ゲーム

今更ながらラプラスの魔について語る

ラプラスの魔は80年代半ばにハミングバード社から発売されたパソコンゲームでいわゆるウィザードリィの近現代版といった作品ともいえる。
アメリカの片田舎に建つ幽霊屋敷で起こった怪事件の調査からはじまり、やがて異世界からの魔物を現世に送る計画に立ち向かうのがストーリーとなっていた。
たしかに先にウィザードリィを踏襲しているといったけれど、まず経験値を得る機会が敵と戦うだけでなく、冒険中のイベントをこなして得るというのもパソコンゲームとしては斬新だったろうし、その経験値はキャラクターの成長だけでなく、いわゆるアビリティを得るための要素でもあった。もっともそのアビリティシステムは他のゲームでは独自のポイントで得るのたが。ともかくも当作品でアビリティの要素の確立が成されたのはやはりたしかなことである。
しかしいざ冒険に赴くも、やはり難易度が半端ではなく、まずパソコン版は攻略記事を参照してもクリアに行き詰まることさえある。
それが90年代にスーファミ及びPCエンジン版が発売され、そこでは難易度がいくらか軽減されつつストーリーを重点にむしろスケールアップされた。ちなみにPCではWizよろしくキャラクターメイキングがあって、運悪くパーティが全滅の憂き目にあい、それを救出するイベントはもちろんその霊が新たにつくられたキャラに襲い掛かるといったシチュエーションもあったりもする。それがコンシューマーではストーリー重視だからか固定キャラに落ち着いたのだ。
あと先述のストーリー展開に関しては詳細は少し差し控えたいけれど、やはり幽霊屋敷の主の欲望から裏の世界の領主の野望と相まって、異界の支配者との決戦に臨むといった、やはりRPGの王道ともいいたいけれどその当時人気が出始めたクトゥルフ神話をベースにした展開でもあった。
そんなラプラスだけれど、スーファミやPCE等の展開もあれ続編も創られこれもそこそこに人気を博したのだが、それ以降の展開が成されなかったのは少し惜しいところ。
ともかくこのラプラスも80~90年代のゲームの1ページを飾るにふさわしい作品ともいえる。

| | | コメント (0)

妖怪学園Y新シリーズ、ですか

さてみなさん、本日はサンデー、チャンピオンが合併号休載ということで急きょというべきかこの記事をお送りいたします。
絶賛放映中の妖怪学園Y、きたる年、今度は高等部編が放映される運びとなりました。
かつてシャドウサイトの放映で本編が懐かしくなり少しもどかしい想いもありましたが、今回の妖怪学園の放映を通じてはそれなり付き合える想いもあります。これも編者の心情ゆえともいえるでしょうが。
肝心のストーリーは高等部にてジンペイにそっくりのライムなる少年が関わり様々な事件を繰り広げるものと読みましたが、はたしてどのような展開となるか、これも乞うご期待ということで。

| | | コメント (0)

今更ながらサイキックフォースについて少し語る

さてみなさん、今回は90年度後半から2000年度初頭にかけて人気を博した『サイキックフォース』について少しばかり語りたいと思います。それでは、ごゆっくり。
サイキックフォースといえば、96年にタイトーで開発された3D格闘アクションゲームとして世に出たものだった。
基本は従来の格ゲーに飛行の要素を取り入れて縦横無尽に飛び回りつつ攻撃と移動を織り交ぜてコマンド入力で必殺技を繰り出す。といえば従来の作品と変わりはないけれど、通常攻撃でも飛び道具系の技が繰り出せるので、場合によってはそれだけでゲームが進行できるものだった。
しかしそのシステム自体がセガのバーチャロン、バンダイ系のガンダムVSシリーズ等にも派生され、当作品自体もいろいろな派生作品も出たのだが、肝心の当作のリリースは二本分にとどまった。
肝心のストーリーといえは、時は近未来、偶発的に発生した超能力を持つ者たちいわゆるサイキッカーをめぐっての争いが繰り広げられた。
そしてネタバレになるやもしれないけれど、力によってサイキッカーたちの世を築かんとする男と、それを止めんとする親友の男、そしてそれを陰で操り自らの野望を達せんとした男。その他さまざまなものたちの想いを巻き込んでの騒乱は、三番目の男の野望達成とともに一旦は収まったかに見えた。たしかに事情を知る方によってはその結末に納得がいかないかもしれない。そもそも当作品もまた改良の余地があれ現在でも通用し得るものだから、スクエニさんの力添えでひとまずの決着をつけてほしいとは思うけれど。

| | | コメント (0)

サクラ革命、ですか

さてみなさん、90年代中後期に人気を博した『サクラ大戦』シリーズのスマホリリースたる『サクラ革命』が稼働する運びとなりました。
舞台はサクラ大戦から時を隔て、後半した日本を立て直さんと新たなヒロインが立ち上がり、復興を建前に日本を支配せんとするライバルグループとしのぎを削りつつ、本当の危機に立ち向かうといったものですが。
たしかにスマホならではの楽しみとその弊害がありますが、ともかくも新たなサクラの活躍にも期待はしたいものです。

| | | コメント (0)

映画じゃじゃ丸くん、でしたか

さてみなさん、先月末ごろにネットで知り得た情報ですが、80年代のファミコンの名作『忍者じゃじゃ丸くん』が実写映画化され、先月末から今月頭に限定的ではありましたが上映されました。
内容は現代の日本で忍者のじゃじゃ丸くんが流派の継承問題から端を発した騒乱からとある一家とその娘のさくらを守るために戦うというストーリーだった。
編者のイメージ的にはかつての『ハットリ君』に近いかなという感もありましたが、ちゃんとじゃじゃ丸くんのイメージも忘れてはいないかなとも思いました。
ともかくも先の機会を失いましたが、また世に出ることになりましたが一つ見ていこうとも思いますが。

| | | コメント (0)

百英雄伝、ですか

さてみなさん、かつてコナミがお送りしたRPGシリーズ『幻想水滸伝』
その流れをくむRPGたる『百英雄伝』がリリースされました。
世界の均衡を司る力の体現たる紋章に導かれ、宿星を持つキャラクターが集結し、世の均衡を護っていくというのがシリーズを通じた大まかなストーリーだった幻想水滸伝でしたが、コナミの言うなれば経営転換等のお家事情もあって、おそらくは本当の意味で完結し得ないままシリーズを終了せざるを得ないこともあって。ある意味百英雄伝でやり直そうといったこともありましょう。
その百英雄伝、幻想と同じく国の戦乱に巻き込まれつつやがて世界の均衡のために戦い抜かんとする二人の主人公を中心に物語が繰り広げられることでしょう。
ともかくもあの時の感動とムーヴメントを思い起こしつつプレイできればと思っておりますが。

| | | コメント (0)

真・女神転生Ⅴ、ですか

さてみなさん、アトラスの名作『真・女神転生』シリーズの続編『真・女神転生Ⅴ』が来春発売される運びとなりました。
舞台は新たなる世界で悪魔に蹂躙される中、主人公がとある悪魔と契約を結び様々な困難を乗り込んでいく。これもまた数多の冒険と激闘が繰り広げられることでしょうと述べておいて。やはり気になるゲームシステムも従来のものをいくらか改良されること、さらに新たなるキャラクター、というより新たにデザインされた悪魔等敵キャラクターも期待をしたいと思いますが。
ともかくも新たなる近未来神話たる女神転生、はたしてどのようなものとなるのかあと半年辺りを期待して待ちたいところですが。

| | | コメント (0)

ゲーム・妖怪学園Y、ですか

さてみなさん、ちびっ子に大人気(だろう)の妖怪ウオッチの最新作『妖怪学園Y』がいよいよ来月にゲーム化する運びとなりました。
ゲーム内容は舞台となるY学園の生徒となって学園内の様々な問題を解決しつつ、様々なキャラクターとの交流を通じて学園内での生活を疑似体験するといったものである。
そんな中ご多分に漏れずオープンキャンバスということで自作のプレイヤー同士の交流も楽しみの要素となっているとか。言ってしまえば今までのシリーズを踏襲していてそれでいてそれらを超えた作品ということでひとまずの期待はしたい。

| | | コメント (0)

ソニック映画化、ですか

さてみなさん、きたる3月にゲーム業界に知る人ぞ知る名作『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』が実写映画として公開される運びとなりました。
ソニックはセガが誇るゲーム作品として、ハイスピードなアクションでかのスーパーマリオと肩を並べる人気を博し、特に欧米ではそれを超える人気で受け入れられたものでした。
現在ではソフトのみの展開となってもその人気が衰えることはなくこのたびの映画化にこぎつけられたものでした。
あらすじといえばゲーム世界から現実世界に迷い込んだソニックが、地球を征服せんとする悪の科学者の野望に仲間になった青年と一緒に立ち向かうといったストーリーで、これまた万人受けしそうなストーリーです。なかでも声優陣には山寺宏一氏を迎えることでストーリーに幅を利かせる狙いもありますが。これもまた見る価値はありとは思います。
この春はソニックを楽しんでもいいと思いますね。

| | | コメント (0)

今更ながら忍者じゃじゃ丸くん等について語る。

さて今回述べる『忍者じゃじゃ丸』くんは、ジャレコ制作のアクションシューティングゲームである。
その忍者じゃじゃ丸くんを語る前にUPL社の忍者くんについて一言語らなければならない。じゃじゃ丸くんのもととなった忍者くん、じゃじゃ丸くんの兄という設定であり、数段の台地や城壁で主人公の忍者くんを操り、敵の妖怪たちを手裏剣一つで倒すゲームなのだが、ジャンプ等からの体当たりから敵の動きを封じたり、敵によっては動きが封じられたり、一度動きを封じないと倒せない敵がいたりと結構難易度は高めだった。
後にファミコンにて移植され、ある程度カットされた要素もあれ、それなりに遊ぶことができた。その縁からじゃじゃ丸くんが発売される運びとなったのだ。
忍者くんと同じような進行で、時折出現するアイテムで優位に運んだり、妖怪たちのボスとの決戦があったりとこれまた楽しむことができ、そのヒットを受けて何作かのリリースが世に出てきた。
一方のUPLさんでも本家忍者くんの続編がリリースされ、相変わらずプレイ進行は厳しいが、それなりやりごたえもあった。
そして今に至ってじゃじゃ丸くんのリメイクがswitch等で発売され、グラフィックはファミコンのレベルながらもプレイそのものはそれなりにパワーアップしていて、これまた新旧のプレイヤーを大いに楽しませたことは今更述べるまでもない。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧