« 月刊ストロングワーズ新世界編(創作):20年度11月号 | トップページ | 序章・永遠の夜の中で<今更ながら銀英伝ノイエテーセレビュー> »

今週の神様20年度49号:舞い上がりの秋の巻

さて今週のジャンプレビュー、今回はワンピがお休みということで。
 
<高校生家族>
今回はテニス部でお父さんが鬼コーチぶりを発揮したが、一通り暴れて結局オサラバか。
 
<あやかしトライアングル>
覚醒したシロガネも本気でかかっていくもいかんせん日喰未だ強大だ。すずもまた喰われそうになるもここにきて祭里が完全復活したのか。
 
<灼熱のニライカナイ>
事件を受けての取り調べで神室がいないという公安の態度に胡散臭さを覚え、再び鮫島とオルフェが立ち上がるか。

<勉強ができない>
待ちに待った修学旅行、浮かれている生徒を指導する立場だが他の先生ひそかにもっと浮かれていた。そんな中真冬先生についに告白か成幸。
 
とりあえず今週はここまでで。

| |

« 月刊ストロングワーズ新世界編(創作):20年度11月号 | トップページ | 序章・永遠の夜の中で<今更ながら銀英伝ノイエテーセレビュー> »

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月刊ストロングワーズ新世界編(創作):20年度11月号 | トップページ | 序章・永遠の夜の中で<今更ながら銀英伝ノイエテーセレビュー> »