« 第5話:ガンダム、行きます!(その3)<機動戦士ガンダム・クレイドルエンド> | トップページ | ep12:震える世界<今更ながらビルドダイバーズRe:RISEレビュー> »

秘薬リョーツGBXの巻(コミックス70巻)<懐かし両さんの緊急レビュー>

さてみなさん、今回は急きょジャンプの休刊を受けての緊急企画としてこのお話のレビューをお送りいたします。それでは、ごゆっくり。
 
ある日橋の上で寝ていたら財布を河の中に落とし、それを拾おうとしてドブ川の中に飛び込んだ。公害のヘドロで充満したドブ川の中を泳いだ後でもなんともない状態の両津を調べたら、体内に超強力な抗体が発見され、それを利用できないかと研究が開始された。ならばと両津もいろいろ調子に乗って部長たちにいろいろ要求しまくったが、その抗体が強力すぎてかえって害になると分かれば、結局両津ごと阻害されたそうな。
このお話は調子に乗ってのズッコケオチといったところだが、たしかに薬にもならなければ何か別に役に立てるだろうという意見もあろうが、やはり両津抗体そのものが新たな公害にもなりかねないが故の判断でもったこともまた事実。そのための臨床実験ということで人の命がかかっているのだから慎重にいかなければならない。それでも現在の状況を考えればワラにもすがりたい想いもあるだろうけれども。

|

« 第5話:ガンダム、行きます!(その3)<機動戦士ガンダム・クレイドルエンド> | トップページ | ep12:震える世界<今更ながらビルドダイバーズRe:RISEレビュー> »

こち亀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第5話:ガンダム、行きます!(その3)<機動戦士ガンダム・クレイドルエンド> | トップページ | ep12:震える世界<今更ながらビルドダイバーズRe:RISEレビュー> »