« 第4話:つらい中お前がいて、支えてくれてよかった<異世界おじさんのレビュー> | トップページ | 餓狼新作、ですか »

ガルフォード~犬は友だちイナズマ忍者(後編)<サムライスピリッツ剛>

さてみなさん、今回の侍魂剛は、ガルフォードの後編パートをお送りいたします。
抜け荷事件に隠された巨大な陰謀に、我らがガルフォードも立ち向かうこととなり、やがては強大な敵とも対峙することとなりましょう。はたしてその結末やいかに、といったところで、それでは、ごゆっくり。

ちなみにベースストーリーはこちら。

また前編パートはこちら。

といったところです、それでは、あらためてごゆっくり。

第七回戦(対半蔵)
・仕合前
ガルフォード「Hey半蔵さん、やはり抜け荷の事件にあたってるのかい」
半蔵「これも公儀の任務なり、ぬしが同じ路を歩まんとするのも承知、なれどあえて仕合うもまた路なり」
ガルフォード「そいつは仕方がない事かもな、だったら俺も全力をもって応えようじゃないか」
半蔵「なればこそ、お主の全身全霊をもってかかってくるがいい」
・仕合後
ガルフォード「どうやら一本取ったな、でもまだ勝った気はしないな」
半蔵「見事なりガルフォード、これもまた精進の賜物なれば、ここは一時お主に譲ろう」
ガルフォード「今回も抜け荷の事件の裏に何やらよからぬことが起きようとしている。こうなれば最後まで付き合っていこう」
半蔵「うむ、抜かるなよ」

第八回戦
・仕合前
領主の城内にて子供たちが働かされている。
「オラァ、働け働け、手を抜いたら今夜のメシは抜きだぞ!」
ガルフォード「そういえば各地からかどわかされた子供たちが、なるほどここで働かされているのか」
すかさずただ中に入っていくガルフォード。
ガルフォード「Hey、これ以上子供たちを苦しめることは、このガルフォードが許さない」
「な、なんだ貴様は、いずれこれを見たからには生かしては帰さんぞ」
そこに巨漢の大男が現れる。
「待てい、こやつはお前たちがかなう相手ではない」
「ああ、ハッサム様」
ガルフォード「お前がこいつらのリーダーなのか」
ハッサム「うむ、俺様がここを預かるハッサムという者だ。奴隷の子供たちを相手にしていたから久しく腕がなまるばかりよ」
ガルフォード「いずれ子供たちを返してもらう、いくぞ悪党」
ハッサム「悪党と呼ぶのも構わぬが、しかしお前ほどの英傑と仕合うなら俺も腕が鳴るというものだな」
・仕合後
ガルフォード「いい仕合だった、しかし事件の裏に何が隠されてるか。これも楽しみだな」

第九回戦
玉座の間に踏み入ったガルフォード。そこには領主と日の本の商人がいた。
領主「な、なんだ貴様は」
商人「おやおや、ここまで参るとは流石ですね」
ガルフォード「やはり抜け荷の事件にはジャパンの商人が絡んでたか。お前たちの野望はここまでだ」
商人「あいにくそういうわけにもいきませんが、しかしあなたの実力を見込んでこの方々と闘っていただきます」
部屋の脇の柱から、商人が雇った用心棒が現れる(以下2組の中から選択で登場)
三九六「おう、泣く子も黙るこの三九六さまと仕合おうってのか。しかしここであったら何とやらだ。いずれにせよおめえもこれまでだぜニンジャマン」
ドラコ「久しぶりだなガルフォード。この日をどれだけ待ったことか、この銃で貴様を撃ち取れることを。さあ、始めようじゃないか、お前の最期の時を」
(ペルシャへの移動時にシャンティと対戦後、以後の仕合後メッセージを飛ばして特別戦その2に移行可能)
・仕合後
ガルフォード「少し手こずって商人たちを逃がしてしまったな。今行けば追い付くはずだ」

特別戦その2(対リスキー=ブーツ)
・仕合前
勝ち残った覇王丸のもとに青白い女が舞い降りる。
女「おおっと、派手にやってくれるじゃないか」
ガルフォード「君は何者だ、あの商人が差し向けた新しい刺客って奴なのか」
女「ハッ、冗談じゃないね、このリスキー=ブーツ様が、あんなチンケな下風に立つわけないだろう。このペルシャの地にたいそうなお宝があるって聞きつけてわざわざ参上したってわけさ」
ガルフォード「そういえば、先に飛ばされたあのお嬢さんが君のことを言ってたな」
リスキー「そこまで知ってりゃ話が早い、いずれにせよここで邪魔されちゃ元も子もないね、ここは片付けさせてもらうさ。
右手に銘刀“クイーン・オブ・パイレーツ”
左手に銘銃“クイーン・オブ・セブンシーズ”
これさえありゃ怖いものなしだ、さあ始めようか」
・仕合後
ガルフォード「ふう、結構手強いお嬢さんだった、でも今ならまだ間に合うな、急ごう」

第十回戦
・仕合前
地下の神殿にたどり着いたガルフォード。しかし倒れ伏した領主とそれを足元に立つ商人がいた。
ガルフォード「これは、一体どういうことだ」
領主「き、貴様、裏切るのか・・・・・」
商人「ふふ、貴方には随分と働いていただきました。しかし貴方のお役目はここまでです」
ガルフォード「なんてことを、だがお前もただの商人じゃないな、やっぱりお前が相手をするというのか」
商人「ふふ、これも面白き事ですね。しかし貴方がお相手とは光栄なることでしょうが」
商人が顔に手を当て、別の男の姿に代わる。
男「いずれにせよこの俺が直々に相手をせねばならぬ。我が名は由井正雪、貴様と刃を交えるは望外の悦び、さあくたばれや、ガルフォードとやら!」

最終戦
・仕合前
ガルフォード「この地響きは、何が起こるってんだ」
正雪「くくく、もうすぐ来る、この神殿の主にしてかの“ばびろにあ”の神の王が」
ガルフォード「それがお前の目的ってところか」
正雪「いかにお主とて神が相手ではどうかな。せいぜい闘い抜くがいいて」
と、正雪は去っていく。
ガルフォード「くっ逃がしたか、しかしこの気迫も見逃すことができない」
空間が歪み、そこに一人の人物が現れる。それは禍々しさよりも神々しさを感じられる姿だった。
ガルフォード「お前が神の王、今回の凶事の元凶なのか」
男「我を魔物と同様に呼ぶ非礼は目を瞑ろう。我は王の中の王“ギルガメッシュ”今この地より再び世界を席巻すべく顕現したるもの」
ガルフォード「お前が神であろうかはともかく、これ以上好きにさせるわけにはいかない。人々の平和と笑顔のために、全力で闘おう」
ギルガメッシュ「うむ、汝がごときもののふと仕合えるとは、このギルガメッシュ、歓びに打ち震えているわ」
・仕合後
ギルガメッシュ「これほどとはな人の子よ、だがこれで勝ったとは思わぬことだ」
ギルガメッシュ、剣を床に突き刺し、地響きを起こす。
ガルフォード「くっ、この神殿も崩れるのか」
ギルガメッシュ「我、再び眠りにつかん。縁があったらまた会おうぞ」
ガルフォード「ここも危険だ、とうっ」

後に日の本に戻る船上子供たちとともにあるガルフォードの姿があった。
「こうして、“ぺるしあ”並びに“ばびろにあ”の騒乱を収めたガルフォードは、再び正義のニンジャとして各地を旅するのだった。
これもまたガルフォードの伝説の1ページと刻まれることは今更語るまでもなかった。
彼の前には道はなし、彼が進む後に道はあり。それが正義のイナズマ忍者、ガルフォードの生き様である。彼の前に悪がある限り、彼はまた闘い続けるのだ」

スタッフロールへ

| |

« 第4話:つらい中お前がいて、支えてくれてよかった<異世界おじさんのレビュー> | トップページ | 餓狼新作、ですか »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第4話:つらい中お前がいて、支えてくれてよかった<異世界おじさんのレビュー> | トップページ | 餓狼新作、ですか »