« 今更ながら幻想水滸伝についてひとまず語る | トップページ | 3月のおしらせ »

今週の神様24年度13号:明かされるものは何の巻

さて今週のジャンプレビューは、

<ONE PIECE>
オーガーたちに接触するカリブー、たしかに今まで入手した情報はどれもティーチにとって物騒なものだが。一方パシフィスタに攻めあぐねる海軍はボニーを元凶と見なし狙いを定めるが、それをドリーたち巨人たちが阻むか。一方でサターン、黄猿の追撃が迫る中、ついにベガパンクが討ち取られた。それはとある報せを世界中に伝えるものなのだが。

<あかね噺>
進められるあかねの”狸賽”はすべての観客に目と心を合わせ、ここにあかねの”仁”が出来上がり、あかね自身の噺の世界もまたつくられるか。

<WITCH WATCH>
ケイゴとカンシのドキュメンタリーだが、結局はこれも漫才芸の一環だったか。

そして<ディアアネモネ>
少年の体に帰省した彼女。このまま少年を支配せんとするも、目の前の命を助けんと、彼女のコントロールを越えて行動するのだが。

といったところでまた来週。

| |

« 今更ながら幻想水滸伝についてひとまず語る | トップページ | 3月のおしらせ »

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今更ながら幻想水滸伝についてひとまず語る | トップページ | 3月のおしらせ »