« 今週の神様20年度10号:ついには繋がった路の巻 | トップページ | 小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その31) »

ぶっつけ両さんの人生ゲーム<平成こち亀7年度下半期>

さてみなさん、今回の平成こち亀7年度下半期の腐れ縁レビュー、今回も一通り暴れ回っては正中されてのズッコケでしめたひとまずはありきたりのお話となっているけれど、その中で麗子のプライベートの巻にてちょっかいを出した両津に麗子が平手打ちで返したことに両津がこたえたこと、いつもはグーパンチでもこたえないところ、これも少しはドラマチックな展開だったことで。後に麗子のプライベートを知り両津が感銘を受けたこともあり、人情話に落ち着いたことだろうとは思うけれど。人情話といえば浅草の映画話もこれもまた見れたお話だと思う。
そういえば来月の平成8年はアニメ放映の年でもあるけれど、これがどう影響を及ぼしたのか、ひとまず見守っておきたいとは思うけれど。

|

« 今週の神様20年度10号:ついには繋がった路の巻 | トップページ | 小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その31) »

こち亀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の神様20年度10号:ついには繋がった路の巻 | トップページ | 小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その31) »