« おためし紀行:今年の花見2021 | トップページ | 蜘蛛ですが、何かのレビュー(その4) »

今週の神様21年度19号:かっこいい終わり方とはの巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
マムはひとまずプロメテウスに助けられ落ちるのは免れたが、一旦戦列離脱となった、言いたいが。一方で着実にダメージを受けて入りうカイドウも逆襲を試みるが、ゾロたちの援護でルフィも復帰。その上でさしでカイドウに立ち向かわんとするが、はたして勝機は見えるのか。
 
<WITCH WATCH>
謎の服に連れ去られるニコ。しかしモイと風祭の凸凹コンビの連携でひとまずは撃退できた。こうして招かれざる客もニコの守護となったか。
 
<あやかしトライアングル>
祭里の紋が熱くなってまたまたひと騒動。肝心なところが男に戻ってラチカも大人の階段を一つ上ったか)違。
 
<灼熱のニライカナイ>
強いられた殺し合いを抜けて教団の手に落ちた室伏と、徐々に人間でなくなる南風原。やがては教団をのとった室伏。そしてチャコの誕生で運命は大きく動き出すか。
  
<高校生家族>
青山の陰謀で父のカバンにタバコを忍ばせるも、部下のミスで失敗。こういったところも予断が許されないかな。あと昨今の学校で喫煙はまずいだろう。
 
そして<BUILD KING>
敵をひとまず退けたとんかちたち。そこに家からの招きが入る。はたしてそれは家の住民か、それともいえそのものの意思なのか。
といったところで、たしかにトリコの後作品ということだが、前作のノリで作ろうとして結局トリコの二番煎じから抜け出せなかったのが敗因だったか。まあいずれにしてもお疲れさまでした。
 
といったところでまた来週。

| |

« おためし紀行:今年の花見2021 | トップページ | 蜘蛛ですが、何かのレビュー(その4) »

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おためし紀行:今年の花見2021 | トップページ | 蜘蛛ですが、何かのレビュー(その4) »