« アルセス・リターンズ(その2)<機動戦士ガンダム・クレイドルエンド> | トップページ | 蜘蛛ですが、何かのレビュー(その18:私よ、永遠に?) »

今週の神様22年度3・4号:人それぞれにスネの疵ありの巻

さて、今年最後のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
クイーンとの激闘を制し、己の血の宿業にも決着をつけたサンジ。一方でついに素顔をあらわにしたキング。かつては政府により隔離された種族の末裔だという彼にいよいよゾロが剣に身を委ね奥義の限りを尽くして、キングの体質と業のタイミングをも見極めて、今ズべ手をかけた斬撃を繰り出すのだ。
 
<WITCH WATCH>
敵の刺客たる水使いに、件の少年も割って入りなんとか撃破したが、よもやその少年こそが吸血鬼だったとは、一応味方とはいえこれはかなりの曲者か。
 
<あやかしトライアングル>
プールでの一件から今度は恋緒が祭里にアタック。二ノ曲をも巻き込んで話ががだんだんとややこしくなってくるのか。
 
<高校生家族>
バレーでの公式試合にて、相手校の実力はこの際置いといて、やはり父の着実なプレーでひとまず成果を上げていくか。
 
といったところで今週はここまで。また明くる年にまた会いましょう。

| |

« アルセス・リターンズ(その2)<機動戦士ガンダム・クレイドルエンド> | トップページ | 蜘蛛ですが、何かのレビュー(その18:私よ、永遠に?) »

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルセス・リターンズ(その2)<機動戦士ガンダム・クレイドルエンド> | トップページ | 蜘蛛ですが、何かのレビュー(その18:私よ、永遠に?) »