« 第10話:再び赤き星へ<機動戦士ガンダム・鉄血のオルフェンズDAWN> | トップページ | ep14:めぐりあい、そして<今更ながらビルドダイバーズRe:RISEレビュー> »

今週の神様20年度23号:受け継ぐものと意志の巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<鬼滅の刃>
戦いが終わり、生き残った者たちはそれぞれの傷を残しつつも平穏な生活へと戻っていく。炭治郎、禰豆子、伊之助、善逸、その他の者たちもそれぞれの生を送り、そして現代へとその意思をつないでいく。それは新しい物語のはじまりというのか、それとも。
 
<ONE PIECE>
討ち入りが始まりそれぞれ攻め入っている中、やはりルフィとゾロが先行しウソップたちがそれを追うのか。あとカイドウ側もヤマトとかいう息子の件で少々もめているとか。そしてルフィ。しるこの件で文句をたれる兵士を見かけ、なぜか静かな怒りの炎をともすのだが。
 
<勉強ができない>
ゲームの即売会でまったく売れなかったボードゲーム、しかし沙和子の両親の仲を取り持ったことなら結構効果があった。そして理珠子と成幸との仲もここにきて接近しつつあるのか。
 
<幽奈さん>
遠き日の幽奈の想い、ただ利用されるだけの日々への脱却のために幽霊となった自分。その想いを満たしたのはやはりひとえにコガラシだったか。
 
といったところで今週はここまでで。

|

« 第10話:再び赤き星へ<機動戦士ガンダム・鉄血のオルフェンズDAWN> | トップページ | ep14:めぐりあい、そして<今更ながらビルドダイバーズRe:RISEレビュー> »

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第10話:再び赤き星へ<機動戦士ガンダム・鉄血のオルフェンズDAWN> | トップページ | ep14:めぐりあい、そして<今更ながらビルドダイバーズRe:RISEレビュー> »