« おためし紀行:西尾歴史公園(愛知県西尾市) | トップページ | ep22:刻限のゼルドザーム<今更ながらビルドダイバーズRe:RISEレビュー> »

今週の神様20年度41号:迷いの晩夏の巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
八面六臂の大活躍、言い変えれば大混乱続くカイドウ軍、そんな中不協和音が響いたかと思えばドレークの裏切りが露呈してしまった。まさか海軍とつるんでいるとは言えず、ひとまずルフィとの共闘を持ちかけるがこれもどうなることやら。
 
<高校生家族>
家族そろって学園生活と思いきやそうそうなじむわけにもいかなかったが、ひとまずお母さんのゼリーがモノをいったか。
 
<あやかしトライアングル>
今度は絵描きのあやかし画楽がすずにちょっかい出してきた。それに対するは祭里と二ノ曲だが、これもいかなる展開となるのか。
 
<灼熱のニライカナイ>
カジキ男の梶もスピードと機動力でものを言わせ、おまけに海中に持ち込めばさしもの鮫島もどうにもならないが、ここはオルフェがやはり頼りか。
 
<勉強ができない>
今回は温泉でのトラブルだが、あすみの機転でひとまずうまくいった。しかしそのあすみ、成幸の父と一体どのような関係が。そして訪れたのはあすみの父親これも一体どうなることやら。
 
そして今回の<BURN THE WITCH>
突如襲来した竜もなかなかにとんでもないバケモノだった。とりあえずは他力本願ながらもカタが付き、バルゴもひとまず見逃されたが、まだまだ予断が許されない状態で、後のエピソードに持ち越されるといったところ。これも乞うご期待といったところで。
 
といったところで今週はここまでで。

|

« おためし紀行:西尾歴史公園(愛知県西尾市) | トップページ | ep22:刻限のゼルドザーム<今更ながらビルドダイバーズRe:RISEレビュー> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おためし紀行:西尾歴史公園(愛知県西尾市) | トップページ | ep22:刻限のゼルドザーム<今更ながらビルドダイバーズRe:RISEレビュー> »