« トムとジェリー新作映画、ですか2021 | トップページ | スーパー戦隊レビュー:電撃戦隊チェンジマン、超新星フラッシュマン »

各誌レビュー21年度2月号(その1)

さて今週の各誌レビューは、
 
<BLACK TIGER(グラジャン)>
水害の危機にある街を体を張って知らせんとするネイティブの男と、ネイティブの知恵で切り抜けられた。やはり大いなる台地はともに歩めるはずだったのだ。
 
<MAO(サンデー)>
件の男との呪い合戦を通じて、すれ違う夏野の想い、結局すれ違いに終わった真緒たちだが、はたして話はどう転ぶのか。
 
<君は008(サンデー)>
エイトを助けるためあやめと野原の二人で敵地に乗り込むことに。校長の指示に懐疑的な教官たち。ことにアイスマンも表立って非難、対立する。しかし彼らとことにエイトへの想いが同じなだけに。
 
<バキ道(チャンピオン)>
バキを投げ飛ばし出ばなをくじいた形を取った炎関。しかし彼は思い知る、バキこそが波の横綱をも超える真の強者であることを。
 
<浦筋(チャンピオン)>
相変わらずの貧乏くじの春巻に貧乏神の取り合いとなったが、さらなる貧乏くじの仁ママにはやはり負けちゃうか。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
サバゲー部との張り合いも千晶の機転と創意工夫で何とか切り抜けられたか。
 
といったところで今回はここまでで。

| |

« トムとジェリー新作映画、ですか2021 | トップページ | スーパー戦隊レビュー:電撃戦隊チェンジマン、超新星フラッシュマン »

マンガその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トムとジェリー新作映画、ですか2021 | トップページ | スーパー戦隊レビュー:電撃戦隊チェンジマン、超新星フラッシュマン »