« ドーリア星域の会戦<今更ながら銀英伝ノイエテーゼレビュー> | トップページ | 7月のおしらせ »

新・のび太は悪い子?:概要<本当は怖いドラえもん>

さてみなさん、今回の記事は先の『のび太は悪い子?』を今少し読める記事を目指して再構成したものです。
ひとまずの再構成について編集に手間取り、その結果掲載が大幅に遅れてしまいましたことをまずはお詫び申し上げます。本当に申し訳ございません。
さて気を取り直して本編をば。
 
先に述べた『役回りの本末転倒』やら『のび太の堕落論』やらで、お話の後半あたりで何かとトラブルメーカーに陥って結局ひどい目にあうシチュエーションが中後期辺りでしばしば見受けられる。
これはつまり全体的に見て“ズッコケの要素”の一つと見てもいいだろうけれど。やはり一つの傾向として、のび太くんがいわゆる“悪い子”に陥ってしまってるのではないかと見えてしまう。どうしてこうなったのかを考えるに当たり、これもまた「小学館の事情」特に当時周りの大人たちの思惑あってこういったお話がしばしばとなってしまった。あと当の藤子F先生はどうだったかといえば、まずは当の本人でさえ答えが浮かばないというのが一般的で、言い換えればやはり純粋に漫画を描くことで周りが見えなかったのが実情でもある。それがオチとして悪い子のび太を懲らしめる、というかやっつける、行ってしまえばいじめの一環としてと会えても差し支えない事態に一時期なってしまったのだ。さてこういう「悪い子」に先立つ、ジャイアン以外の敵役、いわゆる「悪い奴」について、まずはジャイアンですらかなわない隣町のガキ大将やら、実際の犯罪者やら、果ては未来から来た本当の悪人(未来世界の怪人)などがあり、それらが町を騒がせてはドラえもんたちがなんとか退けんと悪戦苦闘するお話が連載の初中期にはしばしば見受けられた。ちなみにこのシチュエーションは大長編並びに映画のお話にも初代の『恐竜』のドルマン一味やら、『小宇宙戦争』のギルモア軍やらで描かれたりもしたのだが。しかしこれらもご多分に漏れず、80年代の全般から言うなればお話の安易化において、先述の悪人やらガキ大将やらの敵役の要素が次第にのび太くんに負わせちゃったという感さえある。ついでにジャイアン等の役回りも背負わせちゃって、これこそ役回りがあべこべになったともいえるだろう。

| |

« ドーリア星域の会戦<今更ながら銀英伝ノイエテーゼレビュー> | トップページ | 7月のおしらせ »

ドラえもん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドーリア星域の会戦<今更ながら銀英伝ノイエテーゼレビュー> | トップページ | 7月のおしらせ »