« 五目飯両さんとバスター=キートンの蹉跌(平成こち亀20年上半期) | トップページ | ゼンカイジャーVS、ですか »

ドラえもんオリジナル:しずかとミノタウロスの皿(その1)

さてみなさん、今回の大長編ドラえもんは本編ドラえもんのオリジナルエピソードということで、しずかちゃんがお友だちと一緒にウシ型の宇宙人に招かれてお祭りに参加するというけれど、そのお祭りにはある恐るべき秘密が隠されているという。そしてそれに対するドラえもんとのび太くんの活躍やいかにといった内容です。はたしてその結末やいかに。といったところで、それでは、ごゆっくり。

ちなみにこのお話の前にこれらも読んでいただければ一層楽しめると思います。
のび太のサファリパーク
前編後編

のび太とお嬢様
前編後編

といったところで、あらためて本編をごゆっくり。

その日しずかちゃんはお友だちの立花さんと乙梨さん、そしてなぜか麗子までも遊びにやってきた。実はしずかちゃんのママと母親の兼子さんともお付き合いが深く、前の二人とはいつも通りながらも、麗子さんの場合は少しもてあまし気味に付き合っていた。たしかに自慢話は少し食傷気味だったが、それでもスネ夫よりはしつこくはないのでひとまず聞き流せられるものだったが。
そんな彼女たちに異変が訪れたのは源家に何やらの光が降りかかったことから始まるのだ。
しずか「あれ、ちょっとまぶしくなってきたかな」
麗子「いったいどうしたのかしら」
そこに窓から何やらの人影が舞い降りたかと思えば、それがなんと二本足で立っていた2頭のウシが姿を現した。
「おめでとうございます、あなたたちは厳正なる審査の結果、栄えあるミノタウロスの皿に選ばれました」
しずか「え、何なのこれ・・・・・!」
麗子「ウ、ウ、ウシぃ・・・・・!」
「いやいや、ウスは君たちのことですよ。わたしたちははるかアルデバランからやってきたズン類の者です」
立花「そ、それでそのウスとズンルイの人が私たちに何の用なの」
「はい、前にもいいましたが、わたしたちの星の大事なお祭りである“ミノタウロスの皿”にあなた方を招くべくまかり越したのです」
しずか「でもアルデバランといえばおうし座にある星でしょう。そんな遠くの星まで行ったら、ママたちが心配しちゃう・・・・・」
「大丈夫ですよ、この星の時間は止めたままですので、帰ったころにはそんなに時間も経ってはいません」
「だから安心してお参りください、さあ・・・・・」
というわけでしずかちゃんたちは半ば強引に招かれるままに彼らアルデバランのズン類の宇宙船の乗り込み、はるか宇宙のかなたまで飛び去っていったとさ。

一方野比家ではのび太くんが部屋で横になり、ドラえもんも少しあきれ顔で本を読みつつンのび太くんを見守っていた。
ドラえもん「のび太くん、まっぴるまからそんなに横になっていいの、まだ宿題も残っているでしょう」
のび太「だって毎日ソーメンばかりでおなかがもたれちゃう、たまにはお肉も食べたいよ」
ドラえもん「そうは言ってもママも今月も赤字だって言ってたじゃない。毎月の家賃にあわせて食費やら電気代やらでパパの給料でも間に合わないっていうから」
のび太「ねえ、どうせならしずかちゃん家に遊びに行こうかな」
ドラえもん「だめだよ、まだ宿題が残っているし、うかつに外へ出たらまたママに怒られちゃうよ」
のび太「ちえっ、それなら宿題を終わらせる道具だして、ほら“ハッスルねじ”やら“ノーリツじょう”やら」
ドラえもん「だめ、むやみに道具にたよっちゃきみのためにならないよ」
のび太「なんだ、あ~あつまんない」
ドラえもん「のび太くん」
と、半ばふてくされて再び横になるのび太くんと、なんとか宿題をさせようとするドラえもんだったが、さきのしずかちゃんの件で時間を止められてしまった。かに思われたが、すぐさま元通りになる。
ドラえもん「あれ、どうしたのかな」
のび太「どうしたのドラえもん」
ドラえもん「いや、一瞬動きを止められたかと思ったけど、気のせいかな」
その時、部屋の窓の外が光ったかと思いきや、窓の外に小さな宇宙船が浮かんでいて、そこから誰かが出てきたのだ。
「お久しぶりね、ドラえもんにのび太くん」
のび太「あ、どうも、こんにちは、ってあなたは誰」
「ほらほら、前にアフリカで世話になった宇宙捜査官のリイナよ」
説明しよう、彼女こそ先のお話で密猟者の潜入捜査を行い、のび太くんたちを助けたゴリラ型宇宙人の宇宙捜査官リイナである。
ドラえもん「そのリイナさんが、今度は何の用なの」
リイナ「実はしずかさんたちが何者かにさらわれて、助けるためにあなたたちの力が必要なの」
のび太「ええっ、しずかちゃんが、一体どういうことなの」
ということで、二人は部屋にあがってきたリイナの説明を聞くことになる。もちろん周りの時間は止まったままに。

| |

« 五目飯両さんとバスター=キートンの蹉跌(平成こち亀20年上半期) | トップページ | ゼンカイジャーVS、ですか »

ドラえもん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 五目飯両さんとバスター=キートンの蹉跌(平成こち亀20年上半期) | トップページ | ゼンカイジャーVS、ですか »