アニメ・コミック

今更ながらジブリレビュー:崖の上のポニョ

さて今回はジブリ作品のレビューとして『崖の上のポニョ』について知ったかぶりながらもお送りしたいと思います。
 
深い海の底、謎の人物が何やらの実験をしている奇妙な船から、これまた奇妙な魚が抜け出して海上に出てきた。そこに海で遊んでいた子供の宗介が助け出して友だちになった。
その後謎の人物に連れて帰ったが、先に助け出された際に傷付いた宗介の血を受けて人間になって浩介に再会するというのが大まかなストーリーなのだが。
まず世界観はジブリらしく日常の港町に深海の幻想的な世界を織り交ぜた舞台を絵本感覚で表現した。言ってみれば初期の『パンダコパンダ』みたいな世界観でもある。
主人公の宗介とポニョ。これは俗にいえば男の子と女の子の仲と言いたいが、これまた言ってみれば『未来少年コナン』のコナンとラナ、『ラピュタ』のパズーとシータから『もののけ姫』のアシタカとサン、『ゲド戦記』のアレンとテルーといった中を子供うちの範囲内であるが、それでいて強い絆で結ばれているといえるだろう。
ヒロインのポニョ、本名のブリュンヒルデの名が示す通り、再び陸から上がる際のBGMはワーグナーのワルキューレの騎行をベースとした勇壮なメロディーが妹や魚たちとともに嵐を引き起こす様が印象的であった。
それに関連して、わきを固める女性もやはり作品の多聞にたがわずたくましく描かれている。宗介の母親リサは息子の送り迎えにおいて嵐の中を颯爽と車を走らせる等のバイタリティを見せてくれ、ポニョの母親グランマレーレは海の女神だけあって大いなる力で宗助やポニョを導いたりもした。
そして今作のある意味敵役ともいえるポニョの父フジモト、人の世に失望し原初の海に戻さんとしていたが、これも海をはじめ自然を愛するが故のことだった。これもまた自然との調和をうたったジブリのテーマに沿っているんだなといった想いが強い。後に彼もまた妻マレーレの説諭で人の世を交えて考え直すようにもなるが。
少し話がそれるけれど、今作品の主題歌も作品に沿ったポップなメロディと歌詞、この1曲だけのユニットで歌われたものだけれど、今でも子供から大人まで親しまれた心に残る名曲であることも記しておきたい。
ともかくもそんなポニョと宗助、子供の純粋さでお互いの絆を深め、ついにはポニョも本当の人間になることができた、といったところで今作はシメとなっているけれど。これもまた子供のころの純粋さを忘れないで、あるいは時々でいいから大人になっても思い起こしてほしいと、ジブリの、ひいては宮崎監督の想いが込められているのは今更述べるまでもない。

| | コメント (0)

100日後に死ぬワニ、ちょっと反省会

さてみなさん、ネット上でもたびたび話題となり先日最終回を迎えた『100日後に死ぬワニ』について編者なりに少しばかりの感想を述べたいと思います。
この作品は主人公のワニくんが100日後の“最期”を迎えるまでの日常を描いたもので、編者も実際読み返してみても、そんなに劇的な場面があるわけではなくともかく普通と変わらない日常なんだなといった想いが強い。そして最期の場面もそんなに面には出さずともやはり言ってしまえば日常の一場面で幕を閉じたのだなといった感がある。
その反響はやはり小さいものではなく、中ではネットでも予想やらパロディやらを考えた人もちらほら見受けられる。これに関しても批判はあるけれどやはり当作品に関する想いと描いたのだなとも読める。
そんな当作品、あらためて読んでみて、人生とは何かに想いを致すのもいいかもしれませんね。

| | コメント (0)

火の鳥大地編、ですか

さてみなさん、このたび朝日新聞系で手塚治虫先生の名作『火の鳥』の最新作たる大地編が小説化される運びとなりました。
火の鳥といえば、永遠の命を持つとされる火の鳥をめぐって人々の苦悩を描いた、まさに手塚治虫先生のライフワーク的な作品の作りとなっている。
物語そのものは各話が関連性を持ちながらそれぞれ独立したエピソードとなっており、過去と未来、先生お得意のファンタジーやSFを織り交ぜながらも、命の何たるかを語り掛けるストーリーとなっており、我々が生きる現代へとつながっていくといったのが全体的な構想となっていったけれど、
今回の大地編、日本の近世を舞台に生きることの難しさと大切さを語る物語を創ろうとしたが、構想段階で手塚先生が亡くなられ、お蔵入りと相成ったものを、先生の遺稿等を参照にこのたびの小説化と相成ったものです。
これがどのような展開となるか、先に述べた道後温泉編とともに期待をしたいものです。そしてこの火の鳥の物語ももしかすれば新たなる物語も今後も創られるかもしれないので、これもまた期待はしたいものです。

| | コメント (0)

新生デジモンアドベンチャー、ですか

さてみなさん、きたる4月ごろにゲゲゲの鬼太郎の後を受けてデジモンアドベンチャーが装いも新たにテレビアニメとして再登場する運びとなりました。
電脳世界に生きるいわゆるデジモンたちとそれと心を合わせた少年少女たちの冒険を、ポケモンを半ば意識して製作された作品といえば分かりやすいけれど。
そのデジモン、ちょうど20年ほど前にポケモンと並行してアニメで放映され、そこそこの人気を博したこともあり今回の再アニメ化にもこぎつけられたことだろうと思う。
もう一本『デジモンアドベンチャーLAST EVOLUTION』は原作の主人公が成長し、一緒に暮らしたデジモンたちと別れなければならない状況の中、世界の危機に立ち向かうといったストーリーで、これはかつてデジモンのアニメに親しんだ人たちへのメッセージも込められているかというコンセプトだろう。
ともかくもこのデジモンも親子2代にわたっての作品となり、日曜の朝は親子でアニメを見て楽しめるものとなるだろうと思いますが。

| | コメント (0)

おためし紀行:やなせたかしとアンパンマン展(名古屋市博物館)

Photo_20200203042301
さてみなさん、今回のおためし紀行は、名古屋市博物館で開催されている“やなせたかしとアンパンマン展”に行ってまいりました。
Photo_20200203042302
やなせたかし先生といえば『アンパンマン』で有名ですが、作家としてデビューしたころは新聞漫画家からイラストレーター、そして絵本作家と幅広い作品をお送りしたことも述べたいところ。そういえば千夜一夜物語にて少し大人な作画も手掛けたこともありました。
Photo_20200203042303
それが絵本作家としては『やさしいライオン』等に代表されるように、優しい世界を数多くお送りし、それがアンパンマンにつながっていき、ここでも数えきれないほどの楽しくて優しいキャラクターたちが世に出たことでしょう。そういえばアンパンマンとばいきんまん、それ以前に搭乗したヒーロー、ぴょんぴょんおたすけかめんからつながっていたことで、その点でもつながっていたのですね。そのぴょんぴょんかめんも後に放映されたニャンダーかめんにつながり、一時アンパンマンと肩を並べるほどの盛り上がりとなりました。
Photo_20200203042304
あとやなせ先生について実際の作家人生はかの藤子F先生や手塚治虫先生より先輩で、両先生よりはるかに長生きをしたことでした。そんなやなせ先生は実際戦争にも参加したこともあり。その恐ろしい体験からあの優しい世界をお送りし続けたことでした。そんな先生の優しさをこの展覧会にて改めて思いを致すことができた次第でした。

| | コメント (0)

マンガレビュー:企業戦士YAMAZAKI

さてみなさん、今回のマンガレビューは、90年代のコミックでも知る人ぞ知る名作『企業戦士YAMAZAKI』のレビューをお送りいたします。企業勤めのサラリーマンの悲哀をベースにSFの要素も取り込んだ当作品、あなたの心にどう響くことでしょうか、といったところで、それでは、ごゆっくり。
 
ちなみに指定ページの行き方は、ホームページから
ENTER>マンガ・ノベルズ
となっております。

| | コメント (0)

火の鳥・道後温泉編、ですか

さてみなさん、四国愛媛県松山の道後温泉の改修工事に合わせ、かの手塚治虫先生の名作『火の鳥』とのコラボレーション企画が立ち上がり、現在2話目が公開される運びともなっております。
永遠の命の象徴である火の鳥をめぐり、その時代の苦悩と生き様をえがいた、まさに手塚先生の永遠のライフワークともいえる当作品、道後温泉を中心に、過去と近世、神々や歴史上の人物~坊ちゃんつながりでの夏目漱石や松山出身の正岡子規など~を交えてその開発と復興を描いた作品ということで、手塚先生亡きあと実に30数年ぶりの新作というよりもスピンオフ的な作品でもある、けれども原作の各エピソードはそれぞれ独立したお話~それでいて時代ごとの関連もあるけれど~なのでそうそう別物とも言い難いものとも思われる。ここでの火の鳥は人々の所業を案じるだけでなく純粋に導く役目を担っている。これもまた手塚先生の偽悪性を抑えた作りともなっているけれど。
ともかくもこの作品を通じて道後温泉に対する想いを広めていければとも期待をしております。

| | コメント (0)

今更ながらダイラガーⅩⅤについて語る

さてみなさん、最近メディア関係でもひとまず取りざたされた、ある意味隠れた名作ともいえる『ダイラガーⅩⅤ』について軽く語りたいと思います。それでは、ごゆっくり。
そもそもダイラガーといえば、かつてのコンバトラー、ボルテスから継承された合体系スーパーロボットのある意味究極の形として製作されたアニメ作品でもあった。もっとも後のダンクーガ等の作品にも続いていくのは述べるまでもないけれど。
舞台は地球を中心にいくつかの惑星とそこに住む種族の連合国家が更なる新天地を求めて探査を行う中、敵対する惑星種族国家と戦争に突入するといった、今までの敵組織とは一線を画したいわゆる戦記ものとして描かれた。
そして主役ロボットのダイラガーは基本3組のチームに分かれて活動し、それがなんと15機のメカから合体したスーパーロボットとなるのだ。それ自体は先に述べたコンバトラーやボルテスとさほど変わりはないかと思いたいが、やはり機体数から評価も微妙なところもありそうだけれど。ことに『スーパーロボット大戦』においてパイロットの精神コマンドに関して少し大味すぎるのではないかといった懸念もあったけれど、それはいくらかの調整もなされているかもしれない。
ともかくもこのダイラガーもまたSFロボットアニメとして歴史に残る作品ともいえるのではないか。

| | コメント (0)

ヒーリングっとプリキュア、ですか

さてみなさん、いよいよ来月頭、2月2日にプリキュアシリーズの新作『ヒーリングっとプリキュアが放映される運びとなりました。
そもそもプリキュアといえば悪と戦いつつ世の中を癒すヒロインの意味合いを込められたものでしたが、今回はそのプリキュアの“CURE”とヒーリング“HEALING”とを合わせて“原点回帰”を目指したものといえるでしょう。
地球を“お手当て”して世の中を癒す彼女たちの活躍。これまた期待をしてもいいでしょう。

| | コメント (0)

新生ボルテスⅤ、ですか

さてみなさん、かつてのスーパーロボットアニメ『ボルテスⅤ』がフィリピンで実写ドラマ化するといった報せがネットを通じてもたらされたとか。
そういえばボルテスをはじめ70~80年代のロボットアニメが海外では絶大な人気を博し、それが今日のジャパンアニメの世界的人気につながったのかということか。
さておき実写ドラマといってもロボットのバトルについては3DCGアニメとなっていて、それに伴って実際の役者さんが演じるというのが考えられる。
ともかくもこのボルテス、フィリピンでの放映のヒットのあかつきには日本での放映も期待をしてもいいかもしれない。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧