« 2月のおしらせ | トップページ | ザ・ドラえもんズオリジナル・トラえもん編:こーちゃんとダメな子奮戦記(その2) »

ズラされ両さんの問題提起能力<平成こち亀17年度下半期>

さて今回の平成こち亀、先に低迷期と言われつつもお話にはバラエティに富んでいるとひとまずは言える。
まずはスタッフ間ではやりの将棋ネタの集大成たる『将棋刑事の巻』コーヒーをめぐっての騒動を描き二部作にまで発展した『セレブコーヒーの巻』など、今になっては傑作といっても差し支えはない。とはいえ編者なりに下記のアレンジもさせてもらったけれど。
王将刑事登場・将棋人生待ったなしの巻
両津プランテーションの巻(一番下あたりです)
あと工場などのマニアックなお話も最後のズッコケもあったがひとまずの共感を覚えたものだった。まあそんなこんなでひと通りの活躍も最後スッコケないと締まりがないだろうといったギャグマンガならではの悪癖が次回思わぬ帰結をもたらしたのは次回に述べることにするのだが。

| |

« 2月のおしらせ | トップページ | ザ・ドラえもんズオリジナル・トラえもん編:こーちゃんとダメな子奮戦記(その2) »

こち亀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月のおしらせ | トップページ | ザ・ドラえもんズオリジナル・トラえもん編:こーちゃんとダメな子奮戦記(その2) »