« ONE PIECE反省会:ワノ国編第三幕その5 | トップページ | 人体改造の悲劇<本当は怖いドラえもん> »

こき使われ両さんと闇墜ち署長<平成こち亀15年度上半期>

今回の平成こち亀はいよいよもって両津の受難の日々の幕開けと当時はそういった想いで読んでました。
まず顕著だったのは監視や掣肘の形で両津をいろいろ振り回す役目を所長直々に行うといった話が顕著になったのを挙げたい。それに関しての部長の偽善性は前々から挙げていたが、この時期になってそれが露骨化して言った感も強い。そういえば最後期にて両津にしてやられた末武装してのお怒りオチに所長も参加するシチュエーションもその延長線といったところ。
さておきそんな両津でもひと通り大暴れの回やら過去の人情話やらも忘れてはいないからそうイヤな話ばかりではないとは思うけれど、やはり先述のお話ばかりが目立ってこれもまたファンとしてもいただけないだろうけれど。

| |

« ONE PIECE反省会:ワノ国編第三幕その5 | トップページ | 人体改造の悲劇<本当は怖いドラえもん> »

こち亀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ONE PIECE反省会:ワノ国編第三幕その5 | トップページ | 人体改造の悲劇<本当は怖いドラえもん> »