のストーリーといったところで、雲海広がる世界に佇む巨神獣のもと、多くの国や地域が争う中、一人の少年とブレイドと呼ばれる少女が多くの人々とかかわりあい、世界の真理にたどり着くといったところでしょうか。

かつてPS1のゼノギアス、PS2のゼノサーガシリーズに連なるSFとファンタジーの融合した大作RPGということで、否が応にも期待はできるものだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北斗が如く、ですか

さてみなさん、来年あたりセガさんから北斗の拳の世界観を『龍が如く』のシステムで再現した『北斗が如く』が発売される運びとなりました。

まず『龍が如く』とは渡世に生きる男が無法の街を渡り歩いていくといったストーリーで、それが世紀末、今となっては近未来というべきだろうか。ともかくも北斗の拳の無法の世界とマッチしているといったところか。

しかしここは龍が如くの世界観、それなりにお遊びの要素も北斗にも取り入れていることだろう。実際、原作公認のパロディも多数登場していることだから。

ともかくも虚実交えた新たな北斗の物語が来年始まるということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニスーファミ、ですか

さてみなさん、任天堂かつての偉大なるゲーム機であるスーパーファミコン、その名作ソフトを凝縮したコンパクトゲーム機、ニンテンドークラシック・ミニスーパーファミコンが発売される運びとなりました。

これはかつてミニファミコンが登場し、往年のゲームファンをはじめ好評だったのを受けてのは発売だろうけれど。もっともミニファミコンもまだまだ名作ソフトもあるからその第2、第3弾を発売してほしかったのも正直なところ。

気になるラインナップもスーファミ初中期の名作ぞろい、これもまた未発表の情報もあるけれど、これからのラインナップにも期待が持ちたいところだけれど。

ともかくもこの秋も懐かしのゲームでひと時を過ごしてみればいかがかと紹介させて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・ニンテンドースイッチ、ですか

さてみなさん、いよいよ今春3月に任天堂から待望の新ハード、Nintendo Switch。今回はその要となる新作ソフトについていくらか述べたい。

まず挙げたいのは、当ホームページでも予想企画を立ち上げた『ファイアーエムブレム無双(公式)』肝心のストーリーはどの作品をベースにしているか、あるいはまったくのオリジナルかなのか。それに関連して歴代キャラの誰が登場するのかと、これまた興味が尽きないがここは続報を待ちたい。

2つ目は『ウルトラストリートファイターⅡ』これは要するにXBOX版のストⅡのHD化ということでことに特筆すべきものは無いけれど、追加キャラとして殺意の波動を身に着けたリュウ(EVIL RYU)と洗脳されたケン(VIOLENT KEN)の二人。どうしてこの二人なのかといった疑問はもとより、編者個人の意見として、無理を承知でさくらやダン他を追加してほしいと思ったのだが。

そしてKOF98、これはダウンロード版という形で発売される運び。述べるまでもなく歴代作品の中でまさに名作にふさわしい当作品をはじめ、これからのラインナップも期待はしたい。

その他数多くの期待すべき作品もあるけれど、これは追って紹介はしたいけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーロボット大戦V、ですか

さてみなさん、今度スーパーロボット大戦シリーズの最新作にして25周年記念作品たるスーパーロボット大戦Vが発売される運びとなりました。

日本が誇るロボットアニメのヒーローロボットたちが一堂に会し、地球そして宇宙の平和を守るために戦うまさに夢の対戦のオンパレード的な作品ということでしたが。

たしかにアニバーサリー的作品ということで今までの作品とは違い今作品のキャンペーンはこの1作のみというところですが、それが他のキャンペーンに活かせれば、ということでしょうが。

さて気になる登場ユニットですが、オリジナルキャラはこの際はどうでもいいことかもしれないけれど、驚いたのはやはり宇宙戦艦ヤマト。あれって純粋な戦記物じゃないかなという感もありますが、同じく登場する機動戦艦ナデシコとの兼ね合いで登場させたのはこれもやむを得ないところか。

さらにはマジンエンペラー。これがマジンガーZの強化版であるマジンカイザーに対抗してグレートマジンガーの強化版といったところ。まさに王者の機体ということでカイザーと肩を並べられるかということか。

まあこれも原作ファン、そしてゲームファンもあわせて楽しんでいきたい一品だとは思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧