« 今週の神様20年度44号:踏み止まる者と紛れ込む者の巻 | トップページ | ウォーデン・初代、真侍魂2ストーリー »

振り回し両さんの人生大舞台<平成こち亀11年下半期>

さて今月のこち亀腐れ縁レビューは、平成11年尾下半期の総括をお送りいたします。
この時期の両津は最後で掣肘されたりもしますがタイトル通り大舞台を広げた一応の大暴れと相成ったものでした。ことに時節柄海を舞台とした大暴れもひとまずの痛快さを覚えたのはひいき目でもよかったかもしれない。
やはりこの時期の登場した擬宝珠纏が新たなるヒロインとして登場し、両津を食った活躍を繰り広げられ、更には両津のこれ以降の行動にも影響を与えたことでしょう。無論この纏もまたいわゆる受難の2000年代の序章であることは今更語るまでもないけれど。

|

« 今週の神様20年度44号:踏み止まる者と紛れ込む者の巻 | トップページ | ウォーデン・初代、真侍魂2ストーリー »

こち亀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の神様20年度44号:踏み止まる者と紛れ込む者の巻 | トップページ | ウォーデン・初代、真侍魂2ストーリー »