« 第5話:ガンダム、行きます!(その2)<機動戦士ガンダム・クレイドルエンド> | トップページ | ep09:隔絶の淵から<今更ながらビルドダイバーズRe:RISEレビュー> »

今週の神様20年度17号:いちおう無限の彼方にの巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
迫りくるカイドウの軍勢をまずはいがみ合いながらも船長連合が退け、いくつかの偶然が重なり、そして駆け付けた狂死郎こと傳ジロー一党の参戦でようやく反撃の開始と相成ることとなるのか。
 
<鬼滅の刃>
射しゆく朝日を前に無惨も最期の力を振り絞る。しかし隊の末端に至り追い詰め続け、ついにはその肉体を崩壊せしめる。これで本当に終わるというのか。
 
<勉強ができない>
更衣室での二人きり着替えゲームいろいろと気を配ってもやはりこんがらがっちゃうなあ。
 
<幽奈さん>
敵の触手攻撃になぜか絡まってしまう面々、こういったセクシーなお約束もちょっとは慣れちゃったのかなあ。
 
そしてついに、最終回を迎えたサムライ8、宇宙の真理を会得し無限の力を得た八丸も、アタそしてカーラを制してついには大団円と相成った。結局あまり長続きしなかったといった感もぬぐいがたいけど。
そもそも侍活劇をベースに七人の侍や里見八犬伝を取り入れたスペースオペラを目指したつもりだったけど。やはりどこか飽きられたかなという想いもないこともない。
ともかくも一つの物語もささやかな伝説になったのかもしれない。

|

« 第5話:ガンダム、行きます!(その2)<機動戦士ガンダム・クレイドルエンド> | トップページ | ep09:隔絶の淵から<今更ながらビルドダイバーズRe:RISEレビュー> »

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第5話:ガンダム、行きます!(その2)<機動戦士ガンダム・クレイドルエンド> | トップページ | ep09:隔絶の淵から<今更ながらビルドダイバーズRe:RISEレビュー> »