アニメ・コミック

新生ウイングマン、ですか

さてみなさん、やはりこれもネットで入手した情報ながら、80年代新たなヒーロー像を確立した『ウイングマン』が復活するという運びではありませんか。
ウイングマンといえば、ヒーローに憧れる少年が異次元から現れた美少女がもたらした不思議なノートで自らのヒーローたるウイングマンに変身し、少女を付け狙う敵と激闘を繰り広げるといったストーリーの作品でもあるけれど。
これもネタバレながら、敵を倒し、今までの出来事をリセットした少年が、再びあのノートを手にウイングマンへと変身する。それに関してもひとまずのパラドックスがもたらされると思うけれど、はたしてどのような事件が起きるのか、やはり電影少女やらZETMANやらの作品を経て、令和の今どのようなウイングマン、そしてどのようなヒーロー像を描いてくれるのかをこれまた期待して見てみたいものです。

| | | コメント (0)

令和のスケバン刑事及びページ改訂

さてみなさん、今回のホームページ更新は、スケバン刑事のマンガレビューより、令和のスケバン刑事をはじめページの改定等を行う運びとなりました。
ネットにて入手した情報をもとに最近続々リリースされたスケバン刑事のスピンオフ作品を編者なりに紹介したく思いましたが。
とまあなにはともあれ、それでは、ごゆっくり。

ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>マンガ・ノベルス>スケバン刑事
となっております。

| | | コメント (0)

クリエイターの執念とは:藤子不二雄A・安孫子元雄先生編

さてみなさん、今回は先日亡くなられた藤子不二雄Aこと安孫子元雄先生について一言二言と語りたいと思います。それでは、ごゆっくり。
藤子A先生といえは今の若者からみれば「もう一人の藤子不二雄」といった認識でしかないやもしれない。
そもそも藤子A先生は藤子F不二雄こと藤本弘先生と小学生のころに知り合い、後にともに上京して漫画家の道を歩み、長じて藤子不二雄の名で世出したのはご存知のところ。
それから各自の代表作をA先生は『怪物くん』『忍者ハットリくん』『プロゴルファー猿』と次々と送り出していった。
そんな中、両者合作というのもしばしば行われ、パーマンとハットリくんとの合作も2本上映され、ドラえもんにてもハットリくんから『ニンニン修行セット』、怪物くんから『怪物くん帽子』などのエピソードが生まれた。
それが80年代半ばになり、いわゆる藤子ブランドも肥大化して利権というものも出来てしまったこともあれ、それぞれの仕事と著作権を分化しようとあえてコンビを解消してしまったということであった。しかしその友情は終生変わらなかったことはここで一マンガファンとして明記したい。
そんな藤子A先生の作品について、まず『怪物くん』は人とは違う生物の怪物たちが住む怪物ランドからやってきたランドの王子様怪物くんが人間界にやってきて奇想天外な活躍を見せるお話で、『忍者ハットリくん』は伊賀の里からやってきたハットリくんが奇想天外な活躍を見せるお話でもある。
他にも、ゴルフに際して天才的な才能を持つ猿丸が裏のゴルファー組織と死闘を繰り広げると『プロゴルファー猿』や、自身の漫画人生を描いた『まんが道』も忘れてはならない。
その反面『魔太郎がくる!!』は生来いじめられやすいほどの気弱な少年魔太郎は実は魔族の血を引いていて、夜な夜な「うらみ念法」なる魔術でいじめっ子たちを凝らしめるというお話である。これはひとまずの勧善懲悪が成されているからいいけれど。
同じく『笑ゥせぇるすまん』は、現代社会の片隅でいろいろな悩みや鬱屈抱える人たちに喪黒福造なる人物が取り入ってその心の隙間を埋めるべく様々なサービスを提供するも、やがてはその欲望に呑み込ませて破滅に追い込むといったある程度の陰鬱さがうけたものだった。
そういった作品群もあれ、F先生に対してA先生はある程度の陰を背負っているとも受け止められる。
ともあれマンガ史の一時代を築いた藤子不二雄A先生に際し感謝の言葉を添えて、この記事をしめたいと思います。
藤子不二雄A先生
数多くの作品を我々の感動とともに
お送りしていただき
本当にありがとうございました。

| | | コメント (0)

クリエイターの執念とは:とりいかずよし先生編

さてみなさん、今回も緊急企画並びに追悼企画として、初期の少年ジャンプの礎を築いたとりいかずよし先生のご紹介をばお送りいたします。それでは、ごゆっくり。
とりいかずよし先生といえば、赤塚不二夫先生のアシスタントとしてジャンプにおける赤塚先生の後を受ける形で『トイレット博士』の連載を開始し、それが周囲の避難や反発を受けつつもひとまずのヒットとあいなった。
頓珍漢な博士を中心に、時には人情話を織り交ぜながらも破天荒なギャグを繰り広げ、後に博士に付き合った少年たちが、落ちこぼれ先生と学園愚連隊を結成してこれまた破天荒な活躍を見せるといった、事実上の後連載的なストーリーを繰り広げた。
そのお話が後の落ちこぼれ先生の後日譚的な作品や、小学館のコロコロコミックにて『ロボッ太くん』を連載し、後半でも部活動にあふれた主人公たちが愚連隊を結成して活躍するという、博士後半の影響を引きずりながらもひとまず人気を博したことは今更述べるまでもない。
その一方で先述の人情話を軸にヒューマンドラマ的漫画やビジネス漫画張りのサクセスストーリーやらと多彩な作品を世に送り出し、最近では大学教授として教鞭を握ったことも記憶に新しい。
そんなとりい先生も中堅ながらも日本の漫画界をけん引し、多大なる貢献をしたことに敬意を表して、やはりこの言葉で締めくくりたいと思います。
とりいかずよし先生のご冥福を謹んでお祈り申し上げます。そしてありがとうございます。

| | | コメント (0)

テレビアニメBASTARD、ですか

さてみなさん、近日80年代後半より連載されたダークファンタジー『BASTARD』がアニメ化される運びとなりました。
舞台は近未来に世界が滅び去り、魔物等の怪生物が跋扈する世界にて、狂猛かつ破天荒な魔導士ダークシュナイダーが、かつての仲間との闘争から、復活した破壊神との死闘を経て、やがては天界魔界を股にかけての争乱にも飛び込んでいくというのがひとまずのあらすじということで。
この作品もかのベルセルクと肩を並べるほどの作画力がウリであるだけに、その進行も遅れがちになっていた。ともすればベルセルクと同じようなことになるのかとの心配もちらほらを語られていくが。
そんな中での今回のアニメ化、90年代にOVA化したいきさつもあるのだが、はたして原作の破天荒さとセクシーはどこまで表現できるのかというのはこれまた心にとめておいて、往年のファン、またそれならずとも、ひとまずの期待はしてもいいかもしれないけれど。

| | | コメント (0)

ドラえもんとゆかいな仲間たち:ミノタウロスの皿<本当は怖いドラえもん>

この作品はサブタイトル記載とは裏腹に、藤子F不二雄先生の短編集で一、二をあらそう問題作として認知される方もおられることもおられるかもしれない。1969年ごろに発表された作品である。
時は未来の宇宙、古代ギリシャを模したような、人間とウシ人間が共存する惑星に不時着した青年は、そこに住むミノアという少女と知り合う。
しかしそこの人間はウシ人間の食用として飼われていた存在で、当のミノアも最高の栄誉をもって食用に供されるのだった。青年はなんとか彼女を救い出そうとするも、結局ままならずに彼女はそのまま供されることになったそうな。
とまあ、このお話は牛と人間の立場が逆転された世界を描き、かつそれなりの倫理観を形成したものでもあり、そこに紛れ込んだ形の地球人の青年がその世界観と倫理観を受け入れかねる悲喜劇を描いたものでもある。
はじめに人間(ウス族)とウシ人間(ズン類族)のネーミングは当時の田舎観からヒントに得たものでもあるとまずは述べておいて、これもひとかどのギャグと受け入れてもいいけれど。
次に倫理観についてはたしかにウス族とズン類とは会話が成立し、互いの立場もそれなり受け入れているのは日本のブシドウ等にも通じるものがあるかもしれないけれど、やはり地球人にとっては異質なものでもあり、そこで繰り広げられた意思がかみ合わない悲喜劇にもつながり、ある意味怖いとも感じられるだろう。
ちなみに編者としてはその怖さよりも最後当たりミノアが供されるシーンにいわゆる青春の甘酸っぱさを覚え、それは今でも引きずっていることをここに述べていきたい。
つまりはあまり深く考えずに多少の娯楽性を含めた読みものとし受け入れてもいいかもしれないけれど。

| | | コメント (0)

デリシャスパーティプリキュア、ですか

さてみなさん、きたる2月6日、新たに『デリシャスパーティプリキュア』が放映される運びとなりました。
大まかなあらすじは、人の笑顔のもととなる魔法のレシピを狙う悪の手から、人間界から選ばれた戦士プリキュアが活躍するというものです。
今回のモチーフがお料理すなわち“おいしいもの”をふるまうパーティということで、今までのプリキュアがある意味パーティ同様のファイトやアクションを繰り広げるだけあって、今回もより一層楽しく見せられることでしょう。
ともかく今年のプリキュアもいかなる伝説を見せてくれることでしょうかと期待してもいいかもしれませんね。

| | | コメント (0)

セーラームーン30周年、ですか

さてみなさん、ご存じ『美少女戦士セーラームーン』の30周年のイベントが昨今開催される運びとなりました。
大展覧会はもちろん、サンリオやANNA SUIなどのコラボ企画も多々立ち上がっております。
また繰り返しながら編者も『聖闘士星矢VSセーラームーン』や『ジャンプVSカプコン』などの作品を当ブログ内でお送りしたものですが。
ともかくも20世紀最後の神話たるこの作品も21世紀、令和時代においても盛り上がりを見せてくれることは今更ながら述べるまでもないでしょう。

| | | コメント (0)

新作・うる星やつら、ですか

さてみなさん、80年代ラブコメ漫画の名作『うる星やつら』が新作として放映される運びとなりました。
鬼娘の異星人ラムと、女好きな浮気者あたるとを中心としたスラップスティック的な恋の駆け引きが当時の若者のハートを鷲づかみにして一時代を築いたのは今更言うまでもないことでしょう。
それを世紀と次代を越えて新たにアニメ化されるというではありませんか。というものの当時とは時代背景や社会情勢が違うし、当時のノリとあの時感じた甘酸っぱいセクシーさを表現することはできるかはまた別の問題として。ひとまず機会があればテレビに目を通していただければとは思いますが。

| | | コメント (0)

ダメおやじレビュー及びタイムボカンシリーズ続報

さてみなさん、今回のホームページ更新は、まず先日亡くなられた古谷三敏先生の追悼企画ということでマンガレビューにてのダメおやじと、アニメレビューのタイムボカンシリーズの続報をお送りいたします。
いずれも日本のアニメ、マンガ史に多大なる1ページを刻んだものでこの機会にお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>マンガ・ノベルズ>ダメおやじ
およびENTER>アニメ・テレビ番組・映画>タイムボカンシリーズ
となっております。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧