« 今週の神様21年度13号:男の度量は思いっきりからの巻 | トップページ | ザ・ドラえもんズオリジナル:怪盗ドラパン編・セリーヌととらわれの館(その3) »

踏ん張り両さんの崖っぷちの攻防<平成こち亀14年度上半期>

今回の平成こち亀はある程度追い詰められながらもひいき目ながら踏ん張りながらの活躍が見受けられる。特殊刑事も相変わらず両津を悩ませつつもアブノーマルさからマニアックさへと移行していく。そういえば海パン刑事からワンピのフランキーが創られてそのアブノーマルさが一部では受けが良かった一方、やはり従来のファンから不評なのか以後のマニアック路線に走ったのではないかといった感もないではない。前にも言ったけれど上下関係云々がストーリーに絡んでいるというが、やはり両津の反骨精神にも反しているともいえるのではないかと今更ながら述べていて。

| |

« 今週の神様21年度13号:男の度量は思いっきりからの巻 | トップページ | ザ・ドラえもんズオリジナル:怪盗ドラパン編・セリーヌととらわれの館(その3) »

こち亀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の神様21年度13号:男の度量は思いっきりからの巻 | トップページ | ザ・ドラえもんズオリジナル:怪盗ドラパン編・セリーヌととらわれの館(その3) »