« 各誌レビュー22年度9月号(その3) | トップページ | ファイアーエムブレムエンゲージ、ですか »

今週の神様22年度42号:大いなる一手の巻

さて今週のジャンプレビューは火曜発売ということで、

<ONE PIECE>
アラバスタの一件はルフィたちにも衝撃を与えるもゾロの説諭等でひとまず落ち着きを取り戻す。その際にルフィは自らの夢を語り出すがその夢の果てやいかに。一方でサボは潜伏先で自らの無実と真の支配者の秘密を明かさんとした。しかしそれを謎の閃光が潜伏先の王国ごと消し去った、やはりこれはまさか件の平気なのか、それとも。一方で航行中のルフィのもと、謎の暖流から出てきた人影、最悪の世代ボニーだったが。

<あかね噺>
師匠の志ぐまに父の真意を語られ、あらためて己の芸を極めんと誓うあかね。一方恩師や友人に先の結果を話すとともに、今や落語界にも一目置かれた存在になっているともしらされるが。

<WITCH WATCH>
想いを寄せる人にお菓子で伝えんとするも、結果は空回り。まあこれもいつものことなのか。

<高校生家族>
春香の演説もひとまず生徒たちの心に響いた。これに対し光太郎はどう出るのか。

<すごいスマホ>
あらためてボーケンたちとの交流を通じて仲間となるQ、一方でいろいろとトラブルを引き起こすただならぬ二人組、彼らが次のターゲットか。そしてすマホマスターの存在も気になるところだが。

といったところでまた来週。

| |

« 各誌レビュー22年度9月号(その3) | トップページ | ファイアーエムブレムエンゲージ、ですか »

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 各誌レビュー22年度9月号(その3) | トップページ | ファイアーエムブレムエンゲージ、ですか »