« 今週の神様22年度40号:見えない人間模様の巻 | トップページ | 千両狂死郎~踊って闘うカブキマン(前編) »

売り込み春とゲシュタルト両さん<平成こち亀23年度上半期>

さて今回は低迷期から脱しようとあがきつつも活躍するお話ぞろいだった。その中でも通天閣署の春も人気ができたということで晴れて東京進出と意気込んだのはいいけれど、その反面本来主役である両津が結局引き立て役に徹しられた。東京の高級レストランでおごらされたり、本来35周年の記念会にも巨大パンダに踊らされたりと。
しかしそれでも両津自身も八面六臂とはいかずともひとかどの活躍をしていた。
いずれもお話としては雑ながらも最後期に向けての邁進の体を呈していたともいえるだろう。

| |

« 今週の神様22年度40号:見えない人間模様の巻 | トップページ | 千両狂死郎~踊って闘うカブキマン(前編) »

こち亀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の神様22年度40号:見えない人間模様の巻 | トップページ | 千両狂死郎~踊って闘うカブキマン(前編) »