« 今週の神様20年度41号:迷いの晩夏の巻 | トップページ | ドラえもんオリジナル特別編:のび太のサファリパーク(後編) »

ep22:刻限のゼルドザーム<今更ながらビルドダイバーズRe:RISEレビュー>

出撃に先立ちムランにその旨を告げつつ、避難した子供にゼルドの様子を告げられ、救出の手立てが見えたヒロトたち。そのセルドザーム、そしてマサキの前には敵の大群が迫っていた。
そのマサキもリアルの中でも危険な状況であった。回復の奇跡を願わずにはいられない姉に対しヒナタもヒロトの言葉をもとにそれを支えるのだった。
かくしてゼルドのもとに向かわんとするヒロトたち。まずは潜伏するヒトツメを追うことにするが。
一方のクアドルン。翼の傷からアルスに対する想いとともにエルドラを守らんとした彼の苦悩を感じ入るパルだった。その上で真意を問われ、一度絶たれた空への夢をクアドルンの失われた翼に重ね合わせ、自分と同じくクアドルンを再び羽ばたかせんとしたのだ。闘いの先で奮戦をするヒロトたちのために。それにしてもパルがとある王族の一人だったとは。
敵の群れに向かうヒロトたち。そこにはやはりゼルドもいた、ヒトツメとの交戦中の彼のもとに向かう。はじめ戦端を拓いてからカザミが食い止める。ここにきてイージスの能力が活かされるか。それはカザミの意識の変化の表れでもあったが。
そしてヒロトとメイがゼルドに肉薄し、何としてもアルスの支配から解き放たんとする。しかしそうはさせじとアルスも新たな機体とともに現れる。
かくしてガンプラの技術を駆使し、クアドルンの翼が甦り、あとはマサキのもとへと向かうのみ。
一方のマサキとヒトツメとの激闘はまだ続く。もう一方アルスの機体はニューガンダムとアルケーを素体とするそれでヒロトたちを翻弄する。そしてメイがアルスに接触しアルスの真意をあらためて質す。しかしあくまでエルドラを守ることだけに固執し、そのためにすべてを利用せんとするのだ、もちろんマサキもその一つとして。メイも何とか説得を試みるが未だアルスには届かなかった。
ヒロトもなんとかマサキに取り付きまず武器を破壊し、換装したドリルで装甲を引きはがさんとしつつ、こちらもマサキに説得を試みる、しかしマサキは自分の暴走を止めるために殺してくれと呼び掛ける。自らの罪の呵責に押し潰されそうなマサキに、もう一度やり直せと再び呼び掛けるヒロト。しかし己が罪の体現の如くにゼルドの機体が異形へと変貌し再び暴走を開始する。ゼルドの咆哮は周りを破壊し大地の唸りをも呼び起こす。そして現実世界でもマサキの容体が悪化してしまう。
アルスとの二正面攻勢に陥るかと思いきやようやくクアドルンの援軍が到来した。パルたちの想いがこもった新たなる翼をはためかせ天空にその雄姿を現したのだ。そんなクアドルンはマサキにあたることになり、ヒロトたちはアルスを退けんとする。しかしアルスのアルケーがトランザムで強化し圧倒するも、パルもまたボルジアーナでトランザムを試みる。しかしこちらの方がコントロールがままならず、体勢を立て直すべく一旦解除する。
クアドルンもまた説得を試みるもマサキの心は未だかたくなだった。やむなくクアドルンもマサキを討たんとする。クアドルンもまたマサキの罪の一端を背負っていたのだ。しかしそれをメイが引き止め、カザミ、パル、そしてヒロトが討ったあとの苦しみをおもんばかりクアドルンを説得する。ことにヒロトの説得は重い。自分と同じ後悔と苦しみを味あわせないために。
直後クアドルンの砲火が放たれた先は、なんとアルスの3機だった。それらをクアドルンが対することになり、ヒロトたちはあらためてマサキの解放を試みる。まずキングモードでカザミが攻撃を防ぎ、その後でヒロトの渾身の一撃が、ゼルドザームの忌まわしき装甲を、マサキの罪の呪縛を打ち破る。
ここにマサキ本来の姿を取り戻し、一旦その身をエルドラから去ることになる。一方リアルでも一旦心肺停止の状態から息を吹き返すのだった。それにはアルスも撤退せざるを得ず、この敗北をも受け止めかねていた。
ここにヒロトたちの目的の一つが果たされ、それはGBN運営にも伝わったのだった。そしてそれについてマギーが一計を案じるのだった。はたしてその一計の先にあるのは。

|

« 今週の神様20年度41号:迷いの晩夏の巻 | トップページ | ドラえもんオリジナル特別編:のび太のサファリパーク(後編) »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の神様20年度41号:迷いの晩夏の巻 | トップページ | ドラえもんオリジナル特別編:のび太のサファリパーク(後編) »