« ep01:彷徨のコアガンダム<今更ながらビルドダイバーズRe:RISEレビュー> | トップページ | 新生ボルテスⅤ、ですか »

戦争を知っているドラえもん:続・リアル戦争ごっこ<本当は怖いドラえもん>

ドラえもんと戦争を交えたお話の中で、その戦争に登場した戦艦やら戦車や戦闘機やらとそれらの機械類に憧れた人もおられた人もおられたでしょう。かくいう藤子F先生もその例外ではあり得なく、実際のび太くんたちに戦艦や戦闘機を操縦させたお話を描いたものでした。それが次のお話ということで。
 
『ラジコン大海戦(コミックス14巻)』
苦労して小遣いを貯めたラジコンボートを、スネ夫の戦艦大和とぶつかって沈められた。謝ろうともせずに自慢ばかりをするスネ夫に、その大和を乗っ取って仕返しをしたのび太くんたちだったが、それがスネ夫のいとこのスネ吉を交えたラジコンのゼロ戦にての大海戦にもつれ込んだ。
やがて大和を沈められたのち小型潜水艦でスネ夫たちのボートを撃沈して終わったけれど、前回の説明があるので詳細はそちらに譲ることとして。
 
『大空中戦(コミックス12巻)』
ある日部屋から飛んできた小さな戦闘機、そこから降りてきたドラえもんから、ミニ飛行機のことを教えられ、みんなを交えて飛行機を乗り回すことになったが、聞きつけたジャイアンに横取りされてみんな撃墜されてしまったそうな。
その後ジャイアンは東京タワーにまでたどり着き、てっぺんで休んでいるうち飛行機を落っことし、帰れなくしまったのがオチだけど。新アニメ版では歴史上の女性パイロットの事項にかこつけてしずかちゃんを中心とした飛行機レースに置き換えられた。こういったのも現代の風潮といえばやむを得なかったかもしれない。
 
こういった飛行機や戦艦を乗り回してある意味戦争気分を味わうのは、藤子F先生としてもユメだったことだろう。これらも現代ではラジコンの技術もある程度発達し船はともかく飛行機に関してはある程度の訓練は必要ながら再現でき、あるいはテレビゲーム等を通じてある程度の戦争ごっこもかなえられるかもしれない。
たしかに戦争と平和のことも学ばなければいけないことだろうけれど。戦艦や戦闘機に対するロマンも味わってみる価値もあるだろう。

|

« ep01:彷徨のコアガンダム<今更ながらビルドダイバーズRe:RISEレビュー> | トップページ | 新生ボルテスⅤ、ですか »

ドラえもん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ep01:彷徨のコアガンダム<今更ながらビルドダイバーズRe:RISEレビュー> | トップページ | 新生ボルテスⅤ、ですか »