« 今週の神様24年度24号:立ちはだかるものと乗り越えるべきものの巻 | トップページ | ペーマーマリオ2024、ですか »

徳川慶寅~自由気ままな徳川の若様(前編)<サムライスピリッツ剛!>

さてみなさん、今回の侍魂剛は、零侍の主人公格たる徳川慶寅の前半パートをお送りいたします。七ふりの刀を駆使して抜け荷事件からのペルシャの凶事に敢然と立ち向かう彼の雄姿をここにお送りする運びです。はたしていかなる道中となるか、それでは、ごゆっくり。

ちなみにオープニングはこちら

ベースストーリー・オープニング:徳川家の跡取りと謳われながらも将軍職を弟の家斉に譲り、自身は気ままな生活の傍ら、時折公儀隠密として務めを果たしている柳生たちの手助けをする等の活躍も見せていた。そんな彼も抜け荷事件から端を発する“ぺるしあ”の凶事もはじめ興味本位で顔を突っ込みつつ当たることになるのだが。

第一~三、第五・第六回戦

・対柳生
慶寅「十兵衛か、ここで仕合って腕を上げるのもたまにはいいもんだぜ、任務の途中だがいっちょお手合せもらおうか」
柳生「うむそれも悪くはありませんな、なればこの十兵衛、新陰流の総てをかけ若様にご指南差し上げましょう」
「容赦のない分久しぶりに俺も引き締められたぜ、ここから先も油断はできねえからまずは励みになったかな」

・対閑丸
慶寅「まだ相変わらず方々をさまよっているのか、とはいえ足取りはしっかりとしてるから俺の仕合も受けられるかな」
閑丸「慶寅さんならかなりの腕も立ちますね、いい退屈しのぎになれるかは分かりませんが僕もお手合わせ願います」
「たしかにお前自身の剣だったぜ、今はまだおぼつかねえがいずれは自分自身の中の鬼にも打ち勝てるだろうぜ」

・対ミナ
慶寅「魔物に取り込まれたと聞いたがまだ大丈夫みたいだな、久しぶりにお前さんの弓を俺の剣で試してみるかい」
ミナ「私の弓でどうこうとできるかは知らないけれど、若様なら私を導けるかこれも試してみたいわ」
「結構引けたじゃないか、そこから放つ弓が向かう先をしっかり見据えりゃ射抜く相手もおのずと見極められるぜ」

・対鈴姫
慶寅「よう鈴姫、やっぱりお前さんも出向くつもりかい、腕試しと言っちゃなんだがここは俺と付き合いなよ」
鈴姫「いきなり若様とやり合うなんて、でも私自身の運命をまた斬り拓けるなら、ここで手合せも悪くないかしら」
「案外吹っ切れてるじゃねえか、闘うのは自分ひとりだが手を貸す者のことも忘れちゃいけねえぜ」

・対お遊(当記事のオリジナルキャラです)
慶寅「今はしがねえ侍になっちまったが、お遊さんの剣技も久しぶりに楽しもうとはせ参じたわけだがよ」
お遊「とはいえ今は幕府のお仕事かい、その中で退屈しのぎにお遊さんと仕合おうとはうれしいことだねえ」
「こういったキツさも楽しみの内だな、やっぱり街道の守りだけあってその剣筋もたしかなもんだったぜ」

第四回戦(対覇王丸)

・仕合前
慶寅「よお覇王丸、あんたは修行、俺は任務、しかし闘う理由ならどれも同じようなものだろうがな」
覇王丸「確かにそうだな、こういう機会は訪れないだろうと思っただけにこういうのは今から楽しみになってきたぜ」
慶寅「俺も堅苦しいことは大嫌いでね、喧嘩だったら正々堂々、派手に無礼講でいってみようか」
覇王丸「派手に無礼講だったら俺も望むところだ、きたる凶事に向けても、いっそ楽しくいってみようぜ」

・仕合後
慶寅「今回は俺が一本取っちまったな、しかしあんたも腕を上げたようだ、やはり勝ち負けは抜きで楽しかったぜ」
覇王丸「ちょっと後れを取った分はまた追いかければいいが、しかし今回の凶事、いつも以上に一筋縄じゃいかねえかもな」
慶寅「こういったのも望むところだ、お互い面倒ごとや危ないヤマが好きな性分ってところだな」
覇王丸「ともかく武運を祈ってるぜ、帰ったらまた楽しい仕合ができるってもんだからな」

第四回戦終了後

(ここまでストレート勝ち、もしくは武器破壊技もしくは秘奥義でフィニッシュ3回以上で特別戦に移行可能)
慶寅のもとに1枚の大型じゅうたんが舞い降りる
慶寅「こいつは魔法のじゅうたんってやつだな、こいつの乗れっていうのかい」
慶寅、じゅうたんに乗り、そのまま空を飛ぶ。
慶寅「おおっと、やっぱ空を飛ぶのか」

(条件未達成時:そのまま共通パターンに移行)
慶寅「俺の他に“ぺるしあ”に向かう奴もいるのかい、誰と当たるか分からねえが、こいつも楽しみだねえ」

(条件達成時)
突然、天空から何者かが落ちてくる。
「うわああああ!」
それは頭からじゅうたんにめり込み、それから起き上がる。
「いたたたた、もうリスキーったら、有無を言わさずぶっ飛ばすんだから」
慶寅「ところで、あんたは何者だいお嬢さん」
「あれ、ええと、私はシャンティ。歌って踊れるガーディアンジニーでーす」
慶寅「そういうあんたがお噂の精霊娘さんか、しかしあんたと仕合うのも今から楽しみだぜ」
シャンティ「うん、結構いいとこのお兄さんのようだけど、それだけに誇り高いお侍さんのようだからね」

特別戦(対シャンティ)

・仕合後
慶寅「勝ったのはいいがそのまま行っちまったのは寂しいねえ、しかしもう一度会いたいもんだぜ」

(共通パターン)
魔法のじゅうたんはやがてペルシャにたどり着く。
慶寅「とうとう着いたな“ぺるしあ”へ、さてどんな凶事が待っているのやらだな」

つづく

| |

« 今週の神様24年度24号:立ちはだかるものと乗り越えるべきものの巻 | トップページ | ペーマーマリオ2024、ですか »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の神様24年度24号:立ちはだかるものと乗り越えるべきものの巻 | トップページ | ペーマーマリオ2024、ですか »