« KOFAS・プリティーキムについて | トップページ | D.A.S・セリス=ハワード新設 »

各誌レビュー20年度6月号(その3)

さて今週の各誌レビューは、
 
<海を渡るべ(グラジャン)>
ひとまずスポーツに打ち込むがいまいち本気になれない男子。一方の女子は柔道にうまく打ち込めているが。その女子についていき久しぶりの街中に出る男子たちだが。
 
<MAO(サンデー)>
猫鬼の力を解放した真緒だが、不知火も何やらの式神の力で対抗し、結局逃がしてしまう。その一方で謎の軍人も事の趨勢を見守らんとしているが。
 
<君は008(サンデー)>
突然の危機に踏み止まるよう厳命するアイスマン。それに応えるかの如く機転でエイトが衛星の軌道をずらす。後に保護された枳殻に校長が機関への参入を促されるが、一方でエイトへの想いも抱いてはいるが。
 
<バキ道(チャンピオン)>
お互い四股たちで仕切り直す独歩と猛剣、しかしいざ組んでみるも体を知り尽くしていた猛剣が一枚上手か、独歩の腕を取ったのだが。
 
<浦筋(チャンピオン)>
ここの自粛ムードで動けないなりに野球ファンの生き様というべきか。
 
<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
サプライズでの旭先生の誕生日会。これまたドタバタだが、それなり喜んでくれたから良しとすべきか。
 
今週はかなり立て込んでましたがこんなところで。

|

« KOFAS・プリティーキムについて | トップページ | D.A.S・セリス=ハワード新設 »

マンガその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KOFAS・プリティーキムについて | トップページ | D.A.S・セリス=ハワード新設 »