« 今週の神様20年度18号:時は移り、春なお遠しの巻 | トップページ | 4月のおしらせ »

アニメ化両さんのリスタートダッシュ<平成こち亀8年下半期>

さて今回のこち亀腐れ縁レビューは、平成8年度の下半期号を総括してお送りする運びです。
この時期はちょうど連載20周年ということでフジテレビ系でアニメ化がなされ、オリンピックの年ということで日暮巡査が活躍する回も掲載されました。
その縁があってこの時期の連載陣はどこかお祭り騒ぎの感もありそれなり盛り上がった感もありました。その反面朱に交わればというべきでしょうが、部長や早乙女ら婦警の性格も徐々に横暴になり、だんだんと両津の行動にも掣肘を受けるようになりつつあります。
それでも先述のお祭り騒ぎということもありそれなりの大活躍とズッコケ、そして思い出のお話もちらほらと載せられ、ひとまずのこち亀らしさを楽しむことができました。
しかしそこから先の七転八倒がその後のこち亀に大いなる影響を及ぼしていったことは、その当時は誰もが思って見なかったことだろうけれど。

|

« 今週の神様20年度18号:時は移り、春なお遠しの巻 | トップページ | 4月のおしらせ »

こち亀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の神様20年度18号:時は移り、春なお遠しの巻 | トップページ | 4月のおしらせ »