« ゼノブレイド3、ですか | トップページ | キャプテン・キッド・餓狼伝説編<バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!> »

各誌レビュー22年度2月号(その3)

さて今週の各誌レビューは、
 
<BLACK TIGER(グラジャン)>
幻の青いバラととともに、ティガーの過去にも相棒のウエキにもついに触れられることととなるが、この時点からもティガーもいつも通りにふるまっているのだが。
 
<MAO(サンデー)>
災厄の根幹たる祟り神、真緒の剣と術は効かず、頼りになるのは唯一効果がある菜花の血地丸のみ、しかしそれでは菜花の命が持たず、はたして勝ち目があるのか。
 
<君は008(サンデー)>
ついにドグラの軍勢が東京を襲う。校長も拘束され、頼りになるのはエイトたち学生エージェントのみ。そのうちにエイトの家族にも危機が迫るのだが。
 
<浦筋(チャンピオン)>
雨の日のタイガー軍団、昨今新入りの凜にタケシが尻に敷かれつつあるな。
 
<ジーニアース(チャンピオン)>
フォルセティと公安、一歩も引くに引けない状況の中、ついに甲斐とネロが対面する。そして一面が火の玉に包まれるのだが。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
寒い日の催眠術、防寒という概念において一番やっちゃいけないことだろうけれど。
 
といったところでまた来週。

| |

« ゼノブレイド3、ですか | トップページ | キャプテン・キッド・餓狼伝説編<バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!> »

マンガその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゼノブレイド3、ですか | トップページ | キャプテン・キッド・餓狼伝説編<バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!> »