« ジャンヌ、アーデルハイド編<バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!> | トップページ | 今週の神様21年度8号:逃げ上手こそ世渡り上手なりの巻 »

今更ながらラプラスの魔について語る

ラプラスの魔は80年代半ばにハミングバード社から発売されたパソコンゲームでいわゆるウィザードリィの近現代版といった作品ともいえる。
アメリカの片田舎に建つ幽霊屋敷で起こった怪事件の調査からはじまり、やがて異世界からの魔物を現世に送る計画に立ち向かうのがストーリーとなっていた。
たしかに先にウィザードリィを踏襲しているといったけれど、まず経験値を得る機会が敵と戦うだけでなく、冒険中のイベントをこなして得るというのもパソコンゲームとしては斬新だったろうし、その経験値はキャラクターの成長だけでなく、いわゆるアビリティを得るための要素でもあった。もっともそのアビリティシステムは他のゲームでは独自のポイントで得るのたが。ともかくも当作品でアビリティの要素の確立が成されたのはやはりたしかなことである。
しかしいざ冒険に赴くも、やはり難易度が半端ではなく、まずパソコン版は攻略記事を参照してもクリアに行き詰まることさえある。
それが90年代にスーファミ及びPCエンジン版が発売され、そこでは難易度がいくらか軽減されつつストーリーを重点にむしろスケールアップされた。ちなみにPCではWizよろしくキャラクターメイキングがあって、運悪くパーティが全滅の憂き目にあい、それを救出するイベントはもちろんその霊が新たにつくられたキャラに襲い掛かるといったシチュエーションもあったりもする。それがコンシューマーではストーリー重視だからか固定キャラに落ち着いたのだ。
あと先述のストーリー展開に関しては詳細は少し差し控えたいけれど、やはり幽霊屋敷の主の欲望から裏の世界の領主の野望と相まって、異界の支配者との決戦に臨むといった、やはりRPGの王道ともいいたいけれどその当時人気が出始めたクトゥルフ神話をベースにした展開でもあった。
そんなラプラスだけれど、スーファミやPCE等の展開もあれ続編も創られこれもそこそこに人気を博したのだが、それ以降の展開が成されなかったのは少し惜しいところ。
ともかくこのラプラスも80~90年代のゲームの1ページを飾るにふさわしい作品ともいえる。

| |

« ジャンヌ、アーデルハイド編<バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!> | トップページ | 今週の神様21年度8号:逃げ上手こそ世渡り上手なりの巻 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャンヌ、アーデルハイド編<バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!> | トップページ | 今週の神様21年度8号:逃げ上手こそ世渡り上手なりの巻 »