« ONE PIECE反省会:ワノ国編第三幕(その4) | トップページ | KOFヒドゥンストーリー:まりん編MI »

イゼルローン攻略(後編)<今更ながら銀英伝ノイエテーゼレビュー>

シェーンコップらローゼン・リッターのイゼルローン攻略作戦が遂行されることとなり、まずは負傷兵として潜入に成功する。
難攻不落を誇った要塞を攻略するには外からでは不可能で、やはり内部からの攻略が最適だというのが今までの経験によるヤンの戦略だった。
司令官のシュトックハウゼンに接近して確保するも、副官が司令官ごと撃たんとするが、司令官の怯懦で結局降伏することに。あとは少々の工作で要塞は無力化された。たしか原作では気体爆薬のゼッフル粒子で威迫し、前作のOVAでは中枢部を乗っ取るための白兵戦が繰り広げられたが、今作はこの二作の要素が微妙に合わさった感もあるのだが。
その際にシェーンコップの過去について語られた。帝国の中流貴族の家に生まれた彼も内紛で国を追われ今に至った経緯があったが。これもまた改めてユリアンに語ることもあるだろう。
ともかくも13艦隊を迎え入れ、作戦は成功したかに見えた。その際にムライが疑ったことを詫びるもシェーンコップも軽く流す。ともかくこの件で彼らも本当に受け入れられたのだ。
しかし要塞を離れた駐留艦隊が戻ってきてそれに対しなければならない。一方で艦隊内では司令官に撤退を進言するが当然受け入れられず、オーベルシュタインは艦隊を離れ一路帝都へと向かうのだった。
ヤンも敵に対するため、要塞主砲トールハンマーで迎え撃ち、改めて降伏を勧告するもそれを拒否してやり返す。その頑迷さに苦い怒りを覚えたヤンは結局旗艦を砲撃し今度こそ駐留艦隊も撤退する。
こうして今まで多大なる犠牲を払ったイゼルローンの攻略は味方の犠牲なく成功のうちに終わった。この功績でヤンは“ミラクル・ヤン”“魔術師ヤン”と謳われることになるのだが。
しかしそんなヤンにあらためて注目するものがいた。フェザーンの自治領主たるルビンスキー。ようやく彼も今作の舞台のご登場と相成ったか。

| |

« ONE PIECE反省会:ワノ国編第三幕(その4) | トップページ | KOFヒドゥンストーリー:まりん編MI »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ONE PIECE反省会:ワノ国編第三幕(その4) | トップページ | KOFヒドゥンストーリー:まりん編MI »