« 釜茹で両さんのお使い大作戦<平成こち亀17年度下半期> | トップページ | 機動戦士ガンダム・水星の魔女、ですか »

ガルフォード~犬は友だちイナズマ忍者(前編)<サムライスピリッツ剛!>

さてみなさん、今回の侍魂剛は、青い目のイナズマ忍者ガルフォードの前編の記事をお送りいたします。
特に今回のストーリーについていずれ登場するだろうオリジナルキャラも登場する運びですのでそれもひとまずはご期待ください。それでは、ごゆっくり。
ちなみにグランドオープニングはこちら。
ちなみにこの記事も一個人の創作ですので、実際のSNKさん及びWAY FORWARDさんとは一切関係はあり誠をご了承ください。
 
ベースストーリー・オープニング
日夜正義のために奔走する彼も、旧知を頼りに久しぶりのジャパンに渡り、そこで抜け荷事件を通じて悪の影を感じ、こたびの凶事を受けて乗り込んでいく。もちろん多くのライバルとの対戦にも心待ちながら。
「この事件の陰にも大いなる悪がいるに違いない。行こう、パピー!」
 
第一~第三・第五・第六回戦(抜粋)
・対ナコルル
ガルフォード「やあナコルル、お互いこの事件の陰にこそ使命があるってことだね」
ナコルル「ああガルフォードさん、こうして剣を交えるのもまた使命のうちなのですね」
「お互い使命の先に平和があるなら、あえて乗り越えるのもいいさ。とりあえずは俺が先に行こう」
 
・対火月
ガルフォード「火月か、君の忍道はともかく君自身の使命のため、俺が胸を貸してやろうじゃないか」
火月「おうよガルフォード、おめえさんとの修行も今から楽しみになってきたぜ。それじゃあいっちょやっか」
「君たちの力をまだ葉月は必要としている、それはが君たち自身の正義にもつながるんだ」
 
・対アンドリュー
ガルフォード「この事件の裏にも悪の陰がある、ここはともに力を合わせるべきかもしれないが」
アンドリュー「それでもお互いどれだけ強くなったかをはかるのも悪くはない。僕も楽しみになってきたよ」
「お互いの任務と使命のためにまだまだ闘わなきゃいけない。何かがあったらすぐに駆けつけるさ」
 
・対タムタム
ガルフォード「やあタムタム、君の力を必要としたいが、まずは仕合って高めることにしよう」
タムタム「オオ、我ガトモダチがるふぉーど、オ前ト闘ウ、たむたむ楽シミトシテイタゾ」
「まだまだ闘い方が足りなかったかな、でもその強さはここぞで使ってこそ活かされるんだ」
 
・対セレナ:ガルフォードの妹で故郷で保安官見習いをしていたが。
ガルフォード「ああセレナ、保安官の仕事はどうしたんだい、まさか事件のことでここに来たのか」
セレナ「うん、でもここで兄さんと会って仕合をするなら、いい修行になるかもしれないね」
「ここから先は今以上に危険になるかもしれないから、帰ってゆっくりとしてくれよ」
 
第四回戦(対アースクエイク)
・仕合前
ガルフォード「Heyアースクエイク、今回の抜け荷の件、やはり財宝目当てでかぎつけてきたか」
アース「グヒッ、おめえはガルフォード、また俺さまの邪魔をしようってんじゃねえのかあ」
ガルフォード「これ以上の悪事は許さない、俺の忍術で大人しくしてもらうぞ」
アース「グヒッ、そっちこそ新しい俺さまのニンジュツに吠え面かかせてやるぜえ」
・仕合後
ガルフォード「どうだガルフォード、力におごり修行を怠ったのが命取りだ」
アース「グヒイ、おめえごときに、この俺さまの体が動かねえ」
ガルフォード「さてこのまま半蔵サンやら柳生サンに突き出してもいいが、これは骨が折れそうだな」
アース「グヒイ、このまま捕まってたまっかよ、ペッ」
アースクエイク、吐き出した煙玉で煙幕を出し、そのまま姿を消す。
ガルフォード「くっ、逃がしたか。でもこれで少しは静かになるだろう」
 
第四回戦終了後
(ここまでストレート勝ち、もしくは武器破壊技もしくは秘奥義でフィニッシュ3回以上で特別戦に移行可能)
ガルフォードのもとに1枚の大型じゅうたんが舞い降りる
ガルフォード「これはもしかして魔法のカーペットなのか。なるほどこれに乗れっていうのか」
ガルフォード、じゅうたんに乗り、そのまま空を飛ぶ。
ガルフォード「ああ思った通りだ。これでペルシャまでひとっ飛びだな」
(条件未達成時:そのまま共通パターンに移行)
ガルフォード「なるほど、俺のほかにもペルシャに乗り込もうって奴がいるのかな」
(条件達成時)
突然、天空から何者かが落ちてくる。
「うわああああ!」
それは頭からじゅうたんにめり込み、それから起き上がる。
「いたたたた、もうリスキーったら、有無を言わさずぶっ飛ばすんだから」
ガルフォード「Hey、君は何者だ」
「あれ、ええと、私はシャンティ。歌って踊れるガーディアンジニーでーす」
ガルフォード「君も精霊の一人なのか、ここであったのも何かの縁だな、君の強さを見たいが付き合ってくれるかい」
シャンティ「うん、そういったことならやぶさかじゃないけれど。それじゃあ、どこからでもかかってきて」
特別戦(対シャンティ)
・仕合後
ガルフォード「これほどの体の流れと繰り出される業と魔法の数々は見事だったな、また手合わせしたいものだ」
(共通パターン)
魔法のじゅうたんはやがてペルシャにたどり着く。
ガルフォード「やっとついたなペルシャの地、さあどんな悪者が待っているか楽しみだ」

つづく!

| |

« 釜茹で両さんのお使い大作戦<平成こち亀17年度下半期> | トップページ | 機動戦士ガンダム・水星の魔女、ですか »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 釜茹で両さんのお使い大作戦<平成こち亀17年度下半期> | トップページ | 機動戦士ガンダム・水星の魔女、ですか »