« スーパー戦隊レビュー番外編:レスキューポリスシリーズ | トップページ | 仮面ライダーガッチャード、ですか »

今週の神様23年度34号:見るものと見られるものの巻

さて今週のジャンプレビューは、

<ONE PIECE>
ガープの特別授業からコビーが囚われたいきさつを経て、まさにピサロの魔の手が伸びる中、今までガープに鍛えられた己の拳を込めコビーの奥義がいまこそ炸裂し、活路を開く。そしてガープは己の役目は終わったと言わんばかりに一人島に取り残されるが。そしてエッグヘッドもまた海軍の包囲網のただ中にいたが。

<あかね噺>
進められるあかねの”替り目”。観る者にまざまざと魅せることができたあかねの噺に誰もが魅入っていく。それは奇しくも彼女が目指し打ち勝たんとする目標に近いものだったを断じた一剣の評価を越えるものだった。そしてその想いは父志ん太にも届いたものだった。

<WITCH WATCH>
フランたちの加勢により敵の構成の好きを見出し、ついにはその剣先を討ち破り、その目を封じて一人目の攻略が成ったのだが。

<ドリトライ>
虹村の強さは生きることへの恐怖から、それを見抜いた大神の逆襲が始まる、のだがはたして決着なるのか。

といったところでまた来週。

| |

« スーパー戦隊レビュー番外編:レスキューポリスシリーズ | トップページ | 仮面ライダーガッチャード、ですか »

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スーパー戦隊レビュー番外編:レスキューポリスシリーズ | トップページ | 仮面ライダーガッチャード、ですか »