« 第8話:老兵は語らず(その2)<機動戦士ガンダム・クレイドルエンド> | トップページ | イゼルローン攻略(前編)<今更ながら銀英伝ノイエテーゼレビュー> »

今週の神様21年度3・4号:この冬を乗り切ればの巻2020

さて今週のジャンプレビューは、
 
まず久しぶりの<こち亀>から
派出所のコロナ対策もひとまず独自のもので見習えるかどうかは別として、たしかにヒトの付き合いというのもまた大切だから。
 
<ONE PIECE>
話はエースとヤマトの対峙から始まり、その縁からルフィたちが、そしてマルコが百獣一党に立ち向かう。しかしカイドウの野望は着々と進み、ビッグ・マムを交えてそれを成就せんとするのだが。
 
<BUILD KING>
逆さ城での初仕事に臨むとんかちたち。城主も畏怖する男の弟子たる彼らが待つものは、まさに難攻不落の竜の牙だったが。
 
<あやかしトライアングル>
UFOマニアのルーとシロガネとの逢瀬、これまた面倒ごとが一つ増えたと言ってもいいだろうが。
 
<灼熱のニライカナイ>
機動捜査隊を交えての本格的な捜査。鮫島をもアゴで使う彼らはオルフェとも因縁がありそうだ。一方で教団の方も捜査隊がいう厄災の封印を解くというのか。
 
<高校生家族>
妹の友だちを交えて光太郎と弓木母子との対面でまたひと悶着ありそうだな。
 
そして今週最終回の<勉強ができない>
まあ結局未だ選べないという選択もあって、たしかに未来は分からなく手さぐりで進むのもまたよしというのも一つの答えだろう。ともかくもお疲れさまでした。
 
そして宇佐崎せんせいの新しい物語<炎眼のサイクロプス>
異能の力を持つ異端の弁護士がウソと悪意を裁き弱きものを助ける。こういうのもまた痛快だ。あと”彼女”も細々と活躍の場を得ているからこれまた一安心か。
 
といったところで、今年のジャンプはここまでで、また年が明けた4日ごろにお会いしましょう。

| |

« 第8話:老兵は語らず(その2)<機動戦士ガンダム・クレイドルエンド> | トップページ | イゼルローン攻略(前編)<今更ながら銀英伝ノイエテーゼレビュー> »

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第8話:老兵は語らず(その2)<機動戦士ガンダム・クレイドルエンド> | トップページ | イゼルローン攻略(前編)<今更ながら銀英伝ノイエテーゼレビュー> »