« 今週の神様23年度47号:代償とかけるものの巻 | トップページ | スターオーシャンセカンドストーリーR、ですか »

第2話:RERISE<ガンダムビルドメタバースのレビュー>

ガンプラショップで子供たちに作成のアドバイスをする店員の女性セリアに師匠になってくれと頼みこむリオ、そんな彼女をベース内に誘い案内することになる。
その先のチャンプの機体の前でリアルバトルに挑戦しようかと告げるリオに、自由に楽しむことを諭すセリアだったが。
そして師匠のガンプラを倒した機体の前に立ち尽くすリオ、そこで師匠:マスクレディがセリアだと知ることとなるのだった。
後にその真意を問うリオ。かつて彼女は後のレディ・カワグチとの挑戦をかけて妹と共に挑んだのだが。姉のパーツを使用してまでも敗れた彼女マリアは姉の気づかいに反発して彼女のもとを去ったのだ。
そしてガンプラバトルから離れた彼女は今に至りリオに会い、陰ながら彼を支援したのだ。純粋にバトルに打ち込むリオのために。その一方でセリア自身が表立って出ることができずリオの想いにも応えることができない。
苦悩するリオのもと、上位ダイバーのマギーが顔を出し自分の店に誘い込む。そこでセリアとマリアの確執について語り、なんとかそれを収めることができないかを打ち明けるリオ。
そこでマギーもミッションで腕を磨くことを提案し、リオもそれに臨むべく機体の調整を経て挑むこととなる。

荒野の銃撃戦、対するは何とヒトツメの機体。先の事件を経て組み込まれたのかはともかく熾烈なる銃撃に手こずるリオ。それを見守るマギーとフミナ、そこでリオの師匠のことを口にするのだが。
苦戦するリオに上空から援護するのは新ダイバーズのヒロトだった。彼の援護もありよくよく押し返していく。
あらためてコアガンダムの性能に感嘆するリオに共闘を持ち掛けるヒロト。ヒロトもまたリオのガンプラへの想いに感じ入り、おそらくは今の自分を合わせて彼を認めたのだろう。その一方でセリアもフミナにリオの件を教えられジェフにも決意を促されるが。
こうしてリオとヒロトは天空神殿へと向かい、UCとAGE系のMS群を切り抜けんと攻め込むのだ。そこに現れたレイドボス。その巨大で禍々しい機体で戦場を圧倒する。砲撃が効かないならとヒロトは新たなアーマーを呼び出し接近戦に特化した新たなガンダムへと強化する。あとフレディもベース内にいるのはこれいかに、あるいは彼もまた新ダイバーズに参加したのか。
敢然とボスに立ち向かうヒロト、まさに機体と一体化しての攻勢だった。それに応えるべくまわりの敵に当たるリオ。しかし一瞬の隙を突かれ窮地に立つヒロト。しかしそれをも切り抜けて渾身の一撃でボスを撃破する。こうしてミッションはヒロトたちの勝利に終わったのだ。
しかし勝利の余韻に浸るいとまもなく、二人の元に現れたのはなんとビルドファイターズのセカイだった。
あっけにとられつつもその闘いぶりを見守らんとするフミナたちのもとに、やはりセリア自身が現れた。彼女もまたリオの闘いぶりを見守らんとしたのか、そして自らの“再起”のためにも。
セカイと対するのはやはりリオ。自分の腕がどれだけのものかを試すためにもセカイに挑むのだ。そんなセカイも今や有数の強者、その実力に圧倒されつつも果敢に挑むリオ。そんな二人にかつての想いを思い起こすセリア。
やがてセカイの奥義にリオも全力で立ち向かい、敗れはしたものの全力で闘った者同士悔いはなかった。
こうしてミッションを終えベースに戻ったリオ、待ち受けたセリアに近々開催されるバトルイベントを通じ、マリアとの対戦を託すと告げ、それを受けるリオ。はたしてその戦いの先にあるものはいかに。

| |

« 今週の神様23年度47号:代償とかけるものの巻 | トップページ | スターオーシャンセカンドストーリーR、ですか »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の神様23年度47号:代償とかけるものの巻 | トップページ | スターオーシャンセカンドストーリーR、ですか »