« 第10話:宿敵の刃(その2)<機動戦士ガンダム・クレイドルエンド> | トップページ | 蜘蛛ですが、何か?のレビュー(その8:私の戦いは、これからだ?) »

今週の神様21年度29号:やはり待っていた者の巻

さて今週のジャンプレビュー、ますワンピはお休みということで。
 
<WITCH WATCH>
カラの両親の手紙に込められた秘められた想い。一時疑いをかけた父に結果親子の絆を固める結果に。たしかに素直な気持ちが大切なんだなということで。
 
<あやかしトライアングル>
昨今日照りが人々に直接災いを引き起こすことは少なくなってきたな。しかし一つ解決したとしてもまだ二つ厄介ごとが待っているからな。
 
<高校生家族>
テニス部の反省会で各々が想いを語る中、光太郎が好きな人が別にいて三角関係の様相を呈しているのだが。
 
そして今回最終回の<灼熱のニライカナイ>
めぐりめぐって鮫島がチャコの面倒を見ることになり、今でも島と海の治安を守っているということで。たしかに中盤迷走をした感もあったが、結果的にすっきり収まったから良しとすべきかもしれない。ともかくも本当にお疲れさまでした。
 
といったところでまた来週。

| |

« 第10話:宿敵の刃(その2)<機動戦士ガンダム・クレイドルエンド> | トップページ | 蜘蛛ですが、何か?のレビュー(その8:私の戦いは、これからだ?) »

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第10話:宿敵の刃(その2)<機動戦士ガンダム・クレイドルエンド> | トップページ | 蜘蛛ですが、何か?のレビュー(その8:私の戦いは、これからだ?) »