« ファイアーエムブレムエンゲージ、ですか | トップページ | 今週の神様22年度43号:あえて神の視線での巻 »

各誌レビュー22年度9月号(その4)

さて今週の各誌レビューは、

<BLACK TIGER(グラジャン)>
久々の休日に件のネコとともにお出かけのアリス、心配で見守るティガーも道行くあやしい男たちを悪漢と思い込むのも無理はないけれど、これは来るべき死闘の前触れを暗示しているのか。

<MAO(サンデー)>
鳳家の穢れを一身に受けることとなった婆さん、ついには先代の姫をその手にかけその地位を奪う、そして先代の姫の残した式神が婆さんと、百火たち襲い掛かるのだが。

<君は008(サンデー)>
あやめの母の正体はドグラのエージェントのカフカ。人の心を弄ぶを悦びとする曲者だ。しかし迷いをかなぐり捨て立ち向かわんとするあやめなのだが。

<浦筋(チャンピオン)>
食欲の秋に臨み、なかなかに食べ物にありつけないノムさんに、うかつに食べ物を隠すのはやはり禁物だったか。

<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
呪いのブラをいざ付けてみるも、決め手は想いの人たる大祐に外してもらう。鈴にとってはこれも望むべきことだったか。

といったところでまた来週。

| |

« ファイアーエムブレムエンゲージ、ですか | トップページ | 今週の神様22年度43号:あえて神の視線での巻 »

マンガその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファイアーエムブレムエンゲージ、ですか | トップページ | 今週の神様22年度43号:あえて神の視線での巻 »