« 今週の神様12号:春の訪れは花がいいの巻 | トップページ | 新作・闘将ダイモス、ですか »

千両狂死郎~踊って闘うカブキマン(後編)<サムライスピリッツ剛!>

さてみなさん、今回の侍魂剛は、千両狂死郎の後編パートをお送りする運びです。
抜け荷事件を端に発し、ペルシャの凶事を鎮めんと意気揚々と乗り込んだ狂死郎、はたしてその舞の行きつく先やいかに、といったところで、それでは、ごゆっくり。

ちなみにベースストーリーはこちら

また前編パートはこちら

といったところです、それでは、あらためてごゆっくり。

第七回戦(対色)

・仕合前
狂死郎「未だ迷うておるようじゃが少し違うかのう、相変わらず目はうつろじゃがしっかり前を見据えているわい」
色「貴方も、私に関わろうとするの、うかつに近付ければ、傷つくのみではすまされないのに」
狂死郎「どうせならばお互いの舞で競ってみんかのおう、そこからお主の路も拓けて来るやもしれぬぞ」
色「今は、導きは、いらないわ、でも、貴方の舞いの先に、路があるなら、斬り拓いて、みるわ」

・仕合後
狂死郎「どうかのワシの命の舞いは、しかしお主の舞いも前よりも生き生きしていたのおう」
色「でもまだ足りない、私が求めるものは、ここにはなかった、でも、焦る必要は、ないと思うけれど」
狂死郎「失うた心も戻るは遠くはないかのう、なれど己が路を得るのもまた易からぬものじゃからのう」
色「いずれ、自分の足と心で、求めてみる、これも、自分が、決めたことだから」

第八回戦

・仕合前
領主の城内にて子供たちが働かされている。
「オラァ、働け働け、手を抜いたら今夜のメシは抜きだぞ!」
狂死郎「ふむう、あれなる童たちを無理やり働かせているのかのおう」
すかさずただなかに入っていく狂死郎
狂死郎「あいや待たれい、これ以上の狼藉はこの狂死郎、あ許してはおけぬわい」
「な、なんだ貴様は、いずれこれを見たからには生かしては帰さんぞ」
そこに巨漢の大男が現れる。
「待てい、こやつはお前たちがかなう相手ではない」
「ああ、ハッサム様」
狂死郎「うむう、お主がこ奴らの頭目かのう」
ハッサム「うむ、俺様がここを預かるハッサムという者だ。奴隷の子供たちを相手にしていたから久しく腕がなまるばかりよ」
狂死郎「なればお主もかなりの手練れと見たわい、ここはこの狂死郎と手合わせ願おうかのおう」
ハッサム「おう、お主も異様な風体ながらもひとかどのサムライだな、なればこの仕合楽しむこととしよう」

・仕合後
狂死郎「見かけによらずこれほどの業運びとは、この立ち回りでこの仕合も引き立ったわい」

第九回戦
玉座の間に踏み入った狂死郎。そこには領主と日の本の商人がいた。
領主「な、なんだ貴様は」
商人「おやおや、ここまで参るとは流石ですね」
狂死郎「あお主が抜け荷の首謀者かのう、もはやお主らの企みも、あこれまでじゃあ」
商人「あいにくそういうわけにもいきませんが、しかしあなたの実力を見込んでこの方々と闘っていただきます」
部屋の脇の柱から、商人が雇った用心棒が現れる(以下2組の中から選択で登場)
三九六「おうよ歌舞伎の旦那、今度こそその減らす口叩けないようにブチのめしてやろうかあ」
ドラコ「久しぶりだなカブキ侍、今度こそその目障りなダンスごと貴様を撃ち抜いてやろう」
(ペルシャへの移動時にシャンティと対戦後、以後の仕合後メッセージを飛ばして特別戦その2に移行可能)

・仕合後
狂死郎「あ思わず手こずってしもうたわい、だがそうそう遠くへは逃げてはいないようじゃのおう」

特別戦その2(対リスキー=ブーツ)

・仕合前
勝ち残った狂死郎のもとに青白い女が舞い降りる。
女「おおっと、派手にやってくれるじゃないか」
狂死郎「なんとも見事な体つきじゃのう、お主も彼奴らのお仲間かのう」
女「ハッ、冗談じゃないね、このリスキー=ブーツ様が、あんなチンケな下風に立つわけないだろう。このペルシャの地にたいそうなお宝があるって聞きつけてわざわざ参上したってわけさ」
狂死郎「うむ“りすきい”とな、ならば先に対した“しゃんてぃ”殿が申したのはお主なのかのう」
リスキー「そこまで知ってりゃ話が早い、いずれにせよここで邪魔されちゃ元も子もないね、ここは片付けさせてもらうさ。
右手に銘刀“クイーン・オブ・パイレーツ”
左手に銘銃“クイーン・オブ・セブンシーズ”
これさえありゃ怖いものなしだ、さあ始めようか」

・仕合後
狂死郎「この狂死郎、苦戦ならば望むところ、お主もまた真のもののふだったのおう」

第十回戦

・仕合前
地下の神殿にたどり着いた狂死郎。しかし倒れ伏した領主とそれを足元に立つ商人がいた。
狂死郎「ふむう、よもや仲間割れとはのおう、一体どういうことなのじゃあ」
領主「き、貴様、裏切るのか・・・・・」
商人「ふふ、貴方には随分と働いていただきました。しかし貴方のお役目はここまでです」
狂死郎「しかしさっきからのお主の気、やはりただ者ではなさそうだのおう」
商人「ふふ、やはり参りましたか。しかし貴方がお相手とは光栄なることでしょうが」
商人が顔に手を当て、別の男の姿に代わる。
男「いずれにせよこの俺が直々に相手をせねばならぬ。我が名は由比正雪、貴様と刃を交えるは望外の悦び、さあくたばれや歌舞伎者!」

最終戦

・仕合前
狂死郎「これほどまでにできるとは、この狂死郎、感服させられたわい」
正雪「くくく、もうすぐ来る、この神殿の主にしてかの“ばびろにあ”の神の王が」
狂死郎「なんとこれこそお主の目的だったようじゃのおう」
正雪「いかにお主とて神が相手ではどうかな。せいぜい闘い抜くがいいて」
と、正雪は去っていく。
狂死郎「あいや逃がしたか、しかしこの先の気は見逃せないのう」
空間が歪み、そこに一人の人物が現れる。それは禍々しさよりも神々しさを感じられる姿だった。
狂死郎「ぬおう現れおったかあ、お主はいかなる鬼か魔か」
男「我を魔物と同様に呼ぶ非礼は目を瞑ろう。我は王の中の王“ギルガメッシュ”今この地より再び世界を席巻すべく顕現したるもの」
狂死郎「なれば正雪が申した神とはお主であったかあ、これは闘わねばならぬかのおう」
ギルガメッシュ「うむ、汝がごときもののふと仕合えるとは、このギルガメッシュ、歓びに打ち震えているわ」

・仕合後
ギルガメッシュ「これほどとはな人の子よ、だがこれで勝ったとは思わぬことだ」
ギルガメッシュ、剣を床に突き刺し、地響きを起こす。
狂死郎「ふぬう、この地響きはどういうことじゃあ」
ギルガメッシュ「我、再び眠りにつかん。縁があったらまた会おうぞ」
狂死郎「いずれにしても、この場を離れねばのおう」
狂死郎が去っていくとともに神殿も崩壊していく。

エンディング

後に日の本に戻る船上子供たちとともにある狂死郎の姿があった。
狂死郎「日の本に戻るまではこの狂死郎の命の舞い、とくとご覧あれい」
「後に日の元に戻った狂死郎、神とも対したその歌舞伎の舞をさらに大成するためにその業を磨くことになる。
後日『神々の舞』と称したこの舞いは江戸をはじめ各地の巡業にても多くの人の喜びと希望、そして明日を行きる活力を与えたことは多くを語るまでもなかった。
かくして狂死郎歌舞伎“ばびろにあ”奇談、ここに幕といたしましょう」

スタッフロールへ

| |

« 今週の神様12号:春の訪れは花がいいの巻 | トップページ | 新作・闘将ダイモス、ですか »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の神様12号:春の訪れは花がいいの巻 | トップページ | 新作・闘将ダイモス、ですか »