« ピンボール両さんの異文化交流(平成こち亀16年下半期) | トップページ | 映画ジャングルクルーズ、ですか »

エピソード9:力の滓(その19)<namco×CAPCOM・SNK>

さてみなさん、今回のナムカプケイは、いよいよ魔界城玉座の間にて魔皇との対戦が待ち受けております。はたしてアーサーたちはどう立ち回るのか、といったところで、それでは、ごゆっくり。
 
MAP:魔界城:玉座の間
・一面暗黒が広がっている空間にアーサーたちを中心に数チーム選択の後に現れる。
アーサー「いよいよ魔皇との対戦、とうとうこの刻が来たな」
ガンツ「しかし辺り一面真っ暗だ、こんな場所で魔皇に攻められちゃたちまち追い詰められるぜ」
「よくぞ来た、我と戦うにあたりしかるべき場を与えよう」
アーサー「うむ、やはり魔皇か」
「いかにも、我が名は魔皇ルシファー。さあ、真の宴のはじまりだ」
 
・その時、数枚の円盤が空間に広がっていく。
クロノア「なにこれ、足場みたいだけどうっかり乗っちゃっていいのかな」
レオ「うむ、たしかに罠かもしれんが乗ってみるしかないだろう」
アーサー「さて、どう飛び移るかな、おっと」
・アーサー、突然目の前の足場に瞬間移動する。
アーサー「これは、隣り合った足場なら臨む通りに移動できるな。それを踏まえればいつもの戦いと同じだろうが」
ルシファー「汝らの舞台、気に入ってもらえたか、まずは彼らと戦ってもらおう」
 
・まずはサタン、ドラゴン群を引き連れた巨大な魔物が現れる。
小牟「ややっ、今度は特大サイズの魔王が現れたぞ」
ルシファー「これぞ魔王たちの集大成、人呼んで魔帝サマエル。汝らを討ち取るにこれ以上の戦力はないが、そうそう易々と倒れてくれるな」
アーサー「こちらの望むところ、いくぞ」
・他のプレイヤーもそれぞれの足場に飛び移っていき、その直後最初の床が崩れていく」
ガンツ「くっ、逃げ道はふさがれちまったな」
レオ「これも彼の者を討たねばならぬということか」
クロノア「どっちにしてもやるしかないよ」
 
・敵キャラクター紹介(その1)
魔帝サマエル(超魔界村):大魔王アスタロト、超魔王ネビロスの究極進化形と目される巨大なる魔物。その姿はまさしく彼らを越えた魔の帝と呼ぶにふさわしい。
 
・プレイヤーは隣り合った足場に任意に乗り移り、隣接する敵と戦うことになる。
・サマエルはほぼランダムに瞬間移動していくので、随時近付いて攻撃しなければならない。
 
・サマエル1体撃破後、増援が出現する。
ルシファー「まずは一人倒したか、だがまだまだいるぞ。せいぜいあがくがいい」
 
・その後1体ずつ倒すごとに増援が出現し、最後には巨大な紅い魔物が現れる。
アーサー「ううむ、これこそが魔皇ルシファーか」
ルシファー「いかにも、我こそ魔皇ルシファー。まずは称えよう、汝らの戦いを。そして寿ごう、汝らの死を。汝らの血涙こそ我が糧となり、この魔界より地上を征せん」
レオ「そううまくいくかな」
ワルキューレ「そうです、闇に生きるものは闇に帰すのがさだめ。さあ、貴方も己が闇に眠りなさい」
 
・敵キャラクター紹介(その2)
魔皇ルシファー(大魔界村):魔界の深淵に巣食う魔の皇。人々の魂を狩り集め、さらなる強大化をもくろむ。
 
・ルシファー撃破後
ルシファー「まだぞ、我が滅びんとも、更なる闇が、汝らを、覆うで、あろう・・・・・」
ルシファー、そのまま姿を消すも、今だ闇が晴れていない。
アーサー「今だ闇が晴れぬか、まだ新たな敵が待ち受けているのか」
レオ「ちょうどこちらの戦力も底をつきかけているが、いかなる相手とても、やらねばならぬか」
 
・そして闇の魔物の頭と腕が現れる。
魔物「魔皇ルシファーよ、汝の魔力受け入れ、いまこの魔界の深淵より甦り」
アーサー「今度は何者だ」
魔物「我が名は、暗黒神ハーデス。汝らつわものの魂をも取り込んでくれん」
 
・敵キャラクター紹介(その3)
暗黒神ハーデス(極魔界村):もとは天界の神の一柱だったが、闇に堕ちて暗黒神となる。

 

・ハーデスは頭と腕を駆使して襲い掛かり、プレイヤーはそれらに対さなければならない。
アーサー「暗黒神ハーデスか、奴を倒すにもあの腕が厄介だな」
ワルキューレ「何とか頭を倒せればいいのですが」
 
・ハーデス撃破
ハーデス「闇は、滅びぬ、いつの日か、我らも、魔界とともに、蘇らん・・・・・」
アーサー「その時は、堂々とお相手しようぞ」
レオ「うむ、足場が揺らいでおる。もしかすると落ちるやもしれぬな」
クロノア「うわっ、どうしよう」
アーサー「ややっ、この魔界に光が差し込んでいる」
ワルキューレ「この光は、みなさん、光の導きに従いましょう」
レオ「おお、体がみるみる浮かんでいく」
アーサー「魔界も闇に沈んでいく。これでひとまずは終わりか」
 
エピローグ:ギネヴィア城
プリンセス「みなさま、よくご無事で、それにアーサー、また旅立つのですね。これからこの地を守ってほしかったのですが」
アーサー「お言葉ながら姫、今だ幻想界、魔界の不穏は振り払われてはおりませぬ。それらを晴らして後、すみやかに帰還しこの地を鎮護奉りましょう」
グレイ「それからユンナが振りまいた災厄も、ザサラメールを通じて未だ蔓延っている。そいつも片付けなきゃならねえ」
レオ「今しばしのご辛抱ですぞ。なにそんな永くはかかりますまい」
プリンセス「はい、みなさま、ご武運を」
アーサー「ははっ、では皆の衆、参ろうか」
 
魔界村編、完
 
TO BE CONTINUED

| |

« ピンボール両さんの異文化交流(平成こち亀16年下半期) | トップページ | 映画ジャングルクルーズ、ですか »

ナムカプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピンボール両さんの異文化交流(平成こち亀16年下半期) | トップページ | 映画ジャングルクルーズ、ですか »