« 今週の神様20年度27号:訪れしは旧き友の巻 | トップページ | 呉瑞香及びダーリィ=ダガー、初代侍魂ストーリー »

ep18:完璧な狙撃者<今更ながらビルドダイバーズRe:RISEレビュー>

先の砲撃戦以来、不気味な沈黙を守る要塞、その内部でたたずむアルスは何を想うのか。
再びエルドラに舞い戻ったヒロトたち。カザミは新たなる機体で、パルも神殿に保管された剣に安堵し、そしてクアドルンの翼もある程度回復していた。そしてヒロトは先に封印していたあのパーツを供えていた。
今回のミッションは生き残りの住民を遺跡に避難させること、それもどれだけ頼られるか分からないが、すでにムランたちによって避難が進められていて、その手助けのため各自手分けして居住地を回るのだ。
しかしそんな時にも敵の来襲が、それを守るためにもヒロトたちが立ち向かうのだ。敵の攻勢を各自着実に撃破していく。先のストラと同じくパルやカザミにもいささかの迷いやおごりなく使命感をもってかかれば倒せない敵ではなかった。ことに狙撃範囲の広いヒロトが今回後方狙撃を担うことになりこれもまた着実にかかる。
一方フレディたちはとある村に残ったお婆さんを見付ける。先の砲撃戦で自分をかばって犠牲になった息子を想い生きる気力を失っていた。それをストラが何とか説得する。これもまたジェドとの誓いなのだから。
戻ってあらかたの敵を撃破したヒロトたちだったが、その敵の増援は何とあの機体だった。その強大な砲撃でヒロトのビットを殲滅し、今まさにヒロトたちに襲い掛からんとする。
一旦退避の後に敵の位置を探らんとするが、今の状況ではらちが明かない。そんな時アルスの通信が入る、かつてのヒロトの映像を伴って。
アルスが造ったこの機体は、かつてヒロトたちが経験した戦いのデータを元に造られたもので、ヒロトたちの失敗をも学習しその過ちを超えた完全なる存在と称している。いずれにしてもヒロトたちの模倣アレンジであることには変わりはないのだが。
戦況が膠着状態に入るもお婆さんを伴って移籍へと避難をするフレディたちが近づいていき、それがアルスの標的となる。それをカザミが体を張って食い止めんとする。それをヒロトが囮にしてアルスの位置を割り出さんとする。
はたしてアルスの砲火が放たれ、カザミもろとも巻き込まれんとするが、その砲火をヒロトが撃ち落とし、結果アルスの存在が割り出され、そこにめがけてヒロトが撃つ。銃砲を破壊され逃げるアルスをすかさず換装したコアガンダムで追撃。残りの増援もメイたちが対し、フレディたちはカザミが遺跡へと運んでいく。
遺跡にたどり着いたフレディたち、たしかに敵も障壁らしきものに手が出せなかったが。
アルスを追い詰めつつも、完璧なる自分を創り出さんとしたアルスに自分の不完全さを自覚しつつそのアルスを否定せんとする。着実なアルスの反撃に傷つきながらも辛くも敵を沈黙させる。しかしこれもアルスの分身に過ぎない、ヒトツメと同じように。
こうして住民の避難はほぼ完了し住民たちも少しずつ生きる気力を取り戻していく。ストラもまたジュドの想いを思い起こしつつ今回の使命を果たしたことに安堵する。
しかし戦いはまだこれから、クアドルンもまたこれからの苦難に想いを馳せる。
そして荒野に佇むヒロト、今回使用した武器を通じ過去の想いと約束、そして彼女のことに想いを馳せるのだが。

|

« 今週の神様20年度27号:訪れしは旧き友の巻 | トップページ | 呉瑞香及びダーリィ=ダガー、初代侍魂ストーリー »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の神様20年度27号:訪れしは旧き友の巻 | トップページ | 呉瑞香及びダーリィ=ダガー、初代侍魂ストーリー »